t: y:
今読んでる人は

踏み逃げ、読み逃げ、ロム専、無断リンク大歓迎


今までの記事一覧
タイトル一覧がランキング形式で

<< 海から不信な音が聞こえたmainおしえてgoo! >>
飲みすぎて死にそうになった話
お酒を飲んで記憶をなくしたって話はよく聞くけど、子供の頃は「そんなんあるんかいな?」と思ったりしてた。ところが、そんな私も大人の階段を上る途中で一回だけ記憶がなくなったことがある。(ほんとはこんなとこで書く話かとも思うけど、もう10年以上経ってるので時効ってことで)

あれは高校三年生の冬。就職が決まり、あとはもう出席日数だけクリアすればOKって感じの時だった。ちょっと離れた場所に住んでいる幼馴染が就職したお祝いにとススキノでおごってくれることになったので、ススキノで飲んだ。当時は空知に住んでいて、札幌までは高速バスで90分程度。ススキノで飲んだのはいいけれど、当時はワインというものを飲んだことがなかった私。飲み口がさわやかなのでついワインを飲みすぎた。そのワインを飲んだあるおしゃれなバーで私の記憶はなくなっている・・・。
自分の記憶の中でそのおしゃれなバーの次は寒くて真っ暗なバスの中。飲みすぎて気持ち悪くて目覚めたらしい。しかもものすごい寒さ。バスの中には誰一人としていない。何度も高速バスに乗っていた経験のある私はすぐにそこが高速バスの中だということに気づいたけれど、真っ暗で寒くて誰もいない高速バスは初めてだった。しかも着ていたコートや、持っていたカバンも全くなし。

始めは自分が夢の中か何かにいると思って、誰もいないように見えるバスの運転席に「すみません」と声をかけてみたり、周りの誰もいない席に向かって「誰かいませんか?見えないだけでいるんですよね?」と話しかけたりしてみた。でも返事は全くなし。このとき直感的にあぁ、私は死んだんだと思った。きっと高速バスに乗って、事故にあってそのまま・・・と思って悲しくなった。

死んだ後もこうやって残るもんなのかな?とガラ空きの車内の椅子に寝転がって感慨にふけってみたりしていたけれど、半端じゃない寒さ。もしかすると永遠にこのまま寒いバスの中で過ごすのかもしれない。と思い始めた頃、寝転んでる私の耳に時計の秒針が動く音が聞こえてきた。ん?時計が動いてる?ってことは時間がわかるかもしれない!と真っ暗な中で時計を一所懸命見ると、時間は3時30分を指していた。

もしかしてここって夜中の3時30分のバスの車内??そう思った私はまずバスから出ることを試みる。でも電動ドアはエンジンがかかっていないので開かない。高速ドアは窓も上の方についてる小窓しか開かない。車内を見渡すと、運転席の窓だけ自由に開くことを発見。すぐにその窓を全開にして無我夢中で飛び降りました。後から警察の人に聞いた話では、この窓は地上から2mほど。ここで足捻挫しました汗

バスから出てみて初めて周りの状況が見えたけれど、そこはバスが沢山並んでいるバス倉庫だった。コートも着ないでジャンバースカートとブラウスだけを着ているのみの私はもう寒くて寒くてどうしようもない。倉庫の出入り口のシャッターに窓がついていたんだけど、その窓から外を見ると外は吹雪。遠くにセブンイレブンの明かりが見えるのみで、他に何も見えない。まずは外に出ないと!とシャッターを開けようとするけれど開かない。何度も試したけどダメで、仕方がないので倉庫の隅に置いてあったタイヤをくるんでいたビニールシートを引っ張ってきて体に巻きつけてみた。それでもめちゃくちゃ寒い。ガクガク震えて声が出るほど寒くて、意識が遠のきそうだったので、シャッターを開けることに専念する。

1時間ほど頑張ってるとどういう仕組みかわからないけど、上からレバーのようなものが降りてきた。それをグルグル回すとシャッターが開いたので自分が出れるくらいの高さまであげて外に出る。外はものすごい吹雪だったけれど、もう寒さなんて感じず、とにかくセブンまで行くのに必死だった。

しばらく歩いてセブンに到着。・・・が、しかし。セブンに入るのをためらった。だって今まで気づかなかったけど、ビニールシートをかぶった時に服は泥だらけになっていて、コートも着ず、更に財布も持ってない。そしてセブンには入らず、前にある公衆電話で生まれて初めて赤いボタン(緊急呼び出しボタン)を押して、110番に電話。それ以外全然思いつきもしませんでした。

警察に繋がり「どうしました?」の問いに「ここ、どこですか?」と尋ねた私。イタズラ電話と思われて、諭されそうになるも今まで我慢していたものがこみ上げてきて「ほんとにわかんないのー!!」と泣きながら叫んだら、逆探知してくれて、ここがどこだかわかりました。

そう、私は家に帰る途中の高速バスの中で泥酔して寝てしまい、運転手さんに気づかれないままバス倉庫に入れられてしまったのでした。結局、警察に保護してもらって無事に家に帰りついたけれど、この体験は忘れることのできない体験です。

最初バスで目覚めた時はほんっとに死んでしまったと思ったし、なんで自分がここにいるかわからないし。記憶がなくなる=ものすごい怖いと私の中では定義づけられました。それ以来、記憶をなくすほど飲んだことは一度もありません。

ちなみに、その時バスの中で目覚めなかったら私は確実に死んでいただろうとのことです。よく酔っ払いの人が外で寝てしまって死ぬというのと全く同じものだと言われました(反省)。あの時目覚めてほんとによかった。

皆さんも飲みすぎには注意しましょう。大切な命をなくさないために。
この記事のカテゴリ:自分語り
 
| かりん | 02:16 | comments(26) | trackbacks(0) | |
Related Posts with Thumbnails
スポンサードリンク
 それは恐怖体験でしたね!!
私も、飲みすぎて怖い思いをした事あります。
高校1年の時に、先輩達と合宿に行った時の事、
年の数だけ一気という、無茶をさせられました、普通のコップかと思いきや
出てきたのは、コンビニで売っている一番大きいサイズの硬くてしっかりしてる
プラスチックコップ。年の数まではクリアーしたのですが、その後色々な理由を付けられ
一気のみは継続。。。記憶を失いました。。。

 気が付くと、遠い意識の向こうで、先輩達の声が、、、

「あ!薬吐き出しちゃった!!」
「どうしよう!痙攣してる!!」
「救急車呼ばないとやばくない??」

などなど、思いっきり不安になる言葉ばっかり。

「あーこのまま死ぬんだ〜」

って、死を覚悟しました。。。

先輩達の、
「大事にしてはいけない!」
「ばれたら大変な事になる!」

という、思いからの必死の処置により何とか無事でしたが、
それ以来、お酒は程よくというのを思い知りました。
あと、気持ち悪いと言って寝ちゃった人も放って置けなくも成りました。

やっぱり、見苦しく無い程度にのみたいですよね。
| ふぉれ | 2005/04/27 12:06 PM |

凄い体験ですね(^^;
昨日、この記事を読んでから寝たんですけど、
この通りの夢をみました。
自分じゃなくてかりんさんがメインの夢です(笑)

夢で再現VTRが流れた感じでした。
ホント、お酒はほどほどに…ですよ。。。

とにかく、生きてる事に感謝したくなりますね^^
| ボダっち | 2005/04/27 3:43 PM |

>ふぉれ
ものすごい体験だね。
急性アルコール中毒とかいうヤツ??
ほんとお酒は少しなら薬だけど、
度を越すと毒だよね。
お互い気をつけましょう。

>ボダっちさん
え?この通りの夢?(笑)
再現VTRを頭の中で作ってくれてありがとー
ほんとにほどほどにしないとやばいよね。
かりんは今はもう自分の量もわかって、
やばいくらいは飲まないよ〜^^
| かりん | 2005/04/27 9:10 PM |

ふふふ…この話、やっと出たか(笑)
最初聞いたとき「変なヤツだな」なんて思って聞いてたなぁ
いや、良い意味でね(笑)
「かりん=変わってて面白い」という定義付けされ瞬間さ(笑)
| ziggy | 2005/04/27 10:56 PM |

やっとって・・・(笑)
「変なヤツ」ってのは当たってるよね。
変わり者と友達にも言われます。
それにしてもこの話が定義づけの元になっていたとは。
今度から気をつけよう
| かりん | 2005/04/28 12:01 AM |

やばい、これも笑っちゃいけないんだろうけど
笑っちゃう^^
泣きながら逆探知を想像すると笑っちゃう^^
かりんさんの文章の書き方が上手なんだよね。
読むだけでシーンが十分想像できるんだもん♪

でも昔、札幌の地下鉄で飲みすぎて寝てしまって
真駒内〜麻布を3往復した友達いたよ^^;
| saru | 2006/03/14 6:29 PM |

>saruさん
いやー、これほんと今となっては笑い話ですよ(笑)
このときに死ななくてほんとよかった。
親にはすんごいしかられたけどね^^;

地下鉄3往復も自分のことを考えるとあながちない話でも
ないなぁ〜と思えてしまう。
人ってこうやっていいこと悪いこと覚えていくんだろうな〜
| かりん | 2006/03/14 9:43 PM |

>かりんさん
まったくです^^
大きい小さいはあるかも知れないけど、みんな必ずあると思いますよ^^
自分は起きたら薬屋さんの象さんが玄関に居ましたね^^;

でも早いうちにお酒の限界を知っておくのはいい事だとおもいますよ、特に女の子は。

昔は、腕にアルコール染み込ませたバンソーコー貼って、アルコールの分解の早さ(肝臓の処理能力)をよく教えたりしてました。お酒が強い弱いはわかりませんけどね^^;
| saru | 2006/03/15 10:03 AM |

>saruさん
サトちゃんつれて帰ってきたんですか!!
そういえば私の友達でカーネルおじさん
引っ張ってきた子がいました^^;
これもない話じゃないかー(笑)

お酒の限界は知っておいた方がいいですよね、ホント。
私の信条は楽しくお酒飲む、で
記憶なくさない、吐かないが自分の中で絶対条件です。
| かりん | 2006/03/15 2:21 PM |

>かりんさん
えぇ、朝起きると不思議な視線を感じたので、おそるおそる見ると、なぜかサトちゃん(名前は知らなかった^^;)が玄関に・・・。
いくら考えても自分の部屋に立ってる理由がわからなくて・・・、仕方が無く友達に電話すると、「大事そうに抱えて持って帰った」と言われてかなりショックでした^^;
何よりも返しに行くのが大変で、しらふで普通に抱えて歩きたくないですよね^^;
夜中にこっそり返してきました。

お酒は自分のペースで飲むのが一番♪
飲むのも辞めるのも自分のペースで行きたいですね^^

| saru | 2006/03/15 4:02 PM |

>saruさん
ちゃんと返しにいったのかー(笑)
でもそれが賢明ですよね。
サトちゃんはオクで高値で取引されてますが、
全部管理番号がついててどこから流れたものか
わかるように管理されてるみたいだし、
捨てるのも困りますよね(汗
| かりん | 2006/03/15 5:33 PM |

まじですか?!
サトちゃん売れるのか〜!
知らなかった^^;
家に在っても困るので返しに行きましたが、
いくらになるのか出品してみたかったですね(笑)

カーネルおじさんは、ぶつかって「すいません、すいません」って何度も謝ってた友達ならいましたけど(笑)
| saru | 2006/03/15 6:43 PM |

巷にはサトちゃんコレクターなるものも存在するようですよ。
ペコちゃんコレクターと一緒かなぁ。
カーネルおじさんにぶつかって話しかける人は
私も見たコトありますw
| かりん | 2006/03/16 1:04 AM |

かりんさんのブログ、酒関係の話があまりないので、飲まない人なのかなと思っていたのですが、こんな過去があったのですね。
昨日読んだ「恥ずかしい話」に引き続いて笑ってしまいました。

10年以上前なら携帯もないし(この状態なら、たとえ携帯のある時代でもカバンと一緒に忘れているかな)…寒い倉庫で朝を待つか、かりんさんのように脱出作戦を決行するか…しかないですね。
寝ている客がいるかもしれないのに降りてしまう運転手さんも不注意なような…

私も酒関係の困った経験は、寝過ごしも含めて何度もあり、コンビニの「のぼり」が枕元にあったことはありますが、サトちゃんと御一緒したことは残念ながらありません。
サトちゃん・ピョンちゃん・ケロ&コロの薬局キャラは懐かしくて好きです。
旅先などで、動くサトちゃんを見つけたときは、30円入れてゆらゆらと動かしたこともあります(最大積載量30キログラムなので、残念ながら乗れません)。
| かわの湯 | 2006/09/08 12:26 AM |

>かわの湯さん
いいえ。めっちゃ飲みます!(笑)
もちろんもう大人なので自分の分量はわかっていて、
記憶をなくしたり気持ち悪くなったりすることはないですよ^^;
これ今だとほんと笑える思い出です。

かわの湯さんの書いてる通り携帯もなかったし、
持ってるのはポケベルのみ。
でもほんとこの状態だと持っててもダメでしたね。
かばんも何もない状態でしたから(笑)

実は後日バス会社から謝罪がありました。
社内規定?では必ず確認してから倉庫にいれるというのが
あるそうで、菓子折りをもらってしまったりしたんですが、
こっちとしては当時は恥ずかしくてどうしようもなかったです。

サトちゃんとかカーネルおじさんとか持って帰った友達は
見たことがありますけど、ああいう時って
止められるものじゃないですよね(笑)
動くサトちゃんは時々さびれた遊技場とかにありますよね〜。
でもしばらく見てないなぁ。。。
| かりん | 2006/09/08 1:56 AM |

読み終わったあと
「これは運転手ダメだろー!」と叫んだら
ちゃんと菓子折りもらってたのね(笑)ちょっと安心。

忘れ物とか確認するので、最後必ず点検しないとダメなんだよ。
深夜だから「明日の朝やればいいや」だったのかなぁ…
そういう時に限って、かりんぴみたいにお客さんがいたりするわけで。

一瞬の気の緩みがいろんな事故を招いているんだけど、
かりんぴは助かってほんとによかったね。

私は飲んでもたいして変わらないんだよね(笑)
記憶も飛ばないし。
ろれつが回らなくはなってくるんだけどね(ださっ)。

最近は定量を超えて飲んだら
家に戻った後、リバースすることが増えましたorz
| おね | 2006/11/25 4:40 PM |

>おねっち
うん、謝罪と菓子折りもらいました。
訴えたらバス会社側が確実にまけるそうで・・・。
もちろんそんな気はさらさらなかったけれども。
ほんと私は助かってほんとうによかった。
ちなみにこのバス倉庫は昔おねっちが住んでた砂〇にあったよ(笑)

おねっちがお酒飲んでるのは見たことがないような??
いつも会う時は車だからだよねw
定量を超えたらリバースは次の日に残らないという意味ではいいよね。
結構苦しいけど(笑)
| かりん | 2006/11/25 9:29 PM |

数日前の新聞で、川崎市の路線バス運転手が、午後9時ころに車内後部座席で寝込んでいた塾帰りの小学生に気づかないまま車庫にバスを入れ、ドアを閉めて下車してしまったという記事を読んで、かりんさんのときに似ていると思いました。
客がいるのに気付かず車庫に入れるのは、新聞沙汰になるような不注意だったのかと改めて感じました。

でも、今回は小学生が取り残されたので、不注意な悪い運転手だという記事でしたが、酔っ払いが取り残された場合は、珍ニュースやB級ニュース扱いなのだろうか…とちょっと思ってしまいました。
お酒好きで、普段でも乗り物で寝てしまう私も気をつけます。
| かわの湯 | 2007/09/08 8:37 AM |

>かわの湯さん
確かにそれ、私の時と話が似てる!!
ほんと新聞沙汰になるような大事件なんですね。
特に今回は小学生だから・・・。

酔っ払いだとほんとB級ニュースっぽいけど、
私の場合は高校生の酔っ払いだから別の意味で問題になってたかも(笑)
いやいや、ほんと大事にならなくてよかったです。

かわの湯さんも電車とかで車庫に入れられないように
気をつけた方がいいよー!
| かりん | 2007/09/09 12:10 AM |

若い頃は結構飲めましたが、35歳超えてからは
ビールの中ジョッキ3杯が限界になりました。
(まあ鬱病になってから2年ほどまったく飲んで
いなかったという事情もあるのですが)
今でもお酒は付き合いで飲むくらいで、自分の部屋には酒は「サッポロクラシック」6本しか置い
ていません。これもスーパーでたまたま(本当に
珍しいことですが)置いていたのを買ってきただ
けの話で、まったく飲もうとは思いません。一人
でチビチビ飲んでも美味くないし・・・・。
もともと酒を飲むこと自体もそんなに好きでは
ありません。だからと言って飲む人を否定はしま
せん。楽しく飲む分にはむしろいいことだと思い
ます。ただし「人に迷惑をかけない限り」です。

東京には「山手ホテル」というのがあって、時間
によってはそのまんま寝込んでもかなり長い時間
寝ていられます。
ちなみにこれは山手線のことです。
ただし郊外に伸びる小田急や京王の終電を逃すと
大変です。高いタクシー代を払って帰ることに
なります。新宿〜八王子だと1万円超えるんじゃ
ないでしょうか。私も京王線で酔っ払って寝て
しまい、降りる駅を乗り過ごしてかなり先の駅
まで行ってしまい、結構な金額を払ってタクシ
ーで戻ってきたことがあります。

現在はクルマ通勤ですので、同僚と居酒屋に
行っても酒は一滴も飲みません。全て烏龍茶
です。


| BOSE | 2007/11/18 2:37 PM |

>BOSEさん
ほんと年齢を重ねると飲めなくなりますよね。
私も一時期に比べて全く飲めなくなりました。
でもなぜBOSEさんがサッポロクラシックを買ったのかが謎(笑)
あ、もしかして北海道限定ビールだからかな?
人に迷惑をかけるのみ方は私も大嫌いです。

山の手ホテルは聞いたことありますよ。
お金はかからないっぽいけど、24時間動いてるわけじゃないから
そういう意味では朝までは寝れませんね(笑)
お酒を飲んだら私も絶対に運転しません。
飲酒運転だけは絶対にイヤです。
自分も、他人も。。。
| かりん | 2007/11/18 11:49 PM |

この話、映画のように情景がうかんできました。カリンCHANは小説家にもなれますね^^読む相手にその時の恐怖体験がヒシヒシと伝える事が出来るのは素晴らしいです。話に入りますが、ってか運転手さん…おいっ!って感じです。。。確認しろよって思います。運転手さんの責任でもある。とりあえず、カリンCHANが無事でなによりです。
| zeshika1226 | 2008/02/26 8:44 AM |

>ゼシたん
そんなほめられると照れるw
飲みすぎて寝てしまった私が悪いけど、
運転手さんもちゃんと確認してほしかった〜!
そしたらここまで大事にはならなかったかも^^;
ほんとにこの時死ななくてよかった。。。
| かりん | 2008/02/26 1:48 PM |

私は、まだ、飲みすぎて死にそうに、なった事は、ないですが、
(まだ、12歳なので、これから経験する可能性が、ありますが。)
お酒やワインの飲みすぎには、気をつけようと思います。
意識が、遠のきそうだったと、いうことは、もしかしたら
低体温症に、なりそうだったのかもしれません。

| risa | 2010/03/19 2:01 PM |

>risaさん
12歳!!それは私の子供でもおかしくないレベルの年齢です(笑)
今は卒業後の春休みなんですね。
毎日ネットしてないでもっといろんなことをした方がいいですよ^^
| かりん | 2010/03/19 7:16 PM |

管理者の承認待ちコメントです。
| - | 2010/03/25 6:50 PM |

レスできません。コメレスなしで
OKな方だけコメントどうぞ。
(2014/7/22〜)









   
コメント本文にURLは入力できない設定になっています。
※ブログやHPをお持ちの方はURL欄に入力して下さい。
コメントの投稿がうまくできない方はコチラ
 
http://love.mania.daa.jp/?eid=117614
TB大歓迎ですが、関連性のない記事及びTBを返せないブログ様のTBはご遠慮ください。
TB送信元にこちらのURLがない記事からのTBは現在受け付けておりません┏○ペコリ
http://love.mania.daa.jp/trackback/117614


ブログ内検索
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728    
<< February 2017 >>

ケータイ用QRコード
一番右上のカレンダーの日付部分またはカテゴリーからもこれ以前の記事に移動デキマス。
今までの記事一覧では、タイトル一覧がランキング形式で見られます





with Ajax Amazon