t: y:
今読んでる人は

踏み逃げ、読み逃げ、ロム専、無断リンク大歓迎


今までの記事一覧
タイトル一覧がランキング形式で

<< 貧乏性※くだらな日記main北海道に竜巻注意情報が発令! >>
企画展「軍艦島」釧路市博物館見てきました

今日釧路市博物館で行われている企画展「軍艦島〜消えた炭鉱集落」を見に行って来ました。北海道新聞でこの企画展の紹介がされていたようですが、うちは新聞とってないので死んでも残るweb上の私?の記事に北キツネさんからこの企画展があるよ!とコメントを頂いて初めて知りました。北キツネさんから情報をもらわなかったらきっと今でも知らなかっただろうな。。。これからは博物館のホムペなんかもチェックするようにしよう・・・。

展示についての詳しい内容は公式ページを見てもらえたらと思います。釧路市立博物館の入館料は400円なのですが、この特別展示企画だけを見るなら無料で見ることができます。お金を払う受付より前にこの展示がしてあるので、施設の人に何かをことわる必要もなく気軽に見ることができるのでぜひこの機会にたくさんの人に見てほしいなと思います。休館日は月曜日で土日もやっているので、7月6日までの間に時間のある方はぜひ!
展示は主に写真、そして解説、島の復元模型(1/500)、映像資料となっていてスペース的にはそんなに大きくとっているわけではないのですが、もともと私はものすごく興味を持っていたことというのもあり、この無料スペースで2時間近くを費やしてしまいました。

以前から何度かこのブログ上でも軍艦島のことを取り上げているのですが、ネット上だけでは見られない写真や資料などもあり、見に行った甲斐があったなぁと思います。特に住民がいて栄えていた頃の写真なんかを見るとせつない気持ちになってしまいます。

以下が以前にこのブログで紹介した時の記事です。
軍艦島
軍艦島2〜昭和のタイムカプセル

軍艦島という名前だけを聞いてもピンとこない方もいるかもですが、昔ACのCMで廃墟の町として登場したり、いろいろなメディアで最近も取り上げられたりしているので見たらあぁ!と思う方もいるかもしれません。

廃墟賛歌 軍艦島 Forest of Ruins
個人的には何よりも映像資料がありがたかったです。日によって上映されている作品は違うようなのですが、今日行ったときは廃墟賛歌 軍艦島 Forest of Ruinsが流れていました。この作品は現在の軍艦島の様子が軍艦島の歴史や解説と共に流れていて、前からこのDVDにはかなり興味があったので最初から最後まで全部見てきました。ただ個人的にはまだ無人島になる前の映像の方が見たいので、別の日にまた行って「軍艦島 思い出の島"端島"を訪ねて」を見てきます。だって非売品だしこれを逃したら見られないかも。行く前に電話で問い合わせをするとその日に見れる映像資料のこともきっと教えてもらえると思うので、どうしてもコレ!と決まった見たいものがある人は事前に問い合わせをするといいかもしれません。もちろんこれも追加料金などなく無料で見られます。

【6月11日追記】
先ほど博物館に電話をかけて映像資料について問い合わせてみたところ「お客様からの要望があれば受付に声をかけてくれれば3つの中からどれでもかけることができる」との回答をいただきました。沢山の人がいて他に流れているものを見ている人がいれば終わるまで待つことになるでしょうが、そうでなければ受付に申し出をすると対応してもらえるようです。気軽に窓口に相談してみましょう。電話口に出た職員の方は男性の方でしたが、とても対応のいい方でいろいろ丁寧に説明してくれました。なんとなく市の施設ということでぶっきらぼうな対応をされるのかと思っていただけに、いい意味で裏切られました(笑)私はこれから二日連チャンで博物館に行ってきます^^;
他に展示解説なんかもあるようなので、参加してみたいなと思います。ここにも見た感想を書くためのノートがあったので私も感想を書いてきました。見に行って何か思うところがあった人はノートに一言でも感想を書いてくるといいかもしれません。

そして何年かぶりにせっかく行ったので入館料を払って通常展示も見てきました。前にここに来たのはたぶん10年近く前。以前はなかったマンモスの骨格標本や(この展示は軍艦島と同じ場所にあるので無料で見られます)、ミンク鯨の骨格標本がありました。

釧路地方(というか北海道全体なのかな?)は弥生文化がスッポリ抜け落ちてるそうで、弥生文化時代のものは全くないそう。それは今回初めて知りました。

ところでこの展示室の2階に釧路の映像資料が二つありました。「北緯43度の街」という釧路市の紹介の映像と「くしろのまちなみ」という釧路の街並みの紹介映像。まずくしろのまちなみを見てみたのですが、解説に「大町5丁目付近」とかあきらかにうちの側と思われる「南大通り付近」が出てきても全く街並みが違うことにびっくり。なんで私の知らない釧路市なの!と驚いてよくよく解説の紙を見てみたら「昭和61年制作」とのこと。昭和61年から20年以上経ってるんですね。20年でここまで街並みが変わるのか!と驚き。

それと共になんとなく昭和60年代といえばつい最近という気がしていたけど、もう20年も経つのか〜とも。今は平成20年なんだから当たり前なんだけども、なぜかつい最近という感じがします。

帰りに土器が沢山展示してある展示室も見てきました。(ここも入場無料です)土器自体はあんまり興味がなかったので「へー。」くらいだったけど、そこにおいてあったこのベンチに目が釘付けに。


昔はこういうのいっぱいあったけど、最近全然こんなのないですよね。北海道こども博って一体なに?と調べてみたら1978年7月1日〜8月20日まで行われていた博覧会みたいですね。私は3歳になるかならないかくらいか・・・。当時は札幌に住んでいたけど、たぶん私は行ってないんだろうな。博覧会ってちょっと前はどこでもなんでも大々的にやっていた気がするけど、ここ最近って少ない気がしますよね。もう流行らないのかな。一番最後に行った博覧会は青函博かも(笑)中学生の時に地元で博覧会がある!っておだって友達と何回も行った記憶があります。・・・あれ?おだつって北海道弁かな?

最後に久々にあちらに行ったので、科学館はどうなってるかなぁ〜?と見てきました。


もうなんの施設でもなくこここそ廃墟になってますね。バス停があるので電話ボックスは設置してあるみたいだけど、電話ボックスって最近久々に見たかも。ここのプラネタリウム結構好きだったんだけどな〜。遊学館になってからは一度もプラネタリウムには行ってません。

【2008/6/20追記】
6月21日(土)6月29日(日)7月5日(土)の11時・14時から「軍艦島展」の展示解説が行われます。内容は「一学芸員が軍艦島上陸体験から学んだこと」的なものだそうです。その時にスペースの関係で展示できなかった写真数点もその解説時に見れるようです。また、上記日時にどうしてもいけない方は博物館の中に担当の方がいる時はできる限りの対応をしてくれるそうなので、キニナル方は窓口まで気軽に問い合わせてみましょう。詳しくは2008/06/20 1:09 AMにここのコメント欄に投稿されている釧路市博物館石炭産業担当様のコメントをお読み下さい。

◆関連記事◆
企画展「軍艦島」釧路市博物館見てきました
軍艦島2〜昭和のタイムカプセル
軍艦島
九龍城砦
納沙布岬-北方領土貝殻島
この記事のカテゴリ:なつかし
 
| かりん | 00:42 | comments(19) | trackbacks(0) | |
Related Posts with Thumbnails
スポンサードリンク
北海道こども博、当時完成して間もなかった釧路西港で開催されたそうです。
私の家でも行ったらしいのですが、記憶は全くありません。
大人になってから知った知識ですが、釧路動物園のジェットコースターは、こども博会場で使われた遊具を移設したそうです。

科学館の建物、まだあったのですね。
1年以上前に見たときは、市立病院増築工事の工事事務所として使われていました。
科学館のプラネタリウム、背景が釧路の夜景で、ラストで東の方角から朝日が昇り、朝焼けのように照明が少しずつ点いて明るくなっていくのが好きでした。
| かわの湯 | 2008/06/11 1:31 AM |

博物館 最近行ってませんねー
為になるので たまにはいけたら来たいなーと 思っているのですが
特別展の時は人が多くて ちょっと・・・・ です

sakuraの住んでいるところは あちこち 博物館やら資料館があり
特別展なども よくやっているのですが あんまり行きません
というか しょっちゅう やっているので 開設期間を忘れてしまうのが
多いんですよね
まあ 一番大きいのは 正倉院展でしょうか?
最近では 高松塚古墳の壁画や キトラ古墳の壁画展もありました
(どこに 住んでいるのか わかっちゃいますね)

| sakura | 2008/06/11 6:17 AM |

軍艦島(゚д゚)ミテミタイ
電話ボックスは家の前にまだあります・・・
誰も使ってませんがwww
| ひろし | 2008/06/11 6:31 AM |

こども博、すんごくなつかしい!!
西港でジェットコースターに乗った記憶おぼろげにありますよ。

それと博物館も懐かしい!あそこの展示&音響は一見の価値があると思います。

そろそろ帰省用のチケットとらないとなぁ・・・。
今ふと思い出しました。
| わふわふ | 2008/06/11 8:32 AM |

軍艦島の写真展、7月の第1週くらいまでやっているそうですね。
絶対行きたいです!
期間が長いと いつでも行ける〜なんて思うと行きそびれるので早めに行こうっと。
無料って良いですね(^.^)
| jun-jun | 2008/06/11 8:40 AM |

やるなぁ釧路市博物館!もう少し長く展示してくれたら絶対見に行ったのに〜〜残念です・゚・(ノД`;)・゚・
(現在内地在住なもので)
住民がいた頃の写真はかなり気になりなす。
模型まであるなんて!見たいよぅぅ〜

科学館、廃墟になっていたのには驚きました。
小学生の頃、学校行事で行ったきりだったけど
なくなってしまうのは悲しいですねぇ。。
| 三十路 | 2008/06/11 12:26 PM |

 いいな〜軍艦島。 しかし軍艦島の企画展を釧路で開催するとは。やりますね釧路(謎) でも、お気に入りのミュージアムが廃墟になるのは悲しい...神奈川県立博物館も移転しちゃいました(トホホ)
 ワタクシゴトですが:軍艦島って、「一度は行ってみたい場所」マイランキング1位なんですよNE〜。(次点:恐山、知床半島...)
 「純」って、しょうもない映画があってですね、活気あふれてた頃の軍艦島の記録映像が効果的に使われてましたっけ・・・
 現在だったら、↓をプレイすれば軍艦島を疑似体験できますNE〜(ホントかよ)
http://www.jp.playstation.com/scej/title/siren2/siren2_top/index.html
| はしばみ2 | 2008/06/11 1:47 PM |

>かわの湯さん
釧路で行われたんだね〜!
てっきり札幌でやってたのかと思ってました。
ジェットコースターは博覧会で使ってたのね。
それも初めて知りました。

科学館の建物まだあったけど、
何にも利用されてなくて寂しい感じでした。
ラストで東の方角から朝日が昇り・・・
って私も好きだったな〜。
釧路オリジナルのプラネタリウムの内容がよかったよね。

>sakuraさん
普通はあんまり行かないよね。
私も今回行ったのが10年ぶりくらいですからね^^;
釧路では特別展があっても平日はガラガラなので
見やすいけど、それもどうかなって感じですよね。
sakuraさんとこは観光地だったのね。
それは人多いよねw
大体の住んでる場所がわかっても
詳しい場所までわからないので大丈夫ですよ^^

>ひろしさん
見てみたいでしょ。
新潟にこの展示がいったらぜひw
電話ボックス家の前っていいね。
災害の時は威力を発揮するよ〜

>わふわふさん
わふわふさんもいったのね。
西港で博覧会っていうのがどうも想像つかないけど、
その頃はにぎわってたんだろうな〜。
博物館の音響はいいよね。立体音楽。
そろそろ夏の帰省なのね。
釧路で待ってますよ〜♪

>jun-junさん
うんうん!7月の初めまでやってますよ。
ぜひ行ってみてください。
平日ならかなりすいててゆっくり見れますよ♪
私もいつもいつでも行けるや。って
行きそびれるので今回はさっさと行ってきました。
たぶんあと1回くらい行く予定です。

>三十路さん
ほんとやるなぁ〜だよね♪
三十路さんは夏にならないと帰ってこないのね。
今日は住民が住んでいた頃の映像も見てきたけど、
やっぱり不思議な感じがするわ。
離島なんだけど人も沢山で生活もみんな贅沢で
全然離島の不便さを映像からは感じないんだよね。
かなり不思議な雰囲気でした。

科学館は建物も古かったらしく、
移転という形で今の場所に移動してったので
きっとこちらの方はそのうち取り壊しになるんでしょうね。
寂しいですね。

>はしばみ2さん
軍艦島は興味があったので今回釧路にきてくれて
ほんとよかったですよ〜!
二日連続で行くとは自分でも思ってなかったけれどw
私も軍艦島は一度は行ってみたいランキング3位に入りますよ〜。
大体私の場合は原爆ドームと1位2位を争います。
純っていう映画は初めて聞きました。
ちょっと調べてみよっと。
それとサイレンはやったことあるけど・・・
怖すぎじゃないですか(笑)
| かりん | 2008/06/11 6:26 PM |

かりんさんのブログ見て企画展行きたくなりました♪今週末、自分も見に行きます!今回の企画展、かりんさんなら情報早いから知ってるかな?と思いつつ新聞取ってないはず!と思いコメントさせてもらいました。自分も軍艦島には興味がありまさかこの釧路でやるとはですね(^^)自分は昔の公共広告機構CM幼いながら強烈なインパクトでそれからですね興味持ち始めたのが…あと万博も懐かしい!幼稚園ぐらいかな?微かに記憶に残ってます。かりんさんのブログ三年位前からかな?面白いので‥実は弟さんと職場の友です(^^)知った時、。ooO(゚ペ/)/ひゃ(°0°)びっくりでした。
| 北きつね | 2008/06/11 9:23 PM |

釧路博物館での軍艦島展、リンク先の博物館のページを見て納得しました。
釧路周辺に残された炭坑関係の施設や建物の跡を、「炭坑遺産」や「近代産業遺産」として保存して後世に伝えていこうという活動がありますが、その一環として、炭坑関係の住宅や施設が良く保存されている軍艦島を紹介しているのだと思います。

釧路博物館というと、巨大な熊やトドの剥製やカニなどの海産物の展示が印象に残っています。
地味に壁に貼られた長さ10メートルくらいの昆布とか、柱だと思われて見向きされない鯨の骨とかも。

昭和61年の釧路の映像資料、わかります。
博物館ができた当時は「2階・歴史コーナーのラストとして現代の釧路を紹介」という意味があったのでしょうが、今となっては、今はなくなった街並みが多数登場する、まさに歴史的資料となってしまいました。
科学館も、最後のほうは、黒電話が進化したような形の展示物「テレビ電話」や「親子電話」の前で写メールを送ってる人がいて、現実が科学館を追い越してしまっていたし…

釧路の古本屋で入手し、引越荷物に紛れ込んで持ってきた「こども博と釧路」という絵はがきを見たら、ジェットコースターなどの写真が出てました。
| かわの湯 | 2008/06/11 10:26 PM |

>北きつねさん
時間があればぜひどうぞ〜♪
私はそんな情報早くないですよ^^;
むしろ・・・疎いですorz
これからも何かあったら教えてくれると助かります。
あのACのCMはインパクトありますよね。
私たちの島、日本もこうなるかもしれません。
みたいなナレーションが非常に恐ろしかったです。
万博が幼稚園ということは!もしや私と同年代!
きっと同じくらいの年齢ですね^^

ところで、北きつねさんが弟のΣ(・Д・ノ)ノ
前から弟に職場の人が〜っていう話を
聞いてはいたけど、北きつねさんだとは思わず。
弟がいつもお世話になってます。
これからも弟共々よろしくです。
でも3年も前から見ててくれたんですね。
ありがたいです^^

>かわの湯さん
そうか〜炭鉱遺産繋がりなんですね。
向こうは島で閉山後に人がいなくなったから
ここまで残っているけれど、釧路の場合は
閉山しても街としてはそこに残っているわけで。
条件が違うのでなかなか難しいのかもしれませんね。
炭鉱関係の機械とかなんとかは保存できても
釧路の場合は住宅までは難しいでしょうね・・・。

博物館は確かに海産物多かったよ。
昆布はすごい印象的だったから目につきました。
でも映像資料のことまできちんと覚えてるなんてすごい!
たしかに2階の歴史コーナーのラストでした。
個人的には縄文とかはるか昔よりも、
近代のちょっと昔が興味あるので2階のコーナーは
ものすごい楽しかったです。
科学館のテレビ電話とかは忘れちゃったけど、
きっと今の遊学館ならもっと進化してるんだろうな〜。
一度遊学館も行きたいなと思ってるけど、
一人ではなかなか行けず。
かわの湯さん今度一緒に行ってみます?(笑)
| かりん | 2008/06/11 10:42 PM |

このアングルで見るとなぜ「軍艦島」と呼ばれて
いるのかよくわかりますね。本当に軍艦にそっく
りです。

釧路石炭販売って、確か高校の同級生が就職した
ような・・・・???

| BOSE | 2008/06/14 7:13 PM |

>BOSEさん
ほんとですね〜。船に見えます。
釧路石炭販売はお友達が就職されたんですね。
今はどうなってるんだろう。。。
| かりん | 2008/06/15 5:04 PM |

最近、博物館に行きました。
軍艦島、見ましたよー!
私も高校時代から炭鉱遺産(とか鉄道遺産とか廃墟とか色々)が好きで個人的に研究しているので、とっても興味深々でバッチリ堪能してきました。
でももう一回くらい行きそうな予感。

郷土史も大好きなので、入場料を払って中も見ましたが、釧路の近現代にも相当萌え萌えしてました(変な人?)。
20年前の釧路映像の中の、大町にあったという上げ下げ窓の家というのを探してみましたが見つからず・・・。
現存してないのかしら?

最近は雄別鉄道を研究中。
子乗せ付きのママチャリで白樺から阿寒までサイクリングしかねない今日この頃です。
| ひよ | 2008/06/15 9:17 PM |

>ひよちゃん
おお!行ってきたんだ〜!
でもひよちゃんは高校時代から・・・長いなぁ〜
私は高校時代とか若い頃は全く興味がなく。。。
20代後半からはまってます。
個人的に研究ってすごそうだなぁ(笑)
私もあと一回くらい行きそうな予感だよー。

郷土史私も大好き。
近現代に萌え萌えするなんて似てるわ♪
しかも私と同じく大町の上げ下げ窓の家探してるしw
私も見つけられなかったから、取り壊しになったか
移設されたかなんかだと思う。
だって今うちのすぐ近くにあるふるさと館も
どっかから移設してもってきたなんだか邸っていう
ものすごい立派な家だったらしいし。

雄別鉄道も線路のところサイクリングロードで残ってるもんね。
ママチャリでサイクリングもいいんじゃない??
| かりん | 2008/06/15 9:25 PM |

はじめまして。
軍艦島オデッセイ管理人、オープロジェクトのKurosawaです。
釧路市立博物館の方から貴blogに企画展軍艦島のリポートがアップされていると伺ったので、おじゃまいたします。
企画展の詳細な情報をアップして頂き、私どもの主催ではございませんが、オープロジェクトからもお礼申し上げます。『軍艦島 -Forest of Ruins-』も全編ご覧になって頂いたようで、重ねてお礼申し上げます。また商品のリンクバナーもお張り頂きありがとうございます。
現代の様にビデオカメラが普及していない74年に閉山しているので、さすがに当時の様子をとらえた映像はかなり少ないのですが、そのなかでは『軍艦島 思い出の島'端島'を訪ねて』は貴重な映像ではないかと思いますので、是非ご覧になってください。
また以前の記事にアップされていらっしゃる、軍艦島クルージングの案内が最後に付随する映像『プレミアムナガサキ』ですが、これはオープロジェクトとは一切関係のない映像ですので一応お伝えさせて頂きます。
今後ともよろしくお願いいたします。
 
| Kurosawa | 2008/06/19 5:10 AM |

>kurosawaさん
はじめまして。
まさかオープロジェクトさんの方からコメントをもらえるなんて思っていなかったのでびっくりしました。わざわざ来ていただいて、そしてコメントまで書いていただいてありがとうございます。

前々から軍艦島オデッセイは何度も訪問させていただいていました。私が知る中では一番詳しく解説されていて、ものすごくいろんな知識を知ることができました。

今回のこの企画展は本当に私にとってはありがたいもので、開催中はまたいく予定でいます。

ところで軍艦島の無人島になる前の映像ってやはりなかなかないものなんですね。もしかするとどこかのテレビ番組なんかがドキュメンタリーなんかを作っていないかな?と私も結構調べたのですが今のところみつかりません。そしてこの機会を逃してはいけない!と「思い出の島端島を訪ねて」は既に全編視聴してきました。たぶん撮影された方が個人的な記録として撮影されたものだと思うので、島の全体を感じることはできませんでしたが、かなり貴重映像だと感じました。画質も昔のものなのでよくなかったけれど、目を離さずにしっかり見てきました。

それとプレミアムナガサキに関してはオープロジェクトさんとは関係なかったんですね^^;早速記事中も追記という形で訂正させていただきました。

コメント本当にありがとうございました。
| かりん | 2008/06/19 7:16 PM |

かりんさま

ブログに取り上げてくださり、ありがとうございます。
「ブログで見たよ」と、北海道新聞社の方に言われて、知りました。
おかげさまで、多くの皆様にお越しいただいております。
また、当館電話対応についてご評価いただき、館長以下みな改めてお客様に喜んでいただける対応、そして展示企画をせねばと心引き締める思いです。

「軍艦島の無人島になる前の映像」につきましては、「親の目・子の目『ともだちのうた 軍艦島閉山』」長崎放送製作・1974年5月放送で閉山間際の様子が記録されておりますが、著作権の関係で今回の企画展では放映しておりません。

3作品を放映しておりますので、放映中以外の作品をご覧になりたいときは、受付案内にお申し付け下さい。


なぜ今回、釧路で「軍艦島展」を開催したか?は、19日夕刊の北海道新聞(釧路根室)の「せんこん文化」欄をご覧ください。
今回は、オープロジェクトさんをはじめとした、共催・協力の各団体様に助けられて、開催にこぎつけました。

21日(土)、29日(日)、7月5日(土)の11時・14時から「軍艦島展」の展示解説を行います。
詳しい情報については、既出の書籍、またなにより「軍艦島オデッセイ」のページに詳しく書かれておりますから…「一学芸員が軍艦島上陸体験から学んだこと」的に気軽にお聞きください。
残念ながらスペースの関係で展示できなかった写真も、その際に何点かご覧いただきたいと思います。

上記時間以外でも、担当在館時はできる限りのご対応をさせていただきますので、お気軽に案内窓口に「石炭担当を」とお申し付け下さい。

ありがとうございます。
みなさまのお越しをお待ちしております。

| 博物館石炭産業担当 | 2008/06/20 1:09 AM |

>博物館石炭産業担当さん
博物館の方からコメントをいただけるとはこれまた驚きました。
勝手に紹介してしまってすみません。
ですが、この機会にぜひいろんな方に見てもらいたいなと思い、
これは宣伝しなくちゃ〜!と記事にさせていただきました。
電話で問い合わせした時にはものすごい丁寧にいろいろ説明していただいて、
更にその後行った時にも職員の方にはかなり親切にして頂きました。
あの時は本当にありがとうございました。

長崎放送で製作された番組があるんですね。
ぜひ見たいと思いますが、地元のテレビ局ではないのでなかなか難しそうですね。
新たな情報を教えていただきありがとうございます。

展示解説についてもぜひ行きたいと思っています。
軍艦島上陸体験から学んだこととあるので、
実際に行った方が解説してくれるのかなと想像しています。
それは興味深いです。
今回のような企画は本当にありがたいです。
また行くと思うのでよろしくお願いします。
| かりん | 2008/06/20 10:09 PM |

レスできません。コメレスなしで
OKな方だけコメントどうぞ。
(2014/7/22〜)









   
コメント本文にURLは入力できない設定になっています。
※ブログやHPをお持ちの方はURL欄に入力して下さい。
コメントの投稿がうまくできない方はコチラ
 
http://love.mania.daa.jp/?eid=803385
TB大歓迎ですが、関連性のない記事及びTBを返せないブログ様のTBはご遠慮ください。
TB送信元にこちらのURLがない記事からのTBは現在受け付けておりません┏○ペコリ
http://love.mania.daa.jp/trackback/803385


ブログ内検索
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< March 2017 >>

ケータイ用QRコード
一番右上のカレンダーの日付部分またはカテゴリーからもこれ以前の記事に移動デキマス。
今までの記事一覧では、タイトル一覧がランキング形式で見られます





with Ajax Amazon