t: y:
今読んでる人は

踏み逃げ、読み逃げ、ロム専、無断リンク大歓迎


今までの記事一覧
タイトル一覧がランキング形式で

<< 禁煙成功〜意思だけでやめるのは難しいmain2020年に自分が何をしてるか想像できますか? >>
映画「バタフライエフェクト」レビュー
バタフライ・エフェクト プレミアム・エディション [DVD]
入院中時間があり余るのでネットレンタルでDVDを週に2-4枚の頻度で借りてみていたりします。ノートPCでもDVD再生環境はあるけれど、5000円で購入したポータブルDVDプレーヤーがかなりいい感じで活躍してくれてます。ベッドで横になって安静している時にもポータブルDVDプレーヤーなら寝たまま見られる上にワンセグがついているので、映像は荒いけどテレビカードの節約もできていい感じ。

そんな私が今日見たDVDは「バタフライエフェクト」。大体のあらすじは「バタフライエフェクト-wiki」でどうぞ。

あの時違う行動をしていたら今の状況が変わっているのではないか?と思うことは誰でもあるでしょう。主人公はそんな能力を持っているという設定。初回の人生で初恋の子が自分のせいで自殺してしまって、その彼女を救うために過去に戻って過去を変えてしまうという映画。

以下ネタバレあります。


主人公は幼馴染で好きな彼女が自殺してしまったことに絶望を感じて、その結末を変えようと何度も過去に戻って何度もやりなおすけれど、視聴者の想像通り全くうまくいかない。最初の人生が一番よかったのでは?と思えるような展開が続いていく。

元々の主人公の人生がかなり壮絶でいろんな残虐なことが起こっているので、どこを変えても途中経過はよくても現在がおかしくなっていくという展開は、入院中にはちょっと苦しい展開でした。希望が持てなくなるというかなんていうか。息をしにくくなってしまうというかなんというか。もっと元気な時にみたら絶対違う感想だったと思うのだけど。

残虐なシーンの中でも私の弱点である動物と赤ちゃんが出てきたのはかなり精神的ダメージだった。皆でかわいがっていたと思われるワンちゃんを袋詰めにして焼いてしまうシーンと、赤ちゃんとママが帰宅して家のポストの爆弾で吹き飛ばされてしまうシーン。どちらもその瞬間はないけど、その前とその後の映像から想像してしまってダメだった。

残虐シーンがなければ話の設定自体はものすごく好きなものなのでストーリーとしてはよくできてたし、公開版ラストは「彼女と知り合うことなく生きていく」というもので、主人公は彼女のことをよく知っているけれど、彼女は彼のことを全くしらない現状という形でラストを迎えるのだけど。

あんなに助けようとがんばった恋人とすれ違っても自分はものすごく知っているのに相手が知らないというのは悲しいような気がするけれど、冷静にみれば自分の母親は元気だし、自分自身も普通の人生を送れていて恋人以外に困っていることはなさそうだし(しかも職業は医療関係と思われるのでそこそこ裕福だろうと推測)、ある意味ハッピーエンドだと思う。

これで主人公に新たな好きな人や恋人ができればそれでOKだろうと。それまで体感的には何十年も彼女と関わってきたのだからそんなに簡単にできなくて、一生苦しい思いを抱えることになるのかもしれないけど、これまでの何パターンもの人生でもっと壮絶になっているのも知っている主人公ならきっとその思いを抱えて苦しむくらいのことは、他のパターンの刑務所人生とか障がい者になっている人生に比べればなんてことないはず。

残虐シーンについては、あのくらいトラウマになるようなことが連続して起こらなければ主人公にこの能力が芽生えることがなかったのかも?と思えば設定としてはアリかもしれないとは思う。それなら全てにかかわった彼女とか彼女の兄がどうしてその能力が芽生えなかったか?と聞かれたらやはり遺伝としか言えないのだけど、才能が開花するには仕方なかったのかもしれないと思う。



そうして見終わった後、DVD特典で別エンディングが用意されていることに気づいた。しかも字幕が二パターンあるっぽい。なんだろう?と思って全て見てみるとレンタル版ではストーカーエンドとハッピーエンドが収録されていた。そしてそれぞれに監督と脚本家らしき人の解説がついているバージョンも。それで字幕が二パターンだったのか。

ストーカーエンドはラストで彼女とすれ違った後、彼女を追いかけていく主人公。追いかけていくだけでその後の展開は描かれていない。あとは視聴している人の想像におまかせ〜というところか。

ハッピーエンドは同じくラストで彼女とすれ違った後、見つめあう二人。そして主人公がナンパして食事でもいって・・・たぶんだけど彼女と付き合うパターン。でもきっとこれはこれまで内容を見てきた限り、バットエンドになるであろうと思う。なぜなら主人公と彼女が一緒にいると必ずよくない方向に流れていくから。作品中で監督たちも語っていたけど、もしそうならないとしたら今までの彼の苦労はなんだったのか?と矛盾がおきると。いや、実際には幼少の頃出会いませんでした!ってのが大正解で全てがうまくいくというエンドでもありっちゃアリだと思うんだけどね。でもそれならなんていうか「やっすい映画!」って感想になって終わるようなそんな気が・・・する。



なるほど、なるほど。とネット上のバタフライエフェクトの皆の感想を読んでいたら、実はこの3パターンのラストではない真のラストが存在するというのを知った。検索したら「映画感想 * FRAGILE」さんの「バタフライ・エフェクト/過ちを繰り返す、みんなを幸せにするために」のエントリ中に動画と共にみつけた。

なんて鬱エンドなんだ・・・。胎児の時に生まれない選択をするなんて。この真のエンドは母のおなかの中にいるときに、自分でへその緒を自分の首に巻きつけて死産にして自分は生まれないという選択肢。

先月子を産んだばかりの私にとってはこのエンドはないわーと思ってしまう。実際おなかのなかでへその緒がまきついて残念ながら・・・ということはあるのは知っているけど、母の気持ちはどうでもよいのか?と思ってしまう。主人公が生まれないことで周りの彼女や友人たちは幸せになっているけれど、二人だけ幸せになれない人が両親。どうせそんなとこに戻れるなら、生まれる直前じゃなくて精子とか卵子とかの着床する前に回避するくらいのことはできないんだろうか?そしたら誰も悲しまない本当のハッピーエンドな気がする。彼という存在が両親にわかってからなら不幸になる人が最低二人はできてしまうから。映画では出てこないけど、主人公に祖父や祖母がいればその人たちも不幸になるし。

・・・とここまでダラダラ感想を書いて思ったことは、主人公とかかわらない場合全ての人が幸せになるというのはどうしてだろう?と。主人公と関わらなくても幼児虐待気味の彼女の父親は存在してるし〜って。そして暇に任せてもう一度軽く飛ばしながら見てみたら、全ての元凶は「彼女が主人公に執着して両親の離婚のときに父親についた」という出来事があることがわかった。

そうか、彼女が父親の元に残ると母親がいなくなった父親の虐待がエスカレート。彼女が残るなら、と妹思いの兄も父親の元に残ることになってサイコパスみたいな性格に育ってしまう。その結果、近所で幼馴染の友達もサイコパス気味の兄の悪事によって不幸になる・・・という連鎖か。それならやっぱりハッピーエンド編のラストだったとしても悪い結果にはならずに大円団で終わったのかもしれないなーとふと思った。安っぽい映画にはなったかもしれないけれど。

タイムスリップモノが好きな人にはおすすめできるしっかりしたストーリーの映画だと思うけれど、鬱展開が多いので気持ちが落ち込んでいる時の視聴はやめた方がいいかも。明るいタイムスリップ映画が見たいなら「バック・トゥ・ザ・フューチャー」の方がおすすめです。


この記事のカテゴリ:音楽漫画娯楽
 
| かりん | 13:43 | comments(4) | trackbacks(0) | |
Related Posts with Thumbnails
スポンサードリンク
お、この手の映画がお好きなら「ミッション:8ミニッツ」なんかお勧めですよん。「バタフライ〜」ほど尖ってなくて、言わば安心して観てられるというか。
....ニコラス・ケイジのアレと違ってズコーー!!な感じもないし。失敗しても諦めずに何度もチャレンジした先には...という。
「8ミニッツ」の意味が結構、残酷なんだけど報われればいいか、みたいな(謎)。今なら激安DVDとか出てるんじゃないかのう。...暇を潰すスキルって貴重ですのう、入院患者には(怠)
| はしばみ2 | 2014/05/27 10:23 PM |

>はしばみ2さん
「ミッション:8ミニッツ」早速リストに入れて借りる準備しました。たぶん次回の送付で来るはず。(在庫があれば・・・)

暇潰しのスキル、入院中は必要ですよねー。
スマホとパソコンのネットでなんとか毎日やりすごしてます。
| かりん | 2014/05/28 8:54 AM |

重い話は苦手です。見た後の疲労感というか「え、これで終わり…?」というモヤモヤ感が嫌い。

タイムスリップとは微妙に違うけど「ジュマンジ」
自力で未来を切り開く「アンドリューNDR114」
重い話でも救いがあったのは「最高の友達」
全部ロビン・ウィリアムズですが、どれも好きな映画です。
| Ancient | 2014/05/30 11:24 PM |

>Ancientさん
何気にとってもお久しぶりです♪
そしてめちゃくちゃ共感できるコメント。重い話、後味の悪い話は本当にそのモヤモヤ感がありますよね。それがいいって場合もあるんだろうけど、私も今は無理。

Ancientさんの挙げている映画の中でジュマンジだけは見たことありますよ!テレビ放映でだったと思うけどすごく面白かったです。
| かりん | 2014/05/31 10:43 AM |

レスできません。コメレスなしで
OKな方だけコメントどうぞ。
(2014/7/22〜)









   
コメント本文にURLは入力できない設定になっています。
※ブログやHPをお持ちの方はURL欄に入力して下さい。
コメントの投稿がうまくできない方はコチラ
 
http://love.mania.daa.jp/?eid=990057
TB大歓迎ですが、関連性のない記事及びTBを返せないブログ様のTBはご遠慮ください。
TB送信元にこちらのURLがない記事からのTBは現在受け付けておりません┏○ペコリ
http://love.mania.daa.jp/trackback/990057


ブログ内検索
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< March 2017 >>

ケータイ用QRコード
一番右上のカレンダーの日付部分またはカテゴリーからもこれ以前の記事に移動デキマス。
今までの記事一覧では、タイトル一覧がランキング形式で見られます





with Ajax Amazon