t: y:
今読んでる人は

踏み逃げ、読み逃げ、ロム専、無断リンク大歓迎


今までの記事一覧
タイトル一覧がランキング形式で

<< wiiを持ってる皆さん、きちんと申し込みをしましょうmain浮気度チェック!! >>
ボットン便所〜汲み取り式トイレ
まぁ・・・公共の場ではボットントイレといった方がいいんでしょうが、実際に呼んでいた名称をタイトルにもってきました。たぶんほとんどの人が実際に家にはないとしても、知識としては知っているであろうボットン便所。

なにそれ?という方のために説明すると、水洗トイレではなく、トイレの便器の下に穴が掘ってあり、そこにそのまましたものが落ちていくという仕組みのトイレ。ボットンと落ちていくのでボットン便所というと聞いたことがあるけれど、名前の本当の由来は知りません。
昨日テレビのさんま御殿を見ていたら、ボットン便所の話をメッセンジャーの黒田がしていて、森泉が知らないというシーンがあったのだけど、森泉はセレブだから納得なんですが、もしかすると若い世代の人は知識としても知らないのではないかと思ったり。実際下水道が整備されてるこの時代にボットン便所を知らない人がいてもおかしくないですよね。

私は、というとおばあちゃんの家がボットン便所だったし、自分自身がボットン便所の家に住んだこともあります。なのでもちろん知ってます。

生まれた時から中学3年まではどんなに引越しをしても水洗トイレの家だったのだけど、中学3年の時に引っ越したらその家がボットンでした。初めて家に入ったときにそれを知って、もうショックでショックで。家の中にボットン便所があるなんて!って泣きたくなりました。しかもその家は引っ越した最初は電気が裸電球で・・・。自分のイメージの中の貧乏一家の家とピッタリマッチしたので、引っ越した途端にもうやだー!なんて思ってみたり。

大抵の人は最初はボットン便所でもだんだんといい家に移り住んでいくものかもしれないけれど、うちの場合は社宅に入っているので家を選ぶことができません。まぁ・・・転勤も多いのでイチイチ家探ししないだけでもありがたいことだったんだろうけど、子供の私としては納得がいかず。

そこは下水道が整備されていない地域で全部の家がボットンだったので慣れたらあんまり気にならなくなったけど、家が裕福な子とか新しい家はボットンでも簡易水洗みたいになってたので、うらやましいなーと思ったりはしてましたが・・・(笑)

今は下水道が整備されてない地域ってきっとあんまりないような気がするから、ボットン便所がどんなものか知らない子っていっぱいいるのかもしれませんね。


全く関係ないけれど森泉がセレブというのは知ってたけれど、おばあさんがモリハナエというのは今日初めて知りました。そしてメッセンジャー黒田はパッとみたらめがねを外したビビル大木かと思いましたw
この記事のカテゴリ:間取り・家
 
| かりん | 00:00 | comments(46) | trackbacks(0) | |
Related Posts with Thumbnails
スポンサードリンク
ポットン便所恐るべしだよ。

糞尿がたまってるポットン便所

大阪で昔あったウソのような本との話・・・

主は、新聞を読みながら何時もの様にポットン

(# ̄m ̄)ププッ

しかぁーし何時もと違ったのは、くわえタバコをしたままの

ポットン・・・

主が何気なくポットンに投げ捨てたタバコ・・・

ポットンの奥底には、化学反応で発生した多量の

メタンガスが・・・

後は言うまでも無い  大爆発!

これこそ、糞もミソもいっしょ!主に怪我は無かったが

辺りは・・・ それといっしょに、近所の人失笑も・・・

新聞に載ってたので事実です。ポットンは要注意ですがな。

かりんさん。電柱|ー ̄) 隠れニヤリ
| 温泉爆走族 | 2007/10/04 12:41 AM |

両親の実家が両家共にボットン式でした。

チビだったころはお盆の時に帰省する時、唯一苦痛だったのがトイレ。洋式のトイレに慣れていたのでしゃがんで用を足すのが苦痛で。しかも穴が怖くて、トイレに行くのを我慢して膀胱炎寸前?までいったことも。

中学の時に帰省した時に母の実家のトイレが洋式になってました。しかも当時は珍しかったシャワー式温水便座!!で、なんか先越された感じがした。。。ボタンが怖くて触れなかった。家を新築(築30年だったもんで。。)した時にリクエストしたのは真っ先にトイレをシャワー温水便座にすることだった。。。
| まゆ。 | 2007/10/04 1:42 AM |

え〜!!
うちの町ではまだほとんどボットンですよ!!
ここ何年か下水道工事をやっているんですが、各家庭の負担が40〜80万ほどかかるらしく、みんなまだやっていませんよ・・・
わたしも今のアパートに来る前までず〜っとボットンでした〜。
水洗になってすっごくトイレ掃除が楽でビックリしましたよ^^
| たんたん | 2007/10/04 7:20 AM |

中学3年の終わりまで汲み取り式でしたーー。隅には四角い箱が置いてあり、中には北海源氏と言う名のチリ紙を常備しておくのが基本でした(^^;;。まだティッシュが高値の花だったんでしょうか。ポケットティッシュがメジャーになったのはちょうど高校生になってからだったので。そうそう、業者のかたが汲み取りに来て下さって伝票を渡してくれるんですが、その記述の中に「1個」とか「2個」とかあるんです。その個数って何やねん?と疑問に思っていたものです。
| やまんば | 2007/10/04 4:28 PM |

建てかえ前の実家はボットンでしたよ〜
よく、汲みとり作業を見てました(爆)すんげぇ〜臭かったけどねぇ〜^^;
小学生の頃、財布をボットンの中に落としたことがあって、数ヶ月後に取り出されたけど、硬貨が変色していて、使えなかったなぁ〜
| すこんち | 2007/10/04 4:55 PM |

正月に根室の実家(母親の実家)に行った時にメガネを落としてしまって・・・。
半分見えるんだけど、いらないやって小学生ながら思った^^;
一応、とうちゃんにこそっとメガネ落としたから買ってって言ったら、
正月で酔っ払ってるもんで大声で「メガネ便所に落としたって〜」叫ぶもんで
親戚総出でハンガーの針金ほぐして繋いで取りやがった!

消毒するからって洗面所にお湯を出しっぱなしで掛けられてたメガネ・・・。

使うの微妙だったわ〜(笑)
| saru | 2007/10/04 7:06 PM |

うちの実家もボットンでしたよ〜!(千葉のど田舎)
でも、去年帰省したら、なんと≪水洗トイレ≫に変わってました!
ビックリしてお袋に聞いたら、近隣の家全部が≪水洗トイレ≫に変わったって。
市の政策なんですね〜。
バキュームカーを頼まなくていいし、楽になったって喜んでましたよ!

| topgun | 2007/10/04 7:13 PM |

自宅は5年前に新築して、脱!ボットンしたのですが
会社が未だにボットン(-_-;)
新潟はまだ僻地です・・・
| hir○shi | 2007/10/04 7:36 PM |

うちは、ずっと釧路市内の住宅街で育ちましたが、平成の初めころまでずっとボットンでした。
水洗トイレは、デパートやスーパーや公共施設だけに特別にあるものだと思ってました。
幼いときに、ボットンの中にスリッパを落として泣いたこと多数…
ボットンの下から聞こえてくるゴウゴウという風のような音は結構怖かったです。

それと、裸電球もありました。
20ワットだか40ワットだかの電球がそのままぶらさがっていて、ひもを引くと弱々しく光ってちょっと不気味です。
電気の傘もなくて、ほんとに「裸」なのですね。

他の方のコメントにあった、便所の隅の四角い箱に入れられたチリ紙、おじいちゃんの家にあって、これは大人用の固くて痛い紙だから使ってはいけませんと言われ、結局使わずじまいでした。
| かわの湯 | 2007/10/04 10:18 PM |

お久しぶりです!

ボットン…懐かしい…
昔に住んでいたアパートの話

そこのアパートはボットンで、ウチは管理人を任されていました。
何かあったら親父が各家庭へ行き、壁の外壁とか直してました。
ただ、冬になると大変です。
こちらには本州のかたもいるようなので、想像してもらうしかないんですが、アパートの二階に住んでる人は、トイレのボットンと落ちる先は当然下に落ちます。
が!! 真冬になると、真下まで落ちるはずの物体が管(パイプ。えんび管)の途中で凍ってしまうのです。
実際、我が家も二階でしたから、詰まるのは冬になると毎度のことでした。

そこで、詰まったと住人から依頼があるわけで、親父が出動します。
直す方法は、熱湯をトイレにかけるのが簡単ですが、それでも駄目な場合(大半駄目みたい)えんび管を割らないように軽くハンマーで叩くわけです。
そこで事件は起きました!
(これから先は食事中に読まないで下さい!)


えんび管を叩いてた親父。
コツコツ…コツコツと…
そしたら…
真冬はえんび管も割れやすくなってたようで…
えんび管が割れ…割れた所から【あの物体】が口の中に!

三日間は口の中が大変だったようです(笑)

| ナイト | 2007/10/04 10:19 PM |

>温泉さん
なるほど・・・でもそれがほんとでも納得な話ですねぇ。
タバコの投げ捨てをする人がちょっと信じられないかな。
ケガがなかったのが何よりだねぇ〜

>まゆ。さん
洋式のトイレに慣れてると和式は怖いよね!
うちのおばあちゃんちのトイレも和式のボットンで、
小さい頃はトイレ行くときは必ず大人といくこと。
っていわれてたよ〜。

でも小学生くらいになるとひとりで行くんだけど、
それでも怖かったわ・・・。穴がorz

でも中学の頃にいきなりウォシュレット!
それは先越された〜って気分になるのもわかる気が。
今のうちの実家もウォシュレットついてるけど、
自分が住んでる家についてた経験は今まで一度もないので、
いまだに使うのちょっと怖いよ(笑)

>たんたんさん
隣町なのにそうだとは全然知らなかった!
でも下水道整備がはじまっても、
やはり個別の家の中の設備は自前なんですね。
(あたりまえか・・・)
それは確かになかなか進まないのもわかるかも。
ボットンのトイレ掃除は今までしたことがないのだけど、
(実家がボットンだった時は母がしてました)
予想通り大変なんですね。。。

>やまんばさん
やまんばさんも経験済みなんですね。
そのチリ紙って四角くてたばになって売ってたやつかなぁ?
おばあちゃんちにトイレットペーパーではなくて、
四角い紙が束ねられたものをおいてたなぁ。

業者の人の伝票は一度も見たことがないけれど、
確か汲み取る量で料金も変わるようなことを
聞いたことがあるからそれで1個とか2個とかなのかなぁ。
でも○個って変だよね(笑)

>すこんち
すこんちの家もそうだったんだΣ(・Д・ノ)ノ
汲み取り作業は一回もみたことないなー。
今となっては見る機会もないから
一度くらいみとけばよかった。
でも財布何ヶ月もたってから取り出されてたんだ!
それにもビックリ!汲み取りの時にとったのかな。

>saruさん
そのメガネの話、申し訳ないけど笑ってしまった(笑)
でもメガネって結構ずっと身に着けるものだから、
いらないやって思う気持ちもわかるわ!
それ、お湯でちゃんと消毒されたんだろうかw

>topgunさん
関東でもボットンあるんだ!
wikiのボットン便所のページを見ても、
衛生的観点などから自治体が下水道整備を進めてる
って書いてたから、きっとそれで変えたのかなぁ。
上の方にあるたんたんさんのコメントでも、
掃除が楽になったってあるし、
確かに水洗の方が楽なのかもしれませんね^^

>hir○shiさん
hir○shiさんは新潟なんですね。
なんだか初耳な気がします(笑)
なんとなく新潟ってライフラインが山奥まで通っていたりして、
ものすごく整備されてるイメージがあったんだけど、
下水道整備はまだなのかな・・・。

>かわの湯さん
下水道がきてても変更しないお宅も結構あるんですね。
ボットンにスリッパは私もおばあちゃんの家で体験済みです。
でもボットンの下から音聞こえるんですねぇ。
それは初耳でした。

裸電球はまさにそれでしたよー!
しかも自分の部屋として割り当てられた部屋の電気が
そういう裸電球だったので、夜おっかなくてなんか寝れませんでした(笑)
新しい環境ってこともあったんでしょうが・・・。

でもおじいちゃんちで大人用といわれていたその紙、
使えなかったってことはどうしてたのか
どうでもいいところがすごく気になります(笑)

>ナイトさん
お久しぶりです^^

でもお父さん管理人でもそこまでが仕事なんですか!!
それもまたものすごく大変そう・・・。
友達の家が二階建てアパートで同じくボットンで、
冬は・・・って話聞いてましたよ〜。

お父さん、口の中に入って大丈夫だったのかな?
衛生上の問題もあるし心配です。
・・・ってかなり昔の話なんですよね(笑)
| かりん | 2007/10/04 11:54 PM |

私は中学生の頃まで、炭鉱の木造の社宅(炭住)に住んでいました。トイレは和式の汲み取りで、家の中にありました。夏は天井の裸電球にいる虫が見えるし、冬は隙間からくる冷たい風で、寒いからトイレの中の便が凍って重なり、すぐ下から見えました。子どもの時は、トイレに入るのがイヤでした。
| araya | 2007/10/05 7:54 AM |

こういう話、なぜか好きですねぇ。

「お気に入りサイト」にも入れてあるのですが、『トイレ博士のうんちのたび』(内容は? どうしてどうして、真面目です)をご披露します。
http://www11.ocn.ne.jp/drtoilet/

| 海鳴り | 2007/10/05 10:10 AM |

あれ??

また、間違えちゃった。

こちらです。
http://www11.ocn.ne.jp/~drtoilet/

ご御免なさい。

| 海鳴り | 2007/10/05 10:33 AM |

>arayaさん
まさにそこは私が記事中に書いていた
中学生の時に引っ越した家みたいです!
確かにそれはトイレに入るのいやっていうのわかります。
私は既に物心ついてからだいぶたってたので、
イヤだったけどまぁ入ってましたが・・・。
子供の頃だったらホントにやだったと思います。

>海鳴りさん
好きなんですね(笑)
トイレ博士見てきました!
最初はタイトル聞いてえ?って感じだったけど、
なるほどなーと。またひとつ知識が増えました。
情報ありがとです^^
| かりん | 2007/10/05 7:54 PM |

そういえば思い出しました。
うちも含めて、ボットンが主流だったころ、ひどい臭いがこもるためか、トイレから、長い煙突のように突き出した換気扇がついていて、換気扇の出口には扇風機の羽根のようなものがついていて回っていました。
子供のころは、トイレの分かりにくい場所にストーブがあって、それの煙突だと普通に考えてました。

うちの実家の地区は、釧路の住宅街の中でも、なにごとも後回しにされる地区の1つなので、下水道が完備して水洗トイレができるようになったのも平成になるかならないかのころでした。

小学校の社会科の教科書か参考書で、「水洗トイレが普及して衛生的になった」というような文章を見ても、地下鉄が走っていたり桜が4月に咲いたりするような遠い遠い都会の話だと思ってました。
| かわの湯 | 2007/10/06 11:57 PM |

書き忘れがあったので少し追加。
おじいちゃんの家には、四角い箱に入れられたチリ紙のほか、普通のトイレットペーパーもあり、そちらを使っていました。
でも、今考えると、トイレットペーパーは、孫や客が来るときだけ出していたのかもしれません。
| かわの湯 | 2007/10/07 12:01 AM |

私の実家はいまだにボットンw
子供のころ何が嫌かって言ったら汲み取りの業者が来ること!
なぜか友達が遊びに来てる時にかぎって業者のおっちゃんが『こんちわ〜』って・・・(;´Д`)
あれ、家の中全部臭くなるのよねー。
小学校低学年のころはボットンの中にスリッパ落としたりw
母親の実家なんてボットン+外便所だったよ。
便器にインドっぽい細かい模様が書いてあった。
(わかるかなw)
いやぁ、まさかボットン便所でこんなに色々思い出がよみがえって来るとは(´゚ω゚):;*.:;ブッ

| あきりん | 2007/10/07 1:09 AM |

>かわの湯さん
うちのもついてたよ!
確かガス抜きのためとか聞いた気がしたけど、
臭いがこもらないためにする目的もあったんだねぇ!!

かわの湯さんが住んでた場所は平成まで下水道が
こなかったのね。。。後回しにされる地区って釧路の中でもあるんだ!
ちょっとビックリ。

でもそういう環境なら教科書の中のことも
遠い都会の話だと思っても仕方ないよねぇ。。。

あとおじいちゃんちのトイレットペーパーは
やっぱり誰かのコメントにあったように
子供には固すぎだから用意してくれてたのかもしれないね。

>あきちゃ
ええ!関東でもまだボットンのところあるんだね!
私もボットンの家に住んでたけど、
ボットン業者がきてる時に家にいた経験がないんだよね・・・。
でもニオイが部屋の中にも入ってくるのかぁ。。。知らなかった。
そして誰もが経験するボットンの中にスリッパ(笑)
あれ、落とすもんだよねw

だけどさ、外便所はおお!って感じだけど、
インドっぽい細かい模様ってなんだろー!
まさかおされな便器ってやつ?

この記事がきっかけでいろいろ思い出にひたったようで
何よりです( *´艸`)クスクス
| かりん | 2007/10/07 1:54 AM |

>かわの湯さん
うちのもついてたよ!
確かガス抜きのためとか聞いた気がしたけど、
臭いがこもらないためにする目的もあったんだねぇ!!

かわの湯さんが住んでた場所は平成まで下水道が
こなかったのね。。。後回しにされる地区って釧路の中でもあるんだ!
ちょっとビックリ。

でもそういう環境なら教科書の中のことも
遠い都会の話だと思っても仕方ないよねぇ。。。

あとおじいちゃんちのトイレットペーパーは
やっぱり誰かのコメントにあったように
子供には固すぎだから用意してくれてたのかもしれないね。

>あきちゃ
ええ!関東でもまだボットンのところあるんだね!
私もボットンの家に住んでたけど、
ボットン業者がきてる時に家にいた経験がないんだよね・・・。
でもニオイが部屋の中にも入ってくるのかぁ。。。知らなかった。
そして誰もが経験するボットンの中にスリッパ(笑)
あれ、落とすもんだよねw

だけどさ、外便所はおお!って感じだけど、
インドっぽい細かい模様ってなんだろー!
まさかおされな便器ってやつ?

この記事がきっかけでいろいろ思い出にひたったようで
何よりです( *´艸`)クスクス
| かりん | 2007/10/07 1:54 AM |

追記させて下さい。

「トイレ博士」こと長岡良司さんのHPを紹介しました。
ずっと以前、彼の本を読んだことがあります。
それによると
・真の目的は、クロレラの化学的生成と抽出研究にある。
・将来の、地球人口増加による食糧不足解消に、蛋白質を豊かに含むクロレラが一役買うことになるだろう。
・人の排泄物を溜めておくと、上澄みに緑色のクロレラが発生する。そのメカニズムを知る必要がある。
・そのために、世界を巡ってトイレ研究をしている。
   が
骨子でした。
(今はその最終目的がどうなっているかは、わかりませんが…)

亡くなった作家の開高健は、学者が世界のトイレを研究している―その奇態なおかしみゆえか、激賞していたのを覚えています。

僕自身も、旅をして各国のトイレ事情に戸惑った経験から、どこか無関心ではいられないのかも知れません。

その長岡さんのサイトに、ひょんなことから最近たどり着いたという訳です。(彼の先輩には、慶應の西岡秀雄さんがいたことも、そこで知りました)

ドッポン便所から、えらく話が発展してしまいました。

| 海鳴り | 2007/10/08 8:13 AM |

>海鳴りさん
なるほど!
ものすごく奥が深いですね。
学者が世界のトイレって確かに不思議な組み合わせで
そこにひかれるのもわかる気がします。
私は海外にいった経験がないので、日本のトイレしか知らないけれど、
海鳴りさんがこだわる(?)理由もわかる気がします。

いろいろ教えてくれてありがとうです。
今まで知らなかった世界を知りました。
| かりん | 2007/10/08 7:37 PM |

僕は父の親戚の宿河原の叔父の古いアパートに行った時、全穴の洋式一つと半穴の和式二つの汲み取り式トイレを見たのを覚えています。便槽に溜まった糞尿は悪臭が漂い、ブラックホールと言われる汲み取りは本当に怖かったです。汲み取りに物を落としたら拾うことが出来ません。
| タクロウ | 2008/02/04 10:46 PM |

>タクロウさん
見たことありますか!
ブラックホールって確かにそうですよね・・・。
よっぽど大切なものではない限り
あそこに落としたら拾う気になれませんorz
| かりん | 2008/02/05 12:06 AM |

4年前,伊勢神宮へ行ったときのこと.
JRと近鉄の両方がある伊勢市駅に降りましたが,
JRは水洗なのに近鉄は汲み取り・・・.

当然JRの駅のトイレで用を足しました.
この差は一体・・・.


あと「8時だヨ!!全員集合」の金田一コントや
母ちゃんコントの家のトイレは必ず全穴和式,
いわゆる「ブラックホール」でしかも縁側の端にあって,
今,DVDで見ると余計に時代を感じてしまいます.
| よこまる | 2008/03/01 9:30 AM |

>よこまるさん
そうか、都会ではJRだけが列車?じゃないんですよね。
北海道にいるとJR以外ない気がするので、
駅もJRのものしかなくて当たり前だったりします。
・・・変なとこに目がいってしまいましたが、
4年前でもまだボットンだったとは^^;
お金が苦しいのかな。。。

いわれてみればコントの家は全穴和式ですね〜!
縁側の端といえばサザエさんちも
ボットンかどうかはわからないけど、
縁側の端にトイレありますよね。
| かりん | 2008/03/01 6:34 PM |

我が実家は、というより実家のある団地は未だ
に「ボットン」ですよ。
で、かわの湯さんが書いておられるようにだいた
いどの家でも便槽から長いパイプが出ていてその
てっぺんにファンがついていて臭いを外に排気す
るようになってます。

我が家は2月の爆弾低気圧でそのファンを覆って
いるカバーが吹っ飛んでしまい、私が帰ったおり
に母親が「直して」というので、ファンの電源を
停めたら今度はファン自体が壊れて動かなくなり、数日間は玄関に異臭が充満していました。
しょうがないのでホーマックに新品を買いに行っ
て、これまた私が交換しました(65歳の母親を
屋根には上らせられない)。
まあ30年間も動けば壊れます。ちなみに値段は
¥3,500でした。

ま、壊れたのが私がいるときでよかったです。


| BOSE | 2008/04/19 9:17 PM |

>BOSEさん
BOSEさんのご実家のところはまだボットンなんですね。
そのファンが動かなくなったという話はここの記事じゃないけど
どこかのコメントでいただきましたよね^^
30年たっての交換なのでファンについては
寿命もあったのかもしれませんね。
ほんとにBOSEさんがいるときでよかった。
お母様一人だときっと業者さんに頼まないとできませんよね。
それにしても3500円は安い!と思ってしまいました。
そのくらいのものなんですね。
| かりん | 2008/04/19 11:32 PM |

僕は日本各地を旅行した時、下水のない汲み取り式のトイレを見たのを思い出します。何といっても地方の家や公衆トイレは水洗式でないのでブラックホールと呼ばれる半穴又は全穴の汲み取り式トイレは糞尿が便層に溜まると悪臭が漂います。外の臭突は溜まった糞尿のにおいを出すからです。地方のトイレは水洗化してないからとても困り、悪臭で迷惑がかかり、苦情が出ます。
汲み取り式のトイレに幼い子供さんが落ちると事故死する恐れがあります。日本全国のトイレは汲み取り式があるので水洗式のトイレにしたいです。
| タクロウ | 2008/05/31 10:17 AM |

>タクロウさん
お久しぶりです。
確かに匂いはどうしようもないですよね。
水洗の方が安全で衛生的というのもわかります。
でも山の中の公衆トイレとかはどうしようもない気が。
せめて簡易水洗とかになるといいですよね。
| かりん | 2008/05/31 9:58 PM |

苦情は聞いたことないけどな・・・・。
実家の周りの家もみんな同じですから。

ま、地方には水洗化したくても出来ない事情
ってモノがあるんですよ。何でもカネ出せば
揃う都会とは違うんです。

昔はみんなそれで暮らしてたんだから。


| BOSE | 2008/05/31 10:46 PM |

ボットンで思い出したのが
「列車のトイレは下の線路にボットンする仕組みなので、もし、列車のトイレから物を落としたら、線路に沿って歩けば見つかる。でも、線路周りにはボットンされた物体が散らばっているので、歩くときは要注意。
線路の周りに草が生い茂っているのは、ボットンされた肥料が豊富だから。
列車がトンネルに入るときは空気が逆流するので、トンネルに入るときにトイレにいると、ひどい目に遭うこともある。」
という、どこまで本当かわからない話です。

昔の鈍行列車は、列車の下にボットンする形式もあったそうですが、今の列車はトイレの下のタンクに溜めているので、線路が汚いということはないそうです。
| かわの湯 | 2008/06/01 12:03 AM |

>BOSEさん
確かにうちがボットンの家だったときも
下水自体がきてない地域で他の家も全部ボットンだったから
たぶん匂いはキニナル日もあったろうけど、
皆同じだから文句とか苦情はなかったですね・・・。
ただ下水が通ってる地域でボットンの家が一軒だけあったりしたら
それは苦情が来るのかも。
でもそれは個々の家の事情ってものもあるから
苦情を言われてもいわれた人が困るかもしれないですよね。

>かわの湯さん
列車のトイレは下の線路にボットン(笑)
でもたしかに水みたいのが
駅で止まってる時に流れてるのはみたことあるよ。
たぶんそれはトイレと関係ない水だと思うけど、
そういうところからそんな噂が出てきたのではw

そしてトンネルに入る時にトイレにいると・・・っていうのは
昔は知らないけど今はありえないよね〜。
もしそんな状態になるかもだったら、
トンネルのあとにトイレにいったひともビックリだよね(笑)
| かりん | 2008/06/01 1:40 AM |

僕は毎週日曜日の18:00〜18:30に30分間放送してるアニメのちびまる子ちゃんを見ています。静岡県の静岡市清水区に在住してる小学3年の女児で、まる子[本名・さくらももこ]の家は平屋建てで古く、トイレは全穴式の汲み取り式となっています。父のひろしは仕事もせず、貧乏暮らしをしてるので、家はリフォームせず、トイレは汲み取り式から水洗式に変えることが出来ないからとても困っています。どうして水洗にしてもらえないか不思議です。お金がなく、貧しい生活をしてるからです。
| タクロウ | 2009/03/10 5:47 AM |

>タクロウさん
それはたぶん時代設定にあると思います。
最近見始めたのだとしたらわからなくて当然だと思いますが、
ちびまる子ちゃんは昭和40年代の日本という設定です。
なので、当時では水洗トイレが回りにあっても
なかなか水洗トイレに変えなかった家も沢山あったのではないかと。
たしかに貧乏という設定もあったので、
トイレをリフォームするお金もなかったんだと思いますが^^;
| かりん | 2009/03/10 12:58 PM |

僕は幼稚園の頃、千葉県の中山の家に住んでたのを思い出す。元々は木造の賃貸式の家で、トイレは半穴式の汲み取り式で下の便槽までパイプと繋がってたので本当に驚いた。1階と2階のトイレは汲み取り式だったので物を落としたら本当に恐ろしいわけだ。スリッパ等汲み取りに落として親に怒られたことがあったんだ。僕が子供から大人に成長した頃は前に住んでた中山の家は随分変わり、トイレは汲み取りから水洗になったんだ。
| タクロウ | 2009/03/12 9:31 PM |

>タクロウさん
2階からだとかなり深いんでしょうね。
小さい頃住んでいた家も時代と共に変わっていったんですね。
ということはボットン式は懐かしい思い出ですね。
| かりん | 2009/03/12 11:05 PM |

東京には汲み取り式のトイレが今も残っている。多摩地域のトイレは水洗にしてるんだけど、奥多摩や高尾周辺、多摩丘陵の家や公衆トイレは汲み取り式がある。半穴又は全穴はブラックホウルと呼ばれる。幼い子供が汲み取りに落ちると死亡する恐れがある。どうして東京都のトイレは汲み取りから水洗にしてもらえないのか。便槽に糞尿が溜まると悪臭が漂い、周りに迷惑がかかり、苦情が出る。汲み取り式トイレは本当に怖い。水洗にすれば怖いものは無くなる。
| タクロウ | 2010/04/02 9:33 PM |

>タクロウさん
東京でも残ってるんですね。
こちらでも山の方とか市街地でも時々見かけるのですが・・・。
まさか東京にあるとは。
たぶん水洗にできない理由があるんでしょうね。
コストだとか何かそのあたりのことが。
こちらで汲み取り式トイレの場所は下水道が整備されてないとか
そういうもうどうしようもない理由の場合も多いけど、
そういう地区でも新築で家を建てる時には簡易水洗のような形に
なっているので、そういう風になると危険度だけは回避できますね。
| かりん | 2010/04/03 12:55 AM |

穴便器の中で全穴式の便所に入るのが一番怖かったです\(+×+)/
| ビーナス | 2010/07/12 10:49 PM |

>ビーナスさん
全穴式は怖そうですね・・・((;゚Д゚)ガクガク
| かりん | 2010/07/13 12:09 AM |

私が子供の時は、さらに怖かった…その名も「二本橋」。

便器さえも無く、地中に埋めた大甕(直径1m)に、二本の板を
渡し、そこに跨って用を足した。

農業の肥料が下肥の時代、糞尿は大事な肥料だったからね…

外付けだったし、明かりなど無いから、夜中に大きい方を
しようものなら、懐中電灯片手に命がけだったwww
| たなくら | 2010/07/13 10:22 AM |

>たなくらさん
それすごいコワイ・・・。
しかもなんか微妙そう・・・。

でもそういうトイレの国は今でも存在してるんだよね。
水洗トイレのありがたさを身にしみて感じるかも。
| かりん | 2010/07/13 8:38 PM |

かりんさんのトイレ事情は良く分かります。今まで水洗トイレだったのに引っ越しした家がボットンでは嫌ですね。年頃の歯痒い辛い思いをしたんですね社宅が選べないと言う悪条件を我慢して乗り越えてきたんですね。確かにボットン便所は不愉快ですね。昔は下水道が通らない地域が多かったし、あの頃の不便さに耐えてきた私達の一つのステイタスかもしれませんね。



| ビーナス | 2010/07/25 2:23 AM |

>ビーナスさん
わかってくれてありがとうです。
慣れてしまえば皆がそうだし、全然抵抗なくなりました。
今は水洗の家に住んでいますが・・・。
だけど、不便さに耐えてきたこともひとつのステータス、
についてはその通りかも!と今激しく同意してます。
| かりん | 2010/07/25 4:34 PM |

我が家も10年前まで汲み取り式でした。汲み取り式は臭いを外に取り付けた筒から上部にあるファンで外に逃がす様になってますが、そのファンは電気で稼働しているので、停電が発生すると、ファンが止まり、臭気が外に排出されず、便器内などに臭気が漂います。ですので、東日本大震災による長時間停電の時は、汲み取り式トイレがある家は大変だったと思いますよ。
| 津軽の田舎もん | 2014/11/28 7:44 PM |

レスできません。コメレスなしで
OKな方だけコメントどうぞ。
(2014/7/22〜)









   
コメント本文にURLは入力できない設定になっています。
※ブログやHPをお持ちの方はURL欄に入力して下さい。
コメントの投稿がうまくできない方はコチラ
 
http://love.mania.daa.jp/?eid=715060
TB大歓迎ですが、関連性のない記事及びTBを返せないブログ様のTBはご遠慮ください。
TB送信元にこちらのURLがない記事からのTBは現在受け付けておりません┏○ペコリ
http://love.mania.daa.jp/trackback/715060


ブログ内検索
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>

ケータイ用QRコード
一番右上のカレンダーの日付部分またはカテゴリーからもこれ以前の記事に移動デキマス。
今までの記事一覧では、タイトル一覧がランキング形式で見られます





with Ajax Amazon