t: y:
今読んでる人は

踏み逃げ、読み逃げ、ロム専、無断リンク大歓迎


今までの記事一覧
タイトル一覧がランキング形式で

<< 明日の更新をお待ち下さいmainラ王改悪すぎ! >>
悲しい恋
最近2ちゃん系のまとめみるのにはまってます。そんな中でもなんだか涙してしまったのがコレ。
俺の後ろに何かいる

ズバリ幽霊との恋の話。幽霊ってだけでありえねぇ!という方も多いと思うので、絶対読んで!ということは言えないけど、コレ読んでなんか泣けてしまった・・・。

リンク先はまとめられたページだけど、5章まであって長いので最初は私もメンドクサイな〜と思って、1章と5章だけ読みました。とりあえず最初と最後だけ読めばいいや。的な。

当たり前の結末だけど、最終的には永遠の別れになる二人の結末になんだか泣けてしまい・・・。そして結果的にラストを知ってから間の章も読みました。

初めは幽霊が部屋に出て、怖かったはずの1(幽戸)が次第にその霊と交流を深めていくのだけど。これも私には本当のことなのか、作り話なのかわかりません。2ちゃんの中で語られていることなので、表向きには本当という形だけど、あまりにも1の会話のやりとり部分の描写がうますぎて作家という気にもなってしまう。

もしこれが本当だとしたら、御供え物ってものすごく意味のあることなんだと思った。なんとなく死んだ後の人に何かをあげても届いてるのかなぁ?という気がしたけど、この話の中で幽霊の彼女に服を買ってあげる場面があって、その服はそのまま供えた(?)場所にあるのに幽霊の彼女はその服を着たというエピソードがどうにも印象に残って。そっか、アレは意味があるものなんだと。

逆にこれが本当の話なら、幽霊になっても全てのものが見えるわけではないんだなと。先日紹介した幽霊からのメッセージの中でも同じように全てのものが見えないという話が出ていたけど、今回のこの話の中でもやはり幽霊の彼女には人物すら見える人と見えない人がいるようで。これも勝手に霊になればどこもかしこもお見通しみたいなイメージがあったけど、意外と行動範囲も見えるものも制限されているのかもしれません。もしかしたら生きている私たちよりも。

最初のうちは2ちゃん的な流れで慣れていない方には読みにくい部分もあるかもしれないけど、小説を読むような気持ちで読むのがおすすめかもしれません。個人的にはファンタジー系のドラマとしてドラマ化されたら結構いいセンいくんじゃないかとまで思ってしまいました。興味のある方はどうぞ。


この記事のカテゴリ:宇宙・オカルト
 
| かりん | 09:48 | comments(8) | trackbacks(0) | |
Related Posts with Thumbnails
スポンサードリンク
さすがに 二度目は釣られませんでした。 デス。
| ひとり | 2010/10/12 2:41 PM |

千年も前から色んなトコで使い古されたネタなんだが....
(人間と人ならざるもの、あるいはモータルとイモータルの恋)

...最近の若ぇモンは本読まねぇからな〜。
ぶっちゃけ、TVと週刊誌と新聞のTV面とケータイだけで生きてる様な連中ばっかりなんだろな>ちゃねら〜
(猛毒)

ナニが言いたいかってぇと、

 手を伸ばせば届くところに
 知識と感性の大海が広がっている。
  だが貴方が手を伸ばさない限り
   その存在に気付くことはないだろう。

年寄りには言わない(言っても無駄だから)。
だから若い人に言いたい。
  本 読 め よ。
 食 事 の 時 間 削 っ て も
  い い か ら。
| はしばみ2 | 2010/10/12 8:34 PM |

>ひとりさん
それでいいんですよ〜。
私はちょっと思うところがあってはまりました。

>はしばみ2さん
それはどうなのかなぁ〜w
はしばみさんが書いてるような人も多いと思うけどね。
違う人も混じってて、だから面白いような気はする!
| かりん | 2010/10/13 9:32 AM |

たとえ媒体がなんであれ、いいものはいいと思いますよ。確かに幽霊との恋って使い古されたネタですけど、私もかりんさん同様PCの前でひとり涙ぐんでました。

これが創作でも見ず知らずの他人にここまで何かしようと思える、その気持ちを誰かが表現しているだけでも素晴らしいことなんじゃないのかな。

殺伐とした世の中に道端の花が彩りを添える、そんな感じです。
| わふわふ | 2010/10/13 9:58 AM |

私は自分の存在が怖い
無限が怖い
死ぬのも怖いけど
永遠に生きるのも怖い
どうしていいかわからない
なぜこんな過酷な運命のなかでみんなが笑って生きていられるのか
全くわかりません。

無限に宇宙や地球が出来ては消えを繰り返しているのか、
時間の流れって何なのか考えると恐ろしくて
叫んでしまいます。
いずれは地球も宇宙もなくなってどうなるんだろう。
怖すぎます。

どうしたらいいのでしょうか。
| s | 2010/10/13 12:14 PM |

>わふわふさん
私も同じく感じました。
幽霊との恋自体は新しくなくても、
何か感じるものがあったというか。
本当かどうか?なんて考えるのが無粋かもと思えるような
素敵な話を読んだ気分になりました。
もしほんとじゃなくてもいいんじゃない?って。
時にはこういう話にひたるのもいいもんですよね。

>sさん
もしかしてsさんは若い方かな?
似たようなことを私も若い頃考えて、特に何かが
あったわけではないのに無気力になった時期がありますよ。
どんなに今必死になってもいつかはしんじゃうんだ。
どんなに幸せでもいつかはしんじゃうんだ。
なんて、先を考えすぎてそうなってました。
sさんがどうしたらいいのか、私には的確なアドバイスができません。
でも、私の場合はそんな風に考えてる時間がもったいない。
という考えに切り替えた時に今を真剣に生きられるようになりました。
・・・と書いているけど、簡単に切り替えられたわけではないけれど。
sさんもできればあまり先のことまで考えすぎずに、
とりあえず今の考え方が離れるまでは「今だけ」を
中心に考えてみたらいかがでしょうか。
| かりん | 2010/10/13 9:21 PM |

映画化決定!タイトルは・・・・・




びっくりする程ユートピア




全米が泣くがよい
| hir○shi | 2010/10/14 6:38 AM |

>ひろしさん
映画化でもドラマ化でもするときは
ユートピア部分は絶対差し替えしてほしいと思うw
そのままじゃ・・・アレすぎるw
| かりん | 2010/10/14 11:27 AM |

レスできません。コメレスなしで
OKな方だけコメントどうぞ。
(2014/7/22〜)









   
コメント本文にURLは入力できない設定になっています。
※ブログやHPをお持ちの方はURL欄に入力して下さい。
コメントの投稿がうまくできない方はコチラ
 
http://love.mania.daa.jp/?eid=989883
TB大歓迎ですが、関連性のない記事及びTBを返せないブログ様のTBはご遠慮ください。
TB送信元にこちらのURLがない記事からのTBは現在受け付けておりません┏○ペコリ
http://love.mania.daa.jp/trackback/989883


ブログ内検索
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< March 2017 >>

ケータイ用QRコード
一番右上のカレンダーの日付部分またはカテゴリーからもこれ以前の記事に移動デキマス。
今までの記事一覧では、タイトル一覧がランキング形式で見られます





with Ajax Amazon