t: y:
今読んでる人は

踏み逃げ、読み逃げ、ロム専、無断リンク大歓迎


今までの記事一覧
タイトル一覧がランキング形式で

<< ラビスタ釧路川に泊まってきました〜個人的レビューmain評判がよくて混んでいる病院=自分に最適な病院ではない >>
あのさぁ、っていつの時代まで通じるのか?
ここ数日バカみたいに日本語について考えていました。こう書くとものすごく難しい話のように感じるかもしれませんが、私が考えるレベルの話なのでそんなに難しいことではありません。日本語に関しても素人です、私。とりあえずこれを目にしてなんだかこの考え事にハマってしまったのです。

現代の日本人は昔の日本人と会話可能なの?
とりあえず1892年生まれの祖父ちゃんとは会話可能だったので100年前までは大丈夫。さて?じゃあ江戸時代にタイムスリップしたら?今の日本人はいつくらいまでの日本人となら会話可能なんだろう?

今まで考えもしなかったけど、突然ドラマ仁のように江戸時代にタイムスリップしたら現代の言葉をしゃべって相手に通じるのだろうか?という疑問がわいてきて、久々にわくわくするお題でした。
ドラマの中でもたしかに通じない単語は特に医療器具の名前で沢山出てきたけれど、日常会話で困っているような場面はありませんでした。「主人公の仁は現代風の口調で、江戸時代の人々は江戸時代風の話し方だ。」と私は思っていましたが、本当に江戸時代に生きていた庶民の皆さんはあんな口調だったのか?そしてあれはドラマだから簡単に意思疎通ができていたけど、現代の若者が江戸時代に行って話しかけたら相手はすんなり理解してくれるのだろうか?と。

そして読み進めていくうちにビックリする事柄が出てきました。

「です」「ます」といった語は明治時代になってから広まった単語だから、江戸時代ではあまり通じないだろう。

今私が文章を書くときにも、人とちょっと丁寧に会話する時にも使う「ですます調」。これが通じないって!!と驚き。私にとって当たり前の言葉ができる以前まで遡ると、たしかに通じないよな、とは理解できたけど、私の中では今私が使っている言葉がいつから存在しているか?ということは生まれて一度も考えたこともなかったので、目からウロコ状態でした。(ただ上の引用コメントは「ます」については江戸時代にあったと後から否定されています。)

そして今割と使う人が多くなった「超スゴイ」などの「超」という言葉が連想されました。この言葉は生まれた時に私は既に物心ついていたので、昔はなかった言葉なのに今は市民権のある言葉として認識しています。この言葉が生まれる前に亡くなった人に「超スゴイ」といったら、なんとなく雰囲気は感じ取れても最初は「?」と思うんだろうな、と思ったらちょっと納得。

便利な言葉も沢山あるけど、この便利な言葉がない時代もあったんだなと今更ながら考えてしまいます。

江戸時代後期の江戸にタイムスリップして、その辺歩いてるオジサンつかまえて「あのさぁ、めちゃくちゃ腹減ってるんだけどこの辺で飯食えるとこない?」と聞いたらどの程度伝わるんだろうか?

たしかにこれ疑問。腹減ってるとかは通じそうだけど、めちゃくちゃとかは当時使うのかわからない・・・。と思っていたらその次のレスがコレ。

「あのさぁ」っていつまで通じるんだ?
「めちゃくちゃ」っていつからある言葉だ?
「〜してるんだけど」っていつからある言い方だ?
「ところ」を「とこ」って言うのはいつからだ?

このコメントにものすごく共感。私もあのさぁ、がいつまで遡って通じるのか知りたい。

こうして見ると同じ日本人で同じく日本語を話していても時代が違うと会話ができない可能性があるんだなぁ、と本当に今更ながら思います。「日本語が崩れてきている」と言葉の崩れを指摘するテーマで討論している番組もあるけど、常に新しい言葉は生まれて定着していき、同じように廃れて使われなくなる言葉があるのが自然体なのではないかと、これを考えているうちに思えてきました。

たしかにキレイな日本語を、という趣旨も考え方も理解できるんだけど、どんなにそれを唱えてもこの流れは止められないんじゃないでしょうかね・・・。今標準語として当たり前に使っている言葉だってこうして変わってきた結果なのだし。

そうなるともっと先の未来の日本では「です=ぽん」とかに変わってて、未来人が今の私の目の前に現れた時に「ここどこぽんか?(ここどこですか?)」とかいうようなものなんでしょうな〜。その場合も大体のニュアンスはわかるから、最後の「ぽんか?」の意味はわからなくても、ここはどこなのかわからないんだなということは理解できそう。

勝手な想像では人の命は大事という現代の感覚と同じような相手であれば、最初は言葉が通じなくても身振り手振りで外国の方とお話できるように、どんなに過去の日本人とでも会話は可能な気がするという結論に達しました。でも、見慣れない服の見慣れない外見の人間に対して、警戒から突然襲ってくるような感覚の時代だったら無理だけど。

・・・と、こんなことを考えながら連休を過ごしてしまいました(笑)


この記事のカテゴリ:キニナル
 
| かりん | 01:08 | comments(12) | trackbacks(0) | |
Related Posts with Thumbnails
スポンサードリンク
夏目漱石の小説は読みやすい
ですよ。ドイツや日本史を題材
にした森鴎外の文体は「古い」
ように感じられるかもしれません
が。意外に「明治時代の文章
日本語は読みやすい」のでは
ないかと思います。

福沢諭吉大ファン(自称)の私として
ショックなのは、福沢の著作が
現代語訳されている現状です。
幕末から明治の歴史や社会やらの
背景事情の解説が読者にとって
負担になるのはわかりますが、
漢文調でちょっといかついだけの
福沢を読める人は少ない。と指摘
された時はショックでしたね。

日本人なのに日本語を読めない
のか---???!!!
という一抹の不安を粉砕したのが
「劇場版涼宮ハルヒの消失」です。
ラストでは文章表現レトリック
(反語の繰り返し)を見事に使って
います。

結論。
「涼宮ハルヒの憂鬱」シリーズが
小説-アニメ等の形で世の中に
うけいれられるならば、日本語が
消滅することはない。

追伸。
かくいう私は同作品に登場する
朝倉涼子の信者ですw
| 元保険屋 | 2010/03/23 1:50 AM |

って事は・・・・

早い人は「拙者は早漏で候」とか言っちゃう訳ですねw

未来人は「俺さぁ、早漏でぽんっ!」とか(゚Д゚;)
| hir○shi | 2010/03/23 6:17 AM |

>元保険屋さん
夏目漱石は何作品か読んだことがあります。
たしかに読みやすいですよね。
今回のテーマとは微妙にずれている気がしますが(笑)
今回は文章ではなく、口語体についていろいろ考えていました。
特に平安時代くらいまで遡ると口語体についてよくわからなくなります。
文章はいくらでも出てくるんですが、庶民が書いたものがないので。
ハルヒの憂鬱についてはタイトルは聞いたことがありますよ〜。
中身は全く知らないのですが^^;

>ひろしさん
候って口語体でも言ってたのかな〜。
でもまー、内容が内容なのであえてノーコメントでw
| かりん | 2010/03/23 8:30 AM |

>かりん様

言葉足らずで失礼しました。
夏目漱石の文体が100年前の
会話文を反映しているとしたら
今でも通じるでしょうね。---と
書くつもりが、入力しているうちに
いつのまにか「文章論」にずれて
いました(汗)。
| 元保険屋 | 2010/03/23 1:04 PM |

口語体という言葉で思い出したんだけど、学生時代に学校で聖書を口語訳聖書から新共同訳聖書に買い換えさせられたんです。
新共同訳は現代の日本人に違和感なく読めるように訳されたものですよ〜的な説明があって。
確かに口語訳のクセに意味ワカラナイ文章が多かった。
んじゃ口語訳はいつの時代の口語かと調べてみたら、明治20年に初版が出版されたようです。

あんまり関係ないかな?
まぁ口語訳の聖書には私の知っている限りでは『あのさぁ〜…』というくだりは出てきませんでした(笑)


ところで!
かりんさんはこういう疑問に思った事って周りの人に話したりしないですか?

私…、昔からなんかちょっとした事でも『なんでだろう〜?』って気になったら周りの人に話してたんです。
友達とかは最初は『ん〜なんでだろうね〜』とか普通に流されてたんだけど、何度もそういう事があった後に
『ねぇ、なんでそんなどうでもいいこと気になるの?』
って言われました…(@_@)

確かに今考えなくちゃいけない理由はないからどうでもいいっちゃどうでもいいんだけど…気にならない?

ならない(バッサリ)


今は大まかな事はネットで簡単に調べられるのでありがたいです。

あ。『あのさぁ〜』がどうでもいい事って意味じゃなくて、私の友達だったら間違いなくどうでもいい認定の疑問なのでかりんさんの周りの人々の反応ってどうなんだろって事です。誤解なきよう(^_^)
| リコピン | 2010/03/23 2:26 PM |

「日本人の知らない日本語」という本によると、
江戸時代に「です」を使っていたのは水商売の人だけだそうです。
上流階級にありそうな「ざます」は元々は花魁の言葉。

しゃもじとか惚のじとかひもじいとかは
「もじ」ってかわいくな〜い?なんにでも付けちゃえっていう
宮中の女房が始まりで、大昔のギャル語だそう。

金田一秀穂先生も言葉というものは変わっていくものだって言ってるし、
今のギャル語が当たり前の未来もあるんでしょうね。
| ぽるて | 2010/03/23 8:06 PM |

生きて使われてる言葉だから変化するのは宿命ナリ。
学名にラテン語が使われるのはラテン語で話す人がいない(死んだ言語)から変化しなくて便利だから。

>「あのさぁ、めちゃくちゃ腹減ってるんだけどこの辺で飯食えるとこない?」

意味は通じても俺様なら答えないっす。
こんな喋り方する輩とは一言だって話したくないし〜。

「少々物をお尋ね致しますが、この辺りに食事のできる場所はございませんでしょうか」

これなら江戸時代でも通じますのう。
結論:言葉の違いは時代ではなく、喋る人間の品格による。

.....バカと貧乏人と田舎者が大嫌いと公言して憚らない
うちのママン、口の利き方には滅法うるさいっす♪
| はしばみ2 | 2010/03/23 8:55 PM |

>元保険屋さん
いえいえ。
でも文章で口語体のものが残ってるのは
平安時代くらいになるとほとんどないような。
だから余計にどんな口調で
どんな日本語をしゃべっていたのか気になります。

>リコピンさん
学校で聖書!!すごいなぁ・・・。
でも口語訳は明治時代に、ということはその頃の口語体も
今となってはわかりにくい言葉ってことですね。
明治時代というと私の曾おばあちゃんが明治後期生まれ
だったけど、曾おばあちゃんは既に新しい話し方を習得して
私にわかりやすいように話してくれてたのかも。
あのさぁ〜、はさすがに出てこないですよね(笑)

こういう疑問に思ったことは私の場合はブログにしか書きません。
一部のこういうくだらない話を喜んでする友達との
会話では話題としてこういう話をふることがあるけど、
人を選んで話すので流されることはないですよ。
たぶん相手が興味ないことを話してもつまらないだろうな〜
と予測して口に出すことはないです。
リコピンさんも書いてるけど、たぶんこの手の話って
普通の感覚で生活してる人にはかなりどうでもいい部類の話で、
これに喜んで食いつく人はリアルな私の友人でも稀です(笑)
だから私にとってブログはこういうリアルではなかなか口に
できないことをぶつける良い場所として存在してたりします。
あまり友達とかにこういうことを口に出して話してると、
変わり者認定されるので注意が必要ですよね。
私はこういう系のことはなるべく口に出さないのに
変わり者認定されるので、まぁ・・・口に出さなくても
変わってる人は変ってると気付かれるものかもしれないけれどw

>ぽるてさん
その本すごい面白そうなこと書いてありますね!
かなり気になってアマゾンで検索しちゃいました。
今思わず注文しそうになってます。
2も出てるけどどうなんだろう??
・・・って本の方に食いついてしまう(笑)
大昔のギャル語だったものが現在スタンダードに関しては
お嬢様言葉なんていうのもリンク先でみかけたけど、
そういうのって面白いですよね。
もしかすると本当に現在のギャル語の一部が
将来の標準語になっている未来もありえると思います。

>はしばみ2さん
ラテン語のくだりはなるほどー!と思わず唸っちゃいました。
そういう経緯でラテン語なんですね。すごい納得。
例文になってる言葉遣いはたしかによろしくないものだけど、
こういう普通の口調でも通じるのかどうか?
に関しては私はちょっとキニナルタイプ♪
| かりん | 2010/03/23 9:41 PM |

 そうそう、井上ひさしの「國語元年」ってぇドラマがありまして。
NHKの。DVDにもなってますが、かりんさんの話読んでて思い出しますた。
 明治の初め、「全国共通話し言葉」を制定せよって命令された文部省の役人(川谷拓三)は悪戦苦闘しながら「共通語」を模索する....って真面目な話でもなくてw ギャグ満載なんですが♪
 通じるかどうか「1:商談してみる 2:女を口説いてみる 3:押し込み強盗してみる」の3パターンで通じればOK、みたいなw そのココロ「物欲、性欲、生存本能が掛かってる時に通じればよし」だとか♪
 中央公論新社 から文庫が出てますナ。お勧めっす。
| はしばみ2 | 2010/03/23 11:08 PM |

>はしばみ2さん
そんなのもあるんだねw
ちょっと面白そうかも〜!
今から検索してきまっす。
| かりん | 2010/03/23 11:37 PM |

こんにちは。
言葉の変化は、権力に依存している気がします。
今の10〜20代の世代が30年ほど経つと、
国会議員の大半を占め、政治を司るようになれば、
いま放送禁止用語のような言葉も、
ネット上では氾濫しており一般化している。
などと解釈がされ、
自由に放送される時代になるかもしれません。
教科書、辞書、広辞苑などを監修する人や
司法・立法・警察など権力がある機関の
主要メンバーが若返れば、
自分たちの作ってきた言葉が
標準化されるのではないかと。
歴史的にも「てふてふ→蝶々」など、
変化されてますし。
いま若者言葉と批判している方々の
力が衰えたときが、変わり目のような気がします。
| 割り箸 | 2010/03/24 3:14 PM |

>割り箸さん
たしかにそうかも!とコメントを読んで思いました。
だから昔のギャル語が今の標準語だったりするんだ・・・。
でもその歴史は繰り返されて今の日本語があるんでしょうね。
将来がちょっと楽しみかもしれません。
| かりん | 2010/03/24 8:27 PM |

レスできません。コメレスなしで
OKな方だけコメントどうぞ。
(2014/7/22〜)









   
コメント本文にURLは入力できない設定になっています。
※ブログやHPをお持ちの方はURL欄に入力して下さい。
コメントの投稿がうまくできない方はコチラ
 
http://love.mania.daa.jp/?eid=989667
TB大歓迎ですが、関連性のない記事及びTBを返せないブログ様のTBはご遠慮ください。
TB送信元にこちらのURLがない記事からのTBは現在受け付けておりません┏○ペコリ
http://love.mania.daa.jp/trackback/989667


ブログ内検索
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< March 2017 >>

ケータイ用QRコード
一番右上のカレンダーの日付部分またはカテゴリーからもこれ以前の記事に移動デキマス。
今までの記事一覧では、タイトル一覧がランキング形式で見られます





with Ajax Amazon