t: y:
今読んでる人は

踏み逃げ、読み逃げ、ロム専、無断リンク大歓迎


今までの記事一覧
タイトル一覧がランキング形式で

<< モノは言いようmain店員が柳原可奈子に見えるってちょっとちがくね? >>
テレビはなくならない
実はちょっと前までこれだけの勢いでネットが普及していったらいつかテレビなくなるかもな。とか思っていた青い私。でも最近になってそれは違うなと気づきました(遅)

もちろんテレビとネットでは性質が違うのもそうなのですが、一番大きな違いは「与えられる情報」と「自分から受け取りにいく情報」という部分じゃないかと思うのです。

テレビはリモコンのボタンさえ押せばあとは向こうから勝手に情報をくれます。番組を選ぶことができるのである程度は見たいと思うものを見れるけど、情報番組やニュースではいらない情報も興味のない情報も全部まとめて全部情報をくれます。それは一見デメリットに思えるけれど、興味のあるものだけを見ていると絶対に知ることのない情報を知ることができたり、思いがけず世界が広がることがあるのです。それがテレビのおもしろいところ。

ところが、ネットだと自分の欲しい情報の部分しか詳しく見ないので、知りたいことだけを短時間で知れるというのはいいところだけど、自分の興味のあるところしか見ることがないので、世界が広がることが少ないんですよね。そして、ネットで情報を得るにはちょっと気力が必要です。

たとえば、暇だな〜と思って何気なくネットを開いたとしても、気力がないときは検索キーワードすら思いつきません。なにで検索していいかわからずにyahooなどのポータルサイトのトップページにジャンプしても、気力がないので何も見る気になれず。結局外部からの情報が全く入ってこなくなり、外からの刺激がないので気力もまた戻らないという悪循環になっていく気が。

そういう意味では情報を与えられる感の強いテレビも必要なんだよな。と思ってみたり。同じように新聞や本の紙文化もなくなることはないと思います。私よりずっと下の世代の人はどうかわからないけど、やっぱり紙じゃないと読みにくいんですよね。きっとネットのようなデジタルの画面で読むとパッと一覧で眺めることができなかったり、そのような機能があっても紙と違って気軽に読めないというのが大きいかも。

・・・とここまで書いて思ったけど、新聞やテレビがなくなったら広告業界も困るだろうし、そういうオトナの事情から見てもしばらくはずっとあるでしょうね。ヨカッタヨカッタ。

この記事のカテゴリ:テレビ
 
| かりん | 00:06 | comments(20) | trackbacks(1) | |
Related Posts with Thumbnails
スポンサードリンク
確かに ネットでは自分の興味のあることしか 見ませんね
TVは 付けているだけで色んな情報が入ってきますね
ネットは 百科事典のような物かな
| sakura | 2009/03/18 6:09 AM |

TVはつけてるだけでもいいですね。
でもPCの画面ばかり観てるから、それならラジオでもいいかと思ってる今日この頃w

まぁTVはTV、PCはPCでいいとこがありますよね。
| hir○shi | 2009/03/18 6:12 AM |

そうですね。無くならないと思いますねえ。
TVが普及してもラジオが無くなる事は無いし、オートバイが普及しても自転車は無くならないし、、、、。
 それぞれの良い所を、遣う人がT.P.Oを考えて活用しているのでしょうね。
 選択枝が増えたのは良い事でしょうね。
| まさお | 2009/03/18 7:56 AM |

テレビって、「〜しながら」ができるから便利よね。ネットなんかだと一対一で向かい合わないといけないけど、テレビだとただつけておけば、勝手に情報を流してくれるから、家事しながらとかでもみれるし。
子供と遊びながら、目線はテレビ、なーんて、ダメ主婦の意見でした(^-^;
| TAKE | 2009/03/18 9:54 AM |

こんにちは。

「TV」は、情報・ニュースの発信源で、
「PC」は、情報・ニュースの取得源ですかね。

10〜50代の人なら、TV・PC併用出来ますが、
70代〜の人は、PCはちと辛いと思います。

いずれにしても、放送局が全滅しない限り、TVは存続出来ると思います。
| ♪やまっち3♪ | 2009/03/18 10:48 AM |

カラーTVが本格的に普及し始めた60年代、映画は絶滅するだろうなんて言われるコトもあったけど(じっさい興行収入は一時、激減した)結局、ハリウッドは銀幕と共に生き延びた....スピルバーグ以降の若い才能が大スクリーンの魅力を再認識させてくれましたからのう。

もっと前には、映画の黎明期にカフカは映画は目の牢獄だとか警句を吐いてたし(見る側に選択肢を与えないから)、写真が絵画を駆逐するなんて妄想も結局は杞憂だったワケで(ビデオが8ミリを駆逐したのは事実だけど、アレは単純な技術革新による新陳代謝みたいなもんで、一般大衆の映像製作を大いに推進したのは皆さんご存知の通り)。

舞台演劇も紙に印刷した小説も隆盛を極めてますのう。人間って(と言うか現代文明って)、けっこう懐が深くてw古いフォーマットに対しても意外に寛容なんですYO♪

........書いてて思い出した....我が愛するフィルム写真が絶滅の危機に瀕してる冷厳な事実...
| はしばみ2 | 2009/03/18 12:35 PM |

ネット使い始めた頃は結構カルチャーショック受けまししてねえ。
で、いずれテレビは無くなるんじゃないかって思ってました。
ウチでは普通に道新取ってて家族は新聞やテレビを情報源にしてますけど
私はあくまでも個人的な楽しみとしてネットを中心に情報集めてます。
が、たまにテレビや新聞も見なくちゃ視野が狭くなりそうだと感じるときもありますね(^^ゞ
一時期RSSリーダーでこまめにニュースチェックしてたこともありますが
あれ使い出すと読み込まれた何百もの最新ニュースを
全部チェックしないといけないような
変な強迫観念に捉われてメチャメチャ疲れちゃうんですよね(^_^;)
なので最近は普通にニュースサイトをさらさらっと眺める程度に留めて
あとは御飯食べながらボーッとテレビのニュースを観るくらいにしてます。
| Hide | 2009/03/18 8:34 PM |

>sakuraさん
うんうん、そうですよね。
ネットは百科事典って確かにそうかも。
うまいな〜。

>ひろしさん
うんうん。それが楽なんだよね。
PCをやりながら、ならラジオいいかもだよね。
私も最近はドラマも聞いてばかりなので、
内容はしってても登場人物の顔がわからないとかあります。

>まさおさん
その通りですね。
これだけ!って決めずにどれも普及して
ユーザーの選択肢が増えるっていいですよね。
映画もテレビもラジオもPCも全部なくならないで欲しいな。

>TAKEちゃん
ほんとその通りだよ〜!
パソコンだとパソコンしながらジュース飲むとか
そのくらいならできるけど、ご飯食べながらとかだと
ちょっとキツイものがあるよね。パンとかならいいけどさ。
私もご飯支度しながらは必ずテレビだなー。
ってご飯支度しながらパソコンはさすがに無理(笑)
皆そうだと思うしダメ主婦じゃないって!

>♪やまっち3♪さん
おお!私は逆かな。
PCは情報の発信源で、TVは情報の取得源。
テレビで情報発信は難しいですよ〜。
一般人にはorz
70代以上の人に限らず人によっては
PC苦手って人もいるから、
やっぱりTVはなくならないんですよね。

>はしばみ2さん
そうやって時代は繰り返すんだね〜。
こうして選べるメディアが増えることは
こっちにとっては嬉しいよね。
いわれてみれば絵画も写真もなくなってないし、
映画もたぶんなくならないよね。
んー、ありがたい時代だわ〜。

>Hideさん
同じこと考えてたんだ!
私も個人的な楽しみとしてネットだけど、
もう今ではネットがない生活が考えられない
というほど毎日ネットしてます。
RSSリーダーでニュース取得は私も同じこと思った(笑)
未読のままにしておくのがどうしてもイヤで、
全然興味ないニュースも読まないけど開いたりしてましたよ。
そしてRSSリーダーでニュース取得はやめました。
似てるなぁ。。。
ニュースも私の場合は必ずテレビでチェックして、
キニナルものがあったらネットで深く検索する。
そんな感じで並行利用してます。
CMがウザいと感じる時が多いけど、
やっぱりドラマとかネットだけで放送されてたら
見る気になぜかならないし、そこはやっぱりテレビだなと。
そしてTBありがとです。
今から読みにいってきます♪
| かりん | 2009/03/18 11:03 PM |

ネットで本を買うようになっても、本屋をぶらつくのは楽しいって言うのと、似てますね。
能動的にしか情報を入手できなくなると、どうしても視野が狭くなってしまいそうな気がします。
| 児斗玉文章 | 2009/03/18 11:13 PM |

>児斗玉文章さん
確かにそれと似てるかも!
私も視野が狭まってしまいそうで、
ネットのみで情報収集は危険に感じてます。
まぁ・・・情報がなくても生きていけるから、
いいといえばいいんだけどもやっぱりね。。。
| かりん | 2009/03/18 11:40 PM |

あ。そうそう。
児斗玉文章さんのおっしゃるとおり!
Amazonや楽天がいくら便利だとしても
コーチャンフォーが無い生活なんて考えられない(爆)
| Hide | 2009/03/19 12:26 AM |

>Hideさん
私も同じ意見です。
でもここにはコーチャンフォーがないorz
| かりん | 2009/03/19 6:29 PM |

僕は昔、かりんさんの記事にいずれTV放送も
光に乗って来る予感がするってかいたけど、
かりんさんの今回のコメントの趣旨とは違うけど
TV放送自体は絶対無くならないと思うなぁー

情報の垂れ流し的な部分はあるけど・・・

電波による送信はやっぱ民間で使える帯域とかも
限られるし災害時に、電波による通信と有線による通信
かのどっちかがやられても通信できる手段は重要だと
思うwww

両方つぶれたら、最後はman power なんだけどねwww



ただ、放送の信頼性を高める上でも、電波によるブロードキャスト送信と
有線によるブロードキャスト送信は、重要だと思う。

TVの力って阪神大震災のライブ映像見た記憶がある
僕としては、何にしても災害時の効果だと思うんだよねぇーーー

そう言った意味では、官民で放送技術・映像を提供
するって事も重要かと思いますわww

まぁー タカトシのお為しか!を流しつつ、ネット
する「ながら族」だから、情報垂れ流し状態も
また良いのかなぁーなんて、かりんさんと同じく
思います。www

受け取ったカ側がどう動くかは、子供も大人も関係なく
最後は人間性だと思うしねwww



| 温泉爆走族 | 2009/03/19 11:06 PM |

>温泉さん
うん、テレビ放送の配信方法は将来的に変わるかもだよね。
今地デジも電波使ってるから
あと何十年かはこのままかもだけど。
設備投資もそれなりにしてるだろうし。

テレビはほんと災害時役立つけども、
実際にものすごい災害にあってる地域では停電してたりして
あまり意味がないのかも?と思ってみたり。
ただ停電しない程度の災害だったりすると
ほんと重宝すると思うよ。
あ、でも今なら携帯でもテレビ見れるし
やっぱり被災地でもテレビの情報も役立つよね。
携帯は太陽光で充電できるしね!←既に準備済み

ながら族だと情報垂れ流し状態ありがたいよね。
意識せずに情報を聞けるってかなり助かってます。
| かりん | 2009/03/19 11:24 PM |

 初めてコメントします。
 以前の子どもとネット、というかケータイの記事にコメントしようかと迷ったのですが、こちらに。
 数年前、日本小児科医会から次のような提言があったそうです。

1.2歳までのテレビ・ビデオの視聴は控えましょう。
2.授乳中、食事中のテレビ・ビデオの視聴をやめましょう。
3.すべてのメディアへ接触する時間を制限するのが重要です。1日2時間まで。テレビゲームは30分までを目安と考えます。
4.子ども部屋にテレビ・ビデオ・パソコンは置かないようにしましょう。
5.保護者と子どもでメディアを上手に利用するルールを作りましょう。

 わたし自身は今はほとんどテレビを観ない生活を送っていますが、ネットはしまくり&ゲームもそこそこやってます。
 テレビなしの生活が成り立っているのは、子どもの頃にテレビのない時間があったから?と思わなくもありません。

 「いま、子どもたちがあぶない! 子ども・絵本・メディア」(古今社)という本を少しずつ読んでいるのですが、はっきりと「メディアの害・悪影響」として挙げられていることに考えさせられます。
 とはいえ、今更テレビがない時代のような暮らしはできないので、いいところをうまく掬い取って上手に付き合っていきたいものです。

と、優等生的な?ことを書いてしまいましたが、ちょっと視野が狭くなりつつあったときに読んだ記事だったので、少し頭が冷めて大変有り難かったのでした。

 ところで、MOOのキャラクターはものすご〜く可愛いっ!と思うのですが、あんまり(全然?)商品展開されていないんですね。
 もったいない!
| 三咲 | 2009/03/20 11:19 AM |

>三咲さん
はじめまして。
そんな通達文というか、提案あったんですね。
やっぱりわけも分からない子供のうちから見てしまうのは
よくないですよね。テレビに振り回されてしなくてはならない
ことをしなくなったりしそうだし。
子供だからこそ親が制限しなければならないっていうのは
あるかもしれないなと思います。

私も割とテレビは昼間は特につけていなかったりします。
静かな中でパソコンするのが大スキで。
子供の頃はテレビゲームは30分と決まってたけど、
テレビは制限なかった私ですが、
大人になったらテレビのない時間もあるので、
きっと親がうまく育ててくれたんだなと思います。

ほんとにモノは使いようという感じで、
いいとこだけ取りいれていければいいですよね。
詳しくは何かかわらないけど、これを読んで
ちょっと気持ちが楽になったなら私も嬉しいです。

MOOのキャラは全然商品展開されてませんよね。
昔ボールペンとかあったような気がするのだけど、
今はどうなんだろう。。。みかけない気がします。
| かりん | 2009/03/20 5:48 PM |

私はパソコンの騒音(ぶーんというファンの音)が気になり、長時間はPCでテレビはみたいとは思わないw

ちょっと関係ないけど地上デジタルになってから、毎年時報で2008年、2009年になるとき、秒数まで合ってないから(メモリを確保してから再生しているために本当の意味でリアルタイムではない)その時はアナログでもいいなぁって思ってます
| iamweak | 2009/03/21 12:54 AM |


その
情報を自分から収集する
そして
視野狭窄にややもすると陥りがちな

ネットのことですが…。

Googleは2004年から10年以上を費やして只今、アメリカとイギリスの学術機関の膨大な蔵書とその関連図書(約1500万冊以上)のデジタル化をやっているそうです。
インデックスに組み込んで、オンラインで一発検索出来るように…。

その学術機関とは
オックスフォード大(英)
ハーバード大、スタンフォード大、ミシガン大、ニューヨーク公立図書館(以上が米)

Google社の誰がその書籍を責任選択し、どのように情報整理して、コード化するのか?

は問題としても

これが可能になると、関連書籍を探す手間や経費を省けて、対象領域の拡大にもつながるかも知れないですね。


それでも、自分から情報収集する以上…、視野が狭くなること大ですが…ね。


| 海鳴り | 2009/03/21 1:08 PM |

尚も、追記してみますと

この書籍群をデジタル化し、検索可能化したものを
『グローバル・バーチャル・ライブラリー』
と呼ぶらしいです。
何となく、現代版の『アレキサンドリア図書館』を連想します。

古今東西の知的文明文化遺産の集積整理化という意味で…。

| 海鳴り | 2009/03/21 4:50 PM |

>iamweakさん
ファンの音がするとキニナルのわかります。
私も去年買い換えてからはものすごく静かなPCになったけど、
その前は特に最後の頃はファンから変な音が常にしていて
いやーな気持ちで画面にむかってましたw

そしてタイムラグについてはそうですよね。
これが一律2秒とか決まってるなら完全地デジ化された後に
それを見越して2秒早くするとかできそうだけど、
いろいろ調べてみたら一律というものでもないらしく。
これからも完全ピッタリっていうのはないでしょうね。

>海鳴りさん
調べモノに使う書籍の場合はデジタル化ってものすごくいいと思いますよ。
そもそも図書館にあっても同じく必要な情報しか
取りにいかないわけだし、デジタル化されると探す手間が省けますよね。
視野が狭くなる云々はきっとそれにはないのではないかと思ってみたり。
どうなんでしょうね。

個人的にはそういうのはどんどんしてほしいな〜と思います。
本屋さんのタイトル検索なんかもものすごく便利だし、
検索すると検索キーワードと同じ書籍がいっぱいでてきたりして、
購買意欲もでてきます。
| かりん | 2009/03/21 7:30 PM |

レスできません。コメレスなしで
OKな方だけコメントどうぞ。
(2014/7/22〜)









   
コメント本文にURLは入力できない設定になっています。
※ブログやHPをお持ちの方はURL欄に入力して下さい。
コメントの投稿がうまくできない方はコチラ
 
http://love.mania.daa.jp/?eid=883523
TB大歓迎ですが、関連性のない記事及びTBを返せないブログ様のTBはご遠慮ください。
TB送信元にこちらのURLがない記事からのTBは現在受け付けておりません┏○ペコリ
http://love.mania.daa.jp/trackback/883523


ネットでの情報収集は結構面倒くさい(^_^;)
かりんさんのエントリー「テレビはなくならない」を拝見して、そういえば私もネット始めた頃には「いずれテレビは無くなるんだろうな〜」という感想を持ってたことを思い出しました。かりんさんのエントリーにあるように、テレビは情報を与えてくれる手軽さが、ネットに
| Hideの「何をゆう〜、早見優〜」 =釧路食遊記= | 2009/03/18 9:55 PM |
ブログ内検索
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728    
<< February 2017 >>

ケータイ用QRコード
一番右上のカレンダーの日付部分またはカテゴリーからもこれ以前の記事に移動デキマス。
今までの記事一覧では、タイトル一覧がランキング形式で見られます





with Ajax Amazon