t: y:
今読んでる人は

踏み逃げ、読み逃げ、ロム専、無断リンク大歓迎


今までの記事一覧
タイトル一覧がランキング形式で

<< とびきりハンバーグサンド「チーズ」mainマイミくじについて考えてみる >>
Habitat67を始めとする変形住宅イロイロ

私が大好きなmixiの間取り図大好きコミュに上の写真があがっていました。

ナニコレ!な世界じゃないですか?一体どうやって上の階に行くのか、構造はどうなっているのか、何もかもが不思議すぎます。この角度から見ているととてもエレベーターなどなさげに見えるけれど、順番に数えていくと10階建てに見えるので、奥の方にはエレベーターがあるんだろうか?とか上の階に住むことを前提に勝手にいろいろ妄想してしまいました(笑)
もっと詳しいことが知りたい!と思っていると、コミュの中にこの建物を知っている人がいて、こんなことが書かれていました。

この建物はモントリオールのHabitat 67(ハビタット76)です。建築家はイスラエル出身のMoshe Safdie氏です。

なるほど、と早速「Habitat 67」でググってみました。画像検索の結果はコチラなのですが、この建物のいろいろな方向や夜の外観などの写真があるので、興味のある方はぜひどうぞ。

その画像検索の中にこの建物の断面図のようなものを発見したのですが、やっぱりエレベーターはないようです。高いところに住むのは大変そう・・・と思ったら、検索をくり返すうちにもしかしてあるのかも?という気にもなってきました。この建物はかなり広いので、エレベーターがある箇所もあるのかもしれません。

こういう変形住宅だと集合住宅なのに採光が良さそうという気はします。でも自分の住んでる部屋が浮いてる部分だったりすると、落ち着いて眠れなそう。慣れなんでしょうか。他にこの住宅の全体像写真がこちらにありますが、ものすごーくでかいです。ついでにいうと写真もかなり大きくて100%で見るとそれぞれの家のカーテンの模様(ほとんど白だけど・・・)まで見えます。パソコンのみリンクばかりですみません。

画像検索じゃない方を何気に見てみたらwikiに項目ありました!(→アビタ67団地)そうか、現在はここ分譲マンションになって、しかもプレミア価格なんですね。私も住みにくそうとは思いつつもなんかちょっと住んでみたい気がするもん。各戸に庭までついてるとは。だから大きな写真で見ると緑があちこちにあるんですね。

そしてこの住宅の内部の写真をとうとうみつけました。築年数は経っているはずだけど、リフォームしているのかキレイです。そしてもともとの構造なんでしょうが、開放的です。ますます住みたい気分に!

【2010/11/3追記】
この住宅に実際に住んでいる方からメッセージいただきました。その記事のコメント欄にも登場してくれていくつかの疑問にも答えてくれています。別記事にありますので、興味がある方がいたらどうぞ。→あの変形住宅に住んでいる方からメッセージいただきました



他にコミュにはこの画像もあがっていました。これもすげー!なんで飛び出てるの?と思いつつ見ていたのですが、コミュの人によるとオランダの公営住宅ではないか?とのこと。公営住宅でこんな奇抜なものがあるんですねぇ。。。

この二つの画像に触発されていろいろと変形住宅を探す旅をしてみました。

The Crooked House(ポーランド)

歪んでいるように見えるのではないのです。最初から歪められて(?)いるのです。でもこれ見てるだけで酔いそう。

Stone House(ポルトガル)

たしかに石の家。元からある石を利用したのか、わざわざ石を持ってきたのか・・・。この石部分は窓もないように見えるけどシアタールームとか何かそんなのなんだろうか?中がみてみたいー!


この記事のカテゴリ:間取り・家
 
| かりん | 01:06 | comments(16) | trackbacks(0) | |
Related Posts with Thumbnails
スポンサードリンク
なに?この建物!
どれも怖くて住めないwww
因みに私の家は、ほぼ正方形で1階と2階もほぼ同じ面積になってます。
種も仕掛けも無く、つまらない構造ですが、一番コストがかからない形なんで(^^;
ローンは64歳まで続きますがorz

嗚呼、社会の奴隷(;´д`)
| hir○shi | 2009/10/20 6:11 AM |

コクヨの「カドケシ」みたいだー
鬼ごっこしたら面白そうです。
| ジョンディア | 2009/10/20 12:16 PM |

お久しぶりです〜('-'*)

アビタ67団地素敵すぎ!!
一度でいいから住んでみたいです。
写真で見るより実際の夜景はきれいなんでしょうねぇ。

でもこれが北海道の住宅なら、、
雪かき大変そうだな〜、地震がきたらえらい事になりそうだな〜とふと考えてしまいました。
| 三十路 | 2009/10/20 12:28 PM |

わ〜〜〜〜♪ リアルでダンジョン探索できそうw
ちょっと大きい地震が来たら大惨事確定だ〜orz

あとですね、コレは住んでみないとわかんないけど
あ〜いう隙間のある家って、風が通るときの轟音が
物凄いんですわ。

いまの俺様ん家は二階へ続く外階段があるんだけど、
そこを風が吹き抜けると、それこそ重爆撃機が通過
するみたいな音が(怖)

まぁ20年もすれば慣れますがw 今でも台風の
ときなんかウルサイっす。
.........あと5年、あと5年でローン終わり...
| はしばみ2 | 2009/10/20 2:16 PM |

>ひろしさん
今日はちゃんと名前あったw
どれも怖くて・・・は同意。
でも、ちょっと別荘感覚で住んでみたい気はするw
タネも仕掛けもなくつまらない構造が
一番コストもかからないし、住みやすいと思う!
社会の奴隷もいいじゃないですか!
家が手に入るって羨ましい〜

>ジョンディアさん
たしかにカドケシみたい(笑)
鬼ごっこはまず相手をみつけるのが大変そう。
むしろかくれんぼなら完璧にできそう!

>三十路さん
ステキすぎだよねー!
私も一度住んでみたい。
一生となると考えるかもだけど。
雪かきも地震も現実問題として考えたら大変そう。
でもこの地域雪積もってる写真もあるので、
きっと雪は積もる地域なんだと思いますよ。

>はしばみ2さん
たしかにリアルでダンジョン探索できそうw
地震もある程度の揺れはたぶん想定されている、
と思っているけど地域にもよるからわからないよね。
隙間のある家についてははしばみさんのコメントで
初めて知って、そうなんだ!とビックリ。
そうか、そういう問題もあるのか・・・。
でももうすぐローンオワリなんだ〜
羨ましいなぁ。。。家欲しい!
| かりん | 2009/10/20 3:52 PM |

変! でもおもしろ!!
私も団地住まいです。最近ロフトベッド入れてレオパレスみたいになりました(笑)。
変なうちに住むのは楽しそうです。ヴィレッジヴァンガード(書店)にも、都内の変な家の本とかありましたが、とても興味があります。
| gosealhunt | 2009/10/21 5:07 PM |

>gosealhuntさん
たしかに面白いよね、これ!
ロフトベッドの例えばレオパレスっていうのも面白いね(笑)
私は吹き抜けの家みたーい!と思いました。
似たようなもんですね(笑)
都内の変な家の本とか面白そうだなぁ〜。
私もヴィレッジヴァンガードいってこようかな
| かりん | 2009/10/21 7:37 PM |

私もHABITAT67の写真見たときの最初の感想はナニコレ!
なんか、レゴのブロックを適当に積み上げて、そのまんま本当の建物にしたみたい。
住宅の内部の写真のFixturesの写真で、右から3番目がエレベーターの
操作盤っぽいんで、たぶんエレベーターはあるんだろうけど、階のボタンがすごい!
なんで6階が2つあるんだ?
こういう建物を日本に造ったら、それだけで観光名所になりそう!
| さとうとしお | 2009/10/21 8:20 PM |

>さとうとしおさん
やっぱりナニコレだよね(笑)
レゴブロックにもたしかにみえる!
私もエレベーターの操作盤の写真を見て、やっぱエレベーターあるんだな。
と感じたので記事中にも書いたけど、6階の謎はわからないですね。
帯広のポスはエレベータが一箇所後ろと前と両方扉があくようになってます。
前と奥っていった方がわかるかな。
ステップフロアのようになっていて、1Fでは前が、中2階では奥が、
2階では前が・・・というように開きます。
もしかするとここもそんなツクリかもしれませんね。
この建物は日本じゃないけど観光名所になってるようなので、
世界的に見ても珍しいってことなんでしょうね。
一度でいいから中を見てみたい。。。
| かりん | 2009/10/21 8:52 PM |

HABITAT67すごいですね。見入ってしまいました。
建物の構造もさることながら、上下水道の配管なんか、
気が狂いそうなほど複雑なんだろうと思います。
日本では何と言っても安藤忠雄ですね。
この人の作る住宅は決して住みやすい建物ではないのですが、
デザインの面白さ、迷路のような回遊性の楽しさは格別です。
「六甲の集合住宅」と「垂水4×4」を紹介した記事を見つけたので、URLを入れておきます。
| まえはし | 2009/10/22 10:03 PM |

>まえはしさん
見入っちゃいますよね〜!
私もいろいろ眺めてしまいました。
検索にたぶん2時間は費やしたような。
検索に、というより中身に見入って、というか(笑)
水道の配管なんて何も考えなかったけど、
そういう視点で見るとものすごく大変そう。。。
安藤さんという建築家の建物はよくわからないけど、
アドレスいれてくれたみたいなのでわくわくしながら見に行ってきます!
こういう建物って住みやすくなくても一度は住みたいと思ってしまう〜
| かりん | 2009/10/22 10:29 PM |

>まえはしさん
今みてきました!大興奮です(笑)
そして今4×4の家がきになってどうしようもなく、
いろいろ検索してる最中です。
2つ並んだ建物が本当は1棟しかない予定だったとか、
木造とRCだとかそのあたりまで調べながら読んでるとこです。
(ちなみに今の検索語は「4m×4mの家」ですw)
これ海に面してるから風強そうとかも思うけど、
何よりこうして沢山の人が見学に来るというのが
住んでいたら大変かも。。。
でも近くにいったら見に行きたいと思ってしまうかもw
| かりん | 2009/10/22 10:38 PM |

最初に写真をぱっと見たとき、ダンボールの家かと思ってしまいました(色や長方形の形が)。
ホテルとかで、1泊だけ話のタネに泊まるならいいけど、住むのはちょっと…物件かも。
分譲住宅だと、高層階ほど分譲価格が高いことがよくありますが、この物件の場合はどうなのか、気になります。
この手の物件を好む人々の中では、空間に突き出して宙に浮いているような部分の人気が高そうな気がするので、やはり、そのような部分の価格が高く、安定した造りの下層階は人気がないのでしょうか?

記事中で紹介されているWIKI辞書に書かれている結末「制作者は、こうした建築が広まることを期待した。しかし、同じようなものを他に作ることには予算がつかなかった」、鋭い真実というか、厳しい現実というか、当たり前の結末というか、夢が破れたようなオチに、つい苦笑してしまいました。
| かわの湯 | 2009/10/25 12:24 AM |

>かわの湯さん
たしかにパッと見ダンボールの家に見えるかも!
住むのはなかなか大変そうな感じするよね。
たぶんwikiを見たなら読んだと思うけれど、
このマンションは当初は誰でも手軽に買える価格を目標としてたみたいですね。
今は珍しい建物としてプレミア価格になっているようですが。
そして高層階の扱いはどうなってるのか気になりますね。
エレベーターがあってもそこから遠い高層階の家は一体安いのか、高いのか・・・。
でもほんとに広まらなかったのは当たり前の結末。。。
かわの湯さんの最後のコメントにふいてしまいました(笑)
| かりん | 2009/10/25 12:54 AM |

はじめまして。通りすがりです。写真に目がとまったのでコメント書きました。

2枚目のオランダの建築の写真について、かりんさんがもうご存知だったらただのお節介ものですが・・・「MVRDV」というオランダの建築家集団が設計したものですよw

ご参考までに。
| mitti | 2011/08/02 1:58 PM |

>mittiさん
はじめまして。
それは初耳でした!
またイロイロ検索してみます。
ありがとうございます^^
| かりん | 2011/08/06 12:47 AM |

レスできません。コメレスなしで
OKな方だけコメントどうぞ。
(2014/7/22〜)









   
コメント本文にURLは入力できない設定になっています。
※ブログやHPをお持ちの方はURL欄に入力して下さい。
コメントの投稿がうまくできない方はコチラ
 
http://love.mania.daa.jp/?eid=989497
TB大歓迎ですが、関連性のない記事及びTBを返せないブログ様のTBはご遠慮ください。
TB送信元にこちらのURLがない記事からのTBは現在受け付けておりません┏○ペコリ
http://love.mania.daa.jp/trackback/989497


ブログ内検索
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>

ケータイ用QRコード
一番右上のカレンダーの日付部分またはカテゴリーからもこれ以前の記事に移動デキマス。
今までの記事一覧では、タイトル一覧がランキング形式で見られます





with Ajax Amazon