t: y:
今読んでる人は

踏み逃げ、読み逃げ、ロム専、無断リンク大歓迎


今までの記事一覧
タイトル一覧がランキング形式で

<< 結婚指輪2本で2490円main病院もサービス業な時代 >>
切迫早産での入院とネフローゼでの入院
埼玉石心会病院の入院させない健康献立―おいしさをあきらめない!  塩分2g以下の透析ごはん
今現在ネフローゼ症候群での入院から一ヶ月と少し経っている状態ですが、まだ最低でも一ヶ月以上の入院期間が残っている状態です。今回の入院は全部の期間合計すると二ヶ月半ほどになると思われ、今年1月からの切迫早産の入院の時(約7週間)より長くなる計算です。

だけど今の時点で既にあるひとつの結論が出ています。入院だけに関していえば、切迫早産で入院していたときの方が何倍も辛かったです。

まだこの病気になる前にUPしたエントリのタイトルに「人生で一番辛かったです」とか入れたのに…と今回の入院当初は思っていたけど、一ヶ月以上経ってみてあまりにも違うので自分でアレッ?という感じです。

ただ、入院の内容というか病名に関していえば今回の方がずっと重いです。切迫早産は赤ちゃんが産まれればそこでオワリだし、妊娠37週を過ぎればそれも終わり。絶対に治る(という言い方はおかしいけれど)し、そのオワリの時期までみえている状態。だけどネフローゼ症候群は一生完治しない病気だし、一体いつ良くなるのかも時間が経ってみないとわからないし、これから数年単位でずっと病院にかからなければならないし、と考えたら絶対に今回の入院の方が病状的には深刻です。

それなのに、気持ちは今回の方がずっと楽。現在は点滴やカテーテルなどの管も外れてただひたすら薬を飲んで病院で過ごして検査を定期的に受けるだけの日々。切迫早産のときも途中は点滴沢山してましたが、同じく病棟で安静に入院してるだけという時期もありました。その時ですら閉じこめられてる感がかなりあったのを思い出します。

とにかく退院したい、外に出たい、そればっかりの日々でした。時間が経つのが恐ろしく遅くて、ゲームもスマホも全然集中できず。ネットでは切迫早産の退院時期のことばかり調べてました。退院まで意識をなくしてひたすら眠れたらどんなにいいだろうと思ってました。赤ちゃんがお腹にいて一緒に入院してるのに最後まで泣いてばかりでした。

一体何が違うのだろう?と自分で考えてみるのだけど、精神状態以外の何もかもが前回の方が良かったです。病室環境も途中からずっと個室だし、病棟で私が一番年上じゃないか?というくらい若い患者さんばかりだったので、今の病棟みたいに夜中にうめき声が聞こえてくるようなこともないし、ボケたばーちゃんじーちゃんもいなかった。ご飯も前回の病院の方が格段においしいです(最も前回は今回みたいに減塩食ではなかったので…)。

さらに私の周りの環境も前回は夫の心配だけしていればよかったけれど、今回は赤ちゃんが既に生まれていた上にまだかなり小さかったのでその心配は半端なくありました。でも二週間くらい経った頃、吹っ切れました。今は一緒に暮らすのを諦めて自分の体をよくすることに専念しよう、って。

だとすると考えられるのは妊娠中だったから情緒不安定だったのかも?ということと前回はネット環境がなかったからかも?という二つの点だけ。

ネット環境は私の場合かなりの精神安定剤になるのはたしか。1日中パソコン見てても飽きない人だから、どうせ一人で過ごすなら今しかできないことをしよう!と子どもの保険や予防接種などについて調べたり色々してるとアッという間に夜になります。最近では消灯時間に間に合わなくて、個室なのをいいことに夜遅くまでパソコンに向かっていることも。

妊娠中の情緒不安定は結構大きかったのかもしれないと今になると思います。家にいて開放されていれば多少はイライラもまぎらわせられたと思うけど、病院に閉じ込められていた時はホントにホントにきつかったです。妊娠、出産の経験は神秘的で良かったと思うけれど、ホルモンバランスが崩れて自分の感情をコントロールできない状態は気持ちの切り替えも自力ではできず、本当に辛かったです。

…というわけで、現在の病気は軽いものではないですが、精神的には既に諦めの境地に入ってむしろこの入院を楽しむ余裕もでてきたくらいです。実は退院時期もある程度みえていますが、正直終わりが見えてきて退院後のことに不安を感じてしまうくらいの勢いに自分でも驚くほど。だから私のことは心配しないで下さい^^


この記事のカテゴリ:自分語り
 
| かりん | 21:15 | comments(2) | trackbacks(0) | |
Related Posts with Thumbnails
スポンサードリンク
俺様は外科で入院してたので、かりんさんとは状況が違いますが(外科は基本、よくなって退院する人ばっか)、入院そのものは3回目なので慣れたモンですた。
必需品はヒマつぶしの道具ってのも骨身に沁みてたし、優等生というか模範囚というか看護婦さんの指示に従ってれば万事OKってのも。
だから食事がマズイ以外は結構快適な入院生活だったし、ネットのお陰で浦島太郎にならずに済んだし、ネットショッピングまで楽しんじゃったしw
ある程度まで病院の空気に馴染んじゃうと悪くない生活に思えて来ますのう。3食昼寝付きだし。かりんさんも修行の成果が現れてるぽ。身体的に辛くないなら(痛みとか)入院も悪くないかと。割り切って病院ライフを楽しめるなら、精神衛生上も安心どす。お帰りをのんびりお待ちしてます姐さん(誰だよ)
| はしばみ2 | 2014/06/16 11:57 PM |

>はしばみ2さん
たしかに外科の方が内科系の病棟よりちょっと明るい感じだよね。
同じ入院なら私も外科病棟に入院したい…。(無理だけど
入院も回数を重ねるごとに慣れる、っていうのなんか納得しました。
自分では考えていなかったけど、もしかして私も回数を重ねたから
自分なりの耐性ができてきたのもあるのかも?とコメント読んで思いました。
でもネットは大きいですよね〜。私の場合は特にそうかも。
昼寝は禁止されてるのでできないけど、もうこの際思い切り
自分のしたいことだけして楽しみます!

きっとこのブログも退院したらもうこんなに更新できないよな〜って
ちょっとなごり惜しくなってきてたり…。
まだ一ヶ月以上は大丈夫だと思うんだけどね。
| かりん | 2014/06/17 9:25 PM |

レスできません。コメレスなしで
OKな方だけコメントどうぞ。
(2014/7/22〜)









   
コメント本文にURLは入力できない設定になっています。
※ブログやHPをお持ちの方はURL欄に入力して下さい。
コメントの投稿がうまくできない方はコチラ
 
http://love.mania.daa.jp/?eid=990082
TB大歓迎ですが、関連性のない記事及びTBを返せないブログ様のTBはご遠慮ください。
TB送信元にこちらのURLがない記事からのTBは現在受け付けておりません┏○ペコリ
http://love.mania.daa.jp/trackback/990082


ブログ内検索
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728    
<< February 2017 >>

ケータイ用QRコード
一番右上のカレンダーの日付部分またはカテゴリーからもこれ以前の記事に移動デキマス。
今までの記事一覧では、タイトル一覧がランキング形式で見られます





with Ajax Amazon