t: y:
今読んでる人は

踏み逃げ、読み逃げ、ロム専、無断リンク大歓迎


今までの記事一覧
タイトル一覧がランキング形式で

<< 和室っていいよね!畳が恋しいですmain100年前の写真 >>
北方領土って日本人が行けない場所だったんだ…
いつものことながら無知でスミマセン。

今日「関東の男女9人がロシアのビザを取得して観光目的で北方四島に入った」というニュースを見ました。これを最初に見た時に、私はタイトルのように行けない場所だとは知らなかったので、なぜこれがニュースに??と思ったのでした。

ニュースの中でも「北方四島は日本領土と日本が主張しているのに、ロシアのビザで入島することになれば、実質的にロシアのものと認めたことになるので渡航は自粛するように」ということを伝えていました。(→北方四島への旅行自粛について)

なるほど、とは思って納得も理解もしましたが、今まで全然そんなこと知らなかったのでビックリして検索しました。
まず、私は北方四島に行きたいと思ったことはありません。ロシア自体も行きたいと思ったことはないし、北方四島に行くにはサハリンあたりから入ってぐるっと周って・・・。そんなことを想像しただけで、いくだけで疲れそう、お金かかりそう、その割に見るものなさそう。魅力的な部分も全くないし。と思っていました。今でもその考え自体は変わりません。

北方領土に行こう!みたいなツアーってないよな、と釧路に住んでた頃に思ったことはありますが、「たぶんそれは魅力的な場所ではないから、客が集まらなくて採算とれないからやらないんだろう」と勝手に思っていました。

それに、毎年なんだかんだでビザなし訪問とか北方四島の人とはやりあっているし、そうやって交流するならまだしも、わざわざぐるっと周っていくほどのところではないんだろうな〜と。きっと私のようにもしも普通に交流のある国に旅行に行くように旅行ができたとしても、わざわざは行かないという人は大多数いることと思います。

なんとなく北方領土側から北海道を眺めてみたいという気持ちにはならなくはないけど、観光目的で旅行に行った場合は、たぶん北海道が肉眼で見える場所には行けないはずなので、こういう気持ちを持っていったらガッカリするだけでしょうね。

日本政府も自粛という言葉を使っていますが、規制まではできないのが現状なのでしょう。これだけ沢山の日本人という人が存在していれば、中にはそういう呼びかけはスルーする人もいるわけで(何しろ命のキケンがあるからダメという場所ですら勝手に行ってしまうし・・・)、仕方ないことなのかとは思うけど、元島民の墓参りやビザなし交流に支障が出る場合があるので、関係のない人は行くのをやめましょう。

なにげにネット検索をしてみたら、割と実際に行ったという人がいたりして、しかもその体験記を書いていたりする人もいて、なんだか微妙な気分になりました。



そういえば、釧路に引越して一番驚いたことが、北方領土問題について問題提起している看板などがすごく多かったことでした。なんとなく北方四島に対する意識も道央や道南よりも大きい人が多かった気がします。

一度友人と飲み会でその話になった時に、子供の頃の授業で北方領土のことを別冊なんかを使って結構学習したからじゃないの?という話になりました。私が子供時代は函館に住んでいましたが、北方領土問題について多少は習ったと思うけど、別冊まではなかったような。別冊といえば「私たちの函館」という函館の歴史についての教科書があって、それに関しては詳しく学習した記憶があります。きっとそのような感じで北方領土に近いこちらでは北方四島に関する歴史などを学習したんでしょうね。

私も釧路に住むまでは全く北方領土問題なんて遠いものだと思っていたけど、車で少し走れば北方領土が見えるということで、北方領土は昔のように遠いものという気はしなくなっていました。(物理的にも近くなってるんですが、気持ちの上でという意味で。)

だからきっと、今回の記事に関しても北方領土から遠い土地の人にしてみたら「あー、そんなのあったかもね」くらいのものだと思うけど、ちょっとでも興味を持ったら以下のページもどうぞ。客観的立場で書かれているものなので、怪しい政治的ページではありません。

北方領土問題-wikipedia

このページは今日初めて見たけれど、北方四島に本籍を置いている人の免許証の写真を見てビックリしました!そういう人が今現在もいるということもそうだけど、政府的には日本として認めてるんですね。これに関しては知識の浅い私にはそれはとてもおかしなことに思えます。。。その写真をチラ見するだけでも開く価値のあるページかも。



以下今回の記事のコメントに関する宣言を先にしておきます。

ここまで北方領土のことなどを書いてきましたが、政治的な目的で書いたわけではありません。この問題について政治の話を絡めないで語ることなんてできないことはわかっていますが、コメント欄でそのような話の展開をされても全くの素人の私には語れないことなので、それについてのコメレスはできません。同じ人が書いたコメントであってもそれ以外の部分へのレスはできますが。また、あまりにも政治的内容が強いコメントについては非表示にさせていただく場合があります。ご了承下さい。

素人にいろいろ教えてあげようという親切心でいろいろと書く方もいるかもしれませんが、私はそれはこのブログ上では望んでいませんので不要です。知りたいと思ったらここではない場所で学びます。

公開する前からこんなことを書き綴って、先に話題ふったのアンタなのに嫌なヤツ!と思われると思うけど、アレルギーなので。。。アレルギーについては近いうちに別記事で書いて公開します┏○ペコリ


この記事のカテゴリ:時事・ニュース
 
| かりん | 00:15 | comments(26) | trackbacks(0) | |
Related Posts with Thumbnails
スポンサードリンク
その男女9人が、旅行記をブログに書いたりしないことを祈るばかりです。
心ない人たちがいないとも限りませんから。
| 児斗玉文章 | 2010/08/25 12:37 AM |

この問題は永遠に解決しないと思われ・・・・
| hir○shi | 2010/08/25 6:18 AM |

こんにちは。

少し前にNHKの番組でやってましたけど、
もう軍事施設だけじゃなくて、ロシア民間人が
生活を始めちゃってるんですよね。

もう、戦後65年ですからねー…。
立派な病院とか学校とか建設・利用されてる
映像が映ってました。
プーチン元大統領も、この北方四島には
巨費の税金を投入したようですし。

沖縄は返還されましたけど、北方四島は…。
| ♪やまっち3♪ | 2010/08/25 7:12 AM |

こんにちは!

久しぶりにコメしますw

僕も昔から北方領土を見ながら育ちました。
父親はよく「あれは日本の領土だ」と言ってましたが、
子供の僕からしてみればはっきり言ってどうでもよくて、
知床峠から見える国後島は単なる景色の一部でした

根室から見えるロシアの軍艦かっけー!みたいな

ただ

漁師の人たちからすれば経済水域の問題があって
これは結構真剣な主張だったような気がします。
僕の漁師の友人も何度か拿捕されそうになったって言ってましたから

でも

基本的にはどうにもならない問題であって

みんなそれをわかっていて
わかっているからこそ声高に「自国の領土」を主張して
溜飲を下げていたのではないかと思います。
「ロスケにでかい顔されるのは業腹だ、はんかくさいべや」と

という何とも言えないコメでしたorz
スミマセン・・・
| イチゴポッキー | 2010/08/25 7:25 AM |

かりんさんこんにちは

僕も政治的な話は全然語れないのでアレですが
批判を恐れずにコメントしますと
個人的には北方四島は日本に返還されないほうがいいと思っています(返還を望む関係者の方々には大変申し訳ありませんが・・・)

現在の北方四島はまだ開発が十分ではなく、手付かずの自然がたくさん残っている貴重な場所です。

もしいま日本に返還され、日本全国から誰でも自由に行き来できるようになったらどうでしょうか・・・?

もちろん北方四島ご出身の方や、お墓がある方は諸手を挙げて喜ばれると思いますが、それ以上に日本人による金儲け目当ての開発が進み、島の土地はもちろん、漁業資源も数年で枯渇してしまうのでは・・・
まぁ今後ロシア人自身による開発は無いとは言いきれませんが、日本人の行う開発よりはスピードも規模も別物でしょうね。


まぁとにかく、人類みな兄弟!日本人だろうがロシア人だろうが仲良くしていたいものですね。
地球に生まれてよかったぁ〜!!
あ、織田裕二さん結婚しましたね(関係無)
| カステラ | 2010/08/25 1:16 PM |

>児斗玉文章さん
本当ですね・・・。
それじゃなくても掲示板では皆で行こうぜ!
みたいなことを促している場所もあるので。
今回行った方は全員高齢者なので、ここまで大変なことを
わざわざ決断したということは、何か思いがあって
行った可能性はありますが、それでも・・・。
ツアーとして企画した関東の会社が一番良くないですが。

>♪やまっち3♪さん
そうですね。普通に街があるという感じですよね。
私もテレビでしか見たことがないのですが。
(もしかして同じ番組かなぁ・・・)
返還されるのかどうかはわからないけど、
なんとなく竹島問題とかと通じるところがあるような。
あちらはあちらで向こうの対応が違うけど、
立場が逆転している北方四島問題と似ている気が。

>イチゴポッキーさん
単なる景色の一部っていうのは、島に思い入れのない
世代だと皆そうかもしれないですよね。
漁師の方にしてみたら、主張する気持ちもわからなくはありません。
みんなそれをわかっていて・・・の部分には同意です。
きっとそうなんでしょうね。
でも、なんとなく大人のやってることがわからない
と思った子供の頃の気持ちを思い起こさせるような、
そんな不思議な気持ちになったりもします。。。

>カステラさん
あぁ・・・そのコメントものすごいわかるかも。
どこまで現実的な話なのか、本当の話なのかはわかりませんが、
道東方面にいると既に北方四島が返還された時に
どこがどの人の持ち物になるのか決まっているらしいとか、
戻った時には温泉が出るのでリゾート施設を作って云々・・・
なんて話が聞こえてきたりすると、まさにカステラさんが
懸念している通りのことになったりするのかも?と思ったりします。
ここはどこの国の持ち物で・・・なんてことなく
仲良くというのは一番理想的ですよね。
私もそうなってくれたらいいのにと何度も思ったことがあります。
織田さんは結婚しちゃいましたねぇ・・・。
生涯独身でいて!とは思わないけど、織田さんらしい
結婚発表に、もっと教えてよ〜と思っちゃいました(笑)
| かりん | 2010/08/25 2:44 PM |

そんなニュースがありましたね。

北方領土の経緯はここでは省略しますが、日本が領有権を主張する領地であります。
しかし、これまでにも何人(何組)かはビザをとって、サハリン経由で訪問した人はいるそうです。
ロシア側としては、北方領土を特に外国人立入禁止にしてはいない(と思う)ので、ビザをとって訪問することは可能です。

上のコメントで漁業権の話が出ておりますが、ロシア側の主張する経済水域の境界線が、太平洋側にも長く続いておりますので、操業中の漁船がロシア主張の経済水域に入ってしまうこともあり、神経を使うそうです。

北方領土に本籍地があるというお話、今は根室市がその業務を代行して行っていますね。

先日、探偵!ナイトスクープリターンズを見ていたら、知床近くのオホーツク海側の露天風呂を訪ねる場面。海の向こうに見えるは国後島。神戸から大阪湾を挟んだ泉州の山々を見る様な感じですが、あの光景を見ると、胸が痛くなります。
| kisomitake | 2010/08/25 2:44 PM |

>kisomitakeさん
たぶん何人かというような少人数ではない気が、
ネットを見ている限りではしました。
結構上陸している人は多そうですね・・・。
公になっていないだけなのかもしれませんが。
漁業権については難しい問題ですよね。
そこを通らなければいいというだけの話ではないように
聞いたこともあるので、うーん、と。
私は国後島を見たことも何度もありますが、
kisomitakeさんのように胸が痛むというようなことは
全くなかったので、そういう感想もあるんだな〜と驚きました。
私が思いいれなさ過ぎるだけなのかもだけど・・・。
| かりん | 2010/08/25 2:57 PM |

北方四島の問題はアメリカが沖縄を返還した様にけっしていかないだろうと思いますが、漁業関係の人々にとっては死活問題ですね。

戦後65年 北方四島はじめ65年間解決されない問題が山程有りますが その後戦争がないから解決するまで100年でも続くのかな?
もし、戦争が起こったら山積み問題はいっぺんに吹き飛んでしまうのかな? 等と考えた事が有ります。

戦争は体験してはいませんが、今、読んでいる本が
ドイツ・ナチスのアウシュビッツから奇跡的に生還出来たユダヤ人の人の体験の本(「夜」エリ・ヴィーゼル)ですので つい戦争に
つながってしまいました。




| ひとり | 2010/08/25 3:58 PM |

かりんさん!!!!!!!

俺様、一生のお願いです。
浅田次郎の「終わらざる夏」を読んでみて下さい。
そして昭和20年の8月17日に

 ソ 連 人 が 日 本 人 に 何 を し た か

知って下さい。
北海道にお住まいのかりんさんだからこそ知っていて欲しい。
どうか一生のお願いです。

できればコレ↓も。
www.amazon.co.jp/dp/4101332215/ref=pd_cp_b_3
| はしばみ2 | 2010/08/25 7:57 PM |

一言だけ失礼します。

>>釧路に引越して一番驚いたことが、北方領土問題について問題提起している
>>看板などがすごく多かったことでした。なんとなく北方四島に対する意識も
>>道央や道南よりも大きい人が多かった気がします。
>一度友人と飲み会でその話になった時に、子供の頃の授業で北方領土のこと
>>を別冊なんかを使って結構学習したからじゃないの?という話になりました。

悲しかったです。釧路・根室になぜ看板が多いか。
それは「元島民が着の身着のまま9月以降に島を追われ、やむなく住んだのが
根室、そして釧路だったから」、つまり、元島民やわれわれ2世、3世が多く
住んでいるからです。望郷の叫びですし、あるいは、元島民という困窮した
特殊な事情をもつ住民が多い地域について、政府が特別な支援を行っているから、
同時に啓発活動としても重点的に行っているのです。
なんとなく近いからというわけではありません。
十勝がロシア領になり、そこを追われた人が日高に移って、そこで
叫んでいるわけです。何となく、近いから、学習したから、ではありません。
元島民のことをもう少し学んでほしい気がします。Wikipediaばかりではなく、
本などで、じっくりと。
| 元島民3世 | 2010/08/25 11:00 PM |

アウトドア派の私は行ってみたいですね。
たとえ日本の領土であろうとなかろうと、美しい自然やそこに住む人との交流を大事にしたいからです。

これまでの政治的な話はうんざりです。
双方の純粋な主張から年月が過ぎ、中身は大きくゆがんできたとも言えると思います。
人間は過ちも犯すし、それを乗り越えて行く英知も持ってるはず。
紛争は未来を創造して行くところから解決出来るものと信じています。

それよりかりんさん、今週は同じような記事が連続してないよ。無理しないでね(笑)
| pira | 2010/08/25 11:02 PM |

>はしばみ2さん
気が向いたらチラ見してみます。
個人的にはその当時に何があったかを知ることが、
負の連鎖に繋がるのではないか?という気持ちもあるので
ぜひ読んでみますね!とは言えないかも(汗

>元島民3世さん
なぜ悲しいのかとても不思議に思いながらコメントを読みました。
そして元島民3世さんは元島民の方の気持ちをたぶんまっすぐに
何もゆがめられることなく聞いてきたからなのだろうなと思いました。
元島民3世さんが書いていることは理解できます。
理解できるけど、私のようにほとんどそのことについて
よく知らない人が多いのではないでしょうか?
もちろん私のような人ばかりではないと思うけれど。
そこにはたぶん温度差があって、その温度差を埋めるために
そのように呼びかけることは逆効果のような気がします。
気持ちはとてもわかるのですが、もうちょっと違う視点で
元島民の方の気持ちを広めていくような活動ができたら、
この問題に関してももっと興味を持つ人が増えると思います。
私がこの問題に大して興味がなかったのも、
責められるべきことではないと思っています。
もちろん元島民3世さんが私のことを責めているわけではない、
ということは理解しています^^

>piraさん
私も正直うんざりです。
元は日本の領土だったからといって返還しなければならない、
ということもないと思ってます。
そりゃあ平和的に戻ってくるならその方がいいのかもしれませんが。
そんなことを言ったらアレもコレも・・・ねぇ。(詳細略
人間は過ちを繰り返すし・・・部分は同意です。
今週は同じような記事連続してないですね(笑)
それもこれも、今日まではストックがなかったからです!
| かりん | 2010/08/25 11:19 PM |

いえいえ、人間は知ることで成長します。
「個人的にはその当時に何があったかを知ることが、
負の連鎖に繋がるのではないか?という気持ちもある」
という考えはひとまず置いておいて、まずは知ってみてはいかが
でしょうか。
私は、上坂冬子さんの「北方領土 上陸記」を読みました。
この人も、物見遊山をかねて行ったようなものですが、
いろいろ見たり聞いたりして、かなり考えが変わったそうです。
政治的な話は私もうんざりですが、だからといって、終戦後、
相当の日がたってから四島に押しかけ、抵抗するはずもない島民を
追い出した出来事が「うんざり」ではありません。
ロシアの言い分ももっともだ、と言う前に、何があったか、それを
「窮屈だなあ」と言わずに、よく知ってみてはどうでしょう。
たぶん、目から鱗が落ちますし、北海道にいて、あれはロシアのもので
いいじゃん、北海道も本来は和人の土地じゃないから、持って行っていいよ、
というはずもないですから、たぶん、「読んでよかった」になりますよ。
| 通りがかり | 2010/08/25 11:34 PM |

>通りがかりさん
アドバイスありがとうございます^^
通りがかりさんが書いていること、ごもっともです。
知らないより知った方がいいに決まっている、
って大半の人に当てはまりますよね。
私の場合はその知る事柄によりますが、全てを知らなければ
ならないということはないというタイプなので、気が向いたら。
たぶん同じ事柄でも知ってよかったという人がいる反面、
知らなければよかったという人もいるのではないかと思います。
そして、私の場合は人から薦められれば薦められるほど
その事柄から離れる傾向があるので、たぶん今すぐには
知ろうとしないと思いますが、また気持ちが戻ってきたら調べてみます。

コメントいただいたことは純粋にありがたいと思っています。
貴重な時間を使ってくれてありがとうございました。
| かりん | 2010/08/25 11:46 PM |

横浜は日教組が強い土地柄のせいか北方領土の様な問題に関して学校でほとんど取り上げられません。
なにしろ中学まで国歌を知りませんでした。音楽の教科書の最後のページに必ず載っているこの歌は何だろう?と思っていました。
そんな私も北方領土については少し知っています。
「元は日本の領土だったからといって返還しなければならない、ということもないと思ってます」
歴史的にみれば世界中で戦争が起き領土の奪い合いが繰り返されているので、どの時点に戻って返還するべきなのか分かりませんから、私もかりんさんの意見がわかります。
ただ北方領土に関してはそれとは少し話が違うようですよ。私も政治の話は苦手なんですけど(^^ゞ
先日池上彰のTV番組出演していた伊東四朗が「ロシアが北方領土の領有権を主張しているのは納得がいかないんだ」と切なそうにおっしゃっていたのが印象的でした。
| りつ | 2010/08/26 12:05 AM |

コメントするつもりはなかったのですが、
他の方々のコメントを読んでみて、私もちょっとコメさせて下さい。

私も通りがかりさんと同じ気持ちです。
私もちょっと前まではかりんさんと同じような考え方でした。
でも、無知がどれだけ怖い事か、最近ちょっとずつ分かるようになって来ました。
かりんさんは「人から薦められれば薦められるほどその事柄から離れる傾向がある」との事ですし、それは了解しました。
私も、ちゃんと知らなきゃいけないんだ、と思えるようになったのはあるきっかけがあっての事だったので、かりんさんにもそのきっかけが訪れるといいなと思います。
私は確かかりんさんと同じ歳ですが、まだ変われます。
(私も変わりたいと思ってたわけじゃないですよ、知らなきゃそれで良いと思ってましたし、興味ないんだからしょうがないじゃん、と)
もしその機会が訪れたら、知って、調べてみて下さい。
| kk | 2010/08/26 1:12 AM |

歴史のなかの日本と
自分を含む日本人を
見つめつづけることは大事なことだと思います。


北方四島だけでなく、当時のスターリンは釧路ー留萌ラインで線引きする北海道二分割を画策していたフシがあること。

ロシアの対日戦勝記念日を、日本が1945年9月2日降伏文書に調印した日に、今年になって制定したこと。

など、陰に陽に記事の主旨と関係あることだと思います。

| 海鳴り | 2010/08/26 3:08 AM |

>りつさん、kkさん、海鳴りさん
まとめレスになってしまってすいません。
正直いうと、もう私、どうコメレスして良いのかわかりません。レスをすればするほど同じようなコメントが来る気がして、皆さんの書いていることは理解できるし、何がなんでも知りたくない!って訳でもありません。でもコメレスにそういうことを書くとまた同じようなコメントが来るのかも?と思ったら、もうこれについてコメレスすることができません。

何度も同じことを違う方から言われるので、きっと皆さんが書いていることが正しいことなのでしょう。でもここまで追い詰められてしまったら、今私がそれを知ろうとそれについて調べたとしても、素直に私の中には入ってきません。だから敢えて今知るという選択をしないのです。理解はしてもらえなくてもいいのですが、状況だけは説明したくてこうして書きました。でもこれもまた批判されるのかな(汗

こういう系統のことはどんなに興味を持ってもやはり書いてはいけないことなんですね。私の中では私と同じようにこの事柄について無知な人が興味を持つキッカケになるのかも?なんて軽い気持ちだったけど、今回こうして書いたことで正直今後悔しています。私のようにこの事柄に関して無知な人はそのまま無知でいた方がいいんじゃないの?って投げやりになる気持ちになってしまいました。私のような個人で好きなようにブログを書いている人が書く内容じゃないんでしょうね。今後はこういうことは一切書かないことにします。

最後に。ここにコメントを書いている方全員に対して、私は責められたとは思っていません。皆さん記事本文の最後に私が書いたことを汲み取って、その上でレスしていただいたと思っています。でもやっぱり私アレルギーなんでしょうね。もうコメントレスに何を書いていいのかわからなくなりました。
| かりん | 2010/08/26 8:57 AM |

日本としてはロシアに本当に返還してもらえると思ってるんでしょうかね。民間人が長年住んでる以上実際は無理だと思うし、そこを無理やり退去させて返還してもらったら、今度は日本がロシアの人から故郷を奪うことになると思うんですが。

領土問題はどうしても資源がからんでくるので、そこに住む人に関係なく胡散臭くなってしまうものです。長年の月日の中でいろんな感情もいりまじってくるのでなおさらです。

中東の聖地エルサレム問題ではないですが、そこに住んでる人がそれまで住んでいた人たちをそのまま受け入れるだけではダメなんでしょうか。政治的なことはぬきにして、そこを故郷とする人たちにとってはただそれだけでいいはずでしょうに。
| わふわふ | 2010/08/26 9:29 AM |

はじめまして。ボクは政治に関することに対して無知なので、コメントは差し控えようと思っていましたが、かりんさんが煮詰まっている様子なのでコメントさせて下さい。

かりんさんが記事の最後に書いていることを読むと、ボクのような無知な者はコメントを書かない方がいいだろうと思いました。だからきっとここにコメントを書いている人たちはこの問題について詳しい人たちばかりで、このようなコメントばかりが並ぶことになるんじゃないでしょうか?かりんさんを責めている訳ではないです。誤解しないで下さい。

そっち系統のコメントが多いけど、ボクもこの記事を読んで初めてこの問題について興味を持ったし、他にもそういう人は沢山いると思います。ニュースで北方領土についてやっていても真剣に見ないけど、かりんさんがブログで本籍地が北方領土の人がいるんだよ!って書いてたことで興味本位で初めてリンク先のページも読みました。学校で習っただけではわからないことも初めて知りました。

こんな人もいるので、かりんさんがここにこういうことを書いたことは意味がないことじゃないです。こういうこと書いたらだめなのかもしれないけど、難しい問題としてテレビやホームページで書いてあるところのなら読む気にもならなかったけど、ボクのように何も知らない人と同じ目線で語ってくれたからこそ読む気になりました。

それを伝えたくてコメントしました。長文になってしまってすいません。
| やまのうち | 2010/08/26 10:26 AM |

>わふわふさん
私はわふわふさんと同じような考えです。
返還についてはたぶん無理だろうし、既に街ができあがってる
状態で返還してもらうことになると、日本が奪われたときと
同じようなことになるんじゃないかと。
わふわふさんが書いているようにそこに住んでいる人たちを
そのまま受け入れるという形であれば、同じようなことをした
とはならない気がしますが、今の日本にそんなことができるのかどうか?
いや、今もう一度よく読んでみたらそういうことではなくて、
逆にロシア領のままそこが故郷の日本人を受け入れるってことですね。
なるほど。それもありかもしれないですね。
元島民の方の思いはよくわからないけど、経済水域とかは
関係ないだろうから、それができれば解決しそうな気が。
でも解決しないのなら、やはり利益とかが絡んでいるんでしょうね。

>やまのうちさん
朝の時点ではこのことを書いたこと自体をものすごく後悔したので
そう思ってくれる方もいるということに励まされました。
ありがとうございます。
私もコレを書くときには、同じく関心のない人が少しでも
知ってくれたらとは思っていたけど、中途半端なら書かない方がいい
ということも言われ、中途半端な知識の人がこういうことに
触れてはいけないんだなと思っていました。
正直いうと、だからこういう問題が一般人の意識に浸透しないんだよ!
とも思っていたけど、コメントいただいてちょっと救われました。
| かりん | 2010/08/26 8:52 PM |

あわわ、かりんさんごめんなさい。
私の書き方が悪かったです。決してかりんさんを責めている訳でも、詳しく知らなきゃダメだと言っている訳でもありません。
ただかりんさんの知っている事とちょっと違う事がありそうですよ、という事を伝えようと思っただけなのです。
私もこの問題をほとんど知らないのです。
かりんさんがこの事について討論したい訳じゃないという事も充分解りますし(というか私もしたくないですし、簡単な話でもないですし)、「全く知らなかった人に興味を持ってもらえたら」という趣旨もよく分かります。

かりんさんのブログはかりんさんの率直な意見が書かれている所が素晴らしい所なのだと思うのです。
私がここに来るのはこういう見方もあるのかと新しい発見があって楽しいというのが一番の理由です。

私の書き方が足りなくて辛い気持ちにさせてしまってごめんなさい。
| りつ | 2010/08/27 12:06 AM |

2度目のコメントをお許し下さい。
私を含め、まとめレスされた方々も、「知りなよ!」ってゴリ押ししてる訳でも、中途半端に書くなよって思ってる訳でもないと思いますよ。
なので、「だからこういう問題が一般人の意識に浸透しないんだよ!」って言われてしまうと辛いです。本当にそんなつもりではないです。
皆さんその辺は気を配って書かれてるように読み取れます。
やまのうちさんのような意見が大半かもしれませんし、
逆に「書かなきゃ良かった」なんて言われるとええっ…と面食らってしまいます…
知ってみるのもいいかもよ?とも言ってはいけないのか…と。

周りがいくら言っても本人にその気がなければ無理というのは知ってますから。
コメレスも特に要らなかったんですスミマセン、かりんさんからすれば「ああそうですね」位なものだと思うので。
(本当は「コメレスいりませんよ」って書いても良かったのですが、以前別の所でそうしたら「書き逃げかよ!」みたいに言われた事があったので…)
かりんさんからしたらありがた迷惑だったんですよね。
もう引っ張りたくないのは良く分かりましたから、今度こそコメレスは結構です。
2度も失礼しました。
| kk | 2010/08/27 2:53 AM |

すみません、何か皆さん勘違いしているようなので
他記事のコメレス前ですが、書かせて下さい。

りつさんもkkさんも私が他の方に書いたレスを読んで
いろいろ思いをめぐらせたようですが、私がここにコメントを
書いている人には責められていると思っていません。
と書いているところを見落としていませんか?
私のコメレス部分に言葉が足りないために誤解を招いてしまったので、その点お詫び致します。

ここに正直に書くと、このブログには非公開コメント欄というのがあり、
そちらに頂いたコメントに反応したのがやまのうちさんへの
コメレスになります。今は時間が経って落ち着いてますが、
コメレスを書いた時点では読んだばかりで落ち着いていないので
そのような表現になってしまったこともお詫びします。

最後にkkさん、ここはコメレスは必ずつけるコメント欄です。
もしコメントは絶対もらいたくない!という場合は、
非公開コメント欄に書いていただけたらと思います。

今回は心が折れそうになったので、普段にはないまとめレスなど
自分の中で設定したルールと違うことをしてしまいました。
結果的にこれもまとめレスになってしまってスイマセン。

この件についてのエントリも既に書き上げています。
でも、まだ落ち着いていない時に書いたものなので、
もっと落ち着いてから見直してUPしたいと思います。
| かりん | 2010/08/27 3:07 AM |


かりんさんのように最初から「無理」と思い込んでいれば何も出来ないのは当たり前です。

返還運動に携わっている人たちを根底から否定するような考えで、凄く悲しくなりました。
| 雪 | 2010/12/28 12:17 PM |

レスできません。コメレスなしで
OKな方だけコメントどうぞ。
(2014/7/22〜)









   
コメント本文にURLは入力できない設定になっています。
※ブログやHPをお持ちの方はURL欄に入力して下さい。
コメントの投稿がうまくできない方はコチラ
 
http://love.mania.daa.jp/?eid=989835
TB大歓迎ですが、関連性のない記事及びTBを返せないブログ様のTBはご遠慮ください。
TB送信元にこちらのURLがない記事からのTBは現在受け付けておりません┏○ペコリ
http://love.mania.daa.jp/trackback/989835


ブログ内検索
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< March 2017 >>

ケータイ用QRコード
一番右上のカレンダーの日付部分またはカテゴリーからもこれ以前の記事に移動デキマス。
今までの記事一覧では、タイトル一覧がランキング形式で見られます





with Ajax Amazon