t: y:
今読んでる人は

踏み逃げ、読み逃げ、ロム専、無断リンク大歓迎


今までの記事一覧
タイトル一覧がランキング形式で

<< 夢見が悪いmain勝手に来るメルマガ >>
戦争が怖い子供
私の通っていた小学校では、戦争教育というものがあった。
正式に戦争教育というのかどうかわからないけれど、戦争当時の映像を体育館で見たり、戦争当時の写真のパネル展などを積極的に実施している学校だったのだ。

それは全員参加という強制的なものではなく、何ヶ月に一度というスパンで希望者だけが参加するシステムだった記憶がある。私も親の意向によって参加していたのだと思う。(低学年は保護者同伴だったので、たぶんそうだと思う)それは当時7つだった私にかなりの影響を与えた。
まず衝撃。

当時死体というものはテレビでもほとんど見たことがなかったのに、赤ん坊の首から上がない遺体を背負った小学生の男の子の映像が流れたり、死体が山になって積み上げられている映像が流れたりする。しかも映画サイズの大きさで、実際の戦争当時の映像だ。そこには生々しさがある。

私は当時既にお葬式というものに縁があったけれど、そんな生々しい死体を見たのは初めてだった。中にはストーリー仕立ての戦争映画があったりして100%全て実際の死体ではないけれど、それでもかなりの衝撃だ。

そして不安。

映像の最後には必ず同じような緊迫した女の人のナレーションが入る。「もしまた同じように戦争が始まったら、この悲惨な光景が繰り広げられることになるのです。」戦争は過去のものではない、これからもまた起きる可能性があるんだ。そう思うとどうしていいのかわからなくなった。

もし戦争になったら防空壕に入って、
息を潜めなくてはならないのか?
お父さん、お母さんはどうなるのか?
そして私も死んじゃうの?
原爆も落ちるかもしれないの?

母親に何気なく聞いてみたらその答えがまた衝撃的だった。「お母さんはもし戦争になったら逃げ惑って死ぬよりもピカドンで一発で死にたいねぇ」と。

そんな不安がいっぱいになって、何かのきっかけで戦争のことを考え始めると頭が痛くなる子供になってしまった。それは授業中も、休みの日でも、ものすごく楽しみにしていた盆踊りの前でも痛くなった。痛くなると必ず泣いた。それは痛いから泣くのではなく、不安でどうしようもなくて泣いてしまうのだ。初めは親もズル休みしようとしてるでしょ、なんて言っていたけれどさすがに楽しみにしていた行事の前にまで痛くなる私を見て病院に連れて行った。結果はもちろんどこにも異常がなかった。

そして親に聞かれた。私は今まで言えなかったけれど思い切って「戦争がきたらと思うと不安になってそしたら頭が痛くなる」と言ってみた。母は笑うでもないけれど、安心できる答えもくれなかった。「みんなが戦争したくないと思っていれば絶対に起こらないから大丈夫」

でも私は以前戦争映画で、疎開先の小学生や中学生、それから都会で暮らす母親や父親もみんなが「戦争は嫌だ」と思っていたのに、どんどん戦争が進んでいった、というのを見ていたのでそれでは安心できなかった。しばらくは戦争教育はお休みにすることになって、だんだんと頭が痛くなる回数も減っていった。

そして二年生になり、また戦争教育に参加するようになったのだけど、その頃はちょっとだけ大人になっていたのか不安は変わらなかったけれど頭は痛くなることがなかった。

そしてだんだんと大人になってきたのだけれど。それでもやっぱり今でも不安だ。世界のどこかで何かが起きたりすると不安になる。今はそれなりに社会のシステムがわかってきてはいるけれど、それでも不安なのだから子供の私にしたらやっぱり頭が痛くなるくらい不安なのは今でもわかる。

小さい頃にそういう映像や写真を見るのはものすごくショックだったけれど、平和への意識や戦争はダメなんだ、人が死んだらこんなに悲しいんだ、という気持ちを育てる点ではものすごく強い影響力を持っていたと思う。

大人にとってはなんでもない風に過ごせることも、子供にとってはどうしていいのかわからないことも沢山あると今になって考えるとすごく思う。

戦争のことだって今になってみたら自分ではどうしようもならないんだから、なるようになるしかない、という開き直りの考え方もあるけれど小さい私にはそんな風に物事を見ることは無理だった。

そう思ったら子供の頃の影響力は多大だから、自分が子供を育てる時にはこのことを忘れないようにしたいと思う。

■関連記事■
30年間終戦を知らなかった小野田さん
戦争に行った人の気持ち〜硫黄島戦争体験記を読んで
戦争が怖い子供
この記事のカテゴリ:自分語り
 
| かりん | 18:45 | comments(26) | trackbacks(1) | |
Related Posts with Thumbnails
スポンサードリンク
はじめて書込みします。
人を一人、育てることは、本当に大変なことです。
人の命は本当に大切だと思います。
戦うのではなく、話し合いで解決が一番だと思っています。人にはお互いの意思を伝えるための言葉があるのですから・・・
| ばらっち | 2006/07/07 12:59 PM |

>ばらっちさん
はじめまして。コメントありがとうございます。
私はまだ子供がいなくて人を育てるということを
したことはないのですが、大変なことなんだというのは
頭では理解しているつもりです。
本当に人の命は大切ですよね。
今でもやはり戦争はイヤなので、話し合いで穏便に解決できるに
こしたことはないと思います。
平和な世の中が続くことを願っています。
| かりん | 2006/07/07 10:08 PM |

丁寧なレスをありがとうございます。
(古い記事なのに・・・)

なぜ、かりんさんのページへのコメントが多いのかが、わかったような気がします。

ちょっとコメントに付け加えします。
自分は、相手(それが映像や写真だったりしても)の立場だったら・・・とか、その状況に自分が置かれたら・・・とよく想像してしまうので、かりんさんと同じような感じで辛くなってしまうなぁ、と思って先回のコメントを書き込みました。
また、気になる記事がありましたら、コメントさせていただきます。
ありがとうございました。

| ばらっち | 2006/07/12 1:29 PM |

>ばらっちさん
古い記事へのコメント大歓迎!と上にあるように、
どの記事でもコメントもらえるとすごく嬉しいです('-'*)

私もばらっちさんと全く同じです。
映画でも本でも写真でもどうしてもそこに登場している
人物になってしまいます。
映画のように沢山の人物が出てくる場合は、
その時々によって違うヒトになったり、
物語によってはずっと一人の人物になったりしますが、
そういうものを通して疑似体験してしまうんですよね。

きっとばらっちさんも同じなのかな?と思います。
何か共感してくれたものがあったから
同じ気持ちになったんだな、と変な話ですがちょっと嬉しい気持ちです。

でも・・・本当にそういうことがないといいな、って切実に思います。
| かりん | 2006/07/12 5:12 PM |

ありがとうございます。今の私にはそれしか言葉が思いつきません。私が全ての人を代表して、こんなことをいうのを許してください。ただ、ただありがとうございます。
| 名なし | 2006/08/08 12:09 AM |

>名なしさん
これは平和な世の中に対してでしょうか。
日本は今平和ですが、常に世界中のどこかではいつも
戦争が続いている今現在の状態は果たして・・・。
考えると悲しくなりますね。
| かりん | 2006/08/08 3:29 AM |

初めて書き込みさせていただきます。私もかりんさんと同じ50年生まれです。2人の子供が居て今悩みがあります。そう…戦争のこと子育てのこと。ちょっと話が長くなりそうですが、聞いてもらえますか?長女4年生が今年の夏、終戦記念日に戦争の映像を見てからとても恐怖になり、かりんさんと同じ様に戦争のことを思い出すと頭痛、腹痛、そして涙が…毎朝続いています。学校に行くのが怖いと…どうすれば安心して学校へ言ってくれるのか・・・?かりんさんは何かきっかけが合ったんですか?私の愛情不足でもあるんですかねぇ?
| おみゆ | 2006/10/10 12:34 PM |

>おみゆさん
初めまして。同い年なのに2人も育てているおみゆさん、すごいです。

おみゆさんのお子さんの気持ち、私は子供視点でならすごくわかります。私も同じこと思いましたよ。学校に行っている間に何か起きたらどうしよう、家から離れている時に原爆が落ちてお母さんや小さい弟が死んじゃったらどうしようと思っていました。

私が治ったというか頭痛がしなくなったのは時間が経って自然にだったと思います。私の場合は戦争教育に参加しなくなって、3ヶ月くらい経ってからでした。子供を育てていない私ですが、今回のことが戦争のことが100%原因で頭痛がしたりする私と同じ症状であればおみゆさんの愛情が足りないとかそういう問題ではないと思います。不安を自分の中で消化しきれないのが原因だと思いますよ。

そして今日母と電話する機会があったので、その時のことを聞いてみましたが、私はただ時間が経っただけで治ったと思い込んでいましたが、親は親で休みの日に遊びに連れて行ったりと戦争のことから気持ちをそらすようにいろいろしてくれていたみたいです。もしかするとそういうのもあって三ヶ月くらいで頭痛まではしなくなったのかもしれません。

あんまり参考にならなくてすみません・・・
| かりん | 2006/10/11 12:47 AM |

お返事ありがとうございました。とても参考になりました。とりあえず、遊びに連れて行ける日は、なるべく遊んであげようと思います。そして3ヶ月をめどに様子を見てみようと思います。心療内科に連れてった方が良いのか?相談室に行こうか?などいろいろ考えましたが、かりんさんの返事読んでうちの子が元気になるまで私も頑張ろうと思いました。何だか悩み相談室みたいになちゃってごめんなさい。また…。
| おみゆ | 2006/10/17 6:30 PM |

>おみゆさん
参考になったようでよかったです。私が子供の時代は心療内科などはほとんどない状態だったので、きっといろいろ親が考えてくれたのだと思います。今はいろいろな面で発達してると思うので、もしダメだと思ったら抱え込まないで専門家の方を訪ねるのもいいと思いますよ。

ムリしない程度にがんばって下さいね。
| かりん | 2006/10/18 12:31 AM |

お久しぶりです。おみゆです。うちの子が怖がるようになって、もう3ヶ月が過ぎました。おかげさまでだいぶ怖いと言わなくなりました。良かった(^^)あの時かりんさんに聞いてとても良かったです。私自身とても気持ちが楽になったし、何よりどうして良いか全然わからない状態だったので…ありがとうございました。報告まで・・・
| おみゆ | 2006/11/30 10:04 AM |

>おみゆさん
だんだんなくなってきたようでよかったです。私はあまりうまいアドバイスができないのですが、少しでも役に立てたようでよかったです。わざわざ報告ありがとうございます^^どうなったかなぁ?と思っていたので思い出してくれて嬉しかったです。
| かりん | 2006/11/30 9:19 PM |

涙が出てきます。
| ひげ | 2008/01/16 6:41 AM |

>ひげさん
小さい頃は今と比べて本当に精神的に弱かったと思います。
まぁ…子供だから当たり前なのですが^^;
| かりん | 2008/01/16 8:41 AM |

はじめまして。同年代の女性です。
私はいまだに戦争が嫌い・怖いが克服できずにいます。戦争=死 世界の終わりみたいな感覚があるのかな・・ブログを読んでとても自分と境遇が似ていてついコメントしてしまいました。
同時テロの時 もう世が終わりなんだと思って振るえが止まらなくなりました。
最近はロシアとグルジアの武力衝突。アメリカがまた口出してきてだんだん世界大戦に傾きそうで怖いです。
争いの無い平和な世の中がなにより幸せですよね
| やまさん | 2008/08/21 10:54 AM |

>やまさん
はじめまして。コメントありがとです。
私も完全に克服した、というよりも諦めの境地に
達したというだけだと思います。
同じく戦争嫌いだし、怖いし、この間のロシアのことでも
かなりびびってました。
でも怖くても自分にはどうしようもないことなんだ、
と自分で自分に言い聞かせて普通の生活をするより他に
私にできることは何もないと諦めて生活しています。
やまさんもきっと怖いと思いつつもどうしようもなくて、
普通に生活しているのではないかな?と思います。

戦争がやりたい、好きだ、戦争始まってくれないかな?
なんて思ってる人はいたとしても極少数だと思います。
皆諦めの境地で仕方なく暮らしているんじゃないかなと思ってます。

だけど悲しいことに争いはなくならないんですよね。
同時テロの時は私も本気でもうオワリかと思ってました。
いつ人類滅亡のシナリオが実行されてもおかしくない
時代なんじゃないかなと思うとますます怖くなります。
| かりん | 2008/08/21 7:13 PM |

お返事有難うございました。
諦めの境地・・・そうかも知れないです。みんなビビリながら普通を装っている。でも心中穏やかじゃないですよね。私には3人息子がいますが、自分の死以上に子供達の未来を案じずにいられません!!
この頃 戦争怖い病 が強くなっていましたが、お返事読んで少し気が軽くなりました。
コレと気に、是非ブログ読ませていただきますね。
ありがとうございました
| やまさん | 2008/08/21 10:30 PM |

>やまさん
そうなんですよね。
ビビりながらも普通を装うってその通りだと思います。
少なくとも私はそうですよ。
やまさんは守るべきものができて更に恐怖を感じるのかも。
そういう意味では私はまだ子供もいなくて、
命をかけてまで守るものはまだないような状態なので
こうして平然としていられるのかもしれません。
ここにこうして書くことで少しでも気が軽くなったなら何よりです^^
| かりん | 2008/08/21 10:34 PM |

小野田さんや横井さんの記事のリンクからこの記事に来ました。
(横井さんを「よっこいしょういちさん」と、力仕事の掛け声風のギャグにしていた年代の人たちは、ある意味すごいと思います)
小学校低学年のときに、担任の意志(?)で、原爆や空襲に関する絵やマンガを多く見せられましたが、当時は、戦争の怖さというよりも、絵に出てくる、黒こげや血まみれになった人間を恐る恐る見ていた(なまなましい絵が出てくるページは見ないように手で押さえて飛ばしたり、とか)感じで、不謹慎な言い方ですが、恐怖の怪談話を見るような感覚さえもってしまっていました。

大人になって、町歩きの散歩や旅行をしていて、懐かしい感じの古い家が残っている地域で「この地区は戦災を免れたため昔からの街並みが残った」という看板を見たり、空襲の中を奇跡的に焼け残ったという老舗の飲食店で戦前から受け継がれているという秘伝のタレやダシを知ったとき、改めて、一つの街を跡形もなく焼きつくし、数十年も数百年も受け継がれてきた名物(大げさにいえば文化)も、住んでいた人の暮らしもすべて跡形もなく失われてしまう、という別の意味の怖さを感じました。
| かわの湯 | 2009/08/11 1:13 AM |

>かわの湯さん
こちらにまでジャンプしてきてくれてありがとです。
「よっこいしょういち」と掛け声をかけるギャグは
私も何度も聞いたことがあります。思わず笑っちゃいました。

かわの湯さんも戦争教育をされた世代なんですね。
私と同じ年だから当たり前なのかな??
私も似たように感じていた部分もありますよ。
死体とかの写真は怖くて見たくなかったし、その怖いは恐怖の怖いです。
こんな死体の場面を見なくてはならないのが戦争。という意識が
植えつけられたので、戦争のことを考えると不安になったんだと思います。

財産や文化がなくなってしまうというのも怖さのひとつですよね。
私の場合自分が死んだりイタイ思いをするということが一番の恐怖ですが、
その次に今ある生活の全てが変わるということも恐怖です。
変わっても命さえあれば生きることは可能ですが、
今が快適と思っているのでそれがなくなるのが怖いというか・・・。
なんて自分本位なんだろうと思いますが、正直な気持ちです。
やはり人間同士で攻撃のしあいをするなんて間違ってますね。
どんな理由があっても戦争はしてはいけないと思います。
| かりん | 2009/08/11 12:57 PM |

かりん様
ひょんなことから、2004年9月5日の記録を拝見しました。
私は63歳、父親のような年齢。で、親は子に戦争も含め(私は戦争を知らない1946年生まれ)語ること、話す機会をあまり持ちえないようです。だから、教育で受けた知識がまず戦争を含め理解したことが大切だ、とかんり様記録から感じました。そして私にとって経験しない記憶として、戦争が怖い大人です。
| 一竹 | 2010/07/04 9:40 AM |

>一竹さん
ここにたどり着いてくれてありがとうございます。
そしてこうしてコメントを寄せてくれたことも嬉しく思います。

まさかそんなに目上の方に私の文章を読んで頂けるとは思ってもいなかったので、驚きと同時に嬉しく思います。
実際に戦争を体験している方にとって、戦争体験は語りたいものではないようですね。私の祖父は戦争体験者ですが、祖父自身の口から体験を聞いたことはありません。

一度だけ聞いたことがあるのは、バナナが食べられないという祖父に「こんなにおいしいのにどうして?」と聞いた時。「じいちゃんは昔南国にいたことがあって、それでバナナを食べれないんだよ」と。その回答で私は全く意味がわからなかったのですが、後から母がこっそり「じいちゃんは戦争で南の島にいて、そこにバナナがいっぱいあったんだって」と教えてくれて理解しました。祖父の戦争の話はそれしか知りません。たぶんトラウマというか、思い出したくもない話なんでしょうね。

戦争教育は子供だった私にとって、トラウマになるほどの体験になってしまいましたが、それでよかったと今は思っています。トラウマにならず、戦争の実態をほとんど知らないまま大人になっていたら、戦争に関して無頓着な大人になっていたと思います。戦争教育は私含め、戦争を知らない世代には必要なものだと思っています。
| かりん | 2010/07/04 10:00 PM |

あたしは23歳です。戦前の文化とかが好きなので研究することがあるのですが、戦争が本当に怖くて、共感できる人がほしくて、かりんさんの記事に出会いました。
いまあたしはきれいな服をえり好みしたり、友達とけんかしたり、おなかいっぱいおいしいものだけ食べたり、平気でしているけれど、戦争のことを考えると恥ずかしくなってしまいます。空襲とか思想統制、日本だけじゃなく、アウシュヴィッツや文革など海外のことも怖いです。現在でも、ただでさえ天災とかがあるのに人為的に殺し合いをするのは悲しいことだと思います。
かりんさんのほど衝撃的ではなかったけれど、あたしも子供のころ戦争のことを知って怖くなりました。頭痛ほどではないけれど、成長した今も思い出すとすごい不安になったり悪夢を見たりします。
今の子供たちは戦争を知らないから、またその内起きるだろうとかいう話も耳にしますが、絶対起きてほしくないですよね。
| クレール | 2011/02/26 9:46 PM |

>クレールさん
戦争のことを考えると恥ずかしくなってしまいます。
の部分、本当はそう思わなくてもいいのに思ってしまうの同じです。
戦争に限らず、今現在も紛争が起こっている地域や
食べるものにも困っている場所があるということを考えたら、
同じような気持ちになってしまうのだけど。

ダレでも戦争に関しては不安になりますよね。
私も今は30も過ぎていい大人になってきているはずだけど、
子供の頃のように頭痛まではしないものの不安は変わりません。
戦争を知らないからまた起きるということもないだろうけど、
戦争を知ってても起こしたい人がいればいつでも起きる可能性はあるでしょうね。

ただただこういうことが繰り返されませんように、と祈るばかりです。
| かりん | 2011/02/27 10:40 PM |

はじめまして、私はこちらの2004年9月5日の戦争教育についての古い記事に励まされたものです。お礼を伝えたいためコメント書かせてもらいます。昨年の夏小学一年生娘がまさにかりんさんと同じようなことになりました。戦争教育を受けた日から毎日帰宅後すぐに給食を吐き、夜になると泣き始めうなされながら眠り、飛行機を見ては戦争が始まったかと不安がるという日が続きました。親としてはどう対応すべきか分からず悩んでいる中でこちらを読んで元気づけられました。当時かりんさんの親がしたことそして今大人になって思う体験談はまさに心に響きました。もちろん今娘は大丈夫です。大変にお世話になり感謝しております。ありがとうございました。

| silverglass | 2015/01/26 6:39 PM |

こんなに古いエントリを誰かが必要としてくれるなんてとても嬉しいです。私としてはせっかく書いたものを理由なく消すのも、とためらって結果的に放置状態になっていたのだけど、それでも役に立ったと言ってもらえると嬉しいです。

戦争教育はかなり衝撃的で、たぶんsilverglassさんのお嬢さんも私も感受性の強い子どもだったんだと思います。私も一時自家中毒のようになっていました・・・。娘さん、今は大丈夫ということで安心しました。いいおばさんになった今も私の中では戦争はとても嫌なものとして記憶されています。衝撃を受けた当時は辛かったけど、こうして大人になってみるとあれは必要だったんだなぁ、と思います。

・・・けれど娘に戦争教育を受けさせるべきかどうかに関しては悩みます。娘も感受性の強い子と0歳台の今からいわれているので、きっと苦しむだろうなと思うと躊躇します・・・。
| かりん | 2015/01/27 12:43 AM |

レスできません。コメレスなしで
OKな方だけコメントどうぞ。
(2014/7/22〜)









   
コメント本文にURLは入力できない設定になっています。
※ブログやHPをお持ちの方はURL欄に入力して下さい。
コメントの投稿がうまくできない方はコチラ
 
http://love.mania.daa.jp/?eid=4498
TB大歓迎ですが、関連性のない記事及びTBを返せないブログ様のTBはご遠慮ください。
TB送信元にこちらのURLがない記事からのTBは現在受け付けておりません┏○ペコリ
http://love.mania.daa.jp/trackback/4498


韓国の子供たちが夢見て憧れる、核戦争。
Children's drawings in the subway!, How cute. (子供たちの描いた絵が地下鉄に飾られています。カワイイ!) ↑ 韓国の地下鉄の駅には子供たちの描いた絵画が展示されています。 でも、どの絵も、韓国と日本の間に戦争を起こさせて、 日本をやっつける!とい
| 「いせぶろぐ」 from 富山 | 2005/06/14 10:52 PM |
ブログ内検索
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728    
<< February 2017 >>

ケータイ用QRコード
一番右上のカレンダーの日付部分またはカテゴリーからもこれ以前の記事に移動デキマス。
今までの記事一覧では、タイトル一覧がランキング形式で見られます





with Ajax Amazon