t: y:
今読んでる人は

踏み逃げ、読み逃げ、ロム専、無断リンク大歓迎


今までの記事一覧
タイトル一覧がランキング形式で

<< まったく、最近の老人は!mainバスに置き去りの経験アリ。 >>
泣かないと決めた日というドラマにはまり中
既にドラマがスタートしてから1ヶ月近く経つのですが、今週第一話から録画してあったものを初めて見ました。どんなドラマかわからないけどとりあえず録画していて、3話分までたまったので1話だけ見てダメだったら録画したものを消去して新たに録画しないでおこう。と思ってみたのに、ものすごく面白くて3話まで一気に見てしまいました。

ただ、このドラマにはまった面白さというのは万人に薦められる面白さではありません。たとえていうなら渡る世間は鬼ばかりや隣の芝生系の面白さ。つまりドロドロした人間関係にキーッ!となるのが面白いという意味での面白さなので、ドロドロ系は嫌な方は見ると暗い気持ちになることでしょう。ただ、橋田ドラマと違うのはイジメの舞台が家庭ではなく会社というところ。

主演は榮倉奈々さん。(どんべえのCMで武田鉄矢さんと共演中)榮倉さんは大学を卒業したばかりの新社会人で、ある大手企業の新入社員。そして入った会社で壮絶なイジメを受けるというもの。このドラマのキャッチコピーは「イジメは子供だけのものですか?」なのを聞いてもドロドロしてるっぽいのがわかるでしょう。

このドラマ、まだ社会に出てない人が見るべきものではない気がします。既に社会に出てる人ならある程度自分の経験と重ね合わせて「あぁ」と思う場面はあるでしょうが、社会に出ていない人が見ると社会に出るのが怖くなってしまうかも。

ドラマの中ではありえねぇ!と思えるくらいのイジメが並んでます。でも、ありえないことでもないのかも?と個人的には思えます。新社会人になった人全員がコレを経験する訳ではありませんが、新社会人になったばかりの時って本当に未熟で既に会社にいる先輩たちにイラつかれるのはよくあること。

そういう私も社会人になりたての頃はイジメ?と思えるようなことを受けたことがあります。さすがにドラマほどひどいことはないけれど、閉じ込められる系はあったし、無視や自分がしていない罪をなすりつけられるくらいのことはありました。その時に感じたのは大人のイジメは陰険だということ。

イジメてる人は私なんかよりもっと社会経験のある大人なので、たとえばイジメられているということを誰かに訴えても、それはイジメではないと正当化できる理由をもってイジメギリギリのことをしてきます。

無視され、次の仕事の手順が私だけがわからない状態の時があったのですが、それをもっと上の上司に訴えた時も、無視した先輩は「たしかに手順は口頭では教えませんでしたが、書類を作って事前に渡してあります」といいました。そして実際に私の使っていた仕事用の棚にその手順を書いた書類が置いてあったのです。私は書類がそこにおいてあることすら知りませんでしたが、そんなことは理由になるハズもなく、きちんと仕事の前に自分の棚を確認しなかった私が悪いということになって終了しました。

ものすごく悔しかったし、やる気ゼロになりました。はっきりいって新社会人になった頃は何度も会社で泣いたことがあります。上にあげた例だけではなく、そういうことが他にも何度もありました。結果的にそれが原因で辞めることはなかったのですが、未熟だった当時の私は部署異動をさせてもらいました。

それが特殊な環境なのではないか?と思ったこともあったけれど、実はそれ私にも原因があるのです。原因があると気付いたのは自分が社会人になって数年経ってから。自分が新社会人を迎える立場になった時です。自分が指導する立場になって、初めて学生気分を引きずっている新社会人にイライラしました。その時に自分のあの経験を思い出し、あの時先輩がいつもイラだっていたのはこういうことだったのか!と理解できたのです。それでも無視するとか、仕事の手順を教えずに新人が怒られるように仕向けるということはやはり行きすぎなのではないか?と私は思ったけれど、そういうことをしたくなった先輩の気持ちは理解できました。

ドラマの中でもいじめられている新入社員の榮倉さんが明らかに悪い部分がところどころに出てきますが、社会人になったばかりの頃ってほとんどの人がそんな感じなのかもしれませんね。そこを先輩や上司に叱られたり教えられたりしながらだんだん皆社会人としてのルールを身につけていく気がします。

私の場合は学生時代からいろいろなバイトをしてなんとなく半分だけ社会に出ていたような気分になっていたのですが、気楽にできるバイトと責任を持って働かなければならない社員の立場では全く違っていて、バイトで得た社会経験なんて全然甘ったるいものだと思い知らされました。

もちろん職種によってはバイトも社員も変わらない場所もあるでしょうし、全ての新社会人の方が私のように甘ちゃんだとも思わないけれど、現実にこのドラマの中で行われていることはどこかにあると思います。ドラマでは誇張されてる部分もありますけどね。

話が横にそれてしまったので戻します^^;このドラマ、一瞬先輩たちとうまくいきかけてもまた他の社員に足を引っ張られてどんどん深みにはまっていくツクリになっているのですが、このツクリは90年代のトレンディドラマ全盛期によくあったものと似ています。恋愛ドラマでは「クリスマスイヴ」なんかが近いです。あれも主人公の女性が同僚の女性にはめられて、いろいろすれ違いを起こしていってましたよね。なんかそれに似たものを感じるので余計にはまってるのかも。

そして主人公の榮倉さんに表向きは仲良しで、裏では陰険なことをしている同期の女性が一番タチ悪いと思います・・・。むしろ常に冷たい態度の先輩たちの方がハッキリしてていいかも。いや、イジメがないのが一番ですけど。

既に3話まで放送終了しているので、今から見てください♪とは言えない感じだけど、なんとなく新社会人の頃の話を思い出してしまったので記事にしてみました。

ところで榮倉奈々さんって私の中では気が強いイメージで、いじめられ役になっていた時は「え?この人がいじめられるの?」と驚きました。もうちょっとイメージ的にもおとなしい感じの人がキャスティングされた方がよかったかも?


この記事のカテゴリ:テレビ
 
| かりん | 00:16 | comments(9) | trackbacks(0) | |
Related Posts with Thumbnails
スポンサードリンク
社会人1年生の思い出といえば、本心
から死を覚悟したことです。
訪問販売では無視や居留守が当たり前
(相手をしてくださるのは数%未満)
という状態で、不審者と思われた
ことも、担当地域の小学生グループ
から嘲笑を浴びたこともあります。

成果をあげられなければ朝礼で
怒鳴り散らされて、みんなの前で
吊るし上げ。自分が名指しされなくても
同僚が吊るし上げられて反省の弁
を言わされるよう仕向けられる
あの特殊な空間といったら。。。

これでも、保険会社の営業でわたしと
同じ経験をしたことがない方はいない
のではないかと思うくらいのありふれた
経験でもあります。

怒鳴りつけていた上司も辛い思い
をかみしめて必死だということ
がわかっていたからこそ、体を
壊すまで必死になれたのだと
思います。年賀状のやり取り
が今も続く上司-同僚もいます。

命をさしだしそうになった経験
でもありますが、当時に会社の
仲間でつるんだときに口に出された
ジョークの数々がいまだに記憶に
残っているほど腹から笑える
内容なのですよね。途方もない
辛さ苦しさに裏打ちされた笑い
にはそれだけの力があるのでしょうか。

社会に出てから10年未満ではあります
が、新人時代のように仕事で落命しそう
になったこともありませんが、命懸け
で取り組む情熱も失っていく久しいです。

---といった思い出を誰しもが多かれ
少なかれお持ちなのでしょうね。
ちなみにハンドルの「元保険屋」
は訪問販売で出会った見込客から
いただいた呼び名です。


| 元保険屋 | 2010/02/16 1:05 AM |

今期のドラマはBGM代わりに観ている(観ていない)だけだなぁ。
目は逆方向のパソコンwww
これじゃ内容が解らない^^;
そっか!そう言うストーリーだったのかぁ!!
俺も難儀な仕事ばかり押し付けられてきたなぁ・・・・
20年近く経った今でもorz
| hir○shi | 2010/02/16 6:20 AM |

>元保険屋さん
つらい経験してきてるんですね。
保険会社の営業はかなり身近に経験者がいるんですが、
ある程度できるようになって月収が3桁を越えたのに
やめてしまった人物です。その人に話を聞くと
いくらお金をもらってももう絶対にやりたくないそうで。
会社の中でもそこそこの地位まで上り詰めた人でも
そういうのですから、かなり厳しい世界なんだろう
とは思っていました。
社会にでてそれなりにこなれると
情熱は失われていきますねぇ。
でもきっと全員じゃなくてもほとんどの人が
そうなんだろうな〜とコメントを読んで思いました。
ちなみに私もそうです。

>ひろしさん
いや、それでもなんとなくストーリーはわかる!
私も見たいと思うドラマ以外は全部BGMだけど
話の内容は大体わかるよ。
でも知ってる俳優さんなら声だけで誰かわかるけど
わからない人の場合は声だけ記憶されて、
ある時番組の予告CMとかを目にしたりすると
ああ、この役ってこういう顔の人がやってるんだ。
とか思ったりしますw
| かりん | 2010/02/16 9:10 AM |

見ていて辛い気分になるものは見ない主義なので、このドラマは完璧にスルーしてます。現実世界でもそこそこ辛い思いしてるのにドラマでまでそんなの見たくないんです。ヘタレですみません。

仕事のやり方も教えずに放置とか、実体験を思い出すのでもうダメ。血とか苦手だからコードブルーも無理だし、と消去法してるうちに「龍馬伝」しか見てません。(そのほかはもう終わっちゃったけどNHKの「とめはねっ!」くらいか)なので若手俳優&女優の名前がどんどん分からなくなる(笑)

今見たいのは「ショムニ」みたいにちょっと強引な設定だけど最後にスカっとするやつですね。あとは意外に特撮モノですけど仮面ライダーWが面白くておすすめ。仮面ライダーに変身する探偵の話で基本1話完結なので見やすいですよ。相棒とかガリレオみたいに謎解き要素があるのが好きな人は大丈夫だと思います。
| わふわふ | 2010/02/16 9:53 AM |

私は見てませんが、母が面白いといってみてます(笑)
確実に母の方が、ドラマとかよくしってるし見てるし・・・

「彼女たちの時代」とかって結構暗いドラマもありましたが、そうですね・・・このドラマはあえて見てないかも。
もし、こんな職場に・・・って思うんですけど、絶対いじめられないキャラなんで(笑)

でも、こうなったのも・・・いじめられたからですよ。
最初の会社では仕事忙しい上に、誰も教えてくれないし・・・もう、精神的にまいって入院して(胃潰瘍+栄養失調・・・)
そのときに色々考えたんですけど、学生時代までは自分でどうにか物事は動いたけど
社会人になったら、自分がどうにかしようと思ってもどうにもならないし、周りもそうもかまってられないんだな〜と。

東京である派遣先で、靴をかくされたときは、犯人わかっていたので・・・派遣先にも派遣元にも
「靴がなくなったんですか??どーいうことですか?????」
ってちょっと怒ってみました。
まあ、陰湿な人はどこにもいるし、女性でも男性でも嫌がらせしてくるところってありますよ。
嫌味を言われても反応しないし、困ったふりもしないようになったら、誰もいじめてこないですね。

それにそういう経験をすると、人には絶対いじわるをしなくなります。

主人公には強くなって欲しいと思うけど・・・見ません。転職活動中なので(苦笑)
| チャコ | 2010/02/16 8:53 PM |

>わふわふさん
ええっ!ヘタレなんかじゃないですよ。
それすごくまともな感覚だと思います。
たぶん喜びながらこういうものを見てしまう私は
今割と幸せな状況なのかもしれないと思います。
ただ私も過去の実体験でこういうのはあるけれど、
このドラマを見てフラッシュバックまではしませんでした。
ただ、今までずっと忘れていたあの感覚を
思い出したりはしたけれど。←これがフラッシュバック?
若手の俳優女優はある程度有名になれば
どんどん他のジャンルにも進出してくるので
絶対そのうちわかります。そんなに心配しなくて大丈夫。
ショムニはドラマの世界だなーというとこはあったけど
逆にあそこまではじけてくれると、こっちも割り切って
見ることができますよね。最後にスカッとする、
というドラマなら私はごくせんが頭に浮かびます(笑)
仮面ライダーについてはみたことないけれど、
そういう話なら今度見てみようかな〜。
ちなみに来週からとうとういじめられていた主人公が
反撃に出るそうで、予想外の展開になりそうです。
てっきり苛め抜かれて、でも最後にハッピーエンドとか
そういう単純なツクリかと思っていたので・・・。

>チャコちゃん
お母さんドラマ好きなんですね(笑)
このドラマは今回のクールの中で一番面白いですよ。
期待していたコードブルーはなんか暗いし、
他のドラマも微妙だしでこればかり真剣に見てます。
いじめられた経験が逆にいじめられないキャラに。
ってことはチャコちゃんにとってつらい経験だったけど、
それを吸収して次のレベルに進んだってことですね。
私はいじめられないキャラなのかどうかはわからないけど、
最初の頃よりはかなりうまく渡り歩けるようになりました。
これも経験のうちなんだろうかw
でも、なめられないのも大切だよね。
新しい職場に行くたびにそう思います。
でも生意気でもいけないのでその調整が難しいけど。
どこの職場でも必ず合わない人とか嫌なことする人って
いますよね〜。昔大人になったらそんな人いないんだろう。
とか思ってたけど、甘かったな〜と思います。
学生時代と違って幅広い年代の人がいるから、
学生時代の集団生活より難しいものがあるよね。
| かりん | 2010/02/17 12:17 AM |

え?かりんちゃんが新社会人ってあの会社だよね?
あー、あそこの社員はバイトから見ても幼稚な人ばっかりだったでしょ。
新入社員にイライラするのは理解出来るとして、それを「いじめ」って形で
相手に憂さ晴しするなんて最低だと思います。
個人的な感情を仕事に持ち込む人って大嫌い。
自分に対してどんなに嫌いでもむかついても構わないけど、仕事はちゃんとして欲しい。
でも、学生より精神年齢幼稚な社会人っているよね、実際は。

あ。私はそんないじめに遭った事はありません。
| 美由紀 | 2010/02/17 2:37 AM |

■フジテレビ『泣かないと決めた日』―フィクションだが、もしこんな会社があったとすれば理由も解決方法も非常に簡単か?!

こんにちは。フジテレビの『泣かないと決めた日』、フィクションですが、いろいろと考えさせられる番組です。OECDの調査によると、日本のホワイトカラーの生産性は先進国中最低レベルにあるといわれています。だから、あのように酷くはなくとも、あの職場のようなところもあるのだと思います。しかし、実はこの問題の解決方法はいたって簡単なことなのです。それは、暇をなくすことです。昔から「小人閑居して不善を為す」という諺どおり、暇なことほど人間を堕落させ腐敗させるものはありません。これに関する適切なマネジメントを実施しなければなりません。フジテレビでこのドラマのエンドはどういうことになるのでしょうか、月並みな人間関係のみに着目しているようであれば、陳腐なものになってしまいますね。詳細は、是非私のブログを御覧になってください。
| yutakarlson | 2010/02/17 1:14 PM |

>美由紀ちゃん
そうそう、あの会社。
配属されたのは2階じゃなくて9階だったんだけどね。
そこで本文に書いたようなことがあったのよ。
私も悪かったところは十分あるんだけど、
一応向こうの方が大人なのにどうかな〜とは思った。
他の会社では注意されたり叱られたことはあっても、
イジメっぽいのはなかったし余計にね・・・。
美由紀ちゃんの言うとおりでたしかにあそこの
社員は幼稚な人ばかりだったよね。
早めに退職してよかったのかもしれないと思う。
仕事に個人的感情持ち込む人は私も嫌い。
嫌いでも嫌いじゃなくても仕事は普通にこなしてほしいと思う。

>yutakarlsonさん
たしかにその通りかも。
人のことにかまってる暇もなくなれば、もしかして?
と思うけど実際はそんなに簡単なことではないような。
たった二人しかいない場所でもイジメはあるわけで、
暇だからイジメるというよりはそこにいる人間や
空気の問題も大きいと思います・・・。
yutakarlsonさんのブログも読んできましたよ〜。
函館なんですね!実は今日の夜UPする記事は
函館に関する記事だったりします。
函館人からのコメントが2個続いたのも運命的(笑)
| かりん | 2010/02/17 4:11 PM |

レスできません。コメレスなしで
OKな方だけコメントどうぞ。
(2014/7/22〜)









   
コメント本文にURLは入力できない設定になっています。
※ブログやHPをお持ちの方はURL欄に入力して下さい。
コメントの投稿がうまくできない方はコチラ
 
http://love.mania.daa.jp/?eid=989632
TB大歓迎ですが、関連性のない記事及びTBを返せないブログ様のTBはご遠慮ください。
TB送信元にこちらのURLがない記事からのTBは現在受け付けておりません┏○ペコリ
http://love.mania.daa.jp/trackback/989632


ブログ内検索
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< March 2017 >>

ケータイ用QRコード
一番右上のカレンダーの日付部分またはカテゴリーからもこれ以前の記事に移動デキマス。
今までの記事一覧では、タイトル一覧がランキング形式で見られます





with Ajax Amazon