t: y:
今読んでる人は

踏み逃げ、読み逃げ、ロム専、無断リンク大歓迎


今までの記事一覧
タイトル一覧がランキング形式で

<< 洞窟探検は素人には無理ですmain心霊動画かと思ったら寄せ集め。 >>
子供と大人の友達の定義は違うと思う
私には友達がひとりもいません。というトピを発言小町で読んだ。

それを読むと、本当に全く一人も誰も関わる人がいないという意味ではなく、親友と呼べるようなベタベタした付き合いをするような、そんな友達がいないということ。つまりそれ以外の友達はその時々でいたという話で、個人的には「なーんだ・・・」と思ったのでした。

・・・というのも、「その状態が友達と呼べない状態」ならば「私も友達は一人もいない」状態だから。
学生時代はものすごく沢山の友達と呼べる人が回りにいた。それは同じ学校繋がりだったり、バイト繋がりだったり、誰かの友達繋がりだったり、常連だった喫茶店によくいる誰かだったり・・・それこそもう友達100人できるかな?レベルよりも全然規模が違うほどの人が周りにいた学生時代。

そしてその中でもさらに自分がものすごく好きで、ウマが合う親友と呼んでいた子も何人かいて。それこそもう隠し事なんてないんじゃない?ってくらいなんでもしゃべっていたし、いつでもどこにいくときもとりあえず声をかけ、だけど高校生くらいになるとお互いにジャンルが違う友達がいたりして、たまには別々に遊ぶけどそれでも親友だった友達。

でもね。その時に周りにいたどの人も今はとっても遠くなっている人なんです。

これは私が地元から離れてしまったことや、お互いに生活環境にズレが出てきたりしてだんだんと疎遠になっていった感じ。もちろん疎遠とはいっても連絡を全く取らないということはなく、年賀状を出したり、年に1-2回電話で話したり、思いついた時にメールをしてみたりというくらいの付き合いはある関係。だけど、もう学生時代の頃のようにお互いになんでも話す間柄でもないし、距離的にも離れているので学生時代の頃のように「暇だから突然遊びに誘う」とかそんなこともない関係。

こうして冷静に振り返るとそれはちょっと寂しいことかもしれないと思うけれど、たぶんものすごく近くに住んでいたとしてもこうなっていたのではないかと自分では思ってる。

なぜって、皆大人になったから。

学生時代とはいっても高校生・大学生あたりなら、その当時の自分は小学校や中学校よりも大人になったと思っているけど、今本物の(?)大人になってみて振り返るとやっぱり子供なんだよね。だから友達との付き合い方も距離のない付き合い方をしていたことも多いし、見た目や体は大人でも中身はまだ人生経験の浅い者同士だから、今ならこんなことにならないだろうというようなことでこじれてしまったり。

もちろんそんな付き合いの中で学んだことも多かったけど、だからこそ今学生時代と同じような友達を作ろうなんて絶対無理だろ!と個人的にものすごく思う。

第一今学生時代と同じような付き合い方の友達を作ろうと思ったら、同年代の友達は絶対に無理だと思う。だってみんな大人だから。皆自分の家族や自分の生活リズムがあって、そして自分だけの個人的な事情なんかもあって。そこにズカズカ踏み込まれるような付き合いをしたい大人っているんだろうか?と思う。仮にいたとしても、私自身がそういう付き合いはもう無理。

トピの中では「私も友達一人もいません」っていうレスが多かったけど、大人なら皆当たり前に個人の事情に配慮したり、今までの人付き合いの経験から踏み込み過ぎないように気をつけたり、相手の立場に立ってモノを考えられるようになっていたりして、既に子供時代のような友達関係は無理な人ばかりだと思う。

つまり「友達が一人もいない」とレスしている人たちこそ常識人。逆に学生時代のようなノリの友達付き合いできるよ!っていう私と同じ年代の人がいたら、たぶんものすごく自由で子供で、なかなか友達ができないタイプの人ではないかと・・・。人によっては波長が合う人もいるのかもしれないけれど、私はたぶん無理なタイプ。(←あ、二回目w)

トピを読んで、大人になってからの友達と学生時代の友達とでは定義が変わってるハズだから、そんなに気にすることはないのでは?と思ったのでした。

私が今現在友達だと思っている人は、同じ職場で働く仲間の一部の人。私は知らない人が大勢集まって会話しなければならないような場所にはいかないので、出会いが少ないこともあって職場の人という流れに。それでも今まで同じく職場で働く人というのは60名以上はいたはずだけど、それでも数名しか気があってプライベートでもお付き合いする人というのはいないので、必然的に沢山顔をあわせる人というだけではなかなか友達はできないのかもな〜と思っているトコロです。

学生時代の友達とはこれからも細くでも繋がっていれたらいいなと思うけど、離れた土地にいて、しかも一年に一度その場所に帰省するとかそんなこともない私の場合はなかなか難しいのかな?と思ったりも。相手が結婚したとか子供が生まれたとか、そんなことで生活の状態が同じタイミングで変わらなかった場合もやっぱりちょっとずつ遠くなってしまうので、そこもなんだか寂しいなと思いつつ、これは仕方ないのかもなぁ・・・と。そんな中でもmixiやネット上で近況を報告しあうことができるこの環境は、ちょっとありがたい時代かもしれないとも思います。それがなかったらきっとそのまま疎遠になっていたかも?って人も多いので。


この記事のカテゴリ:オモウコト
 
| かりん | 00:34 | comments(14) | trackbacks(0) | |
Related Posts with Thumbnails
スポンサードリンク
友達の定義が学生の時のままではないと思います。
それはある一時期特有の友達という定義というか。

大人になると、年一回都合を付けて会うのも友達。
年賀状のやりとりで数年に一回会うのも友達。
近くに行ったときに会うのも友達。

そして昔はなかったことですが、
mixi、ブログなどネット上のみでやりとりする人との間でも友達は存在する。

知り合いから友達への変化はそれぞれですが
自分からまた会いたいと思ったら友達に近いと私は思います。
| なな | 2010/08/18 12:56 AM |

俺も学校繋がりの友人は殆どいない(^^;
| hir○shi | 2010/08/18 7:15 AM |

♪ オ〜 寒む
小寒。

山から小僧がとんで来た。

なんといって、とんで来た。

友達欲しいと、とんで来た。♪


| 海鳴り | 2010/08/18 8:27 AM |

かりんさんこんにちは
かりんさんの記事はどんなカテゴリ(仮に愚痴でも 笑)においても変な偏りが無く、全うで自身の心理状況を的確に表現されているところがすごい!と感心してしまいます。
また、自分の意見や思いをハッキリと書きつつ、それでいて押し付けがましくないので読んでいて気持ちがいいです。
だからこのブログは人気なんでしょうね。
(褒めすぎでしょうか 笑)

さて、今回の記事も読んでいて思わず頷いてしまうような内容でしたのでコメントさせていただきます。

僕も大人(の年齢)になり、「友人」というより「知人」といった表現がしっくりくる人間のほうが増えたような気がします。
学生時代の友人とは(近くに住んでいますが)めっきり顔も合わせませんし、仮に合わせても立ち話程度で終了です^^;
たまに「お前、付き合い悪くなったなぁ」と言われてしまうと罪悪感に苛まれますが、これも仕方の無いことですよね。

なんとなく寂しい感覚っていうのは、ノスタルジーなんでしょうね、きっと。

コメントなのに長くなってしまいました、すみません。

| カステラ | 2010/08/18 9:06 AM |

その定義からすると、私も友達が1人もいなくなっちゃうけど別に寂しくも悲しくもないんですが(笑)うちの相方も学生時代の友人とは年1回会うかどうかという状態だし、よほど近所にいない限り普通のことだと思います。

学生時代と社会人の状況を比べること自体無理があるし、家庭をもってる人ならなおさら学生時代レベルで友人と付き合うなんてほぼ不可能。たまに同レベルで付き合おうとして家庭不和の原因になってる人を小町で見ますけど、やっぱり友人よりも家族を優先するのが社会人として当たり前なんじゃないかな。

社会人になってからのちょっと希薄な友人関係くらいが家族持ちにはちょうどいいと思います。ズボラな私からしたら毎日何通もメールやりとりしたり、急に遊びに行こうなんて誘われても対応できませんもん。いちいちお付き合いしてたらそれこそ自分の時間がなくなっちゃう(笑)
| わふわふ | 2010/08/18 10:42 AM |

「私も友達一人もいません」
って言葉にドキッってしたけど、読んでなるほど〜と納得(笑)

もともと学生時代から、団体行動が苦手っというか、これはよく意外って言われるんだけど、中学までは本当にみんなに言っていることに対して理解できなかったのよ(苦笑)
わからないけど、とりあえず乗っとけ!って感じだったので。だから、どんな会話をして、何を考えているかわからない子供だったから、友達って呼べる人がそのときにいたのかな?と。

今となっては高校に入って、色々理解するようになってから、人に自分の気持ちを伝えるとか人間関係の大切さを感じるようになったのだけど・・・

北海道から離れてからは、色々あったんだけど、会うといつものようにワイワイ騒げる友人がいるってことは幸せだし、転々としたおかげで各地に友人いるし(笑)
本音を話せること、イチャつくだけが友達ではないよね。私、本音は誰にも言わないし。

今でも仲良くしてくれている友達には常に感謝してるんです。こんな人間と仲良くしてくれているなんて!って思うので。
これも大人になったからそう思えるようになったのかな〜と。
もし、友達が欲しいって人がいたら、相手に対して理解と感謝の心は持ってないとダメだよ〜って言うかな?人と仲良くするって当たり前のようで当たり前じゃないと思うしね。面倒なこともあるし。
何かを得るってことは、何かがまんも必要だしね♪
| チャコ | 2010/08/18 5:19 PM |

生まれた街に今でも住んでる俺様は地元の友人は全員幼馴染み。
しかし(いい年して)独身のまま遊びに付き合ってくれる友人は1人しかいないな〜(一人でもいるってのがナニだけどw) 金曜の夜にフラっと現れて「星見にイカネ?」とかw

高校時代の友人もみ〜〜んな散り散りだし。今でも付き合いがある友人(親友と呼べる鴨)は毎年、鈴鹿まで一緒にF1見に行くのでふ。つまり年に一度の逢瀬(激違)。七夕状態(更違)。まぁ彼は女房子供ほっぽって行くワケで、気楽な独身貴族の俺様とは違うワケで。
あ〜。
友達って大事だな(詠嘆)。
| はしばみ2 | 2010/08/18 7:38 PM |

きっと子供から大人になるにしたがってお互いの
どこまで触れていいのかを自然と学ぶんだと思います

いわゆる「ヤマアラシのジレンマ」の良い方向の解釈で
いろんな人と関わりあいながらお互いのトゲの
刺さらない程よい距離を見つけて行くって感じでしょう

その発言小町のトピ主さんはいつまでも子供の頃と
同じレベルで人付き合いがしたいって事なんだとしたら
その人は「鉄の皮膚を持ったヤマアラシ」って感じでしょうか
| kon_kon_kon | 2010/08/18 8:16 PM |

>ななさん
やっぱりそう思います?
私も昔と今とは絶対違うと自分で言い切れます。
自分で大人の付き合い方をしよう、とか区切ったり決心して
こういう付き合い方をしだしたわけではないけど、
気付いたらこうなっていました。(自分も回りも。)
ネット上のみでの人間関係もありますよね。
これに関してはこういうブログ上であっても、
理解されない場合も多いので敢えて書いていませんが。
私はそれはある派です。
ななさんのコメントの最後の一文いいですね。
相手がどうとかよりも、自分がどう思うか?
というのが大切というのもその通りだと思います^^

>ひろしさん
学校を卒業して何十年・・・とかなると
だんだんそうなるよね〜。
好みとか性格や考え方も社会人になるとまた変わるしね。

>海鳴りさん
小僧に友達ができますように。

>カステラさん
うん、それ褒めすぎ(笑)
嬉しいくらいほめてくれましたね!
押し付けはしないつもりだけど、割と断定的な口調で
文章を書くことが多いので、批判もよくされてます。。。
ところで、私も知人の方が増えました。
・・・というか、たぶん知人と思っている範囲の友達付き合いが
大人になれば普通なんですよね。
でも友達本人に付き合い悪いといわれたら、それは罪悪感ですよね。
私はそういうことを言われないので(たぶんばったり会うことないから)
罪悪感は感じたことないけど、言われたらたぶん同じく思います。
カステラさんの年齢はわからないけど、私の年齢くらいになると
たぶん年に一度遊べればいい方くらいの生活に皆が入っているので、
きっと近くにいても頻繁に会うことはない気がするけれど・・・。
やっぱり結婚したりして家庭ができると、
疎遠になるのは仕方ないというより当たり前だと思います。
でもそれでいいんですよね^^

>わふわふさん
同じく!別に寂しくないですよね。
昔を思い返せばちょっと寂しい気はするけど、気がするだけで
実際は寂しい・・・とか悲しい・・・なんて思うこともないです。
たまに同レベルで付き合おうとして家庭不和は小町でよく見ますね。
アレを見てるからこそ、今回のこのトピは「え??」って感じでした。
中にはこんな風に考えてる人もいるから、友達付き合いのことで
夫婦仲まで悪くなっちゃったりする人いるんだ・・・って。
正直いって大人になっても学生時代と同じ感覚の友達が欲しいって人は、
ものすごく中身が幼稚だなと感じます。
だから本文中には「私には無理」という言葉が沢山出てくるんだけど。
そういうのがいい人同士でくっついてる分には、何も思わないけど
自分にそれを求められたらものすごくキツイです。
・・・で、わふわふさんの最後の段落にはすごく同意。
急に遊びに行こうなんてのにのってたら自分の時間なくなるよね。
仕事に行って、その帰りにちょっとご飯とかでも夕飯の時間なら
やっぱり無理だし。(ランチならいいけど。)
いろいろ考えたら、やっぱりそれが普通の大人ですよね。

>チャコちゃん
ね!納得でしょ♪
前からチャコちゃんはよくコメントに学生時代から団体苦手って
よく書いてるけど、学生時代に一緒だった私としては、
えっ!そうだったの?という感じで・・・(笑)
子供の頃の無茶苦茶な人間関係って、今思えばおかしな部分も
沢山あるけど、ああいう時期に人間関係の基礎を学んだんだな〜
とは思ってるから、私もチャコちゃんもきっといろいろ思いながらも
いい経験になったんだろうな〜と思う^^
ホンネを話せること、いちゃつくことだけが友達ではない、
って部分は私も全く同じように思います。
私はホンネは全く話さないってことはないけど、
全てのホンネを話すことはないし。。。

感謝の心はすごく大切だよね。
同時にスキって気持ちも大切かも、と思う。
友達になりたいっていう時点でもう相手のこと好きなんだけど、
それが伝わらなかったらなかなか相手と意思疎通もできない気が。
大抵は嫌いと思ってる人には嫌われてるし、逆に嫌われた時も
スキになれないしね・・・wそれと一緒かな〜?って。
それと何かを得るってことは我慢も必要ってのもその通り。
変な言い方だけど、犠牲も必要ってことだよね。
| かりん | 2010/08/18 10:17 PM |

>はしばみ2さん
同じ環境だったりすると、長く付き合いやすいよね。
お互いに同じような感覚の場合が多いから。
だからはしばみさんはすごく恵まれてると思う。
お互いにウマが合う友達でも、環境が変わると近くにいても
なかなかそういう付き合いは継続できないもんね。
ほんと友達って大事だよね〜。合唱曲じゃないけど、
友達っていいもんだ〜って大人になったら更に思うw

>kon_kon_konさん
大抵の人はkon_kon_konさんが書いてる通りで、
大人になる過程で学ぶからこういう付き合い方になるんですよね。
ヤマアラシのジレンマかぁ〜。なかなかうまいよね!
トピ主さんは子供の頃と同じ付き合いがしたいっていう書き方は
してなかったけど、要約するとそう読み取れました。
つまりあのトピ主さんは、相手も鉄の皮膚をもってなければ
付き合えないって結論になりますね!
| かりん | 2010/08/18 10:17 PM |

学生時代って結構2人組でいつも一緒!という子が結構いました(女子に多い?)他の子と仲が悪い訳ではないのだけど。私はそういうのが出来ないタイプだったので羨ましかったです。
ただ、そういう風に友達つきあいをしてなかったからか、自然に出来てしまう「派閥」に属することなくそれなりに皆と仲良く出来たのかも。
ベタベタした関係の人は今も昔もいなかったけれど、今も昔も私のことを気にかけてくれて、久しぶりに会えた時はすごく喜んでくれる友人がいるのは有難い…
感謝の気持ちは伝えられる時に伝えなければいけないですね。
って長い上にかりんさんのブログの内容からずれている!
ごめんなさいm(_ _)m
| mhin | 2010/08/19 11:00 PM |

>mhinさん
結構いましたねぇ・・・。
私は残念ながら(?)そういう付き合いは親友ともしてなくて、
トイレ行くのも一人なタイプでした。
仲はよくてもどこでも一緒!って感じでもなかったなぁ。。。
でもmhinさんもたぶん私と似てる感じじゃないかな?
とコメントを読んだ感じでは思いました。
ベタベタなほんとのオンナノコのお友達♪みたいなのはなくても、
きちんと意思疎通のある仲のいい友達がいるから。
いや、むしろ私と私の学生時代の友達とかよりも、
ずっと近い良い関係を築いてるんだなぁ〜と羨ましいです!
感謝の気持ちは伝えられる時に、ってのは友達でも親でも
誰でもそうですよね^^機会があれば伝えて下さい。
そして・・・関係ないコメントじゃないですよ。大丈夫です!
| かりん | 2010/08/20 9:12 PM |

友達の定義を検索して本ページにやってきました。
読んでみてなるほどな〜と思いました。
私も地元を出てから地元友達(小〜高で出会い卒業してもよく遊んでた仲)と疎遠になってしまいました。
地元時代はお互い成人を迎えてるといえど週末に宅飲みし合う程だったのですが、今ではそこまで干渉し合える友人はいません。(地元に戻れば別でしょうが離れてる限り連絡も取り合わなくなった)

ネットフレンドは何名かいて、1度くらいは会ったこともあるのですが当然みなさん社会人で生活もあるし、何より離れた地域なので
たまに会えるような仲には至ってません。
そんな中、こちらでも地元時代のように気軽に会えて、いろんな事を話し合える友人が欲しいと思いつつもできずにいます・・・
(職場にもそういう人がいないので尚更)
社会人となると職場の知り合いか、もしくは恋人や伴侶にそういうものを求めていくのかもしれませんが、共通のコミュニティ(習い事や学校)もなく、かつ職場でも周りと疎遠な環境で友人を探すというのは実に難しいものだと、最近ほとほと感じます。
| sk | 2011/06/05 5:31 AM |

>skさん
友達の定義は人によっても違うので、ここに私が書いたことが正しいというわけではないけれど、きっとskさんも似たような考え方なんだろうなと嬉しく思いました。

ネットの友達はたしかに気が合って長い付き合いの人が私も何人かいるけれど、いくらネット上で毎日会えても距離が離れていると現実のお付き合いはなかなか難しいですよね。

職場はほぼ毎日必ず顔を合わせるという意味では友達のような人は作りやすいけれど、職場という性質上、本当は職場の中で密な付き合いをしてしまうと後々困ることも出てくると思います。

私も習い事もしていないし、趣味でどこかに定期的に出かけるということもないので、職場以外の場所で友達のような人を見つけられることは今のところ皆無です。一週間に一度でも定期的に顔をあわせるような人がいたりするとまた違うのかもしれませんが、大人になってからの友達ツクリは本当に難しいものだと思っています。
| かりん | 2011/06/08 2:55 PM |

レスできません。コメレスなしで
OKな方だけコメントどうぞ。
(2014/7/22〜)









   
コメント本文にURLは入力できない設定になっています。
※ブログやHPをお持ちの方はURL欄に入力して下さい。
コメントの投稿がうまくできない方はコチラ
 
http://love.mania.daa.jp/?eid=989827
TB大歓迎ですが、関連性のない記事及びTBを返せないブログ様のTBはご遠慮ください。
TB送信元にこちらのURLがない記事からのTBは現在受け付けておりません┏○ペコリ
http://love.mania.daa.jp/trackback/989827


ブログ内検索
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728    
<< February 2017 >>

ケータイ用QRコード
一番右上のカレンダーの日付部分またはカテゴリーからもこれ以前の記事に移動デキマス。
今までの記事一覧では、タイトル一覧がランキング形式で見られます





with Ajax Amazon