t: y:
今読んでる人は

踏み逃げ、読み逃げ、ロム専、無断リンク大歓迎


今までの記事一覧
タイトル一覧がランキング形式で

<< やってしまった・・・=□○バタッmainみんなの検定 >>
ペットと永遠に一緒に過ごす?
うちにはりんくんというネコが一匹います。りんくんは今6歳。実家のネコが17歳というのを考えるとまだまだ若い部類に入ります。だけど、いつかは必ず来るりんくんの死。私にとってはそれが今一番怖いこと。変な話、自分が死ぬよりも怖いかもしれません。

いつかは必ず来るそのときを恐れる私にこんなシステムを教えてくれた人がいました。それは、愛するペットと死んだ後もずっと一緒!フリーズドライで好きなポーズでペットを剥製にしよう。というこのページ
こちらのページに実際にフリーズドライで剥製になったペットたちがいるのですが、写真を見てビックリ。見た目だけでしょうが、あまりにも自然体で。

だけれどこれって一体どうなんでしょうか。

死んだ後も剥製だけど一生そばにおいておける、というのはとても魅力的だけどいくら感覚はないからといってもフリーズドライをするとかはなんだかかわいそうな気持ちもするし、中にはきっと気持ち悪がる人もいるでしょう。あまり一般的には理解されないのもわかります。

そのまま残しておきたいという気持ちもあるけれど、いろいろなことを考えるとちょっとどうなのかな。と思ったりして、まだ先のことだからいっか、とつい目を背けてしまいます。
この記事のカテゴリ:ペット
 
| かりん | 00:10 | comments(18) | trackbacks(0) | |
Related Posts with Thumbnails
スポンサードリンク
私は反対です。
愛することに執着して愛そのものが歪曲してならないからです。
例えるなら映画フランケンシュタインの博士や北斗の拳のシンのような愛の形。(わかるかな?)

人間でもフリーズドライにしますか?と言えば
大半の人も答えはNOだと思います。

ペットと言えども家族同様ならば扱いは人間と同じ。
悲しいけれど別れが来ることは自然の摂理です。
今から別れを恐れることより今までどおり普通に愛してあげることが一番だと思いますし、別れを乗り越えていくのが愛した者の責任なのではないでしょうか。
| pira | 2007/03/22 12:39 AM |

そうですね。フリーズドライして一緒にいたいという気持ちは大事だと思いますよ。

悩むところですよね。本当にかわいいのでしょうね。
ただ自分だったら本当に楽しい今の事が重要だと思います。

いつかは別れが来るのは悲しいけれど事実として避けられない事だと思います。

後から振り返って、こんなに楽しかったと思えるような日々を過ごす事が大事だと思いますが・・・
| 北の風 | 2007/03/22 1:16 AM |

うーん・・・
ワタシは反対派かな。
呼びかけても無反応って逆に悲しくなりそう・・・
大切な家族の一員だからこそ
死は受け入れてあげなくちゃ・・・
これが「人」だったら・・・と思うと有り得ないですものね
| RUNA | 2007/03/22 1:51 AM |

私も反対派です。

人間も動物も命あるものは死があるのは自然な事です。
死を悲しむより今ここに自分が生きているのは貴方のおかげだよと思ったほうがいいのではないかなあ?!

でも現実になったらどう思うか分からないけど・・・。
ペットロスを癒す本を見つけました「虹の橋」この本は泣けるけど元気もでますよ。

| サチ | 2007/03/22 8:23 AM |

うわ〜ありえない・・・・。
私もわんこを既に失ったけれど、きちんと死を受け止めてあげるのが飼い主としての最後の務めやと思うわ。
クローンを作るとかもあったよね。
なんか人間って自分勝手やよなぁ。
| ろう | 2007/03/22 9:48 AM |

>piraさん
うんうん、わかります。
技術的には人間もできるんだろうけど、
それはさすがにNOだよね。
確かにpiraさんのいうとおりで、
普通に今を大切にしていくことが一番ですよね^^

>北の風さん
うんうん、本当にかわいいのです。
もう一生見ていたいと思ってしまうのだけど、
別れが来るのも避けられないことだとわかっているし、
フリーズドライにしてまで一緒にいるのもどうかとも思うのです。
後悔しないように今を大事にして行こうと思いますが、
どんな風にすごしても後悔してしまいそうでそれが怖いです。

>RUNAさん
確かに動いて一緒に遊んだりするのがりんくんだから、
RUNAさんが書いてるように逆に悲しくなりそうだよね。
人なら絶対ありえないよね、ホント(;´∀`)

>サチさん
そうそう、その前向きさが大切なんだよね。
わかってるけど前向きになれるかなぁ〜と、ちょっと不安。
虹の橋教えてくれてありがとう♪
早速探してみるね^^

>ろう
それそれ。飼い主の最後の務め。
それができるかどうかが今から心配orz
クローンも確かにあったよね。
あれも人間のエゴだよね。
だからきっとこれもエゴなんだろうねぇ〜。
| かりん | 2007/03/22 10:44 AM |

なんかやだなぁー
こう言うの・・・ 言葉で説明できないんだけど
感覚的に。

そのうち、大切な人を失ったあなた・・・
なんて言って、人間ver.が始まりそうで怖いよ。

これも倫理の問題だから深いよねぇー。
| 温泉爆走族 | 2007/03/22 12:34 PM |

初めてコメントします。
私も犬を飼っているのでこんな事が出来るという事に正直驚きました。
反対の方が多いようですが、サイトのギャラリーに写っているワンちゃん猫ちゃんたちを見て、この方法を選んだ飼い主さん達の想いが伝わってくるようで涙が出ました。
ずっと病気でとか、寿命を全うしてゆっくりお別れできたのなら従来の方法で気持ちの整理が出来るのだろうとは思いますが、不慮の事故や突然死の場合はどうでしょう?
特に事故の場合は無残な姿のままでのお別れはとても辛いことです。
この方法を選択して、しばらく一緒に過ごした後新しい一歩を踏み出せると思った時に埋葬してあげるということも出来るのではないかなと思いました。

| mie | 2007/03/22 1:43 PM |

あたしもうさぎがいるので、いつかは「死」を迎えるけど、今のあたしにはまだ想像すらできません。

死んでも一緒にいれたらと思う反面、フリーズドライには反対です。
肉体はなくなっても、心の中ではずっと生きている…。
その方がずっと自然なような気がします。

文明が発達すればする程、考えさせられる事が多くなりますね。
| 月夜 | 2007/03/22 4:22 PM |

わたしは何度かペットの死の悲しみを乗り越えて、
受け入れられるようになりました。
残してくれた思い出に感謝して、見送ってあげるのが
一番良いのかと思うのですが。
姿形が生前のままでも、魂がない訳ですから
やっぱり、寂しい気持ちに変わりないですよね。
| ともるん | 2007/03/22 5:00 PM |

かりんさん、コンバンハ☆
たねもこれにはちょっと・・って感じです。
確かに一緒に過ごした時間が長い分だけ、
ワンコ&にゃんこへの愛情も大きいし、
旅立ってしまった時の悲しみも深いですよね。
家族だからずぅっと一緒にいたいけど、
それとコレとはちょっと違う気がします。
いつか旅立つ日がくるんだってわかってるけれど、
まだむっくのことは余り考えたくないのが正直なところです。
でも…その時が来たら楽しい思い出をありがとうという感謝の気持ちで見送ってあげたいなと思ってます。

| かき&たね | 2007/03/22 6:25 PM |

>温泉さん
たぶんそれが普通の人の感覚だと思うよ。
だけど将来的にほんとに人間verできそうだよね。
もしそんなのがあったらやってもらいたいか?
といえば答えはノーだなぁ。。。
ほんと深い問題です。

>mieさん
はじめまして。
私もmieさんと同じくこんなことができるということに
驚いたと同時にもしかするとこれならいなくなったことから
少しずつ立ち直れるのかもしれない、と思った一人です。
もちろんだからやろう!とまでは今の時点では考えていません。
記事の中でも書きましたが、一般的には理解されないことも
十分承知の上でこの話題を書いたので、反対の人がほとんどなのも納得です。
これが普通の人の感覚なんだなと思っています。

けれど、フリーズドライのページにも書いていましたが、
立ち直ったら後から火葬したり埋葬したりすることもできるということなので、
突然亡くしてしまったり、mieさんの書いているように
事故で無残な亡くなり方をしてしまった時に
少しずつ立ち直るための手段として、
このような方法もありではないかと個人的には思います。

>月夜さん
月夜さんのところはウサギちゃん飼ってるんだね。
肉体はなくなっても永遠に心の中で生きているというのが
自然で一番いいよね。私もそうしたいと思っているのだけど。
私もきっとその時が来るまできっと最後のことは考えられないかも。
文明の発達はいいことなんだろうけれど、
いろいろ難しいこともありますね。

>ともるんさん
確かに形だけ残ってもますます寂しい感じがします。
子供の頃にでも体験していればまた違ったんでしょうが、
はしかと同じで大人で初体験することって
結構ショックが大きいと思うのでかなりコワイです。

>かき&たねさん
こんばんは。
死なないでずっと一緒にいてくれるのが一番いいよね。
もちろんそれが無理だということはわかっているのだけど。
私もタネさんと同じく楽しい思い出をありがとうって
きちんと見送ってあげたいと思っています。
ちゃんとできるかなぁ。。。っていうのが一番心配。
| かりん | 2007/03/22 7:05 PM |

カミュとホリーは今年で7歳になるんだけど・・・
キャットフードが今年から「シニア用」のエリアの猫とは
思えない元気さなんだよねぇ。

まだまだ!と思いたいけど…やっぱり時々不安にはなるよ。

でもさすがにカミュやホリーを
フリーズドライにはしたくないなぁ…^^;
そのうち、本物のように「動く」機能のついた剥製とか
出てきたら嫌だなぁ…。
| おね | 2007/03/22 10:36 PM |

>おねっち
もう7歳!!早いねぇ〜。
確かにシニア用は7歳からだけど・・・
7歳でシニアってなんだか早いよね。

フリーズドライは私もしたくないような。
ずっと見ていたい気持ちはすごくあるんだけどね。
ちょっと考えてしまう・・・。
動く機能のついた剥製でてきたら。。。
確かに嫌だけど、それはすでに剥製ではなくクローンでは(笑)
| かりん | 2007/03/23 12:04 AM |

うちは反対派だな。

ペットちゃんが亡くなってしまったら、できるだけ早くYFFに発送してください。

発送?大事な家族を?モノじゃないんだから。
人間のエゴだよね。
http://www.preciousone.co.jp/
こうゆうのはまだ許せるし、うちもしてしまうかもしれないけど・・・。

でも、写真見てたらすごい悲しくなった。
飼い主さんの気持ち、全然わからないわけではない。

こうゆうのって難しいよね・・・。
| だんちゃ | 2007/03/23 3:05 AM |

凄い事が出来る時代なんだね(^^;
とらえ方は人それぞれだけど、本人はいいかもしれないけど、周りから見たらちょっと怖いものがあるかもしれないねぇ。
死がやってきて、魂が抜けてしまうけど、きっとその魂はかりんちゃんのそば、もしくは心の中にあるはずだから、ちょっぴり寂しいけどガマンだね。
しかし、その動かないペットの置物?みたいなやつって、臭くならないのか心配です。
| ルン・セトラ | 2007/03/23 12:29 PM |

次の朝、足が一歩進んでいたり顔が違う方を
向いてたりすると怖いので、私はイヤです。

あり得ないとは限らない・・・・・。

| BOSE | 2007/03/23 10:43 PM |

>だんちゃ
かりんもそこもかなり引っかかるところ。
亡くなった後すぐに冷凍で発送。
理屈としてはわかるけれど、実際そうなったら
フリーズドライをしようと思っていたとしても
送れないかもしれないなー。

だんちゃのオシエテくれたページ、初めて知ったよ。
料金を見てビックリだったけどw
それは私も許せるなぁ。
飼ってた猫の毛でマスコットを作るとかは、
やってみたいんだけどね。

私もどっちの気持ちもわかるよ。
本当にこういうのって難しい。

>ルンたん
たぶん本人以外からは理解されないと思うよ。
鹿とか熊とかの剥製とまた全然違うからね。
ルンたんのいうとおり。
心の中でりんくんは永遠に生きてくんだよね。
一応ほむぺの説明ではムシもわかないし、
臭くならないと書いてあったけれど、
こればっかりはやってみないとわからないよね・・・。

>BOSEさん
それ、なんでもない置物なら怖いけど、
自分の飼ってたペットなら逆に嬉しいかも。
・・・という発想ができてしまうほどだから、
私もきっと普通じゃないんだな(笑)
| かりん | 2007/03/23 11:31 PM |

レスできません。コメレスなしで
OKな方だけコメントどうぞ。
(2014/7/22〜)









   
コメント本文にURLは入力できない設定になっています。
※ブログやHPをお持ちの方はURL欄に入力して下さい。
コメントの投稿がうまくできない方はコチラ
 
http://love.mania.daa.jp/?eid=644133
TB大歓迎ですが、関連性のない記事及びTBを返せないブログ様のTBはご遠慮ください。
TB送信元にこちらのURLがない記事からのTBは現在受け付けておりません┏○ペコリ
http://love.mania.daa.jp/trackback/644133


ブログ内検索
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>

ケータイ用QRコード
一番右上のカレンダーの日付部分またはカテゴリーからもこれ以前の記事に移動デキマス。
今までの記事一覧では、タイトル一覧がランキング形式で見られます





with Ajax Amazon