t: y:
今読んでる人は

踏み逃げ、読み逃げ、ロム専、無断リンク大歓迎


今までの記事一覧
タイトル一覧がランキング形式で

<< 1000円ショップがなくなってましたmainWMAファイルの保護を解除する方法(WMAをmp3へ変換) >>
不動産サイトで住宅街の街並みを楽しむ
なんだかものすごく変なタイトルなのですが。もう既に自分の家探しは終了したんですが、不動産サイトを見ることがクセになってしまいました。もともと間取り好きだったせいもあって、東京のデザイナーズルームばかりを集めている不動産サイトとかは今までも探していないのにただ暇つぶしに見ていましたが、最近よくやっていることは・・・

街並みの写真を見るために自分のゆかりの土地の不動産サイトを見る!

ということ。今まではこれまで住んできた土地の不動産情報なんてこれっぽっちも興味がなかったのに、この間まで不動産サイトをさんざん巡って(帯広近郊限定ですが・・・)、これって外観写真を見てたらなんか街の風景を見てるみたい。と思ったのがキッカケです。
不動産サイトなのでもちろん物件のみをドーンと写しているものがほとんどなのですが、中には物件周辺の動画がついていたり、物件写真の他に周辺写真が載っていたり、物件のみをドーンと写しているのではなく周りの風景も多少写っていたりするのです。それを見ているとあまり観光写真や風景写真では見られない普通の住宅街の街並みが見えるという。

大手不動産サイトではほとんど動画はありませんが、街の個人の不動産屋などで力を入れているところがあると動画があったりします。

そこで今まで住んでいた地域のものを探してみたのですが、過去にうちの近所だった付近が様変わりしている様子が見れたり、小学校の頃の友達の家そのものが賃貸物件として出ていたりして「そうそう、この部屋でいつもファミコンやってたんだよね!」とか懐かしさにひたってしまったのでした。

懐かしい家の周りの風景が見たい!という方はネットで地名で検索して写真を探すのもいいけれど、不動産サイトを探して見たい地域の物件写真を見るという方法も楽しいかもしれません。

最近いろいろ巡っていてかなり私の心に留まった物件が二つみつかりました。

ひとつめは小学校の頃に塾をサボる時にいつも利用していたマンションが賃貸物件としていて出ていたこと。利用していたといっても部屋を借りているわけもなく、塾に行くまでの間に十字屋というスーパーがあったのですが、そのスーパーの隣にあった当時は新しかったマンションの階段部分で友達と二人でスーパーで買ったお菓子を食べながらおしゃべりをして塾が終わる時間まで過ごすという、住民にとっては大迷惑な利用方法をしていたマンション。大人になったらこんなマンションに住みたいね〜!とその友達といつも言っていたのですが、そのマンションの空室が5室ほど賃貸に出されてました。あぁ、今なら仕事の事情さえ許せばここに住めるんだ・・・と思ったけど、家賃が高かったのでたぶん選択しないでしょう。駐車場もないし。(だからきっとあんなに空室が沢山あるんじゃないかと・・・。)

ふたつめは私が社会人になってはじめて一人暮らしをしていたアパートが賃貸物件として出ていたこと。写真を勝手に持ってくるのはためらわれるので見たい方はこちらへどうぞ。でも不思議なことにこの物件に住んでいた記憶はあるし、このアパートの名前も全く変わっていないのだけど、ゴミ出しをしていた記憶やどうしてこのアパートに決めたのか?という部分が全く思い出せないのです。ただ、この頃実家はすぐ近くにまだあったのに、単に一人で暮らしてみたいという理由で突然家を飛び出した記憶はあります。だからきっとあせって部屋探ししたんだろうな〜。当時の家賃の記憶もあやふやだけど、たしか38000円だったような。そしてペット不可で、なぜか内線電話が各家庭についてました。今は古くなったので家賃も安くなってペット可になったんじゃないでしょうか。間取りは向きが私の住んでいた部屋と違うけれど、同じくリビング5.75の洋室4.5でした。とはいっても1ルームみたいな感じでここに住んだ経験から私はもう1ルームは無理と思いました。なんか息が詰まるんですよね、寝るのも食べるのもテレビ見るのも一緒の部屋っていうのが・・・。

駐車場込で借りていましたが縦列駐車の奥側が割り当てられた上に私がかなりの若者だったので(当時まだ10代でした)、結構周りの住人ともめてました。私が夜中に遊んで朝方帰ってくるのも文句を言われたような記憶が。一階に住んでましたが、なぜかよく泥棒が入るアパートだったので怖くなって家に帰らなかったことも^^;

なんだか思い出話を語ってしまいましたが、昔住んでいた不動産サイトを見ていると結構知っている場所が出てきたりして楽しいかもしれません。

あとは今自分が住んでいる地域もかなり楽しめました。いつも車で通る道沿いにあるアパートやマンションが家賃いくらなのか、間取りはどんな感じなのか、内装は?というのを見て「あそこはこういう作りなのね」とか「あのアパートキレイなのに空室多いと思ったら家賃こんなに高いんだ!」とかくだらない発見が満載でした。暇な方はお試しあれ♪
この記事のカテゴリ:間取り・家
 
| かりん | 00:27 | comments(6) | trackbacks(0) | |
Related Posts with Thumbnails
スポンサードリンク
不動産業者の街情報サイト、たまに見ます。
街を散策中に、変な銅像のある公園を見つけ、気になったのでネット検索したとき、その公園などの地域情報が出ている不動産店のサイトを見つけ、町歩きの参考にするようになりました。
不動産店のサイトの街情報は、その街に引っ越して物件を探す人を対象にしているためか、穴場的な商店街や安売り店、地元の人しか知らない美味しい店、隠れた名所、交通情報などが出ていることがあり、意外と町歩きネタの参考になります。

私が10年以上前に初めて一人暮らしをした街と、今住んでいる街が割と近いので、たまに、昔住んだ街まで行きます。
道路や大きな建物などの街並みは変わりませんが、ところどころ、店がなくなっていたり、違う店になっていたり、空き地に家が増えていたりと、自分の記憶する景色と微妙に変わっていて、間違い探しクイズをしているような感覚になります。
前に住んでいた部屋は今でも残っていて、今の住民も、以前の私同様にカーテンレールにハンガーを何本も吊しているのが窓ガラス越しに見えたとき、「あの部屋、相変わらず収納少ないなー」と、つい笑ってしまいました。
| かわの湯 | 2008/09/25 1:04 AM |

>かわの湯さん
かわの湯さんなら見てるんじゃないかなぁ〜って思ってました。
でも最初から思いついたわけじゃなく、
検索してたまたまヒットしたというとこは意外でした。
かわの湯さんなら最初から不動産サイトみてそう!と勝手に思い込んでいたので(笑)
私も今回不動産サイトをめぐってみて、
意外な情報が結構落ちてることに気付いてビックリしていたところです。
大手のサイトでは基本的なことしか書いてないこと多いけど、
個人不動産屋さんだといろいろ書いてたりしますよね。

昔住んでいた場所がいける場所ならたまに行くっていうの
すごくわかりますよ。私も釧路市内で今住んでいる場所が
3軒目の家なので昔の家のあった場所を時々通ってみたりします。
同じですね^^
| かりん | 2008/09/25 2:59 AM |

sakuraは 両親と住んでいるんですが よく不動産 とくに賃貸アパートの
サイトを見ます
この アパート住んでみたい 間取りは 洋室ばかりダメ 和室が欲しいとか
思いながら 見ています 
できれば 一度くらいは 一人で住んでみたいのですが 色々事情があり
離れられないんですね実家から
だから 1週間だけ 貸してくれるとことか 入居した日数分だけ家賃を取る
物件とかがあれば sakuraも考えたいです
| sakura | 2008/09/25 6:00 AM |

引っ越し経験者にとっては、かつて住んでた場所というものは懐かしいでしょう。
私の引っ越し経験は僅か50メートル…
新鮮味がない(´・ω・`)
| hir○Shi | 2008/09/25 9:42 AM |

googleマップのストリートビューで
昔住んでた家を見てましたよ〜!

画像が古くてちょっと微妙ですが(笑)
| saru | 2008/09/25 11:00 AM |

>sakuraさん
それこそウィークリーマンションですよ!
たしか1週間とかでも貸してくれて、
家具とかもついてていきなり住めるハズ。
どうしても一人暮らし体験をしてみたくなったら、
それを探してみるといいと思います^^
でも一人で住むと大変なこともあるけど、
いろんな発見がありましたよ。
両親のありがたみなんて一人暮らしして初めて知りました^^;

>ひろしさん
うん、すっごい懐かしかった!
おいそれと行ける距離じゃないから余計にね。
でも50メートルだと全然新鮮じゃないよねw

>saruさん
ストリートビューついてていいなぁ♪
地方都市はまだまだだから私が住んでた家が
見れるのはいつなのか・・・。
あ、でも札幌に住んでた頃の家は見れるのかも!
ちょっとみてこよっと。
| かりん | 2008/09/25 2:42 PM |

レスできません。コメレスなしで
OKな方だけコメントどうぞ。
(2014/7/22〜)









   
コメント本文にURLは入力できない設定になっています。
※ブログやHPをお持ちの方はURL欄に入力して下さい。
コメントの投稿がうまくできない方はコチラ
 
http://love.mania.daa.jp/?eid=837599
TB大歓迎ですが、関連性のない記事及びTBを返せないブログ様のTBはご遠慮ください。
TB送信元にこちらのURLがない記事からのTBは現在受け付けておりません┏○ペコリ
http://love.mania.daa.jp/trackback/837599


ブログ内検索
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>

ケータイ用QRコード
一番右上のカレンダーの日付部分またはカテゴリーからもこれ以前の記事に移動デキマス。
今までの記事一覧では、タイトル一覧がランキング形式で見られます





with Ajax Amazon