t: y:
今読んでる人は

踏み逃げ、読み逃げ、ロム専、無断リンク大歓迎


今までの記事一覧
タイトル一覧がランキング形式で

<< 寝る時だけ口呼吸が病院に行かずに3日で治った!main年寄りなんだから…と怒る人がキライ >>
自分の命を捨ててまで他人を助けるのは美談ではない
最近起きた「踏み切りに倒れていた男性を助けるために犠牲になった女性」のニュース。皆さんご存知でしょうか?

  • 2013年10月1日(火)に神奈川県横浜市で発生
  • 踏切内に入ってきた74歳男性が倒れた(現段階では自殺説も貧血説もあり)
  • それを見ていた会社員・村田 奈津恵さん(40)が乗っていた車から降り、74歳男性を助けに向かった
  • 74歳男性はケガをしたものの村田さんの咄嗟の行動によって一命をとりとめた
  • ・・・が、村田さんは列車にはねられ死亡

村田さんの行動は素晴らしいものだと思うし、その後の報道のされ方も当然かと思います。紅綬褒章が授与されるとのことも納得です。

だけど、これってマネしちゃいけないことだと思う私はおかしいでしょうか?
村田さんと同じ状況になった場合、一番正しい行動は村田さんの行動ではないと私は思います。自分の命を粗末にしてまで他人を助けることは褒められるべきことでしょうか。

一番最初にこのニュースを見た時に思ったことは「お父さんがものすごく可哀相」ということ。止め切れなかった自分を責めているのでは?と思うようなコメントが出てきた時にはそりゃそうだろうなと・・・。いろんな報道が重ねられるうちに、亡くなった村田さんがどうやら独身のようだと知ってホッとしました。子供でもいたらと思うと村田さんの行動にはゾッとします。これが倒れていたのが見ず知らずの人ではないなら理解もできるのですが。

後先考えずに行動してしまったのか、それともまさか自分も死ぬなんて全く思わず線路から退避しなかったのか、そのあたりは村田さん以外にはわからないところだけど、村田さんを見習って私も困っている人がいたら助けよう!なんて思う人がいたら、まず自分の周りの人のことを考えてほしいとそればかりを思います。

実際に私がこの状況になったら、たぶん何もできずにただ立ち尽くして終わると思われるので自分自身に対してはその心配はしていませんが、私の周りの近しい人がもしも村田さんのような人だったらと思うとモヤモヤが止まりません・・・。



皆さんお久しぶりです。久しぶりにエントリを書こうと思ったのはこのニュースを見るたびにモヤッとするから。ここに書いて発散したくなった、という心境です。

コメレスは今でも書けたり書けなかったりなので、コメントはレスがなくても良い方のみお願いします。読んでいただきありがとうございました。



この記事のカテゴリ:時事・ニュース
 
| かりん | 23:30 | comments(18) | trackbacks(0) | |
Related Posts with Thumbnails
スポンサードリンク
しかも何とか賞を受賞だよ?
益々「なんか違う!」感が増幅。
美談じゃない、悲劇だよ。
自分が死ぬなんて思ったら動けなかったんじゃないかな?
自分の生死なんて考える暇もなく亡くなってしまった気がする。
凄い勇気と正義感だと思うけど、私も出来ない。
| 美由紀 | 2013/10/04 11:40 PM |

お久しぶりです。
これは・・・・もう・・・あかんわ

言い方悪いけど、もう秤にかけると爺さんが逝ったほうが良かったわ(^^;

助けられた方の家族も普通の神経してたら、いたたまれないと言うか、かける言葉も無いと言うか・・・・・
目の前で殺されるのを見てた父親が悲惨ですわ。

| ヒロシ | 2013/10/04 11:44 PM |

社会に何の役にも立たない

70過ぎた爺さんのために死ぬなんて

バカですよ。

社会にとっても不利益です。


自分の行動に

酔ってたんですかね・・・
| もも | 2013/10/04 11:51 PM |

まねしちゃいけないと思います。

ただ、本人はうまく逃げる気だったんじゃないかなと思います。
自分も助かる気だったと。
| ニクソンロール | 2013/10/05 10:30 AM |

同感です。
素晴らしい行動だとは思いますが、
70代のおじいさんと40代の若い女性、
これからの時間がまだ多くある、という意味では
本当に「逆であったならば・・・」と思ってしまいます。
どっちも助かってたら、一番良かったんでしょうけどね・・・。
| まきを | 2013/10/05 12:34 PM |

プレイステーション4の予約にも成功、朝からのミッションに一息ついた俺様ですが。
おはようございます。

>私はおかしいでしょうか?

俺様も「コレを美談にするな」って感じますた。
いつだったか、踏切りで若い女性を助けて殉職したお巡りさんがおられましたけどアッチは止むを得ないトコもあった。

しかしコッチは「これからバリバリ働いて社会を担ってもらう世代」の女性が亡くなって、自殺志願の70台爺が生き残った、と。

損得だけでも「いけない」ってわかるし、そもそも(無理矢理)助けられた70爺、これから生きる希望のある筈もなし。どうせ(近い将来)今度こそ本懐遂げるかと。

冷たい言い方になるけど、何つ〜か「自分を客観視できてない」と言うか、自分の行動がどんな結果を齎すか2〜3秒でも考えるべきだったんじゃないですかのう。

亡くなった女性のご家族としては「アレで正しかった」と自分を納得させるしか精神の平衡を保つ方法もないワケで。

ところが無責任なマスゴミが「美談」に仕立てちまったもんだから変なことに。
「アレはおかしい!美談じゃない!」って言いたくてもワイドショーのコメンテイターなんて死んでも口にできない雰囲気だし〜。せめてネット上では本音を吐きたいでありマウス。
| はしばみ2 | 2013/10/05 1:56 PM |

今回の事案は、自ら救助する事案ではなく踏切の非常ボタンを押すべきであったと思います。
それにしても今回の政権は不幸事を上手く政治に利用しすぎです。
今回の紅綬褒章、政権交代後即民間企業の外国テロ事件での政府専用機の派遣。
いったい我々の税金は何だと思っているのやら。
| imonusi3104 | 2013/10/05 4:36 PM |

私も自分だったらアワアワしてる間に
電車が来て助けるまもなく・・・
って感じになるのが目に見えているので
心配してないのですが

こういう時になにが一番正しいのかって
とっさには判断出来ないだろうな、とは思います。

きっと助けに入った方のとっさの判断では
この選択肢が一番に出てきたのかな、と。

深く感がえるとかきっとその場では出来ないものなのではないでしょうか?

不謹慎と言われてしまうのでしょうが
老い先短い方よりかはまだ若い方の方が助かれば・・・と思うし

もし自殺志望の方で自分の意志でああいう事をされたのであれば
尚更助けた方は虚しさしかないですよね。

女性の方にお子さんがいなくてホッとしたのは私も同じです。

しかし、こんな大変な時なのに
わざわざ自宅と思しき場所にインタビューを取りに行き
お父様やお母様、お姉様から直接話しを聞き出して
わざわざ映像を全国に流す、その神経の方が信じられません。

こういう時だからこそ
遺族の方をそっとしておくべきだと思うし
私だったら意地でもコメントしたくないと思うのですが
マスコミって嫌だなって感じます。
| ミケイヌ | 2013/10/06 12:46 AM |

 デリケートな事、よく記事にしましたね、
と感嘆しつつ、同感です。
 私はこの事件を知った時、
「子供を残して死ねないから
私はできないな。」と思いました。
ボタンは押しに行きます。
その後は、助けなかった自分に
罪悪感をもつ日々なのでしょうか。
(自己犠牲ってそういうことを
超越しているから誉めたたえられるのかな。
でも、この場合助けなかった人を
責めることもないし自分を責める必要もない
ですよね。)

 「新大久保駅乗客転落事故」
でも同じように思いました。
乗客を助けようとして
亡くなったカメラマンのお母さんが
周囲に「美談であっても男性が死んだ事に
変わりがない。」と
嘆いていたことを知りました。
映画化するのも何だかな…と思いました。

 ただ、この女性は
助けるのに夢中で後先は考えず
自分も死ぬつもりではなかったと思います。
助けられてほっとしつつ
死んじゃったことには後悔していると思うので
冥福を祈ります。
| コッシー | 2013/10/06 10:40 AM |

献花する人を責めるつもりはないのですが、献花なんかしてもらっても遺族はますます苦しむだけなのでは、とテレビの映像を見ていて思いました。
| 児斗玉文章 | 2013/10/06 9:11 PM |

お久しぶりです。
なんともなぁ・・な事故でしたね。

亡くなられた方の過去の報道等みていると
感覚で身体が動いてしまう方だったのではないだろうか?と
想像しています。

なんだろう、こういう天命の元に生を受けてこの世に生まれて来られた方だったのではないのかなぁ・・などなど
思うところはあります。

非常時の行動って、普通の人ならば咄嗟にいろんなことが頭の中を
駆け巡り、非常ボタンを押すことが精一杯だと思います。
それが普通の感覚でしょうね。

でも、こういう行動をとるかたって
頭と感覚と別物なんだろうなぁと思うんです。
稀にいらっしゃいますよね。
人間も動物も皆同じ命。
助けなければ!という感覚が研ぎ澄まされている方が。

賛美はしませんが、非難することもできない
そんな事故でした。
| いつき | 2013/10/07 12:32 AM |

こんばんは。

親族や配偶者ならともかく、
赤の他人の70過ぎの爺さんですからね。

人間万事塞翁が馬。
ま、10分ずれていたら、全然違う結末だったでしょうね。
| ♪やまっち3♪ | 2013/10/12 9:45 PM |

美談ではありませんが、忘れている何かを思い出させてくれたとは思っています。
| お坊さん | 2013/10/18 10:44 AM |

 お久し振りです。
ウ〜ン・・・「咄嗟の行動なんでしょうね?純粋な方だった」。って印象ですね。

 自分がその場に居たら・・・と、考えると私には出来ませんね。
 
 今、自分が生きている意味を、どう捉えるかは夫々の人生観(価値観?)ですからね〜。生まれてから、どんな境遇で育ったかでの経験も有るし・・・。
 マスコミは「どうにでも!?加工が出来ますからね〜」
 
  
  
| まさお | 2013/10/18 10:11 PM |

私もお父さんがかわいそうだと思いました。
どんな事情があっても、親より先に死ぬのは親不孝なんですよ。
ましてや警察官や消防士などが公務中に救命活動をして命を落すのとは訳が違います。
打ちひしがれてるご遺族に美談化と勲章なんて、悲しみを助長させるだけです。
マスコミも政府の対応も最低だと思います。
| わふわふ | 2013/10/19 7:42 AM |

私ならどうするかと聞かれれば、はやり助けられると判断すれば、助けようとするでしょう。無理だとか、危険すぎると判断すれば、やめておきます。

あまりにも当たり前すぎる答えですね。

犠牲になった人の場合、判断ミスが原因ですが、こういう差し迫った状況下では判断ミスも仕方がないかもしれません。ちょうど、火事で火の手の回った高層ビルから飛び降りてしまうのと似た状況である可能性もあります。確か、高層ビルの火事の場合は研究が行われていると記憶していますが、差し迫った状況下での判断ミスについても、誰か研究した人がいるかもしれません。

これを美談として何らかの賞を与えるというのは、全く表彰しないよりも、表彰した方がちょっとは慰めになるからと言う判断ではないでしょうか?よく海や川でおぼれた人を助けようとして、飛び込んで自分もおぼれて死んでしまう人がいますが、似たような状況でしょう。しかし、このようなケースで、一緒におぼれてしまった人は、表彰されているのかどうか。どうなっているのでしょうか。やはり、誰も助かっていないので、表彰はされそうもありませんね。

全く逆の例で、北海道の熊の事件で、家族で襲われた時に、妻や子供を捨てて、夫が逃げてしまったという場合はどう考えたらいいでしょうか。逃げた夫は、結局助かった妻に対して、一生頭が上がらなかったとか。しかし、巨大なヒグマ相手に戦うって言ったって、それはちょっと無理かもって言うより、絶対無理ですね。
| M | 2013/10/20 12:53 AM |

非常ボタンは他の方がすでに押していた、というのを報道で見なかった人達が多すぎますね。
経由して国家批判している人もとても滑稽です。
消防や警察なら死んでもいいというのも人としてどうなのでしょう。
また40歳と70歳という年齢だけ見て命を天秤にかける愚かさ。
報道で40歳の方はボランティア精神に溢れる方だということが度々流れましたが、70歳の方がもし権力や地位のある人物だったら?
あなたの天秤はどちらに傾くのですか?
人間というのは身勝手で我儘です。
他人のことなら、常にあの時ああだったらこうだったらと。
咄嗟の人間の行動に正解なんて有る筈ないです。
| aya | 2013/11/26 11:19 AM |

私はどちらかと言うと、娘を亡くしたのに「死んじまったな」くらいで体して何も思っていない(ように見えた)お父さんの方が信じられませんでした。実際、「結婚もせず地味で取り柄もなくてね」と何の感慨もなさげに、当初コメントしていたのを覚えています。自分から色々なインタビューに答え、後になる程とり繕っていましたがね。あれは事故後のショックでと言い訳できるような感じではなかったと。そういう家庭も、あるのです。果たして、残される家族の尊さ、生き残る意義を感じられる家庭だったのでしょうか。自殺志願者を抱擁で助ける「美談」以上に色々切なさを感じる事故だったと、今でも考えずにはいられません。
| momo | 2013/12/23 12:03 AM |

レスできません。コメレスなしで
OKな方だけコメントどうぞ。
(2014/7/22〜)









   
コメント本文にURLは入力できない設定になっています。
※ブログやHPをお持ちの方はURL欄に入力して下さい。
コメントの投稿がうまくできない方はコチラ
 
http://love.mania.daa.jp/?eid=990041
TB大歓迎ですが、関連性のない記事及びTBを返せないブログ様のTBはご遠慮ください。
TB送信元にこちらのURLがない記事からのTBは現在受け付けておりません┏○ペコリ
http://love.mania.daa.jp/trackback/990041


ブログ内検索
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728    
<< February 2017 >>

ケータイ用QRコード
一番右上のカレンダーの日付部分またはカテゴリーからもこれ以前の記事に移動デキマス。
今までの記事一覧では、タイトル一覧がランキング形式で見られます





with Ajax Amazon