t: y:
今読んでる人は

踏み逃げ、読み逃げ、ロム専、無断リンク大歓迎


今までの記事一覧
タイトル一覧がランキング形式で

<< 子供の頃思っていた大人になれましたか?mainまたヨサコイの季節か! >>
出産体験記〜陣痛促進剤を使用して計画分娩
今年4月に生まれて初めての出産を経験した私です。出産はひとりひとり全く違うもので体験談が誰かの役に立つことがあるとは思えませんが、私自身出産前にはいろんな方の体験談を読んで「もし自分がこうだったらこうしたい」と考えていたりしたのでもしかしたら?と。そして自分自身の思い出のためにもここに書き記します。

これから熱心に読む方はこれから出産を控えた方が多いかと思われますが、似たような状況の方でも必ずしも私と同じになるということではないので体験談としてお読みください。

また、出産という話の流れ上シモ関係の汚い話がたくさんでてきます。苦手な方、食事前後の方などはご遠慮下さい。以下閲覧注意とさせて頂きます。

JUGEMテーマ:出産方法


 妊娠中の私の状況

  • 妊娠13週目で出血。切迫流産との診断(薬投与なし。安静のみ)。その後出血も止まり普通の生活を送る。

  • 妊娠22週目で子宮頚管長が短くなっていて切迫早産と診断。ウテメリン1日3錠飲み始める。

  • 妊娠27週から35週まで切迫早産で入院。途中何週間かウテメリンを24時間点滴。点滴が取れた後は4時間ごとに1日6錠ウテメリンを飲む。退院後は37週まで自宅で安静生活。

 妊娠中の赤ちゃんの状況

  • 基本的に切迫になっていても赤ちゃんはずっと元気。入院中はモニターを毎日つけていたけれど心音に異常があったことは一度もなし。

  • 週数よりも常に頭囲が大きく、体重も常に重かった。お腹の中にいた頃から大きい赤ちゃん。

  • 羊水が通常の人より多かった。このことから妊娠糖尿病が疑われるも、負荷検査で全く問題なしのため体質と診断された。

  • 出生前診断は夫婦ともに受ける意向があったけれど、検討していた羊水検査はリスクがあり費用が高く、入院も伴うことからまずは「トリプルマーカーテスト」という血液検査を受け、その結果障害の可能性が高いと判断されたときに羊水検査をすることにした。高齢出産には珍しく4551分の1という結果が出たため羊水検査はしなかった。32週の頃、どうせ入院しているからとついでのように超音波スクリーニング検査を受ける。頭囲が大きい以外は異常なし。

 臨月付近の私の状況

  • 35週 子宮頚管長17mm、子宮口2センチ(開いている)ウテメリン終了。
  • 37週 子宮口4センチ
  • 38週 子宮口6センチ おしるし有
  • 39週 二回目のおしるし有。夜になると微弱陣痛が来る日も。規則的になっても一時間くらいでおさまる。
  • 40週 徐々に血圧が高くなってきたため、出産予定日に計画分娩で出産。

 陣痛がはじまる前に考えていたこと

まず一番不安だったのが「果たして私は陣痛の痛みがわかるのだろうか?」ということ。友達の話やネットの体験談で時々「陣痛の痛みがわからずに、うんちが出そうと思ってトイレにいったら赤ちゃんの頭が出てきた」なんて話があるので、私も同じように気付かないうちにどんどん赤ちゃんがおりてきて、トイレで赤ちゃんの頭が〜!なんてなったらどうしようと。

私の場合は切迫早産でずっといつ生まれてもおかしくないといわれて、二ヶ月も入院までしていたので余計にそれが心配でした。最後の頃は子宮口が6センチも開いている状態(最大10センチ)で何週間も過ごしていたので、ちょっとの陣痛がきたらすぐスポンとおりてきてしまうと…。微弱陣痛がきていた時に、もしかしてこれが本陣痛だったとしたら…と恐ろしくて寝ることもできませんでした。

後心配していたのは破水。破水から始まるお産もあるけれど、破水したことに気付かなかったらどうしようというのも心配でした。破水した体験談を探してもドバーッと出る人もいるけれど、尿漏れのようにちょろっとしか出なくて気付かなかったという人もいたので。

おしるしは38週の週末にきました。おしるしがきた!とかなり焦ったのを覚えています。私は4月の初旬が予定日で、38週に生まれてしまうと早生まれで学年がひとつ違ってきてしまいます。できれば遅生まれ希望だったので「もうちょっと待ってね」ってお腹に一所懸命語りかけました。おしるしがきたらもう出産は目前だと聞いていたので、いまかいまかと待っていたけど、願いが通じたのか全く陣痛も来ず39週へ。そしておしるし二回目がきます。おしるしが何度もあるとは知らなかったのでちょっとビックリ。

39週では微弱陣痛はくるけれど、長くても3時間くらいでおさまって痛みがなくなってしまいます。とうとう予定日越えちゃうかもしれない、と思っていた時に血圧が徐々に高めになってきていることとこれ以上赤ちゃんが大きくなるとおりてこれなくなるかもしれないことから、予定日ピッタリに陣痛促進剤を使用して計画分娩することになりました。この時のエコーで赤ちゃんの推定体重は3500gでした。

切迫で安静を強いられている妊婦さんで予定日超過というのは結構あるそうです。でも通常は切迫だと陣痛さえ始まればスポンと安産で生まれるパターンが多いそうなのですが…。

ソフロロジーを推奨している産院だったので、痛みを逃す訓練とかはネットを利用して多少していた私。「陣痛がきても声をなるべく出さずに静かに耐えよう!」ということと、陣痛中は神経が尖って近くにいる甘えられる人に八つ当たり的なことをしてしまったりするという体験談をたくさん読んで、陣痛中にもし夫が側にいてくれたら「どんなにイライラしても夫に怒鳴ったり当たるのは絶対やめよう!」という二つのことを決意していました。

あ、体験談にもよくある「内診グリグリ」は私も37週以降の検診では毎回でした。赤ちゃんが大きかったから先生としては早く出したかったようで。これ噂通りかなり痛いです。最初は我慢するけどあまりにも痛いので、毎回内診台の上で「先生痛いって!」と言ってたけど先生は「産むときこんな痛みじゃないから〜」って感じで、ある程度までは痛いといってもやめてくれませんでした。もちろん毎回その後出血。これで陣痛がつく人も多いらしいけど、私は3回もグリグリの機会があったのに陣痛きませんでした。

 計画分娩当日〜陣痛促進剤開始

前日から入院をして分娩に備えました。母子同室の産院だし、前回の入院の経験からもちろん個室で。入院のとき大部屋と個室だと全然気持ちが違います。運よく安い個室が空いてました。通常は前日からバルーンを入れて子宮口を広げるらしいのだけど、私は既に6センチ以上開いていてバルーンの意味がないということで前日の処置は何もなし。

私の場合、最初から点滴で陣痛促進剤を入れました。点滴は朝9時開始。私が産んだ産院は陣痛室、分娩室と分かれておらずLDRでした。LDRには朝7時から全ての出産準備をした状態で入りました。ご飯は普通に食べてよいということで普通に食べる。

先生からの話では、促進剤を打っても陣痛がつくとは限らないから、もし夕方まで陣痛がつかなければ一旦中止して明日も継続するという。「ええっ!今日生まれると思ったのに!」というのが最初の驚き。陣痛促進剤を打てば必ず陣痛がくるんだと思ってました。

促進剤を開始して1時間ほどした10時過ぎから微弱陣痛と同じくらいの痛みの陣痛が始まりました。しかもきちんと規則的に。促進剤を入れている間はずっとモニターをつけている状態なのでお腹の張りがグラフで見えます。いい感じに山ができてきてるのがわかりました。でもこの時点ではまだまだ余裕。全然痛くないです。促進剤はある一定時間ごとに徐々に量を増やしていきます。たぶんお昼頃MAXに達したと思われます。

私が産んだ産院だけかもしれないけれど、促進剤を打っている間きっと暇になるだろうと思っていたら全然休ませてくれませんでした。お産が進むようにと足湯したりとかアロママッサージしたりとかストレッチしたりとかで、スマホや小説を一応持って入ったけれどそれの出番はほぼなし。テレビもついていたけれど、ゆっくりテレビを見ながら待つとかそんなことはありませんでした。午前の部はそれで終了。お昼ごはんは点滴をしながら食べました。微弱陣痛の中で。美味しかったから完食。

 計画分娩当日〜本陣痛

そんなこんなで午後2時も過ぎて、今日はもう生まれないかもね〜という雰囲気にLDR中がなってきた頃。突然声が出そうになるような大きな痛みがきました。さっきまでヘラヘラ笑っていられたけど、本当に突然という感じ。一回目は様子見しよう、と思って黙っていたけれど二回目、三回目と既に10分間隔どころじゃなくくる大きな痛みにナースコールしました。

すぐに担当の助産師さんがきて「とうとう陣痛ついてきたね〜」と。あぁ、今日赤ちゃんに会えるんだ!とすごくホッとしつつも想像よりも大きなその痛みに不安になってきました。この最初の時点では「内診グリグリ」くらいの痛み。だから声も出さずに我慢できたし(内診の時には我慢できなかったのにw)、痛みが来るのは一分程度なのでなんとかやりすごしていました。助産師さんが側にいたら気を遣うこともできていたし。でもものすごく汗が出るし、痛みはどうにもならない痛みだし。変な話、お腹がくだって腹痛の波が来るときあるじゃないですか。あれの腹痛がもっともっとひどいバージョンが生まれるまで永遠に続くって感じです。まだ我慢できてるけど、この最初の時点で焦るくらいに陣痛の痛みは強かったです。

3時を過ぎた頃、助産師さんが「ダンナさんは?」と言いました。私は立会い希望ではなかったけれど、陣痛の時には側にいてほしいと希望していたのです。夫はこの日仕事だったけれど、夕方だったのでもしかしてもう会社を抜けてこられるかも?と思い、陣痛の合間に電話することにしました。電話をかけ始めたら助産師さんが「もう生まれるから来てっていって!」というのでビックリ。えっ?もう生まれるの?と。

後からきくとこの時点で子宮口はほぼ全開になっていて、赤ちゃんが骨盤を通ればあとは生まれるだけになっていたそう。切迫早産だった甲斐があるといえばおかしいけれど、生まれそうだった人はお産も早いっていうのは本当だったんですね。…ただし私の場合は当てはまらないのだけど。

通常はこの状態から長くても2-3時間で出産するらしい。私はもしかしてすぐおりるかもしれないから、夫が到着するまでに生まれちゃわないよね?と思いつつも激しくなる痛みに、もう他人である助産師さんにも気を遣えなくなりました。恥ずかしいから声を出すのを我慢するということをしていたけれど、もう恥ずかしいも何もなく自然と声が出てしまいました。「あぁ〜」とか「うぅ〜」とか。なんか陣痛の時の声って営みの声にすごく似てるじゃないですか。だからアレを出すのだけは嫌だと芸能人のお産動画を見ながら思ってたけど、我慢しようと思って我慢できる痛みじゃなかった。なんなんでしょう、あのいても立ってもいられない激しい痛みは。

この時点で痛みMAX。間隔ははっきりわからないけど、1-3分に一度1分くらい痛いというのが続くので、自分の中ではずーっと痛みが続いてる感じに思えた。実際には痛みMAXが来て山が終わると全く痛くない時間が来て、また痛みの山が来て…という感じ。しかも子宮口全開で痛みMAXなので、毎回いきめと助産師さんに言われる。体験談ではいきみを逃すのが大変というのばかりだったけど、私の場合は赤ちゃんの頭が大きくてなかなか骨盤の間を通らず(事前にレントゲンをとって計算上はギリギリ骨盤を通るといわれてた)、それでこんなに時間がかかっていたために、陣痛に合わせてとにかくいきんで赤ちゃんの頭をなんとか自然におりるよう指示されていたのです。

毎回いきむのって痛いし体力使うしすごく辛かった。なにしろ今まで経験したこともないような痛みで苦しいのに、その痛みを和らげる体勢になるのは許されず、痛みに合わせて力を入れろってアンタ何いってんの?バカじゃないの?って助産師さんに悪態ついてしまいそうになった。いきむっていうのをどうしたらいいのか最初全くわからなかったけれど、痛みMAXになったら自然と便を出す時の要領でふんばっていた。これたぶん本能で持ってる行動なんだろうね。誰からも習わず勝手にできました。この痛みMAXの3時過ぎからの時間が地獄の始まりでした。

夫は無事に4時には到着。その時に助産師さんが夫に「子宮口全開なんですけど、まだ赤ちゃんおりてきてないから。赤ちゃんがおりればもういつ産まれてもおかしくないです」って説明していた。説明の間ももちろん陣痛で苦しむ私。助産師さんもついて腰をさすってくれたり、テニスボールをあててくれたりしていたけれど、夫が来てからは夫が助産師さんの代わりにそういうこともしてくれた。でも夫はプロではないのでタイミングがわからず、もうさすらなくていいのにさすってたりしてイチイチ「もういい」とか言わなきゃいけないのが何気に苦痛だった。なんてったって痛みの休憩時間は短いときは1分しかない。その1分の間に少しでも長く休みたいのに〜!って。たった一言いわなくてはならないことがこんなに苦痛だなんて…。と今思えばビックリなこと。そんくらい1秒もかからないでしょ、って。だけどその時はそのくらい辛かったということ。

そうこうしているうちに夜5時を過ぎた。全開になってから2時間。まだおりてこない。まだ破水もしてない。でも後に戻れない。という訳で先生により人口破水。生ぬるい水がバシャーって出たのがわかった。わかったけどもう何も話す気にもなれない。これでおりてくるかと思いきや助産師さんがまだまだだという。まだこの痛みに耐えなくちゃいけないの?ってここで心が折れかけた。そして体力もかなりなくなっていたようで、陣痛の合間のたった1分の間に意識がなくなってしまうほど(←意識喪失というよりは眠っていたという感じ。自分の意思と関係なく勝手に体も頭も寝てしまう)。

もう辛くて辛くて「あと何分頑張ればいい?」とかバカみたいなことを助産師さんにきいていた。そして「もう頑張れない」「いたいー」「お腹きって出す」とか言っていた。もう痛みに我慢して声を出さずに頑張るどこじゃない。とにかく痛みから解放されたい、その一心だった。全然解放されなかったけど!

助産師さんはプロなのでそんな言葉に動じずパキパキしていたけど、夫はその度に「赤ちゃんも頑張ってるからがんばれ」って言ってくれた。思わず「じゃあアンタが代わってよ!」と言いそうになったけど、夫に暴言だけは絶対言いたくないから我慢した。でも体験談にたくさんあった夫に暴言を吐きたくなる気持ちっていうのはものすごくわかった。あれは甘えだよね。甘えだけどもうそれしかないくらいの心境にその時なってしまう。夫に暴言は最後まで我慢できた。後から思ってもこれは本当によかったことのひとつ。

 計画分娩当日〜分娩

夜8時になった頃、ようやく分娩台に切り替わった。つまりやっと骨盤を抜けて降りてきたということ。つまり全開になってほぼ1分間隔の痛みMAXのまま5時間耐えたってことです。終わりが見えてきてものすごくホッとした。やっと解放されるって。もっと長く痛みMAXの状態で耐えた方の話も聞くけれど、純粋にすごいなと思う。5時間でも体力の限界はとうに超えていたと思うから。私は立会い希望していないので夫はここで一旦退室。

赤ちゃんがおりてきていた最中は赤ちゃんもすごく苦しいようで、モニターの音に警告音が混じる。初めて聞くモニターの警告音。赤ちゃんの心音が弱くなったりすると出ると以前切迫で入院していたときに聞いていた。赤ちゃんがおりてきだしてから産まれるまでずっとモニターの音には警告音が混じってた。きっと私が苦しいのと同じかそれ以上お腹の中の赤ちゃんも苦しかったのだと思う。よく頑張ったね、って赤ちゃんにも言いたい。

LDRは分娩台への移動がないからこれに関しては楽だった。でもね。私の場合、赤ちゃんがおりてこないからと痛みMAX状態でベッドの横でスクワットとかさせられていたので、せっかくのLDRの良さが半減。陣痛の中からだを起こすだけでもものすごい苦痛なのに、歩くとか地獄ですよ。分娩台にあがる苦しみはなかったけど、陣痛中に運動しなくちゃいけないっていう苦しみはあったのでなんとも…。

分娩台にするまでの間はじめて「いきまないで」って言われた。もうそこまで出てるんだろうと思った。分娩台になって割とすぐ先生が唐突に現れて「麻酔しますねー」と言って注射をうった。会陰切開。一箇所ではなく二箇所くらい切ったと思う。でも陣痛の痛みがすごかったので全然痛くなかった。切る時にパチンっていう音がなってるなー、くらい。

分娩台になってからは一度だけいきみの指示。その時に先生が思い切りお腹を押した。赤ちゃん潰れるんじゃない?って心配になるくらい。たぶん食後なら吐いてると思う。昼ごはん以来何も食べてなかったので何も入ってなくてセーフ。その後すぐに「頭がでましたよー」って助産師さん。すぐにするんとでるのかと思っていたら、そこから力を入れずに息をはいて、というのを何度か繰り返していたら何かがぬるっと痛みもなく出てきて泣き声が。8時12分に産まれました。3700gもある大きな女の子でした。エコーで見てた時の推定体重より重かったです。

おりてきてからは本当に早かった。普通の人なら全開になった後赤ちゃんが骨盤を通ればこうしてすぐに産まれるそうで、私の場合は難産に入ると思うと言われました。切迫で大変だったのにお産も大変だったね、って。さらにその後も大変なことになるのだけど(→産後病気になった私)。時間はかかって大変だったけど、吸引もしないですんだので赤ちゃんの頭は丸いまま会えました。吸引すると頭が伸びて卵型の頭になっちゃうんだよね。産院で吸引で産まれた赤ちゃんを見て初めて知りました。もちろん伸びてもきちんと元に戻るから心配はいらないのだけど。

母子手帳に書かれている陣痛のトータル時間は10時間。促進剤を使ったことを考えても短い方です。全開になってから5時間っていうのがなければ、ね。

 生まれた後

生まれた瞬間に痛みが一気になくなりました。本当は少しくらいあったのかもしれないけど、赤ちゃんの顔をみたら今まであんなに苦しかったのが嘘みたいにどうでもよくなりました。へその緒が繋がっている状態のままで助産師さんが写真を撮ってくれました。夫も呼んで家族三人で初写真。その写真では赤ちゃんが裸の状態でめっちゃ泣き叫んでます。撮った時には生まれたばかりで何がなんだか、という感じだったけど今になったらものすごい記念の一枚。私と赤ちゃんが外の世界で繋がってた瞬間ってこの時しかないから。大切な写真です。

初めて会うのに「かわいい〜」と思ったことにはビックリ。お腹にいる時から胎動を毎日感じていたし、いろいろ話しかけていたけど人間の形としてみたことがなかったので不思議な感覚。そして手も足も頭も体もお腹の中でここまで作られていたなんて!と感動してしまうほどミニチュアの人間の形がそこにありました。ものすごく小さい手なのに爪が綺麗にはえてて伸びてるのです。頭には髪の毛も。顔も人間の顔をしていてちゃんと全部綺麗に作られていました。私の体の中でこれが作られた、そう思ったら不思議で不思議でたまりませんでした。人体の不思議なんてもんじゃないです。これに関しては産んでみなければわからなかったことだと思います。出産を経験できて良かったと生んでみて初めて思いました。こんなに痛い思いをしたことはなかったし大変だったけど、全部チャラになるくらいの感動があります。未だに産んだ時のことを思い返したら涙が出るほど私には大きな出来事でした。

そうして育児が始まって大変な日々が続いていくのですが、産んだ後私の場合はこんな現象がありました。

  • モニターの音が聞こえる
    出産のときに最後の方30分くらいはモニターの警告音が鳴っていた状態でした。警告音だから耳につく音になっています。もう産まれた後で病室のベッドで横になっているのに、モニターの音が耳の奥で聞こえる感じがして何度も目覚めました。

  • 胎動を感じる
    もうお腹の中にいないのに胎動をよく感じる気がしてました。これはもしかしたら後陣痛で子宮収縮が関係しているのかもしれないけれど、産後退院するくらいまで今胎動が…とよく思いました。お腹にいた赤ちゃんは今自分で抱っこしてるのに(笑)

  • 尿の出し方がわからなくなった
    いきみを何時間もしたせいで便の出し方はずっとはっきり覚えていたけれど、おしっこをどうやってすればよいのかわからない体になっていた。これは自分でも驚いた。尿意があって出したいのに、どこに力を入れたらおしっこが出るのかわからない。なんとか頑張るけど全然でない。これに関しては産後の経験談でチラホラ耳にするので産後の腎臓病に関しては関係ないと思う。筋肉の関係らしい。最初は管で取ってもらったけれど、その翌日には時間をかけながら(10分くらいかかった)なんとか自力で出せるようになった。私が出す時に有効だった方法は「ウォッシュレットのビデで刺激を与え、腰を折って前にかがんだ状態で力を入れる」でした。

後陣痛も含めて陣痛の痛みは産後は全くなかったけれど、産めば痛みが終わるってのは間違いでした。陣痛のようなひどい痛みじゃなくて、切開した後の傷だとか排泄する時の痛みだとかが地味にずっと痛みます。幸い痔にはならなかったけど、病院にいる間は円座がないと座れない状態でした。まさか私も円座のお世話になるとは…ってショック。でも産院にいた時は皆病院から貸し出された円座で乗り切ってました。食堂に行くと皆円座の上に座っていたから。

あと産後すぐには赤ちゃんの世話に手一杯だしかわいいしで何も思っていなかったけど、退院する頃に気持ちが不安定になりました。これから自宅に帰ってこの子を育てていけるのだろうか?と。育てていけないって答えを出すわけにはいかない事柄で、それも重くのしかかりました。これから私が生きている間一生この子を抱えていきていかなければならないのだ、なんて当たり前のことを思ってブルーに。たぶんマタニティブルーですね。これに関してはブルーなまま退院したけれど、その後実家で両親に手伝ってもらいながら子育てをしていたら自然に治りました。里帰りしてよかった。

 夫について

何度も書くけれど、私は立会い希望ではありませんでした。夫は私に任せると言っていたので、陣痛のときは側にいて欲しいけど分娩の時には立会いしないで欲しいと産院にも夫にも伝えていました。立会いを希望していなかったのは出産に立ち会うことで夫が私を女として見れなくなるのではないかという不安から。血とかもあってたぶんグロいしな〜と。

けれど一点だけ私が思い切り勘違いしていたことがあります。分娩より陣痛の方が女としての状態がひどかったということ。陣痛は痛みだけで血とかのグロはないけれど、分娩より肉体的にも精神的にも乱れまくっている状態なので、こんなハズじゃなかったのに〜!こんな私は見せたくなかったのに〜!だから立会い希望しなかったのにこれなら意味ないじゃん!と思いました。どうせなら産む瞬間こそ見せた方がよかったのかな?とかも。後から考えて会陰切開やお腹を押す場面はやはり夫に見られなくてよかったのだと思ったから、私の場合はこれでよかったです。

結局夫がLDRの外にいたのは出産していた10分ほど。かなりひどい状態の私の側にずっとついていてくれました。私だったらあんなに苦しんでる人の側に4時間以上何もできずにいるなんて地獄だと思うと思うので、夫には本当に感謝しています。そして途中暴言吐きたくなったりもしたけれど、やっぱり側についていてくれて私自身もすごく心強かった。助産師さんにはお願いしにくいちょっとしたことも夫なら気軽に頼めたし。気が利く夫なので汗をかいてる私のために冷たいタオルを用意してくれたり、すごくよくしてくれました。

途中夕食が出た時に私が全く食べられる状態ではないので夫に食べてもらったのですが、私だったらこんなに痛くてうなってる人の横でおいしくご飯が食べられないので夫に「廊下に出てゆっくり食べてきなよ」と提案したのですが、夫は大丈夫!といって私の腰をさすったり面倒みながら合間にご飯を食べていました。その時はさすがに陣痛の痛みの中でも申し訳なかったです。

親がついてくれているより夫がついていてくれて本当によかったと思えます。この出産を通して私からは夫への愛情がかなり深まりました。

けれど、後から考えた時にそんな私を夫はどう思っているのだろう?何も言わないけど内心あんなに乱れた私にひいてしまったのでは?と不安になりました。産後すぐには聞けなかったけど、里帰りから家に戻ったときに思い切って聞いてみました。夫は全然ひかなかったよ、と。出産はこんなに大変なんだというのもわかったし、陣痛の時に側にいれてよかったと言ってくれました。本心かどうかはわからないけれど、その後の態度を見ているときっと本心なんだと思います。

 さいごに

夫に女として見られなくなることを不安に思っていた私だったけど、出産を機にかなり恥じらいをなくしてしまいました。今まで恥ずかしくて人様には絶対に見せられないわ、と思っていたことを見せざるを得ないことが連続して起こったことで、感覚が麻痺してしまったのでしょうか。排泄関係のことは病院関係者に公開する分には恥ずかしさを感じなくなりました。出産するまでは産褥ショーツ?ありえなーい!という感じだったのに、助産師さんや看護師さんにナプキンを取り替えてもらうことについても恥ずかしくない事態に。

こうしてオバサン化していくんだなと思ったのと同時に「母は強し」という言葉がどうしてあるのかもなんか妙に納得。確実に私の中で恥ずかしさのチャンネルは変わったと思います。いいことではないと思うから、ある程度改善したいと思ってますが。


そして妊娠中に見ていた3Dエコー写真。意外と的確だなーと赤ちゃんと対面した時に思いました。完全ではないけど特徴は捉えてるなって。でも他人から見たら気持ち悪いだけの写真ではあると思うけど、きちんと見えればこれかなりいいです。

かなりの長文になったけれど、自分自身が忘れないために書き記しました。もし最後まで読んでくださってる方がいたらありがとうございました。

■関連記事■
切迫早産入院体験記
出産体験記〜陣痛促進剤を使用して計画分娩
離れ離れになっている娘のこと。


この記事のカテゴリ:自分語り
 
| かりん | 20:42 | comments(7) | trackbacks(0) | |
Related Posts with Thumbnails
スポンサードリンク
お疲れさまでした。俺達オトコには想像もつかない苦しみを乗りこえて母親になるんですのう、女性は。
&#183;&#183;&#183;&#183;&#183;&#183;&#183;退院したら親孝行しようっと。母にだけ。

あ、そういえば白鳳(横綱)のブログはご覧になりましたか?
俺様は何つ〜か、夫でも父でもないけど読んでてマジで泣けました。優しい旦那様なんだろ〜な>白鳳
| はしばみ2 | 2014/06/06 7:08 AM |

本当に本当に大変なお産だったね!
私の周りで私以上に大変なのはかりんちゃんくらいだわー。
みんな割とスピード出産多くてね。
私も促進剤使ってMAXになってからが長かった。
そして助産師さんにかりんちゃんと同じような泣き言言ったよ(笑)
お腹切って出して、は旦那に言ったw
かりんちゃんと違うのは痛みはMAXなのに支給口は全開じゃなくあと5ミリってトコで
「今日はもうダメだから明日仕切り直しです」って促進剤中断されたのー。
夜10:00くらいかな。
もう目の前真っ暗よ。
そこで腹切ってくれって泣きついたね。
前に手紙で詳しく書いたっけ?
あまり恐怖心与えたら困ると思って詳しく書かなかったような?
ホントに母は強しだよね。
女はすごいと思う。
現金なもんで、産んだ後はこんな素晴らしい経験が出来ない男は気の毒だと思ってます(笑)
陣痛中は男も少しは痛い目に遭えと呪ったが。
私も旦那に暴言は吐かなかったけど、乱れた姿を見せたくないって思うかりんちゃんが微笑ましい。私はかなり辛い時に義母が側にいて、ぶっちゃけ気を遣うから出てて欲しいと思ったが言えなかった(^_^;)でも実母がそばにいるよりはマシだったかもー。優しい姑なのでね。
長くなっちゃった。
出産を語ったら何時間でもいけるよねー。
今度ゆっくり話したいよ。
振り返ると普通分娩で産めて幸せだったなー。
| 美由紀 | 2014/06/06 11:04 AM |

>はしばみ2さん
うん、お母さんには感謝だよ。だけどぜひお父さんにも親孝行を!でも産まなきゃ私もお母さんの凄さはわからなかったよ…。

白鳳のブログ、知らなかったので見に行ってきました。すごく愛のある方なんだね。私も涙出ました。優しい人なんだろうな。

>美由紀ちゃん
これより大変なお産もいっぱいあるっていうのは見聞きしてるけど、自分的にはすごい大変なお産だったよ。

そして同じ泣き言いうんだねwMAXが長いと心折れるよね!本当なら赤ちゃんが一番大事なんだけど、それも十分わかってるけどあまりの痛みにもう気持ちが折れちゃう。
だけど、MAXの状態で仕切りなおしって!!あの状態で「明日です」とか言われたらもしやその状態で翌日まで頑張るってこと??それとも痛みは促進剤中断したら一旦おさまるのかな?どっちにしてもそこまで頑張って中断は目の前真っ暗になるのわかる!!わかりすぎる…。子宮口全開じゃなくてもMAXが続くのは本当に辛いよね。

お手紙では破水から始まったことは書かれてたけど、詳しく書いてなかったからきっと出産が近い私を気遣ってくれたんだよね。でも産んだ今体験談をものすごく欲してるので、詳しく聞きたい!

「陣痛中は男も少しは痛い目に遭えと呪った」には笑った(笑)私も同じこと思ったけど、産む喜びが女にしかないからそれと引き換えの辛さかもしれないよね。

辛い時に気を遣う人が側にいるってのは病院関係者以外は私も嫌だな。側にいられるのが嫌っていうより、苦しいけど甘えられないから逆にいられるのが苦痛だと思う。私も自分の親はナシだなぁ。やっぱダンナ以外考えられないわ、陣痛の時は。

普通分娩で産めてよかったというのは私も同じことを思ったよ。それ以外でも経験すればそれはそれでヨカッタと思うと思うけど、赤ちゃんが出てくる感覚とかは普通に産まなきゃわからなかっただろうと思うから。無痛分娩の方がよかったのでは?っていうのは思ったけど、希望帝王切開とかはしなくてよかったと思ったよ。
| かりん | 2014/06/06 6:03 PM |

おぉー 可愛い〜
ほっぺプニプニですね
目鼻立ちもはっきりしてて美人さん間違いなしです

すごい出産レポートです
お産よく頑張りました 花丸です

お産は十人十色だけどお母さんはみんな
自分の命を懸けて頑張るんですよね
なのでお母さんが無事で赤ちゃんが元気なら
みーんな花丸だと思います

実家でおじいちゃんおばあちゃんのヘルプをもらえて
よかったですね
自分もまだまだですけどみんな最初から完璧な
お母さんお父さんじゃないんですから助けてくれる
人の助けはありがたく受けときましょう
赤ちゃんが大きくなるのと同じスピードで
お母さんの経験値上げていけばいいんだと思います

先日、知り合いのところの6ヶ月の赤ちゃんを
しばらく抱っこさせてもらったんですけど
可愛くて可愛くて
自分の顔がにやけっぱなしなのが自分で分かるくらい
| kon_kon_kon | 2014/06/07 6:28 PM |

>kon_kon_konさん
わぁ〜ありがとうございます♪
親になると親バカになるのでそういってもらえるとすごく嬉しくなります。
花丸も純粋に嬉しいです。

お産は命がけって言葉は知ってたけど、現代では関係ないかな。
って思ってました。全然関係なくなかった。
本当にお産は命がけですよね。
私も今闘病中ですが、一歩間違えたらどうなっていたか…。
切迫の時含め、甘く見ていた自分が情けないです。

本当にお母さんとしてはまだまだです。
目の前のことに手一杯。
それに加えて現在は子育てから離脱しているので
経験値はほぼゼロですよ・・・。
でもこれから赤ちゃんと一緒に私も成長していきたいです。

赤ちゃんってどんな子でも皆周りを幸せにしますよね。
不思議パワーのひとつです。
| かりん | 2014/06/07 8:41 PM |

かりんちゃん出産おめでとう!!
私も予定日より10日早く、5月28日に出産しました 3290gの男の子。ついこの間、陣痛、出産、体験したので、あの陣痛の痛さMAXが5時間も!?と気が遠くなる思いで記事を読んだよ。頑張ったね!ほんとにほんとにお疲れさま。

赤ちゃん可愛いね〜♪かりんちゃんよりは全然楽なお産だったんだけど、産む時はほんと辛くて、もう2度とゴメンだー(>_<)って10年前にも言ってたこと思い出したよw(上の子、今年10歳w)
元気な産声聞いて、元気な顔見たら、頑張って良かったな〜 生まれてきてくれてありがとうって、心から思った。母になるってすごいことだよね!
| さくらんぼ | 2014/06/08 1:15 PM |

>さくらっち
ありがとう!!
そしてさくらっちも出産おめでとう!!
同じ学年だね〜♪今新生児ちゃんかぁ。
新生児かわいいよね。たった一ヶ月で顔つきもすごく変わるから、乳児になった時にちょっと寂しくなったよw

さくらっちは二人目育児だからきっと私より余裕あるんだろうな〜。
わからないことがでてきたら教えてね!
生まれてきてくれてありがとうっていうの、すごくわかる。
自然にそういう気持ちになるよね。
お母さんになれてヨカッタです^^
| かりん | 2014/06/08 7:48 PM |

レスできません。コメレスなしで
OKな方だけコメントどうぞ。
(2014/7/22〜)









   
コメント本文にURLは入力できない設定になっています。
※ブログやHPをお持ちの方はURL欄に入力して下さい。
コメントの投稿がうまくできない方はコチラ
 
http://love.mania.daa.jp/?eid=990071
TB大歓迎ですが、関連性のない記事及びTBを返せないブログ様のTBはご遠慮ください。
TB送信元にこちらのURLがない記事からのTBは現在受け付けておりません┏○ペコリ
http://love.mania.daa.jp/trackback/990071


ブログ内検索
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728    
<< February 2017 >>

ケータイ用QRコード
一番右上のカレンダーの日付部分またはカテゴリーからもこれ以前の記事に移動デキマス。
今までの記事一覧では、タイトル一覧がランキング形式で見られます





with Ajax Amazon