t: y:
今読んでる人は

踏み逃げ、読み逃げ、ロム専、無断リンク大歓迎


今までの記事一覧
タイトル一覧がランキング形式で

<< 相手に不快な思いをさせてでも自己防衛する時代main2月28日(日)午後津波が来ます >>
本当の意味で男女平等は絶対無理
先に言っておきます。以下の事柄は古い考えと思われるということも、時代の波に逆行している考えなのも理解した上での「私個人の」考え方です。

男女平等に、という考え方自体は悪くないと思います。たとえば女性しかできない職種というのがなくなったり、もちろんその逆もいい傾向だと思ってます。でも、なんでもかんでも男女平等っていうのはナシ・・・というより無理じゃないのかな?と。

社会人になって社会の仕組みが理解できてきた頃からそう思ってきましたが、それから10年ほど経つ今もやっぱり本当の意味で男女平等は無理、と思います。
以前よくテレビに出ていた細木さんが「男女同権には違いないが、同質ではない。男女の質の違いを知りなさい。」ということを言っていて、細木さん自身は私はあまり好きではない方なのですが、この言葉にはかなり納得しました。

男と女って体の作りも体力も違うので、全部平等ってできなくはなくても、その内容によってはどちらかに負担が多くかかりすぎるのではないでしょうか。

一番最近私が「やっぱり男女平等は無理ね」と思ったのは力仕事の時。これ、絶対男性と同じようにはできません。職場には高校生もいるのですが、その仕事では高校生男子の方が私よりずっと役立ってることを感じます。もしこの仕事を均等に割り振られたら、男子高校生が30分でできるところを私は1時間かかるかもしれないとも思います。非効率的ですよね。

これは男女が逆の立場になる仕事もあることでしょう。そういう意味からいっても、男女平等というのはちょっとどうなのかな。と思うのです。

男性には男性に向いている事柄があって、女性には女性に向いている事柄があるのは当たり前のことで、どうして女性だけがやらなければいけないの?という主張については、自分も女性なのに納得できない面があったりします。

女性が社会に出て割り当てられることの多い仕事の内容は大抵は男性でもやろうと思えばできることで、女性にしかできない仕事の内容というのが少ないからかもしれませんが、じゃあ全て平等にしたらできるのか?と言われたら男性にしかできない仕事、男性じゃないと非効率になる仕事が出てくるのでなんとなくこれも平等じゃないような。

体力や体の作りという基本的なところが違うようにできてるからそれは当たり前のことじゃないか?と思ってしまうのです。

ただ、女性が社会的に不利なのはその通りで、特に出産に関しては社会的には女性が不利だな。とは私も感じます。これこそ平等には絶対にできず、女性にしかできない事柄。出産の後の育児は男性もできますが、出産だけは絶対に無理。

そのために社会に出ていた女性が会社に戻れない状態になったり、昇進できなくなったりというのはたしかにあります。たぶんそこをなんとかしようとして男女平等ということが言われ始めたのかもしれないとも思いますが、なんとなく違う意味で使ってる人も多いような気がしています。



なぜ突然こんなことを書くかというと、今日25歳のOLです。先輩に叱られました!というトピを読んだから。入社二年目の女性OLが、先輩社員に給湯室の掃除の仕方が悪いと叱られた内容なのですが、そのトピ文の中で「どうして女性だけが給湯室の掃除をしなくてはならないのか」という疑問が書かれていました。

その問いの答えとして女性の先輩が「じゃ、あなたは脚立に乗って蛍光灯を替えている?寒い中、イベントの時の旗立てに町中を回っている?(男性陣がやっていることです。)男性から女性もやれって言われた?何事もお互い様ってことがある。それらを補いあって信頼関係や人間関係ができあがる」と言われ、その考え方は古い、化石のようだということを思っているという内容だったから。

私は先輩の考え方に賛同だけど、その先輩と同じ年代の化石人間だからなのかも?と今自分でも思ってるところです(笑)


この記事のカテゴリ:オモウコト
 
| かりん | 01:48 | comments(25) | trackbacks(0) | |
Related Posts with Thumbnails
スポンサードリンク
私も最近とても思うことがあるんですが(ただの愚痴ですが(^_^;)
私も毎日8時間勤務していて夫と同じ時間拘束されているのに家に帰ると食事作り、洗濯、掃除など・・・
ほとんどが私の仕事になっていることです。
自分の時間がないことにイライラしてしまうことも・・・

たまに夫が手伝ってくれても「お前の仕事を手伝ってやった!!」
みたいな態度に「これって私の仕事だって決まってるの???」と思っちゃいますよ。
| たんたん | 2010/02/27 7:38 AM |

確かにそうなんですよね。
力仕事は男性の方が効率がいい。
それを実感するのが私の場合は雪かき!
二人で一緒にやっても出来る範囲が全然違う。
私がちょこちょこしか進まない所を
ガーッといともあっさりと短時間でやっちゃう。
それを考えると相方が帰ってくる前に一人で雪かきするのがバカらしくなる(笑)。
相方が30分で終わるのを私は2〜3時間かかりますもん。

能力の違いを考えて
お互いが納得できる形で分担できるのがベストですよね。
| ぽるて | 2010/02/27 9:00 AM |

確かに男性・女性それぞれに向いている仕事、作業はあると思いますよ。ほぼかりんさんと同意見です。

お互いに効率のいいことをするのはいいことだと思いつつも、私もたんたんさんも同じく共働きで疲れてくたくたなのに自分だけご飯支度しなきゃいけないときはすっごく損した気分になりますね。

相方に任せるよりも自分がご飯作ったほうが間違いなく美味しくて合理的なのはよく分かってるんですけど、もう少し感謝してもらえたらなーと感じる今日このごろ。
| わふわふ | 2010/02/27 9:08 AM |

「男女平等」という言葉が誤解の元かもしれないですね。あくまでも権利において、平等であるべきということで、かりんさんが仰るとおり男性に子供は産めません。

身体的なことだけでなく、精神的な面でも一般的に男女によって差があるものです。男性の方が向いている仕事もあれば、女性に向いてる仕事もあって。

なのでOLさんの先輩が言ったことは、私も賛成です。以前会社勤めしていた頃、給湯室にいたらオジサン社員が来ました。その時何があったかは忘れましたが、確かそのオジサンは雑巾でシンクの台(シンクの横・なんて言うんでしょう?)を拭こうとしたんです。私は慌ててそれを制したことを覚えています。あまりの驚きに、10年以上前のことなのに忘れられません。雑巾と布巾の違いがわからない男性って、結構いるんですよね。

これは些細なことですが、そんなこんなが一事が万事だと思います。日本では少し、結婚後・出産後の女性が仕事の面でマイナスを被ることが多いとは思いますが、今一度女性としての誇りというものを考え直すべき時のような気がしてます。

ちなみに共働きの夫婦の場合、女性だけが家事をしてそれが不満なら、それを素直に言ってみたりはされないのでしょうか?「手伝ってくれとは言わないけど、感謝くらいはして」と。これは単なる、素朴な疑問ですが…。
| Sophie | 2010/02/27 9:31 AM |

こんにちは♪

私の妹は 都内に勤めているのですが、
とにかく忙しい部署で、
帰宅が 夜中1時や2時になることも、ザラにあるそうなんです。
(もっと遅い時も・・・)

それで、
「女の子に そんな時間まで残業させるの?
 あんまりじゃない? 帰りも危ないし・・・」
と言ったら、
「男女雇用機会均等法のせいで、
 男も女も 関係ないのよ・・・(-_-;) 」
と。

うまく説明できないんですけど、
本当 男性と女性って 
根本的・本質的に 違う部分がありますから、
ただ単純に平等にすればいい ってものではないと、
私も思います。

「人」としての権利や 大切さはもちろん同じであって、
平等でなければいけないですけどね☆彡
| | 2010/02/27 2:04 PM |

あっ 先ほどの投稿に
名前が入っていませんでした! 
cocoでした♪


| coco | 2010/02/27 2:07 PM |

なかなかに興味深い記事でした。「平等」っていうものの考え方が、時代によって人によってずいぶんと違うのだということが、わかりますよね。
自分の考える「平等」は、例えば、仕事においての「平等」ならば、男であれ、女であれ、その能力や適正、あるいは希望に応じた分担をしつつも、それは性別による差別であってはならないということなんじゃないかと思います。
つまり、出産とかあきらかに男女に違いはあるわけで、その違うことが理由で、仕事に復帰できないなどの不平等がうまれているのが、現在。
ただ、このような不平等は、社会的に解決可能な選択肢があると思っています。
今はまだ、無理っぽいですけどね。
| タッチミー | 2010/02/27 6:13 PM |

人間に平等なんて存在しねぇっての。
そりゃ平和が続いてうすらボケしたアホ連中の幻想だってば。
もって生まれた資質はもちろん、国籍や母国語、出身地や肌の色で「等級」分けされてるのが世界的なスタンダードじゃマイカ。
男女だって、そもそも出生率からして違うし〜。オスは改良型で高性能だけど(原初の生物は全部メス)それゆえ安定性が劣る(死に易い)。加えて狩りとか危険なコトするから余計に死ぬ死ぬ。なので余計に生まれる。
でもって遺伝子提供者として常にスペアを確保する必要上、元気なオスが余り気味ってのが本来あるべきヒトの姿なんでしょうかのう。
だから男女に同じことさせるのが間違いで、会社ん中を小さな「社会」と(あ、いいシャレw)考えれば男女の仕事は違って当たり前なのす。制度的に「権利は同じ」にするのが関の山。
....ってかさ〜、世界史も日本史も登場するの殆どオトコじゃん?古来、政治家も軍人も芸術家も学者もオトコばっかり、っつ〜のは如何なモンですかのう。
...それでもわが日本の場合、卑弥呼は女王だし天照大神は女神様なワケですが(謎)
| はしばみ2 | 2010/02/27 7:41 PM |

>たんたんさん
わかりますよ、その気持ち!
同じように働いてもやっぱり家のことは私?
ってなりますよね。それはうまく旦那さんを
手伝わせるように使えるようにならないとダメなのかも。
あなたも家のことちゃんと分担して!というのが
女性側の言い分だと思うし、私も同じ気持ちになるけど
実際に多く稼いできて経済的に支えてるのはやはり
男性の方なので、ここは波風立てずに疲れてるだろうけど
手伝ってもらえないかな?という言い方がベストかも。
本当ならそんなこと言わなくても自ら気付いて
くれるのが一番いいけどなかなか難しいようです・・・。
全てをたんたんさんがしないで、たとえばゴミ出しは
あなたね、というような分担はやっぱり難しいのかな?

>ぽるてさん
あぁ!雪かき!
雪かきは本当に男性の力は頼りになりますね。
お互いに納得できる形で分担がベストについては
本当にその通り!と思います。

>わふわふさん
たんたんさんのとこにも書いたけど、わかります。
うちの場合に当てはめると彼も料理がうまいので
どっちが作ってもいいじゃん!と思います。
幸いうちは時々作ってくれるけど、ただ作るだけで
必ず後片付けは私なので不公平だよな〜とは思います。
せめて感謝を、っていうのもわかるな。
それだけで同じことでも気持ちが全然違うのにね。

>Sophieさん
そうかもしれません。言葉だけ読んで勘違いするのかも。
そういう意味では細木さんの男女同権という言い方の方が
わかりやすいかもしれませんね。
雑巾と布巾の違いがわからない男性、いっぱいいますね。
うちにいる男性一名も布巾で床にこぼした水を
ふき取ってしまう人なのでその例はわかりやすいです。
共働きの夫婦の場合の家事の分担については、
たぶん不満に思う側が相手に伝えてると思いますよ。
ちょっとは手伝ってよ!とかいろいろと。
それでも男性にはなかなか伝わらないのではないでしょうか。
特にそれが日常のことになると難しいかも。
私も毎日仕事と家事をやってますが、全然感謝されません。
まぁ・・・私の場合は働かなくてもいいと言われてるところを
自分が好きで働いてるだけなので、仕方ない面もあるけれど。
↑諦めの境地です。

>cocoさん
たしかに男女同権を社会で通用させようとしたら
妹さんの職場のようなところでは、男でも女でも
関係なく残業や転勤(はあるかわかりませんが)が
あるでしょうね・・・。その点については仕方ないかも。
その代わり、たぶん男性だから、女性だからという
給料の差や扱いの差がないのでしょう。
仕事だけ同じくやらせて女性だからと昇進できないとか
そんなバカな話だと黙っていられないけれど・・・。
私も男女は違う部分があるから、単純に平等でいい
ってことではないと思ってます。
それでも夜道の一人歩きは「女性だから」危険だし、
世の中は男女不平等なところがまだまだあるんですけどね。
こればかりは体力の差なんかもあるので、
この先もずっと平等になることはないですね。

>タッチミーさん
本当ですよね。時代や人によって違うものでは
たぶんダメなんでしょうけど、現実的にそうみたいです。
だから男女同権なら出産した後の社会復帰も
希望すればできるような社会になってなければならないけど、
タッチミーさんの書いてるように今はまだ難しそうですね。
よほど特殊な能力か大きな会社でもなければ。
解決可能な選択肢が選べる状態でも、それを選ぶと
会社にとって利益が少なくなると判断されれば
選ばない会社もあるわけで、難しいのかなと思います。

>はしばみ2さん
うん、その通りだよね。
皆なんでも平等に、ってなったら
民主主義は成り立たないしね。
権利だけは同じでも同じことは無理。
細かくいえば同性でも人によって能力が違うワケで、
適材適所があるわけですが。
はしばみさんも書いてるけど、男性の方が基本能力が
上だからいつの時代も上に立つのは男性が多いかと。
あとこれは偏見も入るけど、女性の場合は個人的感情を
公の場に持ち込む人も多いからなかなか難しいのかなと。
これも女子の性質だからそれは上に立つ人としては
向いていないのではないかと思ってみる。
| かりん | 2010/02/27 8:08 PM |

以前某大手の運送屋さんに女性が混じっていてびっくりしました。大きなコピー機ををモンキー持ちしているのを見て、あ、素人だと思いましたが、男女雇用機会均等法からなのかなと思ってました。しかし後日、腰のことが心配になったので、違う場面で上司らしき方に「女性もコピー機持つようになったのですね。でも見ていて気の毒というか怖かったです」というと、「え?どこの現場のときですか?社内規定ではそれは女性にさせるの禁止です」って言ってました。
運送屋さんでもそうなのですから、全ては当てはまるわけもありません。

ただ女性は事務職ばかりでなく、もっと営業出来る人が増えてほしいです。(保険や化粧品以外の)
きっと出来ると思います。
| pira | 2010/02/27 8:27 PM |

うーん、上手く伝わるかとても自信が無いのですが、とにかく書いてみます。
男とか女で分けてしまわないでほしいのです。
もちろん、男女全く同じとは思っていません。出産に関してなんて特に。それは体の構造上もうどうしようもない事だから。
でも、力持ちでない男の人もいるし、細かな作業が苦手な女の人もいます。大多数がそうであるというだけで。
ですから、能力がある人がやってみればいいと思うのです。
初めから、女だから男だからという理由で入り口を閉ざしてしまわないでほしいのです。

だからと言って、たとえば土俵上(大相撲だけだと思いますが)は女人禁制はけしからんとかは思いません。逆に沖縄の風習で男子禁制の場所もあるようですし。こういうのは歴史や文化、風習からくるものなので、無理強いして解放しろというのは馬鹿げていると思うのです。
(ただ、これは時代によって変化するものと思うので、将来は変わってくるかもしれませんが)

ああ、やっぱり分かりにくくなってしまった…。すみません…。
| りつ | 2010/02/27 11:14 PM |

>piraさん
運送屋さんに女性がいるのもpiraさんが思った通り
男女雇用機会均等法からなんでしょうね。
でも運送屋さんの中でもやはり男性、女性で
分担する仕事が違うんですね。女性はあまり重いものを
無理して持つと体のツクリが違うので、
男性なら大丈夫でも体に支障が出る可能性もあるでしょうね。
女性は事務職ばかりではなく、営業が出来る人っていうのは
わかります。私もできるとは思いますが、まだまだ
古い考え方の男性が多い中では厳しい部分もあるのかなと。
女性側がきちんとしても女だからダメだと考える
年配の男性もいるでしょうし、そういうところが難しそうだと思います。
それでも本当にできる人ならそれも乗り越えて認められる
くらいまでなるんでしょうけれども・・・。

>りつさん
分かりにくくないですよ。りつさんの言いたいことわかります。
最初から決め付けをしないで、個々の能力を見てくれ、
ということですよね。それはたしかに一理あるかも。
中には男性でも力仕事が苦手な人もいる、女性でも細かい作業が
できない人もいる、というのもわかります。

ただ、現在はその女だから男だからという理由で
入り口を閉ざされない試みは既に出来ていると思います。
上のコメレスにも出てきましたが、男女雇用機会均等法が
それに当たりますよね。

りつさんの言いたいことがそういうことではなく、
給湯室の掃除のような職場の細かい分担作業のことだとしたら、
それはとても難しいとしかいえません。
私が最後の方にちょっと書いたトピ文の中でも
女性ばかりが給湯室の掃除をするのはおかしいとありましたが、
それは女性だから給湯室の掃除、というよりも
会社の古くからのしきたりのようなもので女子社員が
給湯室の掃除と決まっているようです。
そのような会社の中の細かい体制を変えるには
かなりの努力が必要に思われます。
そこは男女平等じゃない、男女同権だから好きな仕事を
させてくれといっても組織単位で動いているものだから
そう簡単にはいかないのではないでしょうか。
それについては会社の体質が古いという意見には同意ですが、
会社の中で割り当てられた仕事なら苦手だから出来ない
ではなく、やるしかないという答えが正しいと思います。
それも仕事のひとつなので・・・。
会社の体制や体質を変えるにはかなりの努力が必要で
自分ひとりではどうにもならないと思います。
法律でそこまで動かすのも難しいですし。
トピのレスの中に私は変えました!というレスがありましたが、
それを読んでも私にここまでできるだろうか?というような
努力の結果が書かれています。そのくらい難しいことだと思います。
理不尽に感じますが、仕事は得意な作業ばかりやればいいというものでもないので、
その細かい雑用分担についてはある程度諦めなければうまくいかないかも、と思います。

・・・と、長々書いてみたもののそういうことでもない。
ということならすいません(ノД`)・゚・。
| かりん | 2010/02/28 12:19 AM |

私もかりんちゃんの意見に賛成。
というか昭和な女なので、わりと頭が固いかも(笑)

でも、男性と同じように残業もこなし成績も上げて頑張ってる女性も
いる訳で、そういう人には男性と同じように昇格、昇級の機会を与えるべき
これが「男女平等」って意味だと思う(男女雇用均等においては)
男性の中には「女のくせに」「女だから」といって女性の能力を認めない人が
少なからずいるので、そういう人には男女平等を訴えたいですね。

ただ本来女性がやるべき事(得意とする事)が苦手な女性がいたり
男性が好んでやる事を好きな女性がいたり、そういう少数派の人達は
「それは古来から女性がやるべき事」という風習という名の押しつけには
辟易としているかもしれません。
女性だから母性本能がある訳じゃないしね。

でも何でもかんでも「平等」と叫ぶのはお門違いっていうか
某元議員先生なんて「弱い犬ほどよく吠える」ってのに見えて仕方ないわ。
| 美由紀 | 2010/02/28 1:41 AM |

>美由紀ちゃん
美由紀ちゃんは私と年齢も考え方も似てるよね。
たぶんだからスキになったんだけど。←変な言い方(笑)
男性の中には女性を認めないって書いてあるけど、
ほんとにそういう昔の考えのままの人いるよね。
そういう人には同じく男女平等を訴えたい。
女性だからこれが得意だろう、というのはたしかにナンセンス。
でも大勢の人がいるような会社では個々の能力がどうとか、
って考えて割り振ることよりも、性別で雑用を割り振る方が
作業効率は悪くても、会社全体で見る効率はいいんだろうな〜。
とは思う。会社の中でも年齢給なら先輩の方が時給換算したら高いし、
新人がやる仕事っていうのはどこの会社でもあるんだろうな、と。
だから会社の中の雑用割り当てについては、
なかなか難しいところがあるのかなぁ?と思うのでした。
なんでもかんでも平等っていうのはちょっと違うよね。
| かりん | 2010/02/28 8:49 PM |

かりんさん、私の分かりづらいコメに一生懸命レスしてくれありがとうございますm(_ _)m
私の言いたかったことは主にかりんさんのレスの前半部分です。雇用機会均等法はかなり機能しているというのは同意です。でもやっぱり就職活動をした時は結構女子はひどい仕打ちを受けましたが…。
ただ、後半部分についても男だから女だからではなく、新人さんがとか場合によっては手の空いている人がってできたらいいなあと。でも大企業ではそうもいかないですよね。

私の以前勤めていた所は給与昇格ともに完全に男女平等でした。一部女性には許されていない仕事があったのですが、それは女性の場合危険度が高い為でした。特に私のいた部署の上司が男女を問わない人でしたので、掃除などは部下の当番制で、お茶くみに至っては各自自分でいれていましたし、ポットのお湯を沸かすのは朝一番に来た人でした。唯一女の人限定だったのはお茶菓子やコーヒーなどの買い出し。それは男の人に任せると高いものを買ってくるので、女性陣からクレームがついたからだとか。
こういう点ではかなり特殊な職場だったと思いますが、それも小さな所だったからかもしれませんね。
すでに出来上がっている役割分担をひっくり返すのが、非常に困難なことは良く解ります。私もきっとできないと思います。

というか、かりんさんの完全な男女平等は無理という意見は全く持って同意なのです。
| りつ | 2010/03/01 12:23 AM |

>りつさん
なるほど・・・。りつさん自身もそういう経験をしてるからだったんですね。
私が一番最近就職活動をした時はそうでもない感じでしたが、
数年前はたしかにそうだったかも。
りつさんが以前勤めていた会社は男女平等の良い会社だったんですね。
男女問わずに個々の能力を見てくれる上司って、
そこら中にいそうでなかなかいないんですよね。
いい上司にめぐり合えてよかったですね^^
お茶菓子や珈琲の買出しで男性が行くと高いものを買ってくる、
については男の人にお使いさせるとそういう感じなので
どこでも一緒なんだな〜と笑っちゃいました(笑)
| かりん | 2010/03/01 1:23 AM |

言葉の違いでニュアンスもかなり変わりますね。

男女同権、良い言葉だなって思います。

同じように権利があると考えるのと、元から同じに扱うのとでは全く違いますよね。

肉体的な違いを見ても男女を同じに扱う事にどうしても無理があると思いますし、男女同権の言葉で少しもやもやが晴れました。

給湯室の掃除は…なんとなく思ったのは、男性がその場所を掃除する事がないので掃除する人の事を考えて使う事ができないのかな〜と。蛍光灯や外の旗なんかは女子社員は全く関係ない事柄なので反対に男性から文句が出て来ないんだろ〜な〜と推測しました。

う〜ん、実家のトイレを思い出します。
父親以外が女ばかりの家族だったので便座が上げっぱなしだと非難ゴーゴーで(笑)
↑蓋をしめる習慣がなかったので無意識に座ってハマるので

今は蓋をしめる習慣もつき、そこは男女平等です(笑)
| リコピン | 2010/03/01 6:41 PM |

>リコピンさん
たしかに変わりますね。
男女同権ってわかりやすくて男女平等より良い気がします。
権利だけは同じに。でもツクリは違うからなんでも同じは無理ですよ。
というので私も納得できました。

それと給湯室の件はリコピンさんのコメントで納得。
たしかに男性も使うのになぜ女性が?って思ってしまったのかも。
男性も全く関係ないところの割り当てならいいですけどね。
蛍光灯などは女性も関係あるけど、使うってものでもないし。
実家のトイレの話面白いですね(笑)
でもなんか納得かも。逆に女性は常に便座があがってないかもしれない。
という習慣をつけるという方法もあったとは思うけれど。
私も便座をさげる習慣がなくて何度もお尻を便器につけてしまって
今は便座を確認してから座る習慣がつきました。
これだとどこにいっても大丈夫だから便利ですよ。
| かりん | 2010/03/01 9:43 PM |

男女雇用機会均等法で、男女別の職業名を禁止されたけど、この区別がなぜ差別に繋がるのかがいまだに疑問。雇用機会自体は均等で良いけど、職業名まで一つにする必要は?ウェイトレス、ウェイターでいいじゃん?スチュワーデス、スチュワードでいいじゃん?誰か説き伏せて(笑)
| ziggy | 2010/03/02 12:31 AM |

>じぎ
私もそれについてはものすごく疑問。
名称は何も変えなくてもいいよね。
同じく誰かに説き伏せてほしい!
| かりん | 2010/03/02 2:42 AM |

非常に興味深いです。私もかりんさんと同意見です。

私は働く前は全く男女はどうのこうのって思ったことがないのですが、厳しかった就職活動や仕事をしてきてやっぱり体のつくりによって、違うな〜と感じました。
就職活動のときはあからさまに「女性はうちは採りません!!」って会社は数社ありましたが、そういうところは働いても差別され続けると思うのでパス(笑)あんな時代でも、働く場所は多少選択させてくれって思ってました。
働いてからも、やっぱり徹夜とか続くと、体というのか女性の場合は色々あるんで、それに影響されるなっていうのが個人的な意見です。
最近は、なんというのか・・・女である自分をちゃんと受け止めようというのか、その流れに逆らうことができないので、うまく付き合っていこうって考えるようになっただけで精神的に楽になりました。

政府がやることって名前だけはかっこいいけど、その中味と現実とその政策にたいする影響なんて考えてないです。
実際、転職活動していても男女平等とは思えないですが、そういう会社に勤めてしまうよりは、その前にわかったほうがいいと思っているし、仕事も別に人それぞれの役割があるだから、それに文句いってること自体がどうですかね〜と思います。男女の問題でもないような気がするし、新人さんとかには出来ることはなんでも疑問を思わずにやったほうがいいよっていいます。
この年齢にしては古いって前の会社の人には言われましたけどね・・・

| チャコ | 2010/03/02 7:58 AM |

そのうち男も子供を産めとか言われそうです^^;
男女の区別をなくすならトイレと銭湯はどうしましょうかねぇwwww
| hir○shi | 2010/03/03 5:40 AM |

>チャコちゃん
ギャー!今コメレスしてないことに気付いた!
遅レスごめんなさい(ノД`)・゚・。

私も働く前はあまり何も思ってなかったけど、
社会に出てからやっぱり女性と男性は違うな〜と。
働く場所は多少は選択させてくれ、はわかりますよ。
私も未だにそう思う。私はお給料とかのお金面より
やりがいとか働きやすさや好きな職種を選びたいタイプ。
お金沢山くれても精神的にきついところは
やっぱり続かないしね・・・。
チャコちゃんの言うとおりで、女性の場合は
徹夜続きになると影響されますね。
だからたぶん女は仕事に向かないみたいな風潮が
昔はあったと思うのだけど。
政府のやることはほんとに現実味ないですね。
それも同意です。
あと新人さんの扱いについてはそれも同じく思う。
ただ、自分が新人の時にはやっぱりなんで私だけ?
と思ったことあるし、理不尽な気がしてました。
自分が上に立ってみて初めてわかることなんだよね。
新人時代を思い出すと甘ちゃんだな〜と今でも思う。

>ひろしさん
男も子供を産め、ってww
それはないと思うけど、それに近い時代にはなるのかもね。
男女の区別をなくしたらトイレはまぁいいけど、
銭湯は潰れてしまうよね。男子は増えるかもだけどw
| かりん | 2010/03/03 12:15 PM |

自分も本当の意味での男女同権は絶対に無理だと思います。無理と言うよりも「永住外国人への参政権付与」や「女性天皇の是非問題」と同じで発想自体がナンセンスだと思っています。

古いとか時代の波に逆行しているというようなレベルの話ではなく、男女の肉体的な構造が変わらない以上、これは普遍のものだからです。

特にこの手の事を強く訴える女性は全てを絡めたがりますが、例えば女性天皇の問題にしても、はるか2000年も昔より守られてきた伝統を一時の感情やトレンドで破壊する事は許されません。天皇家はそれを連綿と守ってきた日本を代表する家族なのですから、それを後世に伝えてゆく義務が現代人にはあります。天皇家は一般人ではありません。表現の自由も、職業選択の自由も、転居の自由もありません。何の自由も持っていません。それを無視して、男女同権の時代だから女性天皇を認めなさいとは、議論のすりかえ以外の何ものでもありません。権利を遂行するには、同時に自由も与えられなければなりません。まあ、この問題は制度、制度と形式をごちゃごちゃ言うよりも、日本を代表する貴重ないち家庭をみんなで守っていきましょう!で良いと思うのですが・・・。だってこれほど長寿の家庭は世界にも存在しませんよ!!それこそ日本が誇る世界一の宝物だと思うのですが・・・。


さて、私は現在海外に住んでいるのですが(まあ、海外にいるからこそ、天皇の問題や日本のアイデンティティに関心があるのでしょう)、海外の場合、女性の社会進出は日本の比ではありません。消防士、バスドライバー、警官などなど、数え上げればキリがありません。

ただ「女性の立場を向上させる委員会」みたいな強行団体に目をつけられて、差別主義者(社)呼ばわりされるのを恐れて無理やり女性を採用しているように見える場合もあります。

例えば、今挙げた三つにの職業。
●消防士:火災現場のような極限状態で男性を担いで救出する事ができるか?
●運転手:男女の運動能力に差がある事は周知の事実ですが、数メートル手前に子供が飛び出した時に、それを回避する能力は間違いなく男性の方が上です。反射神経もそうですし、ブレーキを踏む力は体力勝負な部分もあります。
●警官:悲しい事に体力(暴力)に関係する犯罪を犯すのはたいていが男性ですが、それを取り押さえるだけの体力があるのか?ま、拳銃やスタンガンがありますが・・・。

これらのポジションって別に男性だけでも全く問題ないですよね。かえって同性だけの方がやりやすい場合もあります。どうしてもやりたいと言う希望を性別でふるいにかける必要はないと思いますが、「格好つけ」や「外圧」で女性を無理やり採用した場合に、その採用枠から、はじき飛ばされた男性(犠牲者)がいるという事を理解する必要があると思います。

その採用された女性よりも運動能力も高く、男性だけのチームの方が機能的に動くと思われていてもです。これって非常にナンセンスですよね。

男性には男性の、女性には女性の適正というものがあるのですから、それを無視して無理やり女性をねじ込む必要は無いと思います。

海外では、年齢、性別、国籍、宗教等を履歴書に書くことは法律で禁止されておりますし、面接で家族構成や家族計画など、業務と直接関係ないことを聞く事も許されておりません。ですが、年齢は大体の職歴や学歴で分かりますし、性別も名前を見れば大体分かります。「マーガレット」や「キャサリン」という名の男性はあまりいないでしょうし。

ただ正直なところ、既婚女性の場合、年齢によっては妊娠・出産と言う業務を遂行する事が困難な、あるいは出来ない時期が来る事を想定する必要もあり、産休中の穴埋めを採用しなければならないとなると、それこそ大変なコストがかかります。だったら最初からそんな心配の無い男性を雇う方が手っ取り早いと考える会社側の気持ちも理解できます。

良い悪いではなく、男女の肉体的な構造の問題です。法律以前の問題です。

以前の職場で、女性社員が四人ほど立て続けに妊娠が原因で退職や休職を申し出、業務が回らなくなりました。家庭の事情なので会社には関係ないですが、会社も個人の事情には関係なく動いています。そのハザマでは常に女性が不利な立場に追いやられますが、やはり仕方の無い事だと思っています。

仕事に命をかけるのなら子供はあきらめた方が会社側に解雇の言い訳を与えずに済みますし、家庭を重要視するのならやはり会社はある程度の立場で妥協する方が賢明かと。家庭と仕事、両立できるくらいなら男性がとっくにやっていると思いますし。

あと、今の勤務先は女性の割合が高いのですが、派閥が存在します。そしてそれを無視したチームを組むと業務は破綻します。
| いくら丼 | 2010/03/22 12:28 PM |

>イクラ丼さん
イクラ丼さんは同権も無理だと思うタイプなんですね。
私はちょっと違ってて、男女同権だけど平等は無理。
という考え方です。権利は同じくあっても
いいかもしれないけど、平等は無理だろうな〜と。
ここでいう権利は主張できる権利とか、生きる権利とか
そういうものと個人的には考えていますが。
だから職業に関しては男性に適しているもの、
逆に女性に適しているものと分けてしまってもいいのでは?
と感じています。

天皇家に関する様々なことはここで書くのは
控えさせて頂きますが、イクラ丼さんの考え方も理解できます。

ただ、海外でも女性の社会進出は義務のような形で
仕方なく・・・というのがあるんですね。
なんとなく外から眺めていると、海外では日本よりもっと
女性にも素晴らしい社会のような感じがしますが、
内情は日本とは違うけど
そんなにうまくいってる感じでもないのか、と。

職業に関する考え方はイクラ丼さんと全く同じです。
男性のみの職業があっても問題ない・・・どころか、
逆に男性のみの場合の方が発揮できる場合も多いと思います。
女性に入り口を作ることは悪いことではないけど、
体力の面で絶対に男性に勝てることはないと思ってます。
たとえば男性の中で力の弱い人と比べたら、
それには勝る女性はいるかもしれないけど、
平均的な男性と比べたらやはり女性では力関係は無理かと。
これ自体が偏見といわれてしまったらそれまでだけど、
体の基本的構造が違うのだから
仕方ないことじゃないかなと感じてます。

妊娠や出産に関することは女性には未だに
本当に不利だと思います。
個人的にはあまり外で継続して働きたくないタイプなので、
それで外で仕事が継続できなくなっても困らないけど、
バリバリに働きたい人も沢山存在するでしょうし、
ますます少子化に拍車がかかるのでは?と勝手に予想してます。
会社は働く人のために存在するというよりも、
利益を生むために存在していると思うので、
いくら丼さんのコメントは男女平等を願っている人から見ると
偏っていると思われるかもしれませんが、
会社のホンネとしてはその通りだと思います。
業績が上がらなければ会社自体がなくなってしまう訳だから、
それは仕方がないことだと思いますが。

現在のいくら丼さんの勤務先の派閥に関しては
女性だけではなく男性でもあるところにはあります。
私は学生時代、男性はイジメもしないし、徒党を組むことも
ないのでは?と思っていましたが、社会に出たら男性でも
女性と同じくそれらが存在しているところもあるのを見て、
ちょっとビックリしたことがあります。
| かりん | 2010/03/22 8:47 PM |

レスできません。コメレスなしで
OKな方だけコメントどうぞ。
(2014/7/22〜)









   
コメント本文にURLは入力できない設定になっています。
※ブログやHPをお持ちの方はURL欄に入力して下さい。
コメントの投稿がうまくできない方はコチラ
 
http://love.mania.daa.jp/?eid=989643
TB大歓迎ですが、関連性のない記事及びTBを返せないブログ様のTBはご遠慮ください。
TB送信元にこちらのURLがない記事からのTBは現在受け付けておりません┏○ペコリ
http://love.mania.daa.jp/trackback/989643


ブログ内検索
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>

ケータイ用QRコード
一番右上のカレンダーの日付部分またはカテゴリーからもこれ以前の記事に移動デキマス。
今までの記事一覧では、タイトル一覧がランキング形式で見られます





with Ajax Amazon