t: y:
今読んでる人は

踏み逃げ、読み逃げ、ロム専、無断リンク大歓迎


今までの記事一覧
タイトル一覧がランキング形式で

<< 楽天市場で詐欺店舗を見分ける方法mainこの半年間を振り返って(自分語りです) >>
北海道には道西というエリアがない

北海道は主に4つの地方に分けられて表現されることは道民の皆さんなら当たり前の常識。私の認識では上記の画像の例のように区切られているのが当たり前に思っていたけど、道内地域エリア分け大全!北海道ファンマガジンの道央・道南・道東・道北ってどこなの?を読んでいたらいろんな区分けの仕方があることが判明。

よく道外の方が支庁単位で発表される北海道の天気予報はわかりにくいとかいうけど、もはや道民ですらどうやって区切られているのか判断ついてないんじゃないか?と思えるほどなんか複雑。道民の皆さん知ってましたか?

そしてたぶん私だけだと思うけど、今まで「西」という方向が使われていないことに気付いてませんでした。言われてみれば「道西」ってないよね、って。普通に考えたら東西南北でよさそうだけど、これは北海道が傾いた状態で配置されていることにも関係してるのかな?

そしてなんだか道東がすごく適当にまとめられてる気がいつもしています。道南、道央、道北と決めて、残りは全部道東でいんじゃね?的な何かを感じる。これは道東に住む前から思っていたから、道東以外の土地で育った者の感覚なのかもしれないけれど。

道東のエリアが広すぎることにも原因があるのかも。北見と釧路と帯広が同じ道東なんて!って感じ。ま、これは道央にもいえることだけど。

北海道ファンマガジンの記事本文最後の締めにこんな文章が書かれています。

いくつか例を見てきましたが、胆振と日高はつながりがある、十勝は絶対的に他に分割されない単独のエリア、釧路と根室は一緒になることが多い、渡島と檜山は必然的に道南になるなど、おもしろいことがわかります。

たしかに十勝って絶対に分割されないエリアってだけあるな、とものすごく納得。十勝歴は浅い私だけど、十勝ってほんと独特だと他地域から移住してきた私には思える。釧路に住んでいた頃は十勝嫌いじゃないけど、十勝は何か寄せ付けないような感じを受けてた。受け入れてくれないというわけじゃないけど、地元大事にするってイメージ。釧路は逆に何でも受け入れる体質だったので、ちょっと違うな〜という感じ。

今十勝に住んでみて初めてわかるのは、釧路に住んでた頃のイメージはあながち間違ってないなということ。たしかに十勝の土地は地元意識が強いところがあって、それがいい意味で十勝ブランドを形成してると感じます。帯広だけじゃなく、周りの市町村も一帯になって十勝を大事にしてるという感じ。釧路のように何でも受け入れるのも悪くないけど、そこが釧路ブランドを衰退させてるところあるのかなと。海と山の違いみたいなものも感じるけれど。

北海道ファンマガジンは何気に道民の興味のある話が沢山あるので、気になる方はどうぞ。



まとめサイトになりますが、他にも北海道の道央・道南・道北・道東の区別wも北海道民には面白いかもしれません。「北海道に縁のない方は知床、函館2泊3日ツアーとか組むよね」的なコメントはたしかにそうそう!って。距離感覚が北海道はおかしいんでしょうね、きっと。


この記事のカテゴリ:北海道
 
| かりん | 14:31 | comments(7) | trackbacks(0) | |
Related Posts with Thumbnails
スポンサードリンク
日高地方出身のけいです。
先頭の北海道ファンマガジンの図だと道央になってるみたいだけど、地元では胆振・日高は道南と思ってるんじゃないかな。
そもそも普段は自分たちの住んでいる地域が道○地方だなんて意識している道民自体が少ないとは思うけど。

自分が日高地方を道南だと思ってるのも走ってるバスが道南バスだからってのが一番の理由だったりします(笑)
| けい | 2014/07/14 3:09 PM |

北海道もそうなのですね。長野県も 長野市意外の方は、信濃と言った方が感じが良くて、地域は、大きくほ北信、東信、中信、南信 私の住んでるところ木曽も行政とか何かで違うし 面白いですね。天気予報、山、谷越えると、違うので 45所くらい詳しくやってます。
| 健ちゃん | 2014/07/14 3:48 PM |

網走にいますが、網走は道東じゃない!と思っちゃいます。
知床半島の北と南では心理的な障壁があるんですよね。
| 児斗玉文章 | 2014/07/14 6:21 PM |

知床、函館2泊3日ツアーってのはさすがに無理だろう、ってコトぐらいは内地人の俺様にもわかりまふ。距離感覚が内地と違うのは当然で。だってデカいもんっw
天気とかも仕方ないよね〜。関東地方全域より広そうだし>北海道 でもって函館が西の端なのは知ってても道東までどのくらい遠いのか感覚的に分かってないw
ちなみに福島のイトコが怒ってたけど、一言で福島ゆっても浜通り、中通り、会津で全然違うんですと。天気予報もこの三通りだけど今一番問題なのは風評被害。原発の影響なんて浜通りのごく一部で、会津にあるイトコの家なんて全く影響ないのに。
そゆ現実を全く知りもせず放射能、放射能とギャーギャー喚く、テメエが放射能みたいなバカがいるから迷惑してる人が大勢いるのす。俺様はなるべく米とか野菜とか農産物は福島産を探すと決めますた。
| はしばみ2 | 2014/07/14 7:09 PM |

十勝って微妙なんですねw
実は、新潟県もかなり微妙な地域なんです。
電力会社やNTTとか天気予報とかで地域の区切りがデタラメなんですよ。
東北、北陸、中部、関東、甲信越、信越とみんな適当に区分されてます(・_・;
新潟民は主に関東甲信越と読んではいますが・・・・・
| すけべ椅子 | 2014/07/14 7:39 PM |

どちらが先かわかりませんがこの4つの区分は旧衆議院選挙区(1947年〜1993年)と殆ど同じなんです。
道央二つに分かれます
下記が旧衆議院選挙区の詳細です

第1区(定数6)※第23回(1947年) - 第37回(1983年)は定数5
札幌市、小樽市、江別市、千歳市、恵庭市
石狩支庁管内、後志支庁管内

第2区(定数4)
旭川市、留萌市、稚内市、士別市、名寄市、富良野市
上川支庁管内、宗谷支庁管内、留萌支庁管内

第3区(定数3)
函館市
檜山支庁管内、渡島支庁管内

第4区(定数5)
室蘭市、夕張市、岩見沢市、苫小牧市、美唄市、芦別市、赤平市、三笠市、滝川市、砂川市、歌志内市、深川市、登別市、伊達市
空知支庁管内、胆振支庁管内、日高支庁管内

第5区(定数5)
釧路市、帯広市、北見市、網走市、紋別市、根室市
十勝支庁管内、釧路支庁管内、根室支庁管内、網走支庁管内

こちらの情報はウィキペディアより頂きました
( 衆議院選挙区一覧 (1947-1993)で検索してください )

この区分は議員さんの選挙演説で出来た区分で造語かなと個人的には思ってます
| imomusi3104 | 2014/07/15 7:31 AM |

>けいさん
胆振日高地方は今まで一度も住んだことがないです。
だからけいさんのコメント読んで、なるほどね!って。
なぜ道南と?と思ったら道南バス!!
函館に住んでいた頃を思い出す〜(笑)
道南バスが走っているなら道南だと思ってる人が
多くてもかなり納得です。

>健ちゃんさん
やはり県内でも分かれているんですね。
北海道以外に住んだことがないので、
県の感覚がよくわからないのだけど、
北海道と似たような感じなんだなー、って勉強になります。

>児斗玉文章さん
実家が北見だった頃、ここは道東じゃないと感じてました。
知床半島を境に壁ってのめちゃくちゃわかる!

>はしばみ2さん
島だけど割と広いから移動は大変なんだよね。
函館から知床まではざっと550kmだったと記憶してます。
違ったかなぁ…。ちゃんと調べないでレス書いてるw
地元の人じゃないとわからない感覚ってのはあるよね。
福島の場合は本当に大変だなと思います。
はしばみさんのイトコさんとこは観光地だから
余計に大変ですよね…。もっと広まるといいんだけど。

>すけべ椅子さん
うん、微妙です。どこにも分類されない、って
いいようでどことも一緒にできないってことでも
あるのかなってΣ(´д`;*)
新潟は関東甲信越地方だと思ってた!
でも違う区切りで呼ばれる(?)こともあるんだね。
中の人がどう思うかで区切ってくれればいいのにねw

>imomusi3104さん
選挙区の区分けはよく知らなかったけど、
そうやって別れてるんですね。
そしてそれと同じってことは…。
いや、でもどっちが先かはわからないんですよね。
未だにこの4つの区分もいろんなわけ方がある、
って書いてあるのでその時その時によって
いろいろ違うんでしょうね。ややこしい(笑)
| かりん | 2014/07/15 7:02 PM |

レスできません。コメレスなしで
OKな方だけコメントどうぞ。
(2014/7/22〜)









   
コメント本文にURLは入力できない設定になっています。
※ブログやHPをお持ちの方はURL欄に入力して下さい。
コメントの投稿がうまくできない方はコチラ
 
http://love.mania.daa.jp/?eid=990115
TB大歓迎ですが、関連性のない記事及びTBを返せないブログ様のTBはご遠慮ください。
TB送信元にこちらのURLがない記事からのTBは現在受け付けておりません┏○ペコリ
http://love.mania.daa.jp/trackback/990115


ブログ内検索
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< March 2017 >>

ケータイ用QRコード
一番右上のカレンダーの日付部分またはカテゴリーからもこれ以前の記事に移動デキマス。
今までの記事一覧では、タイトル一覧がランキング形式で見られます





with Ajax Amazon