t: y:
今読んでる人は

踏み逃げ、読み逃げ、ロム専、無断リンク大歓迎


今までの記事一覧
タイトル一覧がランキング形式で

<< 連休より飛び休が好き。main昔よく店頭にあった伸び縮みする人形ってなんて名前?? >>
県という苗字の読み方
この間100均でシャチハタを探していた時に、秋風というシャチハタはあるのかな?と思い立って「あ」欄を見ていたらみつけたのがこのハンコ。

「県」と書いてあります。最初は「県だから”けん”なのに間違って”あ”のところに入れてるんだな」と思ったのだけど、ハンコがディスプレイされている入れ物にも「ア−163 県」と書いてあるので間違いじゃないんだ!とビックリ。
一体なんて読む苗字なのか??と気になって調べたところ、この苗字は「あがた」と読むことがわかりました。

うぉー!あがた!そんな苗字の人聞いたこともないし!なのに100均に並んでるってことは結構メジャー?と一人で興奮気味になり、ネット検索で「あがた 県 苗字」なんて入れたら「あがた森魚さん」がヒットして「そういえばこの人の名前は知ってる!あがたっていう苗字は実際にある!」と納得したりしたのでした。

てっきりあがた森魚さんのあがたはこの「県」という字から来てるんだろうと思ったら、あがた森魚-wikipediaで「本名山縣 森雄(やまがた もりお)」と書かれておりました。県ではありませんでした。でも「山縣」と書いて「やまがた」と読むのも初めて知りました。さらにあがた森魚さんが北海道出身だということも。一気に勝手に親近感です。



さて、今回この文字の読み方をネット検索をして調べようと思ったら検索が全く役立ちませんでした。普通にググると全然関係ない事柄ばかり。たぶんキーワードが「県 苗字 読み方」とか「県 読み方」とか「県 訓読み」とかだったからだと思います。

最初から国語辞書サイトや漢和辞典サイトを検索すればよかったのですが、結果的に手書きパッドでだしました。読み方を調べる時はこれが一番早いかもしれませんね。

ちなみに秋風というシャチハタはありませんでした。これこそないよね・・・。


この記事のカテゴリ:キニナル
 
| かりん | 00:16 | comments(42) | trackbacks(0) | |
Related Posts with Thumbnails
スポンサードリンク
我が家も名字が特注しないとない名字です。
といっても、ふつーに読めるし、
読み間違えられたことがないんですけど。

デパートのハンコ屋で買うと見本にないから別注といって
別料金が掛かるんだけど、最近はネットとかで別注代かからないところあって嬉しい。

んと、シャチハタで思い出した!
ネーム9のインクがそろそろ出なくなってたんだわ。あれ、補充して一日浸透させないと使えないんだよね。。。
早いとこ買ってこなきゃ。あ、会社の事務にあるか、赤チン(←赤チンなんて平成生まれは知らんだろうな)みたいなボトル入りのが。あれ、垂れるから嫌なんだけど。まあ、いいや。。

ハンコって押すときに、はあ〜っと息を吹きかけたりw、シャチハタでも何故かインクが薄れてくると力いっぱい紙面に押し付けるのには笑っちゃいますね。
| まゆ。 | 2010/01/20 12:50 AM |

UHBスーパーニュースのお天気ねえさんの名前が、
「縣」とかいて「あがた」という苗字。
ということで、偏が県だから「あがた」と読むのかな?と思って
つづきを読んだら当たってた(笑)
| ziggy | 2010/01/20 12:54 AM |

わりと身近なところに居てて、
あがたさん、と言う名前を知ってから
県さん、と書くことを知ったのでw
それほどショックは受けませんでしたけどヽ(゚∀゚)ノ

(´-`).。oO(面白い名前があるんだな〜って思った若い頃・・・)
| きりん | 2010/01/20 1:00 AM |

なぜか県姓はしってました
確か・・・遠い昔に読んだ小説に登場した人物の名前がそうだったような^^;

私の苗字は多過ぎて判子が品切れ起こしてる場合が多く困りますorz
| hir○shi | 2010/01/20 6:08 AM |

昔の漫画のキャラでいたので読みは知ってました。実際あったことはないですね。
ところで秋風って何に使うの?
| Ancient | 2010/01/20 7:42 AM |

>まゆ。さん
読めなくないのに珍しい苗字なんですね。
想像もつかないけれども(笑)
見本にないものは別注料金っていうのは初めて知りました。
シャチハタのインク補充すると、
絶対手が真っ赤になるんだよね・・・。
いつもすごい気をつけてるのに必ず手につくのはなぜw
あとハンコを押すときに息をかけたり、
インクが薄れると力強く紙面に押し付けるのは私もやります。
シャチハタでもインクが少ない時に力強く長く押すと
インクの染み方が多くなって普通に押すよりマシ。
と思ってたけど違うのかw

>じぎ
UHBは最近全然見てないから、お天気お姉さんが変わった
ことも全然知らなかったよ〜!!
そっか、今縣さんっていう方なんだね。
縣っていう字は「あがた」とも「がた」とも読むんだね。
人の名前は苗字も難しい・・・。

>きりんちゃん
身近にいたら絶対わかるよね。
でも知ってる人が結構いるから、
もしかして結構ある苗字??
私が知らなかっただけなのかなぁw
面白い名前って結構あるよね。
学生時代屋敷シリーズな苗字の人が多かった気が。
上屋敷、中屋敷、下屋敷などなどw

>ひろしさん
小説の登場人物でいたのか!
それだと知ってるよね。
多すぎても品切れという問題があるのかぁ・・・w
多すぎても少なすぎてもだめだね。

>Ancientさん
漫画のキャラでもいたんだね!
もしかして珍しい苗字だから逆にそういうもので
使われるんだろうか・・・。
説明するのも恥ずかしいけど、秋風は一応私の苗字です(笑)
| かりん | 2010/01/20 9:18 AM |

あがた、読めました。
なんで知ってたのかな?わからないけど。笑

つい最近珍しい名前で一つ見たのが、「七五三木」と書いて「しめき」。
これは読めませんでした。^^;
割と知られているお名前なのかしら。

経済界で「御手洗」という方がいますけど、
「おてあらい」と読まれたら嫌だなぁ…といつも思ってしまいます。苦笑

「秋風」さん、なんて風流で素敵ですね!

100均のハンコも品ぞろえバッチリなんですね、すごい!
| りいふ | 2010/01/20 10:05 AM |

あがた は知ってましたよ。

そうか、「あがた 森魚」も「赤色エレジー(あがた さんの曲ね)」も自分たちの年代あたりが最後か…



| たなくら | 2010/01/20 10:24 AM |

私の現在の名字は日本で上位のメジャーな名字ですけど、北海道で学生時代を過ごしたときにはなぜか学年に数人しかいなかった。これはやはり地域性の問題なんでしょうね。

んでもって旧姓は釧路ではわりとメジャーだけど全国的には珍しい名字。でもシャチハタにはハンコあるし、芸能人にその名字の人が何人かいるせいか、読み間違えられたことはないですが、別の読み方もできるので独身時代はどっちで読むのかよく聞かれたもんです。ちなみに漢字一文字で、釧路ではお蕎麦やさんみたいって言われたこともあります。(このヒントで分かる人には分かるかもしれないな)

それにしてもかりんさんの名字かっこいい!ペンネームみたいでうらやましいな。とはいえ安いハンコが買えないのは不便なのかも。
| わふわふ | 2010/01/20 1:43 PM |

秋風という苗字について先に説明させて下さい。
何度も書くのも恥ずかしいので・・・(笑)
私のハンドルネームは秋風佳鈴というのです^^;
以前何かの記事で書いたけれど中学生の頃から使っている名前です。
漢字だと読めないと言われることがあるので、
ブログではひらがなの「かりん」を使っています。
秋風という苗字で(秋風佳鈴でも)郵便物は届きますが、
本名ではありません。誤解させてしまってスミマセン。

>りいふさん
今のところコメントくれた人で読めない人いないよねw
学校で習うものじゃないのになんでみんな知ってるの?
シメキさんは読めませんね!
私なら「しちごさんき」とか読みそう。。。
100均だから品揃えはそんなにないのかと思いきや、
実はすごい豊富で驚きました。

>たなくらさん
あがたって読めたんですね〜。
なぜみんな読めるのかが不思議。。。
あがた森魚さんは名前だけは知ってたけれど、
曲は全く知りませんでした・・・。

>わふわふさん
あああ!お蕎麦の、っていうくだりでわかったかも。
だけど今までその苗字の人に会ったことない!
言われてみれば読めるけど珍しい苗字かもですね。
苗字も地域によってメジャーなものとメジャー
じゃないものがありますね。
これもまた面白いかもw
ケンミンショーあたりでやってくれればいいのに。
| かりん | 2010/01/20 3:44 PM |

ハンドルネームでしたか!*^^*

にしても、私の趣向ととても似ています。
もっと若い頃、「秋野花梨-あきのかりん」という名前を作って
友人への手紙で使用していました♪
| りいふ | 2010/01/20 5:54 PM |

すっげー!なんで秋風佳鈴でも郵便物が届くの〜??
かりんさんは郵便局でも有名人なのかな?
| 砂糖と塩 | 2010/01/20 7:42 PM |

確か小学校の頃、縣さんという同級生がいて、その時人名として覚えました。
ただ県の方は「県主」など、歴史に出てくるので人名や固有名詞に限って「あがた」と読むわけではないんです。詳しいことはウィキペディアなど、「県主(あがたぬし)」で探すと出てきますよ。
| Sophie | 2010/01/20 8:50 PM |

>りいふさん
そうなんです。書き方悪くてごめんなさい(ノД`)・゚・。
秋野花梨さんなんてそっくりですね!
文字がりいふさんの方が女の子らしいのがまたいいですね^^

>砂糖と塩さん
いやいや、有名だからとかじゃなくてそういう登録をしてるからです(笑)
単なる書類上だけのものです。

>Sophieさん
縣=県なんだ!!それすら今始めてしる事実。
私なら縣さんがいて「あがた」と覚えても、
県を見て「あがた」とは思わないと思うw
ところで、歴史でもそれは習わなかった気が・・・。
歴史の小説とか物語とかそういうのにしか出てこないのかな。
私はこの間のテレビドラマのところでも書いたように
そこは避けてきた部分なので知らないのかもしれません・・・。
| かりん | 2010/01/20 10:58 PM |

私もお天気お姉さんの名前から
「あがた」だろうなと検討を付けてました(笑)。

うちも特注じゃないとない名字です。
釧路にうち1軒だけです。
結婚前はかなりありふれた名字だったんですけどね〜。
| ぽるて | 2010/01/20 11:10 PM |

タイトルを見て、すぐに、読み方の答えが分かりました。
この名字のルーツなどの詳細は分かりませんが、「県=あがた」は、古代の行政区分(今に例えると、都道府県の出先機関「支庁」のような存在だったという説をきいたことがあります)のことで、奈良時代ころには、「あがた」を含む名字の人物が存在しているので、きっと、由緒ある一族なのでしょう。

私の名字が、田舎の風景のような雰囲気なので、こうした、歴史的な由緒のありそうな名字は、ちょっと憧れます。
でも、由緒ありそうな名字の人は、書くのが面倒だったり、間違って呼ばれたりしてしまったりするので、実は、単純な名字に憧れているのかもしれません。

名字や地名は結構興味があるので、印鑑店の店主が書いた「珍名さんのいろいろ」などという本をつい買ったことがあります。
ラーメン店に使われているのを見たことがある名字「五十山田」は、実に、意外だなと思ってしまう読み方をしているので、知ったときは驚いてしまいました(すでに、答えもコメントに入れてます)。

残念ながら、「秋風」さんは、実在の人物でも、本(小説の登場人物、名字の雑学本のどちらでも)でも見たことがありません。
「秋風」に近い風流な名前は「秋月」さんなどでしょうか。
| かわの湯 | 2010/01/20 11:19 PM |

そーなんだー。ぜんぜん知りませんでした。
ところで県の右隣にある上利は何て読むのかな?
順番からいくと「あがり」かな?
あがたも珍しいけど、あがりは聞いたこともないです。
| 砂糖と塩 | 2010/01/20 11:34 PM |

すんまそん、フツーに「あがた」って読めるどす(汗)
宇治の平等院の目の前に県神社って神社がありまして以下省略。

あと山県有朋なんかも有名っちゃ有名だから「あがた」って読み方はフツーだろって思ってたけど少数派だった鴨w

ちなみに俺様の本名はムチャクチャ希少な苗字で、いつだったかハローページで探したら横浜に2世帯しかなかったどすw

...しかも家督相続しないと名乗れない苗字だったりするw 俺様は次男坊だから本来ならバカ兄貴とは別の苗字なんですが:実際に親父(長男)だけが我が家の苗字で、弟妹達は苗字が別なんですわ。すなわち、次男坊でこの苗字を名乗るのは俺様が史上初!!...苗字って面白いな〜〜
| はしばみ2 | 2010/01/21 12:02 AM |

うちもはんこは特注で、我が町には我が家だけで隣町にも一軒だけです。
が、青森ではクラスの半分以上がこの苗字だという話を聞いたことがあります。これでわかるひともいることでしょう。
(うちの父は小樽出身です)
| muhamado | 2010/01/21 12:03 AM |

>ぽるてさん
お天気お姉さんから!ちょっと安心。。。
あまりにも周知の事実なのに私だけが知らないのかと・・・。
結婚した相手の苗字が変わった苗字だったんですね。
でも、そういう苗字ちょっと羨ましい・・・。
私の苗字はありふれた苗字ですorz

>かわの湯さん
さっきSophieさんにコメントもらったのでwiki読んできました。
たぶん由緒あるんでしょうね。
かわの湯さんのコメントで田舎の風景のような雰囲気
という言葉から勝手に想像した苗字は・・・
山川 山田 園田 田山などなど。
田舎の風景のような雰囲気といわれると「田」とか「山」
しか思いつかない自分の想像力のなさにガッカリでした(笑)
珍名さんのいろいろという本タイトルからして
面白そうですね。ちょっと後で検索します。
五十山田の読み方はほんとに意外だ!(笑)
全然わからなくて検索しちゃいましたよ〜。
でも川上町にこんなラーメン屋があったとは・・・。
「秋風」は私も今のところどこでも見たことがありません。
ネット上ならいるのかなぁ?とは思いますが。
秋月って聴いたことあるなと思ったら、こないだまでの
おひとりさまの観月さんの役名でした。

>砂糖と塩さん
上利は「あがり」だろうな〜と思ってました。
同じく並び順からいって(笑)
あがりもたしかに聞いたことないかも。。。
イッパツ変換できない苗字は変わった苗字なことが
多いのかもしれないですね。

>はしばみ2さん
やっぱり読めないのは私だけ・・・orz
山県有朋も読めない・・・。
それもやっぱり「山県」と書いて「あがた」?
はしばみさんは希少な苗字に決まってると話を聞く前から
思ってました。だって由緒ある家柄だもの。
昔からの由緒ある家柄の場合は特別な姓が与えられている
というイメージなので、勝手にそう思ってました。
でも家督を継がないと名乗れないってのもスゴイ!
名家は名家なりにいろいろ大変なんだろうなぁ・・・。
だけども、その場合はどこかに養子になる形なんだろうか。
母親の旧姓とか?私の知らない世界は謎だらけ。。。

>muhamadoさん
青森には沢山いるけど、他の地域にはいない。
これを聞いて思い当たるのは「戸」シリーズの
苗字しかなかった。。。
「戸」シリーズの苗字は函館にいた頃よく見たけれど
一戸とか八戸とかそういう苗字でした。
函館から離れたらほとんどめぐり合うことがなくて
ちょっとビックリしました。
| かりん | 2010/01/21 12:29 AM |

>母親の旧姓とか?私の知らない世界は謎だらけ。。。

.......あなたの知らない世界(大違)

簡単に言うと長男はAさん、以下その他大勢wはBさん。
うちの親父は長男だからAさん、バカ兄貴も長男でAさん。
バカ兄貴の息子も長男だからAさん。
俺様はBさん(伯父と同じ苗字)...になる筈だったのす。
バカ兄貴に次男が生まれればBさん...だった鴨w
戦争が終わって(大東亜戦争の方っす)戸籍制度が微妙に変わったらしくて(詳しくは知りませんが>自爆)、それ以降の生まれについては子供全員が父の苗字Aさんを名乗ってもよくなったそうぢゃ。

....だもんで我が家には父方だけで2系統wのお墓がありマウス。あと母方の母(祖母)のお墓もあるので、どれにしようかなw
...いっそ分骨(嫌)
| はしばみ2 | 2010/01/21 1:43 AM |

>はしばみ2さん
その仕組みはわかったんだけども・・・。
戸籍上がどうなるのかが一般人の私には理解できないw
父の戸籍には入れないのか、それとも戸籍は同じだけど
名乗る名前だけ違うのか・・・。
たぶんそれは私には知らない世界のままでいいんだろうけど、
そこがすごく気になりましたw
| かりん | 2010/01/21 9:51 PM |

一つ賢くなって良かったね。
五十路目前で漢検1級にチャレンジしているものの、なかなか。

言葉は、奥が深いのですよ。
| firefighter | 2010/01/21 11:15 PM |

>父の戸籍には入れないのか、それとも
>戸籍は同じだけど名乗る名前だけ違うのか・・・。

にゃるほろれ。 ソコですかw
確かに同じ父の戸籍に入ってるのに苗字が違ってたらヘンですのうw
昭和22年に改定された戸籍法ですが、それ以前の「家制度」に則った話だから、いわゆる「分家」扱いになるんジャマイカ>俺様とか、その他大勢w

現行法だったなら分籍かな〜〜>謎ぢゃ
| はしばみ2 | 2010/01/22 12:11 AM |

>firefighterさん
賢くなりました(*´∇`*)
何よりショックだったのは皆があがたと読めたことですorz
もしかして習った?と思ったら、皆さん学校以外のところで
記憶してるようなので、私の周りに県さんがいなかったことが原因なのかも。

>はしばみ2さん
分籍!!法律上はそうなるのかぁ・・・。
やっぱり同じ籍で違う苗字は名乗れないのね。
いまだに夫婦別姓が認められてなかったような気もするし。
法律というのはなかなか難しいよね。
| かりん | 2010/01/22 8:38 AM |

>ところで、歴史でもそれは習わなかった気が・・・。
>歴史の小説とか物語とかそういうのにしか出てこないのかな。
私は教科書で見たと思います。この時代のことは、特別読み込んだ本はないし、小説などにはあまりなってない時代なので。
まあ、私とかりんさんでは歳も違うので、同じこと習ってるとは限らないですしね。教科書に載ってることなんて、大概の人はほとんど忘れるものでしょうから、「見た」だけでは覚えてなくても無理はないと思いますよ。
| Sophie | 2010/01/22 9:53 AM |

>Sophieさん
教科書に載ってたんですか!!
私は歴史の授業は中学校までしかきちんと受けてないのでその違いもあるのかも・・・。
(高校は専門的な科だったので5教科も授業数が少なかったです)
でも中学以前に出てくるのだとしたら、習ったけど私が覚えてないか
もしくは教科書の飛ばされたとこにあったのかどちらかかと。
なぜかわからないけど社会とか歴史って教科書全ては
授業でやらなかったです。この章は飛ばしますっていうのが多かった気が。
受験対策かなぁ・・・?
| かりん | 2010/01/22 10:10 AM |

県主は高校日本史でやると思う。
いわゆる古代史の時代だから、時代劇には絶対?ならないw

大河ドラマ「聖徳太子」とかやれば出てくるかもしらんけど
絶対ないなwww

ちなみに山県有朋は「やまがた・ありとも」。
坂の上の雲にも、ちょこっと出てた^^
って書いたら坂の上の雲、続きが見たくなる…
あと11ヶ月…orz
| おね | 2010/01/23 7:14 AM |

>おねっぴ
高校日本史!!
それは本当に私の場合習ってない可能性が高いかも。
大河ドラマ「聖徳太子」にはなんか笑っちゃったw
でもちょっと見たい気がするのは気のせい??
時代劇にはまれない私もそこまでさかのぼると興味が出てくるかも。
たぶん時代劇だと私の中の感覚では時代が近すぎるんだろうな〜と。
あまり変わらないものもあるのに、社会的な考え方が全く違うから
違和感を感じて拒絶してしまうのかもしれない・・・。
聖徳太子あたりまでいくとファンタジーとかそういう設定の感覚でみれるので
違和感なく見れそう。
大河ドラマやってほしい気がする!w

ところで坂之上の雲にも出てたのね。
県のつく苗字の方が。
坂の上の雲はきっと次の放送までに何度か再放送をするんだろうな。
忘れることはないけど、1年後に続きって長すぎるよね。
続きは映画で!よりマシだけどw
| かりん | 2010/01/23 2:28 PM |

亀レスで申し訳ありません。実は、わたし縣と言います。遠州(静岡県西部地方)の出身です。遠州ではわりと知られた名字で、みかんで有名な三ヶ日に縣姓が固まっています。(わたしは三ヶ日の出身ではありません)聞くところによると、長野県と島根県の一部にも縣姓が散見される地域があるそうです。
ちなみに「縣」は「県」の旧字で、戦前は県名などにも普通に使われていたようです。神奈川縣とか静岡縣とか言う具合で。
最後に、シャチハタはもちろん特注ですw。
| あがた | 2010/01/29 11:41 PM |

 ↑すごいですっ( ^ω^)おっおっおっ
すごいめぐり合わせですね!
僭越ですがかりんさんより先に発見して
しまったのでコメントを(゚Д゚)ノ
| ケロケロ軍曹 | 2010/01/29 11:58 PM |

>あがたさん
亀レスじゃないですよ^^
何年も経ってからのレスも亀じゃないです、ここではw
あがたさんはあがたさんなんですね!
変な言い回しになってしまったけれど。
本当にいたんだ!としかもご本人からコメントいただけるなんて。
静岡付近ではよく知られてる苗字なんですね。
それも初めてしりました。
県は縣の略字なんですね。それも初めて・・・。無知でスミマセン。
シャチハタは特注なんですね。
100均も県はあっても縣はないですよね。。。

>ケロケロ軍曹さん
レスありがとです^^
あがたさんご本人登場は嬉しいです。
| かりん | 2010/01/30 9:21 PM |

調子に乗って再び登場です。
レディメイドのシャチハタでは「縣」はもちろん「県」も見たことがありません。三ヶ日にはあると聞いたことはありますが確認していませんが、三ヶ日のはんこ屋さんの店頭で「県」の三文判は見たことがあります。

実はよく「懸」と間違われます。職場でも時折、デスクに「懸」さんへと書かれたメモが置かれていることがあります。この間違いは子どもの頃からしょっちゅうで、クレジットカードを作る際に間違われたこともありましたが、職場の同僚から間違われるとちょっとがっかりします。

「あがた」のアクセントですが、遠州地方では「あ」にアクセントを置いて発音します。「佐藤」や「清水」などと同じアクセントです。ところが、東京及び関東地方では平板な発音、「田中」や「鈴木」などと同様のアクセントで呼ばれてしまいます。『あがた森魚』さんは、通常後者のアクセントで呼ばれていると思います。
あがた森魚さんの本名が山縣さんだとは知りませんでした。




| あがた | 2010/01/30 11:10 PM |

>あがたさん
再びコメントありがとう♪
三ヶ日というのが何かわからずで三ヶ日 シャチハタで検索を
かけてみたりしたのですが、シャチハタメーカーの名前とかでは
ないんですね。地名なのかな。

県のハンコも店頭にないものなら、この100均のハンコすごいですね。
ダイソーなんですが、種類豊富なんだなーと感心。
アクセントは私の頭の中ではあがた森魚さんの発音でした。
でも違うアクセントの発音をする場所もあるんですね。
ちなみに私もあがた森魚さんの本名は
このエントリを書いた時に初めて知りました。
| かりん | 2010/01/30 11:24 PM |

説明不足でごめんなさい。三ヶ日というのは地名です。
浜松市 三ヶ日町 でググって見て下さい。
さらに
三ケ日みかん で。

くだんの100均、侮れんですね。ダイソー恐るべしw。
| あがた | 2010/01/30 11:44 PM |

>あがたさん
地名でしたか♪
早速ググってきます。
ダイソーほんと侮れないですね。
恐るべし、ですw
| かりん | 2010/01/30 11:54 PM |

たまたま、自分の名前のルーツをひさびさに調べようとしていたら、こちらにたどりつきました。
私は、北海道の深川(旭川)に本家がある系統です。北海道では、多分その系統だけで、その前(江戸時代)は、当然に本州になります。聞いたところでは、最上藩ときいています。ただ、先ほど調べていて、縣 左門なる会津藩士が屯田兵として北海道に行っていることを考えると、そのルートも捨てきれず、よくわらかんなぁという感じです。
名前を調べると、前に上がっていたUHBのお天気お姉さんは、最近で、早稲田の政経のゼミの先生、オリックスの取締役や他にも何人か取締役になっている人を見かけます。
ただ、前にもあったように、縣は、点在しているので、どこでつながっているかはよくわかりません。
 10年ぐらい前ですが、新聞で書かれていたのですが、縣姓は、日本で3千人ぐらいいるそうです。
| べつのあがた | 2010/02/11 7:35 AM |

>べつのあがたさん
ええっ!深川ですか??
深川には親戚も沢山いるし、ずっと新十津川や滝川付近も
ウロウロしてましたが、あがたさんに一度もめぐり合ったことがありません。
そっかぁ・・・そんなに近くにあがた家があったんですね。
そしてルーツについては私なんかが知るわけもないけれど、
屯田兵の話はなんか北海道縣ルーツには近いような気がしました。
本当のところはわからないですが・・・。
縣姓は日本で3000人くらいって聞いてまた驚きです。
そんなに少ないんですね!
それなら近くにいてもめぐり合わないのは当たり前かなぁ?
という気がしてきました。
| かりん | 2010/02/11 8:57 PM |

こんにちは。
縣で検索してみたら、たどりつきました。
私も縣ですよ〜

ちなみに、私は愛知県で生まれましたが、祖父母は、静岡の三ケ日出身です。
三ケ日へ行くと、縣は結構見かけますよ(*^_^*)
| 三ケ日のあがた | 2010/07/31 7:33 PM |

>三ケ日のあがたさん
また新たな縣さんが!!
結構検索でたどり着いてくれる方が多いようで、
縣です!とコメントをいただいたのはたぶん三人目かも?
北海道ではなかなかめぐり合うことのない県さんなので、
珍しい苗字だ!と思っていたけど、全国を見ると
結構いるもんなんですね^^
名乗り出てくれてありがとうです。

実はコメント欄の中に親戚同士の縣さんとかいたら
すごいなと密かに思ったりします(笑)
| かりん | 2010/07/31 11:36 PM |

たまたま「縣 苗字」で検索してたどり着きました。
私も縣(あがた)です!
私で4人目でしょうか。

先の縣さんのコメントにも出ていますが、
静岡県の西部にある浜名湖の北に面するミカンの生産で有名な
三ヶ日町(みっかびちょう)の出身です。
今でも実家があるので年に数回は帰省します。
実家もミカンを作っています。

三ヶ日では「縣」や「県」が多くて、
小学校や中学では同じ学年に2〜3人いるような、
三ヶ日ではごくごく当たり前の、どこにでもある苗字です。
町の中心部(といっても田舎ですが)を散歩すれば、
医院、薬局、砂糖屋さん、お花屋さん、肥料屋さんなどの
「あがた」の看板をすぐに見ることができますよ。
縣家だけが集まってるお墓もあります。

我が家は私で7代目となる古い家なんですが、
ルーツは、父に聞いことなので定かではありませんが、
徳川家康も在城した浜松城に仕えて
三ヶ日のあたりを治めていた武士の流れだと聞いたことがあります。

100円ショップは町内に無いので、
シャチハタがあるかわかりません(苦笑)
でも町内のハンコ屋さんでは「縣」「県」の三文判は
どちらも常時3つほどストックされている状態でしょうね。

大学進学を期に上京しましたが、
まず読んでもらえることは無いですね。
郵便局で1度だけ呼ばれたことがあるくらいです。
大学に入って初めて「自分の苗字って珍しいんだ」と気付きました(笑)
それほど、町内では当たり前の苗字なんです。

苦労することはコレといってないんですが、
仕事中に電話で名前を伝えるときに漢字を説明するのが難しいこと。
なかなか説明してもわかったもらえず、「カタカナでいいです・・・」
とあきらめたり、「県」と「系」が逆になっていたり、
先の縣さんも書かれていましたが「懸」と書かれていたり。

でも反対に、名刺を渡せば、ほとんどその話題で、
「珍しい名前ですね」と、話しのきっかけがつかめます。
妻なんかは、結婚当初は苦労も多かったようですが、
今では字体もカッコいいし(笑)、会話のきっかけにもなるし、
気に入ってるようです。

縣の話題で盛り上がっていたので、コメントさせてもらいました。
普通、ブログでは「私の名前は縣です」とか、
「友達に縣という珍しい名前の子がいて・・・」と実名を
記事にすることはないですからね。
県や縣という苗字に興味を持ってもらって嬉しいです。

ついつい長々と書いてしまいました。
スイマセン。
| 三ヶ日出身の縣です | 2010/08/24 8:07 PM |

>三ヶ日出身の縣さん
おぉ〜!また縣さんが!!
縣さんばかり辿りつくのはここがそういう記事だから、
というのはわかるのですが、普通の苗字だったらたぶん
ネット検索しようという気にならないはずなので、
きっと周りからも珍しいと言われたりしてるんでしょうね。
私はとても平凡な苗字なので、自分の苗字で検索したことはないです。

・・・とここまでコメント本文を全く読まずにコメレスを書いたら、
自分の苗字が珍しいと気付いた経緯がコメントに入ってましたね。
先走りしてコメレス書いてしまってすみません。

一瞬三ヶ日町の縣さんとは親戚では?と思ったけど、
三ヶ日出身の縣さんによると、そこでは珍しくない苗字みたいなので
親戚ではない可能性も高いですね。
その地域にそんなに縣さんがいるとはビックリです。
それだけ多ければ、町内には必ずこのハンコがあると思います。
需要もかなりありそうですし・・・。

そしてやはりなかなか読んでもらえないんですね。
私もこの記事の時に調べなければ「けんさん」と呼ぶかも。
そして文字が説明しにくいってのはそうだと思います。
「県」なら読めなくても説明は簡単そうですが、
「縣」だとなんて説明すればいいのか・・・。
「青森県の県の横にアキバ系の系が並んでいる文字です」
とか電話で言われたとしても全然ピンときません。
きっと「縣」という文字がパソコンでは簡単に変換で出ますが、
学校では習わない文字だからかも?
あと「懸」はあるんですね(笑)こちらの文字は馴染があるから・・・。
あ!説明するときに「懸賞の懸の下の心を取った文字です」
ならなんとか書けるかも?

今上のコメレスを書いていて、「懸賞の下心を取る」と自分で
読めてしまって、ふと思いました。
もしかして縣さんって懸賞当たりやすいんじゃ?
なんでって・・・懸賞の下心ないから・・・(寒
くだらないこと書いてスミマセン。

でも本名をコメント欄で書く人もなかなかいないけど、
ここの記事では本名がそれです!と言わなければ話が通じないためか
縣さんは皆さん本名で書いてくださいます(笑)
たしかに面白い現象かもしれません。
私はこの一本のシャチハタに出会ったおかげで、
すっかり「縣」と「県」に関しては記憶しました。
これから先も忘れることはないです^^
| かりん | 2010/08/24 11:15 PM |

レスできません。コメレスなしで
OKな方だけコメントどうぞ。
(2014/7/22〜)









   
コメント本文にURLは入力できない設定になっています。
※ブログやHPをお持ちの方はURL欄に入力して下さい。
コメントの投稿がうまくできない方はコチラ
 
http://love.mania.daa.jp/?eid=989604
TB大歓迎ですが、関連性のない記事及びTBを返せないブログ様のTBはご遠慮ください。
TB送信元にこちらのURLがない記事からのTBは現在受け付けておりません┏○ペコリ
http://love.mania.daa.jp/trackback/989604


ブログ内検索
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728    
<< February 2017 >>

ケータイ用QRコード
一番右上のカレンダーの日付部分またはカテゴリーからもこれ以前の記事に移動デキマス。
今までの記事一覧では、タイトル一覧がランキング形式で見られます





with Ajax Amazon