t: y:
今読んでる人は

踏み逃げ、読み逃げ、ロム専、無断リンク大歓迎


今までの記事一覧
タイトル一覧がランキング形式で

<< エレクトーン奏者maruさんの魅力についてmain皆どこかで繋がっている >>
樺戸郡って読めますか?
実はつい最近ものすごいビックリした出来事があります。

去年から始めたバイト。そのバイト先に私と同じ時期に入社した同じバイトの方がいます。その方を仮にZさんとします。Zさんは同じ時期に入社したことで会社側からも何かと二人ひとまとめに扱われてきました。私はZさんを好きだと思っていたし、私にとってはそれはいやなことではありませんでした。(念のため・・・Zさんは女性です)

でも年末が近づいた頃、Zさんに「Zさんは実家に帰るの?」と聞くと、「今回は帰らない」という返答でした。何も思わずに話の流れで「Zさんの実家はどこなの?うちは根室にあるんだ」と話したところ、Zさんの答えは驚きのものでした。

「ここから車で4時間くらいのとこだよ」

地名じゃなくて距離で言われた!ということに軽いショックを受けた私。なんとなくこちらも実家の場所を言ったので、Zさんも地名で答えてくれるんじゃないかと思っていたけど、たぶん私には言いたくないかZさんの中で何か言いたくない理由があるのか、とにかく深くつっこんではいけない。と思った私は「そうなんだ〜」と流してその時は終わりました。なにしろ当時はまだ知り合って数ヶ月ですからね・・・。仕方ないかなと。
でもZさんのことがスキだった私は嫌がられない程度にどうにかして仲良くなりたいと思っていました。その後一緒に飲みに行ったり、ご飯を食べに行ったり、メールをしたり、と徐々に仲良くなることに成功しました。

そしてあの質問から半年が経ったつい先日、Zさんと二人でランチを食べに行った時にとうとう同じ質問をぶつけてみました。一応「嫌だったらいわなくていいんだけどZさんの実家ってどのあたりなの?」と聞いてみたのです。もしかすると言うのも思い出すのも嫌かもしれないと思っていたけど、今なら聞いても大丈夫かもと思ったのでした。

するとZさんは嫌がる素振りは全くしないで「たぶん知らないと思うけど新十津川っていうとこ」というではありませんか!

新十津川といえば知らないわけがありません。だって私そこの中学校卒業です。数年に渡り住んでました。ものすごーくビックリして「私、そこに住んでたよ」というとZさんは全く信じません。「じゃあ新十津川のどこに住んでたの?」と聞かれたので「橋本に住んでた」というとZさんは本当のことだと信じたようです。

この「橋本」という地名は新十津川の地元でしか通用しない町内会単位(とはちょと違うけど・・・)のような区分けのことで、住所に「橋本」という地名は出てきません。そしてお互いに家の場所を話したり、Zさんの実家は今も新十津川にあるということで、今も年に一度は行っているということから最近の新十津川の近況を聞いたりしてました。

これには私も本気でビックリ。まさか同じ中学校卒業の人にここ帯広で会えるなんて!と。(新十津川は中学校は一校しかありません)

たぶんこれを読んでいる人の中でも「新十津川町」という町を知らない人は多いでしょう。なぜ私がこんなにビックリするかというと、新十津川と今住む帯広は札幌と帯広よりも距離があり、帯広の方で滝川は知っている人も多いけど新十津川はなかなか知っている人に出会うことはないから。

まさか今バイトしてる先の人で「さえぐさ(新十津川にしかないスーパーです)」の話が通じる人がいるとは!とそれだけでなんか感動してしまいます。

ちなみにZさんが最初に聞いた時にはぐらかした理由は、「新十津川といっても知らない人が多くて説明するのが面倒だから」だそうです。たしかにそうかもしれないな〜と。Zさんの話の中では「実家に荷物を送ろうとして樺戸郡って住所にあると、これ本州ですか?って聞かれる」とか「そもそも樺戸郡って読める人が少ない」とか出てきてたしかにな〜となんだか楽しくいろいろ思い出した一日でした。

で、タイトルにある質問ですが。皆さん樺戸郡って読めますか?私は新十津川に住む前はそんな地名があるということも知りませんでした・・・。もちろん最初は読めませんでした。中学生だったけど。。。


この記事のカテゴリ:自分語り
 
| かりん | 00:01 | comments(22) | trackbacks(0) | |
Related Posts with Thumbnails
スポンサードリンク
「かばとぐん」読めますよ!
「新十津川」も普通に知っているし。
北海道なら普通に見聞きして知っていますよ。

自分と出身が同じ人だとわかると思わず嬉しいものですよね。
良かったですね!
| りいふ | 2010/06/02 12:29 AM |

白樺の樺だから多分かばとかなと^-^

いや〜北海道も広いようで狭いですね!実は私も似た経験が…。
だいぶ前ですが、あるファンサイトのチャットで何人かと話してる時にあ、お互い釧路なんだね〜と言う人が居てそしたらなんと同じ中学の先輩後輩!周りの人達もえーー!世の中狭いねぇ〜なんてw
そこには多くても10〜20人くらいしかチャットに入ってこないので同じ釧路ってだけでもびっくりだったのにww

あと道内の郡部の名前で読めなかったのは爾志郡ですね。道南に住んでいたかりんさんはわかりますよね?
| ゆず | 2010/06/02 12:49 AM |

「樺戸郡」は親戚が今も月形にいるから毎年年賀状に書いてる文字だし、あのローカル線が札沼線だった頃から知ってますよ。ちなみに今住んでる地名をを札幌周辺にいる親戚に最初に伝えた時ほとんど「それどこ?」という反応でした。北海道は広い!
| muhamado | 2010/06/02 2:53 AM |

日本の市町村、それに郡と区も読めて何処にあるか「概ね」分ると自負している私、樺戸郡も普通に読めますし、今打っているPCでも変換できました。
(まぁ自負していると言うても、2〜3割はアヤシイですけど)

そうですか、新十津川町出身で帯広市の職場で出会うとは。
すごい偶然ですね。
新十津川町の出身ですと、先祖の方は奈良県に縁がある方でしょうか。
吉野郡十津川村。明治22年の大災害は、想像すらできないほど大きかったと伺っており、交通途絶で奈良県庁に状況の一報があったのは災害から二日経ってからだったという話です。

新十津川といえば、札幌からの札沼線、またの名を「学園都市線」の終着。ただしここまで来るのは一日三往復だったかな。線名にある「沼」はかつて石狩沼田駅まで線路が続いていたからですね。

で、「家は自動車で○時間(分)」という言い方、車社会ではこんな説明よくあるようです。
我が地元愛知県も車社会でして、私がこんな地理に興味がありますのでよく「家、何処?」って聞きますけど、多くの方は「何分ぐらい行ったとこ」って答えます。私が更に細かい地名言うと異口同音ビックリなさいますね。地名なんて、そこに関係する人でない限り、知らないのが普通ですよね。私がおかしいのです。ハイ。
| kisomitake | 2010/06/02 3:40 AM |

またまた分かりません\(^o^)
| hir○shi | 2010/06/02 5:57 AM |


十津川(とつかわ)の地名から

2つを連想しました。

■kisomitakeさんのように、奈良の十津川村民が北海道へ移植した?

■このブログでも取り上げたTVドラマ「JIN-仁-」に登場や
今年の大河ドラマの
坂本龍馬のこと。

近江屋で龍馬を暗殺した連中は、十津川郷士を名のっていたこと。

なお、すずさんの挙げた繭志郡の読み方はわかりません。


| 海鳴り | 2010/06/02 8:20 AM |

新十津川って、結構テレビとかで登場するイメージなんで、道民なら知ってるのが普通だと思ってました(ってZさんに言っておいて下さい(笑)。
でも「樺戸郡」っていう地名は初めて見ました。普通に「かばとぐん」でいいんですか?
地名って、市町村名より郡の方が知らないですよね〜。
| Sophie | 2010/06/02 8:50 AM |

地名の字は読めませんでしたが、自分も
先月から直接雇用になったいまの職場の
情報保護研修に行った際、隣の席にいた女の子が
自分が越してくる前に、同じアパートに
住んでいたんですよねぇ(-。-)y-゜゜゜
世の中不思議なご縁ばかりです(笑)
| ケロケロ軍曹 | 2010/06/02 9:41 AM |

訂正

すずさん ⇒ ゆずさん

大変失礼しました。
一字間違えました…。

| 海鳴り | 2010/06/02 11:37 AM |

しらないけど普通に読むと「かばとぐん」かな〜って思いました。新十津川も知らないです。うちの実家はなぜか合併したら静内郡から日高郡になってしまいました(T_T)
十津川といえば西村京太郎の「十津川警部の事件簿」シリーズが一番先に思い浮かびます。ちなみに私の中では十津川警部=渡瀬恒彦です(笑)
| けい | 2010/06/02 11:46 AM |

>海鳴りさん

お気になさらずに^-^
| ゆず | 2010/06/02 2:45 PM |

>りいふさん
読める方もいるんですね。
ちょっと嬉しくなります。
北海道でも知らない方は沢山いるんですよ・・・
私も住むまで知らなかったけど、今の地域でもご近所さん
とかに新十津川の話をしたりすると皆知りません・・・
だからZさんのいうこともなんかわかるなーと。。。
私は新十津川出身といえる立場ではないんですが、
同じ地域に縁がある人がいたことは嬉しいです^^

>ゆずさん
その通りです。
ゆずさんの場合もものすごい縁ですね〜。
その地域限定チャットとかならいざしらず、
ファンサイトって世界中から人が集まりますよね。
そこで同じ中学出身の人ってすごい!
爾志郡はぜーんぜん読めません。
道南出身の私なら、ってことは道南の地名かな。
これから検索検索!(笑)

>muhamadoさん
月形も樺戸郡ですね。
札沼線っていう呼び方も懐かしいですね。
muhamadoさんが今住んでる場所も知名度低いんですね。
そういう知らない場所の名前出すと、
絶対どこ?って聞かれますよね(笑)
私もよく新十津川のことは札幌と旭川の真ん中とかいってました。

>kisomitakeさん
樺戸郡は私のIMEでも普通に出ます。
地名はたぶん全部登録されてるんでしょうね。
それにしても日本全国の市町村がわかるってすごいですね。
私は道内でもわからないとこいっぱいだし、
他の県なら全然知りません・・・。市ですらわからない。
私は新十津川に一瞬しか住んでないので奈良とは関係ありませんが、
Zさんの家は先祖が奈良から来ています。
それにしても新十津川の出来たなれそめまで知っているとはすごいです。
私は新十津川に住んだから知っているけど、たぶん住んでなかったら
全然知らないまま今も生きてたはず。
車で○時間は私もよく使います。
距離も大体それで計算できますし便利だなと。
でもこの質問の場合は地名で返してくれるかなと期待してたので
最初は本当にビックリしてショックでした(笑)
帯広から4時間というと、根室も網走も札幌も含まれる気が
するので方向がわからないと地名もわからないですorz

>ひろしさん
それでいいんです!

>海鳴りさん
kisomitakeさんが書いているのは実話ですよ〜。
まさに十津川の住民が洪水被害で住めなくなったので
一部の方が北海道に来て開拓したのが新十津川です。

>Sophieさん
知ってるのが普通と思っていてくれる方もいて、
私自身も嬉しいです。Zさんにも伝えておきます(笑)
テレビにはよくでてる気が私もしてたけど、
周りにいる方は知らない方が多いので、私が関係ある場所だから
テレビに出てたらあっ!って見るけど、何気なく見てたら
記憶にないのかもな〜とは思います。
読み方は「かばと」で合ってますよ〜。
ほんと地名は郡の方がわからないです。
ちょっと前まで河東郡とかも知りませんでした・・・。
(↑帯広のすぐ隣の音更などが河東郡です)

>ケロケロさん
えっ!すごい不思議なご縁・・・。
この記事を書き終わった後、不思議なご縁についての
記事を書いて今日UPするのですが、
なんかそういう不思議なことって結構皆あるんですね。
やっぱりこれって運命なのかな〜。

>けいさん
その通りです。「かばとぐん」です。
新十津川を知らないのは割と普通だと思います。
今私の周りにいる人もほとんどの人が知らないです。
日高郡ってことは割と近くにいるんですね^^
十津川警部の事件簿シリーズは私も名前だけ知ってます(笑)
これって・・・新十津川とは関係ないですよね、たぶん。
奈良の十津川村は関係あるのかもだけど。
| かりん | 2010/06/02 3:05 PM |


爾志郡 の読み方がわかりました。

にしぐん です。


| 海鳴り | 2010/06/02 9:30 PM |

>海鳴りさん
そうですね。
| かりん | 2010/06/02 9:56 PM |

自分も転勤する前の茨城の職場で小学校、中学校が同じ人がいました(学年は全然違いますが)
自分もその人も実家は釧路にあるのでそのうち釧路で飲もう!
って言ってるうちに転勤になっちゃいました(T_T)
出身地から遠く離れたところで同郷の人に会うとなんだかうれしくなりますよね!
ちなみに茨城で行きつけのスナックには帯広出身のお姉さんがいて
北海道話で盛り上がれて楽しいのでつい通っちゃうんですよ〜
(単なる言い訳?)
| kon_kon_kon | 2010/06/02 11:11 PM |

>kon_kon_konさん
学年が全然違ってもそれ嬉しいですよね!
私もZさんとは重なっている時期はないけど、それでも嬉しい。
出身地から離れた場所で会うのはホントに嬉しいです。
道内の私でもそうなんだから、kon_kon_konさんならなおさらですよね。
帯広出身おねーさんのスナックはたぶん・・・
単なる言い訳だと思うけど、それがストレス解消になるなら
いいじゃないですか!(笑)
| かりん | 2010/06/02 11:50 PM |

「かばと」、すぐに分かりましたが、郡の名前として残っているのは知りませんでした。
「樺戸」というと、樺戸集治監(明治時代の刑務所の一種)として刑務所の名前に使われたので、イメージがあまりよくなく、今は使われていないのかな、と思っていたので、意外な感じもします。
そういえば、場所の近い月形町にも刑務所があったような、と思って調べてみたら、「月形町」の名前自体が、刑務所にちなんでつけられた地名のようでした。

ヤフーで樺戸を検索しようとしたら、単語予測機能(?)で「カバトット」というキーワードが現れました。
名前を見て、もしかしたら樺戸郡の「ゆるキャラ」かも、と思って開いてみたら、昔のアニメか何かのようでした。

私の場合、地図や旅番組を見るのが好きで、地名や名物にはかなり詳しいため、人と話していて、出身地や居住地の話題になると、結構楽しめます。
逆に、観光的な名所や名物は、地元出身者のほうが知らないこともあります。
でも、ここ10年で、各地の街が寂れてしまい、10年前に行ったときの記憶で話すと、「あの店、つぶれちゃった。久々に名前を聞いて、懐かしいね。」と言われてしまうこともあります。
「10年ちょっと前に釧路に行ったら、夏でも寒くて、駅の地下の売店で長袖買っちゃった。丸井だか丸三だか、地下でつながってるデパートの食品売り場でお土産買ったし。地図を見ようと、近くにあった、事務員の制服のような格好の店員の本屋に行ったら、偶然、探していた絶版の古い文庫本があったから買い込んじゃった」
とか…
| かわの湯 | 2010/06/03 12:59 AM |

そう言えば、「新十津川物語」という小説を読んだことがあります。
この小説で知名度が上がった部分もあるのではないでしょうか。
…でも、どんな話だったっけ?
主人公の子供が好きな女の子の名前が「市子さん」だったことくらいしか、覚えてないや。
| 児斗玉文章 | 2010/06/03 1:35 AM |

>海鳴りさん

ご正解!(^O^)/
| ゆず | 2010/06/03 6:43 AM |

>ゆずさんへ


ありがとうございます。

このブログでは、お馴染みの方として、以前よりよく存じております。

| 海鳴り | 2010/06/03 8:08 AM |

>かわの湯さん
うん、かわの湯さんなら知ってるだろうと思う(笑)
でも「樺戸」と聞いてすぐによくないイメージをするとは
さすがですね!私なら絶対思いつきもしません。
そして月形についてもその通りで。
月形は現在も刑務所の町ですよね。
カバトットはゆるキャラじゃなくて残念です。
でも樺戸郡というまとまりで何かをするような地域では
残念ながらないので、違うだろうな〜と思いながら読んでいたら
やっぱり違ったのでやっぱり、とガッカリしました。
かわの湯さんは道外の地名とかもすごく詳しそう。
10年って今はふた昔ですからね・・・。
最後のそのコメントは懐かしい感じがするー!
駅地下なんかも今となってはものすごく懐かしいですよね。

>児斗玉文章さん
新十津川物語はありがたいことにドラマ化もされました。
私ももちろん読みましたが、覚えている内容としては
「ふき」という女の子がいたということくらい。
しかも私の中では主人公はそのふきという女の子という
認識だったので、ものすごく記憶があやふやなまま覚えていそうです。

>ゆずさん、海鳴りさん
コメントありがとです^^
| かりん | 2010/06/03 3:51 PM |

樺戸奈井江ちゃん♪
| もちょこい | 2012/04/11 8:16 PM |

レスできません。コメレスなしで
OKな方だけコメントどうぞ。
(2014/7/22〜)









   
コメント本文にURLは入力できない設定になっています。
※ブログやHPをお持ちの方はURL欄に入力して下さい。
コメントの投稿がうまくできない方はコチラ
 
http://love.mania.daa.jp/?eid=989742
TB大歓迎ですが、関連性のない記事及びTBを返せないブログ様のTBはご遠慮ください。
TB送信元にこちらのURLがない記事からのTBは現在受け付けておりません┏○ペコリ
http://love.mania.daa.jp/trackback/989742


ブログ内検索
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728    
<< February 2017 >>

ケータイ用QRコード
一番右上のカレンダーの日付部分またはカテゴリーからもこれ以前の記事に移動デキマス。
今までの記事一覧では、タイトル一覧がランキング形式で見られます





with Ajax Amazon