t: y:
今読んでる人は

踏み逃げ、読み逃げ、ロム専、無断リンク大歓迎


今までの記事一覧
タイトル一覧がランキング形式で

<< 3分でご飯が炊ける!圧力鍋レビューmainLED電球導入失敗談 >>
90年代のドラマでよく出てくる・・・
最近なんとなくTBSチャンネルの「愛するということ」というドラマを見ている私なのですが。1993年に放送されたこのドラマ。キョンキョンと緒方直人の恋愛話が中心に進んでいく恋愛ドラマ。おおまかなあらすじは公式ページまたはwikipediaへ。


↑ドラマの主題歌の優しい雨


このドラマはリアルタイムでは全く見ていないドラマで今回初めてみたのだけど、90年代の恋愛ドラマに多い設定が盛り沢山で、またそのパターン??と。

1連絡が取れなくてすれ違い
2会社の同僚と親友ってくらい仲良し
3親友レベルの友人が主人公の彼と寝てしまう

以下暇な方はどうぞ。
  1. 連絡が取れなくてすれ違い
    これに関しては私自身も経験アリだし、この時代って携帯なんてない時代なのでドラマに出てきても全くおかしくないとは思う。今なら一人ケータイ1台以上だからどこにいても大抵の場合は連絡が取れるけど、ケータイ以前の時代って電話は家の電話が普通だし、もちろん家にいなければ出ることができないし、待ち合わせに遅れそうでも連絡できる手段は全くなしなんだから、当たり前で。「そうそう、こんな感じだったよね」ってなる場面。
    待っててもこない彼女に見切りをつけてその場を立ち去る彼。その直後に到着する彼女。見てる側がすれ違う二人に対して「あぁ〜orz」って落胆するっていうのがドラマの見所にもなるんだけど。

  2. 会社の同僚と親友ってくらい仲良し
    同じ会社に勤める女性同僚と主人公がものすごく仲良し。それこそ実家住まいの主人公の家にアポなしで突然夜に来るってのも当然なくらい仲良し。主人公の家族とタメグチで家族団欒に混ざれちゃうくらい仲良し。
    高校生くらいの頃にこんな感じのドラマを沢山見た私は、会社でも学校のように沢山の友人の選択肢があって、その中から気が合う人を見つけて親友が大人になってもできるんだと思っていました。現実は会社は仕事をする場で特別ギスギスしているというわけでもないけど、大企業にでも働かない限り一緒に働く人は数えられるほどで、その中で同年代というのも数人だったりして、さらにその中から親友レベルになるほど仲良くなる人を見つけられるとしたら運命ではないかと思うほど難しいことでした。学校と会社は全然別物ですよね。皆大人だし。

  3. 親友レベルの友人が主人公の彼と寝てしまう
    一番疑問に思う多い設定がコレ。ドラマに波風立てるには全然知らないどっかの女とカレシが浮気した、ってよりもずっといろいろ引っ張れるからコレなんだろうな〜と冷静に見つつも、なぜ2番の親友レベルの同僚が簡単に主人公のカレシ(または婚約者または意中の人)とそうなるのか意味がわかりません。
    しかもそこでイロイロと主人公が葛藤しつつも、最終的には浮気を許し、親友とも元通りになり、幸せになりました〜♪となるのかが全くわからない・・・。浮気を許す心理については理解できなくはないけど、そんなことになったらその同僚はもう親友でもなんでもなくなるし、その後表面上は普通にしてたとしても前みたいにはなれないですよ・・・。3番のこの設定が本当に不思議です。

3番に関しては絶対にこんな人がいないとは言えないし、実際にそういう人も見たことがあるけど、数的にそんなに多くはないような気が。私の周りに少ないだけなんでしょうか。

大抵2番の設定の人物はちょっと派手で貞操観念が薄くて・・・という場合が多くて、主人公は純情で生真面目タイプが多いんですよね。その二人がなぜそこまで仲良くなるのか?というのも不思議だけど、やっぱりそのゴタゴタが一応カタがついた後にわだかまりもなく二人で飲みに行ったり、というのがまた不思議。普通なら絶縁か、表面上だけの付き合いになるような気がするんだけど。

そこがなんか腑に落ちなくてドラマではハッピーエンドでも素直に「よかったね〜!」とはならないんですよね。でも、リアルタイムで見ていた当時は子供だったこともあるけど「友情も恋愛も元通りで幸せになってよかった!」と普通に思ってみてました。

ちなみに一番当時はまっていたドラマは吉田栄作と仙道敦子の「クリスマス・イブ」でしたが、大人になってみたらやっぱりチャンチャラおかしいドラマでしたorz

コレ、当時大人だった人から見たらやっぱりその年代にリアルタイムで見ていても今の私と同じ感想だったんでしょうか?それとも子供向けで大人は見ない分類のドラマなのかなぁ?


この記事のカテゴリ:テレビ
 
| かりん | 09:34 | comments(6) | trackbacks(1) | |
Related Posts with Thumbnails
スポンサードリンク
かりんさん、こんばんは。

リアルで観てましたが内容は覚えてないです。

>3親友レベルの友人が主人公の彼と寝てしまう

深い傷になりますね?

それで思い出したのが・・・・・
やっぱり90年代のドラマ『想い出にかわるまで』

姉の婚約者を奪ってしまう・・・・・

身内だと、もっと辛いですね?

居場所までわかるし携帯は便利ですね。

私は親友でも身内でも他人でも略奪されたら許せないと思います。
| KAZU | 2011/12/21 6:22 PM |

まぁ(1)に関しては「君の名は」ってぇ偉大な前例がありますから。
「すれ違い」はラブストーリーの王道ですのう。

(2)(3)についちゃ、「そ〜いうのがカッコいい」とされていた時代だった、みたいな? バブルの頃もそうだけど、リアルではそんな濃密な人間関係なんてあり得ねぇっつ〜のw

いわゆるトレンディドラマ(超死語)とかも、当時のオトナは洟も引っ掛けなかったですのう。少なくとも俺様の周囲では。いやオトナでなくとも馬鹿にしてる友人は多かったな〜。イヤな交友関係だww
| はしばみ2 | 2011/12/21 8:17 PM |

かりんさん、お久しぶりです。
私が90年代にハマったドラマは「東京ラブストーリー」ですね。でも、きっと今見ると「?」が付きそうな気もします。

ちなみに私は,鉢△蓮多々経験があります。
,亡悗靴討蓮一定年齢以上の人はほとんど経験がありそうですよね。

△覆鵑任垢、最初に勤めていた会社が関東の大企業だったので、たくさんいる同僚の中から仲のいい友達ができるというのは、普通だと思ってました。なのでその後、北海道に戻って人数の少ない会社に勤めても、同僚と一緒にご飯食べに行ったりしてました。結婚してから勤めた小さい会社(10人前後)でも、仲良しの友達ができましたし。その人と、最初の会社の人は、いまだに友達と言える人が数人います。

を読んで、「ああ〜」と思いました。自分を含め、現実にそういう話は聞いたことがないですね。でも当時のドラマではよくありましたよね。特に、友達との関係が元に戻るというのが、あり得ないですね。
最近はあまりドラマは見ないので、自分では気にしてなかったんですが、面白い話でした。
| Sophie | 2011/12/22 9:00 AM |

お久し振りです^^
ちょうど昨日「今までで一番面白かったドラマは何か!」と言う話になって・・・
私は断然「想い出にかわるまで」です。今井美樹・石田純一のあのドラマです。俳優さんたちはそんなに好きではなかったのですが、あまりにも切なくて毎週ハンカチ片手に木曜日の10時を楽しみにしていた記憶があります。
| たんたん | 2011/12/23 8:20 AM |

こんばわ。もしかしたら同世代かなという感じなので
いつも読んでいて、笑ってしまいます。
なんというか、同世代だからこそ感じる、あるある、みたいな
感じでしょうか。

昔のドラマのほうが、何故が印象が強くさらに、おもしろく
はまっていた、のですが、今見ると、確かに
ちゃんちゃらおかしい的なものは多いかもしれません。
当時の年齢で見てるから、良かったのかもしれないですよね。

そんな私は「若者のすべて」が大好きでした。
これは案外今見ても、嫌いになれません。
あと「あすなろ白書」このキムタクはまだ自然だったんですよー。
でステキだなーと思っていたのですが、翌年の、若者のすべて
では、すでに今のキムタク節(というか演技)が確立されつつ
ありました。でも、まだ初期だったから新鮮だったんですよね。

だらだらとすみません。
| mocomoco | 2011/12/31 6:06 AM |

かりんさん、お久しぶりですm(__)m

私はそんなにドラマに詳しくないですけど
確かにあの時代のトレンディドラマってやつの設定は
笑っちゃうくらい強引で軽薄でバブリーでしたね(^_^;)
そういえば「東京ラブストーリー」は欠かさず観てたっけな〜。

「か〜んち!SEXしよ \(^O^)/」

って、なんかもう力なく笑うしかないですな( ´`)y-~~
| Hide | 2011/12/31 2:02 PM |

レスできません。コメレスなしで
OKな方だけコメントどうぞ。
(2014/7/22〜)









   
コメント本文にURLは入力できない設定になっています。
※ブログやHPをお持ちの方はURL欄に入力して下さい。
コメントの投稿がうまくできない方はコチラ
 
http://love.mania.daa.jp/?eid=989998
TB大歓迎ですが、関連性のない記事及びTBを返せないブログ様のTBはご遠慮ください。
TB送信元にこちらのURLがない記事からのTBは現在受け付けておりません┏○ペコリ
http://love.mania.daa.jp/trackback/989998


-
管理者の承認待ちトラックバックです。
| - | 2011/12/25 12:39 PM |
ブログ内検索
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< March 2017 >>

ケータイ用QRコード
一番右上のカレンダーの日付部分またはカテゴリーからもこれ以前の記事に移動デキマス。
今までの記事一覧では、タイトル一覧がランキング形式で見られます





with Ajax Amazon