t: y:
今読んでる人は

踏み逃げ、読み逃げ、ロム専、無断リンク大歓迎


今までの記事一覧
タイトル一覧がランキング形式で

<< 引越し前に調べましょうmainもったいない二連発 >>
Memo[メモ]男の部屋
この雑誌、今日何気なく行ったブックオフで見つけました。写真は今日105円で買った2冊で最新号ではありません。よくハウジング系の雑誌が好きで読んだり買ったりするけど、この雑誌妙に私のツボにはまりまくり。
Memo男の部屋大人の男たちにおくる、「家と暮らし」をテーマにしたスタイルある暮らし方 Memo[メモ]男の部屋では、「家をめぐる特集」と「暮らしを弾ませる特集」を柱にスタイルのある暮らしかたを紹介。「狭小住宅」「リフォーム」「古民家スタイル」「デザイナーズ・マンション」「建築家が建てたい家」の人気シリーズは単なる家の紹介ではなく、生き方のスタイルに軸足をおいたページになっている。それこそは従来の建築雑誌や住宅雑誌では決して見えてこなっかった部分。Memo[メモ]男の部屋は、単なるモノと人の入れ物ではなく、読者が求める時間が流れる場所が、発想を新しくしてくれる家のかたちが、ここで見つかる。
名前は記事タイトルにもある通り
Memo[メモ]男の部屋

男かよ!とツッコミがきそうですが、
男の部屋でもなんでもこれが私のツボなのだから仕方ない。
さすが男脳の私!と自分で絶賛しました(笑)

この雑誌はモノマガジンが有名な
ワールドフォトプレスというところから発行されてます。
内容としては家の作りがどうとかいうことばかりではなく、
最新トレンド商品の紹介とか、モノマガジンぽい部分も。

更に家の紹介も今まで見てきたような
単なる建築屋の宣伝という感じではなく、
企画モノになってるとこがおもしろい。
(裏ではやっぱり宣伝なのかもしれないけれど)

女性向けと思われるハウジング本はコストのことや、
機能的な使いやすさのことばかりがクローズアップされていて、
なんか目の保養になるような家って少なかったりするけれど、この本は違う。
コスト度外視、使いやすさ無視と思えるくらい斬新な建物が満載で、
まるでドラマの中に出てくる家を集めたよう。
ここが「男の」とつく由縁かと思ってしまう。

実際にはコストの安いものも紹介されたりしているけれど、
それでも女性向けのものとは全く趣向が違うと感じる。
実際に家を建てようとしている人に参考になるのかどうかはわからないけど、
夢を育てるにはとてもいい雑誌。

今日買った二冊がすごく気に入って、年間購読申し込んじゃいました^^;
毎月1冊発行で550円。年間購読しなくても本屋さんで手に入るので、
気になる人は本屋さんで立ち読みしてみては?

next関連リンク

公式ページバックナンバー一覧
目次の閲覧、購入が可能です。

建築雑誌オールレビュー
リンク先はmemo男の部屋の雑誌レビュー。

スペースクリエイター講座
「住宅&建築インテリア雑誌」解体新書 by住宅メディア研究会
この記事のカテゴリ:音楽漫画娯楽
 
| かりん | 00:46 | comments(2) | trackbacks(0) | |
Related Posts with Thumbnails
スポンサードリンク
おうおう、こういう本おもしろいよね!!
私は、サライとか男の趣味本が好きや(笑)
女性者なら、家庭画報とかかな。
こう、現実から離れた趣向が楽しめるというかさww
| ろう | 2006/02/20 10:34 AM |

>ろう
うん、こういう本おもしろい!
サライって渋いなぁ〜。
買ったことはないけど本屋で立ち読みはする。
昨日ブックオフに「男の隠れ家」って本もあって、
そっちも買うか迷った(笑)
現実離れな趣向って見てて飽きないよね〜
| かりん | 2006/02/20 11:24 AM |

レスできません。コメレスなしで
OKな方だけコメントどうぞ。
(2014/7/22〜)









   
コメント本文にURLは入力できない設定になっています。
※ブログやHPをお持ちの方はURL欄に入力して下さい。
コメントの投稿がうまくできない方はコチラ
 
http://love.mania.daa.jp/?eid=428168
TB大歓迎ですが、関連性のない記事及びTBを返せないブログ様のTBはご遠慮ください。
TB送信元にこちらのURLがない記事からのTBは現在受け付けておりません┏○ペコリ
http://love.mania.daa.jp/trackback/428168


ブログ内検索
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< March 2017 >>

ケータイ用QRコード
一番右上のカレンダーの日付部分またはカテゴリーからもこれ以前の記事に移動デキマス。
今までの記事一覧では、タイトル一覧がランキング形式で見られます





with Ajax Amazon