t: y:
今読んでる人は

踏み逃げ、読み逃げ、ロム専、無断リンク大歓迎


今までの記事一覧
タイトル一覧がランキング形式で

<< CDがなくても無料で音楽MP3ファイルを作れる方法mainPC不具合で体調も崩れました >>
猫や犬の泣ける作品
ドラマとかみてもホロッとする場面はあるけれど、なかなか泣くことがない私。そんな私の唯一で最大の弱点は「動物モノ」。動物モノ(特に犬とか猫)の可愛そうな話はマンガでも小説でも映画でも涙が止まらなくなる。

今までもいくつか動物系の本とかFLASHとか紹介してたけど、今回はかりんの涙腺を緩ませたものをまとめてみたいと思う。かりんと同じく動物モノが好きな方は参考までにどうぞ。
 ネット


猫キミとボク※サイト右側にキミとボク近道あります

これはほんと何度みても泣ける。このブログでも前に紹介したことがあるので、知ってる人も多いと思うんだけど。自分の飼っているネコと暮らし始めてから猫がいなくなってしまうまでの話。こんな風になったらほんとどうしようと今も思う。いつかは絶対に来るのだと思うけど、その日が怖くてしょうがない。

犬犬の十戒 ※音楽がなります

犬は飼ったことがないけれど、動物の無償の愛というものを感じてせつなくなります。これもやっぱりうちのりんたんに当てはめてしまう私・・・。

犬どうしてなの?罪なきものからの問い ※音楽がなります

大切にされていたはずの犬が飼い主によって処分施設へ連れていかれるまでの話になります。心無い自分たちの都合だけで処分してしまう人間。この話は犬側の視点からの話で作者不明なため、実話かどうかはわかりません。けれど悲しくて読みたくないと思いつつ最後まで読んでしまいました。

猫Dear こげんた

これは以前全国的なニュースにもなった、猫の公開虐待に関するサイトです。ありのままの事実が書かれていて、猫好きにとっては感動の涙ではなく悔しさの涙を流すことになるでしょう。そしてこの事件で精神的におかしくなってしまった方も実際に存在するため、あえてリンクは貼っていません。サイト自体は淡々と事実を述べていて、虐待を減らす目的のものですので全く変なサイトではありませんので見てみたい方はググってみて下さい。動物に対する虐待も本当に許せない気持ちでいっぱいになります。

 小説・マンガなどの本


猫天使になったペットたち〜猫編〜
犬天使になったペットたち〜犬編〜

どっちもかなり泣きました。なんかどっちも自分に重なっちゃって・・・。犬編も猫編もどっちもかなりグッときました。

犬ワイルドハーフ

これは感動もするけど、物語自体がおもしろい。週刊ジャンプで連載されていたもので、犬や猫、狼などが人間に変身して会話したり助け合ったりするという物語。(私が書くとおもしろくなさそうに感じるなぁ〜^^;)今は古本で全巻セット500円とかで投売りされてたりするので、見つけたらぜひ読んでみてください。

猫猫の島 小花 美穂

リボンマスコットコミックス。こどものおもちゃを書いてた作者さんです。猫人間たちがいる島に行く子供たちの話です。・・・と書くと子供向けの楽しそうな感じに思えると思いますが、ほんとにせつないです。本屋で見かけたらぜひ手にとって見て下さい。

 映画など映像


犬ハラスのいた日々

一匹の柴犬と夫婦の出会いから別れまでの日々をつづった物語。ほのぼの系の話が続いていく映画で見終わった後ほんわかします。

■関連記事■
犬と私の10の約束〜今ペットが家族ではない人に
犬と私の10の約束 - 犬の十戒
猫や犬の泣ける作品
猫にとって1時間は4時間相当?
ペットを飼うって実はものすごい勇気のいること
この記事のカテゴリ:ペット
 
| かりん | 07:51 | comments(18) | trackbacks(2) | |
Related Posts with Thumbnails
スポンサードリンク
やっぱり映画と言えば南極物語でしょう♪
最近はディズニーのリメイク版が出たとか・・・。
| saru | 2006/03/09 10:45 AM |

動物ものは見ないことにしています。泣けて仕方ないから。

…と言うか、オイラの家の周りには野良猫がたくさんいるワケですが、それらが毎年3〜4匹、多いときは10匹以上の子猫を産みます。ですが、生き残るのって0〜2匹程度なんですよね。
ほとんどは病気・事故・突然死・いつの間にかいない、で満1歳を迎えることなく死んでしまいます。

病気の場合は病院に連れていってやれば…と思うのですが、1匹あたり1万円以上の出費になりますから…経済的に不可能です。出来ることと言えば朝晩2回ゴハンを与えてやることと、暖かい寝場所を確保してやる事くらい。

※野良にエサを与える事は条例で禁止されているようですが、そんなのは知ったこっちゃないです。

と、まぁ、これまでに100匹以上の子猫の死を見てきたので、映画などで更に悲しい思いはしたくないですね。
| Ken | 2006/03/09 12:05 PM |

( ̄へ ̄|||) ウーム
僕も南極物語をリアルタイムで見た世代・・・
タロ ジロはしょうがなくて置き去りにされたけど
不用意にペットを捨てるなんて持っての他です。
だったら飼うなってのが正論だけどね。
| 温泉爆走族 | 2006/03/09 12:55 PM |

>saruさん
南極物語をすっかり忘れてました!
小学生の頃見たような気がするなぁ。。。
悲しいけど結末にまだ救われるよね。

>Kenさん
私も泣けて仕方ないのに、つい見てしまいます。
野良猫がいっぱいいるとこもあるんですね。
うちの近くでは野良猫見ないなぁ。。。
猫っていったら最近は自分ちのりんたんしか見てないです。

でも外猫はやっぱり早死にする率が高いですね。
いろいろ危険なので仕方ないですが・・・。
病院もほんとバカにならないので大変ですよね。
去勢するとまた違いますが、今度はその費用を誰が出す、
って話になって堂々巡り・・・ってことになり難しいですね。

>温泉さん
南極物語私もリアルタイムです。映画館で見ました。
でも自分の趣味とか意向で動物を飼って、
そして捨てるなんて人間としてどうかといつも思います。
教えてgooとか見てても保健所に連れて行こうと思ってる
なんて人もいたりして。

そういうりんたんも前の飼い主が引っ越しで飼えなくなるから
保健所に連れて行くと言ってるとこをもらってきた子なんですが^^;
| かりん | 2006/03/09 5:46 PM |

おおさすがかりんさん凸ヽ(^-^) タイコバン
縁があったんですよずーっと前からりんたんと。
出会いには必ず意味があるんですね。
(゚ー゚)(。_。)(゚-゚)(。_。)ウンウン
| 温泉爆走族 | 2006/03/09 6:28 PM |

>温泉さん
ほんと自分でも運命的だと思ってます('-'*)
| かりん | 2006/03/09 7:00 PM |

私も動物大好きです。天才志村動物園というテレビ番組
知っていますか?
パン君(チンパンジー)とジェームス君(ブルドック)を
最近よく見ています。とてもほのぼのしていて、可愛いんですよ。
泣いてしまうシーンもあります。

でも、いざ動物を飼うとなると、大変だろうなぁ。
犬の十戒のサイトを見ましたが、とてもせつなくなりますね。
動物を飼うって簡単そうだけれど、最後の最後まで面倒をみないと
いけないので、飼うには覚悟が要りますよね。
動物を飼うとなかなか旅行にもいけないと聞きますし。
私もアパートではなく、1軒屋に住み、定住できる日がきたら、
犬を飼いたいなぁと思っています。
| アップルパイ | 2006/03/09 7:18 PM |

>アップルパイさん
天才志村動物園知ってますよ〜。
動物番組って見てるとほんとなけるときありますよね。
特に死ぬ場面じゃなくても、です。
純粋に帰りを待ってるとことか見るとうるうるします。

動物は飼ったら大変ですよ。
アップルパイさんの書いてる通り自由に旅行とかできなくなるし。
預けるという方法もあるけど、動物本人にとってみると
ストレスになると思うし、旅行にいってる間中気になるので。
そして日々のお金が結構バカになりません。
ご飯代、トイレ代、そして病院代などなど。
それを差し引いてもいいこともいっぱいあるんですけどね。
一度家族になってしまったらお金とか細かいことは
あんまり気にならなくなると思います。
| かりん | 2006/03/10 1:04 AM |

そうそう。意外とご飯代なんて気にならないですよ^^
自分は100円のカップラーメンでも、猫には200円の猫缶あげたりしてました^^;

| saru | 2006/03/10 3:30 AM |

>saruさん
うちもそんな感じかも^^;
もしお金がなくなったら自分が食べれなくても
りんたんにはご飯買うと思う。
| かりん | 2006/03/10 2:02 PM |

>かりんさん
ですよね^^
でもカップラーメン食べてると近寄って来て
麺をバグバグ食べるんですよね^^;
悔しい事にこちらは猫缶は食えません。

そう言えば、猫もちゃんと列車乗れるんですよ♪
私の猫は釧路生まれです(忘れてました^^;)。
んで切符を買っておおぞらに乗って札幌に来ました。
| saru | 2006/03/10 5:38 PM |

>saruさん
麺は食べさせてはいけないのでは・・・^^;
猫も乗れるの聞いたことあります。
よく聞くのは飛行機ですよね。
でもなんか可哀想でよっぽどの理由がないと乗せないと思います。(引越しとか・・・)
| かりん | 2006/03/11 1:50 AM |

うちもかりんちゃと一緒で動物ものに涙します。
犬の十戒は本当に考えさせられています。得に、私にはあなたの手をかみ砕く歯があるのです。それなのに噛みつかないでいるのです。(記憶があいまい…)の部分。
こげんた、ワイルドハーフ、猫の島、天使になった〜読んだことあります。
こげんたちゃんの本は、こげんたの可愛さに惹かれて図書館で借りたけど、中を読んだ時は本当にショックだった。
よくあんなひどい行為をした上、ネットに流して楽しめると思う。
腹が立つよね。
物語でも涙するけど、最近自分でもビックリしたのが、テレビで保健所の様子が流されていた時。
犬がワンワン吠えたのを聞いた瞬間、ボロボロと涙がこぼれてしまいました。
まるで犬の声が聞こえたみたいだった。出してよ!って。涙出てきたので、これ以上書くのはやめよう…
| だんちゃ | 2007/03/10 7:09 AM |

>だんちゃ
やっぱり動物が好きだとそうなるよね。
犬の十戒はネコしか飼っていないかりんでも心にぐっときます。
だんちゃのいってる私にはあなたの手を噛み砕く…
の部分はすごくわかるよ。

本はここにあるやつ全部網羅してるんだね!
さすが動物好き!
こげんたちゃんのは・・・リアルタイムではないけど、
犯人が逮捕される前にネットで見たけれど。。。
もう見ているだけで苦しかった。
ほんと腹たつよね!

テレビで保健所の様子は私もみたことあるけど、
それもわかるよ。。。

一番最近ビックリしたのは、わんにゃん動物園みたいな場所に行ったとき。
そこにいる犬もネコもなんだか毛艶がなくて
元気がなさそうで、きっとここの経営者の人きちんと
手入れしたり愛情かけてないんだなと思ったら
ものすごい泣けて一緒にいった家族にひかれました(;´∀`)
| かりん | 2007/03/10 6:05 PM |

ん〜、私は「キタキツネ物語」ですかね(歳が
バレるな)。
ラストが感動的ですね。

「子ギツネヘレン」はイマイチだったな。音楽
は西村由紀江ですごくよかったですけど。
心に訴えてくるものがなかった・・・・。

| BOSE | 2007/04/26 10:32 PM |

>BOSEさん
キタキツネ物語!
見たと思うけれど、全く覚えてません(;´∀`)
子供の頃だったからかな。あれ?それは子猫物語かな・・・。
なんだかごっちゃになってます。

ヘレンは予告しか見てません・・・。
やっぱり心にグッとくるものがないとなかなか印象に残らないですね。
| かりん | 2007/04/26 10:39 PM |

古い記事へのコメントですんまそん♪
さいきんマンガばっかり読んでるんですが(おい)
ちかごろ須藤真澄の「ゆず」シリーズがマイブーム(死語)どす。
何てコトのない「猫のいる生活」なんですが.....
猫ほしくなったw

あ〜、シリーズの最後「長い長いさんぽ」は絶対に読んじゃいけませヌ>かりんさん

..........身につまされるから(大謎)
| はしばみ2 | 2009/08/27 10:03 PM |

>はしばみ2さん
マンガばかりいいじゃないですか!
ゆずシリーズってちょっとだけ手にとったことがあるよ。
でもそうやって絶対よんじゃいけませんっていわれると
なんか読みたくなるという現実。。。
古本屋で見かけたら買うかも。。。
| かりん | 2009/08/27 10:17 PM |

レスできません。コメレスなしで
OKな方だけコメントどうぞ。
(2014/7/22〜)









   
コメント本文にURLは入力できない設定になっています。
※ブログやHPをお持ちの方はURL欄に入力して下さい。
コメントの投稿がうまくできない方はコチラ
 
http://love.mania.daa.jp/?eid=171762
TB大歓迎ですが、関連性のない記事及びTBを返せないブログ様のTBはご遠慮ください。
TB送信元にこちらのURLがない記事からのTBは現在受け付けておりません┏○ペコリ
http://love.mania.daa.jp/trackback/171762


震災にあった盲導犬クララ
昨日の晩は久々にコーチャンフォーに行ってきました。別に用事があった訳ではないんですが、CD見たり本を眺めたりしていました。元来専門書以外は、見当をつけて本など買ったりしないので、この日もプラプラと歩いていて目に止まったのがこの本です。最初は災害救助に活
| いい湯かな┐(´ー`)┌フッ、 | 2006/03/09 12:56 PM |
皇帝ペンギン
皇帝ペンギン プレミアム・エディション フランスのドキュメンタリー、皇帝ペンギンを見ました。 その愛らしい姿から、きっとほんわかムードのお話なのかな?と思っていましたが、決してそうではありません。 ペンギンも非常に壮絶な生き方をしている動物だった
| ジェットジェネレーション | 2006/03/12 3:38 PM |
ブログ内検索
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728    
<< February 2017 >>

ケータイ用QRコード
一番右上のカレンダーの日付部分またはカテゴリーからもこれ以前の記事に移動デキマス。
今までの記事一覧では、タイトル一覧がランキング形式で見られます





with Ajax Amazon