t: y:
今読んでる人は

踏み逃げ、読み逃げ、ロム専、無断リンク大歓迎


今までの記事一覧
タイトル一覧がランキング形式で

<< 赤ちゃんの鎖骨骨折(生後六ヶ月)〜脇の下抱っこをすると痛がるmain子連れだとやたら勧誘される(すごい迷惑。そしてたぶん宗教 >>
自分の子だからって無条件にカワイイとは思えない
非公開コメントからこんなコメントいただきました。

以前から読んでいました。以前のエントリを読んでいる限りではかりんさんは子どもが嫌いなんだと思っていたけど、娘さんがうまれてからはやはり娘さんは別格のようですね。私は子どもがいないからわからないけど、子ども嫌いでも自分の子どもはかわいいと思えるものなんですね。

子ども嫌いだと決め付けられているコメントだけど、よく観察していますね。その通りです。実際には嫌いってよりもどう扱っていいのかわからないという方が合っているけど、子どもが生まれる前はお店とかで子どもが騒いだりしていると「うるせーなー」とイラッとしてました。思ってるだけで言ったりはしないけども。今は自分もうるさい方の立場になってしまったのでお互い様だなとイラッとしません。

そして自分の子どもは別格なのもその通りだし、下手なアイドルよりときめくし、毎日スマホで写真撮って毎日パソコンで今日の分、昨日の分・・・って眺めるほど娘にはまってる私ですが、はっきりいってここまで娘命になったのはここ最近のことです。正直いって今年の8月くらいまではかわいいと思ってませんでした。今が11月なのでほんのここ三ヶ月くらいの話ですね。かわいいと思えるようになったのは。
かわいいと思えるまでの間にも自分の子という認識もあったし、他の赤ちゃんよりはかわいいと思ってたけど、泣いたら自分の子なのに「ウルサイ」と思っていたし、泣いた時は本気でかわいくないと思ってました。こんなに泣くなら子どもなんていらないわ、とも思ってました。でも捨てられるものでもないので、子どもを生んだことが正しかったのかどうか?というところまで考えは発展したし、ミルクの途中で泣いて飲まなくなったりしたら何で思い通りにならないんだろう?とか面倒に思ったり。そして子育てに関すること全てが面倒くさいと感じてました。夫からねかしつけに2時間かかったとか聞くと、私にはそんなことはできないわ、とも。

・・・と何気にホンネを語ってしまうけど、私の場合はちょっと特殊な環境があったせいでもあります。それは私の長期入院。だから実際に生後二ヶ月から四ヶ月まで育児はしていなかったので、普通のお母さんたちが体験する育児疲れで「この子がいなければよかったのに」と思うとかそういうのとはちょっと違うのだけど。



生まれて最初の一ヶ月はそれはもうかわいいと思っていました。子どもが生まれたことで環境が激変して、それに関する不安なことはあったけど、三時間ごとのミルクに昼寝にお世話のリズムが楽しかったりもしました。それに慣れてきた頃、私が病気になって入院生活に入りました。

正直最初の頃は娘と離れていることが辛くて辛くて。私がいなくてあの子はきちんと育つのだろうか?とかいろんなことを思って毎日泣いてました。夫の実家が預かって育ててくれたんだけど、自分じゃない人が育てるということに嫉妬のようなものもあって、本当にぐちゃぐちゃで。

ところが半月も経つとその状況に慣れて、育ててもらうことに抵抗がなくなりました。夫の実家で大切に育ててくれていたのを実感できたのもあったと思うし、精神的にも入院することに諦めがついて、娘のことも心の中で整理できたのだと思います。

そして入院は二ヵ月半の長期に渡りました。0歳児の二ヵ月半ってものすごい成長なんですよね。そんな中で私は母親だけど一週間に一度夫の休みの日だけ会う人になりました。そうなってくると娘も私もなんだか一緒に暮らしていた頃とちょっと変わってくるんですよね。なんか私も前よりかわいいと思えなくなりました。

入院していた途中から自分のそういう気持ちには薄々気付いていました。でも、気付かないフリをした私。だって入院中の私にはその方が楽だったんだもの。それに気付いたとして、それを修正しても娘と離れて暮らす事態は変わらないわけで。きっとまた最初の頃のグチャグチャの気持ちに戻ってしまうから、それだったら退院するまではこのままでいいや、っていうのもありました。まずは病気を治すことに専念する、あとのことは退院してから考えようと逃げていました。それに週に一度しか会わないからその時だけ我慢すればいいや、って。

今思い返したら娘と会うのを「楽しみにする」ではなく「我慢すればいい」って思っていたのもひどいなと思います。でも入院の後半は本当にそんな感じでした。最初の頃は楽しみで仕方なかった娘との面会日がだんだん億劫になっていったのです。赤ちゃんがいると赤ちゃんの機嫌と世話に振り回されるので、夫と会話したいこともままならない状況だったりして面倒に感じてました。この時私にとっては「毎日面会に来てくれる夫>>>娘」って感じの図式がありましたね。だから夫の休みの前の日になると、明日は娘が来る日だからゆっくりできないから今日のうちに話したいことを話してしまわないと・・・とか段取りしてました。



今回コメントいただいて、そういえばどうしてあの時ああだったんだろう?と当時を振り返ってみて、そして今の娘との関係や娘への感情を考えてみて、写真を見返したりいろいろしてみて気付いたことがあってこうしてエントリを書いています。

それは娘と私お互いの信頼関係がなかったということ。正確にいうと娘からの信頼がゼロだったこと、かな。病院で撮った数々の娘の写真を見ていると、入院して1ヵ月くらい経った頃から不安な顔をした写真ばかりなことに気付きました。その時には不安な顔をしている、なんて思ってもいなかったけど、今娘との信頼関係がかなり深くなってからの表情と見比べるとよくわかります。

病院での写真は娘が知らない人に抱かれた時の「ママ、この人大丈夫?」って私の顔を見る時の不安な娘の表情と同じ表情の写真がいーっぱい。というか、病院で撮った写真のほとんどがそんな感じで、ものすごく笑顔だったりいい表情をしているのは夫が撮った写真だけです。私が撮ったものは全部が不安な顔。夫が撮った写真でも、私が抱っこしていたりするとやっぱり不安な表情の娘が記録されてます。


不安そうな表情の娘。こんな感じの写真ばかりでした。入院していた後半の写真は・・・。




退院後、私と二人だけの時に撮った写真。見比べてみると表情が全然違うのわかりますよね。2-3枚目は月齢が進んでいるのもあるけれど、1枚目の写真の頃も既に笑うようになっていたのに、私の前ではほとんど笑わないという悲しい現象が起きていたのでした。(今回は表情をみてほしくてモザイクなしです)



その時は表情に関してはそんなにハッキリとは気付かなかったけど、夫に対する態度と私に対する態度が違うことはハッキリ気付いていました。私があやしても笑わない。三ヶ月に入ってかなり表情が出てきたのに、私には笑わない。そういうことを私も感じ取って「悲しい」よりも「かわいくない」になったんだろうなと。もちろん「悲しい」って気持ちもあったけど、それよりかわいくない感情の方が勝ってしまったのは元々子ども好きじゃないってのがあるのかも。あとは入院するまでに娘と1ヵ月しか一緒に過ごしていないってことも。

そしてそんな私の気持ちを娘も感じ取ってお互いマイナスに作用しあったんでしょうね。入院1ヵ月を過ぎた後は娘と面会しても娘も機嫌が悪いことが多くて、私も疲れるだけで会ってもあんまりいいことなかったです。

だから退院後、娘と二人で私の実家にお世話になることが決まった時は正直ホッとしました。いきなり家族だけで生活するのは自信なかったから。ほんというともし私の実家がダメだったら、娘はそのまま夫実家に預かってもらって少しの間一人暮らししようと思っていました。いきなり夫のいない昼間に娘と二人で過ごす自信がなかったから。

そうして7月の後半から娘と一緒に暮らしだしたけど、最初の最初はほんとに義務的に育児してましたよ。かわいいとかそういう感情なしで、私がするしかないからする、って感じで。でも娘も徐々に慣れたのか、昔の記憶を取り戻したのか、一週間くらいで私のことをすごく頼るようになってきました。表情も私にだけしか見せないとびきりの笑顔をするようになったり、私じゃないとダメ!ってことも沢山でてきました。

そうなると私としてもだんだんかわいく思えてきて。それの積み重ねで今は私は娘の熱狂的ファンのようになってます。娘が泣いたら「もう、すぐ泣くんだから〜!」とか言いつつも泣いてる顔もかわいいな〜って眺めたり、思い通りにいかないことがでてきても娘ちゃんがイチバンで行動しなきゃだから仕方ないなと本気で思えます。夜寝る時は今日はもう最後だね、また明日遊ぼうね!って思うし、朝起きた時には「また会えたね!」と声をかけます。娘も私の顔を見て満面の笑みを浮かべるので朝イチの再会は(ってただ寝て起きてるだけだけどw)至福のとき。

入院中は退院しても娘がいるからラーメンも食べにいけないわ、とか思ってたけど、今は娘が一緒にいるならラーメンなんか食べなくてもいいわと思ってます。(実際は病院の日に預かってもらってるのでラーメン食べに行けちゃったりするんですけどね・・・)



後半かなりノロけちゃったけど、要するに本物の親子でもお互いの信頼関係が築けなければ無条件でかわいいとはならないんだなということ。逆にいえば血の繋がった親子じゃなくても信頼関係があれば血が繋がってるかどうかは関係ないんだろうなと思う。

そして自分の子は無条件にカワイイというのは全員には当てはまらないということ。もしも私が入院せずにずっと娘と一緒にいたら途中の信頼関係が崩れたあたりの事柄はなくて、ずっとかわいいかわいいになっていたのかもしれないけれど・・・。どちらにしても産んだだけではやはりかわいいとは思えないと思います。産んで、その後世話したりいろんなことがあってお互いに感情が育っていくのではないかなと。自分の子かどうかはあんまり関係ない気がします。


この記事のカテゴリ:自分語り
 
| かりん | 21:17 | comments(9) | trackbacks(0) | |
Related Posts with Thumbnails
スポンサードリンク
考えようによっては遺伝子の命じるまま双方の意志や感情にかかわりなく愛情を注ぎ合うより、信頼を築いていかなければならない方が、長い目で見た時の絆の強さは増して行くのかもしれませんね。
| 児斗玉文章 | 2014/11/06 9:47 PM |

そんなかりんちゃんの心の動きにまっっったく気付いてなかったから超ビックリしたのと共に生後間もなくの貴重な時間を離れて過ごす事になって本当に大変だったねと思いました。そして物凄く興味深く読んだよ。そうなんだね、産んだだけで母が子に愛情持つわけでもないし、子が母を求める訳でもないんだね。
私は自分が産んだからこんなに可愛いと思えるんだと思い込んでたけど(それももちろん愛情の中にあると思うけど)日々世話する間にお互いの信頼関係が出来て愛情も沸くんだなぁ〜。お母さんじゃないとダメな場面が多くて大変だったけど、でも求められる喜びも大きくて、だからこそ睡眠時間や自由な時間を削っても可愛い可愛いと世話出来るのかもねー。可愛いと思えなかった時期は辛かったでしょうね。不安もあっただろうね。離れていた分濃密濃厚な時間をこれからタップリ過ごしてね!こんな真正直な記事書けるのが凄いなーと思ったよ。
| 美由紀 | 2014/11/06 10:18 PM |

>児斗玉文章さん
児斗玉さんのコメント通りだと思います。遺伝子のチカラもすごいものを感じるけれど、絆の強さはやはり日々の積み重ねなんだなと。

>美由紀ちゃん
表に出したのは今回が初めてだから、誰も気付いてないと思う。普通に口に出しちゃいけないことだと自分でも思ってたから。自分の子をかわいいと思えないなんてなんかおかしい人みたいだもんね。未だに夫にもこれは話してない。だけど、今なら話せるな。こうして表に出すことができたのも、今は本気でかわいいと思っているからだし。継続してかわいくないと思っていたら、こういうことはいくら匿名だとしても書けないから。

もし長期入院で離れなかったら絶対にわからなかったことだから、今回はありのままにホンネで全部書いてみたよ。きっとこんな経験する人も少ないだろうし、そう考えたら誰も経験したいことではないと思うけどある意味貴重な体験なのかも?と思って。

今こうして娘命みたいになった後となっては空白の二ヵ月半がすごく悔しいけど、もしかするとこういう経験も私には必要だったのかな?とも思ったりちょっと複雑かな。過ぎたことだからもうどうしようもないんだけどね。この先は長いからいっか、って最近ようやく思えるようになったよー!
| かりん | 2014/11/06 11:20 PM |

かりんちゃんの素直な言葉に心打たれたよ。
私も、2人目生まれたとき、2人目は無条件に可愛い♪って聞いてたから、あれ?1人目の方が可愛かったぞ?おかしいな、、って、可愛くないわけじゃないんだけど、自分が変わっちゃったみたいで辛かったんだよね。

今思えば、息子が生まれたとき 、娘のこと、仕事のこと、家庭のこと、、不安がいっぱいだったんだよね。自分に余裕がなかったんだよ。今は、すべてのこと、解決はしてないけど、なんとかなる!って思えるようになった、そしたらいろいろ見えてきたの!

心に余裕がないと他人を受け入れられない、たとえ自分の子供でも、、

親になったら、そうも言ってられないから、母は強し!ってことなんだな〜と勝手に思ってました^ ^
| さくらんぼ | 2014/11/07 12:09 PM |

>さくらっち
やっぱり生まれてすぐに手放しで「かわいい〜♪」ってならないパターンもあるよね。不安がいっぱいだと「かわいい」より先にいろんなことを考えて、かわいいどころの話じゃなくなるかも。私も来年から仕事に復帰予定で、今から保育園のこととかで悩んでるからなんとなくわかる・・・。

親はやめられないものだから、もう生まれたら育てるしか選択肢がないんだよね。母は強しにならなきゃやってられないかもしれないね。私も強くなりたいな〜。
| かりん | 2014/11/07 9:23 PM |

娘さんかわいいですね。
目もクリっとしてるし。
まゆげの形も良いですね!
| おさむらい | 2014/11/07 10:21 PM |

>おさむらいさん
ありがとうございます!
まゆげの形は私の形そのままです(照
| かりん | 2014/11/08 1:13 AM |

親子ってぇのは親に子供が生まれるからなれるモンじゃありません。
泣いたり泣かされたり叩いたり叱ったり抱きしめたりして「なっていく」モンなんですよ。
...と、祖母の友人が言ってました。遠い昔に。

子供のいない俺様にはどうもよく解りませぬ。
かりんさんには何となくお解かりのように見えますナ。

こんな↓親子は願い下げってコトで(謎)
www.youtube.com/watch?feature=player_detailpage&v=nojWJ6-XmeQ
| はしばみ2 | 2014/11/08 9:23 PM |

>はしばみ2さん
私もはしばみさんと同じで子どもがいなかった頃はぜんっぜんわかんなかったよ!今子どもを持って、しかも途中はなれて暮らすってことを体験して初めてわかった感じ。だから子どもがいても入院しなかったらまだまだわかんなかったと思う。

だけど、これ一生わからなくてもいいことかもしれないと思うから、わかったからどうってこともないようなそんな気がする今日この頃。
| かりん | 2014/11/08 9:38 PM |

レスできません。コメレスなしで
OKな方だけコメントどうぞ。
(2014/7/22〜)









   
コメント本文にURLは入力できない設定になっています。
※ブログやHPをお持ちの方はURL欄に入力して下さい。
コメントの投稿がうまくできない方はコチラ
 
http://love.mania.daa.jp/?eid=990140
TB大歓迎ですが、関連性のない記事及びTBを返せないブログ様のTBはご遠慮ください。
TB送信元にこちらのURLがない記事からのTBは現在受け付けておりません┏○ペコリ
http://love.mania.daa.jp/trackback/990140


ブログ内検索
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>

ケータイ用QRコード
一番右上のカレンダーの日付部分またはカテゴリーからもこれ以前の記事に移動デキマス。
今までの記事一覧では、タイトル一覧がランキング形式で見られます





with Ajax Amazon