t: y:
今読んでる人は

踏み逃げ、読み逃げ、ロム専、無断リンク大歓迎


今までの記事一覧
タイトル一覧がランキング形式で

<< この占いすごく当たってるmainジブリ「思い出のマーニー」は釧路が舞台 >>
有珠山噴火の被害状況を今でも見ることができる

今から14年前。2000年の有珠山噴火を皆さん覚えているでしょうか?有珠山は北海道の洞爺湖のすぐ近くにある活火山で、洞爺湖温泉近くまで泥流が流れ、被害はあったけど事前避難していたため人命の被害はゼロだったという噴火。詳細についてはwikipediaの有珠山の項目で。私もテレビ中継で噴火の様子を見ていて、昼間なのに突然夜のように真っ暗になったのが印象的でした。一枚目の写真、遠くに見える山は羊蹄山。山の手前の湖は洞爺湖。こんなに観光地である洞爺湖温泉の近くで噴火があったなんて恐ろしい。

そんな有珠山噴火の被害地域がそのまま残されているって知っていますか?私は去年まで知りませんでした。火山の被害状況がどんなものなのか?というのは実際に見て初めて知りました。写真ではなかなか伝わらないかもしれませんが、見てください。今回UPする写真は全てクリックすると大きな写真で見られるようになっています。
これからUPする写真は全て金比羅山麓災害遺構群散策路という場所で撮影しました。ここには2000年の有珠山噴火で被害にあった建物などがそのままの状況で残されています。

また、この噴火で被害を受け、閉鎖せざるを得なくなった国道230号線もそのままの状態で残されています。旧国道230号線も歩いてきましたが、当時妊娠中だった私は写真を撮る余裕がなく記録がありません。でも標識などがそのまま残っているのに、廃墟となっているその道路はなんだか歩いていたら怖くなってしまいました…。かつては道路だったものがこうして廃ロードとなっていくんだな、と。


一番大きな被害に遭った桜が丘団地の一棟。三棟あったうちの一棟のみ残されていました。


4階建てに見えるけど、実は5階建て。1階部分は熱泥流が流れこんで埋まっている状態。2階ベランダ部分のキズは熱泥流と共に流れてきた「木の実橋」という橋がぶつかってできたキズ。橋が流れてくるって想像つかない・・・。


一番上の5階天井部分に注目してほしいのだけど、天井に穴が開いているのわかるでしょうか。これは噴火で降ってきた石が当たって屋根を突き抜けている状態。こんな穴がそこかしこに沢山。どれだけすごい噴火だったかがわかるような気がします。


被害のなかった方の1階リビング部分。一階なのに日当たりがいい。煙突穴の下の看板は展示物になってから取り付けられたものではなく、入居者への注意書きの看板で当時からつけられていたもの。


玄関部。奥の扉の向こう側はベランダに続くリビングで、そちらには熱泥流が流れ込んでいるのが見える。リビングは埋まっている状態。


13年の年月の間に5階部分に木が生えているよう。自然の生命力ってすごい。(撮影したのは2013年)ベランダ部の柵は上にいけばいくほどなくなっている。危ないから取り外したのか、それとも崩れ落ちたのか・・・?たぶん下の階の崩れ方をみると崩れ落ちたのかな?とは思う。


噴火の一年前に一億円かけて改築されたばかりだったという「やすらぎの家」。町民用の温泉施設だったよう。ちなみにここから洞爺湖温泉は歩いてもすぐの距離でとても近い。


休憩所だったと思われる場所。自販機がそのままの状態。


脱衣所と思われる場所。休憩室付近から何かが沢山流されてきている。


これが流されてきて団地にぶつかった「木の実橋」。現在は川も何もない場所に横たわっている状態。橋が流されるという感覚がよくわからないのだけど、それだけ勢いよく熱泥流が流れてきたということなんでしょうね。

噴火から10年以上経っているのに、こうして被害に遭った建物を残しているというのは貴重ですね。ここ以外にも噴火の被害で斜めになってしまった建物が残されていたりします。洞爺湖付近に旅行に行く予定の方は、火山科学館などの施設だけじゃなく、ぜひこういう保存されている建物も見てほしいです。



洞爺湖観光情報に周辺観光の案内がありますが、洞爺湖付近って1日じゃまわりきれないくらい沢山観光するところがあって面白かったです。私がこの時に行ったのは、昭和新山熊牧場・有珠山ロープウェイ・火山科学館・伊達時代村(→登別伊達時代村2900円の価値はある?)でしたが、1泊2日だとすごく急ぎ足で過ぎ去っていきました。

私は洞爺観光ホテルに泊まったのだけど、隣にあった「乃の風」はロビーからしてかなり高級そうで一度泊まってみたいと思ってしまった。ギリギリで予約したから洞爺湖温泉の宿泊施設一覧の中で空室のあったホテルが少なかったから仕方なかったんだけど…。サンパレスかここかしか空いてませんでした。

最初は秋に花火が見たいという理由だけで洞爺湖を選んで旅行に行ったけど(洞爺湖ロングラン花火大会)、結果的には得るものが沢山あっていい旅行になりました。


この記事のカテゴリ:時事・ニュース
 
| かりん | 13:33 | comments(0) | trackbacks(0) | |
Related Posts with Thumbnails
スポンサードリンク
レスできません。コメレスなしで
OKな方だけコメントどうぞ。
(2014/7/22〜)









   
コメント本文にURLは入力できない設定になっています。
※ブログやHPをお持ちの方はURL欄に入力して下さい。
コメントの投稿がうまくできない方はコチラ
 
http://love.mania.daa.jp/?eid=990122
TB大歓迎ですが、関連性のない記事及びTBを返せないブログ様のTBはご遠慮ください。
TB送信元にこちらのURLがない記事からのTBは現在受け付けておりません┏○ペコリ
http://love.mania.daa.jp/trackback/990122


ブログ内検索
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728    
<< February 2017 >>

ケータイ用QRコード
一番右上のカレンダーの日付部分またはカテゴリーからもこれ以前の記事に移動デキマス。
今までの記事一覧では、タイトル一覧がランキング形式で見られます





with Ajax Amazon