t: y:
今読んでる人は

踏み逃げ、読み逃げ、ロム専、無断リンク大歓迎


今までの記事一覧
タイトル一覧がランキング形式で

<< 田中実さん、痩せた?main105円の吸水キャップはやっぱり誤植 >>
一風変わった間取り本「間取りが語る」
間取りが語る
先日ブックオフで見つけて買ったのがこの「間取りが語る」という本。なんか表紙は古臭いし、ずいぶん昔の本?と思ったら思っていたよりは新しく2003年の本。なぜこんな昭和40年代を連想させる表紙なのか?と思いつつ開いてみたらナニコレ!な一冊でした。

その内容は単に間取りだけが載っているわけではなく、変わった間取り図にコメントが入っているあの間取りの手帖を思い起こさせる作り。・・・かと思えば、今まで不思議に思っていた漫画の間取り、有名人の家の間取り、さらには事件が起きた家の間取りなどこんなに幅広いジャンルの間取りが掲載された本みたことないというもの。

どんな間取りがこの本で見れるの?とキニナル方に目次を下に書き出してみました。
● 迷宮な間取り
なに、これ?な間取り69個/キャンピングカーの間取り/オリエント急行の間取り/セイリングクルーザーの間取り
● ドリームな間取り
叶姉妹の家/アニータさんの家/マリリン・モンローの家/ジョンとヨーコの家/プリティウーマンのホテル/タイタニック客室/大統領専用機/アダムスファミリーの家
● ヒミツな間取り
ドラえもん/ハリー・ポッター/千と千尋の神隠し/北の国から/あたしンちみかんの家/クレヨンしんちゃんの家/さくらももこの家/磯野家/星飛雄馬の家/千と千尋に出てくる家3軒/ハリーポッターダーズリー家・ホグワーツ校内/男はつらいよ寅さんの家/北の国から石の家/ハイジのオンジの小屋/奥様は魔女のサマンサの家/大草原の小さな家/サツキとメイの家
● 人生の真相に迫る間取り
イチローの家/石原良純の家/えなりかずきの家/倉本聰の家/林家こぶ平の家/爆笑問題の家/江頭の家/マリリンモンロー
● 事件な間取り
新潟少女監禁事件/酒鬼薔薇/世田谷一家惨殺事件/新宿ビル火災/連続少女誘拐事件/西鉄バスジャック事件/坂本弁護士一家殺人事件/ムネオハウス/三田佳子次男覚せい剤事件/東京拘置所/オウム真理教第7サティアン
上記は全て間取り図のタイトルで、なにこれな間取り69個以外は実在の間取り図が掲載されています。(有名人の家の間取りについてはたぶんほとんどが過去に住んでいた家のものです。)

間取り図だけがボーンとあるわけではなく、間取り図の横にはその間取りに関する考察や、事件のあった家の間取りの場合は事件の現場の現状が書かれていたり、犯人の家の場合は犯行に走るまでの要因が家の間取りにあったのではないか?等の考察が書かれています。単に間取り図を眺めるというだけのものではない本なのが面白いところかもしれません。

漫画や映画の間取りは映像から見える部分を組み立てたと思われる間取りで、どうしてもわからない部分に関してはかかれていないのが残念ですが、辻褄があわない部分や物語中での間取りの謎などが書かれていて読み物としてもおもしろいものになっていました。

この本には間取り図の他に間取り図+コラムというページがあるのですが、そのテーマもなかなかおもしろいのでタイトルを取り上げてみます。

  • 究極のワンルーム「四角い渦巻きの家」
  • 開放的な四角
  • 生活の行動を4つにわけたキューブな家
  • 逆転発想!個室がエレベーターホールの家
  • 床がしまえてひきだせる家
  • 泥棒が入る間取り
  • お金が入る間取り
  • ロボットの出る間取り
  • ブルースが出る間取り
  • 東大生が出る間取り
  • 南アメリカ大陸「海抜3500mの家」
  • アフリカ大陸「移動型住宅」
  • 南西アジア「湿原の草家」
  • 南アジア「砂漠の家」
  • 太平洋地域「高床式の家」
他では読んだことのないようなコラムで、バカコラムも混じってましたが個人的には楽しく読みました。

さて、この本を一通り読んでみて思ったのは過去に紹介した間取りの手帖名作マンガの間取りに似てるなということ。発行年月日を調べてみました。

間取りが語る・・・2003年10月
間取りの手帖・・・2003年4月
名作マンガの間取り・・・2008年7月

間取りの手帖の便乗本の可能性は高いですが、名作マンガの間取りの類似本ではないようです。間取りずきな私としては類似でもなんでもこういう楽しい本なら大歓迎なのですが!

既に絶版になっているので、欲しい方はアマゾンでは中古品を出品者から買うしかありませんが(送料340円がかかるので注意)、ヤフオクなどでも出てますし、私のようにブックオフなどの古本屋でみつけてみるのもいいかも。間取り好きな人にはオススメの一冊です。

■関連記事■
■関連記事■
この間取りどこがヘンなの?
間取り本について
危ない間取り
一風変わった間取り本「間取りが語る」
「間取り百年」間取り図の100年の歴史
間取り相談室を読んでみて
憧れの豪邸の内部
ビックリする間取り図の現実
昭和25年当時の理想住宅
ドラえもんのび太の家の間取り
間取りずき
人は1.7畳で生活できるか?
オススメ間取りブログ


この記事のカテゴリ:音楽漫画娯楽
 
| かりん | 00:29 | comments(6) | trackbacks(0) | |
Related Posts with Thumbnails
スポンサードリンク
間取り図って面白いですよね(*^^*)
フリーペーパーや新聞折り込みをみては、住むとどんな感じになるか想像してます。
理想は今よりちょっと広くて、収納がしっかりできるとこ!
あ、私のは単なる物件探しでした(^^;
| あらら | 2009/06/03 1:20 AM |

お金が入る間取り!!
それいいなー

星飛雄馬の家は絶対につまんないよ!
だって居間しかないしwww
| hir○shi | 2009/06/03 6:15 AM |

これ見た〜い!

漫画や有名人の家の間取りはもちろんのこと、
事件の間取りって凄いなぁ。
興味そそられます。
ブックオフで探してみよーっと。
実用書コーナーかなぁ?
| ぽるて | 2009/06/03 10:48 AM |

>あららさん
私も同じことしてますよ〜!
だから引っ越す予定がなくても不動産サイトをよく見てるし、
見ながらいろいろ想像してます(笑)

>ひろしさん
お金が入る間取りでほんとに入るならいいよねw
でも星邸は居間の他に部屋あったよ!
小さい部屋だけど。。。
しかも居間には壁の穴の記載もちゃんとあったよw

>ぽるてさん
これおもしろいですよ〜!
事件の間取りはその事件がおきてすぐは
ワイドショーなんかで散々やるけど、
記憶してないし、家相も関係あるのかな。
とかいろいろ深く考えてしまいました。
私が買った時は趣味の本のところに並んでました。
間取りの手帖とかが並んでる棚に
きっとあると思うのだけど・・・。
| かりん | 2009/06/03 7:14 PM |

私はジョンとヨーコの家に住んでみたいです。
しかしここは広大な敷地なので、間取りというより土地の区画図という感じなのでしょうか?

ただ、ジョンが最期に暮らしたのはダコタハウスというマンションなので、事件な間取りだったのかなぁと思ったりもします。

事件な間取りはこじつけもあるかもしれませんが、興味がありますね。一体どんな匠が考えた間取りなのか。それぐらい非常識な間取りが多いのかも。
| pira | 2009/06/03 8:57 PM |

>piraさん
この本には家の間取りのみが載ってました。
家のまわりは広大な敷地なんですね。
たしかにこじつけもあると思うけど、
犯人の住んでいた家では家庭環境がわかるものが多く、
こういうところに子供部屋を作っちゃいけないのかなとか
思う場面はありました。

たぶんそれまでの育った環境などの方が影響してるはずなので、
同じ間取りに住んだから絶対よくない方に向くということはないと思いますが・・・
| かりん | 2009/06/03 11:17 PM |

レスできません。コメレスなしで
OKな方だけコメントどうぞ。
(2014/7/22〜)









   
コメント本文にURLは入力できない設定になっています。
※ブログやHPをお持ちの方はURL欄に入力して下さい。
コメントの投稿がうまくできない方はコチラ
 
http://love.mania.daa.jp/?eid=917689
TB大歓迎ですが、関連性のない記事及びTBを返せないブログ様のTBはご遠慮ください。
TB送信元にこちらのURLがない記事からのTBは現在受け付けておりません┏○ペコリ
http://love.mania.daa.jp/trackback/917689


ブログ内検索
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728    
<< February 2017 >>

ケータイ用QRコード
一番右上のカレンダーの日付部分またはカテゴリーからもこれ以前の記事に移動デキマス。
今までの記事一覧では、タイトル一覧がランキング形式で見られます





with Ajax Amazon