t: y:
今読んでる人は

踏み逃げ、読み逃げ、ロム専、無断リンク大歓迎


今までの記事一覧
タイトル一覧がランキング形式で

<< 90年代のドラマでよく出てくる・・・main石田サンちの大家族 2011年末 >>
LED電球導入失敗談
04-3746 アクリチ LED電球 9.1W 昼白色 LDA9N-H 20
この話を間取り・家カテゴリに入れていいのかどうか迷いつつも、今まで照明器具の話をずっとこのカテゴリにしていたので間取り家カテに入れて書く今日の記事。タイトルの通り私の場合のLED電球導入体験記を。

コトの始まりは新しい照明器具を家に導入したところから。説明書には「必ず省電力の電球型蛍光灯(60W相当まで)を使用してください」と書いてあったのでした。今まで電球型蛍光灯は購入したことがなく、そもそも電球を使うような照明器具はトイレと玄関とお風呂と洗面室くらいだったので普通の安い昔ながらのシリカ電球を何も思わず使っていたのでした。

ところが新しい照明器具は1こ100円くらいで購入できる普通のシリカ電球は使えないというので、初めて家の中の電球について興味を持って調べてみました。

今回私はこんなルートを歩んでいます。

  1. 電球型蛍光灯導入
  2. 失敗
  3. LED電球導入(つまり買い替え)
  4. 失敗(←今ココ)
  5. LED電球買い替え

二度も失敗する私。成功談も参考になるけど、失敗した人の話というのもたまにはいいのではないかと失敗談を書いてみます。興味ある方はどうぞ。


今まで仕事上では電球についていろいろアドバイスを求められることがあったので、電球型蛍光灯はシリカ電球より消費電力が少ないのに寿命が長いとか、口金さえ合えば照明器具を変えなくても電球が取り付けできるとか、その他モロモロ上辺の知識は持っていたつもりだったのです・・・が、それは本当に上辺だけの知識でした。(私が失敗を経験する前に接客したお客さん、ゴメンナサイ・・・)

通常の安いシリカ電球よりも、電球型蛍光灯の方が消費電力は少ないけど明るさは劣るという知識もあった私は、箱に書いてある「60W相当」の文字を頼りに該当の電球を探し、店先に並んでいる見本の電球を見て、コレなら大丈夫だろうと思うブランドの商品を選択しました。私が選んだのは東芝でした。

ところが、東芝の電球型蛍光灯にも2コで700円程度の安いものから1コで1500円もする高いものまでピンキリ。そして並んでいる見本を見ても明るさはそんなに変わらない。照明器具には4個の電球が必要なので、ひとつ1000円もするのを買うと4000円もかかってしまいます。・・・そんな計算をして、結局2コで800円の電球を4つ買い1600円程度を支払いました。

家に帰って電球を取り付けていざつけてみるとものすごーく暗い。ちょっと暗いどころかほんとに「ものすごーく暗い」のです。電球4つつけても生活できないじゃん!ってくらい。

かなりビックリしたけど、しばらく時間が経つと自然に明るさMAXになり、生活に不便さを感じなくなるいい感じの明るさになりました。そう、私は知らなかったのです。安い電球型蛍光灯は明るくなるまでに時間がかかるということを。(店員としてサイアク・・・orz)

MAXまで明るくなると4つも電球があれば明るさは全く不満がない程度なのですが、スイッチを入れて何分も待たなければその明るさにならないという点に不満を持ちながら一ヶ月ほど生活しました。でも電気って一日に一度は点灯させるので、毎日一度はこのことに不満を感じて小さなストレスが積み重なった結果、電球の買い替えを決意しました。

この不満を解消する方法は4つ。

  1. 安いシリカ型電球に切り替える
  2. 照明器具を電球使用ではないものに変える
  3. すぐにMAX点灯する機能のついた電球型蛍光灯に変える
  4. LED電球に変える

私は値段だけで電球型蛍光灯を選んだので明るくなるまで時間がかかるものを買ってしまったけれど、よく見てみると電球型蛍光灯の中にも点灯した瞬間からMAXの明るさになる機能がついたものがあるのです。ただ、それは1つ1000円くらいするこのタイプの電球の中ではものすごく高い部類のものなのですが。

考えた結果、1つに1000円出していい電球型蛍光灯を買うくらいなら安めのLED電球に変更しようと決めました。それなら今の不満(点灯後数分たたないと明るくならない)は確実に解消されるから。そして私のLED電球探しが始まりました。



LED電球はチラシ価格になっていても880円くらいが最安値。でもLED電球は電球型蛍光灯よりももっと暗いということも知っていたので、ただ安い商品には飛びつくことはせず、電球60W程度の明るさのもの限定で探していました。

最安値のものはたしかにLED電球ではあるけれど、明るさは30-40W相当のものだったので1つ1500円くらいの出費は覚悟で明るいものを買おうかな?と思っていたある日、60W相当と箱に書かれているLED電球が見切り処分になっているのをホーマックで発見。なんと1つ600円くらいで処分しているではないですか!

・・・そして結局その安いものに飛びつく私。それでも、箱に書いてある「明るさ60W相当」にこだわっているのだからそんなに暗くはないだろう!と自信を持ちつつ買いました。そして早速取り付けて点灯してみると・・・暗い。電球型蛍光灯のMAXより全然暗いよ!

私が購入したのはアイリスのLED電球でしたが、色見はいい感じ。変に白くなくチラつきも感じられず(LED電球でもチラつくものあるんですよ)、もちろん今まで最大の不満点だったすぐに明るくならないというのは解消されているけれど。ホントにこれ60W相当なの??という暗さ。生活できないほどではないけど、以前の明るさを覚えているだけにちょっと納得いかないな〜と。

そしてネット検索をして初めて知る事実。LED電球では「lm(ルーメン)」を参考にして電球を選ばなければならないと。いや、それは知識として知ってました。明るさの単位がlmで表されているということも。でも、詳しい数値を知ったのがこの時だったのです。60W相当の明るさを得るには810lm必要と初めて知りました(→参考サイト)。勝手に600lmくらいが60W相当の明るさかと思っていた私、サイアクです。

そして箱に書かれているlm数は440lm。40W相当の明るさには485lm必要。・・・ということは、この電球「60W相当の明るさ」とか書かれてるけど実際は40W相当の明るさにもちょっと足りないってことじゃん。そりゃ暗くなるよね。

さらにLED電球は根元部分は透過性のない素材で覆われているので、光が下方向にしか向かっていないので天井付近が電球型蛍光灯の時よりも暗くなり、生活には支障はないけど見た目がなんだか暗く感じていたのでした。これに関しては現在は300度タイプというのが発売されているのでそれで解消できるけれど、価格がものすごく高いので・・・(←こればっかw)



こうして私のLED電球導入は失敗に終わったのでした。現在はlm数が800まではいかなくても今よりももっと高いものに変更しようと考え中です。でも、価格が高いので4つあるうちの2つだけをとりあえず交換しようかと思案中。4方向に向いている照明器具なので、テレビ側とすぐ横に壁がある側は今のままの電球を使ってもいいかなと。




LED電球導入を目的にして来た方のためにそれぞれの電球のメリット、デメリットを簡単にまとめておきます。

シリカ電球

  • メリット
    • 安い
      100円程度で大抵どのワット数も購入可能

  • デメリット
    • 消費電力が大きい
      60W型なら消費電力は60W近くかかる(最近はシリカ電球でも消費電力が抑えられているものもあるようですが、ほとんどワット数と変わらない消費電力の場合が多い)
    • 熱を持ちやすい
      電球の球を触るとヤケドすることも。照明器具で決められた電力以上のものをつけると溶けたり、熱によって電源部分の故障を起こしたりもします。
    • 寿命が短い
      他ふたつの電球に比べると、です。

電球型蛍光灯

  • メリット
    • 消費電力がかなり少ない
      60W相当のもので10W程度
    • 寿命が長い
      シリカ電球に比べるとかなりの長さ

  • デメリット
    • 価格が高い
      LED電球と比べると安いけど・・・
    • 明るくなるまで時間がかかる
      これはすぐ点灯する電球型蛍光灯を選択すれば起こりません。でもそういう機能がついた電球型蛍光灯は暗めのLED電球並に高いです。

LED電球

  • メリット
    • 消費電力がものすごく少ない
      シリカ電球と比べたら電気代は1/10。電球型蛍光灯と比べても消費電力が少ない。
    • すぐに点灯する
      どんなLED電球を選択してもパッとすぐMAXの明るさで点きます
    • 寿命がものすごく長い
      電球型蛍光灯よりも寿命は長い
    • チラつきが少ない
      シリカ電球もちらつきは少なく感じますが。そしてLED電球でもちらつく製品もありますが。
    • 割れにくい
      樹脂製カバーで大部分が覆われている製品が多いので、落としても前面ガラス張りの他の二つに比べると割れにくいです。

  • デメリット
    • 価格がものすごく高い
      そりゃあ、もうこの3つの中ならダントツ一位ですね。イロイロこだわると1つで6000円近くするものもありますし。
    • 電球が重い
      電球の中に電子回路が入っているので他の電球に比べて重い。
    • 温度が高い場所では暗くなる
      通常の家の中ならそれほど変わらないけど、お風呂場などでは明るさが少なくなる(逆に冷蔵庫の中だともっと明るくなる)
    • 目にささるような感じの光
      これはメーカーによって違うけれど、LEDの光は直線的に見えるものが多いのでよく吟味して買わないと蛍光灯や白熱灯より目が疲れてしまう(実はこれは私がLED電球を敬遠していた第二の理由)
    • 他の電球よりも暗い
      現在は大分明るくなってきていますが、まだまだシリカ電球と同等の明るさを求めようとするとコストがものすごく高くなってしまいます。今後はどんどん安価になってくると・・・期待します。
    • 光の拡散具合がよろしくない
      これも現在はかなり改善されていますが、電球のように前面ガラス張りではないので周り全体が明るいというわけではない。
    • 電球よりも大きい
      特に根元の部分が他の電球よりも大きいので、電気器具の形状によってはLED電球が入らないことも。


コストや使用頻度などを考慮して自分のスタイルに合ったものを選ぶのがいいのだけど・・。これから電球を変える方は私のように失敗しないことを祈っています。

【2011/12/28追記】
シリカ電球が商品名だとは全く知らずにつかってました!ご指摘いただきありがとうございます。私が書いているシリカ電球は白熱球のことです。スミマセン。

【2012/1/10追記】
予告通りLED電球を買い換えました。今までの失敗を元に810lmのものを。一個1680円だったので、さすがに4つ買うのはためらいがあって、とりあえず2球だけ買いました。そしてキッチン面とパソコン面に向かってる方向の2つだけかえてみたのですが、ものすごーく満足できる明るさになりました!

今までキッチンで作業をする時はキッチン灯必須で、なければ暗いと感じるくらいだったのですが、電球を替えただけで細かい作業ではないならキッチン灯は全く必要なくなりました。やっぱりメイン照明にLED電球を使う時は、lm数にはこだわらないとダメですね。


この記事のカテゴリ:間取り・家
 
| かりん | 01:29 | comments(14) | trackbacks(0) | |
Related Posts with Thumbnails
スポンサードリンク
LED電球はまだ導入をしていません。
まだ価格が高いのとこれから発展をする商品だと思います。
いずれこの世から白熱電球が無くなる日が来るでしょう。
(既に東芝は昨年生産を終了しています)
光が直線的になる事と価格面がどうしても導入に踏み込めないです。
最近発売をされたパナソニックのLED電球が光を拡散率が良いようです。
しかし価格が問題です。
その他に壁スイッチで蛍スイッチが付いている場合LED電球の変圧器に充電効果が現れて定期的にスイッチを切っているのに一瞬点灯をする事が有ります。
私は現在398円の電球型蛍光灯を使っていますがやはり店頭直後は物凄く暗いです。
サブの照明なのでまだ我慢が出来ますがメインには辛いかも。
| imomusi3104 | 2011/12/27 7:08 AM |

うちもリビングは電球型蛍光灯です。たしかに最初は暗いけどそんなにつけたり消したりする場所じゃないから、私はそんなに気にならないです。
電球型蛍光灯でも立ち上がりが早いのって中に小さい電球と蛍光灯の2種類入ってるんじゃなかったでしたっけ?最近のは全然知らないので違ったらすいません。
話はちょっと変わりますけどLEDのシーリング照明(電球とかじゃなく照明自体がLEDのやつ)は寿命が来たら照明ごと買い換えないと駄目なようです。電球に限った事じゃないけどエコという耳心地の良い言葉を使って消費を促してるだけのような気もします。
| けい | 2011/12/27 4:36 PM |

100円ショップ(ダイソー)で販売している電球型蛍光ランプ
「60W型 消費電力12W E26口金 定格寿命5000時間 560lm」
を使っていますが、通電と同時にMAXで点灯します。
実質50W相当だと思いますが、明るさは十分だと思います。
もちろん105円です。

LEDタイプの方が電力消費が少ないと思いますが、
12Wなら、十分節電になると思います。

お近くにお店があるか判りませんが、
100円ちょっとを投資して試してみては如何でしょうか?

ちなみに、誰かがツッコミを入れると思いますが、
「シリカ電球」はパナソニック(松下)の商品名です。
一般的には白熱電球(ホワイトランプ)で呼ぶそうです。
例えば、ドコモのケータイに”写メ”送って!的な感じなので、
一般に浸透してるんでしょうけど。(写メはJPhoneの…)

あと、点灯させるのは”電気”ではなく”電灯”。

どんどん話題を逸らすと、
”リベンジ”は「復讐、殺意の意味」なので、
「今度こそ、リベンジします!」は殺人予告で逮捕の可能性も。
「今度こそ、リトライします!」が正解。

どの表現も、意図は相手に通じますけどね。
小言オヤジでした。
スミマセン...
| 小言オヤジ | 2011/12/28 4:12 PM |

うちではトイレや階段などは未だに白熱電球ですね。
電球型蛍光灯を含む蛍光灯は頻繁に点灯・消灯を繰り返すと
寿命が短くなるんですよ。
そう言った使い方ではLED電球が向いているのですが、
暗い割りに高価ですので導入に踏み切れないでいます。
LED電球って熱で劣化が早まるらしいので、
密閉された所とか放熱され難い所だと寿命が短くなる可能性があるみたいですね。

一部のメーカーでは白熱電球の生産が終了しているようですね。
経済産業省が白熱電球の生産を終了するように要請を出しているようです。
| R-2 | 2011/12/31 3:49 AM |

自分もまだ、LEDは未導入です。

だいぶ参考になりました。ありがとう
| まさやん | 2011/12/31 5:21 PM |

早い時期から電球型蛍光灯からLED電球に取替えていましたが,初期のLED電球は
明るい物では有りませんでした.
2.5Wで20W相当の電菱のDL18E26Aを東急ハンズで複数購入して見ましたが20W相当
とは思え無い程,暗い物でした.他にも1Wで20W相当のノンブランドのLED電球も購入
しましたが更に暗い物でした.他にもオーム電機の0.6Wビームスポット球SLL7-26WAと
SLL7-26WBも購入しました.何れもWEBカメラで向けて画面を見たら縞模様が出てしまい
ましたので何れも使用を止めました.此れ以外で購入を検討して居たのは三菱電機オスラムの
PARATHOM CLASSICシリーズ,丸善電機のANAMEA100V35, エコリカのECL-ELBF60WH
で何れも購入出来ませんでした.ANAMEA100V35とECL-ELBF60WHは60W相当と謳って
居ますが,ANAMEA100V35は3.5Wで150lm,ECL-ELBF60WHは3.0Wで140lmでどう見ても
暗いとしか思えません.更に効率もDL18E26AとノンブランドのLED電球も含めて電球型蛍光灯よりも
下回る物でした.
此れ以降はWEBカメラで向けて画面を見ても縞模様が出ないLED電球に換えました.
其の内,失敗した物では無いのですが表記よりも暗い物は何れもデコライトのLED電球のE26口金 4Wで
温白色 120°のJD2606BD,白色 60°のJD2610AC,白色 120°のJD2606ADとJD2610ADで
60°の物で50Wレフ球相当,120°の物は60W電球相当と謳って居ますが,20W相当の様でした.
ソフトライトボール あかりJA2611AとJA2611Bは60°と 120°の物と同じ仕様で240°と広く,
20W電球相当と表記とほぼ同じなのですが,購入出来ませんでした.温白色はおいらが見た限りでは
電球色位にしか見えず,白色は電球色より多少白い程度にしか見えませんでした.昼白色の物が
このタイプの物には当時は無く,キャンドル型の物にしかラインナップされて居ませんでした.
今度はソフトライトボール NEWあかりJA2611CとSUPER26/17がラインナップされたのですが,
ソフトライトボール NEWあかりは電球色のみに成ってしまいスペックも変化が無く,SUPER26/17は
4Wから5Wに成り温白色と白色が無く成り,昼白色が加わったのですが,効率は電球色 52.5lm/w,
温白色 57.5lm/w,白色 65.0lm/wから電球色は60.0lm/wに改善されたものの,昼白色は67lm/wで
日亜LEDを使用して居るにも関らず10Wで60W電球型の電球型蛍光灯よりも効率で劣ります.
只し,演色性は良いのですが,効率でも改善して欲しいものです.
そんな中,デコライトからデコ・フィラメントが登場し,演色性も効率も優れた物が登場したのですが,
おいらが求めて居る昼白色が無く,電球色と赤系統色しか無いのが惜しい所です.
昼白色も出して欲しい所です.
其の為,昼白色で効率も重視した上でRa80以上の物に換える事にしました.
現在,この条件を満たしている物で保有して居るLED電球は次の物です.
オーム電機
何れもRa80で90lm/w前後
ACLEDS LDA9N-H21
LDA6N-G A9
LDA10N-H A9
LDG11N-H 9
※LDG11N-H 9以外は一般電球型,LDG11N-H 9はボール電球型
密閉器具はLDA9N-H21とLDG11N-H 9は未対応,LDA6N-G A9とLDA10N-H A9は対応
LDA6N-G A9は40W相当 他は60W相当
NECライティング
LIFELED'S LDA5N-H-E17
ミニクリプトン電球型でRa80 104.4lm/w 密閉器具対応 40Wミニクリプトン電球相当
エコリカ
LDA9N-H-R1
LDA7N-H-R1
何れもRa80以上 95lm/w前後 密閉器具対応
LDA9N-H-R1は50W相当 LDA7N-H-R1は60W相当

購入を検討して居るLED電球は次の物です.
エコリカ
LDA11N-H-R1
Ra80以上 95lm/w前後 密閉器具対応 60W相当と80W相当の中間位
東芝ライテック
キレイ色‐kireiro‐ LDA6N-D-H-E17/S
ミニクリプトン電球型でRa90 77.2lm/w(60W型10W電球型蛍光灯程度) 密閉器具対応 40Wミニクリプトン電球相当
他のキレイ色‐kireiro‐は効率が劣るのでパス
| Pipin | 2014/02/22 3:05 PM |

というわけで退院しますた(謎)
シャンデリアの電球がいい具合にw切れたので、LED電球に交換決定。かりんさんのブログを参考にさせて戴いて60W球(電球型蛍光等)をLED電球に。
結論:明る杉w 点灯した瞬間、マジで眩しいぐらい明るい。分光分布のせいだと思うけど、目に優しくないw というわけでシャンデリア一基あたり5灯なんだけど、2灯でじゅうぶん。.....コリャ省エネだわさ。ブツは810lmの60W型、お値段は¥910/個ですた(topvaluブランドってことはイオンオリジナル)。
とりあえず明るさに全く文句ないので、導入はいちおう成功というコトで。うちのシャンデリアは元々真上方向に光が行かない構造なので、根っこの暗さは気にならないす。あと夏なので、発熱しにくいのも吉かと。
| はしばみ2 | 2014/07/21 12:39 PM |

>はしばみ2さん
退院おめでとうございます♪
この記事を書いた頃はまだLED電球すごく高かったけど、
今はもうかなり安くなったよね。
はしばみさんはいいときに導入したね^^

明るすぎっていうのわかるわ〜。
目につきささるような光なのがちょっと気に入らない。
でも電気代安いから仕方なく使ってるけど…。
最初から成功はいいな〜。
私は電球に二度も失敗して余計なコストかけてるから(汗
夏は発熱しにくいってほんとそれはいいよね!
| かりん | 2014/07/22 6:21 AM |

LED電球に限らずLED照明で一般的には疑似白色 LEDを使用しているのが普通ですが,
最近に成って眼に良くないとされる450nmを中心にブルーライトが多く出ています.
其の為,ルミナスからブルーライトカット LED電球が登場しました.
おいらも2014年2月22日の時点で購入を検討して居たLED電球をキャンセルして
ブルーライトカット LED電球に購入を現在,進めて居ます.
演色性はRa92と優れて居ますが,効率は80lm/w前後と電球型蛍光灯程度に下がって
居ますが,ブルーライトカットは380-495nmで70%前後,ピークの450nmで20%前後
カットされて居ます.

ドウシシャ ルミナス ブルーライトカット LED電球
何れもRa92で80lm/w前後 一般電球型
LBCA30N-G 広配光タイプ 30W相当
LBCA40N-H 直下タイプ 40W相当
LBCA50N-G 広配光タイプ 50W相当

他にはルミナス ブルーライトカット LEDシーリングライトとプライム・スターのLED蛍光灯
リーチとスワン電器のLEDスタンドライト Slimac(スライマック)ブルーライトカット位しか
無くルミナス ブルーライトカット LED電球以外は家電量販店には無く通販で無ければ
購入する事は出来ず ,ブルーライトカット LED電球も家電量販店ではヨドバシカメラだけ
取扱って居ます.(ビックカメラには有りませんでした)上記の商品が家電量販店各社に
取扱が広がって行って欲しいし,他社も追従して欲しいと思います.


| Pipin | 2015/10/25 10:15 PM |

白熱電球,電球型蛍光灯,LED電球のメリット,デメリットも変化して居る筈
なのでおいら成りに纏めて見ました.

白熱電球

メリット
安い
ダイソー等の100均で60Wが購入可能
200円台で大抵どのワット数も購入可能

デメリット
消費電力が大きい
変化無し
熱を持ち易い
変化無し
寿命が短い
一般的な白熱電球なら1000時間,クリプトン電球やハロゲン電球なら2000時間

電球型蛍光灯

メリット
変化無し
寿命が長い
変化無し

デメリット
価格が高い
中にはLED電球よりも高い物も有ります.
明るくなるまで時間がかかる
変化無し

LED電球

メリット
消費電力がものすごく少ない
変化無し
すぐに点灯する
変化無し
寿命がものすごく長い
変化無し
チラつきが少ない
変化無し
割れにくい
変化無し(但しガラス張りで無い物)
他の電球と遜色が無い程の明るさ
100W相当のLED電球も登場して居ますし,一般用途では無いのですが日動工業の水銀灯代替LED電球で90W 7200lm,グッドグッズのLED投光器で200W 22000lmが出て居ます.
光の拡散具合が良い(光が広がるタイプやフィラメント型LED電球)
最近は此の様なタイプのLED電球も多く成って居ます.こうした物は一般的なソケットに付けるのに適して居ます.

デメリット
価格が高い
白熱電球に比べれば高く成りますが電球型蛍光灯に比べれば高い物も有りますし,安い物も有ります.
電球が重い
クリプトン電球サイズで有れば,其れ程気にする程では無いと思います.
温度が高い場所では暗くなる
変化無し
目にささるような感じの光
前に比べれば緩和されて居る気がしますが..
光の拡散具合がよろしくない(下方向タイプ)
ダウンライトに付けるのならば此方の方が適していますが,一般的なソケットに付けるのは不向きです.
電球よりも大きい
根元の部分は前に比べれば緩和され,電球と変わらない物もありますが,中には根元の部分が他の電球よりも大きい物もまだまだ有ります.
割れやすい(ガラス張りの物)
ガラス張りのLED電球が出て来て居ますが,落とした場合,ガラスが割れてしまう可能性が有ります.
ブルーライトが他の電球よりも多く出る
電球型蛍光灯でもブルーライトが出て居ますが,擬似白色を使用したLED電球のブルーライトは450nmを中心に380-495nmで他の電球よりも多く出てしまって居ます.ルミナスのブルーライトカット LED電球なら完全では無いのですが有る程度緩和されます.更に3色LED方式で有れば,ブルーライトは大幅に緩和されますが,現状では3Wでリモコン付の物等少数なのが残念です.
| Pipin | 2015/10/27 10:25 PM |

白熱電球,電球型蛍光灯,LED電球のメリット,デメリットの追加や補正が有りました.

白熱電球
デメリット
入手が2011年の時点より良くない
100円程度で購入可能なのはダイソー等の100均で60W迄で100Wは無かったと思います.
家電量販店では100円程度では購入不可能に成った上に,売場のコーナーも縮小して居ます.
東芝ライテックに続いて三菱電機オスラム(現三菱電機照明),NECライティング,パナソニックも生産を終了して居ます.

電球型蛍光灯
デメリット
入手が2012年の時点より良くない
2012年の時点ダイソー等の100均でも60W型迄は有りましたが,2014年以降は見かけ無く成りました.
家電量販店でも売場のコーナーも縮小して居ます.

LED電球
メリット
チラつきが少ない(高速点滅が無い物)
回路がしっかりして居ればWebカメラで見ても,縞模様が出ないので,高速点滅が有りません.

デメリット
チラつきが有る(高速点滅が有る物)
2009年位迄のLED電球ではWebカメラで見たら,縞模様が出てしまいました.E12常夜灯タイプのLED電球も現行の物でも,Webカメラで見ると縞模様が出てしまいます.此れは,電球が軽く放熱板が無い物で恐らく,回路がしっかりしていないと思われます.
色温度が低く見える
擬似白色LEDを使用して居る限り,見かけの色温度が実際よりも低く見える場合が有ります.(昼光色が昼白色に,昼白色が白色や温白色に,電球色が赤色電球色に其々見えてしまう)
ブルーライトが他の電球よりも多く出る
380-495nmはルミナスのブルーライトカット LED電球のサイトで確認したものですが,他では異なる場合が有ります.(波長が短い方は380nmや400nm,ピークは440nmや450nmや460nm,波長が長い方は495nmや500nm等まちまち)
効率が良くない(パナソニックのE12常夜灯タイプ)
0.5Wで10lm,0.7Wで20lmと効率が良くないので,おいらは購入の候補にも入れませんでした.オーム電機とELPAで有れば,0.5Wで電球色で15lm,昼白色で18lm,ヤザワで有れば,0.5Wで電球色で25lm,昼白色で28lmと電球型蛍光灯よりは効率が良くないのですがパナソニック製よりは効率が良いので此方をお勧めします.

電球型蛍光灯に似た物に電球型蛍光灯で使われる熱陰極の替りに冷陰極管を使用したCCFL電球が有ります.
ブルーライトもLED電球に比べれば多く出ないと考えられます.

CCFL電球
メリット
消費電力がやや少ない
消費電力がものすごく少ないLED電球,消費電力がかなり少ない電球型蛍光灯よりは効率が良くないのですが,白熱電球よりは効率は良いです.
すぐに点灯する
明るくなるまで時間がかかるCCFL電球は無いと思います.
寿命がものすごく長い
通常はLED電球並の4万時間ですが中にはLED電球よりも長い5万-6万時間を謳って居る物も有ります.

デメリット
価格が高い
同じワット数ならば白熱電球,電球型蛍光灯,LED電球よりも高いです.
大手メーカーが未参入
大手メーカーが参入した話は聞いた事が有りません.参入は中小メーカーが殆どです.
入手の難易度が高い
殆どが通販のみの取扱で家電量販店での取扱はヨドバシカメラでSINTRONIC TECHNOLOGYのデオライトしか有りませんでした.除菌・消臭機能が有るのですが,高価で購入するメリットは薄いのではないのでしょうか?


効率も価格もLED電球並に成り,家電量販店各社でも数多く取扱して頂ければ改めて購入を考えて見ます.
| Pipin | 2015/11/03 12:42 PM |

LED電球のデメリットの追加や補正の追加が出ました.

デメリット
チラつきが有る(高速点滅が有る物)※追加分
Webカメラで見ると縞模様が出る物は高速点滅が有る物ですが,肉眼で見る限りではチラつきがに依る点滅が有る様には見えません.然し,ハイ スピードカメラで撮影すると,点滅して居る様に見えます.此のチラつきが高速点滅として現れます.
効率が良くない(東芝ライテックのE12常夜灯タイプ)※追加分
0.5Wで7lmでパナソニックのE12常夜灯タイプより更に効率が良くない他,電球色しか有りません.(パナソニックのE12常夜灯タイプは電球色と昼白色が有ります)
なので,パナソニック製と東芝ライテック製はお勧め出来ません.


ルミナスのブルーライトカット LED電球はおいらが見た限りでは7型番確認出来ました.
旧製品
LDA30NG2YK ブルーライトカットLED電球 30W相当 広配光 昼白色
LDA30LG2YK ブルーライトカットLED電球 30W相当 広配光 電球色
LDG40NG2YK ブルーライトカットLEDボール球 40W相当 昼白色
LDG40LG2YK ブルーライトカットLEDボール球 40W相当 電球色
現行品
LBCA30N-G LEDブルーライトカット電球 30W相当 昼白色
LBCA40N-H LEDブルーライトカット電球 40W相当 昼白色
LBCA50N-G LEDブルーライトカット電球 50W相当 昼白色
| Pipin | 2015/11/04 9:47 PM |

Pipinさん、沢山の新しい情報ありがとうございます^^
私も参考にさせていただきます。
| かりん | 2015/11/07 3:07 AM |

お久し振りです.コメントの返答有難う御座います.
白熱電球の入手が2015年の時点に比べて家電量販店に関しては変化は無いのですがダイソーとキャンドゥに関しては良くなってしまいました.Seriaとワッツ(ワッツ/シルク)でも見かけます.
ダイソーでは一時期,2個入りクリアータイプ白熱電球が購入可能でしたが,現在は店舗に無い場合が有ります.一方でダイソーにE26のLED電球が登場しました.(E12のLED電球は以前から販売されて居ます)
おいらが使用して居る昼白色は無く,昼光色と電球色の2色に成り,40W相当が324円,60W相当が432円に成ります.只,平均演色評価数が記載が無いので色彩がどの様に見えるのかは実際に購入して見ないと分らないので,あまりお勧め出来ません.

CCFL電球もルミナスのブルーライトカット LED電球もヨドバシカメラに有ったのですが,現在は殆ど見かけ無く成ってしまいましたがおいらはルミナスのブルーライトカット LED電球を購入してメインで使用して居ます.今,ブルーライトカット対策をするのなら電球色のLEDに変えるか,スワンのLEDデスクライトDS-501WHかLEDアームライトAS-751WHを購入するか,既存のLED照明器具にPC用ブルーライトカットフィルムを貼る方法しか様です.(LE-H843Sもヨドバシカメラに有ったのです現在は見かけ無く成ってしまいました)
| Pipin | 2016/12/31 12:45 PM |

レスできません。コメレスなしで
OKな方だけコメントどうぞ。
(2014/7/22〜)









   
コメント本文にURLは入力できない設定になっています。
※ブログやHPをお持ちの方はURL欄に入力して下さい。
コメントの投稿がうまくできない方はコチラ
 
http://love.mania.daa.jp/?eid=989999
TB大歓迎ですが、関連性のない記事及びTBを返せないブログ様のTBはご遠慮ください。
TB送信元にこちらのURLがない記事からのTBは現在受け付けておりません┏○ペコリ
http://love.mania.daa.jp/trackback/989999


ブログ内検索
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< March 2017 >>

ケータイ用QRコード
一番右上のカレンダーの日付部分またはカテゴリーからもこれ以前の記事に移動デキマス。
今までの記事一覧では、タイトル一覧がランキング形式で見られます





with Ajax Amazon