t: y:
今読んでる人は

踏み逃げ、読み逃げ、ロム専、無断リンク大歓迎


今までの記事一覧
タイトル一覧がランキング形式で

<< なんだかすごく働きたい。main関連記事を自動的に表示してくれる「linkwithin」 >>
お母さんも尊敬します
今回のエントリ内では敢えて母や父ではなくお母さん、お父さんを使わせてもらいます。本当は他人に母親のことを語るときに「お母さん」という敬称は不適切だとは知っていますが、普段私が母を呼ぶ時には「お母さん・お父さん」と呼んでいるので。

タイトルの通りで私はお母さんを尊敬しています。この尊敬は大人になってから始まった(?)もの。大人になる前の私は、一応育てて大きくなれたのは両親のおかげと思っていたけど、尊敬まではしていませんでした。逆にお父さんのことは一目置いていたけれど。(上目線でこれもおかしい文面ですが、子供の頃はまさにこの表現があてはまる状態でした。)

お父さんは子供の私から見て直接的に私のために何かをしてくれる人という認識でした。雨風を凌げる家に住めるのも、毎日ご飯を食べられるのも、学校に通えるのも全てお父さんのおかげと思っていたから。

お父さんの仕事をしている姿を時々私が直接見ていたことも関係しているかもしれません。普通の会社員とはちょっと違う仕事だったので、何かのイベントで仕事姿を見ることがあったり、テレビ画面を通してその姿を見たりすることもあったから。

そしてお父さんへの尊敬の気持ちは私が社会人になってからはますます強くなりました。自分も社会に出て働いてお金を稼ぐということをしてみて、初めてその大変さを知り、「お父さんはこれを私が生まれるずっと前からしてきたんだ。何十年も。」と思うとますます尊敬しました。私が大人になった頃、既にお父さんはその道の経験を積んだプロと世間に認められていたこともあったとは思います。今でもその尊敬の気持ちは変わりません。

でもお母さんに対しては正直いうと子供の頃は尊敬するということはなかったです。
うちのお母さんは私が知り限りのほとんどの期間専業主婦で、それなりの自分のネットワークは自分の趣味を通じて構築していたけど、私から見ると遊んでいるように見えました。そのためか考え方の視野も狭く、飲み会が連続したりするとお父さんにイヤミをいったりします。お父さんは大変な仕事をして外で家族のために稼いでくるというのに、なんという視野の狭さ!とそんなお母さんをイヤだなと思ったこともあります。

もちろんお母さんのことを嫌いだと本気で思ったことはないけど、私や弟に小言をいうのもお母さん。家に帰れば必ず家にいて、自由なこともできなかった小中学生時代には「外に働きにいけばいいのに」と思ったこともありました。短期間で外で働くことはあっても、それほど社会経験のないお母さんは私が社会人になった頃が一番鬱陶しい存在に思えていました。

私は社会人の初め頃から25歳くらいまでは社会に出ていても、頭が子供だったので、その頃までは全くお母さんに対して尊敬という気持ちは持ったことがありません。(でもお母さんのことはずっと好きでしたが。)

とにかく外で働く人に対する気遣いがない!と私は常に思っていて、仕事の残業で夜が遅くなっても怒るお母さんにウンザリしました。心配するという気持ちはわかるけど、遊んで遅くなるわけじゃないのに私にどうしろっていうの??と何度思ったかわかりません。

私は社会に出てすぐに家を出て一人暮らしをしていましたが、その時はお母さんのありがたさについて実感しました。でも、尊敬する気持ちにはならなかったです。今まで実家で暮らしていた時は気付かなかったけど、実はお母さんがしていた家事はこんなに大変だったんだ。ということを感じたのみです。時々実家に戻ると楽だな〜、お母さんありがとうとは思っても尊敬まではしてませんでした。

でも、25歳頃から私はお母さんのする仕事(家事です)に注目するようになりました。

それまでは「お母さんが掃除をするのは専業主婦なんだから当たり前、だってそれが仕事でしょ?外で働いてもないんだから、家の中ピカピカは当然だよね」という気持ちで家の中を見ていたのが、お母さんの仕事のクオリティに目がいくようになったのです。当たり前と思っていた時はありがたくても尊敬はしてなかったし、自分も専業主婦になったらそうするのが当然で、そうなれると思っていたのでした。

でもそうじゃなかった。アレは誰でもができることではないのです。(・・・とはいっても私が専業主婦になったことはありません。会社倒産を経験して、数ヶ月無職だった時に気付いたのでした。)

身内の自慢を書くようで微妙な気持ちなのですが、お母さんが凄いと尊敬できる場所のひとつが「誰がいつ来ても全く困らない環境を常に整えている」という部分。私は誰かがアポナシでうちに来たら、家にあげることができません。汚いから。逆に誰かが来るとわかっている時のみものすごくキレイにしてます。

でも、お母さんは違う。誰かが来ない日が何ヶ月続いたとしても、毎日ハイクオリティな環境を整えています。

それは私が小さい頃からで、私が小さい頃というのは弟が新生児や幼児だった頃も含まれますし、短期間だけどパートに行ったりした時にもずっとそういう環境だったと思います。

今でも突然アポなし訪問しても、絶対に家の中はキレイです。もちろん生活感あふれる室内だけど、床のすみずみまでキレイな状態を常時保っています。

私だってそれなりに掃除はするけど、拭き掃除は毎日しないし、掃除機も毎日しないし。しかも掃除をした日でも家の中で生活をすると髪の毛とかは夜になったりしたら落ちたりしますよね。だから床が常に何もゴミがない状態でキレイということはありません。夜になったらりんくんの毛やら私の毛やら落ちていて、目についたら拾うけど拾い切れないというのが現状。

なぜこんなにキレイな状態を保てるのか?と気付いた時にさりげなく観察していたら、どうもお母さんは掃除を一日に何度もしているっぽいのです。掃除をする!という感じで掃除をするのは朝だけですが、ゴミが目についたらその時に割と無意識にやっているようで、気付いた時にすぐに掃除するという感じです。だから台所もいついってもピカピカ。棚の上にホコリとかはありえません。台所掃除も気合を入れるような掃除は月に何回かですが、毎日使い終わったら軽くでも掃除をしている姿を見ます。

お母さんにそれを伝えたこともありますが、お母さんは「常に社宅暮らしで広くないからできること」「あんたみたいにまとめて掃除ってすると汚れを落とすのが大変だから、汚れがたまらないうちにやってるだけ」と全く苦ではないような話し振りです。

実は私が自分も大人になったり、専業主婦になったら絶対できると思っていたのは漠然とそう思っていたというだけではなく、理由があります。それはお母さんの友達の家でもそうだから。

元々お母さんの友達だった人が、今も私の家と同じ市内にあって私は親戚のおばさんのようにそのおばさんに懐いているので、今はお母さんがいなくても私一人で遊びに行ったりもしている関係です。そのおばさんも専業主婦(ただ、こちらのおばさんは今は専業主婦だけど、かなり長いこと専門職として働いていた方です)。アポなし訪問は実家ではないのでさすがにやらないけど、「暇だから電話したー」と電話すると大抵「暇なら電話じゃなくて遊びにおいでよ!」という流れになって、電話したその日に遊びにいくことが多いです。しかも電話をかけてるうちに「今から行くね!」ということが多くて、絶対前日以前に私が来ることはわからないはずなのに常にものすごくキレイです。まさにうちの実家と同じ。

うちのお母さんとそのおばさんの家を見て、皆歳をとったらこんな風にできるんだな〜なんて思っていたのでした。思えばうちのお母さんも私が小さい頃は20代で、今の私よりずっと若いはず。それなのに、専業主婦とはいっても幼児も抱えてる中であそこまでしていたのはやはりすごいと尊敬します。

さらに私が小さな頃からお父さんのおかげで生活していると、お父さんに対して尊敬のような気持ちを持っていたのも全てお母さんが私たちにそう教えたからなんですよね。

そういういろいろを考えて、理解した今、お母さんのこともとても尊敬します。私もそうなりたいとは思っていたけど、どうも無理っぽいので、人が来る時くらいはきちんとしようと思います・・・。

でもこれってもしかしてデキる母を持った子供だから?自分がしなくても常に環境が整えられているという子供時代を過ごしたために、私の掃除に対する基盤が築かれなかったのでしょうか?

もしそうだとしたら、私の子供はお母さんのように掃除のデキる子になるだろうし、仲良くしてるおばさんにも娘が一人いるのだけど、その娘さんも私と同じように掃除のできない子に育っているのかもしれません(汗

最後に自分弁護を少ししときます・・・。掃除ができない、できないと書いたけど、お母さんやおばさんのようにできないだけで、暮らすのに問題ないくらいの整理整頓と清掃はできます。一応・・・自己弁護w


この記事のカテゴリ:自分語り
 
| かりん | 00:09 | comments(14) | trackbacks(0) | |
Related Posts with Thumbnails
スポンサードリンク
私は小さい頃からお母さんすごいなって思ってた人間です
朝から夜まで働いて、ご飯作って、次の日の支度をしてって。
でも、すごいなとは思ってたけど、私もかりんちゃんと同じで大人になったらできるんだと思ってた!それは大きな間違いだった(笑)
私は母だけどまだまだ未熟で【やらなきゃいけない】事務的な感じで家事をしてるよー。。。
旦那さんが仕事をしてくれているから私も支えるためではなく、私もやらなきゃいけないって感覚かな〜
まあ進んでやりたくないけどしょうがないってとこです・・・
もう少し成長したら考えも変わるのかな?無理そうですけどねw
話はずれちゃうけど子供を産んで育ててみて、もっとすごいと尊敬を通りこしました。
とにかく結婚・出産って関わる人がすごく増える。
旦那さんの会社の人たちとか子供たちの友達やその親とかね。
いつだれがくるかわからないし、やっぱりやっとかなきゃって感覚で掃除してますわw
かりんちゃんもどっちになるかわからないけど、そうなる日がきます!くれぐれも私のようになりませんように(汗)
| まみぞー | 2010/09/07 1:15 AM |

そういうふうに思えるかりんさんはステキだね(^^)

私は娘の立場でもあり、母の立場でもあるけど
そんなふうに客観的に母を見たことなかったなぁ。。。
娘から尊敬される母でもないし(笑)

でも、そういうことを知ってから親になるのと
知らないで親になるのでは違うんだろうね

| RUNA | 2010/09/07 10:00 AM |

環境によって変るものですよ。
長ーい間私はかりんさん位の息子(もっと歳上かな?)と二人暮らしで一年前に私が仕事を辞めたのをきっかけに それぞれに 近くですが別居にしました。

それまでは息子の六畳の部屋は布団のスペース以外ありあまる色々な趣味の物とか訳の解からないもろもろの物であふれかえっていたのですが それぞれ引越しも落ち着いて息子の部屋を見に行って
もう、本当にビックリ!!!  全て白黒を基調にした家具・置物でまとめ それまでは着る物まで全て私が買って来たものを着て
おしゃれ心なんて皆無でしたので・・どこにこんな趣味を持っていたの???と。
ローンを組んで小さいながらも自分の城と云う意識が働きだしたせいも有るのでしょうか・・

私はといえば 昨年迄仕事をしていたのを口実に人をお招き出来ない様な家の状態でした。 が、引越しをきっかけに スッキリした部屋に        
する為 引越しの荷物より廃棄する荷物の方が多かった位で
お陰でこの一年スッキリと片付いた気持ちのいい部屋で生活しています。

私は親の立場として、親の心として思うのですが
かりんさんのご両親はとっても幸せです。
そして、お母さんは家庭の中で幸せを見つけられる人で、
そして、かりんさんがお父さんを尊敬出来るのはお母さんの普段の何気ない会話の中にお父さんを立てているからでしょう。

私の父は昔堅気の無口な人で 母は冗談の好きな人でしたが
父は10年前、母は3年に見送りました。

母とはいっぱい話しをしていましたが、父とは私が大人になってから話すようにはなりましたが、まだまだもっともっと一杯話しておけば良かった・・といつも思います。

天国に電話が通じたらどんなにいいでしょう・・。







| ひとり | 2010/09/07 4:51 PM |

私が母のことを本当に尊敬できたのは自分が子供を産んでからです。
このときは本当に母親のすごさを身にしみて感じました。
「母親って一番近くて影響力のある同性だから似ちゃうのかな?」と妹と今日話していたばかりです^^
| たんたん | 2010/09/07 8:55 PM |

>まみちぁ
えらいなー!小さい頃からお母さんを尊敬してたなんて!
いろいろわかって尊敬している今、お母さんってものすごく
損だよな〜と思ってたんだよね。お父さん並に大変なのに、
子供には感謝されるどころかうるさがられて・・・。
でもそれはうちのお母さんの場合だけで←私が子供だったから。
まみちぁのように小さいうちからお母さんを尊敬してる子も
きちんといるんだなーって思ったら、うちのお母さんが
可哀想になってきた・・・。自分の心持が悪いだけなんだけどw
出産するとかなり変わるよね。そうなったとき、たぶんもっと
お母さんすげー!になるんだろうな〜と思います。
まみちぁの場合は若い頃から子育てしてて、精神年齢は
絶対私より上なきがする。子育てするってものすごく精神的にも
大人になることだもんね。まみママも尊敬です!

>RUNAさん
そういってもらえると嬉しいけど、気付くの遅かったよね^^;
でもRUNAさんがお母さんなんて子供たちすげー羨ましい!
と何度思ったかわかんないくらいだよ。
だから尊敬される母だと思うけどな〜。
もしくは憧れられる母?尊敬されるのもいいけど、
子供にあこがられられる母ってのもなかなかいない気が。
どっちにしても親になるってことはそれだけで
ものすごいことだと私は思ってるので、子育てしてる親は
皆私からは尊敬対象です!

>ひとりさん
環境によって変わるものなんですか〜!
それはあんまり思ってなかったかも。
それよりひとりさんが私よりずっと年上っぽいのを
今日始めて知ってビックリしました。
私と同じくらいの息子さんがいるなんて!!
こうしてネットで会話してると年齢はわからないですよね。
ひとりさんの引越しの話を聞いて、息子さんのその変化は
わからないけど、スッキリした部屋のひとりさんの話は
断捨離(だんしゃり)を思い出しました。
もしかして必要かもしれないという普段は不要なものを
持っているのといないのとでは精神的に変わるので、
普段使わないものはどんどん捨てて身軽になりましょう!
とかいうやつです。(興味があれば断捨離で検索してみて下さい)
それをすると精神的にも何か変わるのだとか聞いてましたが、
やっぱりその通りなんですね。ひとりさんがまさに断捨離を
実行した人の体験談そのもので、本当なんだ〜!と思いました。
そのスッキリした生活というのは幸運への第一歩みたいですよ!

誰かがいなくなったりした時は必ず後悔しますよね。
今まで何人か親しい人がいなくなっていきましたが、
思い入れのある人であればあるほど、後悔してました。
これって後悔がないことってないのかもな・・なんて思ったり。

>たんたんさん
それ、すごくわかる気がします!
子供を産むのも育てるのもとても大変ですしね。
想像ですけれど(汗
母親は影響力ある同性ってのわかります!
だからいい母親だといいけど、変な母親だったら子供は
大変ですよね・・・。
| かりん | 2010/09/07 9:09 PM |

うちの母は夕張出身で今年70歳。
かりんさんのお母さんとは年齢が近いかどうか分かりませんが、掃除に関してはほぼ同じです。

ここだけのはなし(といってもばればれになりますが)我が家に来た時、「○子(←妻)にあんたからも、たまにはここを掃除しなって言いなさい」と言われてみたり、実家に行くと話しながらダスキンモップとかで居間の至るところを拭いてる姿を見かけます。

私たち年代にはこうるさいですが、確かにいつでも誰が来てもウエルカム状態には脱帽ですよね(汗)
| pira | 2010/09/07 9:55 PM |

大きな声で、お父さん、お母さんの自慢をしてください。

胸張ってね。

そして、感謝の心を忘れずに・・

| mb父さん | 2010/09/07 10:11 PM |

遅すぎるなんてことは全然ないと思うよ♪

それとね・・・
母としては何より嬉しいコトだと思う♪
| RUNA | 2010/09/07 10:48 PM |

>piraさん
うちのお母さんはpiraさんのお母さんより
若い年代だけど、まったく同じ感じです。
自分の親だから小言言われても全然気にしてなかったけど、
あの母が姑だとしたらすごくいやかもしれない(笑)
piraさんの話を聞くまでなんにも思ってなかったけども・・・。
だってあんなに完璧に掃除する人だもの。
私の家に来ても、私なりにピカピカにした室内を
端から端まで掃除していきます・・・orz
実親だからきゃー♪ありがとう♪なんて楽観的に言ってるけど、
これが姑なら嫁姑問題ですね(笑)
たぶんpiraさんの母もうちの母もお嫁さんがいれば
実の娘に対する態度とは違うだろうから、直接うるさくは
言わないとは思うけれど・・・。

>mb父さんさん
ありがとうございます^^
感謝の心は反抗期終了後から常に持ち合わせています。
両親はやっぱり偉大ですよね。
日々見習うことばかりです。

>RUNAさん
そういってもらえるとすごく嬉しいかも。
お母さんの態度からは嬉しい!って感じではなかったけど、
もしかしてきちんと伝わってないのかなぁ?
とか思ってみたりしてる(笑)
家族はこのブログ読んでないしね^^;
| かりん | 2010/09/07 11:09 PM |

たんたんさんのように「自分も出産して子育てしてみて」です。
私は母だけでなく、
「あー、女性は昔からずっとずっとこうして子を産み育ててきたのね…」
とつくづく思いました。
最近の子育てがいくら変わっても、本質は太古(?)の昔から同じ。
全ての時代の女性たちに畏敬の念を初めて覚えました。

母のことは、やはり自分も母親になると自分が育った頃のことを
よく思い出されて母のことも考えます。
私には一度も「勉強しなさい。ピアノの練習は?」なんて言わなかったこと、
考えてみるとすごい…とも思いました。本当に。
私は言わずにはいられないから。笑
この点は本当に尊敬します。他にもいろいろあるけどね。

今日、実は高校1年の娘が初めての「ズル休み」をしました。
とても忙しい毎日を送っていて、1学期はとにかく頑張っていたのだけど、
最近ずっと疲れが取れないようで。
やる気はあってもなかなかエンジンを掛けられず、
食事で好きなものを作って喜ばせたりいろいろしていたのだけど、
相当心身に溜まっているみたいでした。
たまたま昨夜夫から電話があって娘を励ましもらうと、
「ゆっくり休めばいい」と夫も言っていたし。
電話の後「明日学校を休みたい」と言うので「1回くらい休んでも構わないよ!」
と言いました。
^^っと喜んで、「学校も部活(運動系)も休めると思うと元気が出る!!」
と俄然ニコニコになり、「学校にはなんて連絡するの〜?」って。
私もふざけておかしなことばかり言って笑ったり。

今日は授業を受けない代わりに肉体労働を頼み、
庭のボーボーに生えてしまった芝生刈りを全部してもらって大助かり☆
午前2時間、午後も2時間かけて今までにない頑張りで綺麗にしてくれました!
中学の時に一大事があって私が預かりにしていたDSを気分転換にしたいというので出して、
久しぶりのゲームにも興じて、好きに過ごしてもらいました。
塾も休んだので、夜は勉強も集中してやってもらって。
明日からはちゃんと学校に行きます!
今日休んだことで少しリフレッシュできたみたいです。^^

高校に入ってから、娘との関係は変わってきていてイイ感じです。
私に甘えることも多くなって付き合わされてばかりだけど、
こんなのも今だけ。あと2年半だけだし貴重な時間だから〜と思うと
今はやって上げようと思うようになり、
「もう、この子はしょうがないね〜」と言いながら、
母娘の二人三脚生活をしています。

私の携帯をauからドコモ(家族割)に変えたのは大正解!
娘からの電話もメールもじゃんじゃんで忙しいのなんのって。
うるさいくらいもうしょっちゅう来るのです。笑 一番の携帯相手です。
それもゴキゲンな絵文字付きで。
いちいち聞いてきたり報告してきたり、可愛いです。
これは予想外な効果で、ドコモにして本当に良かったです。

かりんさんには娘とのこと前にお話ししてご心配もして下さっていましたね。
最近は二人で仲良くニコニコとやっていることを報告したくて。
長くなっちゃいました。^^;
| りいふ | 2010/09/08 12:11 AM |

>りいふさん
たしかにそうですね。昔から産む行為、育てる行為に大差はないですね。育てるに関しては便利になっている部分はあるけど。
りいふさんのお母さんはおおらかな子育てをしてたんですね。私はその部分では嫌な思い出が多いかも(笑)

それにしても娘さん、高校一年まで一度もズル休みをしたことがないなんてビックリです!それってよっぽど何かつらいことがあるのでは?とコメントをもらっただけの私も心配になります。

私も弟もズル休みは小学生の頃からたまにしてました。私は体温計を炊飯器の中にいれて熱を調整できるという技を持っていたので、それで適当な温度に設定してズル休みしてたし、弟もなんだかんだとズル休みしてました。もちろんそんなのズル休みだって母はお見通しでしたが・・・。中学生の頃は私は不登校気味になったことも。

でも、娘さんの場合はそんな要素が全くない子のようなのに、そんなに疲れているなんて・・・。なんだか心配です。いつも心配ばかりしている気がするので、そこまで心配に思った理由を一個だけ。私の中学生の頃の不登校気味になった時の理由が友人関係がうまくいかなくなったことでした。でも、それは大人から見ると取るに足らないことで。集団で明らかに仲間はずれにされた、とかイジメにあったでは全くなく、仲がいいと思っていた友達が私の陰口を言っているのを聞いてしまったから。表面的にはその陰口を言った友人も仲良くしてました。でも、そういう経験がほぼ初めてだったので、もう顔を見るのもイヤになってしまいました。それで学校に行きたくない子になってしまいました。でも、とてもそんなことを親に話せるはずもなく、どんなに理由をきかれても言えませんでした。親は学校の先生にも相談したようですが、先生だって全く心当たりなかったようです。当たり前ですよね。表面的には同じグループの子ですらわからなかったのですから。

なんで言えなかったのかな。そんなことで、って言われそうというのもあったし、大人に話せばきっとそれを解決する方に持っていかれそうだったからかな。理屈抜きでもうその友人の顔も見たくなかったのです。できれば一生。そのくらい当時の私にはショックなことでした。大人になった今思えば、その後あるいろいろな経験よりずっとずっと軽いものなんですけどね・・・。

という経緯から心配してしまいましたが、たぶん杞憂に終わることと思います(笑)りいふさんのコメントを最後まで読むと、娘さんはリフレッシュで気力を取り戻したようですし、きっと明日からは学校に行くのでしょう。たぶん私の時とは違います。でも、もしまた近いうちに疲れているような素振りがあって学校をズル休みしたがったら、数日なら娘さんの希望通りにしてあげるといいかもと思ったので書きました。これ、完全なる子供目線なので正しくないかもしれませんが。私は当時無理にでも学校に行くことになったら死ぬしかないかもしれないとすら思ってたので。今になったらそんなことで!って笑い話だけど、思春期って思いもよらないことで挫折するもんなんですよね(汗

りいふさん母娘がとても仲の良い様子でよかったです。以前たぶん反抗期の話を聞いた気がしているのですが、あんなにひどかった私でも今は母を尊敬するほどです。親子の絆って親が真剣に向き合ってくれたら、絶対なくならないし、血が繋がってるからこそ関係もまた良好になれますよね。反抗期のようなことを他人にしてたら縁をきられてたと思います(笑)

私も全く関係のない話で長くなってしまいました・・・すみません。
| かりん | 2010/09/08 1:12 AM |

家のオフクロも掃除マニアですね。
しかし息子は兄弟揃って・・・・・・・・・・・・・
物が溢れて困ってますorz
| hir○shi | 2010/09/08 6:15 AM |

こんにちは。今日は学校へ行きましたよ。
と言っても、強風が吹いてて「こんな日に自転車は無理〜」なんてまた言って、
バス時間にも急ぐ気配なく、結局また「駅まで車で送ってって…」で、
それもぎりぎりの間一髪…朝からお小言付きです。苦笑

休みたい本当の気持ちはわかりませんよね。
見たところは交友関係の人間関係で困っているようには見えなくても、
実際そういうことを抱えていることだってあり得ますよね。
親にはなかなか言わないでしょうね。

知人の1年先輩の息子さんも娘のように疲れていて、
「1日や2日休んだくらいじゃ疲れが取れない」と言うそうです。
学校・運動系部活・塾…と朝から夜までびっしり、共通しています。
(塾も部活も本人の希望でしていることで、部活は7月から更に
大変なものにしたいと言い出してやっています。)
それと、自転車通学の負担がかなりあるみたいです。
アップダウンもあるし、娘より家が遠い友達は、
自転車通学すると学校で居眠りしてしまうって。
他の父親も、「成長期だしいろいろ疲れるんだろう」と理解を示します。
今の高校生ってそんな感じでお疲れみたいです。

昨日は授業がそれ程重要でもない日で休んでも大丈夫だから、と言って。
「それ以上は休んだら大変!授業が進んじゃうから休まないよ!」
でした。テスト前なんです。
行く気は当然みたいだったから、あまり心配もせず休ませました。
中学も皆勤賞をずっと狙っていた子だったし、
先日僅差で遅刻になったとかで、ちょっと気の張りも
緩んだところだったみたい。

ま、いろいろと抱えていてしんどいのだとは思います。
少しでも喜んでもらえるように、娘の好きなものをこしらえたり、
協力できることはしてあげて、なんとか頑張ってほしいなと思っています。
食べ物には凄く喜びます!(笑)
それと、かりんさんの話じゃないけど、
娘にとってのんびりと楽そうに家にいる母親では無くて、
毎日大変だけど仕事に頑張る姿を見せたくて、就職活動中です。
娘だけに目標に向かって頑張れなんて言えないと思うから。
一緒に頑張ろうよ!と言える母親になりたくて。
| りいふ | 2010/09/08 1:45 PM |

>ひろしさん
ひろしさんちも・・・。
残念ながら兄弟の片付けられないクセはお母様のせいです!!
いや、わかんないけど私はそうやって人のせいにして
ちょっと気分楽になってるw
実際のとこは片付けない自分が悪いんだけどさ。。。

>りいふさん
今日無事に娘さん登校されたんですね。よかった^^
それにしてももし本当に疲れなら、たぶんりいふさんの
書いている朝から晩までびっしりのスケジュールでしょうね。
私の経験からだけど、いくら自分が希望してても
学生時代にそれはかなりキツイです。
娘さんが大学に進学するんだったら、大学ではちょっとのんびりして
遊ぶ時間なんかも増やせればいいんだけど。
なにしろ社会人になった以降は自分の時間なんて一気に
なくなりますよね。夏休みも冬休みも学生並にはなくて、
朝から晩まで働いて、週何日かの休みを目標にして、
こんな生活が一生続くのか・・・と思ったら一気にブルーになりました。
同時に、学生時代にあんなに忙しくするんじゃなかった!
って激しく後悔でしたよ。←自分がやりたいっていってたんだから
自業自得なんだけども。。。

娘さんも少しゆとりがあればいいのにと他人の私から見ると
思うけど、きっとそうもいってられない世の中なんですよね。

それにしてもりいふさんも外に出ようとするなんてスゴイ。
娘さんには既に手がかからなくなってるから、
その点では時間に余裕があるかもだけど、その動機がステキです!
娘さんが家にいるのももしかするとあと少しの可能性もあるから、
娘さんの好物を作ってあげられるくらいの余裕あるお仕事に
就けるといいですね^^頑張って下さい!
| かりん | 2010/09/08 3:13 PM |

レスできません。コメレスなしで
OKな方だけコメントどうぞ。
(2014/7/22〜)









   
コメント本文にURLは入力できない設定になっています。
※ブログやHPをお持ちの方はURL欄に入力して下さい。
コメントの投稿がうまくできない方はコチラ
 
http://love.mania.daa.jp/?eid=989836
TB大歓迎ですが、関連性のない記事及びTBを返せないブログ様のTBはご遠慮ください。
TB送信元にこちらのURLがない記事からのTBは現在受け付けておりません┏○ペコリ
http://love.mania.daa.jp/trackback/989836


ブログ内検索
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>

ケータイ用QRコード
一番右上のカレンダーの日付部分またはカテゴリーからもこれ以前の記事に移動デキマス。
今までの記事一覧では、タイトル一覧がランキング形式で見られます





with Ajax Amazon