t: y:
今読んでる人は

踏み逃げ、読み逃げ、ロム専、無断リンク大歓迎


今までの記事一覧
タイトル一覧がランキング形式で

<< カラオケで歌う歌mainすごい雨! >>
日本沈没を観てきました
日本沈没 ナビゲートDVD
水曜日はレディースデイということで前から気になっていた「日本沈没」を観てきました。公開されてから半月以上経っているのでもう既に観た方も多いかもしれません。

私はレビューも読まず、公式ページも見ず、原作も読まず、昔の映画も観ず・・・と全くの予備知識なしで観てきました。以前に丹念に調べて期待はずれだったことがあったので。映画が始まってから初めて草なぎと柴咲コウが主演ということを知ったほど。そんな予備知識がない状態で観た私のレビューです。
結論からいくと私個人的にはオススメの一本。あらすじは公式ページでみていただくことにして、これがもしも明日起こっても全く不思議ではない今の状況。確かに日本が沈没するというところまでのことは起こらないかもしれないけれど、常に大地震と津波の心配をしている私にとっては、とてもじゃないけど空想の話とは思えませんでした。全国単位でここまで火山が噴火したり、津波にあったりすることはないでしょうが、一部の地域がこれと似たような状況になることは十分ありえます。

作品中ではCGを駆使してかなりリアルに津波や噴火などの災害の様子が描写されています。映像の迫力がすごい。そして全国のいろいろな場所が海に沈んだり、噴火の災害にあったり、津波にあったりしている様子が描かれていて自分が思いを寄せる土地が災害にあっている映像はちょっと胸が痛かったかも。とにかく映像も迫力がありました。2時間10分ということですが、時間を忘れるくらい画面に釘付けで、終わった後はせつない気持ちになりました。原作や前作のラストは知りませんが、このラストはせつないけれど暖かい気持ちになるような。

日本にいる全員が死というキケンにさらされている中、さまざまな人間が描かれていて人間ドラマとして見ても十分値があると思います。主人公がキレイゴトばかりを並べるようなそんな作品ではないところがとても感情移入できました。

単にミッチーが出ているとミッチー目当てで見に行ったけれど、ミッチーは家族思いのパパという設定なのでその点はあまり堪能できなかったけれど、予備知識のない私はまさかこれにラブストーリーがくっついているとは夢にも思わず、ラストは全く予想もしていなかったものでした。

以下ネタバレのため文字反転です。(たいしたことは書いてませんが・・・)

映画は制限されている時間で完結しなければならないから仕方ないけれど、柴咲と草なぎがどうしてあそこまで親密になったのかの描写があまりなかったので、なんだかいきなり二人が相思相愛になったような印象。ここはちょっと残念だったけど、ラブストーリーがメインじゃないからこれでよかったのかな。

最後に草なぎが海に潜ることを決めたという決断は、きっと家族などを含む愛する人を救うために自分の命を投げ出す。というものだけど、私だったら愛する人を救うために命を捨てられるかな。とすごく考えさせられたかも。コレって昔の特攻隊と似てる感情かな、と。もしかしたらそう言っていても最後にはうまく戻ってくるかも。と期待していたけれど、そうならない結末だから現実味があふれていたかもしれません。

ラスト近くでは自分がスクリーンの中に入ってしまったような気分になって、泣いてしまいました。私がもしこの世界にいたら最後までプロとして自分の仕事を全うしたり、愛する人のことだけを考えて行動できるだろうかと自分の生活を見直させられたりも。何気ない日常ってやっぱり幸せなんですね。


映画を観終わった後、映画(作り話)でホッとしたのと同時にもしかしたらすぐにでもそんな事態になることもあるかもと、なんだかちょっと変な覚悟をしてしまいました。観ようかどうしようか迷っている人がいたら、ぜひ大きなスクリーンで迫力ある映像で観てほしい一本です。

こちらでユーザーレビューと予告編が観られます。そしてなんだかうまくレビューが書けないなぁ、と思って他の方のブログを読んでいたらa day on the planetさんのレビューを発見。これぞ私の言いたかったこと!と思うのでリンクさせて頂きます。
この記事のカテゴリ:音楽漫画娯楽
 
| かりん | 00:21 | comments(8) | trackbacks(2) | |
Related Posts with Thumbnails
スポンサードリンク
なるほどー!
レビューお疲れ様でした!
いろんなところが地震や津波噴火などでつぶれていくのかな?
友達は見たがってるけど、クサナギ君と、柴崎ちゃんの
ラブストーリーが入ってる?なら見に行くのはよしておきますww
DVDでたらレンタルで見ようかな?
ってそんな感じです。
パニック映画好きなんだけど、あまり「見たい!」って思えないのは なんでだろう…(;´_ゝ`)
| ルン・セトラ | 2006/08/04 1:16 AM |

この映画気になってましたが草君が主演なので
レンタルになったらでいいかなと…。
前に『黄泉がえり』を観に行って感動して泣いて
しまったのだけど“草君が…”って思った事が
あったので(^^ゞ
でも、今は日本中もどこでも地震が起こっているので
なんかありえそうな話ですよね。
外国では津波もきたりしてるし!!
私も毎日地震にビクビクしている一人なので興味ある
映画です。
| 妃都美 | 2006/08/04 10:10 AM |

見に行ってきましたかぁ〜。
僕も見たいのですがちょっと今は忙しくて・・・
最近の映画は全部レンタルで
映画館の迫力を忘れがちです。
 

同じ沈没映画で『日本以外全部沈没』
っと言う映画がありました。 
| ハゲ頭 | 2006/08/04 10:56 AM |

>ルンたん
そそ。いろんなとこがだんだん潰れていく感じ。
北海道と九州が最初に沈んでたよ・・・orz
草なぎと柴咲のラブストーリーは盛り込まれてましたね。
DVDレンタルでも暇だったらしてみるといいよー^^
たぶんこれはパニック映画ってよりも、
人間ドラマって感じだからパニック映画と思って見ると
ちょっと微妙かも(笑)

>妃都美さん
これ書くとファンの方にちょっと悪いけれど、
妃都美さんが書いてたように確かに草なぎくんが・・・
っていうのもあったかも^^;
これレンタルになったら見てみるといいですよ。
ホントにありえそうな話です。
釧路自体は出てこないけど、北海道でてくるので結構臨場感ありましたよ。

>ハゲ頭さん
映画館の迫力はかなり引き込まれるものがあるので、
私は映画館で見るの好きです^^
でも会社勤めをしてた頃はとてもじゃないけど、
行く暇なんてなかったからわかりますよ〜。

日本以外全部沈没なんてのもあるんですね。
ちょと笑ってしまいました(笑)
| かりん | 2006/08/04 10:19 PM |

じめまして!偶然!しまにぃ〜も釧路人です、よろしくー。今日(6日)の『日本沈没』を見て来ました。北海道が画面にチラと出てなんと・・・釧路が震度7の大地震!きっと大変な被害だろうな・・と思ったら、あっと言う間に沈没・・・。ネットではけっこう酷評ですが、とても楽しめましたよ。けっこう作りが細かいと思いましたね。特撮もGOOD。マジメに作ってますね。特撮もハリウッドにも負けていません。ただ・・・何となく『ディープ○パクト』『アルマゲ○ン』みたいだ・・と思ったのは僕1人だけじゃないはず・・。それにしても・・・ラストの『あの方法』をやったら巨大津波のはず・・(汗)どうなんでしょうね・・。でも久々に引き込まれた映画でした。
| しまにぃ〜 | 2006/08/06 9:19 PM |

>しまにぃ〜さん
はじめまして。書いてあったHNにさん付けしたら、兄さんって
親しく呼んでいるようになってしまいました。スミマセン^^;
同じ釧路人ということでヨロシクです('-'*)

北海道が画面に出ていた時はやはり常に釧路付近見てました。
震度7確かにありましたね。それにしても沈没は早かった。
結構ショック受けましたよ・・・。
私も結構楽しめたし、映像も迫力があったし、満足しました。
しまにぃ〜さんと同じく他の作品がよぎったのは確かです。

言われてみればラストのあの方法だと巨大津波ですよね・・・。
津波もあったけど、とりあえず大丈夫だったてことですかね?
少し疑問は残るけれど、私も引き込まれた映画です。
| かりん | 2006/08/07 12:17 AM |

こんにちは。今日は暑いですね。そうそ、コメありがとう。HNですが、ブログ友達がもっと気軽に・・と『しまにぃ〜』と付けてくれました。沖縄の島ことばで『おじぃ〜・おばぁ〜・おにぃ〜』と親しみを込めて呼ぶのと同じですね。で、『さん』はいらないよん。この映画を見た各地のブログ友達もやはり自分の故郷に目がいっちゃうんだそうです。ま、これも一種の郷土愛なんでしょうね。それと・・『あの方法』・・・自衛隊はあんな兵器を隠し持っていたのかーと思ってしまいましたよ。名称こそ変えていたけど日本人には禁断の兵器じゃん!ま、我々日本人も必死だったということで◎としましょう。
| しまにぃ〜@ | 2006/08/07 9:25 AM |

>しまにぃ〜
ホント京はめちゃ暑かったです!!
さんはいらないってことで呼び捨てしてみました^^;
でもこの映画はやっぱり故郷に目がいきますね。
私は函館の津波も結構ショック!でした。
ほんとアレは禁断の・・・ですよね。
実際もしかして名前が違うだけであるのでは・・・
なんて余計なことまで考えました。
映画のことなんであんまり深く考えると深みにはまりますね(笑)
| かりん | 2006/08/07 6:50 PM |

レスできません。コメレスなしで
OKな方だけコメントどうぞ。
(2014/7/22〜)









   
コメント本文にURLは入力できない設定になっています。
※ブログやHPをお持ちの方はURL欄に入力して下さい。
コメントの投稿がうまくできない方はコチラ
 
http://love.mania.daa.jp/?eid=534075
TB大歓迎ですが、関連性のない記事及びTBを返せないブログ様のTBはご遠慮ください。
TB送信元にこちらのURLがない記事からのTBは現在受け付けておりません┏○ペコリ
http://love.mania.daa.jp/trackback/534075


日本沈没 = 日本
  いのちよりも大切なひとがいる。 1億2000万人、すべての日本人に捧ぐ―― 波が、3回きた。
| a day on the planet | 2006/08/04 12:42 AM |
日本沈没 (昭和48年・1973)
日本沈没小松左京 橋本忍 森谷司郎 東宝 2003-09-25 沈む帝国、焼け...
| Godzilla and Other Assorted Fantastic Monsters | 2006/08/27 10:52 AM |
ブログ内検索
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>

ケータイ用QRコード
一番右上のカレンダーの日付部分またはカテゴリーからもこれ以前の記事に移動デキマス。
今までの記事一覧では、タイトル一覧がランキング形式で見られます





with Ajax Amazon