t: y:
今読んでる人は

踏み逃げ、読み逃げ、ロム専、無断リンク大歓迎


今までの記事一覧
タイトル一覧がランキング形式で

<< 激めんのメンマmain蕎麦屋で何も食べずに店を出た >>
「最後の言い訳」の歌詞を深く考えてみた
徳永英明さんの「最後の言い訳」という曲、知っていますか?悲しい恋のバラード曲で私の好きな曲のひとつ。つい最近なんとなくyoutubeでこの曲を歌詞を見ながら聴いていて疑問に思ったことがあって今回のエントリです。まずは曲をどうぞ。



歌詞全文はこちらにあります。

つい最近まで深く歌詞を考えていなかったせいで、彼女が彼氏を振った曲として聴いていました。男性の失恋ソングなのだと。それなのになぜ彼女の方が泣いているのか?という疑問は一瞬思ったことはあるけれど、まぁ別れだしね。と思ってた私。

けど、よく歌詞を深く読むとこれってそういう曲ではないですよね・・・。


二番の中にこんな歌詞があります。

誰からも君なら
好かれると思う
心配はいらない
寂しいよ

これを見て最初は彼氏が寂しいのだから、やっぱり彼氏の方は別れたくないんだろうなと思ってしまったのだけど、とりようによっては彼氏から別れを切り出した可能性があるのでは?という気がしてきます。そこにさらにこの歌詞。

無理に僕のためだと
さよならの理由
思ってる君だから
悲しくて

これって彼女の方も別れたくないと思っているけど、無理にでも「彼のためにここは私が潔く身をひこう」と思って彼からの別れを受け入れてしまったのでは?と思います。

そして一番の最初の歌詞

寝たふりがこんなに
つらいことだとは

に納得できた気がします。初めは彼がふられた側だから、一緒の部屋にいても話すこともなくふて寝のようなことをしている情景を思い浮かべていたけど、実は彼も彼女を好きなのに別れなければならない事情があったから辛くて寝たフリをしていたのかな?と。

不思議なことにふて寝の情景が浮かんでいた時にはなんとなく情けない感じのした男性像が浮かんでいたけど、辛くて彼女の顔が見ることができずに寝たフリをしていたとしたら、なんて悲しい時間が流れていたんだろうと想像してしまいます。



もしもお互いにすごく好きなのに別れを選択したのだとしたら、どういう時にそうなるんだろう?と考えてしまいました。

すごく好きなのに別れるという経験は、私の場合中学校の頃です。もちろん中学生同士のお付き合いなので、愛し合うとかそういう感じの「好き」ではないけど、親の仕事の都合で遠くの土地に私が転校することになり、付き合っていた彼と離れ離れになりました。その時くらいかなぁ・・・。

当時は子供だし、親がいなければ暮らしていけないし、同じ北海道内でも中学生には函館と旭川ほど遠い距離はどうにもできず遠距離をする見通しもたたずに、何もできないままで別れてしまいました。付き合ってるとは言っても中学生特有のアレで、付き合ってからはお互い意識しすぎて話らしい話もできないままの超純愛だったんですけどね。

けれど今回の歌の中に出てくる男女はたぶん大人の男女で。私の経験にはないことなのでどういう気持ちで別れる決心をしたんだろう?と思います。

ただ、サビの部分で

いちばん近くにいても
いちばん判りあえない

という部分があるので、男性側に何か隠している事柄がありそうな気がします。この男性の判ってほしいという部分が「本当は君のことが好きなのに」ということなのかもしれないし、「君のために別れを選んだんだよ」ということかもしれないし、それはわからないけれど。

彼から別れを告げたとしたら、やはりどうしようもない理由があったのか?付き合っていたら彼女に不利益を与えるから彼女のために別れたのか?それとも余命いくばくもない病気や、一生涯に渡って続く病気などになって彼女の幸せを考えて別れたのか?はたまた親の介護問題などで彼女に迷惑をかけたくないと思っての別れ?

などと考えていたらいくらでも世界が広がってとまらなくなって書いてみました。皆さんはこの曲の歌詞を読んでどんな風に感じましたか?やはりお互いに好きなのに泣く泣く別れるという印象でしょうか?それとも私とは全く違う印象でしょうか?


この記事のカテゴリ:音楽漫画娯楽
 
| かりん | 22:18 | comments(10) | trackbacks(0) | |
Related Posts with Thumbnails
スポンサードリンク
何となくDEENの「夢であるように」を思わせますのう。

.........すいません少し嘘です(汗)
リンク先の歌詞だけ見てたら沢田研二の
「勝手にしやがれ」思い出しました........
古くてサ〜〜セン
| はしばみ2 | 2012/07/03 8:21 PM |

 初めてコメントさせていただきます、『かず』(♂)と申します。いつもはROMばかりですが、今回のテーマはカラオケで自分の十八番だったので勇気を出してコメントすることにしました。
 歌詞の内容については、これまで深く考えたことはありませんでした。ただ何となくですが、お互いが愛し合っているにも関わらず、やんごとなき理由で別れざるを得なくて、女性は男性の利益を慮って自分から別れを切り出し、男性はそれを甘んじて受け入れたのではないかと考えていました。
 具体例としては、(今改めて知恵を絞っているのですが)例えば男性が職場の社長の娘に気に入られちゃって、女性が身を引く、とか、女性の出自に問題があって身を引く、とか、そんな感じでしょうか。
 男性は女性自身のことは大好きなんだけど、今後の人生における自分の利益を打算的に考えた場合、別れた方が得策かもしれないと思って、女性の申し出を受け入れることにした、と。
 そうやって考えると辻褄が合うような気もするのですが、それじゃぁ、何が『言い訳』なの?っていう疑問も出てくるのでしょうね。
 そもそも、作詞者はそうしたカッチリした状況設定の下に歌詞を練ったのだろうか?ということに対しても疑義を感じてしまいます。 失礼な物言いですが、単に言葉の響きの良いフレーズを羅列しただけだったのかもしれません。
 僕らが洋楽を歌詞の内容もわからぬまま聴いて、メロディーや単語の感触から想起されるイメージを味わうみたいに。これはちょっと考えすぎですね。
| かず | 2012/07/05 3:41 PM |

こんにちは〜。
この曲は知っていましたが
あまり深く考えた事ありませんでした。

私には、
男性側の気持ちが離れてしまった
もしくは他の人を好きになったとかで
男性から別れを切り出したが
女性に別れの理由を聞かれて
もう好きじゃなくなったとか
他に好きな人ができたって言えなくて
別の理由をつけたんじゃないかと。
でもそれが言い訳だと女性も薄々わかっているので
「無理に僕のためだとさよならの理由思ってる」
になったんじゃないでしょうか。

この男性は歌詞の中では別れる今も
現在進行形で相手を好きだという
感情を表現していないように見えます。
それらしく見えるのは
「一番大事なもの」ですが
これは「一番大事にしてたもの」と読み替えてもいいのかなと。

男性側は、今はもう好きではないのに
「まだ君を好きなんだけど今回二人が別れるのは
仕方がない理由なんだ」と
相手に言い訳(嘘)をいってしまったから
今までの交際期間の中で本当に感じた過去の愛情も
すべて言い訳の中に含まれて
相手に思われてしまうのは悲しいな
って歌詞だと思いました。
| jkackt | 2012/07/06 9:00 PM |

好きでも別れなければいけない
好きなのに女性から別れていく
というのはやはり男性の何かのために
言いづらいだろうから私から…という感じでは?

カレが夢を追いかけ海外へ移住
女性はついていきたいけど、実際現実的ではない
移住したからとこの先どうして生活していくのか
成功する確証もないのに留学とかではなく
移住を選んだ彼がわからない。
その中に自分のことも考えてくれてたのか…
カレの夢の中には自分はいなかったのか…

夢のため確実な収入もなく自分がついていくと
カレの負担になるかもしれない
カレも安定していない自分の勝手なことに
彼女の人生を付き合わせることもできない。
夢を掴もうとする彼に自分のことで負担をかけたくない。

そして彼女はカレに別れを告げて泣く泣く去る
カレも彼女の本意を知っているけど
夢を諦められず引き止めることもできない…
とか?
実体験ですけど、出発前2〜3日は
ずっと一緒にいたけど何をしても二人で泣いてました笑
| koro | 2012/07/18 12:32 PM |

これは共依存関係の深みにハマりかけている自分たちの事を危険に感じ、お互いで決断した別れの詩なのだと理解しています。
だから、好きになりすぎた、愛しすぎた事が別れの原因(言い訳)になる。という事だと思っています。
| iness | 2014/03/20 10:41 AM |

既婚男性と独身女性の不倫の別れではないでしょうか・・
 苦しんで、泣いて過ごした月日に区切りをつける決心をした女性。
家族を手放す決意もできず、彼女の唯一の望みも叶えることのできない、自信を失ってしまった男性。
私にはそう感じられます。
| kabu | 2014/07/01 2:39 PM |

>kabuさん
なるほど。そうとも考えられますね。
不倫はダメだと思うけど、道徳的なものを抜きにして
考えたらとても苦しくて悲しい恋愛ですね。
| かりん | 2014/07/01 2:58 PM |

徳永が有名になる前の彼女で
メジャーになるための夢を徳永が叶えるために
彼女の方から身を引いたのかも
| キタキツネ | 2014/07/05 4:16 PM |

>キタキツネさん
これが実体験ならそのセンもあるかも!
でも歌詞を書いた人が本人じゃないからそのあたりどうなのかな…
どちらにしても悲しい歌詞に変わりないですよね。
| かりん | 2014/07/06 11:49 AM |

jkacketさんに同意致します。
水面下の出来事?世の裏側?等を見て来て両想いは続かない。どちらかが面舵をとらなきゃ長くは続かない。その様に人生を冷めた?感じで見てます。
だから男性がようやくフラれて嬉しかったけど本当は別れたくなかった!と良い訳=つじつまを合わせている。=美談なる歌だと思ってます。ズルい男の象徴。(笑)
傷つかない別れがあるとしたら、それはけして恋愛ではなかったのだと思います◎片方が相手に合せ付き合っていた一方通行の片思い。
大切だからこそ冷めて見るべきでは?と、長い人生設計?とも思っています33歳。心乱れる事が人間らしいのか?心穏やかに過ごすのが幸せなのか?上がったり下がったり一瞬x2を大切に想い生きるのでしょう◎
| 愛光 男装家 | 2014/10/19 3:40 PM |

レスできません。コメレスなしで
OKな方だけコメントどうぞ。
(2014/7/22〜)









   
コメント本文にURLは入力できない設定になっています。
※ブログやHPをお持ちの方はURL欄に入力して下さい。
コメントの投稿がうまくできない方はコチラ
 
http://love.mania.daa.jp/?eid=990025
TB大歓迎ですが、関連性のない記事及びTBを返せないブログ様のTBはご遠慮ください。
TB送信元にこちらのURLがない記事からのTBは現在受け付けておりません┏○ペコリ
http://love.mania.daa.jp/trackback/990025


ブログ内検索
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< March 2017 >>

ケータイ用QRコード
一番右上のカレンダーの日付部分またはカテゴリーからもこれ以前の記事に移動デキマス。
今までの記事一覧では、タイトル一覧がランキング形式で見られます





with Ajax Amazon