t: y:
今読んでる人は

踏み逃げ、読み逃げ、ロム専、無断リンク大歓迎


今までの記事一覧
タイトル一覧がランキング形式で

<< なんだかんだいっても無料に弱い世の中main30歳で門限10時ってどうなの? >>
北海道外の人の憧れ?雪虫とダイヤモンドダスト
今日「きらきら光るダイヤモンドダストやふわりふわりと飛んで行く雪虫(or雪迎え)を一度この目で見てみたいです。」というコメントをいただいておりました。

それを見て「あ、これよく言われる!」と。そう、北海道の冬を体験したことのない人に「雪虫って都市伝説?」と聞かれたり、「ダイヤモンドダストって単にユーミンの曲のタイトルだけかと思ってた」といわれたりしてどちらも本当にあるよと教えると絶対見てみたい!と言われるのです。どちらもとてもいいイメージのようで、冬に北海道に来ることがあったら絶対見てみたいとか。

北海道の冬にそういういいイメージを持ってくれているのは道民としてはかなり嬉しいのですが、私にはどちらもあまりいいイメージばかりではないのです。
雪虫といえば頭の中のイメージとしてはこんな感じ?幻想的な中でふわふわ浮かぶ雪虫たち・・・みたいな。

実際に雪虫を見たことがあるのはほとんどが朝の割と寒い時間帯。そして雪が降る前に見ることが多かったような。とにかくもうすぐ冬で雪が降りそう。って時期によく発生してます。しかも大量に。その光景はまさに雪が降っているよう。たしかに見てる分には幻想的なのです。見たことない人があこがれるほどに。その景色嫌いではなくむしろ私も好きです。

でもね・・・。いくら幻想的でも近づいてみれば虫なんです。
しかもこんな虫。


写真提供:ポプラの樹の下で[ポプラ並木観察ブログ]

これが大量に飛んでいる中を進んでいく私たち。自転車で走った日には口や鼻に雪虫が入り・・・しかもそれを食べてしまったりして。自転車から降りると服には雪虫のわた部分がくっついていて、キモチワルッ!と手でほろうとつぶれて死骸が服につきます。はっきりいってなんだかイヤな思い出ばかりですorz

遠くから眺めたりする分には確かにキレイなんですが。

小さい頃は雪虫のワタ部分は手でさわるととけるんだよねー!なんて友達といって手でつかんでみたりしたこともありますが、全くとけなかったという思い出もあります。

そしてダイヤモンドダスト。これがダイヤモンドダストの写真です。


写真提供:風景写真館

これはこういう原理で起こる自然現象。

よく晴れた朝など、気温が氷点下10℃以下の状態のときに発生する。視程は1km以上である。日光で輝いて見えることから、ダイヤモンドダストと呼ばれる。人工的に作ることもできる。(wikipediaより)
そう、かなり寒い朝にしか見れないものなのです。普通に朝通勤途中に見たこともあるけれど、わざわざこれを見るために寒い朝を選んで見たこともあります。(←仕事でしたが・・・)釧路の近くの川湯という場所ではよくこの現象が見られるので、川湯に行ったのですが氷点下26度という寒さで車の中から見てる分にはよかったけれど、もうキレイとかの前に耳ちぎれそうとか、手が感覚ないとかそっちの印象の方が強かったという。本気でわぁ〜!と思ったのは最初の30秒くらいでした。

人工的にダイヤモンドダストを作るというイベントにも仕事関係で行ったことがあるのですが、これもやはり寒さがないと見えないので寒い外で行います。これも寒い印象が強いかも^^;そのイベントでは濡れたタオルを振り回すとタオルが凍るというのも同時にやってた記憶があります。(タオルについては今はやってるのかどうかわかりません)

ネット検索してみたらまだこのイベントは行われているようなので、寒さの体験がしたい、ダイヤモンドダストを絶対見たいという方は冬に川湯温泉に旅行してください。→ダイヤモンドダストパーティ

川湯は真冬の晴れの日の朝なら人工的じゃない本物のダイヤモンドダストもかなりの確率で見れるので見たい人にはオススメスポット。たしか温泉が街のあちこちで流れていて、その湯気が寒さで凍るからよくダイヤモンドダストが見れるとか説明された気がします。

かなり寒いけれど、このイベント自体は参加した人ほとんどの人が楽しんでました。日常的に寒さを経験してる人にとっては寒いとこでパンストにいれたドライアイスを振り回すなんて!という企画かもしれませんが、ダイヤモンドダストがみたいって方にはオススメのイベント。私もドライアイスを振り回したけど、ダイヤモンドダストを自分で作るというのは珍しい体験でそれに関しては楽しかった思い出になってます。寒かったけどw

■関連記事■
北海道人は寒がり
この記事のカテゴリ:北海道
 
| かりん | 00:34 | comments(29) | trackbacks(0) | |
Related Posts with Thumbnails
スポンサードリンク
 雪虫っちゃ〜、まつざきあけみの漫画で...タイトル忘れましたが(おい)、久しぶりに故郷(雪国)に戻った主人公と幼馴染みの友人達とのコワ悲しい話、ってのがありますた。 ソレで雪虫の存在を知ったワケですが以下省略。
 ちなみに「雪虫の大発生」という動画を見てから、雪虫に対する幻想は捨てました(謎)

 あとダイヤモンドダストはぁ〜、やっぱキグナスの氷河ですよNE〜(凄謎)
| はしばみ2 | 2008/11/11 1:12 AM |

そういえば九州の友人が「降る雪が見てみたい」と言っていたなぁ〜。
何度か冬の北海道を訪れてはいるんですが、積もった雪しか見たことないらしい。

吹雪は嫌だけど、しんしんと静かに降る雪っていいですよね。いつか見せてあげたいなぁ。
| ゆず | 2008/11/11 1:15 AM |

雪虫というと、かりんさん同様、自転車に乗っていると体中にまとわりついて「わや」になるという印象が強く、できればご遠慮したい風物詩です。
前に、有線放送か何かで「雪虫と遊ぼう」という歌詞をたまたま耳にして「それはちょっと…」と思ってしまいました。
ダイヤモンドダストも何回か見ましたが、いずれも、飲み会の翌朝、二日酔いと寒さの中を歩いて出勤する途中に見たので、かなりフラフラな状態でばかり見てます。

イベントの話を見て、昔、釧路の氷祭りか何かで、「冬のレーザー光線ショー」をやろうとしたら、寒すぎてレーザー光線の機械が故障して中止になったというのを思い出しました。
| かわの湯 | 2008/11/11 1:27 AM |

こんばんは〜 今夜は夜更かししてたので 遅くにコメントしてました

雪虫とダイヤモンドダストの話しですね 最近は車とかに乗ってるので
両方とも あんまり感動的な場面に遭遇したことがありません 
小さいころには あったのかもしれませんが 忘れちゃったなぁ

雪虫は 羽アリやウスバカゲロウと同様に大量発生したら キンチョール
片手に走り回るかもね(笑) ホタルなんかも 幼虫から育てるのが
あるけど 幼虫って グロテスクだよね 前述のウスバカゲロウの幼虫は
通称アリ地獄と呼ばれるものだし 

前に 川湯のダイヤモンドダスト テレビで観たことがあるけど
結構滑稽(けっこう こっけい〜面白い!)だったよ

昔 阿寒湖温泉に 住んでいたことがあり −30℃の中で スケートを
滑ったことがあるけど スピードを出すと 体感温度が40℃にも50℃
にも 感じられて 即止めたことがありました

何だか 話しが まとまらなくなってきたので この辺で 終わりに
します では また お休みなさい ZZZ!


| massy | 2008/11/11 1:52 AM |

雪虫…これを毎年見る度にもうすぐ雪が降るんだなぁと
ちょっと嫌な気分になるよねぇ…気象学的にも雪虫は
かなりの確率で(発生〜10日以内)雪が降るので
札幌管区気象台でも毎年発生の調査的な事をやってますよね。
道東なんかは寒くはなるものの雪虫=雪とは地形的に
なりずらいのであくまで西北海道側が雪の目安になるんだろうと思います。
何でも越冬の為に移動する時、羽が生えて飛翔する様ですが
気温や湿度を敏感に感じ取る昆虫なんでしょうね。
アブラムシに羽が生えて不思議な感じがします^^
アリと生体が割と似てるのかも?アリも巣が過密になった
時、他に移動して新しい巣を作る為に羽が一斉に生えて
飛ぶので飛ぶ姿は雪虫に似てますね^^
オイラも鼻や口の中に入って気持ち悪い思いをした事が
何度もありますよ〜(汗)
しかし季節を教えてくれる昆虫なので最近は割と好きかも
しれません(^^ゞ

ダイヤモンドダストは帯広なら頻繁に見れるかも?
釧路は昔はよく見れたけど最近はあまり気温が下がらない
せいかあまり見る事がなくなった気がします。
全く関係ないですが寒い日なんかは普通に吐く息が白く
出ますが南極では幾ら気温が下がっても白い息が出ないそうです
何故なんだろう?と思ったら空気中の埃や塵が殆ど無いので
出ないそうですよ、空気中の埃や塵と結合して白くなる
そうなので普段はやっぱり汚れた空気を吸ってるって事
だよね(^^;)
| hiro | 2008/11/11 2:48 AM |

仕事でダイヤモンドダストですか?
勤務先はギリシャですね・・わかります。
内なるコスモを燃焼させたんですね(^^;

| hir○shi | 2008/11/11 5:52 AM |

自分にとっては、ダイヤモンドダストや雪虫も凄いけど、やっぱり一面氷点下10℃以下の世界ってのが想像できません。
遊園地のアトラクションでアイスワールドってのがあるけどあの寒さが一日中続くんでしょ?厳しい環境で生活してるんだね…感心。

よし!、子供達のパスポートの有効期限もあることだし
川湯温泉にダイヤモンドダスト見に行こう!!
(ってパスポートは必要ない??)
| たなくら | 2008/11/11 11:01 AM |

>はしばみ2さん
松崎あけみなつかしい!
・・・と思って検索かけたら私がなつかしんでたのは
松苗あけみだった(笑)
雪虫の大発生って動画・・・みたくもありませんw
絶対キモチ悪いよね。

>ゆずさん
降る雪かぁ!
何度かきてるのに全部晴れってのは
逆にそのお友達ものすごくラッキーだと思うんだけど^^
しんしんと静かに降る雪は私も好き。
なんかしんみりするんだよね。

>かわの湯さん
ですよね〜。服につくとどうやってとったらいいのか。
学生時代は雪虫の日は服についた雪虫を掃うための
100均の小さいほうきをもっていってました。
手でほろうのいやなんだもん・・・。
雪虫と遊ぼうはたしかにイヤだww
その歌詞作った人絶対幻想だけで作ったよね。

冬のレーザー光線ショーはできなかったんだ^^;
でもウトロのオーロラショーのレーザーはちゃんと動いてるよね。
やっぱアレかな。夏用のレーザーだったのかな。

>massyさん
車に乗ってても両方感動する私(笑)
冬って感じするぅ!!とかいい歳しておだちます。
ホタルもカブトムシもクワガタも幼虫は
皆キモイですよね。キモイ形になることで人間から
身を守ってるのかな・・・そんなわけないか。
川湯のダイヤモンドダストテレビで見たことあるのね♪
まさにそのテレビの仕事で私も行ったので、
私が関わってたのを見てたらおもしろいですね。

-30度とかになったら肌を露出してのスケートとか
スキーはもう危ないですよ〜。
前に-20度の時にスノボいったけど、
私は顔を覆うものがマフラーしかなかったので
一回おりてきただけでギブアップしちゃいました。
スピードあると体感温度ほんとにさがりますよね。

>hiroさん
これ見るとほんと雪って感じでいやだなーと思います。
でも釧路に引っ越してからは雪虫を見ても
あんまり雪降ることがなかったかも。
道央にいた頃は大抵これを見た後は雪だったんだけども。
hiroさんが書いてる通り道東は雪虫=雪ではないんですよね。

ダイヤモンドダスト帯広なら・・・ってのはやっぱ
寒いからって意味ですよね^^;
あー寒い冬、雪の多い冬は今年何十年ぶりかに体験するかも。
あと白い息の話はビックリ!
南極にホコリがないこともビックリだけども。
空気中にホコリがあるのは普通のことだと思ってましたorz

>ひろしさん
う・・・うん。ギリシャなの・・・。゚ヾ(*′□`)シ゚゚。ウワェェェン!!
そんなわけないw

>たなくらさん
遊園地のアトラクションでアイスワールドが
成り立つのはきっと暖かい地方だけなんだろうな。
と思う私です(笑)
でも夏だったらアイスワールドこっちでも珍しいかな。
道東だと夏でもスケートリンクが営業してるから
珍しくないかもだけども。
でもその寒さが一日中どころか何ヶ月も続くときも。
そんなに寒いのに寒がりなので、
めちゃくちゃ暖房費がかかります。
家の中は温度的にそんなに厳しい世界じゃないけど、
外の寒さと家計には厳しいですよw
パスポートはいらないけど、機会があったら川湯にどうぞ。
寒さ体験しながらの温泉はいいですよ!
露天風呂にいくと出てる部分は氷点下で、
お湯につかってるとこは40度以上で
髪の毛がパリパリに凍る体験もできますよ(笑)
| かりん | 2008/11/11 1:09 PM |

雪だけがシンシンと降り続く深夜。

『太郎を眠らせ、太郎の屋根に雪ふりつむ。
次郎を眠らせ、次郎の屋根に雪ふりつむ』
(三好達治)

間もなく、北国はこんな白一色の世界に包まれていく季節なのですね。

そんな季節到来を知らせる『雪虫』や『雪迎え』たち。

雪迎えは雪虫とは違って、小さな蜘蛛とのこと。
山形県米沢地方で晩秋の初雪の降るころ、田んぼや野原に蜘蛛が細い糸を発生して空中を飛ぶ現象をいう、らしいです。

中学生のころに新聞で読んだーー遠くに見える連山を背景にして、雪迎えが飛んで行くーー凛烈な風景を描写した辻井喬のエッセイを忘れられません。

| 海鳴り | 2008/11/11 1:58 PM |

イヤ〜!「雪虫」懐かしいですね〜。(^−^)
 確かに綺麗な気もしたけど、虫にはかわりは無いから、何か邪魔な気もしたな〜。
 冬の初めでも私も自転車通学した時は嫌だったな〜
(><)
 
「ダイヤモンドダスト」は、札幌では見た事が無かったです。
 
そろそろ北海道も寒い季節に成るんですよね。

 私は、札幌に居る時は、冬が好きでしたね。
寒いけど、「雪」が好きだったんですよね。
 小学生の頃から家の前からバス通りまで雪かきを、
させられましたが、三馬ゴムの長靴を履いて、姉や、兄と竹で編んだ大きな「雪かき」を「しんしん」と降り積もる雪を時間も忘れて、嬉々として遣っていたっけな〜(^0^)(雪遊びの積もりだったのかな?)
    
| まさお | 2008/11/11 4:26 PM |

雪虫と言えば思い出したけど 小学校の教科書に 北大の低温研究室の教授
中谷宇一郎さんが書いた文章がありました 確か雪の結晶の研究で有名な人
だったと思いましたが 気温との関わりで 雪虫についても研究してたような〜

ところで冬になると 雪が積もった林の中で 活発に活動する 蛾の仲間を
知ってましたか? かりんさんは雪虫も 苦手なようなので 蛾なんてね〜
前に教育テレビでやってた シャクガの仲間で 冬の方が敵が少ないので
そっちに進化したらしいです きっと 血液(体液か)も不凍液なんでしょうね
じゃなけりゃ 凍っちゃうし ストーブも無いんだから あってもガスストーブ(笑)

なんて 自然界は 奥が深いですね


 
| massy | 2008/11/11 8:40 PM |

>海鳴りさん
蜘蛛は雪虫どこの話じゃないくらい苦手なので、
雪迎えを見ても風情を感じるどこか
叫んでしまいそうですorz
季節を感じられない寂しい心の私・・・。

>まさおさん
北海道にいた人なら懐かしいですよね。
遠めに見るとキレイなんだけど、
その中に入るのは結構勇気いりました。
絶対口に入るし、服につくし・・・。

ダイヤモンドダストは私も道東に来て
はじめてみました。道央ではなかなか見られないのかも。
雪は私も子供の頃好きだったけど、
大人になってからは雪かきがイヤでイヤで。
大人になってからは雪を見ると=雪かきでイヤになります。

>massyさん
なるほど。研究してる方がいるんですね。
蛾の仲間については全く知りませんでした。
たしかに冬は敵が少ないけど、
体が凍らない構造ってことは不凍液みたいな
体液なんですかね^^;
自然界はほんと奥が深いです!
| かりん | 2008/11/11 11:03 PM |

>かりんさん
 松苗あけみは「純情クレイジーフルーツ」とか「HUSH!」とか、アッチ系(どっちだよ)でんがな。
 まつざきあけみは篠原烏童と並んで、初期の「月刊ハロウィン」を支えたホラー漫画家ですのう。(創刊号から最後まで愛読してた稀有な雑誌だな...)
 .....まぁ、かりんさんが「ぶ〜け」読んでたらしいと判ったので、余計に親近感が以下省略。
| はしばみ2 | 2008/11/12 1:17 AM |

雪虫、嫌ですね〜!学生時代、自転車に乗って学校に着くと髪にフケのように付いてました。あれ、取りずらいんですよね!今は車だからあまり会うことが無いですね
| かな | 2008/11/12 11:05 AM |

>季節感を感じられない心…云々。

全くそうは思いませんね。
この一つ前のトピックスで、まさおさんがかりんさんを褒めています。
その通り、と僕も思いますよ。

瑞々しい感性が文章のはしばしに溢れています。

単なる興味本位の無責任な観光客気分の者と、その地で実際に生活されている人の実感との違い…ですよね。

でも、見てみたいな。
実際見てみないことには話にも…。

中学生の時、読んだあの摩訶不思議な感動はなぜか今も残っているんです。

何なんでしょうね?

| 海鳴り | 2008/11/12 1:38 PM |

寒い風景もカメラマンの素敵な映像で流されると、馴染みのない所の人には「きれい!素敵!ロマンチック〜!」になりますよね。
古くは「北の国から」とかね。
先日、スイスやカナダの人との話が合うって書きましたよね。
カナダの人が寒波の様子を頑張って撮影してブログに載せると、みんなそんな感想で、私だけが「ひぇーっ!これは寒そう…大変でしたね。」でした。笑
画像や映像から本物の寒さってなかなか伝わりにくいと思ってます。凍てつく吹雪の様子でもきっと体感したことのない人にはわからないはず。
でも、沖縄かどっか南国の海をテレビで見ている時、夫が、「あったかそうな海だな。こっちの海とは違うな。」と言ったのがとても印象的でした。ふむふむと。

子どもの頃はしばれる朝も伸びるつららもツルツル路面も模様ができているガラス窓も全部楽しくて面白かったのに、大人になると寒さが沁みてます…苦笑。
今でもギュッギュッと雪を踏みしめる音、天から舞い落ちる雪、真っ青な空…他にも好きなことはいろいろあります。

でも、この辺で雪虫は見かけないです。私、一度も見たこと無いんです。釧路でも見られるの?
ってことで検索したら、釧路ももれなく…。(笑)
ウエザーニュース http://weathernews.com/jp/c/press/2008/081015.html 〜
雪虫発見から初雪までの日が釧路は18日後になってました。やっぱりいるんですね。どうして私は見たことが無いのかしら。。
そして、本州でも雪虫はいるんですね。一番南は宮崎!(@_@;)
| りいふ | 2008/11/12 2:01 PM |

コメント欄の上のほうを何気なく眺めていたら、一瞬ひどい暴言が書かれているように見え、なぜこんな暴言が?と戸惑ってしまいました。
でも、よく見たら、漢字で書くと「薄羽蜻蛉」となる虫の名前で、決して、馬や鹿や下郎のことではなかったので安心しました。
| かわの湯 | 2008/11/12 8:21 PM |


Ι

Χ 座布団 一枚
〇 敷布団 一枚


| 海鳴り | 2008/11/12 9:17 PM |

>はしばみ2さん
そそそ。アッチ系の人。
まつざきあけみさんのイラストも
ネットにあがってるものは見たけども、
タッチが全く違いますね。
ぶ〜け昔読んでたよ、うんw

>かなさん
うん、雪虫いやですよね〜!
髪にもたしかにたくさんついてた・・・。
しかもとろうとしたら死んでしまって。。。
そんな思い出ばかり。
たしかに今は車だから車にはつくけど、
そこまでイヤじゃないんですけどねw

>海鳴りさん
ほめていただいてありがとうございます。
ただ、日常になってるものはあまり感じない
タイプらしく、変なとこばかりに目がいきます(笑)

だけど一度は見てみたい!というのは
いい思い出になりそうな気がするので、
機会があればどちらもぜひ見てほしいと思います。
寒さを体験するのもある意味いい思い出かも!

>りいふさん
北の国から!!
あのイメージは今も持ってる人が多いですよね。
初めて北海道に来た人をお迎えにいったりすると
普通のビルがたってることにすら驚く人がいたりします(笑)
さすがにそれはないだろーと思うけど、
札幌周辺だけはビルとかあるけど他は北の国からみたい
と思ってるひともいまだにいるんだな〜ってビックリ。

南国も私もイメージだけであったかそうと思うけど、
実際住んでると大変なこともあるんでしょうね。

雪虫私も釧路ではみたことがなかったなーと思ったけど、
りいふさんの検索してくれたページ見てみました。
おもしろいサービスがあるんですね!
なんか興味津々に読んでしまいました。
りいふさんも釧路ではみたことがないってことなので、
釧路ではいたとしても少ないのかもしれませんね。
それにしても宮崎って・・・すごい!

>かわの湯さん
私も最初なにかと思って
コメントレスした後に検索しちゃいました。
そして同じく虫か〜!と思いました(笑)

>海鳴りさん
敷布団(笑)
いいですね!
| かりん | 2008/11/12 11:57 PM |

そういえば…北海道を離れて13年、雪虫見てないわ( ̄〜 ̄)ξ

ある意味「北海道限定!」つーことは…そのうち千歳空港あたりで買えちゃうかもw(°0°)w
| おのちくん | 2008/11/13 4:25 AM |

>おのちくん
もう13年もたつのっ!
そこも東北で寒そうなのに雪虫はなかなかいないのかな?
たぶんいるんだろうけど、数が少ないのかもね。
クリオネが売られてる時代だから、
ありえなくもない・・・・かもしれないねw
| かりん | 2008/11/13 5:36 PM |

昔は遠矢でも見れましたね>ダイヤモンドダスト
真冬の朝はダイヤモンドダストの中を突き抜ける
ように学校かよってました。それでもあまり
「寒かった」という記憶はありません。子供時代
はよっぽど元気だったんだろうなー。

| BOSE | 2008/11/13 10:35 PM |

>BOSEさん
遠矢でもみれたんだ。
子供の頃って寒さとかなんとも思わないのわかるわ!
私も寒いって記憶は中学生くらいから。
その頃になると髪の毛が乱れる!とか
余計なことを気にして雪も雨も風も全部いやでした(笑)
| かりん | 2008/11/13 11:10 PM |

雪虫、懐かしいなあ。
私が小学生くらいの頃はよく遭遇してました。

ダイヤモンドダストは一時期川湯温泉にしょっちゅう
親が行ってて、連れてかれるたびに見てたような。
見慣れてしまうとありがたみがないもので、今思うと
貴重な体験してたんだなとしみじみ思います。

ちなみに、うちの相方もキ○ナス氷河の?というボケをかましてくれます。
ジャンプ世代はこれだから・・・(笑)
| わふわふ | 2008/11/14 1:51 PM |

>わふわふさん
私も子供から高校生くらいまでよく遭遇してて、
子供しかみれない?とふと思ったけど、
たぶん私の場合は大人になってから
出勤時間が遅い仕事だったりして朝外に出てないからかとw

ダイヤモンドダストは川湯だと日常的ですよね。
でもものすごい貴重な体験だったんだと思いますよ〜。
ジャンプ読んでたのにキ○ナス氷河がわからない私orz
| かりん | 2008/11/14 8:24 PM |


では
サンピラー現象(太陽柱)はどうでしょう?
ご覧になったことはありますか?


| 海鳴り | 2009/04/12 8:10 AM |

>海鳴りさん
見たことありますよ〜!
でも見た時にはそれがサンピラー効果という
名前だと知らずに見てました。
知ってたらもっと珍しがったんだと思うんだけども。
| かりん | 2009/04/12 9:15 PM |

『天使の囁き』&その日…というのがあるそうですが…?

| 海鳴り | 2009/04/22 2:11 PM |

>海鳴りさん
そうなんですね^^
| かりん | 2009/04/22 11:29 PM |

レスできません。コメレスなしで
OKな方だけコメントどうぞ。
(2014/7/22〜)









   
コメント本文にURLは入力できない設定になっています。
※ブログやHPをお持ちの方はURL欄に入力して下さい。
コメントの投稿がうまくできない方はコチラ
 
http://love.mania.daa.jp/?eid=852580
TB大歓迎ですが、関連性のない記事及びTBを返せないブログ様のTBはご遠慮ください。
TB送信元にこちらのURLがない記事からのTBは現在受け付けておりません┏○ペコリ
http://love.mania.daa.jp/trackback/852580


ブログ内検索
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728    
<< February 2017 >>

ケータイ用QRコード
一番右上のカレンダーの日付部分またはカテゴリーからもこれ以前の記事に移動デキマス。
今までの記事一覧では、タイトル一覧がランキング形式で見られます





with Ajax Amazon