t: y:
今読んでる人は

踏み逃げ、読み逃げ、ロム専、無断リンク大歓迎


今までの記事一覧
タイトル一覧がランキング形式で

<< すぐに住人が変わる一軒家。その理由はmainもったいないとかそういうことじゃなくて。 >>
サボテンと蜃気楼
今まで初音ミクオリジナルソングは「みっくみくにしてやんよ」くらいしか聴いたことがなかったのですが、この間の記事で書いた「大丈夫」のPVのイラストにすっかりはまったので、KNOTSさんの動画をyoutubeやニコニコで沢山見るようになり、その中にミクオリジナルソングも多数あったのでイロイロと聴くようになりました。(今のとこKNOTSさん限定ですが。)

個人的にガチャガチャな曲は好きじゃないかも?と思っていたのに、ボーイミーツガール(結婚してるのに好きな人ができてしまう歌?)を何度も聴いてしまったりしているのもビックリなのですが、それよりもこの曲にはちょっと思うところが・・・。

サボテンと蜃気楼

この曲は作詞作曲PV全てがKNOTSさんのもの。曲を聴いただけではきっと意味がよくわからない作りになっていて、私はPV動画を見て理解しました。そして後半部分がかなり悲しい感じで。

たぶんこの舞台は病院ではなくホスピス。どんなに同じような年齢の人がいても、患者さんは必ず近いうちに死んでゆく人。そんな中で働くナースの心はどんどん閉じていきます。誰かとお別れになっても悲しくないように。そのうちに誰かとお別れしても涙が出ないほどになったのだけど・・・。一人の青年と出会ってそれまで閉じていた殻がとけていく。

という歌なのだと思うのだけど、これってハッピーエンドなのか疑問に思います。最初に見た時はハッピーエンドだね!と一瞬思ったけど、彼は既にこの世にいないわけで。彼がいなくなってから昔心に持っていた気持ちを思い出した彼女もこれからきついだろうし、生きている間に彼女に気付いてもらえなかった彼もなんか悲しい感じだし・・・。

そして後半部分の歌詞に沢山出てくる「忘れていたあの二文字」が一体なんだろう?と思いながらずっと見ていたけど、これに関しては平凡だな〜という感想で。できれば最後に種明かしなしの方がいろいろ想像できてよかった気がします。

でもこの気持ちを思い出してしまった彼女はこれからナースを続けていけるんでしょうか。なんとなく死に向かい合う仕事をしている人と考えると、お別れが来ても涙もでない強いからだの方が仕事を続けていく上では楽なような。毎回毎回凹んでたら精神的に苦しくなりそうです。

これも全て誰かが作った話なんだから、こんな風に真面目に考えるのはおかしいといわれればそれまでだけど、ドラマでも小説でも歌でもなんでもとりあえず主人公の気持ちになって想像してみる私にとっては、この曲はちょっと衝撃的でした。

PVも何度も見ていると、最初の頃はロビーに沢山いた弾き語りを聴いている患者さんたちが徐々に人数が減っていったり、最初の頃に彼が飛ばしていた紙飛行機を冷たく彼女が捨てる場面が実は伏線で、彼が亡くなった後にゴミ箱に沢山捨ててあった紙ヒコーキの裏に書いてあることに気付くとか、彼が書いた彼女のイラストは笑顔を見せたことのないはずなのに笑顔の彼女ばかりとか、書いてあるイラストが手が震えてだんだんヘタになっていっている様子とか・・・。よく見ればみるほどツボポイントが多くて何度も見てしまいました。

KNOTSさんのPVの作り方は本当に上手です。この曲もPVがなければたぶん私には半分くらいしか伝わらなかっただろうなと思います。

ニコニコでコメントを読みながら聴きたい方はこちら


この記事のカテゴリ:音楽漫画娯楽
 
| かりん | 00:01 | comments(15) | trackbacks(0) | |
Related Posts with Thumbnails
スポンサードリンク
さっそく聞いてみますた。
うん、
1:もう少し絵が上手ければ
2:「いつも何度でも」級にミクが調教されてれば
「みんなのうた」とかで紹介されて歴史に残るナンバーになってた鴨。

ちなみに俺様の解釈は
「見送る悲しみに絶えられないから心を閉ざしてたサボテン」
 →→
「受け入れる強さを(少しだけ)彼のお陰で取り戻した→辛くても心を開く覚悟がホンの少しできた(かも知れない)」
.....ぐらいな感じですかのう。
| はしばみ2 | 2010/06/25 1:50 AM |

ケータイ小説に「サボテン」「蜃気楼」それぞれの立場からの小説がありますね。
歌詞に肉付けをしたものだけれども…
蜃気楼SIDEには、この曲の歌詞を少し変えた、蜃気楼Verもありました(歌詞ですよ)

自分も小説とか読むと「入ってしまう」ほうなので、結末がちょっと…ね。
| たなくら | 2010/06/25 4:37 AM |

なんだか悲しげな歌やね・・・
| hir○shi | 2010/06/25 8:01 AM |

ミクオリジナル曲、けっこう好きなのがありますが「サイハテ」もおすすめです。特にカバーバージョンのほうが私は好きですね。曲調は明るいのにちょっと悲しい歌なのでポップ・レクイエムと称されてますが、本当にいい曲。

これらの名曲が初音ミクがきっかけになって生まれた曲なのだとしたら、それだけでも彼女?の存在意義はあるのではないかと。

一部マスコミが発売当時かなり歪んだ報道したせいでオタク文化の象徴のように思われてるけど、オリジナル曲を聴いたら考えが少し変わってくれるんじゃなかろうかと思う今日この頃。
| わふわふ | 2010/06/25 9:06 AM |

>はしばみ2さん
たしかに1も2もその通り。
ただ絵に関しては私がファンになったことで
絵の雑さは全然気になくなり、むしろこの方がこの方らしい。
とさえ思ってしまうという。恋も盲目に似てると思う。
たしかに最初は絵がもうちょっときれいだったらな。とか思ってたのに。
そしてはしばみさんのような解釈もあるんだなと。
そういう捉え方だと前向きでいいですね。

>たなくらさん
ケータイ小説まであるんだ!
蜃気楼の立場で歌った動画も見たけど、
たなくらさんの言っているとこでは歌詞のみということなので、
たぶん別の方が考えたものなんだろうな。
でもこれが元になって作られた小説なら
たしかに結末がちょっと・・・だね。

>ひろしさん
うん、悲しいよね。。。

>わふわふさん
サイハテ聞いてきました。
すごくいい曲ですね!曲調も明るいし。
でも内容がまた。そのギャップがいいのかも?
ミクの存在意義はでかいと思います。
今でこそミクの後継者的なものも出たけど、
これが最初に出たときは画期的だったでしょうね。
私はミクフィーバーが来てから知った派で、
ミク使いの立場になることはないのでその画期的な驚きは
味わっていないのだけど・・・。
でもこれがオタク文化と思われるのちょと違いますよね〜。
素晴らしい技術の結晶だと思う!
| かりん | 2010/06/25 10:18 PM |

彼女は看護師を続けていくと思いますよ。
そして棘のあった頃より、もちろんその前の棘を持つ前の頃よりも、もっと強くて良い看護師になります。
命との別れの辛さを耐えながらでないと、命を扱う仕事は本当の良い仕事ができないんです。
と、生き物の命を扱う仕事をしていた自分が言ってみる^^
| りつ | 2010/06/25 11:52 PM |

>りつさん
なるほど。つまりこれは彼女が本当の(?)看護婦さんになった。
という仮定の歌という風にも捉えられるんですね。
そういう風に考えるとやっぱり前向きな歌なのかもしれませんね^^
それでもやっぱり普通に考えるとつらいけど・・・
| かりん | 2010/06/26 12:21 AM |

いかん・・・号泣。
子どもが外に出てて良かった。
自分が病人だからかなぁ。
なんか途中で涙が出て止まらなくなってしまったよ。
思い出したらまた止まんなくなってきちゃった。
何度もみるよ。きっと。
涙と鼻水でえらい顔になってしまった。
| ひよ | 2010/07/06 5:23 PM |

>ひよちゃ
号泣しちゃったか・・・。
でも、なんかわかるけど。。。
私もこれと大丈夫はヘビーローテしてます。
今は車の中で聞いているほど。
ひよちゃに気に入ってもらえたみたいで嬉しいです。
いや・・・迷惑かけちゃったのかなorz
| かりん | 2010/07/06 7:46 PM |

気に入ったよー。

手が震えて絵が下手になるところとか。
私も副作用で手が震えることあるんだけど、あんなふうに逆の手で押さえるもんね。
思い通りにからだが動かない(止められない)のは怖い。
そんで好きな人の絵をいっぱい描くところとか。
私も身体的な疾患だけなら、最後まで気丈でいられるだろうか?笑っていられるかな。
蜃気楼側に共感するところと(ちなみにこういう男の子はめっちゃ好みです)。
自分の心を守るために刺を身につけるサボテンみたいな、そういう面が私にもたくさんあったから、こっちにも共感するところと。

子どもに見せてもわかんないみたいで、説明しようとして「これはこの男の子がっ・・・う(会話不能状態突入)」と、結局解説できないままに一人で何度も号泣しまくってましたw

いい曲だよね。絵も私は好きだな。
最後は悲しいけど、逆に本当の意味で強くなれると思う。

最近の火葬を考えると棺に眼鏡(不燃物)を入れるのはダメではないかと、泣きながらもそれだけが気になったのでした。
| ひよ | 2010/07/07 10:22 AM |

>ひよちゃ
なるほど。どちらにも共感してしまったから、はまってしまったんだね。
こういうの共感できたり、理解できたときってはまるよね。
子供にはまだなかなかこれを理解するのは難しいかな。
私も子供の頃だったら絶対理解できなかった気が。
そして、絵は私も大好きで。
だからknotsさんの動画は全部見てます。
絵がみたいから。ツクリがとてもいいんだよね。
大丈夫ですごくはまって、これでやられたという感じ。

火葬の場合はメガネダメだよねw
でもこの動画の世界ではどうも土葬のようなので、
たぶんそれは大丈夫なんだと勝手に納得してたw
| かりん | 2010/07/07 10:30 PM |

気になったのでコメします。


この歌の公式歌詞では最後の二文字
の表記はありません。
だからきっと最後の二文字は自分たち
リスナーの答えではないのでしょうか?

私自身は愛でも十分いいと思いますが、
かりんさんはどう思ったのでしょうか?


歌にはそれぞれの解釈があっていいと思います^^

私もこの歌が大好きで、
初めてみた時は号泣しました(笑)

多分このコメは読まれることは
ないだろうと思われますが、気になったので
コメしました><

今さらなコメどうもすいませんでした。
| ななし | 2010/10/12 7:15 PM |

>ななしさん
たしかに公式歌詞ではないですね。
つまりそこは音源では「あい」になってるけど、
好きなように思ってねってことなのかもと
ななしさんのコメントで思いました。

だけど、私はどう思ったか?と聞かれたら
こう思ったよ!っていう明確な二文字はないです。
たぶん音源でも表現されないまま終了して欲しかったのかも。
だけど、製作者からすると最後の「あい」がなければ
この終わり方はできなかった訳で、こうするしかなかったのかな。
作品としてはこれですごく素晴らしいので、
最後に言葉を入れないわけにはいかなかったのかもですね。

それとどんなに昔の記事についたコメントも必ず読みますよ〜。
そしてそれがどんなに後からついたコメでも嬉しいです^^
本当にコメントありがとうございました。
| かりん | 2010/10/13 9:36 AM |

まさか返してもらえるとは・・・・
ありがとうございます^^

そうですね・・・音源でもなしの方が
いいというのもわかります。
私はありきたりでも「あい」という言葉は
もっとも深い言葉だと思ってるのでこれでいいと思ってます。

この歌知ってる人少ないので
いろんな意見が聴けてうれしいです><

こんなコメ読んでいただきありがとうございました。
また見に来ます^^ありがとうございましたm(__)m
| ななし | 2010/10/13 7:00 PM |

>ななしさん
そんな・・・!コメントいただけてありがとうございますと
私がいう立場なのに、ありがとうなんていわないで下さい^^

「あい」という言葉は最も深い言葉というのは、
私もつい最近理解しました。
知ってるつもりでも知らないことも多いですね。。
この歌を知ってる人はたしかに少ないですよね。
それで、私もいろんな人の意見を聞いてみたくて
こうして記事を書いてみたのでした。
また気が向いたらいつでもどうぞ^^
| かりん | 2010/10/13 9:47 PM |

レスできません。コメレスなしで
OKな方だけコメントどうぞ。
(2014/7/22〜)









   
コメント本文にURLは入力できない設定になっています。
※ブログやHPをお持ちの方はURL欄に入力して下さい。
コメントの投稿がうまくできない方はコチラ
 
http://love.mania.daa.jp/?eid=989763
TB大歓迎ですが、関連性のない記事及びTBを返せないブログ様のTBはご遠慮ください。
TB送信元にこちらのURLがない記事からのTBは現在受け付けておりません┏○ペコリ
http://love.mania.daa.jp/trackback/989763


ブログ内検索
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728    
<< February 2017 >>

ケータイ用QRコード
一番右上のカレンダーの日付部分またはカテゴリーからもこれ以前の記事に移動デキマス。
今までの記事一覧では、タイトル一覧がランキング形式で見られます





with Ajax Amazon