t: y:
今読んでる人は

踏み逃げ、読み逃げ、ロム専、無断リンク大歓迎


今までの記事一覧
タイトル一覧がランキング形式で

<< ツルハですごく考えた。main切迫入院体験談からいただいた非公開コメントへの返信2 >>
ドラマ「コウノドリ」毎週泣いてしまいそうな予感

今日からはじまったドラマ「コウノドリ」。前から絶対見ようと思っていたドラマ。1歳半の子どもがいる身としてはかなり感情移入してしまって泣けた。私の場合、誰かの出産体験記を読んだり、出産シーンを見るだけでもいろいろ思い出したり想像したりして泣けるので、涙腺は脆い方だと思うから皆が泣けるわけではないと思うけど。もうこれは一人で見るドラマに決定。誰と見てもきっと泣けてしまうから。
このドラマの原作となったコウノドリは、去年私が切迫早産で2ヶ月の長期入院をしていた時に知った作品。ものすごくリアルな出産に関する漫画があると。でも妊婦には刺激が強すぎるから読まない方がいいと。ものすごく気になっていたけど、不安定な精神状態の妊婦だったのであえて触れずにいました。でも、なんかのテレビ番組で「出産特集」があってそれを病室のテレビで見ていたらそこでコウノドリのモデルとなった産科医の方がドキュメンタリーとして出演されていて、それだけでも妊婦としては内容に衝撃を受けてしまったので結局作品には触れないまま今日まできました。(出産するまでは刺激が強すぎるから。出産後は育児に追われて本を読んでる暇が作れなかった・・・)

だからこういう作品があって高く評価されているというのは知っていたけど、内容は知らない状態でドラマを見ています。公式ページに原作の紹介があって、それのタイトルを見ているだけでもキニナルものが。特に自分も体験した「長期入院」のタイトルは惹かれてネタバレのあらすじを読んでみたら・・・長期入院に絡めて死産の話があったりして、やはり妊婦のときにこれを読んでいたら私の場合は刺激が強すぎただろうなと思います。

第一話でも無事に生まれた子どもが母親に引き取られることなく乳児院へ行くことが決定してしまうシーンがあって、自分はそんな経験してないけど、もしこれが自分だったら・・・と感情移入してしまってダメでした。子どもがいなかった頃はきっとこのドラマを見てもここまで感情移入しなかったと思うので、やはり自分がその立場になって初めてこうなるんだなぁ、と。

私は医療関係には全く疎いので素人目線だけれど、病院の中のシーンがリアルにみえるなーと。去年の半分くらいは病院で過ごしていたので病人目線ではそう見えました。そしてNICUも本物の赤ちゃんが撮影に加わっていたことがビックリ。これは本当の病院に行って撮影されたのでしょうか?それとも普通の赤ちゃんに小道具をつけての撮影なのかな?公式ページには出演した赤ちゃんの情報はあったけれど、NICUの赤ちゃんの撮影については全く書かれていなかったので気になります。

私はこのドラマ最後まで毎回録画しながら見ます。まだ見てないって方、見逃した方は公式ページで一週間は無料配信されているのでぜひどうぞ。無料配信の動画、映像もキレイでおすすめです。

それにしても出演している赤ちゃん、本当の新生児でこれもビックリ。出産してから一ヶ月もたたないうちに撮影現場に行くとかそんなこと考えられなーい!赤ちゃんの健康がとかよりも、母目線であの辛く苦しい3時間ごとのミルクの合間に出かける暇があったら少しでも寝ていたい!ってのがあったから。たとえ福山が私の娘を抱っこしてくれるとしても新生児期ならお断りしたいくらいの辛さでした。出演している赤ちゃんのお母さんたちすごいわ・・・。


この記事のカテゴリ:テレビ
 
| かりん | 01:16 | comments(2) | trackbacks(0) | |
Related Posts with Thumbnails
スポンサードリンク
おばんです。「ボールルームへようこそ」の8巻がやっと出たw
それはともかく。
なんか名前が意味深だな〜〜「ペルソナ総合医療センター」って。
ゲームじゃないよ? ユングの心理学でいうところの外的側面って奴で。周囲(外界)に対応せざるを得ない場合に外へ向ける仮面なワケですが。このドラマ、主人公からして「産婦人科医でピアニスト」ってアナタw
いや言うまい。きっと意味があるんだ>うん
そ言えば「ローズマリーの赤ちゃん」も妊婦の方々は接触禁忌タイトルだそうで。
かりんさんはママなのでOKだよね(謎)
あと赤ちゃんも一応俳優さんなのでプロダクション所属だとか。親父がたまに乗馬の指導とかするときも馬はプロダクション所属の「俳優」だって言ってた(遠い目)
| はしばみ2 | 2015/10/18 3:23 PM |

漫画の方は興味がありつつ未読なのですがドラマになっていたのですね。
産婦人科は地方だと何処でも不足していて遠くの大都市に滞在して出産する人も多い昨今、こういうドラマの影響で少しでも現状がよくなってくれるといいのですが。
| 児斗玉文章 | 2015/10/18 7:02 PM |

レスできません。コメレスなしで
OKな方だけコメントどうぞ。
(2014/7/22〜)









   
コメント本文にURLは入力できない設定になっています。
※ブログやHPをお持ちの方はURL欄に入力して下さい。
コメントの投稿がうまくできない方はコチラ
 
http://love.mania.daa.jp/?eid=990149
TB大歓迎ですが、関連性のない記事及びTBを返せないブログ様のTBはご遠慮ください。
TB送信元にこちらのURLがない記事からのTBは現在受け付けておりません┏○ペコリ
http://love.mania.daa.jp/trackback/990149


ブログ内検索
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728    
<< February 2017 >>

ケータイ用QRコード
一番右上のカレンダーの日付部分またはカテゴリーからもこれ以前の記事に移動デキマス。
今までの記事一覧では、タイトル一覧がランキング形式で見られます





with Ajax Amazon