t: y:
今読んでる人は

踏み逃げ、読み逃げ、ロム専、無断リンク大歓迎


今までの記事一覧
タイトル一覧がランキング形式で

<< 雷っておそろしいmain迷惑トラックバックを受けないために >>
北の都芦別(北の京芦別)

写真の白いの、これなんだかわかります??
これが拡大図。
そう、遠くからでも拝むことができる芦別市の「北の京芦別」(この文字で「きたのみやこ」と読みます)の大観音像。やたらでかいので、芦別を通り抜けるだけの時でも必ず目につきます。芦別は地元ではないけど私にとっては庭なので見慣れすぎて今まで何も思わなかったんだけど、たまたまここの1億円トイレ(今は道の駅になってるけれど、私が庭として遊んでいた頃はこう呼んでいた)に今回の旅路の途中で寄ったら、観光客らしき人が観音にとても感心していたので、もしやこれは珍しいのでは?と思って撮ってきました。

この大観音像は何がスゴイって、この大観音像の中に入れるということ。それを「観音の胎内巡り」というのだけど、もちろん中は人間の体と同じではなく仏像とかが沢山置いてあって、沢山のおじーちゃんおばーちゃんが手をあわせている姿を見ることができます。今まで3回上ったことがあるけれど、観音の胸のあたりに展望台があって、そこから眺める景色は壮観。レジャーランドに泊まらなくても入場料を払えば上ることができるので、時間があったら行ってみては。

芦別付近は主に18歳〜20歳くらいの頃の家の近所ドライブの目的地のひとつだったんだけど、実は6歳の時に来たのが初めて。その頃は函館に住んでいて、ここに観光に来たのでした。芦別は今や中途半端な観光施設で盛り沢山になってしまったけれど、昔は立派な観光地でした。ここも当時は芦別レジャーランドとか言われていて五重の塔に泊まって、ギリシャ風呂に入って、お祭り広場でフィリピンおねーさんのパンツが見えそうな踊りを見ながらおでんなんかを食べた記憶があります(笑)

今日初めてここのホームページを見たけれど、お風呂も部屋も当時と変わっていないことに驚き。ここにいくとなつかし感盛り沢山かもしれません^^;昔はなくて今はあるものとして大観音像、モノレール、パークゴルフ場があるけれど、お風呂も、ゲームコーナーも同じってのはどうかと・・・。ノスタルジックを味わえる貴重な場所ですね。

同じく芦別にあるカナディアンワールドは高校生の頃ここにバイトしていた友達が多数いたので、ここもやっぱり日常として記憶にあります。今はカナディアンワールド公園という市の施設っぽいのに生まれ変わって(?)います。開園当時からある「赤毛のアンの家」はまだ存在しているようなので、芦別に行くことがあったら寄ってみては?

芦別、がんばれ!!・・・となぜか芦別の観光案内みたいになりました(笑)

ちなみに、大観音像の写真は北の道ドライブログさんが私のよりずっとキレイに見えますよ。
この記事のカテゴリ:キニナル
 
| かりん | 23:58 | comments(16) | trackbacks(2) | |
Related Posts with Thumbnails
スポンサードリンク
トラックバックありがとうございます!

北の京芦別は以前から近くを通る度に気になってたのですが、
おかげさまでようやくどんなところなのか
わかることができました!
それにしてもあの五重塔は宿泊施設なんですね!
びっくりです!
| もと | 2005/07/20 3:33 PM |

もとさんの写真ほんとキレイでした!
私のは携帯でとってるんで比べ物にならないんですが^^;

そう、あの五重塔は宿泊施設なんですよ。
当時はハイカラな一大レジャーランドでした。
一泊二日いても十分退屈しないで楽しめるところでしたよ。今では昭和の遺産みたいになってますが・・・。
| かりん | 2005/07/20 11:46 PM |

芦別は地元だったりします。
( ̄▽ ̄;)
| takanome | 2005/07/26 10:32 AM |

えー!鷹目さんの地元って芦別なのー??
めちゃくちゃびっくり。
10年ほど前はかなり芦別らへんにいました。
友達も芦別に結構いたので
どこかで繋がってたらおもしろいね〜
| かりん | 2005/07/26 11:55 AM |

紹介のあった北の京芦別のサイト、昭和の雰囲気が好きなので、じっくり見入ってしまいました。
五重塔や観音、十二支に飽きたらず、ギリシア神殿まで持ってくるとはなんて贅沢な…
五重塔に137人泊まれるというのは何だかすごいです。

子供のころ、お祭りの露店にあった「輪投げ」で、金色の五重塔の置物を取り、一緒に取った東京タワーや城の天守閣の置物と一緒に部屋に飾ったのですが、その五重塔の置物の裏に「芦別レジャーランド」との表示がありました。
| かわの湯 | 2006/09/25 9:33 PM |

>かわの湯さん
昭和の雰囲気を味わいたいならいいですねぇ、ここ。
ちなみに大人になってからも行ったことあるけれど、
中はやっぱり昭和って感じなので味わいたいなら一度どぞ。
私にとっては子供の頃の思い出とかあるので、
なつかしい場所のひとつです。

それにしても輪投げで五重塔の置物(しかもレジャーランドの!)
があるなんてビックリです。売れなくて処分されたのか、
それとも露天商の人が買ってきて置いた?←それはないか・・・
| かりん | 2006/09/26 12:51 AM |

三十代以上の方にはCMインパクト強いですね。バリバリ夕張も印象に残ってますけど、フラダンスやってたCMは洞爺湖か芦別のどっち?
| 岡本一心(芦別市観光大使) | 2008/11/30 11:50 PM |

>岡本さん
強いですよねぇ。
バリバリ夕張もものすごーい印象にあります。
フラダンスは洞爺湖だったような記憶があります。
| かりん | 2008/12/01 12:00 AM |

レジャー施設を有効活用するアイデアとして芦別プロレス旗揚げ、芦別北の京霊園。などが思いつきました。
| 岡本一心(芦別市観光大使) | 2008/12/01 12:04 AM |

>岡本さん
それはまたすごい突飛なアイデアですねw
特にプロレスがw
でも霊園は仏様もあるし、アリかもなぁと思いました。
| かりん | 2008/12/01 9:19 AM |

モノレール作るより人力車で移動の方が北の京都らしいのになあ。
| 岡本一心(芦別市観光大使) | 2008/12/02 1:50 PM |

>岡本さん
たしかにw
でも冬のことを考えた、とかなのかなぁ。。。
| かりん | 2008/12/02 3:30 PM |

芦別市出身の俳優、水谷豊記念館
| 岡本一心(芦別市観光大使) | 2008/12/05 3:56 PM |

>岡本さん
できるといいですね^^
| かりん | 2008/12/05 10:37 PM |

芦別市の市議会議員に元プロレスラーの若松さん(どさんこプロレス創設者)がいたので書きました。モノレールは雪対策、完敗です。ごもっともです。モノレールは、どうせならスキー場の頂上まで延ばして欲しかったですよね。
| 岡本一心(芦別市観光大使) | 2008/12/08 10:50 PM |

>岡本さん
そうなんですね。全然知りませんでした^^;
スキー場の頂上までってのはいいですよね!
だけど芦別の近くの滝川に私は住んでましたが、
皆スキーとかボードだと富良野までさっといってしまうので
モノレールなんかがあるとよかったのかも。
でも山だから現実的なのはゴンドラの方かな(笑)
| かりん | 2008/12/08 11:23 PM |

レスできません。コメレスなしで
OKな方だけコメントどうぞ。
(2014/7/22〜)









   
コメント本文にURLは入力できない設定になっています。
※ブログやHPをお持ちの方はURL欄に入力して下さい。
コメントの投稿がうまくできない方はコチラ
 
http://love.mania.daa.jp/?eid=215193
TB大歓迎ですが、関連性のない記事及びTBを返せないブログ様のTBはご遠慮ください。
TB送信元にこちらのURLがない記事からのTBは現在受け付けておりません┏○ペコリ
http://love.mania.daa.jp/trackback/215193


道の駅「スタープラザ芦別」(40/86)
あっと言う間に通算40ヶ所目。 ここで私はリベンジを果たしました。 何のリベンジかって? それはアイスのリベンジじゃ!!! ゆりねのアイスが売ってたので食べてみました。 服を汚さずちゃんと食べれました。 ちなみにこの道の駅の近くに 謎の「北
| 北の道ドライブログ | 2005/07/21 10:44 AM |
芦別名物の観音像
 ☆中学校のすぐ横にそびえる観音像 In 芦別市☆  <北の京・芦別>のホームページはこちらからどうぞ!(昔の「芦別レジャーランド」)  千昌夫さんもよくやってきます。五月みどりさんもたしかきていたかな…松原のぶえさんも確か常連さん?(つまり演歌系)
| 聖書に学ぶ神のみことば | 2006/09/09 9:48 PM |
ブログ内検索
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728    
<< February 2017 >>

ケータイ用QRコード
一番右上のカレンダーの日付部分またはカテゴリーからもこれ以前の記事に移動デキマス。
今までの記事一覧では、タイトル一覧がランキング形式で見られます





with Ajax Amazon