t: y:
今読んでる人は

踏み逃げ、読み逃げ、ロム専、無断リンク大歓迎


今までの記事一覧
タイトル一覧がランキング形式で

<< ちょっとあれみな〜キャプテン翼mainあややってしゃべるの上手なんだね >>
十勝沖地震(2003年9月26日)まとめ
2003年9月26日早朝に発生した十勝沖地震。これは私に大きな影響を与えた地震。この地震を私は釧路で体験しましたが、この地震を体験してからかなり地震に対する意識が変わりました。

当時釧路に住み始めて既に5年以上経っており、何度も震度4程度の地震は体験していたし、他の地域に比べて地震の頻度が多く地震に対して過敏になったりした時期もありましたが、あまり地震に対する心構えはしっかり持っていなかったのが現実です。でもこの地震を体験してから地震はとんでもないものだと感じ、非常袋を用意したり家具に地震の時に困らないような工夫をしたり(揺れで扉が開かないようにとか)具体的に行動するようになったのです。

幸いこの地震では他の地域の地震のように大きな被害はなかったので記憶にない方もいると思いますが、私にとってはあるキッカケになった地震です。一覧で資料がまとまっているところがなく、今回ネットに落ちているものだけでもまとめてみようと思います。
 地震の概要

  • 発生:2003年(平成15年)9月26日午前4時50分07秒(日本時間)
  • 震源:北海道襟裳岬東南東沖80km  北緯41度46.7分、東経144度4.7分、深さ45km。 震源は1952年の地震とほぼ同じ
  • 地震の規模:M8.0(なお、モーメントマグニチュード(Mw)は8.3)
  • 最大震度:震度6弱

北海道から東北地方の太平洋沿岸に津波が襲来し、最高で2m55cm(北海道豊頃町・大津で記録)に達した。この津波で、北海道では釣り人2名が行方不明となり、うち1名の遺体が2005年に発見された。また北海道(十勝川など)では、津波が川を10km以上も逆流する現象も発生した。津波による行方不明者の他には今回の地震による犠牲者はいない。

北海道東部(道東)の各地方都市を結ぶ鉄道・道路・橋梁が各地で多数破損し一時道東地方の交通は全面ストップしその後、主要道路の通行止め解除には数日、完全な復旧には数ヶ月を要し、町村道のような末端の生活道路は補修に数年要した。鉄道に関しては、根室本線直別駅構内を走行中の特急まりもが脱線、乗客に軽傷者1名の被害が、また、同本線の路盤・橋梁・信号施設、駅舎なども破損するなどの被害が生じ、ダイヤが正常に戻ったのは翌月8日に入ってからであった、また港湾施設の被害は大きく、釧路港などでは液状化現象が多数発生した。

また、地震直後及び2日後に苫小牧市にある出光興産北海道製油所で石油タンクの火災があった。これは、震源からやってきて苫小牧市周辺の堆積平野で増幅された長周期地震動の周期と石油タンクの固有周期が一致し、石油タンクの内容物が共振するスロッシングと呼ばれる現象が発生し、浮き蓋の上に溢れ出した重油やナフサが浮き蓋と側壁の接触により発生した火花に触れて引火することによって引き起こされた。地震後、このような巨大地震によってもたらされる長周期地震動による大規模構造物の被害が注目された。

wikipedia-十勝沖地震より


「平成15年(2003年)十勝沖地震」に関する各種資料等
作りからして個人の方のページかと思ったら気象庁のページだったのでビックリ。残念ながらリンク切れも多いです。

十勝沖地震 特集ページ
東京大学地震研究所制作ページ。

十勝沖を震源とする地震(最終版)※PDFファイル
消防庁による発表。これが最終報告ですが、人的被害、建物被害がゼロってある意味すごいと思ってしまった。いや、でも実際に建物崩壊はなくても壊れていたり天井が落ちたりしたことはあったわけで、消防署への連絡がなかったということなのかも?ただ死人0(津波で亡くなった方は除く)というのはこの地域の地震に対する意識の高さもあるのかなと思う。

 写真

北海道新聞 2003十勝沖地震 写真ドキュメント

  • No1…苫小牧市、釧路町、豊頃町
  • No2…苫小牧市、釧路市、豊頃町
  • No3…豊頃町、大樹町、静内町
  • No4…豊頃町、大樹町、池田町、新冠町、札幌市、釧路市
  • No5…豊頃町、釧路市、音別町、静内町、広尾町
  • No6…苫小牧市、足寄町、釧路町、釧路市、静内町
  • No7…音別町、池田町、釧路町
  • No8…釧路市、広尾町
  • No9…苫小牧、池田町、広尾町、大樹町

個人の家の中から建物崩壊までさすが新聞社という写真がずらり。こうしてみると人命被害はほとんどなかったけれど、揺れは結構すごかったんだなと思います。なんといってもこの地震では苫小牧の石油タンクが燃えていたのが印象的でしたね。でも池田町のワイン城の被害もすごい。ワインの海なんて初めてみました。これ片付けるの大変だったでしょうね。写真の中にはうちの近所にあった神社の鳥居が根元から折れているものもありました。すぐ近くなんだから見に行けばよかったと今なら思うけど、当時は自分のことで精一杯で見に行くとかそんな余裕はまったくなかったです。

平成15年十勝沖地震についての緊急調査速報
新聞社のように派手な写真はないけれど、定点観察などをしており被害の状況がわかる写真。

十勝沖地震による被害(池田町高島中学校1)
大きな写真はIEじゃないと見られません。IE以外のブラウザで見ると被害前の写真しかでてきません。マウスを写真の上にのせると写真が切り替わるようになっています。

2003年 十勝沖地震 地震被害写真集
728枚もの写真があります。でもなぜか、地震被害写真以外のものも載ってます・・・。

十勝沖地震 写真ドキュメント
根室海上保安庁による花咲港の様子なのですが、津波の様子はかなりビックリしました。思い切り海が陸に乗り上げてるという感じです。

2003十勝沖地震の様子
No8というところにあります。個人の家の中の状況です。パッと見ゴミ屋敷みたいと一瞬思ってしまったけど、よく思い出したらうちも地震直後はこんな感じでした。当時は地震に対する意識が今よりかなり低かったので高いところにいろんなものを置いていたし、家の中は足の踏み場もないという感じでした。写真とっとけばよかった・・・。

 ニュース動画

十勝沖地震発生の瞬間

携帯の方はコチラ※パケット定額制以外の方は再生しないで下さい

テレビ局って普通の建物よりしっかり建っているはずなんだけど(地方でもNHKだけは立派)、それでもこれだけ揺れてるんですね。

地震発生直後のSTV生放送スタジオ1

携帯の方はコチラ※パケット定額制以外の方は再生しないで下さい

4:50に地震が起こり、この放送は4:55には始まっているので本当に直後ですね。この時点では各地の放送局の映像などは全くない状態で、札幌のお天気カメラの地震当時の映像と地震情報と津波情報が延々と繰り返されています。スタジオの混乱ぶりが伝わってくる映像で、こういうのを見るとなぜかドキドキします。

この動画を見て地震直後に岸壁の船が一斉に沖に出て行く様子を窓から見ていたことを思い出しました。普段も船は海に出ていますが、あんなに一斉に出て行くことはないので珍しい光景でした。後にも先にもあれだけの船が出て行く様子は見たことがありません。

地震発生直後のSTV生放送スタジオ2

携帯の方はコチラ※パケット定額制以外の方は再生しないで下さい

地震発生から1時間後の生放送。この映像では全国ネットに切り替わっています。スタジオはまだ混乱中でスタッフの声が入っていたりしています。途中のお天気カメラでの生中継では釧路での津波の様子が映っていたりして(3:00〜)貴重かも?と思ったり。思い切り海が港を覆いつくしてるという感じです。ようやく各地の放送局の地震当時の様子が入ってきていて、釧路スタジオの揺れている様子が見れます。(揺れている様子は2:08頃から)

また、3:37あたりからこの地震の最大余震が起こります。もちろん生放送中でした。スタジオにはカメラがほとんど切り替わっていないので、アナウンサーの方の様子はわかりませんが、この時札幌では震度4だったので結構揺れていたのではないかと思われます。

全国ネットに切り替わった後に内山さんが石狩支庁南部、胆振支庁・・・などと支庁単位で震度を読み上げていましたが、支庁単位で読み上げると絶対に本州の人には伝わらない気がしました。こういう時北海道独特の支庁制度って不便ですね。

 地震雲

十勝沖大地震を知らせた地震雲
この雲は私は見ていませんが、9月23日の夕方に今までに見たことのないものすごい空を見ました。空が真っ赤なだけでもビックリしましたが、それだけではなくなんともいえない異様な雲。当時は地震雲なんていう存在も知らなかったのですが、その空だけは一緒にいた人と「空すごくない?」と話題にしたほどハッとするものだったのです。そしてあの地震。このことがあってから私は大きな地震の前兆は空にも現れると信じる人になったのです。

地震発生一週間前の空
デスクトップ用壁紙の写真です。キレイなんですが作者さんのコメントが地震雲?となっています。

 私自身の体験談

以前歴史的瞬間、あなたは何をしていましたか?という記事中に書いたものですが、せっかくまとめるのでここに転載します。

一番最初はカタカタとした小さな揺れが続いて、たぶん震度にしたら1もなかったと思うけれど、なんかやけに長いな。と思ってロフトベッドの階段を降りたらそれまでの小さい揺れがガンガン大きくなって、ロフトベッドの柱につかまっていたけれどロフトベッド自体が部屋を左右にものすごい移動してる状態。もちろんそれにつかまっている私もベッドと共に振り回されたけれど、どうしようもできない状態で早く終わって〜!とその場で座り込むことしかできませんでした。たぶん30秒とかで揺れはおさまったと思うけれど、すごい長い時間だったような気が。その揺れてる時は家が崩れるんじゃないか?とかそんなことを考える余裕は全くなく。ただ揺れに体をまかせるのみ。朝方だったので火は使ってなかったけれど、もし火を使っていても絶対にあの揺れでは何もできないと思う。揺れが収まった後ガクガクしながら外に出たら近所の人もみんな外に出て、ウロウロしてました。とりあえずなんともなさそうだったので家に戻ったら、家の中が壊滅状態。食器棚は倒れてるし、窓は全開に開いてるし。たまたま窓の鍵をかけ忘れていたので、揺れで窓が全開になったようです。でも隣の家ではしっかり鍵をかけていたために左右に揺れた方の窓ガラスは全て割れてました。良かったというべきか・・・?

それからは片付けと掃除。朝8時を過ぎた頃に会社の社長から安否確認の電話が。私はもちろん会社は休みだと思っていたら、普通にあるというので会社に出社。釧路の人はこの地震の10年前くらいにもっとひどいのを体験しているらしく、みんな怖かったね〜とかは話すものの別にいつもと変わらぬ日常なことにびっくり。ビルに会社が入っていたけど、みんな普通に出勤してるし。会社から帰ってきたらうちのすぐ近くにある神社の鳥居(かなりでかい)が地震で根元からポッキリ折れているという情報を聞いて、やっぱ地震おっかない!と思ったのでした。

この時にとても印象的だったのはりんたん。地震の揺れの中でりんたんをかばうことはできなかったけど(自分のことで精一杯。ごめんね、りんたん!)、ものすごい揺れの最中にりんたんは部屋の隅で三角飛びをしてたのです。三角飛びっていうのは、壁に足をつけて勢いよく床にジャンプするもので、揺れの中で2回ほどその動作をしてるのを見ました。猫はおしりに火がつくと天井を走るっていうけど、ものすごくびっくりした時に三角飛びをする習性があるのかな?と思ったり。地震の後すぐにまた震度4の余震がきて、その後も3日の間に体感地震が30回以上きたので、りんたんはしばらくの間一緒にベッドに寝ないでベッドの下の引き出しの中で寝てました。ネコはネコなりに安全な場所を考えていたんでしょうね。


この記事のカテゴリ:地震
 
| かりん | 02:08 | comments(17) | trackbacks(0) | |
Related Posts with Thumbnails
スポンサードリンク
地震よりも猫の反応に驚き

地震の備え・・・
何にもしてないなぁ(´д`ι)
| hir○shi | 2009/08/01 5:26 AM |

当時釧路に住んでいたにもかかわらず、歴史的瞬間、私は出張で札幌にいました。ラッキーなんだけど「あの時はすごかった」という話題で盛り上がってると疎外感があり少し寂しい。
札幌でもかなり大きな揺れで、「コレ震源が釧路の方だったら大変かも」と思ってテレビを付けたら予感的中。
職場に電話して無事を確認できたものの列車が白糠付近で脱線しており、バスでかなり遅い時間に帰った記憶があります。
帰ってみれば冷蔵庫のドアが開いていて庫内全滅。ブラウン管の重たいテレビもテレビ台から落ちて前のめりにぶら下がっていました。結構高い食器もかなりの数が割れたり欠けたりで、釧路に住んでる間は食器にお金をかけなくなりましたね。
| Ancient | 2009/08/01 8:31 AM |

私はやはり1993年の地震が一番記憶にあります。それ以降の地震とは比べ物にならないくらい怖かったからです。以来、地震が本当に苦手で、震度1の地震にもビクビクしてます。でも小さな地震が起きた後は、「これで少しはこの辺りの地震になり得るエネルギーが少しは発散されたんだ」と、自分を安心させるようにしてます(苦笑)。

以前1993年の地震について、サイトに体験談を書いてますので、よかったらどうぞ。

| Sophie | 2009/08/01 9:18 AM |

ご無沙汰してました。
7年以上使ったPCがとうとう壊れて
工夫すればまだ使えたけれど、思い切って新PC購入。
それからの設定が面倒臭かった…。
かりんさんが以前書いていたIMEパッドのバックアップ方法、為になりました〜!
PCが壊れた同じ日に飼ってるハムスター1匹が星になったりとバタバタしてました。


ずっと釧路に住んでいるから大きな地震は何度も経験してる癖に
なんの対策もとってません・・・。
何度も経験して大丈夫だったから、次も大丈夫だろうという勝手な思い込みが。
4度くらい大きな地震を経験したけど、家の中で倒れたり壊れたりしたものはなにもなかったです。
でもやっぱり備えをしておかなきゃダメですよね。
実家はそれほど古くなかったけど、今住んでる旦那の実家は私より長生き。
倒壊・・・はしないかもしれないけど、歪みが出たりするかもしれないから、地震発生したらすぐにドア開けなきゃ。
| ぽるて | 2009/08/01 9:21 AM |

今の家に引っ越してきたのは20数年前ですが、その時に叔父が大きい家具のほとんどを壁にしっかり固定してくれたおかげで家の中の被害はありませんでした。
釧路は震度5〜6クラスに数回襲われながらも避難生活って経験してませんよね。家屋の倒壊も少ないし…だからまたきても何とかなるんじゃないかって油断があるような気もします。

地震を何度も経験してるからといって慣れすぎは禁物ですね。
| ゆず | 2009/08/01 9:50 AM |

>ひろしさん
私もビックリだったよ。
まさかあの状況で三角とびするとはね・・・w

>Ancientさん
ラッキーでしたね。
でも疎外感で寂しい気持ちもわかります。
私も同じ立場だったらラッキーと思いつつも
ちょっと寂しく感じると思うから。
たしかあの時汽車が脱線してましたね!
Ancientさんはその頃1人で暮らしてたんですね。
だとしたら夜までそのまま・・・。それは庫内全滅ですね。
うちも食器かなり割れました。
釧路にいたら高い食器は買う気になれないですよね。

>Sophieさん
1993年の地震って2年くらい大きいの続けてきたんですよね。
その地震は体験してませんが、テレビで沢山みたし、
釧路に来てからも沢山の人から話を聞かされました。
2003年のはその時より揺れも被害も少なかったようで、
あの時に比べたらたいしたことなかったよーという人が
多くて、私にとっては初めての大地震だったので
衝撃を受けたのを覚えてます。
そして釧路人=普通の人と地震に対する感覚違う
という図式が私の中に出来上がりました(笑)
体験談後で読みに行きます^^

>ぽるてさん
お久しぶりです!どうしてるのかなぁ?と思っていたら
PCが壊れてしまったんですね。大変でしたね。
新PCは最初の設定が面倒だけど、一度設定しまえば
後は快適楽々ですよね。新しいPCおめでとうございます。
ハムちゃんいなくなっちゃったんですね。
この間ハムちゃんの話題を書いたばかりの私にとっても
なんとなく気持ちがわかるような。。。いろいろあったんですね。

釧路にずっと住んでてもなんの対策もしてないおうちも
あるんですね!私が釧路に引越をした後に行ったことの
ある家ではどこの家でも家具の転倒防止装置(?)のような
突っ張り棒を立てていたりいろいろされてたので
釧路の人は皆してるのかと思っていました。
大きな地震を体験した家ではそのツッパリ棒が揺れで
天井を突き破って結局食器棚倒れたって家もありましたが、
倒れるまでに時間があったから助かったなんていう体験談を
聞いたりもしてたのであながち役立たないものでもないんだなと
納得して私も2003年の地震以降はしっかりつけてます。(今もw)
倒壊は釧路の家の造りならよっぽどじゃないとないと思うけど、
歪みとかはあるかもですよね。
窓から出入りするようになっても大変なので
やっぱり揺れたらドア開けるっていうのがいいかも。
もちろんドアまで歩いていけるような揺れだったらですが(笑)

>ゆずさん
あの地震でもほとんど被害がないってことは
やっぱり転倒防止策が役立ってるんですね。
叔父さんに感謝ですね^^
私も同じこと思ってました。
釧路って大きな地震結構くるのに、他の地域の同じような揺れ
(最近だと福岡県の地震かな?)より被害少ないですよね。
家屋の倒壊については釧路地区の建築基準が他の地域より
地震に強いとか噂では聞いたことがありますが、
地震が多いという前提で建てられているものが
多いのかもしれませんね。
だから油断も・・・っていうのも納得だけど、
私が見てきた限りでは地震慣れはしてるけど
ゆずさんの家のように皆家の中の家具の配置や
対策に対してはきちんとしていると思います。
空知付近に住んでいた頃は家の家具にそんなことしてる人
見たことなかったですよ。
どっちにしても慣れすぎは危険という意見も同感です。
| かりん | 2009/08/01 3:25 PM |

また長文になりそうなので、先にお断りしておきます(笑)


釧路の家の地震対策、しているお宅は多いかもしれませんが、していないお宅もあると思いますよー。

札幌方面よりは確実に対策しているお宅は多いと思いますが、ほとんどのお宅が…っていう感じではないかもしれません。まちまちです。

道内だと釧路より浦河のほうが地震対策を行っているお宅の比率が高いと、ニュースか何かで見たような気がします。


で、建物被害が少ない、という点では、釧路を含め北海道は寒冷地なので、住宅の壁が厚かったり窓も2重になっていたりして頑丈にできているためでしょうねー。

揺れを感じたら自分の身を守るのが最優先ですが、動ける程度ならドアを開けて出口を確保するのは良いことかな、と。

1993年釧路沖地震の発生直後、自分の友達のお宅などでは、見た目に被害はなくても家がわずかに歪んで戸が開かない、閉まらない、というお宅が結構ありましたので。


あと、福岡の地震と十勝沖地震では、揺れの大きさは同じくらいでも揺れの質が違う、というものが影響しているかもです。

福岡の地震は直下型に近く、突然激しい揺れ(周期の短い揺れ)に襲われたようですが、十勝沖地震はゆっくりと大きな揺れ(周期の長い揺れ)がじわじわと来るタイプでしたから、ゆっくりとした揺れは一般的な住宅よりも、高い建物や巨大な建造物に被害を及ぼすらしいですね。
苫小牧のタンク火災がまさにこの揺れの影響でしたし。。。


2006年だったかと思いますが、千島沖のM8の地震で津波警報が出ても避難しない人が多かったことも「地震に慣れすぎて」いる地域ならではの問題ですよね。

幸いにもこの地震は大きな津波ではなかったのでよかったですが、もし大津波が襲ってきていたら…と考えると、恐ろしいです。
| EURO | 2009/08/01 8:06 PM |

ごぶさたしていました、こんばんは。釧路市は来週金曜日から3日間、「第62回くしろ港まつり」が行われます。去年は不発弾と雨に泣かされて、パレードが全て中止という、史上初にして史上最悪の結果となっただけに、今年こそはパレードが行われるよう、特に金曜日の天気が雨なので心配ですが、何とか行われて欲しいです。
さて、十勝沖地震が発生して6年ですが、道東での10年周期の地震を考えると、3〜4年後には間違いなく起こるという可能性が高いです。釧路沖地震の翌年に発生した北海道東方沖地震は特殊だとしても、釧路沖地震→十勝沖地震とほぼ10年周期で起きており、それを考えると、今から見て3〜4年は要注意になると思います。
被害はどんな大規模地震でも出てくるものですが、一番心配しているのが津波。地震が頻繁に起こる釧路・根室地方(釧根圏)は、津波警報が出てもなかなか避難しないことがかねてから問題になっていますが、もし大津波が来襲するという予報が出た場合に、きちんと避難するのかが大きな問題になってくるのではないでしょうか。
特に釧根圏はどうしても地震慣れをしているため、かえって油断する可能性が非常に高いということです。釧根圏は建物の耐震化には強い意識を持って取り組んでいるものの、地震=津波の可能性がありという意識が皆無に近いと思います。これに関しては、これからの3〜4年間で大きく意識を変えていくべきではないでしょうか。
| 夏祭り・年忘れにっぽんの歌 | 2009/08/01 8:59 PM |

こんばんはかりんさん、お久しぶりぶりでした。
いやぁーまた色々あって病院内から書き込んでいます。www

しっかし体系立ててよく調べていますねぇーーー
特に地震雲はすごく十勝沖地震と大いに関係があると思いました。

しばらくは病院からの更新になるので、つまらん文章になると思うので
宜しくお願いしまぁーす。ww
| 温泉爆走族 | 2009/08/01 9:25 PM |

>EUROさん
そうなんだ!たまたま私がお邪魔したおうちが
皆してただけなんですね。
私が家にあがったところでは大抵何かしら
皆さんしてたので、釧路はすごいとこだな〜と思ってました。

福岡と釧路では揺れの質が違うんですね。
ということは直下型だと釧路でもあのくらいになるのか・・・。
津波警報に関してはほんと皆逃げないですよね。
大津波警報は奥尻でものすごく被害が出た時に見ましたが、
あれは警報が出た瞬間くらいに移動開始しないと
間に合わないくらいでしたよね。
きっと釧路の人も津波警報と大津波警報が違う
ということくらいは知っていると思いたいです。

>夏祭り・年忘れにっぽんの歌さん
お久しぶりです。港まつり、去年は最悪でしたね。
今年は無事に開催されるといいなと思いますが、
港祭りのときって天気が悪い日が多い気がします。
釧路はほんと10年周期ですよね。
最近静かなのでまたきそう??と思ってましたが
どうなんでしょうね。こればかりはいつなのかわからないけど
確実に近いうちに来ると思っていた方がいいでしょうね。
津波は釧路に住んでる頃常に怖かったです。
ハザードマップなどもきちんと配布されてるので
皆さん各自でそれを見て意識を高めてほしいですね。

>温泉さん
めちゃくちゃ久しぶりだね!
病院とは穏やかではないなぁ。。。大丈夫かな。
調べるのも趣味のひとつなので集めたらこうなった、
って感じですwこれも記事のタメに調べたのではなくて、
自分で興味をもって調べたものをここにUPしただけというw
お体大切にしてください^^
| かりん | 2009/08/01 9:33 PM |

地震雲の写真、すごいねー!あんだけすごいのが1日に2度も
現れたら、絶対なんかあると思って用心したほうがいいよね。
なんにもなかったとしても、用心して損はないし。
私も釧路に来てからはしょっちゅう空を見上げてます。まわりからは
変な人と思われてるかも^^;
夕焼けじゃないのに空が赤くなるってのも聞きますよね。
あと、ケータイが故障してないのに変な光とか音が出たとか、
動物がいつもと違う行動したりとか、いろいろ言われてるから、
もしそんなことに気付いたら、一応心の準備はしておいたほうが
いいかも。
きれいに洗った18リットルのポリタンクに水を入れ、
10〜20倍くらいにに薄めた塩素系の漂白剤を1滴入れておくと、
そのまま2年ぐらい放っておいても飲めることを実験で確かめた
ことがあります。
| さとうとしお | 2009/08/01 11:46 PM |

>さとうとしおさん
写真すごいですよね。
空の前兆はあるんだなーと思った瞬間です。
いや、地震が来てから感じたんだけども。←その時は遅かった
心の準備はきてもこなくてもしておいた方がいいから、
私もちょっとなんか変なことあるとまた地震かも?と
つい思って構えます。ほとんどの場合こないんですけど(笑)
お水もそうやって保管できるんですね。参考になります。
| かりん | 2009/08/02 12:18 AM |

覚えています。その地震のニュース。あと、奥尻島の地震のニュースで、津波から走って逃げる方々の映像が今でも頭の中にこびりついています。あの方達は助かったのかなと今でも考えて重い気持ちになります。もう波がすぐそこに、っていうアナウンサーの声も入っていたので。。。
私自信が経験した一番大きな地震は、紀伊半島沖を震源とするマグニチュード7.0の地震で、最大震度は5弱でした。揺れていた時間が長かったことを覚えています。
自然の力に人間はとてもかなわないですよね。
なんだか意味不明なコメントですみません^^;
| ゆづそら | 2009/08/02 2:15 PM |

>ゆづそらさん
おぉ-(o゚Д゚ノ)ノ覚えてるんですか!
奥尻島の津波から走って逃げる方々の映像は私は見ていないけど、
そんなの見てしまったらちょっと・・・忘れられないですよね。
震度5を越えるとかなり大きいですよね。
ゆづそらさんも大きな地震体験されてるんですね。
自然には本当に勝つ術はないので、
いかに生き残るか?にかかってますよね。
コメント意味不明じゃないですよ^^大丈夫です。
| かりん | 2009/08/02 8:41 PM |

ご無沙汰しております。
おいらも芽室でこの地震に遭遇しました。
フェリーで自分のクルマを持ち込んで、道東を周遊していたんです。
地震当日は、ジャガイモ畑の中にあるログハウスに泊まっていたのですが、今でも窓の外に見えるジャガイモ畑がまるで海のように波打っていたのを覚えています。
部屋の中では横揺れがひどく、ベッドが部屋の中をすべるので、サッシの端につかまっているのがやっとでした。恐怖感と言うよりも人間の無力さをひしひしと感じながら揺れが収まるのを随分長く待っていました。そして、ジーっというなんとも言えない地鳴りと階下の食器類が落ちて割れる音が耳に残っています。きっと、旅行先で荷物も部屋にまとまっていたこともあって、恐怖感が少なかったんだろうなと思います。
しかし、マイカーで来ていて、しかもこの日の晩に苫小牧から大洗に戻る予定でしたので、道路が寸断されていないかすぐに調べました。幸い、日勝峠は寸断されていなかった(釧路〜幕別間の国道は寸断されていたので、1日ずれていたら前泊の弟子屈に残されていたかも…)ので、安心して(?)帯広や札内を巡りました。
帯広は傍目には何も起こっていないようでしたが、藤丸デパートはコンクリートの壁に縦亀裂が走っていたり、建物ごと傾いた商店なども数多く見られました。さらに、余震が続き愛国駅で、また地面が波打ってるのを目の当たりにしました。
苫小牧に着いて初めて石油タンク火災を知り…ニュースじゃなくて燃えている現場を見て驚きました。。
出航予定時刻から2時間ほど遅れました。でも、実は完全鎮火しておらず、次の便から3日間苫小牧港が閉鎖されるほどの惨事になったと自宅に戻ってからニュースを見て大変驚きました。
旅行に行っていることを知っていた友人・家族は、地震直後からメールや電話をしていたようですが、一切こちらに届かず、都心部でこのような自信があったらと思って怖くなりました。

いずれにせよ、一生忘れない体験でした。
そして、人的被害がほとんどなかったことを心からよかったと思います。。
(長々すみません)

| た | 2009/08/03 7:09 PM |

↑前の長文コメント…名前が『た』になっちゃってました(汗
| た っ つ ん | 2009/08/03 7:11 PM |

>たっつんさん
最初のコメントを読んで誰かなぁ?と思ったら「た」さんだったので
「え!だれだれ!」と思ってしまいました(笑)訂正してくれてありがとです。
そしてお久しぶりですね^^

でもまさかこの運命の日に十勝に滞在していたなんて、
なんとなく運命感じてしまいますね。
しかもその後被害の大きかった苫小牧へ。。。
いやいや、予定通りかえれたのもこれまた運命という気が。
あの地震の日に峠を越えたんですね。
大変な旅行になってしまったと思いますが、
何も被害を受けなかったとのことで今ではいい思い出に
なってたりするんでしょうか。
コメントにも書かれてますが、忘れられない日になったのは間違いないですよね。

人の体験談を読むのは好きなので書いてくれて嬉しかったです。
長文とかキニシナイで下さい^^
| かりん | 2009/08/03 9:26 PM |

レスできません。コメレスなしで
OKな方だけコメントどうぞ。
(2014/7/22〜)









   
コメント本文にURLは入力できない設定になっています。
※ブログやHPをお持ちの方はURL欄に入力して下さい。
コメントの投稿がうまくできない方はコチラ
 
http://love.mania.daa.jp/?eid=952151
TB大歓迎ですが、関連性のない記事及びTBを返せないブログ様のTBはご遠慮ください。
TB送信元にこちらのURLがない記事からのTBは現在受け付けておりません┏○ペコリ
http://love.mania.daa.jp/trackback/952151


ブログ内検索
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< March 2017 >>

ケータイ用QRコード
一番右上のカレンダーの日付部分またはカテゴリーからもこれ以前の記事に移動デキマス。
今までの記事一覧では、タイトル一覧がランキング形式で見られます





with Ajax Amazon