t: y:
今読んでる人は

踏み逃げ、読み逃げ、ロム専、無断リンク大歓迎


今までの記事一覧
タイトル一覧がランキング形式で

<< ブログネタに困らないために私がしていることmain橋田ドラマ「となりの芝生」 >>
宇宙の外には何があるのか??2
以前書いた宇宙の外には何があるのか??には今でもアクセスがあり、時々コメントがきます。気付けばコメントの数は120を越え、そのコメントの中からさらなる疑問が出てきたりもしたので、コメントの中で出てきた疑問をまとめてみます。

皆さんも読んでアレコレと考えてみて下さい。・・・とはいってもこれは結論が出ていないことで、たぶん私が生きてるうちにはわからないようなことばかりなので、考えてもモヤモヤして終わりかもしれませんがw

ちなみに私は考えれば考えるほどモヤモヤして、寝る前なんかに考えた時には眠れなくなります。スケールが大きすぎて頭がおかしくなりそうになることも。そんな私の考え方は以前書いた記事のままです。

コメントの中にあった皆の疑問

  • 思ったけど無の世界に外ってあるのかな?無の世界の広さがMAXなら終わりはないのか?無の世界の外なんてなかったらどんな感じなのだろう?(まえさん)

  • 宇宙はどーやってできたの?無の世界の果ては? (麻さん)

  • 宇宙の外は無で段々広がってるっていうのは理解できるんですが、その無の空間からどうやって宇宙は誕生したんだろう?無って完全に何もない空間なんですかね、何もない空間からなんで宇宙が誕生する条件が揃ったんだろう?何もないのに(seattleboyさん)

  • 地球に存在した一番最初の生物はどこから来たんでしょうね?バクテリアとか微生物とかが進化して人間になったって言いますけど,その最初のバクテリアを生み出したのは何なんでしょう?(>д<)生きていないものから生きているものが創り出せるのでしょうか?(しょこさん)

  • 無からどうやって宇宙が生まれたかも、その宇宙に星などの石?、隕石?がなぜあるのかも…(鬼太郎さん)

  • 宇宙って光速以上の速さで進んでいるって話を聞きましたが、光速の速さになると時間の感覚がずれる(感覚的には1時間なのが普通のスピードの世界では数時間経っていた。みたいな)って聞いた気がするのですが、宇宙にとっての時間っていうのはどうなってるんでしょうかねぇ。(soaさん)

コメントの中にあった皆の考え方

  • 宇宙から出れないから、でれないことを無って言ってんじゃない??聞いたことあるのは、風船の中にいたらでれないじゃん、それと同じでそこに次元があわさったのが宇宙とか言ってた!!(宇宙さん)

  • 『宇宙』って人間の体なんじゃないかってこと。人間の体の中には砂丘に似た臓器もあるし、さらに小さな『小宇宙』が存在していると思っていました。戦争(癌細胞などの病気)で沢山の人(細胞)がなくなって。。。という感じで。だから、『神』とは実は『自分自身』なのかなぁ〜って思っていました。(ゆーりさん)

  • 宇宙は果てがないものと思ってるよ。だから宇宙の外があるのかなんて考えたこともなかったよ。地球から観測できる最も遠い星は150億光年先。1光年=約9兆km。150億×9兆=・・・・・。しかも150億年前の光を見ている事になる。だから実際はすでに消滅している星かもしれない。そんな気の遠くなるような広さの宇宙、そこに外なんか無いよ・・・と思う(笑)(ziggyさん)

  • 私が、考えたのは3つ。1、宇宙の外は、何もない。2、宇宙は、丸いです。その宇宙が、大量にあります。3、私たちが、鳥かごで鳥を飼うように、水槽で魚を飼うように、宇宙の外で、宇宙=水槽のように飼われてたりしてw(きよさん)

  • 僕は宇宙について全然勉強したことはないのだけど、原子の一粒一粒も宇宙みたいなものだと妄想して勝手に納得しております。形は違うにせよ原子の中にも世界があり、また我々の住む宇宙も外から見たら原子の一粒みたいな感覚で捉えられていて、その存在自体には互いにほぼ無干渉な存在だと。(ガビルさん)

  • そして何か有を考える時に、私たち人間はすべて相対性に基づいて考えると思いますが、この相対性が問題なのだと思います。自分が今ここに存在する事じたい、自分ひとりでは証明できません。こういう相対性的思考を変え、時間の概念がすべて説き明かされた時、宇宙やその外に広がる無?が理解される時だと思います。(あっぽさん)

ここに書かれている全てのことに結論は出ていません。たぶん科学者の間では定説みたいなものが既にできているはずですが、誰もそれを確認することができずいつになったらそれがそうだと常識になるのかわかりません。だからこそわからないことを考えることが楽しいのだけど。

宇宙とかオカルト話が好きな私ですが、精神論とか宗教論とかそういう方面は苦手ですので勧誘とかそれ系統のコメントに関してはうまくレスができません。ご理解下さい。

■関連記事■
新幹線に乗った人=タイムマシンに乗った人
空気を最初に発見した人スゴイ
タイムマシンなんてなくても。
オーパーツを見て思う
これがキッカケで人類滅亡…なんてことはないよね?
国際宇宙ステーションがあなたの家からも見える!
宇宙の外には何があるのか?2
なつかしのクロノトリガー
バック・トゥ・ザ・フューチャー
未来からの時間旅行者ジョン・タイター
宇宙の外には何があるのか?
神はサイコロを振らない
ボクたちのドラマシリーズ「放課後」


この記事のカテゴリ:宇宙・オカルト
 
| かりん | 00:03 | comments(45) | trackbacks(0) | |
Related Posts with Thumbnails
スポンサードリンク
私が宇宙に憧れを抱いたのは松本零次の影響かもしれません(^^;
999で宇宙の果てってありませんでした?
そこから先は星もなくただ無の世界が広がっていた… みたいな話でした。(うるおぼえでごめんなさい)
太陽系は銀河系のひとつ。無量大数な星の数のかたまり。
次々と生まれ変わる星。
「宇宙の果て」 きっと分からない方がロマンなのでは…。
| あらら | 2009/07/16 2:59 AM |

宇宙は有限であり無限だという定義を聞いたことがあります。
それって、どゆこと??哲学てきですね
| | 2009/07/16 3:48 AM |

想像も出来ない・・・・
| hir○shi | 2009/07/16 5:38 AM |

いつの日か、確認できる日がくるんでしょうかね。
その時には私はもういない事は確実だと思いますが(笑)。

映画「リング」シリーズの「ループ」だったか「バースデイ」だったか、
結局「リング」の世界は未来の人間が実験的に作ったミニチュアの宇宙の中の出来事だったって話だったけど、
実は今の世界も未来の人間が箱庭的に作ったものだったりして・・・とか考えました。

わからないからこそ、色々な想像が働いて楽しいのでしょうね。
| ぽるて | 2009/07/16 8:54 AM |

宇宙とはそれを人々が認識した時から宇宙である。
とか
物事も同じく意識し始めた時からがそれの始まりである。(あったかな?)

何てのを聞いた事があります。
それだと人間も生まれた時に必ず名前を付けたり、新しいものには必ず名前を付けるのは人々が意識しやすい様に何ですかね〜(なんか言霊の話ぽいな…(;^_^A
 
そして宇宙の外というのも「ここからが宇宙の外だ!」と人々が意識すればそこからが宇宙の外ですし、人々が認識したからこそ宇宙の外では無くなるという事も言えますがね…

ということは、人間や国境等も人々が意識し定めたからこそ誕生したんであり同じ様な事が言えると思います。

と言う訳で宇宙の外というのはあって無い様なものだし、全ての答えは人々の心の中に…で良いんじゃないでしょうか?
 
 
グダグダと長文、駄文失礼しました。
| クインテット | 2009/07/16 9:19 AM |

宇宙自体の話とは若干離れてしまうのですが、ブラックホールの聞いた話でも。

現在電波式天体望遠鏡でブラックホールと思しき存在の確認はされているのですが、そのブラックホール、実は電波を反射せずに飲みこんで(すり抜けて?)いるらしいんです。

だから、周りの反射でアバウトな存在の大きさはわかるものの、その奥に一体何があるのかは未だ未知の存在らしいですよ。

聞いた話なので、もし間違ってたら訂正よろすくです^^;
| Q:G | 2009/07/16 9:19 AM |

想像と眠りの世界

宇宙の果て 想像しているうちに寝てしまいます。
| さとのすけ | 2009/07/16 9:19 AM |

太陽まで歩くと4400年かかるといわれています。
1秒で地球を7週半する光の速さでも、8分強かかります。

そんな、とてつもなく遠いところにある太陽ですが、
地球や、そこに暮らす私達は、わずか半年前には、あの太陽の向こう側に居たわけです。
地球は半年かけて、円軌道を描きながら、この場所までやってきたわけです。
そう考えると壮大ですよね。
| やんまー | 2009/07/16 10:08 AM |

人間は言語を使って認識したり考えたりする生きもので
そして、言語はとても便利なものではありますが、
そのために「世界」の枠を自分で設定してしまうことも、あるかも知れません。
言葉で説明できない、イコール→ 無 だったりして(^ ^;)

宇宙の「内」「外」という概念も、もしかすると、当てはまらないかも〜ですよ。フフフ
ヒト用の言語を使っていない存在であれば、何か知っているのかも
お腹の中で誕生の日を待つ赤ちゃんとか。
まったり居眠り中の、りんくんとか。。。
| 一条 | 2009/07/16 12:36 PM |

本文中のziggyさんのコメントにあるように、
最も遠い星は150億光年先にあります。
それはつまり、ビッグバンが150億年前にあり、光の速度で膨張しているということです。
ビッグバンによって時間と空間というものがスタートしてますので、
この宇宙の外には何もありません(時間も存在しません)
「何も無い空間」ではなくて空間自体が無く、
正確には宇宙の外側という概念自体が無いということになります。

な〜んて、えらそうに書いてますが、
すべて清水義範氏の「もっとおもしろくても理科」のすべて受け売りです。
確かこんな感じだったと思います。
| もり@帯広 | 2009/07/16 1:16 PM |

宇宙の外を知りたくて検索したら、偶然にも今日書かれた
宇宙の外について記事を発見したので、思わずびっくりしちゃいました。
びっくりしすぎてコメントしてみました。
| たかひろ | 2009/07/16 1:38 PM |

>あららさん
999は全部を見ていないけど
宇宙の果てっていうのはあった気がします。
宇宙の果てはたぶん生きてる間にはわからないでしょうね。
わかるとしても何千年単位か何百年単位でしか解明されない気がします。

>月さん
ほんと哲学的ですね。
そして全然その意味が理解できないorz
だから謎めいていて楽しいんですが・・・

>ひろしさん
うん、私も同じだよ!

>ぽるてさん
どうなんでしょうね。
今の段階ではいつまでもわからないまま
人類の方が先に終わってしまいそうな気がします。
ぽるてさんのその考え方って私と同じかもw
箱庭の中にいるんじゃないかなとは時々思います。

>クインテットさん
名前をつけるのは意識しやすいようにっていうより
識別番号と同じで区別しやすいようにかと思っていました。
同じような形のものでも名前があれば伝えやすいから。
でも人々が認識した時からっていうのはなんかわかるかも。
地球が丸いということを知らなかった時点では
宇宙は変わらずあったのに、その当時の人の中ではないものと一緒ですよね。
それと同じで今は宇宙の外は全くわからない状態だから
ないものと同じなのかもしれませんね。
人々の心の中にっていう答えが今は正論かもと思います。
でもこうしていろんな人の考えを聞くのも楽しいです^^

>Qさん
私も似たような話きいたことあるよ!
しかも電波を吸い込んでいるように外から見えるけど、
実はどこかに吐き出されているのではないか?とか議論されてたような。
ブラックホールの逆がホワイトホールとか、
その理論を使えばワープができるとかなんとか・・・
難しすぎて全然理解できないけど、そういう話はおもしろいなと思います。

>さとのすけさん
私と逆に眠気が来るんですね(笑)
私はいろいろ考えてるうちに目がさえるタイプです。
だから寝る前はなるべく考えないように・・・w

>やんまーさん
そうなんですよね。
しかも太陽系自体もどこだかを中心に移動してるわけで、
生きてる間に同じ場所には二度とくることがない。
とか本で読んだこともあります。
そう考えると私たちは地球に乗ったまま広い宇宙を旅してる。
そんな感覚にも陥ります。旅してるとはいっても、
移動してることは実感できないのでなんともいえないんですけどね・・・。

>一条さん
たしかにそうかも!
無が理解できないのもそれなら当然ですよね。
科学者の人も無だ、というように理屈云々ではなく
丸呑みらしいですし。。。
宇宙の内外という概念も本当にないのかも。
ただ今の私の知能でいくとそう考えると一番理解できそうなので
脳内でそう変換しているから答えがないのかもですね。
言葉を使っていない存在なら何か知ってるかもってのは
本当にそうかもとも思います。
赤ちゃんとかはいろんなことを覚えているらしいですしね。
でもりんくんが知っていたとしたら・・・おもしろい!

>もり@帯広さん
空間がないっていうのが無だ!という本も読みました。
なるほどと一瞬思うのですが、空間がないのにその中にある
宇宙や地球ってなに?という方向に考え方がどうしてもいってしまいます。
たぶんそれって宇宙が無限だということの裏返しの話だと思いますが、
それが私には理解できないんだと思います。。。
なんて固い頭なんだ!と自分でイヤになりますorz

ただ150億年前のビックバンを見ることも理論的には
可能というのを聞いた時には宇宙って夢があるよな〜
となんだか思ってしまいました。
やっぱり宇宙の話を聞いたり読んだり考えたりするのは
私にとってすごく楽しいことのようです(笑)

>たかひろさん
それこそ運命ですね!
びっくりしすぎてのコメントありがとうです。
今までそういうコメントもらったの初めてなので、
なんだか嬉しいです。
| かりん | 2009/07/16 1:57 PM |

久しぶりの宇宙ネタきたぁ!
深く考えたりするわけじゃないけど
こういうの読んでるだけでわくわくするw
150億光年という部分初めて知った、というか
光年←この意味初めて知りましたorzw
YouTubeでなんか宇宙動画みてこよかな!
| なきは | 2009/07/16 4:36 PM |

超長文ですみません。
私も宇宙とかオカルトとか、不思議話大好きです。
私が考えてる宇宙って、こんな感じかな。
地球がある宇宙の外側には、今の人間には「無」と呼ばれている
「有」がある。
どういうことかというと、宇宙の外には何もないのではなく、
今の人間には知ることができない何かがある。でも、知ることが
できないから、それを「無」と呼んだり、「何もない」と言っている。
でも実際には無でもなければ何もないわけでもなくて、何かがある。
空気を指さして、原始人にこれは何だ?ここに何かあるか?って
聞いたら何も無いって答えるだろうけど、今の人間なら「空気」が
あるとか、もっと詳しい人なら、窒素とか酸素とかがあるって答えるように、
要は人間の認識力に差があって、遠い将来の人間なら、今の人間に
「無」と呼ばれているものが何なのかが分かる日がくるのでは。
そう考えれば、何もないところから宇宙や地球ができたのではなく、
「何か」から宇宙や地球などができたと言えると思います。
また、地球がある宇宙は球体(多少いびつな形かも)で、その横には
やっぱり球形の別の宇宙がいくつもあって、それらの宇宙全部を包括する
空間があり、さらにその包括空間の外側にもまた別の包括空間が
いくつもあって・・・というふうに、無限ではないかもしれないけど、
上には上の空間が広がっていて、さらにその外側にも無ではなくて
何かがあるんじゃないかと思います。
そして、その「何か」が何なのか、今分からないとしたら悔しく
感じるであろうかりんさんへ。
私は転生輪廻を信じているので、人は何度も何度も生まれ変わって、
やがていつの日か、それが分かる日がきっときますよ。
それまでいろいろ想像しながら気長に楽しみに待つというのも
いいんじゃないかと思います。
また、その何かを知り、それに近づくために、人は生まれ変わり、
文明をつくり、進化しているようにも感じます。
| さとうとしお | 2009/07/16 8:47 PM |

(俺様的に求められてそうな)唯物論的で面白くない回答としては「観測不能」ですかのう。俺様達が生きてる間は。
人類が観測可能な範囲ってのは(ご存知の通り)宇宙全体が物凄い速さで膨張してるから結構狭いんですわ。

wikiに詳しいけど、今我々が見ることができる最も背後にみえる光は、約137億年前に約4000万光年離れた空間から放たれた光である(意外に近い)。そしてその空間は現在470億光年先にあり、光は137億年かけて137億光年の道のりを旅してきた...つまり光が光速でチンタラ進む間に空間の方はもっともっともっと...広がっちゃったので、その「外側」についてはもう知らん、とw

でもって137億光年以上の距離からの光は宇宙の晴れ上がり(ビッグバンの38万年後、3000度ぐらいに冷えてきたから電子と原子核とがようやく結合して原子を生成したもんで、光子が直進できるようになった状態)以前となるため光が直進できず、地球から観測できない:つまりそのような距離そのものが(認識上)存在しないことになる...んなコト言われてもナニか存在するのは確かなんでしょうけどのう。

ただ空間そのものがメチャ膨張し続けてるから、我々には「それ」を知る術はないというコトですのう。

そして池に投げた石の波紋が広がって消えるように、「この」宇宙も果てしなく広がって消えるんですのう(個人的には宇宙の曲率は負:開いた宇宙だと思うので)。なんか寂しい終わり方だし、「果てには何もない」って考えると何となく厭世的になるので、「広がった波紋は隣の宇宙でビッグバンを引き起こすのだ! 我々の宇宙は消えても、その存在意義は隣の宇宙誕生というカタチで永遠に生き続けるのだ!」...と日記には書いておこう(龍角散トローチ)。

ところで宇宙について考えるときの最近のマイブームが「パイオニア・アノマリー」と「地球フライバイ・アノマリー」なんですがのう。まだまだ我々の知らない「何か」があるかも?>宇宙
| はしばみ2 | 2009/07/16 8:50 PM |

>なきちゃ
うん、久しぶりに書いてみたよ。
とはいっても目新しいことは何も書いてないんだけどw
光年の意味初めて知ったんだ!
宇宙動画なら関連動画のタイムマシンなんてなくても。
の中にある星の大きさ比べがすごいオススメ。
これ見るとああ、自分はなんてちっぽけな存在なんだ!と思うよw

>さとうとしおさん
同じジャンルがすきなんですね。
そしてその説明超納得かも。
知ることができないから何もないことにしている。
そんな感じに考えると納得できる気がする!
昔の人が空気を理解しなかったように
今の私たちには理解できない何かがそこにあるのかもですね。
んー、ロマン。それが解明されるまで人間社会が続いているといいな〜。
人類滅亡と宇宙の解明はどちらが先なんだろう。
でももしも私たちが箱庭で飼われてるとしたら
宇宙の解明をした時点で人類滅亡になるよね。

>はしばみ2さん
お??予想よりずっと毒がないはしばみコメントだった!
こういうオカルト・不思議系の時ははしばみコメントが楽しみです。
wikiはあまりよく読んでないことにはしばみさんのコメントで
気付いたので、これからちょっといって詳しく読んできます。
ちょっと興味のある話だわ、それ。
でも光速より早く膨張する宇宙ってすごい。
今のところ光の速度が一番速いと思ってるけど、
実はもっと早い何かがあるんだね。これもまたロマン。
宇宙はたぶんわからないことだらけだよね。
なんとなく宇宙を知ることは神の領域という気もしないでもなく・・・
| かりん | 2009/07/16 9:27 PM |

その昔、「相対性理論的宇宙論」とかいう小難しい本を読んでた自分が懐かしい…

謎多き宇宙を少しづつ解明していく現代科学も、わくわくするし、
スミスの「レンズマン」やニーヴンの「リングワールド」にわくわくしたのもまた若き自分。

人って、謎や不思議なものにわくわくするよね。

| たなくら | 2009/07/16 10:31 PM |

答えは簡単です。
宇宙の外はSMAPの草なぎ君です。
昔ドラマで「俺の胃袋は宇宙だ!」って言っていたじゃないですか。

ってジョークはこの辺にして、人類の科学が進歩しても解明は無理だと思います。なぜなら2次元の生物が私達の3次元世界が見えないように、3次元の生物である我々が4次元以上の世界を見ることは決して出来ないからです。

宇宙が膨張していることがわかっても、いつ何故ビックバンが始まったのかはこれからも知りたくても知ることは出来ないのです。宇宙の外は我々の空間の概念では当てはまらない場所。

と、言い切る私の理論(笑)
| pira | 2009/07/16 10:43 PM |

>たなくらさん
私は挫折しました。難しくて(笑)
最後の一文に同意です。
謎で不思議なものにはわくわくするし、
どんな説を唱えても誰も根拠をもって否定できないところが
また楽しいな〜と思ってしまう。

>piraさん
なんで草なぎ!と思ったら
たしかにフードファイターとかいうドラマでいってましたね(笑)
しっかりみてました。

そっか、宇宙は4次元なのか〜。と
基本からほうほうと思っちゃいました。
たしかにそういわれればそうですよね。
それが誰かがいってたかかわりのない世界同士だから
無だという話になるってことですよね。
永遠に謎となるとそれもまた神秘だから
宇宙にはつきることない魅力があるんですね。
| かりん | 2009/07/17 12:07 AM |

羨ましいです。

こういう、テーマと言うか、研究と言うか、
何か興味のあるものを考える時間(ゆとり)があることは、
とても羨ましいです。

私が考えることは、
・仕事を見つけられるかな
・介護しなくちゃ
・食事の準備(安い食材は無いか…)
・年金納めてないな、どうしよう
(以下、ネガティブにエンドレス)

これが宇宙の中身です。
隣の家は、別な宇宙です。

こうしてブログを読ませていただき、
コメントを書いている、
この時間が自分にとっての”宇宙の外”なのかな。

いつも楽しませていただき、ありがとうございます。
| 通行人B | 2009/07/17 1:52 PM |

>通行人Bさん
いわれてみればたしかにそうかも。
正直こういう宇宙の外のこととかって
わからなくても生きていく分に全く支障ないし、
こういうことを考えられるって「ゆとり」があるのかもしれないですね。
コメントを読んでこれって幸せなことなのかも。と気付きました。
逆に気付かせてくれてありがとうです。
時々はまたこうして宇宙の外に遊びにきてください。
| かりん | 2009/07/17 8:04 PM |

NASAのジェット推進研究所は
彗星探査機『スターダスト』が採取したチリから、
生命誕生に不可欠なアミノ酸の一種『グリシン』を発見したと発表。

ホット・ニュースです。
ニュース価値も高いと思われます。
詳しいことは調べてみて下さい。

| 海鳴り | 2009/08/18 7:20 PM |

>海鳴りさん
また新しい何かがわかったんですね。
早速調べてみます!ありがとう。
| かりん | 2009/08/18 7:29 PM |

宇宙の外が無なら宇宙は存在しない…
ということわ、宇宙の外わ無でわないのか…
そもそも存在すること自体がわからない…
宇宙が存在してることも…
| 桃 | 2009/11/16 12:55 AM |

宇宙の外には何があるのか。
実はタイムマシンの話を書かれてるサイトで読みました。そのサイトに書いてあることと自分なりの見解をミックスさせたいと思います。

そのサイトには光のスピードに近づけば近づくほど時間のスピードは遅くなると書かれてます(光のスピードに近づく乗り物から周りを見れば時間が早く進む)
かの有名なアインシュタインの相対性理論ですね。
では!光のスピードを超えてしまうとどうなるか。
今度は時間が逆行します。過去に行ってしまうのです。
しかしこれは物理上、単純なことで無理だそうです。
光のスピードに近づくだけならなんとかなるそうですが、もし光のスピードを越えてしまうと今度は高速で運行する乗り物の質量が膨大に増えてしまいそれ自体で高速運行は不可能となるようです。
何が言いたいかと言いますと、宇宙は光のスピードで膨らんでるため、宇宙の外を見に行くことは不可能なんです。
しかし、その問題もクリア出来て宇宙の外に行けたとします。
自分なりの考えですが、そこには自分の[死後の世界]があると思います。


なんかの宗教みたいになってしもたwww
| ナイト | 2009/11/16 1:26 AM |

>桃さん
私も同じく考えて、
全くわからないです。
わからないから面白いけど、
考えてると頭がおかしくなりそうです。

>ナイトさん
なるほど。
たしかに不可能なことなのかも。
それは時代が進んだら、とかそういうレベルの話
ではなく、過去に行くこと自体が
無理ってことなのかなぁ。
いや、そうなのかも。
でも宇宙の外にいってみたら、
自分の死後の世界が!って世にも〜に
出てきそうな結末で私は嫌いじゃないです。
面白い考え方をありがとう♪
| かりん | 2009/11/16 10:35 PM |

かりんさんのこの返事が一番気になってましたwww
宇宙の話から脱線しそうですが、私の見解w↓

以前にも書かれてたと思いますが、ジョンタイターの話です。過去へ行ったり未来へ行ったりする話を他のサイトでも見ました。
自分の両親を殺しても自分の存在は消えないと書かれてました。
別のパラレルワールドに時間軸が流れるので、その点は問題ないそうですね。
タイムマシンの話ではなく、宇宙の話に戻りますが、夢ってみなさん誰もが見たことありますが、実は夢の中こそがタイムマシンでもあり宇宙でもあるんのでは? と最近思います。
夢だけではなく想像すること自体も宇宙だと思います。

「明日は仕事をがんばるぞ!」
「彼女欲しいから、これからナンパしに行こう!」
「明日はドライブに行こう」

早い話、なんでもいいんです!
想像してる頭の中こそが宇宙でしょう。

しかし宇宙ってなんのためにあるのだろう。



| ナイト | 2009/11/17 12:18 AM |

>ナイトさん
なるほど。夢=宇宙説ですか。
すごく面白いと思うけど、そこまでいくとついていくのかなり大変かも(笑)
一応今の私の中では夢は自分の中で見るもの、
という認識があるのでそうなると宇宙は自分の中にある。
という考えにたどり着いてしまいます。

それと関係ないのですが、ジョン・タイターの記事を書いた時に
いろいろなものを読んでみて、過去にいった時点で元の世界と
同じ世界には戻れないという見解を読んでなるほど、と思いました。
人が1人過去にいった時点で何もしなくても歴史は変わるから。
というような理由だったのですが、
元のこの世界に戻ってくることが絶対無理なら
私は過去には行きたくないな〜と思ってしまいます。
もしかしたら戻ったときにいい方に変わっているかもしれないけど、
逆もあるわけで。たとえいい方に変わっててもやっぱりそれは
自分の知っている世界と違うからなんか寂しく感じる気がします。

あ・・・!全然関係ない方ばかり書いちゃいましたね^^;
| かりん | 2009/11/17 8:20 AM |

蟻の脳で数式を理解出来ないように、人間が宇宙の起源を理解するのは不可能だと思う。宇宙の向こう側は想像を絶する世界が広かっているのかもしれない。
| ニラレバ | 2009/11/17 8:19 PM |

>ニラレバさん
なるほど〜。理解できないってことは理解してきました。
だから宇宙の向こうに死後の世界でもありえるのかも。
それとも想像もつかない何かかなぁ。
こうして考えてるとちょっとわくわくします。
| かりん | 2009/11/17 10:22 PM |

新しい発見をしてしまいました!!!
ノーベル賞とれるかも!www (なわけないw)

宇宙の外には何があるのか、分かったのです!!!(実は違うw)



宇宙は膨大に広いわけですが、実は盲点があります。
そもそも、宇宙の空間を真っ直ぐに進むことが出来るのかと!
どんなにまっすぐ進んでも、緩く曲がってしまう。
しかも星にぶつかる可能性もあるので、星を回避して真っ直ぐ進むのはまず無理!
さてさて、何が言いたいのかといいますと、宇宙の最果てを見に真っ直ぐ進むとしますが、絶対に曲がってしまうので、元の出発点に戻ると思う!!!!! ←やたら感嘆符が多いw
これは凄い発見だ!!! ←そうなのか?ww
真っ直ぐの長い棒を作り、それに沿って真っ直ぐ進んでも、緩やかに曲がってる棒しか作れないので無理だと思う。

例えば100mぐらいの真っ直ぐのレールを引き、宇宙に向けて新幹線が走ったとして、そのレールをさらに延長したとしても緩やかに曲がる。
1000mでも10000mでも100000mでも桁がどれだけ増えても真っ直ぐな物は作れない!!ってことです。

次のノーベル賞は私が頂きましたwwwww

既に誰かが発見してたりしてwww


| ナイト | 2009/11/18 3:48 AM |

>ナイトさん
その考え方は本で読んだことがあります。
つまり同じことを考えてる人が残念ながら先にいたってことですね。
私が読んだ本の中では地球が丸いように宇宙も丸(もしくは楕円)なので
宇宙の外には出ることができない。よって見ることができない。
と結論付けられていました。
これも特にノーベル賞とか一般の定説して定着していないとこを見ると
裏づけするデータなどがないのだと思われます。
そもそも宇宙の果てはみれないとされてるのだから、
裏づけデータも何もなさそうな気はするけれどもw

自力でその説にたどり着いたのはすごいですね。
私は自分で考えてもそこまでの考えにはならないです^^;
| かりん | 2009/11/18 8:21 AM |

orz

やっぱりそうでしたか!www

ようはパラドックスなんですけどね。
ありがとうございましたw


| ナイト | 2009/11/18 11:01 AM |

>ナイトさん
パラドックスかぁ。
パラドックスって考えてるとキリがなくなるよね。
そういう不思議なとこが好きなんだけどw
| かりん | 2009/11/19 9:23 AM |

宇宙の外側。
あるUFOに拉致されて他の惑星にいったり、他の銀河にいったと言われる人の証言では、宇宙の外側は「濃密度の世界」。

「高温高圧で虹色のベルトが波打つような世界」。
しかも、宇宙は1つではなく、無数の宇宙が存在してるそうです。中には「死滅した宇宙」ってのもあるとか(笑)


・・・まあ、オカルト話に近くて、実際に自分で確認したわけではないので、なんともいえないのですけどね(笑)

そんな話もあるってことで。
| まきん | 2009/11/19 2:29 PM |

>まきんさん
農密度の世界・・・。
全く想像できません。
地球のような惑星がひとつではなく沢山あるように、
宇宙も沢山あるのだとしたら限りないですよね。
全く不思議な世界です。
ますます興味がわいてきます。
ありがとうございます^^
| かりん | 2009/11/19 9:53 PM |

無を有にする事が可能になった
ビッグバン


宇宙が光の速さで無を有にして行ってる…限界なく


じゃあ誰が何の為に?って疑問

俺は
偶像は信じないけど


でも
万物創造の神とやらは信じてる
| カゲトラ | 2009/11/25 4:56 PM |

>カゲトラさん
すごい斬新な考え方だな、と思ったのが
「誰が何のために?」っていう部分。
私はこうしてここに生きてることも何もかも
誰かのために生きてるとは思っていなかったので、
そういう考え方もあるんだな〜とビックリしました。
| かりん | 2009/11/25 7:26 PM |

そもそも宇宙の果てを見ることって絶対に無理なんだよね
膨張速度が半端ないからね
だから無の外はどうなってんの?あんたならわかるだろ?
っていわれてもすげぇ困るんだよね
とりあえず宇宙は広がっててその外はどうなってるかわからんから
なにもないってことにしてるんだよね
だから宇宙の外はこうなっている!じゃなくて
宇宙の外はこうなっているんじゃなかろうか?なんだよね

それと、植物とか原始生物がどうやって生まれたかって
聞かれると偶然というしかないんだよね

たとえば時計の部品をめいいっぱい海にぶち込んで
ながーーーーーーーーい時間たってから海を見てみると
あら不思議!時計がひとつ完成してました!っていうことなんだよね
まぁわかりにくいと思うけど

こういうことをネットをしてて知ったよ
まぁ無知な俺の言うことだから信用しないほうがいいよ
絶対にどこかが間違ってるはずだから

個人的に宇宙は無数にあってほしいな
だって宇宙がここだけなんてさびしいもんね
| | 2009/12/31 4:14 PM |

>ななしさん
おもしろいコメントだな〜と思いながら読みました。
ななしさんの考え方、私は好きです。
それが正解なのか、不正解なのかは
誰も見てきた人がいないので誰にも答えは出せないのかも。
宇宙は無数にあってほしい
っていうのは私も同じ意見です。
そして実際にあるんじゃないかなぁ?
と勝手に想像してます。
| かりん | 2009/12/31 6:52 PM |

無の世界には宇宙が生まれる前から重力があったと思う
それは限りなくものすごく強い重力であって
無の世界は中心にだけ質量がたまって
そのうちリバウンドしてしまい、ひとつのガスがうまれて宇宙ができた。
そんで重力のない宇宙は無の世界から切り離されて、二度ともどれなくなった。
| みじんこ0 | 2011/02/11 3:05 PM |

無から突然宇宙が生まれたかのような認識が一般的です。
寒い日に窓に水滴がついていますよね、これももともとなかったはずの水滴が突然出てきたように見えますね。ですが実際はいろんな
作用が働いて水滴が生まれているのです。でも人の目には突然
出てきたかのように見えます。宇宙も同じように何かの作用で発生したのでは?と思います。
| ふー | 2011/04/02 11:36 PM |

宇宙の理とか、からくりとか調べててかりんさんのブログにたどりつきました。
かりんさんが不思議に思っていることは自分とよく似ている気がして、うれしいです^^クロノトリガーとか、ドラマ仁は本当に面白いです。

宇宙の外に何があるのかまで、考えたことはなかったけど、どうして宇宙ができたのかとか、今自分がいるんだろうかは、たまに考えます。 考えが落ち着かない日は、仏前で般若心経をあげています。

最近は、人が死ぬ時が、自分の世界(世界観が宇宙まであるなら宇宙)の終わりだとおもいます。

そしてもしかしたら、宇宙の外で気がつくのかもしれないですね^
| まさやん | 2011/06/29 1:05 PM |

>まさやんさん
あっ!ここにもまさやんさんが!
いろんなエントリを読んでくれてありがとうです。
人が死ぬときが自分の世界の終わりというのはその通りですよね。
私も最近ようやく死んだらそこで終わりだと思うようになりました。
それまでは死んだ後も今は感じられない何かしらの
世界があって、そこに行くものとなぜか思っていたので。
そういう意味では宇宙の外のことは知らなくてもいいのかも。
とも思うけど、やっぱりキニナルです。。
| かりん | 2011/07/06 4:42 PM |

〔気本当の姿だとすれば、存在するということは嘘であって、それこそ生きていることは、夢であると解釈する。

宇宙とは、なにものかの体内であって、人間も単なる細胞の一部。菌の一種である。


地求人以上、以外の存在、人類が誕生する、宇宙が生まれる実際の映像がない限り、永遠の課題でしょうね。今を生きている以上は、過去のこと、数百年ならまだしも何億年前なんて理解できるわけがないでしょうね。みんなただの推測や憶測にすぎません。

まあ、こういう謎を研究、考えるって楽しいから好きですが。笑
タイムトラベルとかパラレルワールドなどもできたり、存在したりするのか、デジャヴとかなんかも実際にあるので、ほんと、考えたらきりない毎日です(^_^;)


| 涼馬 | 2011/11/24 5:18 PM |

レスできません。コメレスなしで
OKな方だけコメントどうぞ。
(2014/7/22〜)









   
コメント本文にURLは入力できない設定になっています。
※ブログやHPをお持ちの方はURL欄に入力して下さい。
コメントの投稿がうまくできない方はコチラ
 
http://love.mania.daa.jp/?eid=942665
TB大歓迎ですが、関連性のない記事及びTBを返せないブログ様のTBはご遠慮ください。
TB送信元にこちらのURLがない記事からのTBは現在受け付けておりません┏○ペコリ
http://love.mania.daa.jp/trackback/942665


ブログ内検索
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728    
<< February 2017 >>

ケータイ用QRコード
一番右上のカレンダーの日付部分またはカテゴリーからもこれ以前の記事に移動デキマス。
今までの記事一覧では、タイトル一覧がランキング形式で見られます





with Ajax Amazon