t: y:
今読んでる人は

踏み逃げ、読み逃げ、ロム専、無断リンク大歓迎


今までの記事一覧
タイトル一覧がランキング形式で

<< ダウニー卒業mainビッグダディ6時間全部見てしまった〜2013お正月 >>
バイバイ、みやたん。
12月7日金曜日の午後1時50分にみやたんが亡くなりました。


老衰と思われます。推定年齢は22歳。なぜ推定かというと、捨て猫として捨てられていた猫を当時小学生だった弟が拾ってきたからです。うちの家族になってから初めて病院へ行き、1歳にはなっていないだろうが生後どのくらいなのか不明ということで推定年齢です。
猫の平均寿命からいっても長生きしたと思います。猫は生後1年で人間でいう20歳になり、その後は1年経つごとに4歳増えると換算すると人間年齢になると聞いたことがあります。その計算方法が正しいかどうかは別として、その計算でいくとみやたんは人間年齢で108歳。長寿ですよね。

みやたんは5歳くらいの頃腸閉塞で死にかけたことがありましたが、その後は特に大きな病気もなく元気にしていました。元々自由に外に出していたので釧路に住んでいた頃までは外に出たがるとリードなどつけずに自由にさせていた子でした。ただ、札幌に引越しをした後からはずっと年をとってきたことや交通量の多さでそこからはリードをつけて散歩という形に変わりましたが、それでも今年の秋口くらいまでは外に行きたがって母と一緒に外に少しでかけたりしていたみたいです。

今年の春先に父から「みやももう年で長くないかもしれないから一度会いにきたほうがいいよ」と言われ、夏に弟と予定を合わせてものすごく久しぶりに家族全員で過ごしてきました。私はそれがみやたんに会った最後になってしまいましたが、割と覚悟して会いに行ったのに拍子抜けするほど元気にしていました。

もちろん年を取っているので昔みたいにとんだり跳ねたり遊んだりはしていなかったけど、普通に昼寝して普通に鳴いて普通にご飯を食べていて、普通に甘えていて。ただ年のせいか耳が遠くなっていたりはしたけれど。最後のみやたんの姿がそういう姿なのは私にとっては良かったのかもしれないと思います。

それがここ一ヶ月の間に目が見えなくなりはじめ、それでも最初はゆっくりでも歩いていたようですが、2週間ほど前からトイレが間に合わない状態になってしまいました。頭はしっかりしているようでトイレに行こうとするのですが、立ち上がる時に力が入るだけで出てしまうような状態だったようです。出てしまってもうトイレにいっても出ないのに、それでもトイレにいって砂をかくことはしていたようで・・・せつなくなります。そしてとうとうその頃からおむつになりました。おむつにしてもやはりトイレには自力で行っていたようです。ただ、力めなくなったようでうんちが出にくくなっていたよう。

その頃から両親は本格的に覚悟を決めていたようですが、こんなに早く逝ってしまうとは思っていなかったと。目が見えない状態でもご飯も食べて水も飲んでいて、寝る時も今までと変わらず暖かい時はびろーんと伸びて寝ていたそうです。でも今日は起き上がりもせずご飯も食べず寝ていたと。もう本当にダメかなぁ?とは思ったようですが、すぐその日に亡くなるとは思っていなかったと聞かされました。お昼に父が仕事からご飯を食べにちょうど戻ってきていた時に亡くなったので、両親揃って死に目に立ち会えたと聞きました。

猫ならどの子でもするであろう「寝ている状態で手足がピクピクする状態」。みやたんがその状態になっていて母が最初に気付いたようですが、あまりにも普通に寝ているように見えたので普通に「夢の中で走ってるのかな?」と話しかけながらなでた時にいつもと違うと気付いたそうです。あまりにも普通に苦痛の表情でもなくその状態になったので最初は本当に普通に昼寝をしているだけと思ったと。

全く苦しまず、普通に昼寝をしているようにすやすやと眠っている状態のまま亡くなったのでいつかは必ず来ることならそういう最期でよかったと思います。

最初にみやたんがうちに来た時私は高校1年生。誕生日前で15歳でした。そんな私が今37歳。私が実家から離れたのは社会人一年目の冬だったので19歳の頃。その後一旦実家に戻ったものの数年で離れています。そして弟が実家を離れたのは18歳の頃。実家は転勤族なので転勤についていけるのはそのくらいの年齢まで。

そんな中みやたんだけはずっと両親の転勤について私や弟よりも長い年月両親と共に暮らしてきました。一番長く両親と一緒にいた子になります。思えば引越しの数も私や弟よりもずっと多くなっていました。常に一緒に暮らしていない私や弟もショックを受けて悲しい思いをしているけれど、22年もの間ずっと一緒に暮らしてきた両親の気持ちを思うとそちらも心が痛みます。

かなり昔から私よりも先に逝ってしまうであろうことはわかっていましたが、実際にこうなってみるとなんとも言えずただただ悲しいです。両親も仕事をしているであろう私や弟のことを気遣って、すぐには知らせずわざと夜に知らせてきました。

今日も仕事でいろんなことがあったなー。と思いながら制服から着替えようとロッカーに戻ってその知らせのメールを読んでショックを受けて、でもなぜかその場で同僚に話す気持ちになれずに気付かれないように普通に一緒に退社しました。正直メールを見てから退社するまでどんな話をしながら歩いていたか覚えていません。たぶん話したら泣いてしまいそうだったからかも。

その後予定があったので人と会ったのですが、普通にしていたつもりなのに気付かれてしまい、みやたんの話をしたけど泣かずに普通に話ができました。ホッとしていたけどその後話題が変わって全く関係ない話をしていたのに勝手にどんどん涙が溢れて自分でも止められなくなってビックリしました。

それから今数時間経って気持ちも落ち着いたなと思っていたけど、ここにこうして書いてる間に今まであったいろんなことを思い出してまた涙が出てきます。。。支離滅裂な文章になっていると思うけれど、なぜかどうしてもみやたんのことを忘れないようにかきとめておきたくて思うままに書いてしまいました。文章中に「亡くなる」と表現しましたが、故意に使ってます。一般的には人間以外には使わないって知ってるけれど、私の中ではみやたんは大事な弟なので・・・。

みやたんは明日火葬の予定です。もう会えないんだなと思うと悲しいし、寂しいけど今までありがとうって笑顔で送り出したいです。


この記事のカテゴリ:ペット
 
| かりん | 04:00 | comments(18) | trackbacks(0) | |
Related Posts with Thumbnails
スポンサードリンク
みやたんはかりんちゃん&ご一家の歴史をみてきたんだね。ご冥福をお祈りします。
| momo | 2012/12/08 10:49 AM |

そっか。
淋しくなるね。
| takanome | 2012/12/08 6:22 PM |

お久しぶりです。

みやたん…あの「たぬきしっぽ」のにゃんこ。
一度しか会えてないけど、結構しっかり覚えています。
22歳とは大往生かなぁと。
きっと、かりんぴファミリーに愛されて幸せな一生だったのでは。

ご冥福をお祈りします(-人-)
| おね | 2012/12/09 10:43 AM |

今年大晦日のNHK『行く年来る年』は、ことさら特別な感慨を持って迎えることになりましたね。

みやたんは、ご家族皆様の心の中にこれからも永く生き続ける…と思います。

どうぞ手厚く葬ってあげて下さいますよう。

| 海鳴り | 2012/12/09 11:06 AM |

みやたんお母様とお父様に見送って
もらう形で旅立ったんですね
ご冥福をお祈りします

| ちびすけ | 2012/12/09 1:22 PM |

ご冥福をお祈りします。
犬や猫は飼い主の感情に左右されやすいと言います。
22才と長生きしたのも、きっとみやたんを含めた家族みんなが幸せだったからでしょうね。
| 児斗玉文章 | 2012/12/10 6:07 PM |

管理者の承認待ちコメントです。
| - | 2012/12/11 10:34 AM |

ご冥福をお祈りします。

私の実家で飼っていた猫も、23年ほどの長生きでした。私が小学生のころに家に来て、よく遊び、一緒に寝て、散歩にも行き、本当に大好きでした。私が結婚して家をでてから数年後、亡くなったと連絡があったときは、やはりショックで、涙が止まりませんでした。最後のほうはトイレに間に合わず、けれどもトイレに行こうとする、みやたんと同じような状態だったようです。今でも思い出すと涙が出ます。家族の一員なんですよね。かりんさんとご家族皆さまは、きっと優しい方々なのでしょうね。みやたんもきっと幸せだったのでしょう。
| アフロ | 2012/12/11 2:37 PM |

思わずもらい泣きしてしまいました。
| P | 2012/12/12 2:23 PM |

初めましてhigeyasuと申します。

私は阪神大震災でテント暮らしをしました
玄関(土間)で飼っていたイッキ柴犬ですが
テント暮らしを始めた時から同じ部屋で暮らすこととなり
新居でも部屋で過ごし長生きをしてくれてると思います。

数年前から死を覚悟するような体調不良もありましたが
奴は俺の息子でいまでも赤ちゃんなんです

イロイロな家庭事情により
家族と離れましたがイッキとの面会は許されていて
家を尋ねるのですが老犬は私の認識もなく寂しくなります。

子供が親を見送るよりも
親が子を見送る悲しみは耐えがたいと思いますが
幸せに長生きできた
ヤツらを自慢したいと考えています。
| higeyasu | 2012/12/13 1:02 AM |

今夜はふたご座流星群が南西の空に見られそうです。

星になったみやたんも見えるといいですね。

| 海鳴り | 2012/12/13 4:58 PM |

22年とは大往生だね。
みやたんの写真もたくさん残してそうだから、それとともに色々な記憶もよみがえるだろうね。
| はち | 2012/12/14 1:32 AM |

にゃー^^
| みや | 2012/12/14 7:29 AM |

お久しぶりです。
私も友人の実家が「猫屋敷とはこの家だ」と言わんばかりの猫屋敷があります。
私たち子供たちが高校卒業と同じ頃、そちらの御家族が釧路を離れてしまい余り立寄る機会がありませんでした。
先日数年ぶりに立寄る機会が出来、お邪魔したところ入れ替わりはあるはずなのに猫の数が変わらないのです。
むしろ増えているような気がするくらい変わりありませんでした。
「この子はあの時の子とこの子の子供で」とか「捨てられた子猫を育て上げ往生した」とか色々聞き、その時私は逝く(ゆく)と言う事はまた来るのだと知らされました。
心中お察ししますが必ずまたあなたのそばに来ると思います。
体調など崩さないようお気を付けください。
遅くなりましたが心よりご冥福をお祈り申し上げます。
| こん$ | 2012/12/15 8:10 PM |

皆様たくさんのコメントありがとうございます。
お気遣いもいただき嬉しいです。

その後、みやたんはペット斎場で火葬し、現在は実家に戻ってます。
今後どうするかはまだ両親共に決めかねているようですが、
来年の春くらいに結論を出すようです。

このことがあってから数日はちょっと沈んだ気持ちで過ごしてきましたが、
今はだんだん普通になってきてます。
心配しないでください^^
| かりん | 2012/12/18 2:08 AM |

かりんたむぅ、元気になってね(´・ω・`)

| ケルベロス | 2012/12/21 10:56 PM |

かりんさん

皆さん


Merry X’mas !!

| 海鳴り | 2012/12/24 7:59 AM |

春日部から水戸に又、出稼ぎのまさおです。m(__)m
私の処は犬ですが十八歳の家族のが召されました。気持ちが分かる様な気がします。でも、私の電話の声を聞いてから五分くらいだったと、嫁さんから聞きました。手を合わせたました。
| まさお | 2012/12/31 10:59 PM |

レスできません。コメレスなしで
OKな方だけコメントどうぞ。
(2014/7/22〜)









   
コメント本文にURLは入力できない設定になっています。
※ブログやHPをお持ちの方はURL欄に入力して下さい。
コメントの投稿がうまくできない方はコチラ
 
http://love.mania.daa.jp/?eid=990029
TB大歓迎ですが、関連性のない記事及びTBを返せないブログ様のTBはご遠慮ください。
TB送信元にこちらのURLがない記事からのTBは現在受け付けておりません┏○ペコリ
http://love.mania.daa.jp/trackback/990029


ブログ内検索
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< March 2017 >>

ケータイ用QRコード
一番右上のカレンダーの日付部分またはカテゴリーからもこれ以前の記事に移動デキマス。
今までの記事一覧では、タイトル一覧がランキング形式で見られます





with Ajax Amazon