t: y:
今読んでる人は

踏み逃げ、読み逃げ、ロム専、無断リンク大歓迎


今までの記事一覧
タイトル一覧がランキング形式で

<< Dell ST2210 21.5インチフルHDワイドスクリーンモニター購入main時代が変わると見え方が変わるのが面白い >>
ママはアイドル〜ミポリンとゴクミ
つい最近TBSチャンネルのリクエストドラマ特集で「ママはアイドル」を放送していて、懐かしいな〜と思ってなんとなく見たら結局最後まで見てしまいました。どんなドラマかというのはこの動画の最初の1分を見ると大体わかります。


携帯の方はコチラ※パケット定額制以外の方は再生しないで下さい

動画を見れない方、再生したくない方のために簡単な解説をすると、教師をしている3人の子持ち中年男性がひょんなことからトップアイドル中山美穂と再婚することになる設定。3人の子供は中学生男子1名、中学生女子1名、小学生男子1名。そのうち小学生の子供は元から中山美穂の大ファン。アイドルが突然自分のママに!という葛藤と嬉しさと、上の子2名の複雑な心境プラストップアイドルのため結婚の事実は世間に絶対内緒というドタバタコメディドラマ。

改めて大人になった今見てみると、80年代のイモさ加減が恥ずかしい感じもするけれど、アイドルが突然自分の家に住むことになるという設定は当時自分が思春期だったら毎週テレビにかじりつきの設定だな〜と思うのです。
特に一番上の子は中学2年生か3年生という設定なのだけど(受験まであと一年なんだよ!というセリフが印象的。)、再婚した中山美穂は17歳で高校生という設定。そもそもその設定に無理があるんじゃないか?とかそういう話はおいといて、たった3つしか違わない母親ができるだけでも複雑なのに、それがトップアイドルだったとなればもうなんか興奮の設定じゃないですか!

そういう私も小学校高学年から中学校の初めくらいまでは光GENJIのかーくんに夢中だったわけで、その頃「突然かーくんがうちに遊びに来る」とかそういうことを妄想した経験も豊富。それを考えても当時ミポリンは実際に人気アイドルだったので、ファンの男性にとってはまさに妄想がそのまま形になったようなドラマだったでしょう。(結婚しているという設定は夢のようではないけれど。)

このドラマを見ているとところどころにドラマなのにテロップが出るのが、なんかちょっとダサい。という感覚になるけど、当時としては斬新だったんだろうなと。更に当時はあまりアイドルの裏側というか、表に出ない楽屋話的なことは一切テレビで見たことかなかったのでそういう意味でも衝撃的でした。

時々歌番組などでアイドルが「休日に友達に電話をかけた」という話をしているのをチラッと聞くだけで「この人も普通に電話なんてするんだー!!」とか驚いていた時代です。(これは単に私が当時子供だったからかもしれませんが・・・)その時代にドラマの中の設定とはいえ、楽屋でマネージャーに「どうして聖子さんは結婚してもアイドルで良くて私はダメなのっ?」と詰め寄る姿や「私いつもこれでスーパー行ってるもん!」と変装せずに出かけようとする姿はとても新鮮でした。

それにしてもこの頃ミポリンもゴクミもすごくカワイイ。ゴクミは当時本当の美少女という感じがしてたのを思い出しました。そして一番上の子役は永瀬さんなんだけど、永瀬さんも若い!そしてなぜか私の中ではマネージャー役の松澤一之さんがものすごくハマリ役の気がしてます。

このドラマの放送が1987年ということで、出てくる小物がものすごく懐かしい。当時私も持っていたダブルカセットのラジカセとか、ちょっと画面に映るだけで「あああ!これ持ってたーー!」と違う意味で今新たに感動ですw

これをリアルタイムで見ていた頃、ゴクミの部屋にある収納式ベッドがすごく憧れで、私もあんなベッドに将来寝たい〜と親に話した記憶も懐かしい。久々に何もかも懐かしいドラマでした。

ママはアイドル ! DVD-BOX
そして今ちらっと検索したらDVD-BOX出てるんですね。スペシャルは見逃してるのでなんか急に欲しくなってきました。たしかにこのドラマコメディとしてもうまくまとまってるし、設定もものすごくスキかも。録画しながら見てた回もあるんだけど、消さなきゃよかった・・・。


この記事のカテゴリ:テレビ
 
| かりん | 00:13 | comments(10) | trackbacks(0) | |
Related Posts with Thumbnails
スポンサードリンク
懐かしい〜ですね!!

その頃の私は中山美穂さんは全く興味がなく、ゴクミに憧れてました(笑)※このころから、親戚内ではもしかしてこの子は・・・女ばっかりに憧れるから・・・といううわさをされだしました。

単純に綺麗な人って憧れましたね。
昔のドラマって、今見るとたしかにダサイけど、その当時はかなり新しかったし、いろんなアイドルとかも出てきて、学校にいったらテレビの話題だけで十分持ったよね。
ゲームとかあまりなかったけど、夜、テレビでドラマや音楽番組を見るのが楽しみだったな〜
最終回になると、寂しいなって泣いてたし。


光GENJIとかチェッカーズ世代ですかね〜 私はどうもジャニーズとか興味がもてなくて。
でも大人になってから、SMAPはコンサート何度も行ってますね(笑)
一緒にいく友人は光GENJIからSMAPにいった人が多いです。

今、住んでいる町がミポリンの出生地で、昔、ある場所でバイトしていた時に、そのお店の近所で昔、ミポリンのお母さんがお店をしていて、よくミポリンや妹がお店にきていたっていうのは有名でした。やっぱり綺麗だって。

「パパはニュースキャスター」とかこの時代のドラマは見入っちゃいますね。

| チャコ | 2010/03/07 12:35 AM |

かりんさんの書くネタはどうしてこうも私のツボを押さえてくれるのでしょう〜! 
まさに、TBSチャンネルではまって見てましたよ〜!(笑) 
小さい頃、みぽりんが大好きだったので懐かしかったのと、札幌に住んでた時の幼なじみがこの頃のゴクミにそっくりだったと気付いて余計に見入ってました。 
一番上のお兄ちゃんて、みぽりんより年上の設定じゃなかったでしたっけ? 
どこかのセリフで年上だと言っていたような… でもうる覚えなので確信は持てませんが(汗)

あとあと、先日のホンダのアプリについても全く同感です! 
実は、○通に勤める知人が、企画したから登録してね〜と日記で宣伝してたのでやってみたのですが、仕様が分かりにくい上に名前を変えるのにも抵抗があり、すぐにやめました。苦笑 
本人には、分かりにくいよ〜と言ったのですが反応なかったので、名前のことは言うのやめましたけど。(笑)
因みに、企画者は私と同じ年なので、抵抗があるかないかは、年齢はあんまり関係ないかも知れません。(笑)
| ピノコ | 2010/03/07 2:15 AM |

なんと懐かしいwwww
この頃は徴兵されたばっかでTVが自由に観れなかった時期で馴染みがなく、なんか変な気分^^
時代を感じさせるドラマですね、ダブルカセットのCDラジカセなら傍らに置いてありますが、動かないですorz
| hir○shi | 2010/03/07 7:31 AM |

すまぬ、岡崎友紀と純アリスの「ママはライバル」と間違えた…orz

おじさん古いね…
| たなくら | 2010/03/07 9:49 AM |

>チャコちゃん
懐かしいよね〜!
ゴクミに憧れるっていうのはわかるよ。
ミポリンは年齢が離れすぎて対象じゃなかったような。
ゴクミは年齢も近かったから憧れの対象だったよね。
ゲームもファミコンとか当時もあったけど、
もっぱらテレビの話とかその他の話で持ってたよね。
ゲームは一日30分だったし。←うちの場合。
ジャニーズは興味ない人はその年頃でも全然なかったよりね。
むしろ嫌いと毛嫌いする人も多かったかも。
でもミポリンのお母さんはお店出してたんですね。
全然知らなかったー!ミポリンもしのぶちゃんも
どっちもキレイだよね。この二人が家族にいるってすごい。
弟さんもいたはずだけど、弟さんは一般の人になったのかもですね。
パパはニュースキャスターもすごい懐かしいな〜!

>ピノコさん
ツボでしたか!そしてピノコさんも見てたんだね〜。
これ一度見出したら最後まで見てしまう。
でも最終回は見たけど、スペシャルは見なかったんだよね。
まさかスペシャルあるとは思わず。
放送されたのかどうかも知らなかったりします。。。
そして一番上のお兄ちゃんずっと受験まであと一年の
セリフで中学生と思っていたけど、もしかして大学受験かも?
とピノコさんのセリフ見て思った!
もし中学生ならゴクミと同じ学校になっちゃうもんね。
そっか、それならミポリンより1個年上だよね。
ドラマの設定の中で。ああ、中学生ってのは私の勘違いかも!

ホンダアプリについても同じ感覚なんですね。
あれはたしかに年齢じゃなくて個人の感覚なのかも?
名前を変えなくてもアプリはできるけど、
どうせやるなら確率上げたいしね・・・。
だから私はやらない選択でした(笑)
でも企画した人はお知り合いなんですね。
目のつけどころに関してはすばらしいと思います。
私やピノコさんみたいに受け入れられない人も多いけど・・・。

>ひろしさん
懐かしいよね〜!
でもこの頃既に社会人だったとは。
ダブルカセットのCDラジカセは新しいタイプだよー。
私のはCDついてないダブルカセットのみのラジカセでした。
あ、ラジオは聞けるけどw

>たなくらさん
そっちはわからないorz
ごめん(ノД`)・゚・。
| かりん | 2010/03/07 7:04 PM |

CD無しと言えば・・・・

日立パディスコ!!

昔、持ってましたw
| hir○shi | 2010/03/07 8:49 PM |

いえいえ、年寄りの戯言、気にせんで下され┏○ペコリ
「ママは…」と言われると、自分たちの年代はこっちなんだよなあ…

「ママはアイドル」がそのタイトルや設定に影響を受けた作品なんですよ。
1972年当時のライトコメディードラマです。
| たなくら | 2010/03/07 9:08 PM |

>ひろしさん
パディスコってなんだ?と思ったら、
なんか昭和の香りだった〜。
これの後がその動かないCD付ダブルカセットラジカセかーw

>たなくらさん
ママはアイドルが何かに影響受けて作られた、
っていうのは昨日wikiで読んだ気がします。
でもその何かは何か全然覚えてませんでしたw
| かりん | 2010/03/07 9:27 PM |

ママはアイドル、見てました。アイドルが突然父と再婚するという普通ではあり得ないような題材にして、何となく業界をネタにするところがあったという印象でした。

実際、「しょーもなぃ」などと思いながらあの軽さが面白く、最終回まで全て見てしまいました。こういう「しょーもなぃ」もの、好きですね。今のTBSでは出来そうもなさそうです。

最終回のこのアップされたVでは無かったですが、ミポリンが番組テーマを歌うシーンで、後ろで色とりどりの反物?がサーと降りる場面がありましたが、それ一本だけ途中でねじれて横へそれてしまいました。これ計算づくなのか失敗だったのか、どうなのだったのかな。

ところでこのママはアイドルに前後して、パパはニュースキャスターというのがありましたね。田村正和が独身のニュースキャスターで、突然三人の血縁関係では実の子という娘がやってくるところから始まってます。
| kisomitake | 2010/03/08 11:46 AM |

>kisomitakeさん
見てましたか〜。私も見てました。
そしてくだらねー!と思いつつ軽さが面白いというのも同じく(笑)

ところで後ろで色とりどりの反物が1本だけねじれてる、
については当時から気になってました。
友達との間で話題にしたこともあった気が。
実際はどっちなんでしょうね。私もキニナル。

パパはニュースキャスターについては上の方のコメントでも
出てきてますね。やはり皆さんこれと一緒に思い浮かべるようで。
そちらは2-3年前に見ましたが、ちょっと通じる設定がありますよね。
| かりん | 2010/03/08 10:00 PM |

レスできません。コメレスなしで
OKな方だけコメントどうぞ。
(2014/7/22〜)









   
コメント本文にURLは入力できない設定になっています。
※ブログやHPをお持ちの方はURL欄に入力して下さい。
コメントの投稿がうまくできない方はコチラ
 
http://love.mania.daa.jp/?eid=989651
TB大歓迎ですが、関連性のない記事及びTBを返せないブログ様のTBはご遠慮ください。
TB送信元にこちらのURLがない記事からのTBは現在受け付けておりません┏○ペコリ
http://love.mania.daa.jp/trackback/989651


ブログ内検索
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< March 2017 >>

ケータイ用QRコード
一番右上のカレンダーの日付部分またはカテゴリーからもこれ以前の記事に移動デキマス。
今までの記事一覧では、タイトル一覧がランキング形式で見られます





with Ajax Amazon