t: y:
今読んでる人は

踏み逃げ、読み逃げ、ロム専、無断リンク大歓迎


今までの記事一覧
タイトル一覧がランキング形式で

<< 迷惑トラックバックを受けないためにmainシャワーヘッドを交換しよう >>
人が死ぬということ
先週の土曜日、いとこのダンナ様が急死しました。去年の11月に結婚したばかりの二人で、9月に新婚旅行も行く予定だった二人。二人とも30歳であまりにも若すぎる死です。病気とかではなく、さっきまで元気だったのに急に亡くなるという亡くなり方だったので、私も、それからいとこの方がもっと信じられないという状況だったと思います。

この間の外出はそのためだったんだけれども、お通夜、告別式、一通り出席したりして思ったのは「人間て死んだら人間じゃなくなるんだな」っていうこと。
そう書くとなんだかちょっとヘンな感じに聞こえると思うけれど、ダンナ様のご遺体をさすりながらいろんなことを話しかけているいとこを見ていたらなんだかそう思ってしまった、というのが正直な気持ち。

だってさっきまで普通に話をしてて、笑って、動いてたのに、死んでしまったら何もできないし、しゃべらないし、聞こえないし。朝自分で着た服さえ自分で脱げなくなる状況なんて信じられないけれど、私にも、そしてこれを読んでいる誰かもいつそうなってもおかしくないんだな、と妙に考えてしまいました。

人はいつどうなるかわからない。っていうコトバは車社会で事故が毎日どこかで起きている状況では誰でも聞いたことがあるものだと思うけれど、今まで漠然としか考えたことがなくてこんなに実感したのは初めてです。

後悔しないように生きるって難しいけど、
今できることは今しよう!って今すごく思っている私です。

■関連記事■
最後だとわかっていたなら
管理人が死んだ場合…死んでも残るweb上の私
人が死ぬということ
明日が来ることは奇跡です
後から気づく幸せ〜彼の死
自分の死後のこと
死ぬことの何が怖いんだろう?
ノストラダムスの大予言の謎が解けた!
人類滅亡の日は2012年12月23日
オーパーツを見て思う
この記事のカテゴリ:オモウコト
 
| かりん | 18:45 | comments(15) | trackbacks(1) | |
Related Posts with Thumbnails
スポンサードリンク
(iдi)悲しい…。
ほんと、人生何があるかわからないですね。。
新婚さんならなおさらかわいそうで泣けますね。
これから二人でずっと生きてくって約束したのにあまりにも早すぎる。。。
自分も人生見つめなおします。
ご愁傷様です(iдi)
| ボダっち | 2005/07/22 8:07 AM |

うん、すごい泣けました。
というか見てるだけでもつらかったです。
たった一年の間に新婦になって喪主にもなってしまった
いとこのことを考えるとほんとに胸が苦しくなります。
| かりん | 2005/07/22 2:45 PM |

幸せの絶頂から不幸のどん底とは言いますが、想像すら出来ないです。

ちょっと話は違いますが、今日某建設会社の安全講習に行ってきました。
ほんの不注意が死亡事故に繋がる事。
それがちょっとした注意で防げると言う事。

何もできないし、しゃべらないし、聞こえない…。

自分も明日にでもそうなるかもしれない…。

ちょっと考えてしまいますね…。
| あ! | 2005/07/22 11:47 PM |

うん、ほんとにそうですね。
仕事場でも危険がいっぱいです。
普通に家にいたって隕石が落ちてきて・・・とか
夢みたいな話も実際ないわけじゃないですし。
それも運命なんだろうけど、それでもやっぱり気をつけるに
こしたことはないような気がします。
| かりん | 2005/07/23 10:23 PM |

やりたい仕事もなく居きる意味がなくて毎日死ぬことばかり考えて
| のこいのこ | 2006/12/02 8:28 PM |

>のこいのこさん
生きてる意味がない人なんていないですよ。
今はきっとこういう言葉もキレイゴトにしか聞こえない
と思うけれど、生きていれば必ずそれでよかったと思う時がきます。
| かりん | 2006/12/02 10:05 PM |

生かされてる毎日より
生きていく毎日を過ごす事により

死に対して
正面から向かいあえると思います。

いつかは必ず死に
自然に帰る

当たり前の事ですが
受け入れ難いのも当然です。


永遠を信じてさえ居れば
肉体の死を恐れずに済む


生かされず
自ら生きていき、この浮き世に一つ何かを残せたら

それは
きっと永遠だと思います。


| 影助 | 2009/11/25 3:43 PM |

>影助さん
たしかにそうなのかも・・・。
ステキな言葉だなと思います。
実行するにはなかなか難しそうだけど、
そうやって生きていけたらステキですね。
| かりん | 2009/11/25 7:25 PM |

 僕は、うらやましい、生きることも怖くて、死ぬことも怖くて毎日沢山の安定剤をほおばって生きているのかどうかもごまかしていきている。
 終わらせることができたらどんなにいいか・・・とりかぶとを育てて、毎日、死というものを考えながら生かされています。
 明日にでも終わらせたい
| まさ | 2011/04/22 3:59 PM |

>まささん
うーん・・・私からは何も言えません・・・。
人それぞれの幸せは違うものだから難しいですね。
| かりん | 2011/04/24 12:58 AM |

自分の家族がもし、同じようなことになってしまったら・・・
と思うと突然怖くなることもある。
でも、そんなことはあり得ないだろう
と楽観的に考えてしまっている方が大きかったりする。

精神的に障害を負ってしまっている人、病を抱えている人にとっては
何とも言えない気持ちで生きている人もたくさんいて、
苦しみも数え切れないほど抱えてて・・・。
最近起きてしまった、栃木でのクレーン車の痛ましすぎる事故。
色々考えさせられてます。とにかく複雑な気持ち。

生きるって、死ぬって、一体なんだろう?って。
私の場合は「生かされている」っていうのが強いと思う。
| aoi | 2011/04/25 2:18 PM |

>aoiさん
その楽観的なのは大切だと思います。
あまりこのことを考えすぎると全ての瞬間が
楽しいものではなくなってしまいます。

今一緒にいて楽しいこの人が死んでしまったらどうしよう?
今一緒にいるこの人もいつかはいなくなるのかな?

なんて思いながら過ごしていたら、毎日泣きながら
暮らさなければなりません。
それなら一緒に生きていられる間は楽しく過ごした方がいいもの。

生かされているという状態だとしても、
それが一生続くとは限らないと思います。
今はその状態でもいい、とにかく生きているという
事実が大切だと思います。
| かりん | 2011/04/27 10:55 AM |

僕のいとこも29歳という若さで急死しました。
新婚でした。
二度も流れてしまったけど三度目でやっとできた待望の赤ちゃんが生まれる前日の出来事でした。
『俺赤ちゃんの匂いが大好きなんだよね』
っていつもうちの甥っ子を抱き上げては自分の子の誕生を心待ちにしていました。
嘘みたいでドラマみたいで。
そのときの想いがよみがえりました。

そのときの想ったこと、今死ぬが如く生きること。
| taiji | 2011/08/16 1:46 AM |

>taijiさん
生まれる直前ですか・・・。
さぞかし心残りだったでしょうね。
嘘みたいでドラマみたいで、っていうのわかります。
私もこの時そう思ったけれど、そのシチュエーションは
もっとなんだかそんな感じで・・・。
taijiさんのそのときに思ったこと、理解できます。
実行し続けるのはなかなか難しいんですけどね。。。
| かりん | 2011/08/17 1:07 AM |

人の生死。生きるって?死ぬって?
私も中学時代の友人を交通事故で失ったことがありました。
最近の日本は自殺大国でもある。
生きることの意義を見出だせず、苦しむ人もいれば、突然の死に遭遇してしまう人もいる。
私達はいつも不確定な中で、個々の時を綴っています。
私には今でも良く分からないけど、人の心の中にだけ、永遠ってコトバがあるような気がする。
大切な人との時もそう。でもいつもそれは過ぎてみないと気付けない。
寂しくても、つらくても生ある人は生きて。亡くなった方もきっとその中で生きているから。
| かかし | 2012/05/02 6:50 PM |

レスできません。コメレスなしで
OKな方だけコメントどうぞ。
(2014/7/22〜)









   
コメント本文にURLは入力できない設定になっています。
※ブログやHPをお持ちの方はURL欄に入力して下さい。
コメントの投稿がうまくできない方はコチラ
 
http://love.mania.daa.jp/?eid=217225
TB大歓迎ですが、関連性のない記事及びTBを返せないブログ様のTBはご遠慮ください。
TB送信元にこちらのURLがない記事からのTBは現在受け付けておりません┏○ペコリ
http://love.mania.daa.jp/trackback/217225


I don't wanna regret.
「今この瞬間」と思ったときには、 もう5秒前の過去になってしまったり 「今この瞬間」に未来のはずの5秒後が、 もう今だったり そうやって考えていると、絶対的に今しかない 時間は常に流れ、止まることも戻ることもない 諸行無常の世の中にあって
| 喜怒哀楽主義 | 2005/07/23 12:09 AM |
ブログ内検索
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728    
<< February 2017 >>

ケータイ用QRコード
一番右上のカレンダーの日付部分またはカテゴリーからもこれ以前の記事に移動デキマス。
今までの記事一覧では、タイトル一覧がランキング形式で見られます





with Ajax Amazon