t: y:
今読んでる人は

踏み逃げ、読み逃げ、ロム専、無断リンク大歓迎


今までの記事一覧
タイトル一覧がランキング形式で

<< 悩む・・・mainサーティーワンの思い出。 >>
えっ?Zリストってそんなにヤバイの?
マイミクのkikoさんがZリストなるものについて日記を書いていました。私はその日記で初めてZリストという名前も存在も知りました。

どうも体によくない添加物のリストのようなんですが、いろいろな大人の事情でその物質を食品に入れることは禁止されていないそう。だから消費者が摂取しすぎないように気をつけましょうね!というものだろうとその日記からは読み取れました。

ただ、Zリストを紹介する記事ではなかったので、これは自分でネット検索してみなければ〜!と早速ネット探索に出かけ、googleでZリストと入れて1ページ目に出てきたあるサイトを開いてみたら、真っ黒なページで文字が全く見えないのです。ちょっと見てください。こんな感じなんです!


おかしい・・・検索ででてきたのに?と思ってページ全体を選択してみると文字が見えました。


これはもしやわざと背景色と文字を同じ色にして見えにくくしているのでは?と思った私はZリストはそんなにヤバイものなんだろうか・・・と思ってみたりして恐ろしくなったのでした。

でも、ふと思うところがあってブラウザをIEモードに切り替えてみたら・・・。


なんと!背景は実は白だったのです!わざと隠されていたわけではありませんでした。もし隠すならもっと難しい隠し方するよね〜wむしろその前にネットなんかに公開しないか・・・。(私の日常使っているブラウザはFirefoxです)

私はZリストよりもその原因が気になって気になってソースをコピーして自分でも色々試してみたところ、背景画像をいれると背景色が黒になることがわかりました。画像自体は黒じゃないんですけどね・・・。



さて、随分話がそれてしまいましたが(笑)本題のZリストに関しては上の背景が黒、文字が黒!でビックリしたサイトさんが一番よくまとまっています。

Zリスト食品添加物一覧表
※Firefoxなどでうまく表示されない方は、右クリック→全て選択をすると文字が見えます。IE化できるアドインを入れている方はIEに切り替えると表示されます。

Zリストに関しての説明も上記のサイトさんから引用させて頂きます。

FAO(Food and Agricultuer Organization、国連農業食料機関) WHO(World Health Organaization、世界保健機構)がすべての化学物質を安全性の高い順に、1日の摂取量を指定したものが「A1リスト」(約420品目)です。この「A1リスト」に対してアルファベットの最後のZをとって、危険性を喚起しよう、という目的で日本の生活協同組合がリスト化した「危険な食品添加物」です。

そうか〜。だから生協の白石さんでランチパックは販売できませんって結論になるんだな〜と。生協さんが作ってるリストなんですね。

でも完全自給自足食品以外で「絶対安全」はどこの食べ物でもいえることではありません。元の素材は安全でも、スーパーなどで並んでいる食品は必ず誰かの手にかかっているもの。農家さんにいって畑から抜いたものをそのまま頂くくらいじゃないともう「安全だと思って」食べるしかないという結論になります。

体によくないといわれるこの添加物を使わなければたぶん今よりも品質や味が落ちるということで、企業も使っているのでしょう。使わないでいてくれるのが一番いいけど、使っているものと使っていないものが選べる状態なら、消費者は添加物のことなど考えずに味や見た目のいい方を買う可能性が高いから。そうなると企業的には利益が少なくなるので・・・という堂々巡りな気がします。

本当は消費者である私たちが積極的に味や見た目、値段に関係なく添加物の入っていないものを求めていれば、自然に淘汰されるんですけどね・・・。私自身も正直そこまで気をつけるタイプではないので、人のことは言えません。

だからあまり踊らされるのはよくないけど、常にこういう添加物が入った食品ばかり食べているというのもよくないかもなので、外食派や弁当派の方もたまには自炊をするといいかもしれませんね。

オマケ:とっても危険な添加物リスト(※携帯用)

■関連記事■
えっ?Zリストってそんなにヤバイの?
メラミンとメラニンの区別がついてなかった
危険なのはギョーザだけじゃないよね
異物混入疑惑。あなただったらどうします?


この記事のカテゴリ:病気と健康
 
| かりん | 00:24 | comments(11) | trackbacks(0) | |
Related Posts with Thumbnails
スポンサードリンク
まぁ、何でも摂り過ぎは良くないと言う事ですね^^;
いっぱいあり過ぎて気を付けようも無い気がしますが・・・
| hir○shi | 2010/04/27 6:34 AM |

Zリストの存在は知らなかったんですが、今まで数ある菓子・惣菜パンの中で何故かランチパックだけは避けて通っていたわふわふです。焼きそばとか卵サラダとか入ってる中身の割に日持ちするんでなんか嫌な感じがして買わずにいただけなんですけど。

とはいえカップ麺とかは大好きなんでもう少し考えて買い物してみようかな。相方がいないときのひとりご飯の時はカップ麺から生協の冷凍麺に変えたりはしてますけど、まだまだ足りない気がする。

冷凍といえばコンビニのファミリーマートがAMPMと合併して目下冷凍弁当の新商品を開発中とのこと。冷凍であれば添加物も少なくて済みますから、都心だけでなく田舎のコンビニでも扱ってほしいなあ。外食店の少ない田舎ではコンビニ弁当もかなりの戦力ですからね。
| わふわふ | 2010/04/27 8:58 AM |

リンク先見たけど、もう使われてない添加物とかも含まれてるな〜。
亜硝酸ナトリウムなんて俺様が小学生の頃には問題発覚して禁止されてたわさ(マセガキだった俺様)。

あと何にでも言えるけど「量の問題」で片付いちゃう鴨。
つまり「発がん性アリ」の添加物って言っても、毎日大量に摂取しない限りは、発ガンのリスクなんて統計誤差程度だろうと。
普通の水だって発がん性ありますからのう(笑)

それと自給自足でも「絶対安全」はあり得ないかと。だって土も空気も海水も何かしら汚染されてるもん(嘆息) 文明社会で生活してる以上、自然回帰は所詮夢どす。対策としては「中国製は避ける」ぐらいですかのう。

.....うちでは味の素つかわないから結構マシかも(化石)
| はしばみ2 | 2010/04/27 10:29 AM |

農薬等の毒性の前に、ほとんどの野菜には野菜自身が作り出している毒性(天然農薬とか言われています)がありますョ。ただ単に、「野菜」と言われている植物の毒に対して人間は、抵抗力があったり解毒機能が優れているだけで。しかも、発癌性があったりと、けっこう毒性が強かったりもします。

植物だって食べられるために生えている訳ではないですから、毒で身を守ったりもします。一方、動物も食べるものがないと困るので、抵抗力や解毒機能を身につけます。

そうやって、動物と植物は攻防を重ねてきたので、種によって得意な毒、不得意な毒があるようです。人間が食べられるタマネギが犬や猫には毒だったり。コアラが毒性の強いユーカリの葉しか食べなかったり。蚕やモンシロチョウなど昆虫を見てもだいたい食べる植物は決まっています。

相手(野菜)は現在まで子孫を繋いできた言わば「食べられないエキスパート」です。そう考えると、食べるという行為は生きていくのに必要であると同時にとてもリスキーなことなのだと思います。

| 夕七 | 2010/04/27 12:45 PM |

>ひろしさん
その通りだよね。
体にいいといわれるものも摂りすぎはダメだろうし。
そして私も正直気をつけようがない気がしてる・・・
表示に書いてなかったらわからないしね。

>わふわふさん
私は逆にランチパック便利だなー!と思ってました。
中身が惣菜っぽいのに、日持ちするし。
でも・・・今回いろいろ調べてみてそりゃあれを
腐らずに保つには何かないと無理だよな・・・と納得。
わふわふさんのその感覚はものすごく正しくて、
私のように便利さに飛びつく人が痛い目にあうんだと思いますorz
あとカップめんは私もわざわざそれを食べるのを
楽しみにするほどスキです。
体によくないことはわかってるので、なるべく
食べ過ぎないようにと思っているけど、やめられない〜。
冷凍弁当いいかもしれないですね。
たぶん味も変わらない気がするし。
ただ、全体をひとつの容器にするなら全部同じ時間で
チンしてできるようにしないとダメでしょうから、
どこかで味が落ちるのでは?とちょっと心配。
イオンのひとつのプレートに何種類かのおかずがのってる
冷凍食品は何度か買いましたが、メインはどれもおいしいけど
周りについてるその他のおかずが微妙だったのを思い出します。

>はしばみ2さん
それはZリストじゃない方かな?
Zリストじゃない方は現行じゃないのも含まれてますね。
そしてたしかに地球自体が汚染されてるからねぇ・・・。
でもこの汚染に負けるようでは生きていけない、
ってことだよね。汚染に負けない体作りが大切ですね(違w

>七夕さん
たしかにその通り!
食べること=外部のものを口にすること=危険と常に隣り合わせ
っていう図式なんでしょうね。
今の科学物質の害にも耐えられる体の持ち主が
いつか出てきたとしたらそれはそれで面白いかも。
| かりん | 2010/04/27 9:01 PM |

ラットやマウスに発がん性や催奇形性等があるからといって、人間にも同様に影響があるとは限りません。
その逆も言えるのですが。
しかしこういうのを気にしだすと、今の世の中生きていけないので、気にしないようにしています(´・ω・`)
結構刹那的な私かもw
| りつ | 2010/04/28 12:18 AM |

>りつさん
私もそうやって生きてます。
その結果病気になったらそれはそれで仕方なかったと
思うしかないでしょう。

・・・でも私のそういう甘い考えが禁煙できない体を
作っているとしか思えませんw
| かりん | 2010/04/28 12:32 AM |

添加物とか農薬とかあとお砂糖って気になります(>_<)
上の娘を妊娠するまではあまり気にしなかったんですが…
今じゃ娘の食事やおやつにはすごく気を使います。
けど添加物や安全な食事やおやつって親だけが気をつけていてもダメで、孫の喜ぶ顔見たさに祖父母はおやつを欲しがるままに与えるしf^_^;
4歳になったばかりの子にアイスクリームとポッキー1箱にキャラメルとジュース(1日に!)とか糖分取りすぎ!と私が怒っても、たまには大丈夫よぉ〜(ハアトと、全く気にしてくれないですからね…
今だに虫歯がないのが奇跡です笑
マックやお菓子の味を知らないなんてかわいそう!と言われたこともありますが、覚えさせるから我慢させないといけなくなるんですよね。
別にマックやお菓子を悪者に考えてるわけじゃなく(私も食べますし)ただ、小さいうち、自分で食べる物を選べないうちはせめて身体に良くない物は周りの大人から与えて欲しくないだけで…
けど仕事中預かってもらえるのはありがたいので、あまり文句も言えなく…f^_^;
食べ物と祖父母は永遠のテーマかも笑
| ゆづそら | 2010/04/28 10:46 AM |

>ゆづそらさん
子供ができたら私も気にしながら生きていくかも。
自分のことだったらいいけれど、子供の場合は
ある程度の年齢になるまでは完全に親の責任ですよね。
やっぱり自分の子に変なものは食べさせたくないし。
祖父母がおやつを・・・っていうのは私が良く見る
小町という掲示板でもよく相談が書いてあります。
どこも似たようなものなのかもしれませんね。
そしてマックやお菓子の味に関しては同感です。
知らなければ別に我慢することないし、
知らないことはかわいそうではありません。
むしろ知ってるのに我慢しなければならない方がきつそう。
食べ物と祖父母はほんとに永遠のテーマなのかもしれませんね(笑)
| かりん | 2010/04/28 6:39 PM |

情報の本質って難しいね。たばこだって実は体に良い物質も含まれているけど、あまりにも悪い物質の方が多いので、闇に埋もれて知られていないのと同じで、色々な農薬だの薬品だのなんでもかんでも禁止されていたら、その内何も食べる物がなくなってしまうのではないかと思った今日この頃でした。
| iamweak | 2010/04/29 1:14 PM |

>iamweakさん
お久しぶりです^^
本当に情報の本質って難しいですよね。
たばこに実は体に良い物質も含まれている、
っていうのは今回のiamweakさんのコメントで初めて知りました。
なんでも禁止されていたら、今と同じ食生活は無理ですよね。
素材そのものを煮て食べる、焼いて食べる、
くらいはできるとは思うけれども。。。
だから多少寿命が縮まってもキニシナイである程度は
好きなように食べていこうと思います。
| かりん | 2010/04/29 7:15 PM |

レスできません。コメレスなしで
OKな方だけコメントどうぞ。
(2014/7/22〜)









   
コメント本文にURLは入力できない設定になっています。
※ブログやHPをお持ちの方はURL欄に入力して下さい。
コメントの投稿がうまくできない方はコチラ
 
http://love.mania.daa.jp/?eid=989705
TB大歓迎ですが、関連性のない記事及びTBを返せないブログ様のTBはご遠慮ください。
TB送信元にこちらのURLがない記事からのTBは現在受け付けておりません┏○ペコリ
http://love.mania.daa.jp/trackback/989705


ブログ内検索
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>

ケータイ用QRコード
一番右上のカレンダーの日付部分またはカテゴリーからもこれ以前の記事に移動デキマス。
今までの記事一覧では、タイトル一覧がランキング形式で見られます





with Ajax Amazon