t: y:
今読んでる人は

踏み逃げ、読み逃げ、ロム専、無断リンク大歓迎


今までの記事一覧
タイトル一覧がランキング形式で

<< セブンイレブンの梅おにぎりの味が好きな人におすすめの梅肉main佐々木希さん、それは歌手ではないと思います >>
ステキすぎる飛行機の客室

ロフトベッドずきな私にはたまらない光景。コレ、飛行機の客室を寝台車のように快適なものにし、なおかつ客数を減らさずに実現する方法のひとつの案らしいです。寝ながら飛行機に乗れるなら、飛行機苦手な私も自ら乗ってみたいと思うかも。

現在のビジネスクラス客数を基準にしているようなので、エコノミーには現実的にも設置されないんでしょうが。いや、そもそもこれ自体まだ実現していないからたぶん将来的にこんなのはどうですか?って話なのかもしれません。

イマイチ説明がよくわからないのは、この写真は海外サイトにあるため。一応自動翻訳機能で日本語にしてみましたが、それだけではよくわからないので曖昧な説明になっています・・・。

このほかにもステキプランが沢山あったのでその一部をご紹介。
こちらは上の客席の一階部分。なんとなく上の方がいいような気がしてくるので、料金も上の席を指定した方が高くなるのではないか?と思ったりしましたが、下は下で隠れ家的な感じでちょっといいかも?

なによりも飛行機の座席にプライベート感があるのがいいですよね。個室ではないけど、簡易個室というか。今でも海外の航空会社などでは個室がある飛行機とかもテレビで見たことがあるけど、とてもあんな料金は出せないわ!って場合もこのくらいなら乗れるかも?と思ったりして現実的なところがまた夢ふくらみますね。


こちらは現在の座席にちょっと一工夫した感じのもののよう。これくらいなら即実現可能では?なんて更に夢見てしまう。でもこれならわざわざ乗りたいと思うほどではないけど、長時間乗らなくちゃいけないならこれすごくいいなぁ、と思ったのでした。

こうして完全に横になれるなら、エコノミー症候群とかもならなかったりするんだろうか?あ!でもこの席もたぶんビジネスクラス用だろうから、エコノミーに乗ったらやっぱりこんな快適ではないのかもしれない・・・。


一枚目の写真の応用系。一枚目のものよりも密度が低いのでゆったりした感じはあるかも。あとは二つの座席と階段がくっついているので、安定してそうなのも一枚目の座席よりもいい感じ。でも・・・これだと全席ベッドにはならないんですね。窓側だと普通の座席なのか・・・。


こちらは個人的にはあんまり魅力的ではないけど、席を交互に上下させることで沢山の座席を入れるという発想なのだと思います。これもやっぱり上の座席の方が料金が高かったりするんでしょうかね?

上記全ての座席のいろんな角度からの写真などは公式サイトで見られます。上に紹介した座席パターン以外もあるので、こういうのを見るのが好きな方はぜひどうぞ。
JACOB-INNOVATIONS, LLC

英語のページなので、私と同じく英語アレルギーの方はクリックするのを躊躇するかもしれませんが、アクセス後に座席写真があるので、見たい座席の写真をクリックすると詳細ページにジャンプできます。グーグルツールバーを入れてる方は、「右クリック→ページ情報→ページを日本語に翻訳」で一瞬で日本語に変換できます。写真だけ眺めていても十分理解できるんですけどね。



でもベッドの場合はシートベルトがどうなっているのかちょっとキニナル。まさか横になった状態でもおなか付近に一箇所だけ??それだとなんでもない時はいいけれど、墜落したり衝撃があった場合はどうなるのかという実験も行われているのかどうかキニナル。

ここ最近は全然飛行機に乗っていないのでわからないけれど、シートベルトって昔と同じなんでしょうか?あの昔の車の座席の後ろのベルトみたいな、おなかに巻きつけるタイプのシートベルト。

理想としてはジェットコースターのようなベルトにして欲しいけど、たぶんそれは無理だからせめて3点ベルトにしてほしい。その方が何かあった時に体がちぎれる確率がさがるのになぁ・・・。



最後にステキ客席繋がりで。こちらの写真の客席もなんかステキです。キラキラしすぎな感はあるけどw実際に稼動しているというところがイイですね。
エミレーツ航空 A380 ファーストクラス

■関連記事■
飛行機の墜落の瞬間【動画】
ステキすぎる飛行機の客室
一生のうちに絶対に一度も聞きたくない音声
JAL123便墜落事故の原因は内部爆破?
JAL123便日航ジャンボ機墜落事故
墜落体験記
飛行機が怖い


この記事のカテゴリ:間取り・家
 
| かりん | 00:01 | comments(27) | trackbacks(0) | |
Related Posts with Thumbnails
スポンサードリンク
墜落したらどうせ死ぬからベルトもいらないかも(^^;
| hir○shi | 2010/07/30 6:33 AM |

こちらは豪華になる方の極みですね…

この前見かけた記事は立ち乗りの飛行機( ̄△ ̄;)

まあ厳密には身体を固定してるのですが…

しかも長時間のフライトには不向きで

近距離での導入が検討されてるみたいです( ~-~)
| ケロケロ軍曹◎携帯◎ | 2010/07/30 7:57 AM |

我が茨城空港に飛来した春秋空港の座席は軽自動車の後部座席並みに
狭いです。
上海往復4000円を売りにしているらしいですが、幾ら安くても
乗り心地が良くなくては…
機内では食事、飲料水のサービスも無いらしいし。


やはり、足を伸ばせるのって輸送媒体としては魅力的ですよね。
| たなくら | 2010/07/30 10:08 AM |

記事の
エミレーツ航空(Emirates Airlines)は、
アラブ首長国連邦のドバイをベースにした中近東の航空会社ですね?

また

立ち席の
格安航空券販売を企画しているのは、
アイルランドの航空会社でダブリン空港とロンドンのスタンステッド空港をハブ空港とする
ライアンエア(Ryanair Airlines)のようです。

| 海鳴り | 2010/07/30 12:59 PM |

自分は窓と座席とシートベルトさえあれば、「あとは何もいらない」という人間です。
但し、“窓側”であればよいという訳ではありません。“窓側”なのに窓が無いという席もありますし、窓の間隔と座席の間隔はまず一致してはいないので、外の景色を見るのに“不自然な体勢”になってしまうような席もあるのでそういう席は避けます(飛行機マニア間ではそういう情報もやりとりします)
その上で翼の付け根よりやや後方の席が“フラップなどの動きがよく見れる”ので自分にとっては最高です。

「あとは何もいらない」なんて謙虚みたいな事を言っておきながら、凄く“注文の多い”客ですね↑

シートベルトに関しては今でも腰の部分だけの2点式ですよ(コクピットは例外)
たぶんかりんさんは飯塚訓さんの「墜落遺体」を読んでいるから、2点式だけでは不十分と感じるのではないでしょうか?
自分は航空会社が日々安全運行に努めているのなら2点式で十分だと思います。
(墜落した場合、多点式でも座席ごとバラバラだと思います)

ベッドの場合もベルトは2点式なのではないでしょうか?
ボーイング747-400の「キャビンクルー・レストルーム」(客室後方上部にあります)の写真を掲載しているところを紹介します。

(英語) http://www.airliners.net/photo/Northwest-Airlines/Boeing-747-451/0816541/
(英語) http://www.flickr.com/photos/21095076@N02/2122663395/
(ど、ドイツ語?) http://www.luftfahrt.net/Forum/viewtopic.php?t=6248

何て書いてあるのかは自分も全然分かりませんが、ベッドのベルトは胸か腰辺りの2点式だと判断します。

寝心地の感想もどうぞ(日本語です♪)
http://yaplog.jp/air-takeoff/archive/21
| トモアキ | 2010/07/30 8:03 PM |

あー、飛行機なんて後回しでいいから、「JRスーパーおおぞら」で誰か実現して下さい!!
| pira | 2010/07/30 9:25 PM |

>ひろしさん
ひどい墜落ならそうだけど、そうじゃない場合は
助かるかもしれないよ!だからベルトいるいる!
あ、あと墜落じゃなくても乱気流で死ぬ場合もあるので、
そのためにも絶対必要なの(ノД`)・゚・。
・・・と、なぜか力説w

>ケロケロ軍曹さん
携帯からとは珍しい!
立ち乗りって究極の飛行機会社の節約術だね。
理屈としてはアリだと思うけど、揺れとかあったら
ちょっと怖いかも。。。

>たなくらさん
えっ!往復で4000円ってすごくないですか??
それなら狭くても乗り心地悪くてもいい!という人いそう。
正直その価格には私ですら目がくらみそうになります。
だって片道2000円ってすごいレベル。
ただね・・・サービスに関しては全くなしでもOKだけど、
安全に関してはその価格では不安かも。
日本との貨幣価値があまりにも違うので、ってことなら
まぁ納得だけど、どうなのかなぁ?って。。。
安全に払う対価なら惜しくないから、安さだけでつられるのも
飛行機に関してはどうかと個人的には思います・・・。

>海鳴りさん
エミレーツ航空については知っていたけど、
立ち乗りは初耳でした。立ち乗りはちょっと勘弁かも。

>トモアキさん
窓側なのに窓がない席はありますねぇ・・・。
それにしてもその席の選び方がまたマニアっぽい(笑)
私ならよく考えずにその場で決めそう。
シートベルトに関してはやはり今でも2点式なんですね。
墜落遺体ももちろん私に大きな影響を与えているのですが、
それ以上に遺族の方が書いていた本にも影響を受けています。
あとは飛行機が墜落しそうな時にしなければならないことが
書かれているサバイバル本にも影響されてます・・・
↑影響されまくり。

日航機の事故のような墜落ならもうどうしようもないけど、
微妙な事故で生死が別れるような事故では、
3点式の方がいいよな。と思う事例とかもあったりして、
3点式でも絶対安全ではないけど、死を避けられるかもしれない
確率が上がるならぜひ導入してほしいと思ってます。
コックピットもそうですが、CAさんもそうですよね←3点式

ところで参考リンク全部今見てきました!
なんかカプセルホテルみたいと一瞬思ったけど、
そう見えるのは外側だけで、中は簡素ですねぇ・・・。
寝心地についてもそうだけど、全然快適じゃなさそう。
それよりCAさんの仮眠時間がたった2時間程度とは。
CAってものすごいハードな職業ですよね。
あ・・・関係ないことに行数めちゃくちゃ費やしてしまった。

>piraさん
ああ!あれで実現できたらすごくいいよね。
でも寝台車自体はあるんだから、おおぞらの中に
あれを組むことは可能ではないんだろうか。
ダメか・・・。
| かりん | 2010/07/30 9:42 PM |

ベッド式のは私も身体の固定が気になりました。今のファーストクラスとかの座席は寝る時どうしてるんですかね?
今まで一度しか飛行機に乗った事が無いので解らない…。

立ち乗りの格安飛行機のニュース、私も見ました。
人の背丈より高い、凄く狭い板の隙間に立っているのを見て、ああ…息苦しい…と思ってしまった。閉所恐怖症気味なもので。
| りつ | 2010/07/31 12:14 AM |

自分はNWのビジネスクラスには何度か乗りました
シートが完全フラットになってほぼ水平まで
リクライニングするのでほとんどベッド状態になりますが
ベルトは腰の部分の2点式でしたよ

離着陸の時はシートの形に戻してベルト着用の指示が
出ますので何か緊急事態が起きたときも同じだと思います
普通に飛んでいる飛行機だったら前後方向のGはまず
かからないでしょうからエアーポケット等の上下の動きと
気流による左右の動きを規制すればいいので
横になった状態でも腰の2点式ベルトでも大丈夫ではないでしょうか

でもかりんさんの写真の最初のシートなんかはシート用と
ベッド用の二つベルトが必要ですね
寝てる間にエアーポケットに入っちゃって寝た姿勢のままで
天井に叩きつけられるなんてしゃれになりませんからね〜

ちなみに747のCAさんは後ろ向きで4点式ベルトです
どこかで旅客機のシートを全て後ろ向きにすれが墜落時の衝撃を
シートバックで受けられるので検討すべきだっての読んだこと
ありますがCAさんの席だけはすでに....
| kon_kon_kon | 2010/07/31 8:28 AM |

世の中には色々な事を考える方がいるものですね。

2段式ベッドの画像見て、思わず重量と強度で、飛行機に設置できる素材は何かって考えちゃいました(^^;

多分、骨組みはチタン、パネル状の所はカーボン系のFRPでしょうか?
正直、エミレーツのA380の内装の方が安いかも・・・。
ということは?運賃も…。

内装と言えば、B787の内装も素晴らしいです。
アラブ系の大型機の様に華美ではないですが、シンプルの中にも先進技術が取り入れられて、いいなぁって思いましたよ。

因みにシートベルトですが、あれ基本的にシートじゃなくて、シートの台座とか機体フレーム等の頑丈な所に付けないといけないので、肩の所からベルトあっても意味ないですよ。
むしろ危険かも…(^^;
車のベルトなんか見ると良く分かると思います。
| あ! | 2010/07/31 8:54 AM |

>りつさん
kon_kon_konさんが書いているように腰の部分二点式みたいです。
私もファーストクラスなんて乗ったことないから
全然わからないです・・・。
立ち乗りはそんな状態の中で乗るんですね。
たしかに圧迫感がひどいかも。
普段酔わないような人でも酔っちゃいそうですね。

>kon_kon_konさん
NWがよくわからないけれど・・・。
でもベッドタイプなんですね。
そしてベルトはやはりCAさんの仮眠室と同じツクリなんですね。
ベッドタイプシートならベルトは一本でいいけど、
ロフトベッド式ならふたついりますね。
CAさんの座席含め乗務員だけは別ですよね。
たしかにCAさんだけが亡くなって乗客ばかりが生き残った場合、
ダレが誘導するのか?という問題もあるので納得ですが、
そこだけ出来るなら全席することだって可能じゃないかと思ってしまいます。
それが素人考えなのかもしれませんが・・・。

>あ!さん
そこを考えるとはさすがです。
運賃はこんな写真のようになったら高いでしょうね。
そして肩部分からベルトは座席から出ていれば意味がないと
私も思います。だから何か違う方法で3点式をぜひ!
と思っているのですが。。。CAさんたちのあのベルトは
まさか座席から出てないですよね・・・。
| かりん | 2010/07/31 6:25 PM |

NWは今はなきNorthWest航空です〜
Deltaと合併してなくなっちゃいました

成田ーデトロイトの直行便を運行してたのが
NorthWestだけだったのでいつも利用してました

ちなみに去年新型インフルエンザの乗客が
国内で初めて確認されたノースウエスト航空25便は
自分がいつも帰ってくる時に乗ってた便です...
| kon_kon_kon | 2010/07/31 9:07 PM |

>kon_kon_konさん
NorthWest航空ってなくなったんですか!
全然知りませんでした。。。
新型インフルのあの盛り上がりようはひどかったですよね。
そしてあれはノースウエスト航空だったのか・・・。
どの航空会社かなんて全然知らないまま見てました。
教えてくれてありがとうです^^
| かりん | 2010/07/31 11:38 PM |

かりんさん、いつも楽しく読ませていただいています。

3点ベルトのシートベルトは すでにキャセイパシフィック航空(CX)の ごく一部の機材に採用されています。そして、エコノミー(Y)クラスやビジネス(C)クラス、ファースト(F)クラスの3つのクラスともに3点式のシートベルトが採用されています。

CとFはフルフラットのシートで、エコノミーは座席の背もたれが後方に倒れないため、後の座席人に迷惑がかからないなど、なかなかのものですよ。(背もたれが前方にスライドします。)

もし、かりんさんが海外に行く予定がありましたら、方面や路線の情報があれば、機材を調べて、コメントにてご返事させていただきますよ。
(いわゆる「当たり」の機材の就航都市や便名の大体把握しています。)

ところで今後、プラスチック製の飛行機が続々就航する予定なので、非常に怖いです。個人的には乗りたくないですね。

なお、さらに詳しく知りたい場合、
GOOGLEで「三菱リージョナルジェット 787 350XWB」というキーワードで検索すれば、いくつものサイトがヒットするはずです。(ご参考まで)

それでは
| 佐藤 貴昭 | 2010/08/02 7:22 AM |

>佐藤 貴昭さん
おぉ!既に採用されてるんですね!
しかも素人の私にもわかりやすい説明で・・・ほんとにありがとです。
シートが後方に倒れずに前にずっていく(?)のはいいですね。
それだと気兼ねなくシート倒せそう!

しかも機材を調べておすすめを教えてくれるってすごいな、佐藤さん・・・
そういう知識は皆無なのでぜひお願いしたいところですが、
残念ながら海外どころか国内ですら飛行機に乗る予定はありません。
ありません、というよりも避けまくっているという現実orz
詳しくは飛行機系の他の記事を見ていただければわかるのですが。
(そんなの興味ないか。)

でもプラスチックの機体かぁ・・・。
今の機体でもなんか構造がよくわかってない私には怖いけど、
今まで沢山の飛行機が飛んでいてなんともないから、
という過去の積み重ねがあってちょっと安心しているけれど。
プラスチックなんていう未知のものだときちんとしている
ものだとしてもそれだけでなんかとてもコワイです。
それがスタンダードになって何十年か経ったら、
きっと私も怖くなくなるとは思うのですけれど。
でもそしたら私もうおばあちゃんじゃ・・・(笑)
| かりん | 2010/08/02 11:42 PM |

かりんさん、早速のご返事ありがとうございます。

●早速ですが、「シートが後方に倒れずに前にずっていく(?)」についてご説明いたします。(笑)

シートの背もたれとシート本体が独立した構造で、シート本体がシートの背もたれに対して、下のほうにスライドしていくのです。

詳細はキャセイパシフィック航空のWEB SITEをご覧くださいませ。
---------------------------------------

●「プラスチックがスタンダードになって何十年か経ったら、
きっと私も怖くなくなるとは思うのですけれど。」

私はこれだけは乗りません。何年たっても。
理由は上空の紫外線や宇宙放射線が地上よりも強く、プラスチックの場合、紫外線や宇宙放射線による経年劣化が起こるためです。

また、金属とは異なって非破壊検査などで劣化状態を探知することが難しいのです。まだほかにも乗らない理由がありますが、割愛。
-------------------------------------

●さて、飛行機の記事はかなり以前に読ませていただきましたよ。私が前にブログをやっていたときに...。(遠い目...)


ですが、飛行機が怖いといっても事故の確率は低く、自転車や車のほうが圧倒的に危険です。

それよりも、海外ならではの景色やそこでしか食べられない物、気候風土、それに素晴らしい人との出会いなどを すべて ほんのわずかの無視してもよい砂粒程度のリスクのために、素晴らしく かけがいのない機会を逸してしまうのは、あまりにも勿体ないな....と思うのは私だけではないと思います。

かくいう私も、飛行機が怖かったんです。最初のころは乗るたびに手に汗状態でした。

しかし、海外でのすばらしい感動体験の数々に比べれば、そのようなことは どうでもよいことだと思えてきますよ。

また、場所によっては長時間の搭乗や直行できない都市では乗り継ぎ時間の面などから、体力のある若いうちでないと行くことが大変な場所もあります。ですから もし、そのような国があるとしたら、できるだけ早めに計画を前倒しにしてまでも行ってみることを強くお勧めします。


ところで かりんさんは今まで、海外へ行ってみたいと思った国などはありますか?。

それでは
| 佐藤 貴昭 | 2010/08/03 7:00 AM |

>佐藤 貴昭さん
さらに詳しい解説ありがとうございます。
シートについては見てきました!
そっか、ああいう風になっているのか!と画期的でした。
プラスチックについても・・・経年劣化を考えたら
最初に乗る方が逆に安全なのかも??
でも最初は最初で何か不具合があるかも??
と考えたらたぶん乗れませんね(笑)
あとは運にまかせるか乗らないかしかないかも。
ところで佐藤さんは以前ブログを運営されてたんですね。
しかもかなり前から読んでいただいてるようで・・・。
本当にありがとうございます^^

海外に行くことで体験できる貴重なことについては
私も佐藤さんと同じようなことを思ったりもします。
私の場合、飛行機がネックということにひっかかりは感じてますが、
実はそれ以外にもひっかかる部分があります。
ひっかかる、という言い方はおかしいかな・・・。
以前旅行好きの友人と平行線のまま終わってしまった議論でも
あるのですが、私は旅行というものに価値を見出せない寂しい人なのです。
旅行に行くと交通手段が何であれ必ずお金がかかりますよね。
そこにお金を使うなら他のことに使いたくなる、という人種です。
それに飛行機嫌いが加わってますます遠くに行かなくなりました。

旅行好きの友人にも何度も言われましたが、目に見えるものだけが
価値ではない、そこに行かなければわからないことが沢山ある、
ということがあるのも頭では理解しているのですが、
私が自宅で普段通りの生活をするということも、私の中での
時間の使い方ということでお金がもったいないから、
というよりも時間がもったいないからというのも大きいです。
たぶんこれは旅行に行くと必ず普段のリズムが崩れて、
非日常から戻ってくる時のリスクが大きいからです。
↑わかりにくいので端的に書くとリズムが狂うと体調を崩したり、
眠れなくなったりという状態になって自分がツライです。

だから旅行大好きでいろんなところに行っている友人を見ると、
どんなリズムになっても同じように生活できるその体が羨ましい。
とかおかしな方向に羨ましくなったりします(笑)

だから強く海外に行きたいと望んだことはありません。
でも行きたいなと思った国というか、場所はNASA!
スペースシャトルを見てみたいです。
でも今一番行きたいのは長崎と大阪です。
| かりん | 2010/08/03 10:40 PM |

かりんさん、こんばんは

旅行にお金がかかるのは ある程度仕方がありませんね。ただ、最近はマイルというポイントシステムがあり、クレジットカードで公共料金や買い物の支払いをするだけで、無料の特典航空券というものに交換ができたりもします。

こうして、普段は乗ることができないビジネスクラスやファーストクラスにも乗れたりします。もちろん無料で!!。

また、生活リズムはサーカディアンリズムというものがあり、旅行によりリズムが影響を受けることもあるかもしれませんが、これは個人差や時差の有無などにも左右される部分も大きいですね。

体調を崩されたくないお気持ちは理解しました。

ところで、体調と関連のある健康についてですが、居住地域の環境を知ると役に立つこともあります。

たとえば、GOOGLEで「大気汚染の世界地図」と検索すれば、NASAによる地球の大気汚染の分布状況が一目瞭然ですし、

同じくGOOGLEで「地磁気 宇宙放射線」と検索すれば、日本の中で放射能値の最も高い地域を示した地図や病気の罹患率との関連を示す疫学調査データなども見ることができます。

こうしたデータをみると居住地域によっては飛行機事故に遭う確率よりも癌に罹患する危険性が高いということもありそうですね。

---------------------------------

ところで、NASAへ行ってスペースシャトルをみたいとは.....。珍しいですね。(失礼)
アメリカの入国審査は辟易(へきえき)するという意見も多いので、個人的にはお勧めしませんが....。

長崎と大阪についてですか、どのあたりに魅力を感じますか?。
今後の旅の参考までに お聞かせいただけるとありがたいです。

ちなみに私の場合は飛騨高山など日本の古民家や古い町並みが残されているところが好きです。

それでは
| 佐藤 貴昭 | 2010/08/03 11:27 PM |

>佐藤さん
なんかスミマセン・・・。
せっかくアツク語ってくれてるのに私が旅好きではなくて。
どうもこれは外に出るより家にいるのがすきとか
そういう系統の好みの部分も大きいかもしれません。
以前旅好きの友人とそういう話になった時も、
私の好みの部分は変える事ができずに平行線になりました。
佐藤さんにも書かれたけれど、私はちょっと趣味が変わっているようで(笑)
シャトルについては珍しくもないかも?と思ってたけど、
これも珍しいんですね。これには自分でビックリ!
たぶん以前ブログにコメント頂いた方が新婚旅行でシャトルを見た
という話を書いていたので、私だけじゃなかった!と思ってたのかも。
考えてみれば、変わった趣味の私が書いてるブログに
共感してくれる方が多いので、自然と似たような方が
周りに集まっているのかもしれません(汗

・・・と、なぜ変わっていることを長々と書いたかというと。
ここから佐藤さんの質問に答えるのですが、たぶん参考に
ならないのではないか?ということを伝えるためです・・・

長崎と大阪ですが、私の場合の行ってみたいは町並みを感じるとか
そういう趣のある楽しみで行きたいと思うことが皆無なので、
本当に佐藤さんには参考にならないと思います。

まず長崎に行きたいのは軍艦島に行きたいから。
ここはもう私の中で絶対に行きたいスポットです。
ついでに長崎までいけばたぶん広島も行くから。
広島の原爆ドームも絶対に行きたいスポットなのです。
大阪に関しては佐藤さんのように、素晴らしい旅を沢山
している人に書くのは恥ずかしいのですが・・・。
USJに行きたいからですorz
| かりん | 2010/08/03 11:41 PM |

熱く語ったつもりはないのですが.....。

どうして海外について、こんなに長く?。って不思議に思ったことでしょう。これには少々わけがありまして、これから、そのわけを説明します。

かりんさん、突然ですが流れ星は興味がありますか?。

私は2001年しし座流星群をはじめてみた時の感動が忘れられません。

私は最終電車で山梨県の小淵沢に向かい、近くの篠尾踏切の前に寝袋の中より、一晩中、夜空の天文ショー見ていました。
いやー、すごかったです。幾千もの流れ星がまるで雨のように降り注ぐ様子(流星雨)は圧巻で、時には火球といって、とても明るい流れ星もあり、流れ星の明るさで一瞬、影ができるほどでした。
眼からも自然と感動の光る流れ星が........。

とにかく、この世のものとは思えませんでした。

前置きが長くなりましたが、その流星雨が2011年の10月に見られる可能性があるのです。で、その場所なんですが、ヨーロッパなんですね。
残念ながら日本では流星雨の出現時刻が昼間に当たって見ることができないそうです。

私はこのために今、一生懸命マイルを貯めています。

飛行機が怖いなんて言ってられません。
でも、万一落ちてしまったら....。私自身も夜空の流れ星となるのも悪くない...。(って、そんなわけないです!)

と、このようなわけもあったのです。初回のコメントの際に最初からに説明すればよかったんですが....。

ところでかりんさん、どうでしょうかね、流れ星。

とにかく、一生のうち一度は見ておいても損はない。いや、ぜひとも見ていただきたいと強く推奨します。

★GOOGLEの画像検索で「しし座流星群 2001年 写真」「しし座流星群 2001年 火球 写真」などで、すばらしい写真が たくさんヒットしますよ。

----------------------------

●軍艦島はテレビで見て面白いと興味がわきました。しかし、時間や予算の関係で、実現するのはいつになるやらです。

●広島はウラニウム爆弾、長崎はプルトニウム爆弾という、どちらも核兵器に攻撃された都市ですね、これは小生も はだしのゲンを映画館で見て、当時は大いに衝撃を受けました。
しかし、実際に見に行くとなると、勇気がありませんでした。

原爆資料館に行けばウラニウム(ウラン:英語ではユーレイニウム)とは人間を含めた生物の死をもたらす幽霊ニウムともいえる恐ろしい物質だということも、より実感できるはずなんですが...。

広島や長崎も行く価値はあると思うと同時に青森県の六ヶ所村で一体どのようなことが行われているのかということも、対岸の住人として知っていても損はないと思いますが いかがでしょうか。

----------------------

それでは
| | 2010/08/04 7:13 AM |

>佐藤さん??
ななしさんだけどたぶんそうですよね(笑)
アツク語ってくれたんじゃないんですね。
理由を聞いて納得しました。
流れ星どころか宇宙全体に興味ありありですよ、私。
しし座流星群も見ました!山の中で車を停めて。
流星群は毎年その時期になると空を見上げてます。
佐藤さんが見たような大きな?流星はなかなかないけど、
そこそこは毎年見えます^^←天気がよければだけど・・・。
佐藤さんはそれを目指していたんですね。納得です。
でもヨーロッパは遠すぎる〜!
私は日本で小さな流星群を見てます・・・。

六ヶ所村というキーワードは初めて知りました。
でもぐぐってみたら知ってる事柄でした。
私は函館にも長いこと住んでいたので、ちょっと気になります。
・・・が、見に行くのは躊躇われるかも。
なんか危険なイメージしかなく。
これ、何かあったときは最悪日本全体にダメージですよね。
んー・・・
| かりん | 2010/08/04 1:39 PM |

かりんさん、こんばんは

↑の投稿は私です。投稿の確認画面で書き直した際に名前の入力を悪れてしまいました。(「戻る」をクリックすると、コメントの本文は残るのですが、名前が消えてしまうのですね。うっかりミスです。)
------------------------
●ところで、六ヶ所村からは原発1年分の放射能をわずか1日で排出していることから、健康への影響が懸念されています。であると同時に、活断層が直下に存在していることから地質学の専門家などからも懸念の声が上がっています。

私もそれらのことを大変憂慮しています。

詳細はGOOGLEで「地震 分布 地図」「原発震災」のキーワードなどで検索すれば、日本が地震大国であることが一目瞭然です。

-------------------------

●しし座流星群は今まで歴史上も大出現がありましたが、2001年-2002年が最後の大活動のようです。

2011年に大出現するのは別の彗星による流星群です。

日本では大出現は昼間のため、夜になるころまでには、天文ショーが終わっている可能性が高いと予測されていますので、首が痛くなるだけで終わってしまう可能性が高く、別の流星を見た方が見ごたえはあると思います。といっても1時間に数個から数十個程度で、
1時間に数百から数千、数万というのは私たちが生きているうちには2011年が最後になり、残念ながら無いそうです。

私たちの一生は星の世界の時間からすれば、ほんの一瞬の瞬きのようなものなのですから...。

このよう天文ショーが一生に2度も見れるとは....宇宙も粋(いき)な演出をするなって思います。

それでは
| 佐藤 貴昭 | 2010/08/04 10:44 PM |

>佐藤さん
流星群に関しては大きなものを目指してみにいくのはステキですね^^
私はさすがにヨーロッパは無理です・・・w
↑これに関しては前回のコメント通りでたぶん平行線になります。
生きているうちに最後というのは残念だけど、
普通の流星群を見て満足することにします。

六ヶ所村に関しても私も思うところはありますが、
記事本文からかなりずれてしまうので割愛します。

それと、私は永遠にコメントがあるとコメレスをつけつづけるので、
私のコメントへのコメレスはしなくて大丈夫ですよ^^
あまり長く同じ記事でやりとりをすると、
だんだん記事の内容から趣旨がずれたコメントになってしまって
メールのやりとりのようになってしまいます。
ここのコメント欄も検索エンジンに拾われてしまうので、
見当違いな検索結果となってしまいます(汗
また何か記事について思うところがあったらコメント下さい^^
| かりん | 2010/08/04 11:35 PM |

寝台車に憧れる&飛行機に乗ったことがないのんさんとしては、寝ながら乗れる飛行機ってのはなかなか面白いことを思いついたもんやな(^-^)と思います。
確かに、寝てればエコノミークラス症候群の心配はそんなになさそうだし…(;^_^A
あとは、乗ってる時に墜落したらどうするか…ですが、飛行機に乗った時点で密室に入ったも同然だし、じたばたしたところで落ちる時は落ちると思うので(実際はきっとオロオロジタバタするのかもしれないけど、今この時点では)飛行機と一緒に一蓮托生と思い切って身を任せると思います。ちらっと奇跡を祈りつつ(T_T)

全然関係ないけど、個人的には、いちばん行きたいのは沖縄、それと北海道かな。前者は青い空と青い海(爆)あとネーネーズゃりんけんバンドを生んだ(安室奈美恵やスピードとかも)土地であるので、色々沖縄音楽&文化を見てみたい。あ、何より首里城!!(爆)
後者は、有名な時計台とか、クラーク博士の像とか…あと何か、北海道に行ったらこれだけは絶対見とけ!!(^O^)ってとこ、どっかご存知ないですか?無知ですみません(>_<)

携帯は、未だ戻らず(T_T)
ただ、最初に借りた代替器があんまりにも調子がよくなくて、ストレスがたまりまくってたので(>_<)昨日講習の昼休みに、ショップに行って今度はN-06A(シルバー)に換えてもらいました。
だいぶ快適になったよ(T_T)
でもやっぱり、使い慣れた携帯のがいちばんいいけどね(^.^)b

MY携帯カムバック!!(絶叫)と叫んでおいて、わけの分からんコメントを締めますm(__)m
| のんさん | 2010/09/09 10:08 PM |

>のんさん
エコノミー症候群の心配は完全じゃないかもしれないけど、
かなり解消されますよね!私もこれできたら乗ってみたいです。
問題はね・・・運賃ですよね・・・。
たぶんビジネスクラス以上に高いだろうし。
勝手な予想ですが。

沖縄は一度も行ったことがないので私も憧れます。
私の場合は戦争遺跡の方に興味があるのですが(汗
北海道は広いので、ここ見とけ!ってのは難しい。。。
札幌周辺に行くなら、ちょっと足を伸ばして
熊のサファリパークに行くといいかも。
ベアマウンテンという場所なんだけど、
私が行ったときはかなり感動しました。
たぶん日本唯一の熊専門サファリだと思います。
でも冬はやってないんだけど・・・。
| かりん | 2010/09/10 12:04 AM |

そういやそうだ<運賃

すっかり忘れてたよ…orz


普及(するのかどうかはまだ未知数なわけだけど汗)したら、お手頃なお値段で乗れるようになるのかしら。
せめて、いっぺんは寝台車に乗ってみたいなぁと妄想しつつ…(爆)
| のんさん | 2010/09/10 1:35 AM |

>のんさん
運賃は考えるだけでちょっとコワイ。
ものすごく普及したらだんだん安くなりそうですね^^

でも寝台車ってたしかだんだんなくなっていくのでは
なかったでしたっけ?あんまり詳しくないのだけど。
私は寝台車は二回乗ったことがあるけど、
アレはなかなか楽しかったですよ〜。
でも眠れない人はキツイかも。
かなり長い時間乗りますからね・・・。
私は北海道から東京に行ったからだけど。←二回とも(笑)
| かりん | 2010/09/10 7:12 PM |

レスできません。コメレスなしで
OKな方だけコメントどうぞ。
(2014/7/22〜)









   
コメント本文にURLは入力できない設定になっています。
※ブログやHPをお持ちの方はURL欄に入力して下さい。
コメントの投稿がうまくできない方はコチラ
 
http://love.mania.daa.jp/?eid=989807
TB大歓迎ですが、関連性のない記事及びTBを返せないブログ様のTBはご遠慮ください。
TB送信元にこちらのURLがない記事からのTBは現在受け付けておりません┏○ペコリ
http://love.mania.daa.jp/trackback/989807


ブログ内検索
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>

ケータイ用QRコード
一番右上のカレンダーの日付部分またはカテゴリーからもこれ以前の記事に移動デキマス。
今までの記事一覧では、タイトル一覧がランキング形式で見られます





with Ajax Amazon