t: y:
今読んでる人は

踏み逃げ、読み逃げ、ロム専、無断リンク大歓迎


今までの記事一覧
タイトル一覧がランキング形式で

<< ニセコ グラン・ヒラフmainプラス思考 >>
ノートPCのCDドライブ交換
以前にCDドライブが認識できない・・・そして解決までという記事を書いたのですが、そこのコメント欄でトモアキさんという方が自分もノートPCのCDドライブを交換するということを書いていて、その後交換した報告をいただきました。かなり細かいところまでコメント欄にいただいたので、コメント欄に埋もれさせておくのはもったいない!ということで誰かの役に立つかも。という思いで記事としてUPさせていただきます。

下にトモアキさんのノートPCのCD/DVDドライブの交換体験談がありますので、興味のある方は読んでみてください。ただ私はノートPCのCDドライブ交換は未経験のため、コメント欄から技術的なことに関する質問されても答えることができませんのでご了承下さい。
トモアキです。ついに、ノートPCのCD/DVDドライブの交換を実行しました。結果は「成功」です。かりんさん、BOSEさん、その他大勢の方々のおかげです、ありがとうございました。

ただ、今回のドライブ交換を振り返ってみると、「たまたま運よく…」って事がたくさんあったので、その所を報告させてもらいます。

まずこれは反省点なのですが…、何の知識も無い状態でドライブ購入(こちらの記事のコメント上から3番目参照)という行動です。「こんなスタートの仕方でよく成功できたもんだ」って思います(これは運がいいというより、“奇跡”ですよ)

で、そこから情報・知識の収集(つまり勉強)に入りました。自分が購入したドライブ(以降新ドライブ)はバルクとはいえ、メーカーが非OEM製品としても販売していたからでしょう、メーカーによる詳しい製品仕様情報のページがありました。しかも日本語(これがOEM向けのみの製品だったなら、あったとしても英語のページくらい?)そこに注意点が何項目か記されていました。


注意点その1
[ベゼル(ドライブ正面のイジェクトボタンや緊急イジェクトホールがある部分)の形状の確認]

“ノートパソコンでは特殊な形状をしたベゼルが使われていることが多々あります…”


「特殊な形状?特殊な形状ってどんな形状だ?」と思いながら、元々のドライブ(以降旧ドライブ)のトレーを引き出して、新ドライブの外面図とベゼル部分の所を見比べてみると…、「あぁ!自分のPCのベゼルは特殊な形状の方だぁ!!」ったのです。で、「職場にある他メーカーのノートPCのベゼルはどうなんだろう?」と思って見てみたら、それぞれ特殊な形状をしたものでした。ノートPCのベゼル部分はPCのデザインに合わせて、PCメーカーが製造した特殊すぎる形状のモノを使用しているのが殆どだと思います(標準ベゼルをそのまま使用しているタイプは滅多にないのでは?)と、いう事でいきなり問題発生です(どうやって解決したかは後で)


注意点その2
[コネクタ形状、及び信号線の確認]

“…パソコンによっては信号線の意味付けが異なったり、コネクタの形状そのものが異なる場合もあります…”


「ゲッ!コネクタ形状の確認なんてしていなかった!」ので、PCから旧ドライブを取り外し、またまた新ドライブの外面図と今度はコネクタ部分の確認です。ここでやっと、“精密ドライバー”たちの出番。BOSEさんの助言にもあった通り、ノートPCのドライブ等は簡単に外せるものから、外すのがとてつもなく面倒なものまで様々です(面倒なものは元に戻すのも面倒、それだけ元通りにならなくなる危険性も増大する)自分のは簡単なほうでした。PC底側(裏側?)のたぶんこれだろうと思えるビス2本を外し、恐るおそる引っ張ると…、(運よく)外れました。コネクタの位置は合っているようです。ただ、形状は実際に現物同士を見比べるまでは判断できませんでした。そして信号線の確認ですが…、自分には確認するための知識なんて無い!(知識があったとしても、テスターなんて持ってないし、技術力も無い)まあ、「成功」出来たんですから、(運よく)一致していたのでしょう。


注意点その3
[CSEL(ケーブルセレクト)セッティングの確認(マスタ/スレーブ)]

“標準では、ケーブルセッティングは:Low = Master,Open = Slaveとなっています。特定のパソコンでは、必ずしもLow = Masterという意味づけになっておらず、その逆の場合もあります。………PCが全く立ち上がらなくなる可能性があります。………十分にご注意下さい。”


「え?!"特定のパソコン"って、自分のPCのことじゃないよね?」
「"逆の場合"って、スレーブになっちゃうってこと?」
「スレーブのドライブからPCを起動させることなんて出来るの?」
「っていうか、マスタが存在しないのに、スレーブがあっていいわけ?」
「"立ち上がらなくなる"ってPCがぶっ壊れるってことか?」
「"十分にご注意下さい。"って書いてあるけど、どうすればいいのか何も書いて無いじゃん!」
もう、ぜんぜん理解できなくて(今だって、ちゃんと理解出来ているのか疑問です)色々なサイトを見て調べました。
はっきりと分かったことは、

  • 旧ドライブと自分のPCはセカンダリ-マスタ接続であること(当たり前だが、全てのノートPCがそうであるとは限らない)
  • (自分が購入した)新ドライブはCSELピン該当の47番目がGNDに落ちている状態で、マスタになる(全てのスリムタイプ光ディスクドライブがそうであるとは限らない)
  • 新ドライブをマスタに出来なければ、この計画は“失敗”ということで終わり(完全に失敗ではないかもしれないけど)

もう、自分のPCのCSELセッティングがこの新ドライブをマスタにするようになっていることを祈るしかありません。強引にジャンパー状態にさせる方法も紹介されていましたが(逆に“オープン”状態にさせないといけない場合もあるので注意)

  1. 新ドライブ内部の基板上でショートさせる。
  2. コネクタ部分でショートさせる。
  3. ケーブル部分をショートさせる(ケーブルがあるノートPCなら)
  4. ボードの部分でショートさせる。

いずれの方法も自分の知識・技術では電気火災の危険性が増すだけだと思い、ボツにしました。

そして、気持ちを自己責任モード(ドライブを壊すのは当たり前、PCをオシャカにすることも覚悟)にして、本番の作業開始です。

旧ドライブを外すことは先ほど書いた通りです(忘れていましたが、その前に電源とバッテリーは外しておいてください

次に、途中になっていた“ベゼルの問題”への対処です。大抵次の3つの方法になると思います。
 1)ベゼルの形状は違うが、問題なく収まるので特に何もしない。
 2)ベゼルの筐体にぶつかる部分を削り落とす。
 3)旧ドライブで使用していたベゼルを移植する。
自分は埃などの進入が気になるので、危険ですが3)を選びました。

作業内容はコチラです※リンク先はPDFファイルです(他メーカー製品の交換作業PDFですが、作業内容は全く同じです)

力の加減が分からなかったので、おっかなびっくりの作業になってしまい、かなりの時間を費やしてしまいましたが、ベゼルを破損させてしまうよりはいいでしょう。

ただし、全てのドライブのベゼルがこの方法で交換出来るとは限りません。しかも、交換出来てもまだ筐体にぶつかることもあるそうです。その場合は2)を実行しなければなりませんね。

ベゼル移植が終わり、次にドライブをPC本体に固定させるための金具の移植を行います。この金具をドライブに取り付けるためのビスですが、BOSEさんが言っていたように、ものすごく小さいです(これは自分だけなのかもしれませんが、作業の合間、合間で無意識に深呼吸をしてしまい、息でビスをふっ飛ばしそうになりました。そういうタイプだと思いの方はマスクをして作業をしたほうがいいと思います)左右天地に気をつけて取り付けました。
後はドライブをゆっくり、引っ掛かるような感じがしないか確かめながら、元の収納スペースに入れ(この作業がコネクタの接続作業でもある)ビスで固定して作業は終わりました。

そして、ビスが余っていないか、移植し忘れたパーツは無いか確認して、電源を接続(バッテリーは外したままのほうがいい)電源スイッチをオンにしました。

無事に(PCが燃えあがることもなく)XPが起動し、自動的にドライブを認識してくれました(願い通り、セカンダリ-マスタとしても)あまりにも上手くいきすぎ(?)なので、意味のないCDやDVDを書き込んだりして、自分で納得出来るまで動作確認を行いました。自分で行わなければならなかったのは、(DVDドライブなので)DVD地域を設定することだけでした(設定回数に限りがあるので、ふざけたりしないで最初から「日本」を選び、“地域2”に設定しました)


この文を書き始める前は「スリムタイプのドライブ交換は、運任せの部分が多いからやらないほうがいい」と伝えようと思っていました。でも今、書き終えようとしている段階でハッと思いました。

 1)信頼できるショップであること。
 2)店員さんに自分のPCのメーカー、型番を正確に伝えること。
 3)店員さんが“これなら大丈夫ですよ”と言ってくれる製品であること。
 4)ゆっくり、落ち着いて自己責任で作業を行うこと。

この条件を満たしていれば、余計な“ビビり”は必要なかったのでは?と。自分は2)を怠ったせいで、3)を得られなかったばかりに、「成功」したけれど疲れた結果になってしまったんですね………

長くなってしまいましたが、
この文の内容に間違い等を発見された方々へ>
ご指摘してもらえると有難いです(特に安全に関することには)
【点線で囲まれた部分は全文トモアキさんからの投稿です】

この記事のカテゴリ:パソコントラブル
 
| かりん | 12:52 | comments(2) | trackbacks(0) | |
Related Posts with Thumbnails
スポンサードリンク
まさか記事にUPしてくれるとは、思ってもみませんでした。
ありがとうございます。
ただ、この報告は参考というより、“無茶なことをするヤツがいるんだなぁ”と思ってください。
| トモアキ | 2007/01/08 6:15 PM |

>トモアキさん
ありがとうなんてとんでもないです。
無茶なことするヤツ・・・と思っときます(笑)
| かりん | 2007/01/09 12:29 AM |

レスできません。コメレスなしで
OKな方だけコメントどうぞ。
(2014/7/22〜)









   
コメント本文にURLは入力できない設定になっています。
※ブログやHPをお持ちの方はURL欄に入力して下さい。
コメントの投稿がうまくできない方はコチラ
 
http://love.mania.daa.jp/?eid=614233
TB大歓迎ですが、関連性のない記事及びTBを返せないブログ様のTBはご遠慮ください。
TB送信元にこちらのURLがない記事からのTBは現在受け付けておりません┏○ペコリ
http://love.mania.daa.jp/trackback/614233


ブログ内検索
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< March 2017 >>

ケータイ用QRコード
一番右上のカレンダーの日付部分またはカテゴリーからもこれ以前の記事に移動デキマス。
今までの記事一覧では、タイトル一覧がランキング形式で見られます





with Ajax Amazon