t: y:
今読んでる人は

踏み逃げ、読み逃げ、ロム専、無断リンク大歓迎


今までの記事一覧
タイトル一覧がランキング形式で

<< 今さらセカチュー〜世界の中心で愛を叫ぶmainブログのレベルがわかる「ブログチャート」 >>
3歳の子供の記憶
「そういえばちかちゃんって覚えてる?ちかちゃんのお父さん何年か前に亡くなったんだよ」という話を母から聞いて急にちかちゃんのことを思い出しました。ちかちゃんのことは絶対に忘れることがありません。私の人生の記憶の中で始めて記憶に残っている他人だからです。

赤ちゃんの頃からの写真を見ると近所の子供や母の友達の子と一緒に遊んでいる様子がありますが、それは写真で見て物心ついてから「これは近所の子」と教えられ記憶しているだけで、私の生の記憶の中で思い出せる範囲での一番最初の他人の記憶がそのちかちゃんなのです。

ちかちゃんは札幌に住んでいた頃私の住むアパートの隣の一軒家に住んでいる子でした。私がそのアパートに引越しをしたのは3歳くらいの頃。ちかちゃんは私より2つほど上でした。なぜそんなにちかちゃんを強烈に記憶しているのかというと、理由が2つあります。1つは生まれて初めていじめられたのがちかちゃんだったから。もう1つは生まれ初めて火事を体験したから(その火事の家がちかちゃんの家でした)。

いじめられた話は3歳の記憶のもの。3歳の頃体験したことが30を過ぎた今でも記憶として残っているのってすごいこと?とふと思ったので書き記してみます。以下たぶん自分語りになるので興味のない方はスルーして下さい。
ちかちゃん以前にも幼児なのでたぶん意地悪されたり、したりというのはあったと思います。でもちかちゃん以前は必ずすぐ側に親がついている状態で遊んでいたようで、いじわるのレベルでもたぶん親に注意されていたのだと思います。たしかに3歳以前だと子供同士だけで遊ぶなんてことほとんどないですよね。

でもちかちゃんとは親抜きで遊ぶことが多かったのです。今考えると3歳の子を親が目を離して外で遊ばせるなんてひどい親!と思うとこもあるけど、当時うちの母は妊娠したり妊娠がダメだったりいろいろあったようで、いっぱいいっぱいのところがあったのだと思います。そしてその時の母の年齢は27歳前後。今の私よりずっと若いのです。結果的に大きな事件が何もなかった今だから言えることだけど、行き届かなくても仕方ないのかもと思います。

そして外で遊ぶと必ずちかちゃんにいじめられました。いじめといってもケガをさせられたりすることはないのですが、よく覚えている出来事は2つあります。

うちの裏には空き地があり、その空き地はアパートの所有地だったのでアパート住人が勝手に使ってよいことになっていました。うちの母はそこにミニ菜園を作り、トマトなどを育てていました。ある日ちかちゃんが勝手にその菜園になっていたトマトを全部もぎとりました。まだ小さい青い実も全部です。そしてそれを私に「もってかえりな」と全部渡しました。

私は時々母と一緒にその菜園のトマトを収穫していましたが、青い実は絶対にとってはいけないと言われていました。そしてちかちゃんもそれを知っていて、私が怒られるようにわざと全部もいだ上で持たせたのです。そして私がそれを持って家に入るかどうかを見届けるためにうちの玄関先までついてきました。途中で捨てないようにです。仕方なく私はそれを持ったまま家に帰りました。

それを見た母は怒りました。それも普通の怒り方ではなかったような記憶です。きっと何か他にもイライラしてることがあってそこに私のトマト事件だから余計に腹立たしかったのでしょう。しかも私はトマトを一口も食べれません。私はいつちかちゃんに渡されたと言おうかと迷っていましたが、裏の菜園を見に行って帰ってきた母が泣いてしまったのでもう何もいえなくなりました。母がどういう気持ちで菜園を作っていたかはわかりませんが、その時点で実の形をしているものは全てもぎ取っているのだからショックを受けたのでしょう。

そして私は自分のせいではないのに怒られたというショックと、生まれて初めて母が泣いているところを見たというショックでこの出来事が鮮明に記憶されてるように思います。

もうひとつのちかちゃんにいじめられた鮮明な記憶は4歳の頃のことです。私は生まれて初めて自転車を買ってもらいました。補助輪付ですが、三輪車ではありません。家の近所の子はほとんど皆自転車を持っていました。私より年上の子が多かったのだから当たり前かもしれません。お父さんが買ってくれたのですが、ちかちゃんと全く同じ柄のちかちゃんよりタイヤが一回り小さいものを買ってきました。たぶんお父さんにしたら気を利かせていつも遊んでいるちかちゃんとわざとお揃いにしたのではないかと思われます。

ところがそれがちかちゃんの怒りを買い、自転車を買ってもらって初めて自転車で遊びにいったその日に自転車に石を投げられ、石で傷つけられてボロボロになってしまいました。私はすぐに泣きながら家に帰りました。さすがに母も誰かにされたと感づいたのか、すぐに一緒に遊んでいたちかちゃんに事情をきいてくれました。・・・でも、ちかちゃんは「かりんちゃん自分で転んでたよ」と平然といい、母も「そう」となぜかそれで終わらせてしまったのです。その時母が何を考えていたのかはわかりません。でも私にはショックで。さらに仕事から帰宅した父が自転車を見て落胆していた様子も見てしまい、ますます悲しくなりました。

この時は買ってもらったばかりの自転車を傷つけられたショックと、せっかくお父さんが買ってくれたのにという気持ちとが印象強くて記憶に残っている気がします。

ちかちゃんが私をいじめていた理由ですが、憶測でしかわからないけどたぶんひとつの原因として私がワガママだったことがあると思います。当時の私はひとりっこ。しかも幼児ということもあって、何でも自分の思うとおりにならないと納得しない部分があったんじゃないかな?と。そしてもう1つの原因はどうもそのアパートが建った時の経緯らしいのです。大人になってからちかちゃんにいじめられていたことを親に話した時に聞いたことなのですが、私が住んでいたアパートが建つことが決まったときにちかちゃんの家が大反対したと。それは日当たりが悪くなるからという理由だったようなのです。その一件でアパートの建て主ともめたのですが、法律的には3階建てアパートを建ててもよい土地で、建築法(?)にも違反していなかったようです。それでも建て主も譲歩して3階建ての予定を2階にし、幅も半分にして住居数を半分に減らして建てたようです。それでもちかちゃんの家としては面白くなかったようで、その不満を子供が聞いていたみたいです。母はちかちゃんに「このアパートの人悪い人」と言われたこととがあるらしく、たぶんそれも原因してたんじゃないかな。という話を教えてくれました。

私がショックを受けた原因も、ちかちゃんが私のことを最初からよく思っていなかった原因も、どちらも親とすごく深く繋がってることですよね。本当に子供にとって親って絶対的で、子供の世界は狭いものだなと改めて感じました。

もうひとつの火事に関してはこちらのページにかなり昔(たぶん10年以上前)に書いたものがあります。若い頃の文章で恥ずかしいけど、キニナル方はどうぞ。

小さい頃の記憶ってあんまり残らないものではないかと思ったりしたこともあったけど、こうして自分の記憶を振り返る限りでは衝撃的だったことは結構覚えてるもんだな。と思います。3歳より後のことは今でも思い出せる記憶として残ってることが多くて、私の中の一番古い記憶の地震は1981年1月23日の浦河沖の地震です。もちろん日時や震源地などの情報は大人になってから母に聞いて知ったことですが、この地震で金魚鉢の水がこぼれたことや、裏の空き地(雪捨て場になってた)に避難したことを覚えています。

子供の記憶っていうのもなかなか侮れないものですね。

※本文中のちかちゃんというのは仮名です。


この記事のカテゴリ:オモウコト
 
| かりん | 00:11 | comments(16) | trackbacks(0) | |
Related Posts with Thumbnails
スポンサードリンク
その火事でちかちゃん一家は無事だったのでしょうか?
火事の原因なども気になります。(気にしてどうする)

まあ、こういう幼少の頃の記憶って私も鮮明に覚えてますね。
近所の家から借りた自転車を見知らぬ少年に騙されて盗まれたり。
やはりはじめてのお葬式など。

不思議です。
| pira | 2009/08/18 12:32 AM |

みつごの魂100までとは、昔の人も良く言ったもんですわww

でもさぁー 子供ってかなり残酷な所があると思うよ。
いじめの問題とか聞いても、かなりキツイ事平気で言ってるし。

人格が形成されるまでは、時間がかかるってことでよね。更に
未だに、かりんさんに語られていない、その当時の両親だけの秘密
もあるかも知れないし・・・

人間時には知らなくて良い事は、あえてほじくり返さない方が
いい場合もあると思うよ。
そう言った記憶は無理して思い出さなくても
いいのかもって思いました。
| 温泉爆走族 | 2009/08/18 5:02 AM |

さて、3歳の頃の事どころか5分前の記憶すら定かでない俺が来ましたよ(^^;

昨夜何してたっけなぁ?
| hir○shi | 2009/08/18 6:29 AM |

私も3歳の頃の記憶、しっかりと残ってますよ。
母がその頃自宅で仕事をしていて、どうしてもその仕事の用事で出かけなければ
ならない時があったんです。
母は原付で移動だったので私を連れて行く事が出来ず、仕方なく私一人を残して
出かけました。渡しは2階のベランダに出て一人ままごとしたりしてました。
その時、プリンの空きカップに入れていたドングリの中からムシが出て来た!と
大騒ぎしてましたよ。
| ふじこ | 2009/08/18 7:36 AM |

こんにちは。

このお話は、ある意味怖いですね…。
僕が4歳頃のとき、幼稚園の昼食で隣りの席のF君に
頭からコップの水を掛けられた記憶が甦りましたw
35年も前の話です。

確かF君とは、普段は仲が良かったような…。
F君は、その後幼稚園の先生に叱られ泣いていました。
まさかF君は、35年前の「コップの水」事件は覚えてない
だろ〜な〜…。
その前に、おそらく僕のことを覚えてないだろう…。
| ♪やまっち3♪ | 2009/08/18 7:49 AM |

ちかちゃん、こわっ!っと思ってしまったけど
意地悪したり簡単に嘘を付いたり、
子供だけに親の影響が多分にあるんでしょうね。
今はちゃんと思いやりのある人間になっていてくれるといいですね。

私の一番古い記憶はやはり3歳くらいですかね〜。
父親の真似して剃刀で鼻の下を剃ろうとして
バックリ切りました・・・アイタタタ。
今みたいに横に動かしても切れない工夫がされてない
昔ながらの貝印の剃刀でした。
| ぽるて | 2009/08/18 10:59 AM |

かりんちゃんがトマト食べられない理由がよくわかりました。
 
私が三歳の時、母方の故郷(長崎)に行っておばあちゃんに初めて会ったときの事なんとなく覚えてるので、三歳の記憶ってあっても不思議じゃないと思うけど、かりんちゃんほど鮮明に覚えてるって、よっぽど衝撃が強かったんですね。
お友達の仕業だってこと言えない気持ちなんかわかる…なんか読んでて涙が出そうになったよw

そしてお母さんの育児についても冷静に考えられるかりんちゃんいい娘さんですねw
私も若くで子供生んでから、流産早産とか私生活でもいろいろあったから、子供には寂しい思いさせてたかもだけど、子供が大人になったらそういう風に思ってもらえるかな…? 
なんて考えてしまいました。
| takashima | 2009/08/18 12:26 PM |

>piraさん
ちかちゃん一家はちょうど家族全員で出かけていました。
火事の原因はタバコの不始末です。
正確には不始末というより、灰皿にタバコがいっぱいの状態で
出かける前最後に吸っていたタバコを押し込んでいったのが原因。
そのタバコを押し込んだ時に他の吸殻に火種が移ったか、
きちんと消えていなかったかで灰皿が割れて
そこから燃え広がったようです。
ちかちゃんちは全焼でしたが、その後すぐに新しい家を新築しました。
今度はうちのアパートがあっても日が当たるように家を建ててましたよ。
今もちかちゃんちはそこに建ってます。
ちかちゃんはもういませんが。(嫁に行きました)

でも小さい頃の記憶って印象的なものはずっと残るんですね。
これってきっと死ぬまで覚えてるんでしょうね。不思議です。

>温泉さん
ほんとだよね。
3歳前後の記憶って一生残るのかも。
子供は残酷ってその通りだと思う。
モラルとかもまだ持ち合わせてなくて当然だから、
いっていいこととダメなことの区別もつかないしね。
ほじくり返さない方がいい場合があるってのも
やっと最近になって理解しました。
そろそろ大人になってきたのかもw

>ひろしさん
絶対そういう系のコメがくると思ってたw
でもほんとはちゃんと覚えてるんだよね(*´・∀・) =タ=タ

>ふじこさん
初めての1人お留守番を記憶してるんですね!
なんか勝手に想像してかわいい〜!と思ってしまいました。
ふじこさんの記憶ほのぼのしてていいなぁ。。。

>♪やまっち3♪さん
子供のいじめはほんと容赦ないですよね。
まだちかちゃんは危害を加えてこなかっただけいいのかも。
ここにも書いた自転車とかおもちゃを壊されたとか
そういうのはあったんですけれども。
でもこれを読んでF君のこと思い出したんですね。
今回のちかちゃんのこともそうだけど、
何かキッカケがあると記憶の引き出しあきますよね。
F君と仲がよかったならきっとF君も覚えてそう。
ちかちゃんはどうなのかなぁ。私のこと覚えてるんだろうか。

>ぽるてさん
ぽるてさんの書いてる通りと思います。
きっと子供だからやってるんだと思うから、
たぶん大人になった今は普通の人に成長してる・・・と思いたいw
ぽるてさんの3才の記憶もイタソウ!
でもお父さんの真似するっていうのわかるわ〜。

>たかちゃ
いやいや、トマトは離乳食時代からダメですw
でもその後も食べようとしたときにダメだったのは
この件も関係してるのかもしれないなぁ〜とはちょっと思う。
たかちゃの記憶はほのぼの記憶だ〜!いいなぁ。
私はなんだかウレシイ記憶がほとんどなくて、
イトコが亡くなったとかやけどしたとかそういう記憶ばかり。
たぶん衝撃的なことばかりがあった子供時代なので
そういう記憶ばかりが残ってるのかも。
お母さんの育児について冷静に考えられるのは、
今こうして歳を重ねたせいだと思う。
子供の頃とかはずっとおばあちゃんの家に預けられてたこととか
ちょっと恨んだりしてたよ。やっぱりなんだかんだで寂しかったし。
たかちゃの子も反抗期とかで「俺のことなんてかまってなかったくせに!」
とか口でいうこともあるかもしれないけど、
絶対大人になったら理解するよ。
実際私がそうだったよ。親が困ることならなんでもいってやれ。
と思って思いつくことなんでもいってた子でした。
でも今になったら逆にそうやって反抗してたことに深く反省してます。
| かりん | 2009/08/18 12:54 PM |

かりんさんよく思い出しましたね。イヤな事って忘れられなかったりしますもんね(*_*)
親戚が集まると、私の覚えてない小さい頃の話を叔母たちが教えてくれます。
顔から火が出そうになります(^^;
| あらら | 2009/08/18 1:20 PM |

自分の場合、一番古い記憶って2歳で海に行って、
泊まった旅館で熱をだしたこと。

経緯やその前後は全く覚えてないのだけれど、とにかく
旅館のおかみさんが心配して夜中に水枕とか換えに
来てくれたり、母親が何度も抱っこしてくれたのを
鮮明に覚えてます。なんとなく、熱っぽくて苦し
かったような気もする。(その辺の記憶は曖昧)

ただ、ずっとその記憶を夢かなにかと思い込んでいて、
誰にも話してなく、高校生の時に、はじめて親に
『こういう夢の記憶があるんだ』と話したら、
それは夢じゃなくて本当にあったことだよと
ビックリされました。さかのぼって考えると
ちょうど2歳の誕生日をちょっとすぎたあたりの
出来事だったみたい。

なので、親から聞いて作られた記憶とかではありません。


うちの長男(5歳)に2歳や3歳の頃の写真を見せて、
ここに遊びにいったの覚えてる?と聞くと、大体3歳
くらいからは記憶にあるみたい。

でも、2歳の頃に遊びに行った場所などはよく覚えてない
っぽい。

そういう仕組みってどうなってるんだろうね。
考え出したら気になるなぁ。

それ考えたら記憶容量半端じゃないよね。
テラとかじゃきかないんじゃない?
| おさる | 2009/08/18 4:04 PM |

>あららさん
親戚が集まると・・・っていうのうちのとこも同じですよ。
やっぱりどこでもそうなんですね(笑)
親戚から話される私の小さい頃の話は
ほとんどが覚えてないことだったりします。

>おさるさん
2歳のこと覚えてるとはすごい!
私の2歳の記憶は1個だけあるけど、
それ3歳に近い2歳だからな・・・。
作られた記憶かそうじゃないかって親や他の人から聞かない
情報を知ってるかどうかってので判断つくよね。
私もそれで判断してるので、ほんとは自分の記憶に残っていることも
実は外から聞いて覚えてたと思ってることもあるのかも。
それはそれでいいんだけども(笑)

おさるさんの息子さんもやっぱり3歳くらいから記憶あるんだね。
ほんとこの記憶がどこから残ってるのかってすごく不思議。
普段は絶対思い出せないだけで、実は生まれたばかりの頃の
記憶とかも頭の中には残ってたりするのかなぁ?とか
考え出すとキリがないという。

容量に関してはテラどこの話じゃないよね。
しかも人間の一生分を終えた脳でも半分以下しか
脳の記憶領域使ってないっていうんだから、
自分の頭についてるこの脳ってやつはすごいと思う!
| かりん | 2009/08/18 7:28 PM |

信じがたいかもしれませんが、乳母車(当時はベビーカーなどという
ハイカラな呼び方ではなかった)の中に1歳未満の私がいて、
近所の奥さんが私の顔をのぞき込んで「かわいいね〜(当時の私は、
今と違ってかわいかったらしい)」とか言っている瞬間の記憶があります。
横には母がいました。それ以外の状況は分かりません。
夢じゃないかとか、その後に自分の頭の中で無意識に作り上げたことを
記憶と思い違いしてるんじゃないかとか言われれば、そうじゃないと言える
証拠は何もないですが、自分の中では、他のいろんな記憶と同様に、
はっきりと記憶として残ってるんです。
これが何なのか、なぜその瞬間だけの記憶なのか、私の人生にずーっと
つきまとっているナゾです。
あ、それからりんくん完治してよかったですね〜♪
動物の自然治癒力ってすごい。。。
| さとうとしお | 2009/08/18 8:45 PM |

 当時、私の家は大き目の日本家屋でしたから南側の長い廊下に沿って日本間が4つほど並んだ奥の間には当然のように仏壇が鎮座して居りました。

 かく言う私の部屋も日本間で御座いました。その夜も布団を敷いて寝かされていた私の枕元には母と祖母が心配そうに座り込み、当時まだ学生だった叔父が所在なげにしていたのを記憶しております。

 起き上がることができず、目しか動かせない私には廊下を行き来する人たちの慌ただしい様子が何やら別世界の出来事のように奇妙な距離感をもって見えておりました。

 丁度夜半頃のことでしたか、叔父が廊下へ出ていくと入れ替わりに誰か部屋へ入って参りました。並んで座る母と祖母の間に見える人影は子供の目にも普通の人ではないと解る奇妙なものでした。

 白いのです。身体も、顔がある筈の箇所も手足も総て白い人型がゆらゆらと仏間の方から廊下を通って、私の部屋へ入って来たのでした。母と祖母の肩越しに私の方をじっと伺うような素振りを見せて居りました。ただ顔の造作も全部白一色ですので、勿論表情等は見えよう筈もございません。唯、尋常一様でない気配は感じてられました。当夜の私の記憶は其所でぷっつりと途切れて仕舞います。

 その夜から十年以上経って小学校を卒業しようかという年頃になり、初めて私は2歳の頃に病で一度呼吸が停止し、死んだものと思われていたが何故か息を吹き返したという話を聞きました。それがあの夜のことであったかどうかは、今となっては判然と致しません。理由は解りませんが、聞いてはならぬ様な気がしますので。

 今はもう祖母も叔父も亡くなり、当夜のことを覚えて居る者は母と私だけになってしまいました。ええ。父はあの夜、家におりませんでしたから。

 ときどき思うのですが、もしかするとあの白い人影は私を攣れていく代わりに他のものを持って行ったのでしょうか。斜向かいに外人さんの輸入商一家が洋館を建てて住んでおいででしたが、引っ越しなさった後に洋館を取り壊すと麻袋に入った白骨死体が出て参りました。色々と曰くの多い土地なのでしょうか。詳しいことは私も存じません。世間には知らぬ方がよい事、知ってはならぬ事があるので御座いましょう。



 ...っていうかさ、今市子の「百鬼夜行抄」にも「サッカーのロスタイムみたいな人生ですから」って台詞あったけど〜。俺様そんな感じ? それにしちゃ長いロスタイムだな...
| はしばみ2 | 2009/08/18 9:25 PM |

>さとうとしおさん
1歳未満の記憶が残ってる場合もあるんだ!
特になんでもなさそうな気がする
普通の場面のようなのに、今でも思い出せるってすごいね。
きっと私も脳のどこかにはそういう頃の記憶も
あるはずなのに、取り出せないのが悲しい。。。
たぶんそれって作り上げたものではなく、
本当に脳に残ってる一部分のような気がするよ。
りんくん完治はほんとよかったです。
まさか1週間でツメが元通りになるとはねぇ・・・。

>はしばみ2さん
いつものはしばみさんのイメージからは想像できない話だけど、
正直私は引き込まれて読んじゃいました。
コメントを読みながら想像までしちゃった。
もしかすると起き上がることができず、目しか動かせない
っていうその状態の時ってその光景目で見てたんじゃないのかな。
とふと思いました。こんな話ははしばみさんは好きじゃないと思うけど、
私のオカルトチック発想でいくとそれは魂が体が
抜け出した状態で周りの状況をみていたのではないかと思います。
曰くがある土地なのかどうかはわからないけど、
何か不思議なことが続いておきてたんでしょうね、その頃。
知っちゃいけないことが世の中にあるっていうのは
なんとなくわかる気がします。
| かりん | 2009/08/18 9:42 PM |

久し振りのコメントです〜♪
3歳の子供の記憶で 思い出したことがあります。

「生まれたときの記憶」です。
5歳には消えちゃうって事で あわてて娘に聞いた事があります。
ちょっとパクってブログに書いちゃいました。

私個人の記憶は断片ばかり・・・
記憶能力が低いのかな〜(笑)
| jun-jun | 2009/08/19 9:26 AM |

>jun-junさん
お久しぶりです〜♪
生まれたときの記憶!
5歳まで覚えてるもんなんですか?
前に何かの漫画かエッセイで、2歳の子に
生まれる前何してた?って聞いたら布団にもぐって
胎児の姿勢になったからビックリした。という話を読んだ気がするけど、
あれって全員が覚えてるもんなんだ!!
ブログ見に行きます〜。

記憶はたぶん何かのきっかけで引き出されるから、
いつか「パーッ」と思い出すかも。
| かりん | 2009/08/19 6:57 PM |

レスできません。コメレスなしで
OKな方だけコメントどうぞ。
(2014/7/22〜)









   
コメント本文にURLは入力できない設定になっています。
※ブログやHPをお持ちの方はURL欄に入力して下さい。
コメントの投稿がうまくできない方はコチラ
 
http://love.mania.daa.jp/?eid=964052
TB大歓迎ですが、関連性のない記事及びTBを返せないブログ様のTBはご遠慮ください。
TB送信元にこちらのURLがない記事からのTBは現在受け付けておりません┏○ペコリ
http://love.mania.daa.jp/trackback/964052


ブログ内検索
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< March 2017 >>

ケータイ用QRコード
一番右上のカレンダーの日付部分またはカテゴリーからもこれ以前の記事に移動デキマス。
今までの記事一覧では、タイトル一覧がランキング形式で見られます





with Ajax Amazon