t: y:
今読んでる人は

踏み逃げ、読み逃げ、ロム専、無断リンク大歓迎


今までの記事一覧
タイトル一覧がランキング形式で

<< みーんな大好きの理由を考えてみたmainいわく付物件マップ >>
貼るだけで効く薬
先週病院に行ったときに出た薬のひとつがコレ。

咳が止まるテープ。正確には気管支拡張作用のある貼る薬。名前はホクナリンテープ。

これは貼るだけで薬が皮膚から染み込んで作用するという薬。なんとなく貼るだけでよい薬というのが「ほんと?」という気分になってしまう昭和女なので、その仕組みが気になってどうしようもなく・・・。

しかも貼る場所は上半身ならどこでもOKで、なるべく肌の柔らかい部分にということだったけど、二の腕のたぷたぷ部分に張ってもキクのだとか。うーん、不思議!
とりあえずこの薬についてまとめられているのはこちら→ツロブテロール:ホクナリンテープ

でも私が知りたいのはそれじゃなくて、どういう仕組みなのかなのよ!と思っていたら発見しました。

ホクナリンテープの裏にはホクナリンという薬が塗ってあり、貼るとじわじわと皮膚から薬が吸収され、6〜8時間後に血中濃度が上がり、24時間以上持続して気管支を広げる効果があります。(「咳止めのテープ」の問題点より)

おぉ!皮膚から薬が吸収されると6-8時間後から効果があるんだ!と。貼るだけで飲まなくても皮膚から薬が摂取できるってすごいわ〜と思うのと同時に、上のページに書いてあるように飲まないということで、薬を摂取してるという意識がないことが自分にもあることに気付いて、気をつけなければと思ったのでした。

貼る薬って皮膚から摂取だからか即効性はないけど、マズイのを我慢しなくていいとか飲むという負担がないのがいいところですね。この薬の効果があったのかはわかりませんが、この一週間この薬にはお世話になっていました。毎晩お風呂に入る前にはがして、お風呂からあがったら貼って・・・の繰り返しでした。

今日からもうこの貼る薬はありませんが、ゆっくり眠れますように。


この記事のカテゴリ:病気と健康
 
| かりん | 00:16 | comments(20) | trackbacks(0) | |
Related Posts with Thumbnails
スポンサードリンク
うちの息子共も気管支が弱いので、喘息気味のときはホクナリンテープを処方してもらいます。
張るのは胸もしくは背中。
何処でもよいのですが、気管支に近いほうが宜しいかと…
ただ、薬品が塗ってありますので、同じところには続けて貼らないようにと、呼吸器科の先生から言われましたよ。
| たなくら | 2010/05/15 2:51 AM |

こんにちは。

母が風呂上りに、背中に貼っているようです。
| ♪やまっち3♪ | 2010/05/15 8:39 AM |

おはよう^^

あかぎれが治らない時に皮膚科で同じタイプの薬をもらったな〜。傷口の大きさに合わせてテープを切り取って、そこに貼っておけばすぐに治っちゃった。傷口を塞ぎながらなんで治りも早いっていう。今までは塗り薬か飲み薬しか薬を見たことがなかったんで、新鮮やった&#9833;テープに薬が仕込んであって、かりんさんが書いているようにまさに「皮膚から薬を摂取する」感覚よな。
| ゆにっく | 2010/05/15 8:45 AM |

禁煙用のニコチンパッチも同じ原理ですね。

貼ってるのを忘れてタバコを吸うととんでもないことになるので、それはそれは厳重に注意事項に書かれています。うちの相方は禁煙チャレンジ中に一度それをやらかして猛烈に気持ち悪くなって大変だったと申しておりました。

花粉症の薬とかもこういうのが出てくれるといいですよね。外出時に飲み忘れるとひどいことになるんで、持続してくれると嬉しいしかさばらないから荷物にならないのもいいと思う。でも開発にはお金がかかるからよほど需要がないと難しいかもですが。

5月に入ったのに全然花粉症がよくならないわふわふより。
| わふわふ | 2010/05/15 9:23 AM |

テープ式のクスリって便利だけど皮膚の弱い人は辛い鴨。
「塗る風邪薬」なんてのもありますけん。ヴィックス・ヴェポラッブとか。コッチは染み込む分は血行をよくする湿布作用、体温で蒸発して呼吸器に入るのが咳止め作用だとか。
これだと苦いクスリも注射もダメなお子様でも問題なく使えますのう。

....ただ「羊たちの沈黙」で腐乱死体を検分する時、ジョディ・フォスターとスコット・グレンが鼻の下に(以下省略)
| はしばみ2 | 2010/05/15 10:05 AM |

ホクナリンテープは喘息や咳の風邪で出されることが多いですね。
内服薬だと寝る前に飲んでも明け方頃から効き目が薄くなるので、皆さん楽になったって喜んでます。(喘息発作は明け方起こることが多い)
私自身も小児ぜんそくだったので、子どもの頃これがあれば楽だったのになあ〜って思います。

余談ですが、乳首に貼ってる方もいましたね。
おばさまでしたが、見せてくれましたf^_^;
かぶれそうですが、あまりのことに突っ込めませんでした…。
| みや | 2010/05/15 10:08 AM |

咳止め用ってあるんですね。
うちの親は病院で治療の際に貼る麻酔薬(ペンレス)を使っていましたよ。
他にもいろいろあるのかな?

貼るダイエット薬
貼るシワ延ばし

ないかなぁ〜^o^;
| ゆず | 2010/05/15 4:08 PM |

かりんさん、こんにちは。

次女に使ったことがあります。ヴィックスが大嫌いで、貼るだけだと喜んで貼ってと言いました。


長女のときはなかったです。薬も進化していますね。なので長女のときは病院でヴィックスをすすめられました。あのべたつき感がイヤみたいです。


喘息も25年前は治らないと言われて物凄くショックでしたが、今は薬で治ると言われました。医学も薬も進化したんですね。
| KAZU | 2010/05/15 4:36 PM |

なんでも知らない間に進歩しますね…
年々薬の服用量がふえる自分は、まず
粉薬がなくなってほしい(+o+)
味がするとのめないお子様な私です。
| ケロケロ軍曹 | 2010/05/15 11:47 PM |

>たなくらさん
背中は手が届かない場所だからいいようですね。
私もなんとなく気管支に近いほうがいいのかな?
と思って上半身の身部分に貼ってたけど、
なんとなく心臓付近は避けてました。
気持ちの問題なんですけどね・・・。
それとその同じこと言われましたよ!
同じとこに貼ると肌が荒れるかも?とかなんとか。

>♪やまっち3♪さん
お母様も気管支弱いのかな。
でも自分で背中に貼るって大変そう!

>ゆにっくさん
おお!それ私も持ってます。
でもたった一枚で400円くらい薬局で取られましたorz
で、それ私も今年の冬のアカギレに使ったんだけど、
ほんとに直りが早くてビックリ。
貼る薬って初めてみたら新鮮だよね。
同じくその傷テープが初の貼り薬だったので新鮮でした。

>わふわふさん
ニコチンパッチもそうなんだ!
そっか、肌からニコチンを吸収だったっけ?
貼ってるのを忘れてタバコを吸うとダメなんですね。
ニコチンパッチを買ったこともない私は
わふわふさんのコメントで初めて知りました。
花粉症のつらさは私は実感できないけれど、
話にきくとかなりつらそうなので出ると需要は
結構あるんじゃないかと思います。
花粉症で悩んでる人多いですよね。

>はしばみ2さん
ヴェポラップまさにうちにある!
小さい頃からぜーぜーする時はヴェポラップだったので、
今でも常備しちゃってます。
あのスースーをかぐと呼吸がちょっと楽になります。
でも腐乱死体の場合は匂いを和らげる目的だよねw
そういう使い方はする場面に遭遇したくないですね・・・

>みやさん
今回の私も咳喘息の疑いがあるとかで処方されました。
たしかに貼るようになってからは朝方咳で目覚めることは
なくなりました。でも他の薬も併用して飲んでたので
どれが効いたのかはわからないのですが(笑)
でも乳首に貼るとはすごい!!
なんか荒れそうで怖い・・・

>ゆずさん
貼る麻酔薬なんかもあるんですね!
それだと注射が痛くないとかあるのかな。
貼るダイエット薬とか貼るしわ伸ばしあったらいいね(笑)

>KAZUさん
次女ちゃんはヴィックスダメなんですね。
でも個人的にはヴィックスよりこちらの方が
効果があると思います。(市販薬と比べちゃダメか)
医学も薬も徐々に進歩してますね。

>ケロケロ軍曹さん
粉薬!!私もだいっきらいです。
飲めなくはないけどなるべく飲みたくない・・・。
ただ粉状だと効き目が早いとかメリットもあるけれど。
今はカプセルに分けて飲むとか、オブラートに包むとか
そのくらいしか対策がないですよね。
| かりん | 2010/05/16 12:00 AM |

うちの子も、何回か病院で出してもらった<ホクナリンテープ

チビだったから、0.5〜1咾里笋弔世辰燭韻匹癲

ほんとに、医学もだけど、色々なことが昔と比べると進歩しているよね!!もうビックリ!!(@_@)


あー、粉薬は私も苦手…オブラート組っす(^^ゞ
これも昔は、ペラッと丸いのしかなかった(よね?)のに、今ではじょうごみたいになってて、薬を入れて包むだけ!とゆう、すっごく便利なものが!!(驚&嬉)
粉薬を飲む時に愛用しとります(^^)

…なんで、こんな便利なものが、我々の子供の頃に出来ててくれなんだのか!という疑問は残るけどね…(-_-)


あ、お体お大事にねm(__)m
| のんさん | 2010/05/16 6:55 AM |

こんにちは。私も咳の発作で夜も眠れず、同じものを処方されたことがあります。
ただ、私の場合は、「動悸、めまい、手足の震え」という副作用が出て、使えませんでした。
ホクナリンテープの副作用としては、一般的なものだそうです。
みなさん大丈夫なようでうらやましいですねえ。

どうぞお大事になさってくださいね。咳で(もちろんどんな原因でも)眠れないってほんとうにつらいですよね(>_<。)
| さほ | 2010/05/16 2:58 PM |

>のんさん
私は大人だったから2mgなんでしょうね。
そしてのんさんが書いてる通りで。
いろんなことが進歩してますよね。
なんとなく既に当たり前のようになってるけど、
昔のことを思い出すといい時代になったなと感じることが
多くなってきました。
粉薬はのんさんもオブラート組かぁ・・・。
というより、そのじょうごみたいなものすごいですね!
今はそんなものがあるのかー!!
子供の頃にそれがあればもっと薬のみやすかったのにな〜。
体の方はかなり回復してきました。
心配してくれてありがとう^^

>さほさん
さほさんは副作用が出てしまったんですね。
たしかにこの薬の副作用の部分にその副作用の症状が
書いてあった気がします。
私はどんな薬でもほとんど副作用が出たことがなく、
副作用の注意書きをあまり読まないけれど、
副作用が出るのはつらそうですよね・・・。
眠れない咳は久々でしたが本当にきつかったです。
最近はほとんど収まりましたが、麺類を食べる時に
すすると咳込むのでまだ麺類が食べられませんorz
| かりん | 2010/05/16 9:03 PM |

オブラートの件…上手く説明出来てない気がして気になったので、「オブラート」でググってみたら、画像がありました(^O^)
コメント本文にURLを貼れないとのことなので説明すると、オブラートの画像集?をクリックした先の、いちばん左上の(確か汗…携帯なので、同時にウィンドウを二つ並べてってのが不可能なので…(-_-))画像が、私が説明したかったオブラートの画像でございます。

大きなお世話かと思いつつ、取り急ぎ報告まで…f(^^;
| のんさん | 2010/05/17 3:25 AM |

今確認してみたところ、正確にはいちばん左上の、「袋型オブラート」とゆう奴です。

じょうごじゃなかった…ゴメンナサイ(*_*)
| のんさん | 2010/05/17 3:29 AM |

>のんさん
わざわざ調べてくれてありがとうです!
きちんとぐぐってみてきましたよ〜。
カップオブラートなんていうのもあるんですね。
オブラートの世界も奥が深い。

のんさんは携帯何使っていますか?
最近の携帯ならほとんどがタブブラウザになってますよ〜!
普通にクリックしてるだけではたまにしかタブが開かないけど、
リンクの上でサブメニューを開くとタブというのがあったりします。
↑フルブラウザではなくiモードブラウザです。
ただ私も以前の携帯ではタブブラウザじゃなかったので、
全機種に搭載されるようになったのはここ数年かもしれませんが・・・。
もしタブブラウザ搭載機種ならいっぺんに複数のブラウザ画面を
開くことができるので使えるようになっていると便利ですよ♪
搭載機種じゃなければ・・・余計なお世話です。スミマセン。
| かりん | 2010/05/17 9:27 PM |

お腹に張るだけでメタボが治る薬ってないかなぁ?
| hir○shi | 2010/05/18 6:16 AM |

>ひろしさん
それが発売されたらバカ売れだね!
| かりん | 2010/05/18 7:46 AM |

確か10年くらい前に発売されました。
湿布と同じですね。
痛み止めの入った湿布も、皮膚を通して吸収されますので、
それと同じです。経皮吸収剤と言いまして、
薬の吸収としましては一番時間がかかります。
一番早いのは、やはり静脈注射ですね。
薬の吸収の早さはその血中濃度で測りますので
ダイレクトに血管にいれる静脈注射が一番早いのです。

ホクナリンテープ、かなり助けられました。
飲み薬の咳止めがほとんど効果ない私は、最終的にこれを使って
夜、眠る事ができましたです。
薬用量の少ないものは、子供でも使用できて、子供もぐっすりでした。
かりんさんも効いたのではないですか???
ホクナリンテープもそうですが、中枢神経(咳中枢)に効果があり、

β受容体刺激作用(だったかな?)でこの受容体は心臓や気管支にありますので、気管支の筋肉には拡張作用、心臓には血管収縮作用だったと思う、があり、高血圧の方で逆の作用を持つ薬(血管拡張)を服用している方には使用できません、でしたと思います。
あと、振せん(手の震えなど)の副作用もあります。

私は医療機関に勤めてましたけど、もう7年のブランクがありまして、記憶があいまいですみません。
| ままサマ | 2010/05/19 10:14 PM |

>ままサマさん
10年前!かなり最近ですね。←私の感覚では。
薬の吸収としては一番時間がかかるというのはわかるかも。
ただ、その持続性には驚きです。
私もこれを張りはじめて深夜〜朝の咳発作がなくなったけど、
同時に他の薬も飲み始めたのでどれがきいたのかわかりませんでした。
これについての副作用はままサマさんが書いてる通りだったような。
私はネット上のおくすり辞典で見ただけなんですけどね^^;
| かりん | 2010/05/20 12:51 AM |

レスできません。コメレスなしで
OKな方だけコメントどうぞ。
(2014/7/22〜)









   
コメント本文にURLは入力できない設定になっています。
※ブログやHPをお持ちの方はURL欄に入力して下さい。
コメントの投稿がうまくできない方はコチラ
 
http://love.mania.daa.jp/?eid=989723
TB大歓迎ですが、関連性のない記事及びTBを返せないブログ様のTBはご遠慮ください。
TB送信元にこちらのURLがない記事からのTBは現在受け付けておりません┏○ペコリ
http://love.mania.daa.jp/trackback/989723


ブログ内検索
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>

ケータイ用QRコード
一番右上のカレンダーの日付部分またはカテゴリーからもこれ以前の記事に移動デキマス。
今までの記事一覧では、タイトル一覧がランキング形式で見られます





with Ajax Amazon