t: y:
今読んでる人は

踏み逃げ、読み逃げ、ロム専、無断リンク大歓迎


今までの記事一覧
タイトル一覧がランキング形式で

<< 野々村真のブログってこれ??main蝦夷梅雨あけました&汽車 >>
子供に車に轢かれた時の対処法を教えましょう
この間子供が車に轢かれる瞬間を見ました。車は一時停止があったのですが、徐行程度でしっかり止まらないまま歩道部分に入っていった時に、たまたま自転車に乗った小学生の子供がきたのです。口で説明がうまく出来ないので図にしてみました。左図がその時の様子です。

一時停止の停止線はもちろん歩道より手前にあるのですが、大抵の人はその停止線では止まらずに歩道のところまで出て行き、車道の手前で止まります。キモチはものすごくわかります。停止線のところで止まったら車が左右から来ているかどうか見えないんですよね。しかも大抵の場合はタイミングよく自転車や人が来ると思っていないので、思わず車道の手前まで車を出してしまうと思うのです。

でも停止線で止まるということを怠ると、今回の事故のように自転車や人とぶつかってしまう場合があります。自転車側からみると止まれも何もなくそのまま進んでよい道路に見えるものだし。ちなみに停止線より前で止まらない場合は違反になり、警察にみつかると捕まります。(たぶん常識として皆さん知っているでしょうが。)

幸い私が目撃した事故は自転車は破損しましたが、子供はすぐに起き上がってきました。車も止まるつもりでそろそろと動いてたくらいだったので目に見える大きな怪我はなかったのですが・・・。

その時に驚いたことが2つあります。1つはあんなにちょっとしかスピードが出ていない車とぶつかったのに、自転車も子供もふっとんでいったこと。見た感じは10km/hでてないんじゃないかと思ったけど、あんなに衝撃だなんて。そして2つめは子供が最初にとった行動です。
自転車とともに飛ばされた子供は自転車と一緒に車道側に吹っ飛んでいきました。でもすぐに立ち上がり、ひざをパンパンと何度かほろったあと、自分をはねた車の運転手が車からおりてきたのを見て、胸の前に手をあわせて「ごめんなさい」と謝ったのです。

この場合はもちろん車の運転手が一番悪いのに、子供が謝ったことに私もビックリしました。

その時はビックリしたけど後から考えると私にはこの子供の心理が理解できます。私も小学5年生の頃自転車で車にはねられました。幸い車とぶつかった部分が自転車の前タイヤ部分のみだったので、自転車と共に倒れただけですみ、怪我はスリキズ程度でした。その時にも運転手が車からおりてきたのですが、車から降りてきた大人を見て私がしたことは「逃げること」でした。それこそ必死で自転車をこいで逃げました。理由は「怒られると思ったから」。

そして親にバレたらマズイという思考が頭によぎりました。それまでサンザン親に「車に気をつけなさい」と言われていたからです。車とぶつかったことがバレたら、もう自転車での外出は許されないかもしれない。そういう考えがグルグルして逃げました。

きっと今回の子も同じように思ったのではないでしょうか。

以前、同じ会社の人が同じように子供をひいた時も子供に逃げられて、後で何かあったら困ると追いかけていって捕まえたら「お願いだから親には言わないで」と泣かれてビックリした。という話を聞いたことがあります。子供は轢かれたらそういう考えが先に立つのかもしれません。交通ルールをよく知らないからというのもあるだろうし、親が絶対的権威だからかもしれません。

私はちょっと離れたところから見ていたのですが、ちょうどそこを通る予定だったので通りがけにとまって運転手と子供に声をかけました。幸い今回轢いた運転手はきちんとした大人の人で「今から自転車をつんでこの子の家にお詫びにいきます」という誠意ある人でしたが、これが子供が悪いと思ってることを逆手にとって「気をつけろよ、コノヤロー」なんていう人だったり、暴言ははかないまでも「子供が大丈夫っていってるからいいか」なんて思う無責任な大人だったとしたら、後からこの事故で頭を打っていて亡くなったりした時にひいた人が誰かわからなくなる。なんてことも出てくると思います。

ここはぜひ高校生くらいまでの子供がいる方はぜひ轢かれた時にはどうすればよいか?ということを子供に普段から言い聞かせる必要があると思います。

もちろん車に気をつけるっていうことは普段と変わらず教え、止まれがなくても車と交わる場所では一回止まることなども一緒に教えつつ、「でももしも車とぶつかってしまった時は必ずお母さんに言うのよ」とか「車にぶつかっても逃げなくてもいいんだよ」とか言っておくべきかと。運転手の人の名前や住所を聞くとかは、教えてしまうと逆に子供に危険が降りかかったりすることもあるので難しいかな・・・。

あ・・・ここまで書いて思ったんですが、子供だからそんなことを教えると「車にぶつかってもいいのかー!」って違う方に楽観的に捕らえちゃうのかな。あぁ〜すごく難しい問題かもしれない。。。


この記事のカテゴリ:オモウコト
 
| かりん | 00:00 | comments(21) | trackbacks(0) | |
Related Posts with Thumbnails
スポンサードリンク
小学校高学年の頃に、万が一車に轢かれたときは
例え、軽傷であっても「大丈夫です」だけで済ませないというのを
学校で習ったことがあるような気がします。
もう、昔の記憶過ぎて曖昧ですが、万が一の為に連絡先を聞いておくとかだったような…

ただ、やっぱりこれは、ある程度の年齢に達してから教えた方がいいと私も思います。
まずは、車に気をつける。基本だけを教えておいた方が、安全で安心なような気がします。

それと、車と交差するとこは止まれの標識がなくても止まるようにするってのですが
車と交差する場所ってホントたくさんあるので、それはちょっと難しいような気もすると感じました。
そうするように言ったところで、面倒臭がって守る子は少ないかもしれません。
| もぐ | 2009/06/24 12:58 AM |

そうだなー(汗)私も小さい頃そうだった…。

こりゃ大人の良識というか当たり前のコンコンチキです。いやその当たり前が出来てない大人が多いのも事実か(汗)


私はやはり子供には「車には気をつけろ」「左右確認!」くらいですね。ともかく車は危ないんだっ!死んじゃうんだ!というのを刷り込みさせたい。でも「逃げちゃいけない」「すぐ親に連絡するように」は言い聞かせたほうがいいですね。
| カントコトロ | 2009/06/24 2:05 AM |

ドライバーとして常に歩道には気を付けてます。
確かに車道に早く出たいと言う気持ちはありますが、歩道の確認を疎かにした事はありません。
が・・・・・・・・・・・・
確かに歩道の確認をしない馬鹿は大勢います。
酷い例になると、車道の確認をしない阿呆も(^^;
この馬鹿めら・・・
精々高額な保険に入るか免許返納しろとwww
| hir○shi | 2009/06/24 6:25 AM |

相方も中学生くらいのときにクルマにはねられたことがあるんですって。

そのときは罪悪感より何より「早く帰らないとガンダム見られない!」という一心で、ボコボコになった自転車に乗って必死で家に帰ったんだとか。

今となっては笑い話ですけどその当時を思ったら自殺行為ですよね。

自分の子供にはそんなことさせないようにきっちり言い聞かせたいと思います。
| わふわふ | 2009/06/24 8:36 AM |

初めまして先月からよく訪問しており初コメです。
私も子供の頃 車と接触 バイクに轢かれた事がありますが、車の時は逆に怒られました・・・
あとで、何故?みたいな気持ちでしたよ。。。。

郵便バイクに轢かれ引きずられた時は、対応も良く救急車の話まで出ましたが・・ 痛みより遊びに行きたく 何度も断り 連絡先と住所を告げ
そのまま遊びに行き。。。帰宅時に親に怒られましたけど・・・(;^▽^)ゝ”

やはり子供の心理は 事故よりも他の事を優先してしまいますね・・(;ー_ー)ゝ”
事故にあった時の対処を教えるのは大事ですね。
| damo | 2009/06/24 9:32 AM |

私は走っている車ではなく、
停車してる車の横を通ったらいきなり運転席のドアが開き飛ばされました。
それでもチャリも私も飛びましたよ。
そして子供じゃないのに(高校3年)運転手のおばさんに謝りました。
当時は他人に対してめちゃくちゃ腰が低い若者だったんです(笑)。
その上あんまりにもビックリしてパニックだったんですよね〜。
メガネは壊れハンドルにぶつけたのかサドルにぶつけたのかわからないけど、
太ももにはかなりの青アザ、そしてあちこち擦り傷。
翌日になるまでわからなかったけど、
発泡スチロールの箱を入れたリュックを背負っていて
その背中から落ちたらしく
箱がクッションになったお陰で頭は打たなかったのですが、完全なるむちうちに・・・。
それなのに「大丈夫です!」と平気を装い帰宅。
まるで襲われたような格好の私を見て母は仰天(笑)。
「相手の連絡先は?車のナンバーは?」と聞かれても答えられず
めっちゃ怒られました。
ちょうど帰宅した父と3人で事故現場へ行ったら
その車、まだありました。
銭湯だったんです。
呼び出してもらってきっちりとその後は処理しました。
おばさん逃げてれば良かったのに(笑)。

自分が車を運転するようになってからは
車からおりる時に気をつけてます。

でもやっぱりそういう一時停止の所は
車が見えるところまでそろそろ〜っと行っちゃいますよね。
気をつけようっと。
| ぽるて | 2009/06/24 10:17 AM |

普段自転車に乗っているので、轢かれた子の立場になりそうによくなります。大人になってからはしっかり運転手と目が合うまで渡りませんが、今まで事故にあわずにこれたのは運がよかったのだと思います。殆どの運転手がまさしく停止線ではなく道路まで出てきて止まるからです。しかも私と目が合って、はっ!とする人が多いのにも驚きです。せめてその人は学習してくれたと信じていますが。
私の子供も一度車と接触して転んだ事を、他所のお母様から聞いて驚いた事があります。
その時に、怪我をしたなら逃げないできちんと対応してもらう様にとは言ってあるものの、時々怒鳴っている親父どもを見るとかなり不安ではあります。
| ゆっち♪ | 2009/06/24 10:47 AM |

息子が高校生の頃同じ状況で
車とぶつかったことがあったなぁ。。。
怪我は打撲程度だったけど、自転車はダメになった。
で、運転していた女性は、大丈夫?と声だけかけ
そのまま立ち去ったそうで。。。
息子も遅刻がかかっていたので
壊れた自転車で必死に学校に向かったそう。。。
その際。息子も運転手に謝ったらしい。。。

学校についてから冷静になり
先生に言ったら大騒ぎになり、警察に届け、
ひき逃げってことで処理されましたが
未だにみつからず。。。
ワタシは新しい自転車を買わされました

車のナンバーくらい見ておけばいいのにね(-_-;)
| RUNA | 2009/06/24 11:32 AM |

 やっぱ小学校でさ〜、ウインカーやブレーキランプの意味ぐらい教えないとダメなんじゃないですかのう。
 今はどうだか知りませんが。やってるトコもあるのかな〜。子供ってさ〜、目の前の車がドッチ曲がるのかとか全然考えないからね〜。
 でもって相手が車なら被害者だけど、全く同じ理由で容易に加害者にもなり得るんだよね。自転車に乗ってる子供なんて足の悪いお年寄りから見たら猛獣だわさ。そもそも交通法規ろくに知らないし。
 これは交通教育を徹底しないとイカンですのう。男の子は高校でどうせバイクの免許ほしくなるんだろうしw
| はしばみ2 | 2009/06/24 12:28 PM |

子供は自動車が悪くても「悪いことをした!起こられる!」って思いますよね。
自転車が壊れてしまったら特に。
来年、自転車を買った時に教える事は
1 回りに気をつける事。
2 飛び出さない事。
3 急がない事。
4 自分のも他の人のも命は大事だという事。
5 何かあったら怒らないからすぐに連絡する事。

このくらいかな?
| あらら | 2009/06/24 1:31 PM |

>もぐさん
学校で教えてくれるのもいいですね。
でも親がそれを言ってあげないと、
子供の基本は親>学校だと思うので
なかなか実行に移してくれない気がします。
他の人はわからないけど、私の場合は先生のいうことより
親のいうことの方が数倍重く感じてました。
先生は私の生活を規制できないけど、
親はいくらでも私の生活を規制できると知っていたからかもですが。

あと車と交差するところは標識がなくても止まる
というのは私が今実際にしていることです。
ただこれは今の私が車の運転手としての目も持ってるからかも。
運転してるとどちらにも止まれがない交差点があったりして
そんなところではつい車道の側までいって止まって
しまうことがあるので、住宅街なんかを自転車で
走る時には特に気をつけてます。
もちろんこちらが優先道路で車側に止まれがある場合も
いちいち自転車に乗っていたら止まったりスピードを緩めて
車がこないと確認できてから走り出すようにしてます。
でも私も車の免許を取るまでは車は必ず止まってくれるもんだと
思っていたし、免許がない子供にいっても難しいかもですね。
ただ自分で自分の身を守るためにはそれくらいしないとなと
個人的に思うだけです。

>カントコトロさん
やっぱりそうですよね。
なんか子供の頃って大人ってだけで怖いし、
つい謝ってしまったり逃げてしまったりする人が多いかも。
意識を失うほどの怪我でもない限り。。。
子供には車の危険と同時にそれでも事故にあったら、
というのを教えておくべきですよね。
私もそう思います。

>ひろしさん
私も同じく必ず確認してからいってますが、
歩道の確認をしなかったり、
停止線より飛び出て初めて止まる人も多いですよね。
そういう人は自分が何かしてしまって初めて気づくのかも。

>わふわふさん
そうなんだよね。
ひかれてもはねられても、今が元気だから笑い話だけど
もしそれで何かあったんだとしたら笑い話じゃないですよね。
だけど子供の頃ってそんなもんだと私も思います。
早く帰りたいとか遅刻するからとか事故より
他のことを優先させがちかも。
そこが怖いんですよね、親からみると・・・。

>damoさん
はじめまして。コメントありがとです。
車にひかれて怒られるって意味わかんないですよね。
たとえば飛び出したとしてもひいてしまった方が
悪いに決まってるんだけども。
でもバイクに轢かれただけじゃなく引きずられたのに
そのまま遊びに行くって今だと考えられないけど、
子供の時って大切なものの順番が大人と全然違うんですよね。
わかります。

>ぽるてさん
停車してる車も油断できないか!!
その可能性はあまり考えないではしってました。
ちょっと今から気をつけよう。。。
でもそのまま帰宅するのもすごいけど
そこまで明らかに怪我してるのに
大丈夫というからと帰してしまうおばさんもすごい!
たぶんたいしたことなかったんだろうと安心して
銭湯にそのまま入ったんでしょうね。
無事におばさんにめぐり合えてよかったです、ホント。。。

>ゆっち♪さん
ほとんどの人がほんと車道の横まできますよね。
皆急ブレーキじゃないからそろそろとくる感じだけど、
それでもぶつかったらあんなに飛ぶんだと
この事故を見て恐ろしくなりました。
運転手と目が合うまで渡らないっていうのはいいですね。
私も時々車がタイミングよくきてるときは止まりますが、
よく止まったこちらを見て止まってくれたとばかりに
そのまま先にいってしまう車もいます。
なんだかな〜と思いつつどうしようもないのでそのままですが。
ゆっち♪さんのお子さんも接触事故に遭ったことあるんですね。
子供だと運転手が「飛び出してきたお前が悪い」とか
ちょっとでも怒鳴られたらきっと何もいえないだろうし、
不安ですよね。大人が皆しっかりしてるといいのだけど・・・。

>RUNAさん
ええ!RUNAさんちも??
自転車はダメになっても体はたいしたことなくてよかったね。
自転車代もイタイけど、高校生くらいでもやっぱり
事故より遅刻が優先されてしまったんだね。
あ・・・でも今思い出したけど、私も高校生の頃
走ってる車のサイドミラーが腕にぶつかったことがあったけど
その車は何事もなかったようにそのまま走り去りました。
サイドミラーは折れてその場にあったから
今思えばひき逃げになるのかなと思うけど、
その時は知識もなかったし面倒なのでそのままで。。。
車のナンバーを見とくってすごくいい感じだけど、
きっとそういうときってパニックだから
なかなかそこまで気が回らないよね。

>はしばみ2さん
そう、自転車は軽車両なんですよね。
でも免許もなくそれこそ幼児から気軽に乗れてしまう。
しかも去年だったか自転車にひかれた人が
亡くなる事故もありましたよね。
誰かも前にテレビで主張してたけど、
自転車も免許制にした方がいいのかもしれないですね・・・。

>あららさん
ほんとにその通りですよね。
自転車が壊れたら特にっていうのはものすごくわかる!
自転車を買ったときに教えることはその5個っていいですね。
特に5番は轢かれた時に役立つかも。
事故に遭わないことが一番なんですが。。。
| かりん | 2009/06/24 6:59 PM |

営業も23年やってると色々あるわけですよ。

ただ交差点で青になったから走り出して、交差点過ぎる時に横から子供が飛び出して姿が見えなくなった時は「ついに俺もやってしまったな」と途方にくれました。

慌てて飛び出たら子供が足を引きずってるではありませんか。

警察も来て事情聴取され、子供には「正直にお巡りさんに言ってごらん。どこが車に当たったの?」と。

目の前のスーパーで焼き鳥焼いているおっさんも「ぼく。後から痛くなったら大変だから早くお巡りさんに言っちゃいな」と。

そうこうしてる内に子供は母親の前をはしゃぎまわって遊び始め・・・「本当に俺が悪いのか?」と焦る私。

最後に「お母さん。ぼくぶつかってない。転んだだけ〜」

「ざけんじゃねぇ!危うく起訴されるところだろがぁ!ゴルァ!」と思うも。ホッ。

ということが過去にありました。
上記の場合も含め、歩行者側の過失がゼロと言うのは私は納得できませんね。
(上記の場合、道路のつくり方に問題は無かったか?ミラーはあったか?自転車側の注意義務はどうだったのかなど)

歩道に車が突っ込んできたとか、青信号で横断歩道を渡っていたのにとか以外は双方に過失があるので軽微なものは簡易的に済ますので良いのではないでしょうか。

後日談ですが私は翌日菓子折り持ってその家までお詫びに行きました。ぶつかってませんでしたけど。

この問題、アクシデント時の誠意、マナー、確認、互いの主張などのテーマが絡んでくると思うので難しいですね。私も子を持つ親ですが、交通ルールの確認、自転車の点検などが主体です。しかし事故時の対処までは伝えてませんし、伝えたとしても限界があると感じてます。その場面になったら気が動転しているからです。

関係ないけど、ドライブレコーダー。
メーカーさん本気で標準装備して欲しいなぁ。
| pira | 2009/06/24 11:09 PM |

>piraさん
子供をひいてなくてよかったですね^^
そんなことがあったら大変でしたね。

歩行者側の過失はどんな状態でひいても
保険的には0には実はならないと
つい最近保険屋さんに説明されたばかりです。
交通法規ではどうなのか詳しくは調べていないのですが、
相手に飛び出しなどの過失があった場合は
対人無制限というものに入っていても全額がおりないのだそうです。
(ついでにいうと相手の過失分の金額に関しては支払い義務もなくなります)
そして相手側に過失があった場合には、
本来出るはずの保険が出ないことで遺族や被害者側と揉めて
事故を起こしてしまった人が精神的におかしくなってしまったり
そういうことがあるので、今では相手側に過失があっても
全額補償するというオプションが保険に登場してました。

実はその保険屋さんから話をきくまで
相手側に過失があってもまさかそれが金額で
ひかれるということは知らず、ビックリしていたところです。

ただ自動車学校で習ったことが今もそのままだとしたら
現状では歩行者にどんなに過失があったとしても
悪いのは100%車の運転手になるんですよね。
補償金額が減額されたとしても罪は減らないっていうのは
たしかに納得いかない場面も出てくると思うけど、
そこまで責任もてないなら運転するなという教えだった気がします。

事故の対処法は伝えても限界があるというのは同意です。
でも事前にちょっとでも情報があれば
もしかするとそれを思い出すかもしれないと思うので
多少は伝えておくのもいいのではないでしょうか。
大事なお子さんが怪我をされてからでは遅い気がします。。。
| かりん | 2009/06/25 12:02 AM |

確かに難しい心理の問題だよね。子供が大きくなったら言い聞かせなければ…
| みかりん | 2009/06/26 1:36 AM |

>みかりん
子供が大きくなったら教えてあげてね^^
事故に遭わないのが一番なんだけどね。
| かりん | 2009/06/26 12:53 PM |

かりんさん、お久しぶりです!
この記事、とっても変な汗が出ました^^;
なぜなら、あたしが、まさにこの子供だったから!!

通学中に轢かれて、「遅刻しちゃう!!」
と思い、「大丈夫です」
と言って、足を引きずりながら学校へ行ったり、
連絡先を交換した場合でも、怖くて、下さった連絡に出なかったりしました^^;
数回、大きな事故ではないですが、車に轢かれていますが、きちんと補償してもらったことはないですね。

小学生の頃、交通安全集会で、自転車は北海道では、歩道を走ってよい
と習ったはずなのだけど、最近車道に統一されましたよね。
正直、
車道をふらふらと走る自転車は、相当怖い!!
蝦夷梅雨の間は、自転車がいないことだけが、うれしかった^^;;
| あや | 2009/06/27 8:50 AM |

初めまして。
子供の頃にトラックにぶつかった事がありまして、その時の事を思い出しながら記事を読ませていただきました。
ぶつかった時はとにかくパニックで、怒られる、というのが念頭にありましたね。
この記事を読んで……なるほど…と思いました。
未だ子供がいない身ですが、もし子供が出来たらきちんと指導して育てたいと思います。
| MANA | 2009/06/27 10:49 AM |

>あやさん
お久しぶりです^^

でもあやさんも轢かれた経験あるんですね。。。
こうしてコメントを読むと結構いるんだなぁ〜。
でも怖くて連絡に出なかったとか大人だとシンジラレナイ!
と思うけど未成年のうちはありがちかも。
私も大人怖かったし。

自転車は車道に統一されましたね。
自転車用道路がある歩道がうちの周りは多いので助かってるけど、
街とかにいったらちょっと怖いかも。
車目線でも車道の自転車コワイですよね。

>MANAさん
はじめまして^^
トラックにぶつかったってビックリです!
とりあえず今元気なようで何よりですが・・・。
でも子供の頃ぶつかった時怒られる!ってどうしても思いますよね。
私も子供はいませんが、できたらこのことをしっかり言い聞かせようと思います。
| かりん | 2009/06/27 3:29 PM |

私も学生の自転車×車の事故を目撃したことがありますが
警察に届ける様子もなくお互いに走り去って行ったので
あとで痛くなったり、自転車がゆがんでたり
支障があるんじゃないかと、ひとごとながら心配でした。
明らかに車の確認ミスだったので
それこそ自転車の過失ゼロ(動いてるとゼロにはならないのかな?)という感じだったんですけど。

知人の話ですが高校生にぶつかってしまい
公衆電話(当時携帯はまだ普及してなかった)に
電話かけに行って戻ってきたら高校生が消えてた、とか。
別の知人が高校生にぶつかってしまった時は
病院へ行こうと言っても、高校生が「いいです、いいです」と
拒否して警察も呼ばないで欲しいと言われたので
心配しつつも何かあった時の為に自分の連絡先を渡したらしい。

その後、学校へ着いた高校生の制服が破れたり怪我してるのを
見た先生がびっくりして事情を聞き、警察に通報。
知人は警察にひき逃げになるよ!とこっぴどく怒られたらしいです。
相手に拒否されても警察に届けないと怖いですね。
(連絡先を渡したのがアダになってしまってなんとも・・・)
| | 2010/10/14 9:13 AM |

すみません。上のコメントは私です。
| りりー | 2010/10/14 9:16 AM |

>りりーさん
それは他人事ながら心配になりますね。
自転車の過失については動いていたらゼロではないだろうけど、
普通の場合は大抵自動車側が全て負担ですよね。

りりーさんの知人の話は本当に怖いです。
そういうことがあるから、届出をしないっていうのは
ダメなんですよね。高校生の子供に流された知人の方も
一般的にみたらルール違反なのかもしれないけど、
私でもその場合流されそうなので、勉強になりました。
相手がいなくても届けることは大切ですね。

名前がないことは気にせずに^^
| かりん | 2010/10/14 11:24 AM |

レスできません。コメレスなしで
OKな方だけコメントどうぞ。
(2014/7/22〜)









   
コメント本文にURLは入力できない設定になっています。
※ブログやHPをお持ちの方はURL欄に入力して下さい。
コメントの投稿がうまくできない方はコチラ
 
http://love.mania.daa.jp/?eid=929656
TB大歓迎ですが、関連性のない記事及びTBを返せないブログ様のTBはご遠慮ください。
TB送信元にこちらのURLがない記事からのTBは現在受け付けておりません┏○ペコリ
http://love.mania.daa.jp/trackback/929656


ブログ内検索
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728    
<< February 2017 >>

ケータイ用QRコード
一番右上のカレンダーの日付部分またはカテゴリーからもこれ以前の記事に移動デキマス。
今までの記事一覧では、タイトル一覧がランキング形式で見られます





with Ajax Amazon