t: y:
今読んでる人は

踏み逃げ、読み逃げ、ロム専、無断リンク大歓迎


今までの記事一覧
タイトル一覧がランキング形式で

<< ハロウィンの祝い方がわからないmain事件の被害者についてブログで知ることは・・・ >>
100円で初心者にもできる毛糸ポンポンの作り方
着やすくてちょっと気に入っていたロングニットパーカー。紐の先端にポンポンがついていて、色的には地味だけどそのポンポンのおかげで(私には)ちょっとかわいく見えていたパーカー。でもその大事なワンポイントであるポンポンが片方取れてしまったのです。しかもそのポンポンはもうどこにいってしまったかわからない!あぁどうしよう!と。

このポンポンはなぜかりんくん(猫)が好きでよくいじっていたので、取れたポンポンはきっとテレビ台の下かどこかからそのうち出てきそうな気もするのですが、とりあえず片方だけのポンポンでは着られません。

そこで、最初はもうひとつのポンポンも取ってしまおうかと思ったり、どうせひもを結ぶことはないからひとつのポンポンに2本の紐をくくりつけてみたりしようかと思っていたのですが、このポンポンがなければ地味ニットパーカーになってしまうので、ポンポンを買おう!という結論になりました。

ところがこのポンポンはどこにも売っていないのです。大きな手芸屋さんにいってもありません。困ってハンドメイドが得意な、いとこに相談してみると、簡単に誰でも作れるよ〜っていうことで、思い切って作ってみました。制作費100円で手芸が苦手な私にも本当に簡単に作れました。どうも周知の事実ってくらいこの作り方は有名らしいのですが、私と同じようにポンポンの作り方を知らない方のために今日は初心者にもできる作り方を・・・。


■用意するもの■

  • 毛糸
  • はさみ
  • ダンボールまたは厚紙

私の場合、毛糸は100均で買い、はさみとダンボールはは家にあったもの。2つポンポンを作ったのですが、毛糸は1玉で半分以上余りました。毛糸の太さは太いもので作ると密度濃いものが出来、細いものだと大量に巻いて作ると細かい感じの見た目のポンポンになります。太い方が簡単にできると聞いたので私は太めで作りました。

■作り方■

  1. ダンボール(または厚紙)を切ります。
    ポンポンの直径にしたい幅にダンボール(厚紙)を切ります。
  2. ダンボール(厚紙)に毛糸を巻きつけます
    とにかく普通に巻いていきます。どのくらい巻きつければよいかについてはなんともいえませんが、少なすぎるとスカスカのポンポンになります。私は加減がわからずにかなり大量に巻きつけました。巻きつけ終わったらダンボール(厚紙)を横から引き抜きます。

  3. 輪になっている中央部分を毛糸で結びます
    引き抜いた後、輪になっている状態なのでそこの大体中心部分を毛糸できつく結びます。結ぶための毛糸は引き抜く前にあらかじめ長めに切っておくといいでしょう。これがほどけるとポンポンがバラバラになるのでほどけないようにしっかり結びましょう。

  4. 外側のループ部分をはさみで切る
    そのままではポンポンの表面がループ状になっているので、ループ部分を切ります。写真はループ部分を全て切った後の状態。私の場合はかなり沢山巻きつけてしまったので、切る作業が結構大変でした。

  5. 最後に丸く形を整えます
    いびつな形のポンポンの外側をきれいな丸に向けてはさみで整えます。なんとなく植木業者になった気分に。これが結構大変でした。写真は出来上がり図ですが、不器用なのでいびつな丸な気がします・・・。丸に整える作業は大変ですが、ここを頑張れば出来上がりです。


そしてこれが無事にポンポンを付けてみた、の図です。ポンポンを紐にくくりつけるときは、3の手順で中央でしばった毛糸に、くくりつけたい紐を結びました。そうすることで中央に違和感なくついてくれました。

ポンポンどこにも売ってねぇ!とか思ってましたが、作ればこんなに簡単にできるんだから売ってないのも当たり前ですね。手芸屋さんにはポンポンが簡単に作れるこんなツールも売っています。


これだとダンボールや厚紙はいりませんが、何個も作るわけではなければいらないかなと個人的には思います。ただ、中にはシュシュのようなものが作れたりするものもあるので、単なるポンポンじゃないのも作りたいのであれば道具をそろえてもいいかもしれません。


ラビットファーポンポン
また、毛糸ではない素材のポンポンが欲しい場合は、アマゾンなんかにも売っていたりします。写真の商品はラビットファーポンポンで480円で販売されてます。

ボンボンも奥が深いようで模様を入れたりもできるようです。巻き方とか変えれば水玉模様とかできるんだ・・・。でも模様を入れるときは上のポンポンメーカーのようなものがないと難しいかもしれないですね。


この記事のカテゴリ:100均雑貨でプチリフォーム
 
| かりん | 00:28 | comments(7) | trackbacks(0) | |
Related Posts with Thumbnails
スポンサードリンク
息子しんベエがハロウィンで仮装する「くいだおれ太郎」の帽子の先のポンポンをどうしようか迷っていたのだけれど、かりんちゃんの方法で作ってみるわ、タイムリーな記事を有難う!
| たなくら | 2009/10/28 6:49 AM |

ボンボンの奥の深さに嫉妬
でも北海道なら阿寒湖でマリモを捕獲して使えるはず
時間の経過とともに成長し、大きくなるボンボン・・・・・・
これは新しいコンセプトだ(゚∀゚)

| hir○shi | 2009/10/28 7:59 AM |

ぽんぽんをぼんぼりと言ってしまうオバサンです(笑)。

あれですね〜、チアリーダーの持ってるポンポンと同じ作り方なんですね。
最後に形を整えるのは面倒そうですが、
これなら不器用な私でも簡単に作れそうです♪

いい年してぽんぽん付きの服とか帽子とか好きなんですよね〜☆
| ぽるて | 2009/10/28 9:57 AM |

ぽるてさんのコメントにもありましたが、
私もぼんぼりと言ってしまいます(*´ェ`*)

やっぱり、りんくんもポンポン好きなんですねぇ。
我が家の猫も大好きです。

作り方を見て簡単そうなので猫じゃらしとして
作ってみようかなぁ♪

| 三十路 | 2009/10/28 11:43 AM |

>たなくらさん
くいだおれってかいてたね!
そういわれればあの帽子ポンポンついてたかも。
早速役立ったみたいで嬉しいです♪

>ひろしさん
ほんと奥深いよね〜。
マリモいい感じなんだけど、
ちょっと匂いするからむずいと思うw

>ぽるてさん
ぼんぼりは私も同じくいいそうになるよ!
今回記事中にぽんぽんとぼんぼんと二種類の言い回しを
わざとに取り入れてみたんだけど、ぼんぼんっていう方を
書くとき間違ってぼんぼりって書いたし・・・。
そしてチアリーダーのポンポンと同じはその通り。
あれは後からこまかくするとかなんとかしたけど、
これにはその作業がない程度^^
私もぽんぽん付の服とかすきなの。同じだね!

>三十路さん
ここにも1人発見!
ぼんぼりっていっちゃうよね。
りんくんポンポン好きですよ〜。
でもそっか、猫遊び用に1個作るってのもいいかも!
これに紐なんかつけるとますます遊びやすそう^^
| かりん | 2009/10/28 6:54 PM |

はじめまして!!
いろんなアイテム面白いですね。
ボンボンがこんなに簡単にできそうな気がするのは、
わかりやすくかかれているからかな。
作ってみたくなりました。
| ゆうや | 2009/10/28 9:32 PM |

>ゆうやさん
はじめまして^^コメントありがとです。
ポンポンほんと簡単でビックリしちゃいました。
もし必要なときがでてきたらぜひポンポン手作りどうぞ♪
| かりん | 2009/10/28 10:33 PM |

レスできません。コメレスなしで
OKな方だけコメントどうぞ。
(2014/7/22〜)









   
コメント本文にURLは入力できない設定になっています。
※ブログやHPをお持ちの方はURL欄に入力して下さい。
コメントの投稿がうまくできない方はコチラ
 
http://love.mania.daa.jp/?eid=989514
TB大歓迎ですが、関連性のない記事及びTBを返せないブログ様のTBはご遠慮ください。
TB送信元にこちらのURLがない記事からのTBは現在受け付けておりません┏○ペコリ
http://love.mania.daa.jp/trackback/989514


ブログ内検索
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>

ケータイ用QRコード
一番右上のカレンダーの日付部分またはカテゴリーからもこれ以前の記事に移動デキマス。
今までの記事一覧では、タイトル一覧がランキング形式で見られます





with Ajax Amazon